【セリエA第16節プレビュー】土曜に首位攻防のイタリア・ダービー2017.12.09 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はユベントスがナポリを下して1ポイント差に詰め寄った中、インテルがその間隙を縫って首位に浮上した。そして、ローマ勢が勝利した一方、ガットゥーゾ体制となった新生ミランが全敗のベネヴェントに痛恨のドローに終わっている。迎える第16節は土曜日にユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが行われる。▽前節ナポリ戦を強行出場のイグアインの古巣弾と鉄壁の守備で1-0と勝利した3位ユベントス(勝ち点37)は、火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦を守護神ブッフォンを欠いた中、2-0と勝利してグループステージ突破を果たした。痺れる試合が続いているため疲弊が気がかりだが、ダービーを制して首位獲りとなるか。

▽一方、ミランダとガリアルディーニを出場停止で欠いた前節キエーボ戦をペリシッチのトリプレッタと好調イカルディのゴールなどで5-0と大勝して首位に浮上したインテル(勝ち点39)は、1週間の調整期間があったアドバンテージを持つ。フィジカルコンディションの優位性とともに、ここ3試合で5ゴールと絶好調の“ユベントスキラー”イカルディの活躍で無敗を維持し、首位をキープしたい。なお、ここ3試合ベンチを温めている長友は引き続きベンチスタート予想となっている。

▽ユベントスの守備を崩せずにリーグ戦今季初黒星を喫して2位に転落したナポリ(勝ち点38)は、イタリア・ダービーの結果を受けて日曜日にフィオレンティーナをホームに迎える。そのナポリは水曜日に行われたCLのフェイエノールト戦を1-2と敗戦し、グループステージ突破はならなかった。ユベントスとインテルが潰し合う中、CL敗退のショックを乗り越えて首位奪取となるか。

▽1カ月半ゴールのなかったゼコに得点が生まれるなどSPALに3-1と快勝して上位を追走する4位ローマ(勝ち点34/未消化1試合)は、日曜日のランチタイムにキエーボとのアウェイ戦に臨む。火曜日に行われたCLのカラバフ戦を1-0と勝利して首位通過を果たし、リーグ戦に集中できる環境となった中、確実にキエーボを下して上位を追走したい。

▽ボナヴェントゥーラが1ゴール1アシストの活躍を見せたものの、まさかのGKによる追加タイム被弾で勝ち点2を失った7位ミラン(勝ち点21)は、ガットゥーゾ体制での初陣を勝利で飾れなかった。そのミランは同勝ち点で並ぶボローニャとのホーム戦に臨むが、悪い流れを断ち切るような勝利を飾れるか。最後に要塞ルイジ・フェラリスを追加タイムのカイセド弾で制した5位ラツィオ(勝ち点32/未消化1試合)は、月曜日に10位トリノ(勝ち点20)とのホーム戦に臨む。

※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照

◆セリエA第16節
▽12/9(土)
《26:00》
カリアリ vs サンプドリア
《28:45》
ユベントス vs インテル

▽12/10(日)
《20:30》
キエーボ vs ローマ
《23:00》
ウディネーゼ vs ベネヴェント
ナポリ vs フィオレンティーナ
SPAL vs ヴェローナ
《26:00》
サッスオーロ vs クロトーネ
《28:45》
ミラン vs ボローニャ

▽12/11(月)
《27:00》
ジェノア vs アタランタ
《29:00》
ラツィオ vs トリノ
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントスのセリエA5000点目を記録したC・ロナウド、メモリアルゴールにも浮かれない

▽ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、クラブのセリエA通算5000点目を記録した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽15日に行われたセリエA第16節のトリノvsユベントスのトリノ・ダービー。敵地に乗り込んだユベントスは0-0で迎えた68分、相手のバックパスを奪ったFWマリオ・マンジュキッチがペナルティエリア内でGKサルバドール・イチャソに倒されPKを獲得。これをC・ロナウドが決めて1-0で勝利した。 ▽そしてなんとこのゴールがユベントスにとってセリエA通算5000ゴール目。だが、大記録達成のメモリアルゴールにもポルトガル代表ストライカーは浮かれることはなかった。 「複雑な試合だった。難しいピッチとタフな相手に僕たちは良いパフォーマンスができたと思う。勝利に値するよ」 「5000ゴール目を取れたのは嬉しいけど、大切なのはチームを助けることだった」 ▽このゴールでC・ロナウドはリーグ11ゴール目。ジェノアのFWクリシュトフ・ピョンテクに並んでトップに立った。 2018.12.16 19:44 Sun
twitterfacebook
thumb

トリノ・ダービーで逮捕者…中にはフランス人警察も

▽トリノとユベントスによるトリノ・ダービーで数名の逮捕者が出ていたようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』の記事をもとに伝えている。 ▽15日に行われたセリエA第16節のトリノ・ダービー。この試合の前にユベントスサポーター9人の逮捕者が出ていたようだ。伝えられるところによると、そのうち5人は罰金が与えられたのちに釈放されているというが、逮捕者の中には警察官もいたという。 ▽フランス人のその人物は休日で同じフランス人のサポーター7人と今回の一戦に駆けつけていた。しかし彼らは有名なウルトラスの一員のようで、花火やガス爆弾を投げつける行為に及んだ模様。さらに彼らは現地の警察と衝突。トリノサポーターも巻き込んだ小競り合いを起こしていたようだ。 2018.12.16 15:46 Sun
twitterfacebook
thumb

CR7の友人マルセロ「レアルは世界最高の選手を失った」

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍劇に「世界最高の選手を失った」と語った。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽2009年夏にマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリー入りして以降、圧倒的な攻撃センスで数々のタイトルに貢献してきたC・ロナウド。だが、今夏にレアル・マドリー退団を決め、新たな活躍の場としてユベントスに旅立った。 ▽マルセロはいちチームメイトとしてだけでなく、仲良しとしても知られたC・ロナウドについて次のように言及。「レアル・マドリーは常にレアル・マドリー」だと強調しつつ、C・ロナウドの流失による影響を認めた。 「クリスティアーノは元チームメイトであり、僕の友人だ。世界最高の選手が僕のチームからいなくなったことは明らかで、悲しく思っていることも事実さ」 「どんなチームでもクリスティアーノを欲しがる。でも、マドリーはこの先も常にマドリーであり続け、あらゆるポジションに最高の選手を獲得していくだろう」 2018.12.16 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのPK弾で辛勝のユベントスがトリノとのダービーを制して15勝目《セリエA》

▽ユベントスは15日、セリエA第16節でトリノとのダービーを敵地で戦い、1-0で辛勝した。 ▽前節インテルとのイタリア・ダービーをマンジュキッチの一撃で競り勝った首位ユベントス(勝ち点43)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦では1-2の敗戦を喫したものの、マンチェスター・ユナイテッドも敗れたため、何とか首位通過を決められた。そのヤング・ボーイズ戦のスタメンから6選手を変更。出場停止のベンタンクールの他、ドグラス・コスタやベルナルデスキに代えてディバラやキエッリーニ、マテュイディといった主力が先発に戻った。 ▽前節ミランに引き分け、安定した戦いを続けている6位トリノ(勝ち点22)に対し、[4-3-3]を採用したユベントスは3トップにC・ロナウド、ディバラ、マンジュキッチ、中盤アンカーにピャニッチ、インサイドにマテュイディとジャンを並べた。 ▽アグレッシブな入りを見せてきたトリノに対し、徐々に押し込む流れに持ち込んだユベントスは、15分に決定機。マテュイディの浮き球パスをボックス中央のC・ロナウドがボレー。枠の右下を捉えたシュートだったが、GKシリグのファインセーブに阻まれた。 ▽20分、トリノはGKシリグがジャンとの競り合いの際に脇腹付近を痛めていたことでイチャソとの交代を強いられた。前半半ば以降、目立ったチャンスなく時間が経過する中、33分にトリノにチャンス。FKの流れからベロッティがヘディングで折り返し、ゴール前のイッツォが押し込みにかかった。 ▽43分に左CKからニアサイドのキエッリーニが右足アウトでうまく合わせたシュートが枠を捉えたが、GKにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、ベロッティの推進力でカウンターを狙うトリノは、52分にFKからイッツォが際どいヘディングシュートを浴びせれば、ベロッティがミドルシュートで牽制していく。 ▽前半同様、劣勢の入りとなったユベントスは、58分にマンジュキッチのヘッドでの落としにディバラがボレーで狙うもDFにブロックされてしまう。ここから押し込む展開としたユベントスは、68分にPKを獲得する。ザザの不用意なバックパスをボックス内でカットしたマンジュキッチがGKイチャソに倒された。このPKをC・ロナウドが決めて先制した。 ▽さらに73分、FKの流れからマンジュキッチがボレーで合わせてネットを揺らすも、その前にボールに触ったC・ロナウドがオフサイドポジションでノーゴールとなった。 ▽終盤にかけてはユベントスがボールを持って試合をコントロール。1-0で逃げ切り、15勝目を挙げた。 2018.12.16 06:32 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第16節プレビュー】6位トリノvs首位ユーベのトリノ・ダービー開催

▽前節はユベントスがインテルとのイタリア・ダービーを制し、更なる首位固めに成功した。上位陣ではナポリが勝利したものの、ミラン、ラツィオ、ローマがそれぞれ引き分けに終わっている。迎える第16節、トリノvsユベントスのトリノ・ダービーが行われる。 ▽前節インテルとのイタリア・ダービーをマンジュキッチの一撃で競り勝った首位ユベントス(勝ち点43)は、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦では1-2の敗戦を喫したものの、マンチェスター・ユナイテッドも敗れたため、何とか首位通過を決められた。CLグループステージを良い形で終えられた中、前節ミランに引き分け、安定した戦いを続けている6位トリノ(勝ち点22)に対し、15勝目となるか。 ▽前節フロジノーネ戦を主力を温存して大勝した2位ナポリ(勝ち点35)は、決勝トーナメント進出の懸かっていたCLのリバプール戦を0-1と敗戦。首位から3位に転落し、痛恨のグループステージ敗退に終わってしまった。心身共にダメージを受けた中、前節ローマ相手に9人となりながらも引き分けに持ち込んだ13位カリアリ(勝ち点17)に勝利し、ユベントスとの8ポイント差を維持できるか。 ▽ユベントスに惜敗した3位インテル(勝ち点29)は、ナポリ同様、決勝トーナメント進出の懸かっていたCLのPSV戦を1-1で引き分け、決勝トーナメント進出を逃した。こちらも心身共にダメージを負った中、ニコラ監督就任後、1勝1分け1敗の17位ウディネーゼ(勝ち点13)に勝利してリーグ戦3戦ぶりの白星として切り替えられるか。 ▽イグアインが出場停止から復帰し、守護神ドンナルンマの活躍がありながらもトリノにゴールレスドローに終わった4位ミラン(勝ち点26)は、火曜に18位ボローニャ(勝ち点11)とアウェイで対戦する。木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオリンピアコス戦では1-3と敗戦し、まさかの敗退となってしまった。ナポリやインテル同様に大きなダメージを受けた中、8戦勝利のないインザーギ監督率いるボローニャに気持ちを切り替えて勝利を収められるか。 ▽9人のカリアリにラストプレー被弾で引き分けに持ち込まれた7位ローマ(勝ち点21)は、15位ジェノア(勝ち点16)とホームで対戦する。主力にケガ人が続出していることで不甲斐ない戦いが続いているローマだが、ディ・フランチェスコ監督の首が危うくなっている中、元イタリア代表監督のプランデッリ監督が就任したジェノアに勝利して危機を脱せられるか。 ▽最後にローマ同様、10人のサンプドリア相手にラストプレー被弾で引き分けに持ち込まれた5位ラツィオ(勝ち点25)は、月曜に7位アタランタ(勝ち点21)とアウェイで対戦する。4試合連続ドローとあと一歩で勝利を掴み損ねている中、難敵アタランタを下して5試合ぶりの勝利となるか。 ◆セリエA第16節 ▽12/15(土) 《26:00》 インテル vs ウディネーゼ 《28:30》 トリノ vs ユベントス ▽12/16(日) 《20:30》 SPAL vs キエーボ 《23:00》 フロジノーネ vs サッスオーロ サンプドリア vs パルマ フィオレンティーナ vs エンポリ 《26:00》 カリアリ vs ナポリ 《28:30》 ローマ vs ジェノア ▽12/17(月) 《28:30》 アタランタ vs ラツィオ ▽12/18(火) 《28:30》 ボローニャ vs ミラン 2018.12.15 18:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース