ベストイレブン受賞の9名が思いを語る…MVPの川崎FのFW小林悠「来年は得点以外の部分でもっとチームに貢献できるように」《Jリーグアウォーズ》2017.12.05 21:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽「2017 Jリーグアウォーズ」が5日に横浜アリーナで行われた。

▽ベストイレブンを受賞した選手からケガで欠席のDF西大伍(鹿島アントラーズ)、クラブ・ワールドカップ出場のため欠席のFW興梠慎三(浦和レッズ)以外の9名が、授賞式後にメディア向けの記者会見に出席し、質問に応じた。

GK中村航輔(柏レイソル)
──今シーズンは33失点と少ない失点で常に上位を争ったが、どこが成長したと思うか
「昨年失点が多かったということで、今年は失点を減らしていこうという目標がありました。チーム全員の意思が統一できての結果だと思います」

DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
──日本代表デビューも果たして、チームも優勝、個人賞も受賞して最高のシーズンだと思いますが、個人の良くなったところは
「こうやって選ばれましたが、チームメイトに助けてもらってばっかりでした。まずは、もっともっと自立した選手にならないといけません。今年に関してはもっと攻撃のところなど、良くできるところはあるので、もっと良くしたいです」

DF昌子源(鹿島アントラーズ)
──プロ7年目で初めてのフルタイム出場。チームとしては悔しい思いをしたと思うが、個人としての手応えは
「今シーズンフルタイムで試合に出て、鹿島アントラーズでは僕1人でしたし、そういったこともあって、より責任を感じています」

「もちろん来年も全試合フルタイムで出場するために努力したいですし、しっかりと優勝に導ける選手になりたいと思います」

DFエウシーニョ(川崎フロンターレ)
──日本に来て3年目で個人賞を獲得しました。1つ日本サッカー界に足跡を残したと思いますが今年1年を振り返って
「まずは神様、家族、チームメイト、クラブ関係者、川崎フロンターレのクラブに感謝したいです。今シーズンは最初にケガをして、なかなか難しいシーズンになりましたが、最後にタイトルを獲れて嬉しく思っています」

「1年目に関して、チームメイトが素晴らしく、みんなが快く受け入れてくれたことで、僕自身も日本サッカーに馴染もうと日々努力したので、3年目で個人タイトルが獲れたと思います。チームメイトには感謝しています」

MF中村憲剛(川崎フロンターレ)
──去年はMVPとして選手として最高の状況で来ました。今年はチームとして最高のリーグ優勝という状況できましたが、気持ちの違いなどは
「昨年は、MVPという個人で一番素晴らしい賞をいただいて、あとはチームのタイトルだけでした。それを今年やっと達成できて、本当に嬉しい気持ちで、今ここにいます」

──周りの選手が若返っているが、争いたいと言っていた。7回目の受賞で歴代3位となっていますが、どこまで伸ばしますか
「みんな若いですし、現役の日本代表選手ばかりです。37歳の自分がここにいる意味を示していかなければいけないですし、年齢は関係ないと思っているので、来年ここに立てるように日々努力したいと思います」

MF井手口陽介(ガンバ大阪)
──大きく飛躍した1年だったがどう評価しているか
「チームは良い時と悪い時の波が激しくて、後半戦はなかなか結果がついてこなかったので、来年はこのシーズンを糧に、1つでも多くのタイトルを獲れるように頑張っていきたいです」

MF山口蛍(セレッソ大阪)
──2度目のベストイレブンの受賞となりました。ルヴァンカップも獲りましたが、久々のJ1を戦った気持ちは
「年々レベルは上がっていると思いますし、J2に2年いて、プレーオフで勝ち上がってきて、誰もセレッソがこの順位にいてルヴァンカップのタイトルを獲るとは思っていなかったと思いますので、非常に充実していた1年でした。個人としては最後の2試合はケガをしてしまったので、そこが一番悔いが残ります」

FW小林悠(川崎フロンターレ)
──1年間通して出場されたのは初めてですが、今年の評価は
「全試合出られたことは、トレーナーの方に感謝したいです。得点という部分では、チームをたくさん引っ張れましたが、それ以外にまだまだ課題がたくさんあります。来年は得点以外の部分でもっとチームに貢献できるように頑張りたいと思います」

FW杉本健勇(セレッソ大阪)
──今年は飛躍の1年だったと思いますが、昨年はこの舞台に立てると思っていたか。得点王を最後獲れませんでしたが、どうバネにしていきたいか
「自分自身、タイトルを獲りたいと思っていましたし、想像を超えるシーズンでした。タイトルはファン・サポーターの皆さんが待ち望んでいたので、獲れて良かったと思います」

「個人的には得点王を争っていましたが、ここで獲れなかったのは何かが足りないと思うので、しっかりとやって、いつか獲れるように頑張りたいと思います」

──来シーズンはリーグ戦だけでなくACLがありますがどう戦っていきたいか

MF中村憲剛(川崎フロンターレ)
「今シーズン、フロンターレとしては準々決勝で浦和に負けて、本当に悔しい負け方でした。もう一回挑戦できるチャンスを得たので、チームとしてはリーグ戦とACLを戦うノウハウは色々な意味で経験積めたと思うので、今年の浦和のように日本の粘りを見せたいと思います。個人としてはそこに貢献できるようにやっていきたいです」

FW小林悠(川崎フロンターレ)
「すごく悔しい思いをした大会です。日程がハードなので、チーム、選手の総合力が試される大会だと思います。普段できない海外のチームと試合できるのは、選手としてもすごく楽しみです。楽しみながら戦っていきたいです」

DF昌子源(鹿島アントラーズ)
「鹿島アントラーズは国内タイトルとゼロックス杯、スルガ杯と色々なタイトルを獲らせてもらいましたが、唯一無いのがACLです。そのACL優勝という目標を今年も掲げていましたが、優勝できなかったので、来年はという思いはあります。個人としても、しっかりチームを優勝に導ける選手になりたいと思います。そういった活躍をできるように頑張りたいです」

FW杉本健勇(セレッソ大阪)
「前回セレッソがACLに出た時は、J2に降格してしまったので、そうならないようにしたいです。しっかり優勝に導けるように頑張りたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

サガン鳥栖の新ユニフォームは今年も「加速力」がコンセプト

▽ニューバランスは、サプライヤー契約クラブであるサガン鳥栖の2018シーズン新ユニフォームを発表した。 ▽デザインのコンセプトは昨年に続き、「加速力(アクセラレーション)」となっており、脇のb切り替え部分にシャープな切れ込みデザインをいれることでスピード感を表現。さらなる高みを目指すチームを後押ししている。 ▽全てのユニフォームは、ベース素材に吸汗速乾性に優れたニューバランスオリジナル素材「NBDRY」を採用したセミブライニットを用いており、編地組織によるライトストレッチ機能で身体の動きに負担を掛けない新機能を備えた生地で、闘う選手たちを機能面からもサポートする。 ▽ファーストユニフォームはチームの象徴カラーであるサガンブルーをベースに、サガンンピンクの鋭角な斜めピンストライプを重ね、加速力を表現。セカンドユニフォームは“サガン”の由来の1つである砂岩をテーマに、ブロックパターンを砂に見立て表現。1つ1つのブロックが集まる事で、1つの柄になるというデザインは、例え1粒1粒は小さくても、団結することで大きな岩となり、すさまじい力、そして新しい力を生むというメッセージが込められている。 ▽GKユニフォームは袖にアクセラレーションプリントを施し、相手より一瞬先に出てゴール前に立ちふさがるような加速力を表現している。また、全てのユニフォームの襟の内側には、チームスピリットである「True champions in the herarts of all who love Satantosu.」の文字が印字されている。ユニフォーム価格は1万3000円+税。2月下旬に発売される予定だ。 2018.01.19 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟、ヴァスコ・ダ・ガマのブラジル人FWターレス加入内定を発表…ヘディングと両足ともに正確な技術を備えたストライカー

▽アルビレックス新潟は19日、ヴァスコ・ダ・ガマのブラジル人FWターレス(22)の加入内定を発表した。 ▽ブラジル出身のターレスは2013年にヴァスコ・ダ・ガマでトップチームデビュー。今シーズンは国内リーグ戦で12試合に出場して2ゴールを記録している。また、これまでU-20ブラジル代表やU-21同国代表に選出されている。 ▽身長は185㎝、体重は93㎏。新潟はクラブ公式サイトで同選手の特徴を「打点の高いヘディングと、両足とも正確な技術を備えたストライカー。エリアに関わらずゴールを狙えるシュート力も持ち味」と紹介している。 2018.01.19 12:23 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和の槙野智章&李忠成が退団決定的のラファエル・シルバに別れ「チームに残してくれた事は本当に素晴らしい事ばかり」「いつまでもラファの成功を思う」

▽浦和レッズに所属するDF槙野智章とFW李忠成が、退団が決定的となっているFWラファエル・シルバに惜別のメッセージを送っている。 ▽ラファエル・シルバは、2014年8月にアルビレックス新潟へと加入。2017年から浦和に移籍すると、明治安田生命J1リーグで25試合に出場し12得点、YBCルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で1試合に出場。AFCチャンピオンズリーグでは11試合に出場し9得点を記録し、チームの10年ぶりのアジア制覇に貢献していた。 ▽新シーズンでも活躍が期待されたラファエル・シルバだが、浦和レッズは17日に中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からのオファーを受け、同選手がメディカルチェックのためチームを離脱することを発表。「先方クラブからのオファーが、設定されている移籍補償金を支払う条件となっていることや選手がオファーを受け入れる意思を強く示していることなど」からオファーを受け入れる意向を示している。 ▽正式発表はまだ行われていないが、退団が決定的とみられるラファエル・シルバにインスタグラムで槙野(makino.5_official)と李(tadanarilee_official)がメッセージを送っている。 ◆槙野智章 「ラファがこのチームに残してくれた事は本当に素晴らしい事ばかりだ。ラファと一緒にプレイ出来て、最高に幸せだったよ! どこに行っても幸運を祈る! また、逢える日を楽しみにしてる!」 ◆李忠成 「仲間の旅立ち ONE PIECE ルフィみたいな純粋でヤンチャなラファ いつまでもラファの成功を思う」 2018.01.19 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月18日】横浜FMカイケがブラジルECバイーアに期限付き移籍! 長崎GK三浦雄也が28歳で現役引退を決断

▽1月18日(木)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽昨シーズン、ブラジルのサントスへ期限付き移籍していた横浜F・マリノスのFWカイケは、同じくブラジルのECバイーアへの期限付き移籍が決まった。また昨年11月にV・ファーレン長崎との契約満了が発表されていたGK三浦雄也が現役引退を発表した。 ▽1月18日(水) 【J1】 ◆V・ファーレン長崎 《OUT》 GK三浦雄也(28) [引退] ◆横浜F・マリノス 《OUT》 FWカイケ(29) [ECバイーア→期限付き移籍] 【J3】 ◆ザスパクサツ群馬 《契約更新》 MF松下裕樹(36) ◆Y.S.C.C.横浜 《IN》 FW浅川隼人(22) [桐蔭横浜大学←完全移籍] 2018.01.19 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

オールドルーキー・梅崎、移籍の決め手は「自分がやりたいことができると感じた」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し、その後囲み取材に応じている。 ▽浦和レッズから湘南に加入した梅崎は移籍の決め手についてコメント。曺貴裁監督との会話の中から自身とフィーリングが合うように感じたことが1つの要因であることを明かした。 ◆梅崎司 ――見てもらいたいプレーは 「ゴールに絡んでいくプレーを見てもらいたいと思っています」 ――移籍の決め手は 「自分のプレーを見せたいと思っていた中で監督からお話をいただいて、チームの考えなどを聞いて、自分がやりたいことができるなと感じました。成長できると感じています」 ――これまでの経験をどのように伝えていきたいか 「考えていません。伝えられれば伝えますが、まずは自分がやることだと思います。監督も言っていましたかまだ、若いかベテランかは関係ないので、自分の成長のために、チームが勝つために還元したいと思います」 ――2018シーズンの目標は 「まずは自分の殻を破ること。自分自身が楽しんでプレーして、みなさんにも楽しんでもらえるようなプレーをしたいと思います」 2018.01.18 19:42 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース