ベストイレブン受賞の9名が思いを語る…MVPの川崎FのFW小林悠「来年は得点以外の部分でもっとチームに貢献できるように」《Jリーグアウォーズ》2017.12.05 21:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽「2017 Jリーグアウォーズ」が5日に横浜アリーナで行われた。

▽ベストイレブンを受賞した選手からケガで欠席のDF西大伍(鹿島アントラーズ)、クラブ・ワールドカップ出場のため欠席のFW興梠慎三(浦和レッズ)以外の9名が、授賞式後にメディア向けの記者会見に出席し、質問に応じた。

GK中村航輔(柏レイソル)
──今シーズンは33失点と少ない失点で常に上位を争ったが、どこが成長したと思うか
「昨年失点が多かったということで、今年は失点を減らしていこうという目標がありました。チーム全員の意思が統一できての結果だと思います」

DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
──日本代表デビューも果たして、チームも優勝、個人賞も受賞して最高のシーズンだと思いますが、個人の良くなったところは
「こうやって選ばれましたが、チームメイトに助けてもらってばっかりでした。まずは、もっともっと自立した選手にならないといけません。今年に関してはもっと攻撃のところなど、良くできるところはあるので、もっと良くしたいです」

DF昌子源(鹿島アントラーズ)
──プロ7年目で初めてのフルタイム出場。チームとしては悔しい思いをしたと思うが、個人としての手応えは
「今シーズンフルタイムで試合に出て、鹿島アントラーズでは僕1人でしたし、そういったこともあって、より責任を感じています」

「もちろん来年も全試合フルタイムで出場するために努力したいですし、しっかりと優勝に導ける選手になりたいと思います」

DFエウシーニョ(川崎フロンターレ)
──日本に来て3年目で個人賞を獲得しました。1つ日本サッカー界に足跡を残したと思いますが今年1年を振り返って
「まずは神様、家族、チームメイト、クラブ関係者、川崎フロンターレのクラブに感謝したいです。今シーズンは最初にケガをして、なかなか難しいシーズンになりましたが、最後にタイトルを獲れて嬉しく思っています」

「1年目に関して、チームメイトが素晴らしく、みんなが快く受け入れてくれたことで、僕自身も日本サッカーに馴染もうと日々努力したので、3年目で個人タイトルが獲れたと思います。チームメイトには感謝しています」

MF中村憲剛(川崎フロンターレ)
──去年はMVPとして選手として最高の状況で来ました。今年はチームとして最高のリーグ優勝という状況できましたが、気持ちの違いなどは
「昨年は、MVPという個人で一番素晴らしい賞をいただいて、あとはチームのタイトルだけでした。それを今年やっと達成できて、本当に嬉しい気持ちで、今ここにいます」

──周りの選手が若返っているが、争いたいと言っていた。7回目の受賞で歴代3位となっていますが、どこまで伸ばしますか
「みんな若いですし、現役の日本代表選手ばかりです。37歳の自分がここにいる意味を示していかなければいけないですし、年齢は関係ないと思っているので、来年ここに立てるように日々努力したいと思います」

MF井手口陽介(ガンバ大阪)
──大きく飛躍した1年だったがどう評価しているか
「チームは良い時と悪い時の波が激しくて、後半戦はなかなか結果がついてこなかったので、来年はこのシーズンを糧に、1つでも多くのタイトルを獲れるように頑張っていきたいです」

MF山口蛍(セレッソ大阪)
──2度目のベストイレブンの受賞となりました。ルヴァンカップも獲りましたが、久々のJ1を戦った気持ちは
「年々レベルは上がっていると思いますし、J2に2年いて、プレーオフで勝ち上がってきて、誰もセレッソがこの順位にいてルヴァンカップのタイトルを獲るとは思っていなかったと思いますので、非常に充実していた1年でした。個人としては最後の2試合はケガをしてしまったので、そこが一番悔いが残ります」

FW小林悠(川崎フロンターレ)
──1年間通して出場されたのは初めてですが、今年の評価は
「全試合出られたことは、トレーナーの方に感謝したいです。得点という部分では、チームをたくさん引っ張れましたが、それ以外にまだまだ課題がたくさんあります。来年は得点以外の部分でもっとチームに貢献できるように頑張りたいと思います」

FW杉本健勇(セレッソ大阪)
──今年は飛躍の1年だったと思いますが、昨年はこの舞台に立てると思っていたか。得点王を最後獲れませんでしたが、どうバネにしていきたいか
「自分自身、タイトルを獲りたいと思っていましたし、想像を超えるシーズンでした。タイトルはファン・サポーターの皆さんが待ち望んでいたので、獲れて良かったと思います」

「個人的には得点王を争っていましたが、ここで獲れなかったのは何かが足りないと思うので、しっかりとやって、いつか獲れるように頑張りたいと思います」

──来シーズンはリーグ戦だけでなくACLがありますがどう戦っていきたいか

MF中村憲剛(川崎フロンターレ)
「今シーズン、フロンターレとしては準々決勝で浦和に負けて、本当に悔しい負け方でした。もう一回挑戦できるチャンスを得たので、チームとしてはリーグ戦とACLを戦うノウハウは色々な意味で経験積めたと思うので、今年の浦和のように日本の粘りを見せたいと思います。個人としてはそこに貢献できるようにやっていきたいです」

FW小林悠(川崎フロンターレ)
「すごく悔しい思いをした大会です。日程がハードなので、チーム、選手の総合力が試される大会だと思います。普段できない海外のチームと試合できるのは、選手としてもすごく楽しみです。楽しみながら戦っていきたいです」

DF昌子源(鹿島アントラーズ)
「鹿島アントラーズは国内タイトルとゼロックス杯、スルガ杯と色々なタイトルを獲らせてもらいましたが、唯一無いのがACLです。そのACL優勝という目標を今年も掲げていましたが、優勝できなかったので、来年はという思いはあります。個人としても、しっかりチームを優勝に導ける選手になりたいと思います。そういった活躍をできるように頑張りたいです」

FW杉本健勇(セレッソ大阪)
「前回セレッソがACLに出た時は、J2に降格してしまったので、そうならないようにしたいです。しっかり優勝に導けるように頑張りたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

【J1第17節プレビュー】今節から新戦力が起用可能に! イニエスタ&トーレス出場なるか!? 急遽遠藤航がラストマッチ

▽明治安田生命J1リーグ第17節の9試合が22日に行われる。 ▽18日に約2カ月ぶりに再開したJ1リーグ。そして新戦力の起用が可能となる今節Jリーグファン待望の時が訪れる。湘南ベルマーレをノエビアスタジアム神戸に迎えるヴィッセル神戸は、今夏にバルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタを獲得。また、ベガルタ仙台をベストアメニティスタジアムに迎えるサガン鳥栖もアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを獲得した。ヨーロッパで数々の栄冠を手にしてきた2人がJリーグの舞台でどんなプレーを披露してくれるのか注目が集まる。 ▽今節では最下位・名古屋グランパスが、首位・サンフレッチェ広島と激突。今夏にJリーグの実力者たちを獲得した名古屋が首位・広島の勢いを止められるか。一方でセレッソ大阪と対戦する浦和レッズは、試合前日の21日に日本代表DF遠藤航のシント=トロイデンVV移籍基本合意を発表。今節がラストマッチとなる中、勝利で遠藤を送り出せるか。今節9試合の見どころを、コンパクトにまとめて紹介する。 ◆名古屋浮上のカギは新戦力にあり!強力広島の攻撃を抑えられるか 名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島 [7月22日(日)18:00] ▽最下位名古屋と首位広島が激突。中断期間明けも相変わらずの名古屋に対し広島は4発快勝を収めた。だが名古屋は今節から頼れる新戦力が出場可能に。中谷進之介、丸山祐市、エドゥアルド・ネットらは広島の攻撃陣を止められるのか ◆イニエスタ降臨!! 世界一のプレーを刮目せよ!! ヴィッセル神戸 vs 湘南ベルマーレ [7月22日(日)18:00] ▽この試合の注目は何といってもイニエスタ。何度も世界一に輝いたスーパースターがついにJのピッチに舞い降りる。好調神戸を後押しできるか。対する湘南もビビってはいられない。新加入の山﨑凌吾はケガ人多しの攻撃陣の起爆剤となれるか ◆低迷する名門、浮上のきっかけを掴めるか 鹿島アントラーズ vs 柏レイソル [7月22日(日)18:30] ▽前節を勝利で飾ることができなかった両者は序盤から中位を行ったり来たり。鹿島は守備の要の植田直通が移籍し昌子源も出場微妙。一方、柏は名門・フルミネンセからDFナタン・ヒベイロを獲得。そろそろ浮上のきっかけを掴みたいところだが… ◆4試合ぶり白星をもたらすのは? 北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田 [7月22日(日)19:00] ▽3試合勝利なしの両者。直近リーグ戦3試合の得点数がわずか「1」の札幌は古巣対決となるジェイがゴールラッシュの口火を切れるか。一方の磐田は、今夏加入の大久保嘉人の出場に注目。「もう一度輝きたい」その決意をプレーで示せるか。 ◆最強の矛vs盾が勃発! FC東京 vs 横浜F・マリノス [7月22日(日)19:00] ▽前節柏に1-0で勝ち切った2位FC東京は失点数リーグ2位。対するベガルタ仙台を8-2で下した横浜FMは得点数リーグトップだ。対照的なスタイル持つ両クラブの対戦、勝つのは矛か、盾か。 ◆清水、大阪勢から連勝なるか ガンバ大阪 vs 清水エスパルス [7月22日(日)19:00] ▽前節の広島戦で早々に退場者を出し0-4の完敗を喫したG大阪。疲労が気がかりだが、連敗は避けたい。一方の清水はC大阪に3-0で快勝。大阪勢からの連勝を飾り、波に乗ることはできるか。 ◆白星はリオ五輪戦士の活躍次第? 川崎フロンターレ vs V・ファーレン長崎 [7月22日(日)19:00] ▽川崎Fは、前節W杯帰りの大島僚太が存在感を見せた。今節も巧みなゲームコントロールでしっかりと勝利を収めたいところだ。一方の長崎は、前節無得点も鈴木武蔵がスピードで脅威に。3試合ぶりゴールなるか。カギはリオ世代の2人。 ◆古巣対決の高木俊幸か、ベルギー移籍の遠藤航か セレッソ大阪 vs 浦和レッズ [7月22日(日)19:00] ▽リスタート失敗のC大阪は、前節途中出場で奮闘した高木俊幸が古巣対決。恩返し弾で白星に貢献できるか。浦和は21日急遽遠藤航のシント=トロイデンVV移籍基本合意を発表。ラストマッチとなった今節、最高のプレーで別れを告げられるか ◆立て直し図る仙台に“神の子”が襲い掛かる! サガン鳥栖 vs ベガルタ仙台 [7月22日(日)19:00] ▽鳥栖は中断期間中に世界的スターのFWフェルナンド・トーレス獲得を発表!あらゆる栄光を手にしたエル・ニーニョの活躍に期待がかかる。対する仙台は前節クラブワースト失点大敗。立て直しを図りたい <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.07.21 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

J1最下位の名古屋、DFホーシャが検査と治療で一時帰国

▽名古屋グランパスは20日、DFホーシャの一時帰国を発表した。 ▽理由は負傷した右ヒザの精密検査・治療のため。再来日の予定は決まっておらず、確定次第発表される。 ▽ホーシャは今シーズンから名古屋でプレー。ここまで明治安田生命J1リーグ8試合に出場して3得点を記録している。 ▽名古屋は現在、J1リーグ2勝3分け11敗の最下位。22日に行われる次節、サンフレッチェ広島をホームに迎え撃つ。 2018.07.21 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、トーレスも起用可能に! Jリーグが追加登録選手を発表!

▽Jリーグは20日、追加選手登録を発表した。 ▽7月20日から第2登録期間が始まり、8月17日まで追加登録が可能となる。 ▽J1ではロシア・ワールドカップによる中断期間に移籍した選手たちが起用可能に。バルセロナからヴィッセル神戸に加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタやアトレティコ・マドリーからサガン鳥栖に加入した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスも登録された。 ▽そのほか、FWハーフナー・マイク(ヴィッセル神戸→ベガルタ仙台)、DF丹羽大輝(サンフレッチェ広島→FC東京)、FW大久保嘉人(川崎フロンターレ→ジュビロ磐田)、DF中谷進之介(柏レイソル→名古屋グランパス)なども登録された。 ◆追加登録選手 【J1】 ・ベガルタ仙台 No.15 MF矢島慎也 No.41 FWハーフナー・マイク ・浦和レッズ No.12 FWファブリシオ No.17 DF茂木力也 ・柏レイソル No.3 DFナタン・ヒベイロ No.6 DF高木利弥 ・FC東京 No.5 DF丹羽大輝 No.13 FWリンス No.32 DF渡辺剛 ・湘南ベルマーレ No.38 FW山﨑凌吾 No.50 FW小川慶治朗 ・清水エスパルス No.49 FWドウグラス ・ジュビロ磐田 No.22 FW大久保嘉人 ・名古屋グランパス No.15 MFエドゥアルド・ネット No.17 DF丸山祐市 No.20 DF中谷進之介 No.25 MF前田直輝 ・セレッソ大阪 No.44 FWウェリング・ピアス ・ヴィッセル神戸 No.8 MFアンドレス・イニエスタ No.25 DF 大﨑玲央 ・サンフレッチェ広島 No.16 FWベサルト・ベリーシャ ・サガン鳥栖 No.9 FWフェルナンド・トーレス No.11 FW豊田陽平 No.38 DF乾大知 ・V・ファーレン長崎 No.45 DFヨルディ・バイス 【J2】 ・モンテディオ山形 No.38 DF田村友 ・水戸ホーリーホック No.41 FW安彦考真 ・栃木SC No.41 MF西谷優希 No.42 DFパウロン ・大宮アルディージャ No.50 DF畑尾大翔 ・ジェフユナイテッド千葉 No.22 MF工藤浩平 ・東京ヴェルディ No.6 MF泉澤仁 No.10 FWレアンドロ ・横浜FC No.5 DF田代真一 ・アルビレックス新潟 No.13 MF梶山陽平 No.18 MF渡邊凌磨 ・京都サンガF.C. No.23 MF大久保剛志 No.31 MFジュニーニョ No.37 DF呉少聰 No.44 MF庄司悦大 ・ファジアーノ岡山 No.37 MFジョン・チュングン No.39 MF高橋壮也 ・レノファ山口FC No.50 MF高井和馬 ・徳島ヴォルティス No.47 FW押谷祐樹 No.50 FWピーター・ウタカ ・愛媛FC No.30 MF禹相皓 ・アビスパ福岡 No.29 DF吉本一謙 ・ロアッソ熊本 No.50 MF水野晃樹 【J3】 ・ザスパクサツ群馬 No.33 MF碓井鉄平 ・ガイナーレ鳥取 No.33 MF西山雄介 ・FC東京U-23 No.5 DF丹羽大輝 No.13 FWリンス No.32 DF渡辺剛 ・セレッソ大阪U-23 No.44 FWウェリング・ピアス <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">イニエスタ、トーレスのデビュー戦を<br />DAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.20 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「またガンバに」 G大阪主砲のファン・ウィジョ、OA枠で韓国代表へ《アジア競技大会》

▽ガンバ大阪は20日、FWファン・ウィジョの韓国代表選出を発表した。 ▽韓国サッカー協会(KFA)は16日、第18回アジア競技大会に臨む同国代表メンバー20名を発表。25歳のファン・ウィジョはオーバーエイジ枠でJリーグ勢から唯一選出され、明治安田生命J1リーグ16位に沈むG大阪も今シーズンのここまでチームトップの7得点を記録する選手を1カ月ほど欠くことになる。 ▽韓国代表決定を受け、ファン・ウィジョはクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「難しい中でこのように代表に送ってくれたチームに感謝いたします。チームが苦しい状況で離れることになりますが、その分代表できっちりと結果を残し、またガンバに合流します」 ▽第18回アジア競技大会は、8月にインドネシアのジャカルタで開幕。男子サッカーのスケジュールは7月31日〜9月1日までとなる。なお、ファン・ウィジョは8月6日から代表に合流する。 2018.07.20 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

脳震とうの日本代表GK中村航輔が本日退院!

▽柏レイソルは20日、脳震とうと診断された日本代表GK中村航輔が退院したことを発表した。 ▽中村は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節FC東京戦に先発出場して負傷した。FC東京の得点シーンで、MF東のクロスに対応するため前に出た際に、飛び込んできたFW富樫と交錯して頭を強打。担架でピッチ外へと運ばれ、GK桐畑と途中交代していた。 ▽クラブは19日、脳震とうと診断されたことを報告。大事をとって18日から入院しており、今後の経過を観察していくことを伝えていた。20日の発表では、同日午前に退院したことが知らされている。 ▽中村はロシア・ワールドカップ(W杯)中断期間前に行われたJ1第15節名古屋グランパス戦でもプレー中に頭を強打。その際は脳しんとう及び頸椎ねん挫と診断されていた。 2018.07.20 14:20 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース