ベストイレブン受賞の9名が思いを語る…MVPの川崎FのFW小林悠「来年は得点以外の部分でもっとチームに貢献できるように」《Jリーグアウォーズ》2017.12.05 21:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽「2017 Jリーグアウォーズ」が5日に横浜アリーナで行われた。▽ベストイレブンを受賞した選手からケガで欠席のDF西大伍(鹿島アントラーズ)、クラブ・ワールドカップ出場のため欠席のFW興梠慎三(浦和レッズ)以外の9名が、授賞式後にメディア向けの記者会見に出席し、質問に応じた。

GK中村航輔(柏レイソル)
──今シーズンは33失点と少ない失点で常に上位を争ったが、どこが成長したと思うか
「昨年失点が多かったということで、今年は失点を減らしていこうという目標がありました。チーム全員の意思が統一できての結果だと思います」

DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
──日本代表デビューも果たして、チームも優勝、個人賞も受賞して最高のシーズンだと思いますが、個人の良くなったところは
「こうやって選ばれましたが、チームメイトに助けてもらってばっかりでした。まずは、もっともっと自立した選手にならないといけません。今年に関してはもっと攻撃のところなど、良くできるところはあるので、もっと良くしたいです」

DF昌子源(鹿島アントラーズ)
──プロ7年目で初めてのフルタイム出場。チームとしては悔しい思いをしたと思うが、個人としての手応えは
「今シーズンフルタイムで試合に出て、鹿島アントラーズでは僕1人でしたし、そういったこともあって、より責任を感じています」

「もちろん来年も全試合フルタイムで出場するために努力したいですし、しっかりと優勝に導ける選手になりたいと思います」

DFエウシーニョ(川崎フロンターレ)
──日本に来て3年目で個人賞を獲得しました。1つ日本サッカー界に足跡を残したと思いますが今年1年を振り返って
「まずは神様、家族、チームメイト、クラブ関係者、川崎フロンターレのクラブに感謝したいです。今シーズンは最初にケガをして、なかなか難しいシーズンになりましたが、最後にタイトルを獲れて嬉しく思っています」

「1年目に関して、チームメイトが素晴らしく、みんなが快く受け入れてくれたことで、僕自身も日本サッカーに馴染もうと日々努力したので、3年目で個人タイトルが獲れたと思います。チームメイトには感謝しています」

MF中村憲剛(川崎フロンターレ)
──去年はMVPとして選手として最高の状況で来ました。今年はチームとして最高のリーグ優勝という状況できましたが、気持ちの違いなどは
「昨年は、MVPという個人で一番素晴らしい賞をいただいて、あとはチームのタイトルだけでした。それを今年やっと達成できて、本当に嬉しい気持ちで、今ここにいます」

──周りの選手が若返っているが、争いたいと言っていた。7回目の受賞で歴代3位となっていますが、どこまで伸ばしますか
「みんな若いですし、現役の日本代表選手ばかりです。37歳の自分がここにいる意味を示していかなければいけないですし、年齢は関係ないと思っているので、来年ここに立てるように日々努力したいと思います」

MF井手口陽介(ガンバ大阪)
──大きく飛躍した1年だったがどう評価しているか
「チームは良い時と悪い時の波が激しくて、後半戦はなかなか結果がついてこなかったので、来年はこのシーズンを糧に、1つでも多くのタイトルを獲れるように頑張っていきたいです」

MF山口蛍(セレッソ大阪)
──2度目のベストイレブンの受賞となりました。ルヴァンカップも獲りましたが、久々のJ1を戦った気持ちは
「年々レベルは上がっていると思いますし、J2に2年いて、プレーオフで勝ち上がってきて、誰もセレッソがこの順位にいてルヴァンカップのタイトルを獲るとは思っていなかったと思いますので、非常に充実していた1年でした。個人としては最後の2試合はケガをしてしまったので、そこが一番悔いが残ります」

FW小林悠(川崎フロンターレ)
──1年間通して出場されたのは初めてですが、今年の評価は
「全試合出られたことは、トレーナーの方に感謝したいです。得点という部分では、チームをたくさん引っ張れましたが、それ以外にまだまだ課題がたくさんあります。来年は得点以外の部分でもっとチームに貢献できるように頑張りたいと思います」

FW杉本健勇(セレッソ大阪)
──今年は飛躍の1年だったと思いますが、昨年はこの舞台に立てると思っていたか。得点王を最後獲れませんでしたが、どうバネにしていきたいか
「自分自身、タイトルを獲りたいと思っていましたし、想像を超えるシーズンでした。タイトルはファン・サポーターの皆さんが待ち望んでいたので、獲れて良かったと思います」

「個人的には得点王を争っていましたが、ここで獲れなかったのは何かが足りないと思うので、しっかりとやって、いつか獲れるように頑張りたいと思います」

──来シーズンはリーグ戦だけでなくACLがありますがどう戦っていきたいか

MF中村憲剛(川崎フロンターレ)
「今シーズン、フロンターレとしては準々決勝で浦和に負けて、本当に悔しい負け方でした。もう一回挑戦できるチャンスを得たので、チームとしてはリーグ戦とACLを戦うノウハウは色々な意味で経験積めたと思うので、今年の浦和のように日本の粘りを見せたいと思います。個人としてはそこに貢献できるようにやっていきたいです」

FW小林悠(川崎フロンターレ)
「すごく悔しい思いをした大会です。日程がハードなので、チーム、選手の総合力が試される大会だと思います。普段できない海外のチームと試合できるのは、選手としてもすごく楽しみです。楽しみながら戦っていきたいです」

DF昌子源(鹿島アントラーズ)
「鹿島アントラーズは国内タイトルとゼロックス杯、スルガ杯と色々なタイトルを獲らせてもらいましたが、唯一無いのがACLです。そのACL優勝という目標を今年も掲げていましたが、優勝できなかったので、来年はという思いはあります。個人としても、しっかりチームを優勝に導ける選手になりたいと思います。そういった活躍をできるように頑張りたいです」

FW杉本健勇(セレッソ大阪)
「前回セレッソがACLに出た時は、J2に降格してしまったので、そうならないようにしたいです。しっかり優勝に導けるように頑張りたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】徳島のチーム得点王バラルや京都の中盤2選手が出場停止

▽Jリーグは15日、明治安田生命J1リーグ第30節、J2リーグ第38節(第35節延期分)、J3リーグ第28節の出場停止選手を発表した。 ▽先週末に行われたJ2では残留を争う19位の京都サンガF.C.のMF仙頭啓矢、MF重廣卓也の中盤の主力2選手が次節のアルビレックス新潟戦を欠場する。また、J1昇格争い踏みとどまりを目指す8位の徳島ヴォルティスではチーム得点王のFWバラルが、台風24号の影響で延期となった第35節延期分のヴァンフォーレ甲府戦を欠場する。 ▽同じく先週末に行われたJ3ではAC長野パルセイロのDF遠藤元一ら4選手が出場停止となる。 ▽なお、先週9日に発表されていたJ1では、鹿島アントラーズのMF三竿健斗、首位・川崎フロンターレのMF阿部浩之とMF守田英正らが出場停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 MF三竿健斗(鹿島アントラーズ) 明治安田生命J1リーグ第30節 vs浦和レッズ(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFチャン・ヒョンス(FC東京) 明治安田生命J1リーグ第30節 vsセレッソ大阪(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF阿部浩之(川崎フロンターレ) 明治安田生命J1リーグ第30節 vsヴィッセル神戸(10/20) 今回の停止:1試合停止 MF守田英正(川崎フロンターレ) 明治安田生命J1リーグ第30節 vsヴィッセル神戸(10/20) 今回の停止:累積による1試合停止 DFティーラトン(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ第30節 vs川崎フロンターレ(10/20) 今回の停止:1試合停止 MF三原雅俊(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ第30節 vs川崎フロンターレ(10/20) 今回の停止:累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 MF重廣卓也(京都サンガF.C.) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsアルビレックス新潟(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF仙頭啓矢(京都サンガF.C.) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsアルビレックス新潟(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWバラル(徳島ヴォルティス) 明治安田生命J2リーグ第35節 vsヴァンフォーレ甲府(10/16) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF野澤英之(愛媛FC) 明治安田生命J2リーグ第38節 vsツエーゲン金沢(10/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 FW樋口寛規(福島ユナイテッドFC) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsザスパクサツ群馬(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF遠藤元一(AC長野パルセイロ) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsカターレ富山(10/21) 今回の停止:1試合停止 DF秋山貴嗣(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsY.S.C.C.横浜(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF魚里直哉(ガイナーレ鳥取) 明治安田生命J3リーグ第28節 vsFC琉球(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2018.10.15 18:32 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟、38歳GK野澤洋輔の来季復帰を発表…2015年から新潟Sでプレー

▽アルビレックス新潟は15日、アルビレックス新潟シンガポールに所属するGK野澤洋輔(38)の来シーズン完全移籍加入を発表した。野澤は22日に来県。28日まで当クラブのPR活動に参加する。 ▽野澤は、1998年に清水エスパルスでプロデビュー。2000年の新潟入りを経て、湘南ベルマーレ、松本山雅FCを渡り歩き、2015年から新潟シンガポールに活躍の場を移した。 ▽2008年まで在籍した新潟に11年ぶりに復帰する野澤は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「来季より11年ぶりにアルビレックス新潟に復帰することになりました。この話をいただいたときは涙を流して喜びました。またみんなに会えるのが待ち遠しいです。伝えたいことはたくさんありますが、アルビレックス新潟のために、アルビレックスファミリーのために、全力で闘います!」 2018.10.15 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2戦連発のMF伊東純也、カギは「3人目の動き」と明かす《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽9月のコスタリカ戦で代表初ゴールを決め、2戦連発となったMF伊東純也は試合後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。ゴールシーンを振り返った。 ◆MF伊東純也(柏レイソル) 「一緒にやる日数が少なかったので、コンビネーションを作るのは難しかったと思いますが、いい部分もあったかなと思いますし、これからかなという感じですね」 ──良い部分は? 「大迫くんに入った時にみんながサポートしたり、その後の2列目の動きとか。そういった部分はチャンスにはならなかったですが、やろうという部分はできたし、意志もありました」 「後半相手の集中力や運動量が落ちてきた時に、自分たちがそこでパワーを出してやれていたと思います。前半上手く行かなくても、後半しっかり自分たちのサッカーができたかなと思います」 ──メンバーが変わった中での2試合連続ゴールだが 「率直に結果にこだわってやっていたので、嬉しいですし、結果を出せてよかったという部分はあります」 ──原口選手からボールが入った時に3人目の動きとして入ったと思うが 「(原口)元気くんから自分にボールが入った時に、(南野)拓実が動いているのが見えたし、出せば行けるなと思いました。3人目の動きで、上手くコンビネーションで崩せたかなと思います」 ──練習する時間は少なかったが、コンビネーションが上手く行った要因は 「元気くんが中にカットインした時に、良い位置でサポートすることを意識していました。それが上手く繋がったかなと思います」 2018.10.12 23:17 Fri
twitterfacebook
thumb

「緊張しなかった」クリーンシートで勝利に貢献のGK権田修一が意気込む「ずっとここでサッカーがしたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は12日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽無失点に抑えたGK権田修一は試合後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。久々の日本代表としての出場については「緊張しなかった」とコメントした。 ◆GK権田修一(サガン鳥栖) 「代表に来たからいきなり上手いことはできないし、サガン鳥栖だからって何かができるわけでは無いです。僕は、緊張もしなかったし、緊張しているように見えていたならアレですが、普通にできました」 「そこを常にやり続けることを求めたいし、これがワールドカップ決勝でも平常心でできることをやりたいし、そうするために常に日々サッカーにどう取り組むかをここ3年ぐらいやっていました。そこはこれからサッカーをやり続ける上では、テーマというか、大事にしたい部分です。緊張してそうだったら、どうしたんですか?って聞いて下さい」」 ──これまでと代表への向き合い方とか、自分の中での変化はあったか 「一番変わったのは、みんなが敬語になったことぐらいですかね。若い選手が増えました。昔は僕が敬語で喋っていましたけど、逆に敬語で話しかけてくる選手が増えたなというぐらいです」 「日本代表の選手はどんな時でも上手いし、昔は昔で上手い選手がいましたし、今は今で若い選手かもしれないですけど、みんな本当に上手いです」 「ずっとここでサッカーでやっていたいなと思えるし、高いレベルでサッカーできるのは今回も23人しか居ないので、ここに呼ばれていることを幸せに思って、次も選ばれるように、明日もアピールしなきゃいけないですし、やり続けないと上手い人とサッカーはできないです」 2018.10.12 23:12 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸DF高橋峻希がイニエスタ欠場漏洩問題を公式謝罪 「自覚の甘さが招いた行為、弁解の余地はありません」

▽ヴィッセル神戸は12日、部外者に対して出場予定メンバー情報を漏洩しクラブから1カ月間の謹慎処分、Jリーグからけん責(始末書をとり、将来を戒める)を科されたDF高橋峻希(28)の謝罪コメントを掲載した。 ▽高橋は一連の問題を受け、以下のようなコメントを発表した。 「この度の私の軽率な行為により、Jリーグ、ヴィッセル神戸をはじめとする関係者の皆様、ならびにファン・サポーターの皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心より深くお詫び申しあげます。選手として、社会人としての自覚の甘さが招いた行為であり、弁解の余地はありません」 「今後は、二度と同様の行為を繰り返さないよう選手として、一人の社会人として自覚を持ち、気を引き締めて日々過ごしてまいります。失った信頼を回復できるよう日々務めていきますので、これからもよろしくお願いいたします」 「改めまして、この度は、誠に申し訳ございませんでした」 ▽今回の問題は9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節、浦和レッズ戦のメンバー発表前に、高橋が部外者へ出場予定メンバー情報を漏洩していたとの報道があり、その後クラブは本人への聞き取り調査、外部弁護士による調査を依頼し実施。 ▽その後、外部弁護士による調査により、高橋が当日の試合を観戦することを予定していた知人から『LINE』を経由して、MFアンドレス・イニエスタの出場の有無について問われたところ、高橋は同じく『LINE』を経由してイニエスタの欠場を明らかにした事実が確認された。 ▽これを受けて、クラブは高橋の当該行為が「日本サッカー協会選手契約書第3条〔禁止事項〕の、(1)「クラブ、協会およびリーグ等の内部事情の部外者への開示」、(2)「試合、トレーニングに関する事項(試合の戦略・戦術・選手の起用・トレーニングの内容等)の部外者への開示」、(7)「試合の結果に影響を与える不正行為への関与」、および(8)「その他クラブにとって不利益となる行為」、に抵触する違反行為に該当すると判断。 ▽高橋に対して、9月24日から10月23日までの1カ月間の謹慎処分を科すことを決定した。 ▽また、Jリーグは12日、神戸による処分発表後、高橋に対してけん責処分を科したことを発表した。この処分理由に関してJリーグは以下のように説明していた。 「高橋選手の行為はJリーグ規約違反となる軽率な行為であることは免れない。一方で、既に、クラブによる同選手への処分は一ヶ月の謹慎となっていることから、同選手個人への制裁はほぼその目的を達している。従って、Jリーグとしては、けん責の処分をするにとどめる。なお、これまでチーム内にてSNSへの注意喚起を実施してきた事から、クラブには制裁は科さないものとする」 2018.10.12 17:10 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース