36年ぶりW杯出場のペルー痛恨…エースFWゲレーロがドーピング違反で1年間の出場停止処分2017.12.08 22:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、懲戒委員会を開き、ペルー代表FWパオロ・ゲレーロに1年間の出場停止処分を下すことを発表した。FIFA公式サイトが発表した。

▽ゲレーロは、10月5日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のアルゼンチン代表戦でドーピング検査を受けていたが、その際に違反の可能性が認められ30日間の暫定的な出場停止処分が下されていた。

▽これにより、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランド代表との大陸間プレーオフに出場できなかったものの、チームは36年ぶりのワールドカップ出場権を掴んでいた。

▽ゲレーロの処分確定が待たれていたが、結果は望んでいたものではなかった。ゲレーロは、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)の禁止リストに含まれているコカインの主要成分であるベンゾイルエクゴニンが陽性と判定。FIFAは更なる調査を進めたが、結果として1年間の出場停止処分を下すこととなった。

▽これにより、ゲレーロは最初に出場停止となった2017年11月3日から1年間の出場停止処分となる。つまり、2018年6月14日に開幕するロシア・ワールドカップ出場は不可能に。9大会ぶりに出場となるペルーにとっては、エースの離脱という大きな痛手を負うこととなった。

▽ゲレーロは、ペルー代表のキャプテンであり、通算32ゴールを奪う同国の歴代最多得点記録保持者。フランス、オーストラリア、デンマークと同居したワールドカップ本大会では、苦しい戦いが待っているだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

クロアチア代表に衝撃…FWカリニッチが途中出場拒否で代表追放

▽クロアチア代表に衝撃が走った。FWニコラ・カリニッチが代表チームから追放されてしまったようだ。クロアチア『24sata』が伝えた。 ▽クロアチア代表は16日、グループD初戦でナイジェリア代表と対戦。2-0で勝利を収めていた。 ▽カリニッチはこの試合ベンチスタートとなっていたが、後半40分にズラトコ・ダリッチ監督から途中出場を命じられたとのこと。しかし、この出場を拒否していたようだ。代わりにはマルコ・ピアツァが出場した。 ▽報道によると、カリニッチは背中を痛めていたと主張しているようだが、ダリッチ監督の腹の虫はおさまらず。18日の朝、カリニッチはスーツケースをまとめ、キャンプを去ったという。 ▽ダリッチ監督は試合後に「ケガ人を出さなくてよかった。ただ、面倒なことがある」とコメントしていた。 ▽現時点で、クロアチアサッカー連盟からの公式発表はない。クロアチアは、21日にグループステージ第2節でアルゼンチン代表と対戦。日本時間27時にキックオフを迎える。 2018.06.18 20:53 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ、自身の脱税騒動が“あの場所”からの攻撃だったと主張

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、自身に向けられた脱税容疑の追求を他者からの攻撃だと捉えているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽メッシには以前から410万ユーロ(現在のレートで約5億2800万円)の脱税容疑がかけられており、昨年夏にスペイン最高裁判所への上訴が棄却されたため21カ月の懲役刑と130万ユーロ(現在のレートで約1億6800万円)の罰金が科された。しかし、スペインの法律では2年以下の懲役刑は執行猶予がついているため、収監は免れている。 ▽上記のことに関して、メッシは“特定の場所”からの企みがあったことを仄めかした。 「マドリッドから僕に対する攻撃があった。僕を打ち負かして、すぐさま弱みを有効利用するんだ」 「それをやり過ごして生きるのはとても辛かった」 ▽メッシの指す“マドリッド”がバルセロナの宿敵レアル・マドリーを連想させるワードであることは間違いないが、単に都市名を挙げただけなのか否か、本人の意図は不明だ。 2018.06.10 18:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュに罰金…理由の1つは「猫」

▽トルコの名門・ベシクタシュが、思わぬ理由で罰金を科されてしまったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽罰金の対象となったのは、3月に行われたチャンピオンズリーグの試合。ラウンド16のバイエルン戦での出来事だった。 ▽ベシクタシュのホームで行われた試合では、物がピッチに投げ込まれるなど、様々な問題行為があり、3万ポンド(約443万円)の罰金が科されることとなった。 ▽その中の理由の1つが、猫の乱入だ。試合の後半、ピッチ内に一匹の猫が乱入。これにより、試合が一時中断される事態となっていた。 ▽ちなみに、3月のチャンピオンズリーグでは、ローマも罰金を科されている。シャフタール・ドネツク戦にて、ローマがリードしている時にボールボーイが時間を浪費し、プレーを侵害した件が問題となった。 2018.06.07 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン代表の守備の要・ピケ、W杯前に盗まれる

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが強盗の被害に遭ったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽スペイン代表の一員としてロシア・ワールドカップに臨むピケ。妻であるシャキーラさんもドイツを訪れており、ピケの自宅は誰も居ない状態だった。 ▽報道によると、ピケの自宅からは宝石や時計などが盗まれており、犯人は捕まっていないとのことだ。 ▽バルセロナでは、今冬加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョも、入居からわずか1カ月で強盗被害に遭っていた。 2018.06.07 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

メキシコ、売春婦30名と17時間半ぶっ続けパーティー!

▽メキシコ代表メンバーが、大量の売春婦を呼び楽しい一時を過ごしたようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽2日、スコットランド代表との国際親善試合に1-0で勝利したメキシコ。数名の選手は、試合後に開催地のメキシコシティの高級地区ラス・ロマスに訪れ、売春婦30名とともに“パーティー”を楽しんだという。 ▽メキシコ『TV Notas』によると、パーティーは現地時間22時半から翌日の16時まで続き、音楽やドリンク、ゲームに女性との時間を過ごした模様。関係者によると、GKギジェルモ・オチョア、DFカルロス・サルセード、MFマルコ・ファビアンに、MFジョナタン・ドス・サントスとMFジョバニ・ドス・サントスの兄弟も参加したと伝えられている。 ▽メキシコサッカー連盟(FMF)は現時点で何らかの声明は出していないが、2011年にはコパ・アメリカに参加するメキシコのメンバーが街のホテルに繰り出し、8名が選外となっていた。 ▽メキシコは、9日にデンマーク代表との国際親善試合に臨み、6月17日にW杯初戦でドイツ代表との大一番を戦う。 2018.06.06 17:40 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース