敗退決定済みのヘルタ、原口が先発もエステルンドにドローで終戦《EL》2017.12.08 07:07 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘルタ・ベルリンは6日、ヨーロッパリーグ(EL)グループJ最終節でエステルンドをホームに迎え、1-1で引き分けた。ヘルタのMF原口元気は81分までプレーしている。

▽前節グループステージ敗退が決まった最下位ヘルタ・ベルリン(勝ち点4)は主力を温存。公式戦ここ5試合ベンチ外が続いていた原口が[4-2-3-1]の左MFで先発となった。

▽既に決勝トーナメント進出を決めている首位エルストンド(勝ち点10)に対し、徐々にポゼッションを高めていったヘルタは、17分に原口が単騎突破でボックス左へ侵入。シュートを浴びせていく。このプレーで得たCKの流れからダルダイのボレーシュートがバーを直撃した。

▽その後もヘルタが攻勢に出ると、35分には原口がドリブルで持ち上がってボックス左に侵入。左足でシュートを放ったが、GKの守備範囲に飛んでしまった。

▽0-0で迎えた後半もヘルタが攻勢をかけたが、59分に失点する。セットプレーの流れからボックス左のパパギアンノプーロスにコントロールシュートをゴール左へ流し込まれた。

▽それでも61分、ヘルタが追いつく。ダルダイのスルーパスを起点にボックス左のミッテルシュタッドが中へ折り返し、最後はペカリークが蹴り込んだ。

▽しかし、これ以降ヘルタは反撃に転じられず、86分にはミッテルシュタッドがボックス内でケン・セマを倒してPKを献上。キッカーのヌーリが枠の右を狙ったシュートはGKクリンスマンが止めたものの、1-1のまま試合終了となった。

▽グループJもう一試合のゾリャvsビルバオは0-2でビルバオが勝利し、逆転での首位通過を決めている。

コメント

関連ニュース

thumb

トップ下で先発復帰の大迫がフル出場、ブレーメンがヘルタとの無敗対決を制して今季3勝目《ブンデスリーガ》

▽ブレーメンは25日、ブンデスリーガ第5節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、3-1で勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節アウグスブルクに3-2と競り勝って2勝2分けとしたブレーメンは、前節を胃腸炎のために欠場した大迫が先発に復帰し、中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]のトップ下でスタートとなった。 ▽3勝1分けと好スタートを切ったヘルタ・ベルリンに対し、ブレーメンは5分にハルニクとM・エッゲシュタインが立て続けに枠内シュートを浴びせると、11分に先制した。シャヒンのFKの流れからモイサンデルのヘッドでの折り返しをゲブレ・セラシェが押し込むと、シュートはバーを直撃。ルーズボールをGKヤルシュテインにキャッチされるも、ルステンベルガーが不用意にクリアしたルーズボールをハルニクが押し込んだ。 ▽さらに17分、ハルニクがボックス右からボレーシュートを叩き込むも、オフサイドに阻まれた。その後も23分にクラーセンのミドルシュートでゴールに迫ったブレーメンは、ハルニクに決定機が訪れるなど流れを掴んでいく。 ▽前半半ば以降もアンカーのシャヒンがボールを捌き、大迫がバイタルエリアでボールを受けてアクセントを付けるブレーメンがペースを渡さない。41分には混戦の中からイビセビッチにシュートチャンスを許すも枠を外れると、45分にブレーメンが加点する。シャヒンの右CKをファーサイドのヴェリコビッチがヘディングで叩き込んだ。 ▽後半から太ももを痛めたGKヤルシュテインに代えてGKクラフトを投入したヘルタ・ベルリンに対し、オープンな展開となると、ブレーメンは53分に1点を返される。イビセビッチのスルーパスをボックス左で受けたディルロスンにGKの意表を突いたニア下を射抜くシュートを決められた。 ▽その後もオープンな展開が続いた中、ブレーメンはシャヒンを下げてバルグフレーデを投入し、中盤の強度を上げにかかる。対するヘルタ・ベルリンはダルダイに代えてゼルケを投入した。 ▽すると65分、ブレーメンはルーズボールをボックス内で拾ったゲブレ・セラシェがプラッテンハールトに蹴られて倒された。このPKをクルーゼが決めて再びリードを2点に広げた。 ▽終盤、カルーを投入してきたヘルタ・ベルリンに対し、ブレーメンが余裕を持って時間を進めると、88分には大迫がミドルシュートで牽制。3-1のまま試合を終わらせ、今季3勝目を挙げている。一方、敗れたヘルタ・ベルリンは今季初黒星となった。 2018.09.26 03:24 Wed
twitterfacebook
thumb

低調シャルケ、カリジウリのPK失敗も響いて連敗スタート《ブンデスリーガ》

▽シャルケは2日、ブンデスリーガ第2節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-2で敗戦した。 ▽開幕節のヴォルフスブルク戦を追加タイム被弾で1-2と競り負け黒星スタートとなったシャルケは、ヴォルフスブルク戦のスタメンから4選手を変更。ブルクシュタラー、アリ、セルダー、出場停止のナスタシッチに代えてエンボロ、コノプリャンカ、ベンタレブ、新戦力のルディを起用した。 ▽開始早々、レキクが足を痛めてディロルスンが投入されたヘルタに対し、3トップに右からエンボロ、ウート、コノプリャンカと並べる[4-3-3]で臨んだシャルケは12分、PKを獲得する。セットプレーの流れからボックス内のグルイッチがハンドを犯した。しかし、キッカーのカリジウリはシュートを枠の左に外してしまう。 ▽すると15分、シャルケはが失点する。マッキーニーがディロルスンに入れ替わられてラストパスを送られると、ボックス中央のドゥダにシュートを決められた。 ▽失点したシャルケが前がかる展開となる中、シャルケは28分にコノプリャンカがカットインシュートを浴びせるも、34分に大ピンチ。ババとS・サネの連係ミスからカルーの独走を許した。だが、GKフェールマンがカルーとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけては互いにチャンスがなく、ヘルタの1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半も前がかるシャルケは、51分にルディに代えてセルダーを投入。さらに57分にはエンボロに代えてブルクシュタラーを投入するも、ヘルタの守備ブロックを全く崩せない状況が続く。 ▽時間だけが経過する中、73分にテデスコ監督は最後のカードを切り、ババに代えてアリを投入した。しかし、最後までヘルタの守備を攻略できず、追加タイム3分のウートの枠内シュートはGKヤルシュテインの好守に阻まれると、試合終了間際にはカウンターを受けてコノプリャンカが決定機を阻止し、一発退場となってしまう。 ▽そして、このプレーで与えたFKをドゥダに直接決められて低調なまま0-2で敗戦。開幕2連敗スタートとなった。一方、勝利したヘルタは2連勝スタートとなっている。 2018.09.03 02:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリンがPSVからDFルカセンをレンタルで獲得

▽ヘルタ・ベルリンは28日、PSVのDFデリク・ルカセン(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。今シーズン一杯のレンタルとなり、買取オプションも付いている。 ▽ルカセンは、AZの下部組織で育ち、2014年7月にトップチームへ昇格しプロキャリアをスタート。センターバックとしてAZでは公式戦97試合に出場し8ゴールを記録。2017年7月にPSVへと完全移籍すると、2017-18シーズンのエールディビジでは19試合に出場していた。 ▽オランダとガーナにルーツを持つルカセンは、U-18からU-21まで世代別のオランダ代表を経験していた。なお、背番号は「31」となる。 2018.08.29 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

久保フル出場デビューもニュルンベルク、PK失敗でヘルタに敗戦《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは25日、ブンデスリーガ開幕節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也はフル出場している。 ▽ヘントで実績を残し、19日にニュルンベルクにレンタル加入を果たした久保が開幕スタメンを飾り、[4-1-4-1]の左MFに入った一戦。 ▽一進一退の攻防で立ち上がっていった中24分、左サイドからカットインした久保がミドルシュートでオンターゲットを記録した。 ▽しかし27分、右サイドをラザロに突破されてイビセビッチに押し込まれ、ニュルンベルクは先制を許してしまう。ハーフタイムにかけて、ニュルンベルクは攻撃の形を作れず1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半開始5分、FKからシュタルクに決定的なヘディングシュートを許したが、GKブレドウが好守で阻んだ。 ▽ポゼッションするニュルンベルクは、59分に久保が魅せる。左サイドをドリブルで抜け出した久保がDFを突破してゴールライン際からシュート。しかし、GKヤルシュテインにセーブされた。 ▽これ以降、シュートシーンを生み出せていなかったニュルンベルクは82分、イシャクのヘッドでの落としがボックス内でのレキクのハンドを取ってPKを獲得。しかし、キッカーのイシャクのシュートはGKヤルシュテインに止められ、0-1のまま敗戦。黒星スタートとなっている。 2018.08.26 00:52 Sun
twitterfacebook
thumb

セルビア代表MFグルイッチがリバプールからヘルタにレンタル移籍

▽ヘルタ・ベルリンは19日、リバプールのセルビア代表MFマルコ・グルイッチ(22)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。背番号は「15」を着用する。 ▽2016年のリバプール加入以降、これで3度目のレンタル移籍となったグルイッチは、ヘルタ・ベルリンの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「本当に嬉しいよ。ヘルタはビッグクラブだし、ブンデスリーガにはいつも憧れていた。他にもオファーがあったけど、ヘルタほど僕を欲しがっているクラブはなかった。できるだけ早く、僕がチームの助けになるところを見せたいよ」 ▽2013年にセルビアの名門レッドスターでプロデビューを果たしたグルイッチは、その後2016年にリバプールに移籍。移籍後はすぐにレッドスターやカーディフにレンタルされ、昨季の後半からはカーディフでリーグ戦13試合に出場し、プレミアリーグ昇格に貢献した。 ▽また、世代別の代表では2015年にU-20ワールドカップで優勝。ロシア・ワールドカップでもメンバーに選ばれたが出場機会なかった。 2018.08.20 01:45 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース