36年ぶりW杯出場のペルー痛恨…エースFWゲレーロがドーピング違反で1年間の出場停止処分2017.12.08 22:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、懲戒委員会を開き、ペルー代表FWパオロ・ゲレーロに1年間の出場停止処分を下すことを発表した。FIFA公式サイトが発表した。

▽ゲレーロは、10月5日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のアルゼンチン代表戦でドーピング検査を受けていたが、その際に違反の可能性が認められ30日間の暫定的な出場停止処分が下されていた。

▽これにより、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランド代表との大陸間プレーオフに出場できなかったものの、チームは36年ぶりのワールドカップ出場権を掴んでいた。

▽ゲレーロの処分確定が待たれていたが、結果は望んでいたものではなかった。ゲレーロは、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)の禁止リストに含まれているコカインの主要成分であるベンゾイルエクゴニンが陽性と判定。FIFAは更なる調査を進めたが、結果として1年間の出場停止処分を下すこととなった。

▽これにより、ゲレーロは最初に出場停止となった2017年11月3日から1年間の出場停止処分となる。つまり、2018年6月14日に開幕するロシア・ワールドカップ出場は不可能に。9大会ぶりに出場となるペルーにとっては、エースの離脱という大きな痛手を負うこととなった。

▽ゲレーロは、ペルー代表のキャプテンであり、通算32ゴールを奪う同国の歴代最多得点記録保持者。フランス、オーストラリア、デンマークと同居したワールドカップ本大会では、苦しい戦いが待っているだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ジロポジに続きチームに戻らず…サンダーランドがガボン代表MFエンドングと契約解除

▽リーグ1(イングランド3部)のサンダーランドは24日、ガボン代表MFディディエ・エンドング(24)との契約解除を発表した。サンダーランドが公式サイトで伝えている。 ▽クラブの発表によると、エンドングは2021年まで契約を残していたものの、7月にプレシーズンのトレーニングに復帰しなかったとのこと。また、復帰しなかった正当な理由はなく、その報告もなかったとのことだ。 ▽サンダーランドは、エンドングに対して規律違反として処分。契約を解除する旨を通達し、受理されたとのことだ。 ▽エンドングは、2016年8月にロリアンからサンダーランドに加入。2018年1月からはワトフォードへとレンタル移籍し、今シーズンから復帰予定だった。リーグ・アンでは48試合に出場し2ゴール2アシスト、プレミアリーグでも31試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 ▽サンダーランドは、かつてチェルシーでプレーしていたセネガル代表DFパピー・ジロボジ(29)も同様の理由で契約を解除しており、アフリカ人選手の規律違反が続いている。 2018.09.25 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグがクラブ資金の私的流用に関して清水にけん責&制裁金300万円を決定

▽Jリーグは25日、村井満チェアマンが清水エスパルスへの制裁を決定したことを発表した。 ▽清水は2012年から2018年の6年間、元経理担当社員が、現金回収した売掛金等の着服や、会計システム上の帳簿改ざんによる不適切な会計処理を行うことで、クラブの資金約6,700万円を私的に流用していた。 ▽この事は既にクラブからも発表されていたが、今回Jリーグからの制裁が決定。けん責と制裁金300万円が科されることとなった。 ▽Jリーグは制裁の理由として、以下の5点を挙げ、クラブの対応を加味して制裁を決定したとしている。 (1) 上記違反行為は、「Jリーグ規約」第3条[遵守義務]第2項及び「Jリーグ規約」第23条[健全経営]第3項の違反に該当する (2) 本件の被害額は約6,700万円であるが、既に5,000万円以上の返済があり、回収の可能性は高い (3) 犯行の動機は本人の物欲を満たすためであり、組織的関与や共犯関係はない (4) 一経理担当者が行った事案であるが、プロサッカークラブで発生した事案として、社会的影響度は低くない (5) 犯行期間は6年間であり、会社として内部統制機能の欠陥を看過してきた責任として『Jリーグ規約』第147条[両罰規定]を適用する 2018.09.25 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

韋駄天オーバ、ピッチ外でもスピード“オーバー”

▽アーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに免停の可能性が浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽フットボール界屈指のスピードが魅力のスコアラーとして有名なオーバメヤン。プライベートでは、以前にインタビューで車愛を熱く語るなど、スーパーカーをこよなく愛する者として知られる。 ▽しかし、そんなオーバメヤンの趣味が一時的に奪われることにかもしれない。愛車のランボルギーニで高速道路を99マイル(時速約159Km)で走行している様子が取り締まりカメラに撮影されたという。 ▽その後、オーバメヤンは顧問弁護士と共に裁判所に出廷。6点の違反点数と1250ポンド(約18万4000円)の罰金が確定したほか、さらに28日間の運転免許停止処分を受ける恐れがあるという。 ▽ピッチ内で他の追随を許さない韋駄天として行く先々でファンを魅了し続けるオーバメヤン。ピッチ外では、減速してもらいたいところだが…。 2018.09.25 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ベラヒノにわずか6週間で3人の子供が! ただ、母親は全て別々…

▽ストーク・シティに所属するFWサイード・ベラヒノ(25)にとんでもない“暴れ馬”スキャンダルが浮上した。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽イングランド代表の各世代別代表歴を持ち、今月9月にルーツのブルンジ共和国代表デビューを果たしたベラヒノ。約6週間のうちに、過去に自身と関係を持った3人の女性との間にそれぞれ3人の子供が誕生したという。 ▽まず1人目の女性は、元妻のステファニア・クリストフォロウさんで、5月30日に子供を出産。2人目は、ベラヒノの幼馴染で28歳のアフリカ人女性で、7月15日に子供が誕生した模様だ。 ▽そして、最後の3人目は、ベラヒノの現在の嫁であるアメリカ人モデルのチェルシー・ラヴレスさん。2人目の女性が出産して、わずか2日後の7月17日に子供が産まれたとのことだ。 ▽ただ、気になるのは籍を入れた仲でもない2人目の女性。現時点で違う父親の可能性も取り沙汰されているが、渦中のアフリカ人女性はフットボール選手が相手だと証言しているようだ。 ▽なお、今後、法的な問題にも発展する恐れがあるとみられる。渦中のベラヒーノは昨年1月にWBAからストークに加入したが、プレミアリーグ15試合出場で無得点。寝室での優れたパフォーマンスを本職でも披露してもらいたいところだ。 2018.09.24 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

淫行でキャリア汚したアダム・ジョンソン、英5部で現役復帰か

▽イギリス『サン』は、淫行事件で世間を賑わせた元イングランド代表MFアダム・ジョンソン(31)にイングランド5部で現役復帰する可能性があると報じた。 ▽アダム・ジョンソンは、サンダーランド所属当時の2015年3月、15歳の未成年女性との淫行行為が発覚して逮捕。その後の裁判で懲役6年の実刑判決が下され、現在も服役している。 ▽だが、早ければ来年3月にも仮釈放の可能性。そうなれば、友人であるマシュー・ベイツ氏がマネージャーを務めるハートルプール・ユナイテッドに加入したい意向を示している模様だ。 ▽また、そのアダム・ジョンソンに対して、中国からオファーがあったものの、それは拒否。アメリカからもオファーが届いたが、犯罪歴の問題でそもそも入国ができず、断念したという。 ▽ただ、アダム・ジョンソンの父親は現時点で、この噂について事実無根を主張している。スキャンダルでキャリアを汚した同選手の復帰はあるのだろうか。 2018.09.24 14:45 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース