大迫フル出場のケルン、レッドスターとの直接対決に破れてGS敗退《EL》2017.12.08 07:02 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ケルンは7日、ヨーロッパリーグ(EL)グループH最終節でレッドスターとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。この結果、ケルンはグループ3位に終わり、グループステージ敗退となっている。ケルンのFW大迫勇也はフル出場した。

▽前節アーセナル戦を1-0と勝利して2位に浮上したケルン(勝ち点6)は、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる中、直近のシャルケ戦を引き分けてリーグ戦14試合未勝利となり、シュティーガー監督を解任した。そのケルンは大迫が[4-3-3]の右ウイングで先発となった。

▽同勝ち点で並び、決勝トーナメント進出を争う3位レッドスターに対し、一進一退の攻防が続いた中、ケルンは13分に右CKからソーレンセンのヘディングシュートがGKを強襲。続く14分にも大迫のパスを起点に、ヨイッチが味方とのワンツーでボックス右に侵入して枠内シュートを記録した。

▽しかし22分、一瞬の隙を突かれて失点する。自陣右サイドを崩され、折り返されたグラウンダークロスをスルニッチに流し込まれた。

▽失点を受けて前がかったケルンだったが、相手ゴールを脅かすことはできずに前半を1点ビハインドで終えた。

▽迎えた後半も圧力をかけるケルンは54分に大迫にチャンス。ボックス左で味方のパスを受け、狙い済まして右足でシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。

▽その後もボールを持ったケルンだったが、守備を固めるレッドスターを崩せずに時間が経過していく。

▽結局、終盤にかけては目立ったチャンスを作れずに敗戦。直接対決に敗れ、グループステージ敗退に終わった。

▽グループHもう一試合のアーセナルvsBATEボリソフは前節既に首位通過を決めていたアーセナルが6-0で大勝している。

コメント

関連ニュース

thumb

大迫ケルン、ニースからフランス人MFコジエロ獲得!

▽ケルンは16日、ニースからフランス人MFヴァンサン・コジエロ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は41に決定。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ▽育成の名門カンヌ出身のコジエロは2014年にニースに加入。168cmと小柄ながらも卓越した戦術眼とパスセンスを併せ持つセントラルMFは、加入2シーズン目にリーグ戦35試合に出場し3ゴール4アシストの活躍を披露。本格ブレークを果たすと、その後も同クラブの主力MFとして活躍している。 ▽ケルンでゼネラル・マネジャーを務めるアルミン・フェー氏は、「ヴァンサンは私のトップターゲットだった。彼は中盤の複数ポジションをこなすことができ、我々に多くの可能性を与えてくれるはずだ」と、コジエロの加入に満足感を示している。 ▽また、海外リーグ初挑戦となるコジエロは新天地での意気込みを語っている。 「ケルンは僕の獲得に強い熱意を示してくれた。僕たちは何度も話し合いを行い、ここで必ずうまくやれると感じたんだ。強いリーグに身を置くビッグクラブへの加入になったけど、まずはできるだけ早くプレーし、チームの目標を達成する助けとなれることを願っているよ」 ▽なお、ドイツ『ビルト』の伝えるところによれば、今回の移籍金は350万ユーロ(約4億7000万円)ほどとなった模様だ。 2018.01.17 02:31 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫不出場のケルン、古巣復帰のテローデのラストプレー弾で劇的2連勝《ブンデスリーガ》

▽ケルンは14日、ブンデスリーガ第18節でボルシアMGとのホーム戦に臨み、2-1で勝利した。ケルンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ウインターブレイク前の前半戦最終戦となったヴォルフスブルク戦でようやく今季初勝利を飾った最下位ケルン(勝ち点6)は、この冬にシュツットガルトから獲得し、5年ぶりの復帰となったテローデを先発で起用。肺炎でウインターブレイク前のリーグ戦2試合を欠場していた大迫はベンチスタートとなった。 ▽6位ボルシアMG(勝ち点28)に対し、押し込まれる展開となったケルンは、13分にシュティンドルに枠内シュートを浴びせられる。続く17分にはCKの流れからクラマーに決定的なシュートを許したが、枠を外れて助かった。 ▽その後もボルシアMGがポゼッションを高めていく中、28分にはカウンターからT・アザールがケルンゴールに迫る。しかし34分、先制したのはここまで攻め手のなかったケルン。中央やや右の位置で得たFKをヨイッチがゴール前へ蹴り込むと、ゴールエリア左のソーレンセンが右ヒザで合わせたシュートがネットを揺らした。 ▽後半からグリフォに代えてラファエウを2トップの一角に投入し、T・アザールを左サイドに回した1点ビハインドのボルシアMGが、押し込む流れで試合は推移していく。 ▽そのボルシアMGが攻めあぐねる状況を強いられていたが、67分にT・アザールのヘディングシュートでゴールに迫ると、69分に同点に追いついた。シュティンドルのスルーパスでボックス中央に抜け出したヘアマンのシュートはGKホルンのファインセーブに阻まれ、ルーズボールをボックス右のラファエウがシュート。これもゴール前のヘクターにブロックされたが、ルーズボールを再びラファエウが拾ってゴールへ蹴り込んだ。 ▽ケルンは失点直後、ソーレンセンがFKからゴールに迫ると、75分には途中出場のクレメンスがGKを強襲するシュートを浴びせる。しかし、終盤にかけてもボルシアMGが攻勢に出ると、86分には逆転のチャンス。T・アザールのスルーパスをボックス右で受けたJ・ホフマンがシュート。だが、わずかに枠の左に外れ、1-1のままタイムアップとなるかに思われた。 ▽ところが、ラストプレーとなった追加タイム5分、ラウシュの左クロスにテローデがヘッド。これがゴール右に決まり、ケルンが土壇場で勝ち越し。古巣復帰となったテローデの劇的ゴールでケルンが後半戦初戦を制し、2連勝としている。 2018.01.15 01:32 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫勇也に実戦復帰の可能性…ケルン指揮官「力が戻って来ている印象」

ケルンの日本代表FW大迫勇也が、ブンデスリーガ後半戦開幕戦で出場できる可能性が出てきたようだ。ドイツ『ksta』が報じた。<br><br>肺炎から回復したばかりで、ボルシアMGとのダービー戦では欠場する可能性が高いと見られていた大迫。しかし、ここにきてシュテファン・ルーテンベック監督は「大迫には力が戻って来ている印象がある。練習でも良い成果を見せている」とコメントし、クラウディオ・ピサーロとともに&ldquo;ジョーカー&rdquo;候補に挙がっているようだ。なお、大迫は昨年12月に行われたヨーロッパリーグ、レッドスター戦以来実戦から遠ざかっている。<br><br>ブンデスリーガでは勝ち点6で最下位に沈むケルンにとって大迫が復帰すれば、大きな力になることは間違いない。今季リーグ戦の2勝目を後期開幕戦で幸先よくあげることはできるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.01.13 17:50 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、肺炎から復帰もリーグ再開の次節は欠場か…独紙「まだ体力も瞬発力も不足」

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は、14日に行われるブンデスリーガ第18節ボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)戦に間に合わないかもしれない。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。<br><br>勝ち点6で最下位に沈むケルンだが、後半戦に向けてシュトゥットガルトからFWシモン・テロッデを獲得。また昨年最後の数試合を欠場していた大迫やセルー・ジウラッシ、クラウディオ・ピサロやシモン・ツォラーが全体練習に復帰しており、攻撃陣の状況が大幅に改善したところだ。<br><br>しかし、そのため、シュテファン・ルーテンベック監督はダービーである次節でそのうち少なくとも3人をベンチに置くかメンバーから外すことになる。『ビルト』の見解では、最も出場が見送られる可能性が高いのは大迫のようだ。「大迫が外れることはほぼ確定だろう。肺炎を乗り越えた日本人選手はまだ体力も瞬発力も不足している。ダービーに間に合わない」と記されている。<br><br>同紙は、新加入のテロッデが最前線で先発し、ジュラッシやツォラー、さらに最近数試合でFW起用が好印象を残したDFルーカス・クリュンターがチャンスをうかがうことになると予想している。ピサロに関しては、カウンター攻撃を主体とした戦略が用いられるケルンでは、出場機会が少ないとの見解が述べられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 22:23 Thu
twitterfacebook
thumb

「ドイツで自信をつけてW杯に臨むことができれば」ケルン大迫勇也が帰国…先月発症の肺炎は問題なし

▽ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が20日、ウィンターブレークのためドイツから帰国した。 ▽成田空港に到着した大迫は、取材陣の囲み取材に応対し、先月に発症した肺炎の原因や現状について説明した。また、ロシア・ワールドカップを迎える来年に向けてクラブで結果を残すことが第一であることを強調している。 <span style="font-weight:700;">◆FW大迫勇也</span>(ケルン) <span style="font-weight:700;">──中断期間での過ごし方は</span> 「体調を壊してしまったのでゆっくりしたいです。ランニングを毎日してそれからという感じですね」 <span style="font-weight:700;">──ロシア・ワールドカップの組み合わせが決まったが</span> 「最初から簡単な試合はないと思っていたので、全部が厳しい試合になると思いますし、まずは僕らが自分たちの力を出し切れるかどうかというところだと思います。自分たちのことに集中して取り組みたいです」 <span style="font-weight:700;">──先日のEAFF E-1サッカー選手権で日本代表は最後韓国に大敗してしまったが</span> 「単純に悔しかったですね。ただ、試合に出ていない選手が言うことではないと思いますし、試合に出た選手が一番わかっていると思います。僕が何かを言うべきではないです」 <span style="font-weight:700;">──肺炎になった原因は</span> 「元はと言えば1カ月半くらいずっと咳がすごくて、その中で試合をしていました。薬も飲んだりしながらプレーしていましたけど、なかなか治らなくてひどくなっていってしまい、熱が出て病院に行ったら肺炎と言われました」 <span style="font-weight:700;">──だいたい11月中旬くらいからか</span> 「そうですね」 <span style="font-weight:700;">──今はだいぶ良くなったか</span> 「今は大丈夫です。走っても大丈夫です」 <span style="font-weight:700;">──感染の可能性もあったか</span> 「感染する可能性はないと言われていて、そこは家族もいるので良かったです。ただ、試合中も咳が出てて大変でした」 <span style="font-weight:700;">──体重に変化はあったか</span> 「少し落ちましたね。良いタイミングで休みに入ったので、ここでしっかりとコンディションを戻せたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──当初は1月中旬くらいの復帰になると言われていたと思うが</span> 「あれはただ医者がビビらせるために最悪だと1月中旬と言われて、できそうなら1月2日の始動に合わせてできると言われてました。ただ、監督が会見でそう言ってしまったので、大事になってしまいましたね」 <span style="font-weight:700;">──熱はどれくらいまで上がったか</span> 「39度5分くらいですね。1日で熱は下がりましたし、次の日から普通に生活もできましたし、クラブハウスにも行ったりしていました」 <span style="font-weight:700;">──2017年はどういう年だったか</span> 「今シーズンに限ってはチームとして厳しい戦いだったので、個人的にも大変でした。例年よりも苦労しましたね。ただ、ここでまた1度リセットできる期間があるので、良い結果が出せるようにするだけだと思います」 <span style="font-weight:700;">──来年にはロシア・ワールドカップもありますけど</span> 「正直、ワールドカップのことだけ言っていても成長につながらないと思います。自分が今置かれている立場でどれだけ踏ん張って頑張れるかが成長につながると思うので、まずはチームで結果を残してからだと思います」 <span style="font-weight:700;">──グループリーグでの対戦相手について</span> 「どの相手も大変なので、簡単な相手は本当にいません。1戦1戦ですね。初戦が大事だと思いますし、そこを乗り切ることができればいけると思うので、まずは初戦だと思います」 <span style="font-weight:700;">──前回大会に続いてコロンビアと対戦するが</span> 「僕は前回の時出場していないですし、メンバーにも選ばれるかもわかりません。まずはチームで結果を出してドイツで自信をつけてワールドカップに臨むことができれば、点を取るチャンスもあると思います」 <span style="font-weight:700;">──古巣である鹿島アントラーズが今シーズンリーグ優勝を逃したが</span> 「観てました」 <span style="font-weight:700;">──誰かとやりとりして励ましたりはしたか</span> 「その辺はあまり細かくは言えないですけど、残念でしたね。優勝すると思っていたので、最後の最後でああいうふうになって珍しいですね」 <span style="font-weight:700;">──オフシーズンには鹿島のクラブハウスに訪問するか</span> 「みんないるんですかね? いるなら行きたいです」 2017.12.21 16:45 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース