クリンスマンの息子ジョナサンがヘルタでトップデビュー…PKストップの活躍2017.12.08 15:23 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
現地時間7日、ヨーロッパリーグのヘルタ・ベルリンvsエステルスンドの一戦が行われた。ここまで勝ち点4のヘルタは、すでにグループリーグでの敗退が決定している。この一戦で日本代表MF原口元気は先発出場を果たしたが、注目を集めたのはゴールを守ったGKジョナサン・クリンスマンだった。

ジョナサンはドイツ代表、アメリカ代表で監督を務めた往年の名FWユルゲンの愛息で、今季からヘルタに加わっていた。これまでトップチームで出場機会がなかったものの、ヨーロッパリーグの第6節でついにトップデビューを果たすことに。

試合はホームのヘルタが主導権を握る時間が続くが、なかなか好機を生かすことができず。すると58分に失点してエステルスンドが先行する流れとなった。その3分後、ペテル・ペカリークが同点弾を叩き込んでスコアは1-1に。

87分にヘルタはPKによる失点の危機を迎えたものの、クリンスマンがPKをビッグセーブで防ぎ、試合はこのまま1-1でフルタイムを迎えている。なお、原口元気は80分に途中交代でピッチから退いていた。

ジョナサン・クリンスマンはヘルタ・ベルリンにおいてルネ・ヤーステイン、トーマス・クラフトに続く第3GKの位置付け。これまではドイツ地域リーグで6試合に出場していたが、ヨーロッパリーグ第6節でついにトップデビュー。先発の大役を任されたこの一戦でPKを防ぐ活躍を見せ、一躍評価を高める結果となった。

試合後、パル・ダルダイ監督も「クリンスマンは非常に良いプレーをしていたね。ペナルティの場面でも、しっかりチームを救ってくれた」と発言。これまで“クリンスマンの息子”として注目を集める存在だったジョナサンだが、この一戦をきっかけに守護神として出場機会が増すのか、躍進が期待されるところだ。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース