ベストイレブン受賞の9名が思いを語る…MVPの川崎FのFW小林悠「来年は得点以外の部分でもっとチームに貢献できるように」《Jリーグアウォーズ》2017.12.05 21:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽「2017 Jリーグアウォーズ」が5日に横浜アリーナで行われた。

▽ベストイレブンを受賞した選手からケガで欠席のDF西大伍(鹿島アントラーズ)、クラブ・ワールドカップ出場のため欠席のFW興梠慎三(浦和レッズ)以外の9名が、授賞式後にメディア向けの記者会見に出席し、質問に応じた。

GK中村航輔(柏レイソル)
──今シーズンは33失点と少ない失点で常に上位を争ったが、どこが成長したと思うか
「昨年失点が多かったということで、今年は失点を減らしていこうという目標がありました。チーム全員の意思が統一できての結果だと思います」

DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
──日本代表デビューも果たして、チームも優勝、個人賞も受賞して最高のシーズンだと思いますが、個人の良くなったところは
「こうやって選ばれましたが、チームメイトに助けてもらってばっかりでした。まずは、もっともっと自立した選手にならないといけません。今年に関してはもっと攻撃のところなど、良くできるところはあるので、もっと良くしたいです」

DF昌子源(鹿島アントラーズ)
──プロ7年目で初めてのフルタイム出場。チームとしては悔しい思いをしたと思うが、個人としての手応えは
「今シーズンフルタイムで試合に出て、鹿島アントラーズでは僕1人でしたし、そういったこともあって、より責任を感じています」

「もちろん来年も全試合フルタイムで出場するために努力したいですし、しっかりと優勝に導ける選手になりたいと思います」

DFエウシーニョ(川崎フロンターレ)
──日本に来て3年目で個人賞を獲得しました。1つ日本サッカー界に足跡を残したと思いますが今年1年を振り返って
「まずは神様、家族、チームメイト、クラブ関係者、川崎フロンターレのクラブに感謝したいです。今シーズンは最初にケガをして、なかなか難しいシーズンになりましたが、最後にタイトルを獲れて嬉しく思っています」

「1年目に関して、チームメイトが素晴らしく、みんなが快く受け入れてくれたことで、僕自身も日本サッカーに馴染もうと日々努力したので、3年目で個人タイトルが獲れたと思います。チームメイトには感謝しています」

MF中村憲剛(川崎フロンターレ)
──去年はMVPとして選手として最高の状況で来ました。今年はチームとして最高のリーグ優勝という状況できましたが、気持ちの違いなどは
「昨年は、MVPという個人で一番素晴らしい賞をいただいて、あとはチームのタイトルだけでした。それを今年やっと達成できて、本当に嬉しい気持ちで、今ここにいます」

──周りの選手が若返っているが、争いたいと言っていた。7回目の受賞で歴代3位となっていますが、どこまで伸ばしますか
「みんな若いですし、現役の日本代表選手ばかりです。37歳の自分がここにいる意味を示していかなければいけないですし、年齢は関係ないと思っているので、来年ここに立てるように日々努力したいと思います」

MF井手口陽介(ガンバ大阪)
──大きく飛躍した1年だったがどう評価しているか
「チームは良い時と悪い時の波が激しくて、後半戦はなかなか結果がついてこなかったので、来年はこのシーズンを糧に、1つでも多くのタイトルを獲れるように頑張っていきたいです」

MF山口蛍(セレッソ大阪)
──2度目のベストイレブンの受賞となりました。ルヴァンカップも獲りましたが、久々のJ1を戦った気持ちは
「年々レベルは上がっていると思いますし、J2に2年いて、プレーオフで勝ち上がってきて、誰もセレッソがこの順位にいてルヴァンカップのタイトルを獲るとは思っていなかったと思いますので、非常に充実していた1年でした。個人としては最後の2試合はケガをしてしまったので、そこが一番悔いが残ります」

FW小林悠(川崎フロンターレ)
──1年間通して出場されたのは初めてですが、今年の評価は
「全試合出られたことは、トレーナーの方に感謝したいです。得点という部分では、チームをたくさん引っ張れましたが、それ以外にまだまだ課題がたくさんあります。来年は得点以外の部分でもっとチームに貢献できるように頑張りたいと思います」

FW杉本健勇(セレッソ大阪)
──今年は飛躍の1年だったと思いますが、昨年はこの舞台に立てると思っていたか。得点王を最後獲れませんでしたが、どうバネにしていきたいか
「自分自身、タイトルを獲りたいと思っていましたし、想像を超えるシーズンでした。タイトルはファン・サポーターの皆さんが待ち望んでいたので、獲れて良かったと思います」

「個人的には得点王を争っていましたが、ここで獲れなかったのは何かが足りないと思うので、しっかりとやって、いつか獲れるように頑張りたいと思います」

──来シーズンはリーグ戦だけでなくACLがありますがどう戦っていきたいか

MF中村憲剛(川崎フロンターレ)
「今シーズン、フロンターレとしては準々決勝で浦和に負けて、本当に悔しい負け方でした。もう一回挑戦できるチャンスを得たので、チームとしてはリーグ戦とACLを戦うノウハウは色々な意味で経験積めたと思うので、今年の浦和のように日本の粘りを見せたいと思います。個人としてはそこに貢献できるようにやっていきたいです」

FW小林悠(川崎フロンターレ)
「すごく悔しい思いをした大会です。日程がハードなので、チーム、選手の総合力が試される大会だと思います。普段できない海外のチームと試合できるのは、選手としてもすごく楽しみです。楽しみながら戦っていきたいです」

DF昌子源(鹿島アントラーズ)
「鹿島アントラーズは国内タイトルとゼロックス杯、スルガ杯と色々なタイトルを獲らせてもらいましたが、唯一無いのがACLです。そのACL優勝という目標を今年も掲げていましたが、優勝できなかったので、来年はという思いはあります。個人としても、しっかりチームを優勝に導ける選手になりたいと思います。そういった活躍をできるように頑張りたいです」

FW杉本健勇(セレッソ大阪)
「前回セレッソがACLに出た時は、J2に降格してしまったので、そうならないようにしたいです。しっかり優勝に導けるように頑張りたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

ウィジョが大阪春の陣を制す一発! G大阪が最下位脱出の今季2勝目《J1》

▽21日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のガンバ大阪vsセレッソ大阪は、ホームのG大阪が1-0で勝利した。 ▽最下位に沈むG大阪は、負傷明けの藤春がスタメン復帰を果たしたほか、プロ2年目の高江がJ1初出場で初先発。3位のC大阪は、木本が負傷欠場となり、山下がスターティングメンバー入りした。 ▽リーグ戦通算35回目の大阪ダービーは、互いに攻撃の糸口を探り合う緊迫ムードで立ち上がった中、G大阪にアクシデント。12分に三浦との交錯で顔面を強打した東口がプレー続行不可能となり、J1初出場となるGK林のスクランブル起用を強いられる。 ▽前からのプレッシングがうまく機能したG大阪は24分、右サイドでの細かいパスワークから倉田が左足で浮き球パス。これを胸トラップで収めにかかったボックス内のファン・ウィジョだが、体勢が整わず、シュートに持ち込むことができない。 ▽続く26分にもG大阪にシュートチャンス。左サイドで水沼のマークを搔い潜った倉田のクロスに中央のスペースに潜り込んだファン・ウィジョが頭で合わせる。これが枠に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンにセーブされて、先制機をモノにできない。 ▽すると、C大阪の攻撃を凌ぐG大阪は39分、ボックス左のファン・ウィジョがダブルタッチで突破を試みると、マテイ・ヨニッチのファウルを受けてPKのチャンスを獲得。これをファン・ウィジョ自ら決め切り、ホームのG大阪が先制に成功した。 ▽ファン・ウィジョのシーズン6得点目で先取したG大阪。迎えた後半の入りもトップ下を務める遠藤のポストプレーからファン・ウィジョがゴールに襲いかかるなど、なかなか調子を上げられずにいるC大阪を尻目にリズム良く攻撃を展開していく。 ▽その中で、攻守の切り替えでテンポを上げたC大阪は、51分にカウンター。さらに、ボールポゼッションを高めながらサイドから攻勢に持ち込むが、局面で身体を張るG大阪の守備ブロックを打ち破れず、シュートチャンスをつくり出すことができない。 ▽粘り強い戦いが際立つG大阪は、55分に追加点のチャンス。遠藤を追い越して左サイドの深くでスルーパスを受けた藤春がクロスを供給する。これに中央に走り込んだ藤本が頭で合わせるが、GKキム・ジンヒョンに弾かれたボールは右ポストに嫌われた。 ▽山口の機を見た攻め上がりで攻撃に迫力が増すC大阪は、61分に絶好の同点機。右サイドの松田がボックス右脇から低い弾道のクロスを供給すると、ニアサイドに勢いよく飛び込んだ高木が合わせる。だが、これを枠に飛ばせず、決定機を逃してしまう。 ▽その後、やや間延びした展開になると、C大阪は77分に清武と片山の2枚替え。さらに、82分にヤン・ドンヒョンをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。だが、ヤン・ドンヒョンのポストプレーから迎えた決定機を杉本が生かしきれない。 ▽辛抱強い守備で追加点を目指すG大阪もカウンターからファン・ウィジョに千載一遇のチャンスが巡ってくるが、シュートミスで不意に。それでも、4連勝中のC大阪との白熱のダービーを制したG大阪が2試合ぶりの白星でシーズン2勝目を挙げ、名古屋を交わして最下位を脱出した。 2018.04.21 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和、ミシャ率いる好調・札幌とゴールレスドロー…大槻毅体制ラストマッチを4連勝で締めくくれず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節の浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌が21日に埼玉スタジアム2002で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで3勝2分け3敗で10位に位置する浦和(勝ち点11)と、4勝2分け2敗で4位につける札幌(勝ち点14)の一戦。前節の清水エスパルス戦を2-1で勝利して大槻毅体制リーグ戦3連勝を飾った浦和は、その一戦から先発メンバーを2人変更。清水戦で途中交代したマウリシオと菊池に代えて、岩波とマウリシオを起用した。 ▽一方、前節の柏レイソル戦を2-1で勝利して3連勝を飾った好調・札幌は、その一戦から先発メンバーを4人変更。契約上の理由によって出場できない駒井と宮吉らに代えてチャナティップと宮澤らを起用した。 ▽19日にかつて鹿島アントラーズでリーグ3連覇を達成したオズワルド・オリヴェイラ氏の招へいを発表した浦和にとっては、大槻体制のラストマッチ、札幌にとってはミハイロ・ペトロヴィッチ監督の古巣戦となった一戦。 ▽試合は序盤から互いに敵陣へと侵攻するが、思うようにシュートまで結びつけることができない立ち上がりとなる。そんな中、札幌は17分、宮澤からパスを受けた三好がボックス手前からシュートを放つも、GK西川にセーブされる。 ▽対する浦和は20分、柏木からの右CKが相手DFに当たってゴール前へ抜けると、遠藤がボレーシュート。しかし、これがGKク・ソンユンの正面に。絶好機を逃してしまう。 ▽34分にはこぼれ球を拾った流れから岩波がワンツーでボックス右に抜け出し、鋭いクロスから浦和がチャンスを迎えるも決め切れず。ゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、まずは浦和が54分、橋岡からのクロスを武藤がヘディングシュート。一方の札幌は直後、福森のパスを受けた三好がボックス手前右に持ち込み、右足を振り抜くもどちらもGKに処理されてゴールは生まれない。 ▽終盤に差し掛かると浦和が攻勢を強める。65分には柏木の左CKを槙野が頭で合わせる。しかし、これは枠を捉えることが出来ない。74分には興梠の落としを受けた長澤がミドルシュート。GKク・ソンユンに弾かれたボールはゴール方向に向かったが、勢いは弱くGKク・ソンユンに対処された。 ▽その後は互いにゴールへ迫った両者だが、最後までスコアは動かずにそのまま試合終了。浦和は4試合無敗も大槻監督体制ラストマッチを勝利で飾れず。一方の札幌は6試合無敗を継続している。 2018.04.21 18:21 Sat
twitterfacebook
thumb

16位横浜FMと15位湘南の神奈川ダービー、乱打戦の末痛み分け《J1》

▽21日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第9節の横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレは、4-4のドローに終わった。 ▽横浜FMは、ウーゴ・ヴィエイラ、ユン・イルロク、オリヴィエ・ブマルの3トップを形成。対する湘南はアレン・ステバノヴィッチを開幕戦以来のスタメン起用した。 ▽試合は、8分に菊地の強烈なミドルシュートで横浜FMゴールを強襲した湘南が直後に先制する。ドリブルでボックス左に持ち上がったアレン・ステバノヴィッチが右足アウトサイドで浮き球パス。これが中澤の頭にディフレクトしてコースが変わり、GK飯倉の逆を突いてゴールに吸い込まれた。 ▽不安定な立ち上がりにオウンゴールで失点した横浜FMだが、後方でボールを落ち着かせながら攻撃の糸口を探る。すると、27分に右サイドを突破したオリヴィエ・ブマルからパスを受けたウーゴ・ヴィエイラがボックス右に流れながら低い弾道の右足シュートを決め、横浜FMが追いつく。 ▽ウーゴ・ヴィエイラの同点弾で試合を振り出しに戻した横浜FMだが、湘南が直後に相手のミスに乗じて勝ち越す。28分、最終ラインのケアを試みたGK飯倉が飛び出してクリア。しかし、これに反応した菊地が無人のゴールマウスにロングシュートを決め切り、すかさず横浜FMを突き放した。 ▽再びリードの湘南は続く41分、相手最終ライン背後のスルーパスに反応したアレン・ステバノヴィッチがGKとの一対一を制して3点目。だが、44分にユン・イルロクのお膳立てからネットを揺らしたウーゴ・ヴィエイラがわずか数十秒後にも山中のクロスから巧みにシュートを決めて追いすがる。 ▽ところが、湘南の助っ人もこの直後に奮起。前半アディショナル1分、カウンターの流れから松田のパスをイ・ジョンヒョプ経由で受けたアレン・ステバノヴィッチがボックス左から低い弾道のシュートを突き刺して、湘南が横浜FMの反撃ムードに水を差す。 ▽追いつきたい横浜FMは後半の頭から仲川を投入。その立ち上がりから攻勢を強め、53分に仲川がクロスバー直撃の右足シュートでゴールに迫る。すると、57分に右CKから味方のフリックしたボールにファーサイドのミロシュ・デゲネクが頭で合わせ、横浜FMがイーブンに戻した。 ▽息を吹き返した横浜FMは、ボールの主導権を握って攻め入るが、対する湘南もカウンターベースの仕掛けで応戦。その中で徐々に湘南を防戦一方の状態に追い込んだ横浜FMだが、仲川の決定的なミドルシュートが枠の左に外れるなど局面で精度を欠いてしまう。 ▽結局、同勝ち点で並ぶ15位と16位の神奈川勢対決は乱打戦の末、痛み分けで終了。ともに連敗を2で止めたものの、横浜FMは4戦未勝利、湘南は3戦未勝利となっている。 2018.04.21 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルディ2発の神戸が今季初の連勝! シャビエル復帰実らずの名古屋6連敗《J1》

▽21日にノエビアスタジアム神戸で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のヴィッセル神戸vs名古屋グランパスは、ホームの神戸が3-0で勝利した。 ▽神戸は、出場停止明けのルーカス・ポドルスキが先発入り。対する名古屋は、ガブリエル・シャビエルが第5節以来の先発復帰を果たした。 ▽試合は12分、神戸が先制。ボックス中央で藤田のパスを受けたチョン・ウヨンが鋭い反転から左足を振り抜き、神戸が先手を取った。 ▽続く16分にも神戸にチャンス。だが、ゴール前の混戦から大槻が放った左足シュートは相手DFのブロックに遭い、追加点とはならない。 ▽追う名古屋は、ガブリエル・シャビエルを中心に反撃を試みるが、局面でルーカス・ポドルスキの決死のクリアに遭うなど、ゴールが遠い。 ▽44分には神戸が追加点のチャンス。バイタルエリア中央から三田が右足のミドルシュート。だが、これはGKランゲラックの好セーブに阻まれた。 ▽1点リードの神戸は51分、大槻のポストワークにルーカス・ポドルスキが反応。右足のコントロールショットをゴール右に沈め、名古屋を突き放した。 ▽追い込まれた名古屋は、引き続きガブリエル・シャビエルを中心に攻め込むが、神戸も効率よくシュートチャンスをつくり出して応戦する。 ▽その中、79分には途中出場の押谷が長谷川アーリアジャスールのパスから右足ダイレクトでゴールに迫るが、精度を欠いて枠に飛ばせない。 ▽すると、神戸は81分にカウンター。途中出場のウェリントンのパスからルーカス・ポドルスキがトドメのゴールを決め、勝敗の行方を決した。 ▽ルーカス・ポドルスキの2発により、快勝の神戸が今シーズン初のリーグ2連勝。敗れた名古屋は6連敗となり、7試合で白星から遠ざかっている。 2018.04.21 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季王者・攻撃陣復活で鹿島撃破! 川崎F、昨季トップ2対決を制して公式戦7試合ぶり勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節の川崎フロンターレvs鹿島アントラーズが21日に等々力陸上競技場で行われ、4-1で圧勝した。 ▽ここまで3勝3分け2敗で6位につける川崎F(勝ち点12)と、3勝2分け3敗で8位に位置する鹿島(勝ち点11)の一戦。前節のベガルタ仙台戦をゴールレスドローで終え、リーグ戦4試合で勝利がない川崎Fは、その一戦から先発メンバーを1名のみ変更。大島に代えてエドゥアルド・ネットを起用した。 ▽一方、前節の名古屋グランパス戦を2-0で勝利して4試合ぶりの白星を飾った鹿島は、その一戦と同様の先発メンバーを起用した。 ▽昨シーズンは最終節まで優勝を争った両者。試合は昨シーズンに最終節で鹿島を退けた川崎Fが序盤から攻勢に出る。2分、ボックス手前で守田からパスを受けた阿部の右足シュートは、GKクォン・スンテの正面。 ▽しかし5分、谷口のパスを受けてボックス右に侵攻した家長がグラウンダーのクロスを送ると、ニアサイドにポジションをとっていた三竿健人がクリアミス。そのままボールはゴールに吸い込まれて川崎Fがラッキーな形で先制に成功する。 ▽先制点を奪った川崎Fはリズム良いパス回しでチャンスを構築する。14分、家長、中村憲剛、エドゥアルド・ネットとつなぎ、スルーパスを受けた車屋がボックス左から右足シュート。相手DFに当たってコースが変わったが、ここはGKクォン・スンテに素早い反応で防がれた。 ▽前半半ばに差し掛かると徐々に鹿島も応戦。26分には小笠原からのFKを植田が頭で合わせる。しかし、シュートはGKチョン・ソンリョンにキャッチされる。 ▽両者譲れない一戦だけに時間の経過と共に球際が激しくなり、互いにヒートアップする場面も。そんな中、川崎Fは35分にカウンターを発動。知念の落としを受けた守田が右サイドに展開し、走り込んだエウシーニョが中央へクロスを送る。阿部の右足がボールの芯を捉えたが、相手DFに直撃してしまう。 ▽1-0で試合を折り返して迎えた後半開始早々、1点をリードする川崎Fが追加点を奪う。47分、敵陣中央で知念のチェイスから守田が縦パス。これを阿部がフリックしてボックス左に送ると、エドゥアルド・ネットが抜け出し、鋭い切り返しで相手DFをかわして右足でゴール左へ流し込んだ。 ▽リードを2点に広げられた鹿島は57分、小笠原に代えて永木を投入。すると64分、鹿島はボックス左手前でFKを獲得し、キッカーの永木が直接狙う。これが壁に入った知念の頭に当たってゴール右へ吸い込まれた。 ▽1点差に詰め寄られて嫌な空気が漂う川崎F。それでも直後、鹿島の不用意なミスを突いて川崎Fが再び突き放す。65分、ボックス右に攻め込んだが、これは小田にボールを奪われる。しかし、軽率なバックパスに対して中村憲剛が懸命に追うと、右足でのプッシュがGKクォン・スンテの股を抜いて追加点を奪った。 ▽苦しい状況となった鹿島は直後、内田と中村充孝に代えて西と伊東を投入して右サイドの活性化を図る。しかし、77分に昌子がこの日2枚目となるイエローカードで退場してしまい、勢いは衰退。これを契機に川崎Fは81分、家長のスルーパスに抜け出した途中出場の大久保が冷静にゴールへ流し込んでトドメを差した。 ▽昨季トップ2の対決を4-1で制した川崎Fがリーグ戦5試合ぶり、公式戦7試合ぶり勝利を飾った。 2018.04.21 17:56 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース