酒井フル出場のマルセイユ、2つの疑惑判定で辛くもドロー《リーグ・アン》2017.12.04 07:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第16節、モンペリエvsマルセイユが3日にスタッド・デ・ラ・モソンで行われ、1-1のドローに終わった。なお、マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。

▽リーグ戦10試合無敗で2位に位置するマルセイユ(勝ち点31)と、リーグ最少失点(8失点)の堅守を武器に、4戦無敗で7位に付けるモンペリエ(勝ち点21)による南仏対決。来週ミッドウィークに決勝トーナメント進出が懸かるヨーロッパリーグ(EL)のザルツブルク戦を控えるマルセイユだが、酒井やトヴァン、ルイス・グスタボ、ラミなど主力メンバーを揃ってこの試合で起用した。

▽立ち上がりからボールを保持するマルセイユだが、組織的な相手の守備ブロックの前でボールを横に動かす場面が目立ち、なかなか危険なエリアでボールを受けられない。逆に、9分にセセニョン、18分にムベンザと相手得意のカウンターからGKマンダンダがセーブを強いられる場面が続く。

▽なかなか流れを掴み切れないマルセイユは29分、一瞬の隙を突かれて先制点を許す。相手のショートカウンターからボックス左でルシヨンが入れたクロスがDF酒井にディフレクトしてボックス中央のスペースへ。これをジョバンニ・シオがアクロバティックなボレーで合わすと、GKマンダンダの手を弾いたボールがネットに吸い込まれた。

▽リーグ最高の堅守を誇るモンペリエを前にビハインドを背負う苦しい展開となったマルセイユは、古巣対戦のサンソンや酒井とトヴァンの右サイドを起点に攻勢を強める。すると、前半終了間際の45分に味方のスルーパスに抜け出した酒井が右サイド深くで折り返す。これを中央の味方がシュートすると、DFイウトンが身体に付けていた腕にボールが当たる。ここで主審はかなり微妙な判定ながらハンドを取り、マルセイユにPKが与えられる。これをキッカーのトヴァンが冷静に右隅へ決めてリーグ戦3試合連続ゴールを記録した。

▽幸運な判定によって1-1のイーブンで試合を折り返したマルセイユは、後半も前半同様にボールを保持していくが、相手の堅守を前にほとんど決定的な場面を作れない。何とか流れを変えたいガルシア監督は61分にトヴァンを下げてオカンポスを投入。70分過ぎには酒井の際どいクロス、ジェルマンの枠を捉えたミドルシュートでゴールに迫るが、GKルコントの好守に遭う。

▽試合終盤にかけてはホームのモンペリエが押し返す展開が続く。すると88分、マルセイユは自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのサンビアのクロスをニアのカマラに頭で合わせられ、これがゴール右隅に吸い込まれる。土壇場で痛恨の勝ち越し点を許したかに思えたが、副審はカマラのヘディングに反応したオフサイドラインのイウトンがプレーに関与したとの判定でフラッグを上げ、主審との話し合いの結果、ノーゴールの判定となった。その後も相手の猛攻に晒されたマルセイユだが、何とか守り切って試合は1-1のドローで決着。2つの幸運な判定によって辛くも勝ち点1を拾ったマルセイユは11戦無敗継続もリヨンとモナコに勝ち点で並ばれ、得失点差の関係で4位に転落した。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユ、控えGKプレと2020年まで契約延長!

▽マルセイユは21日、フランス人GKヨアン・プレ(35)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ル・マンでプロキャリアをスタートした196cmの長身GKのプレは、トゥールーズ、ソショーを渡り歩き2015年にマルセイユに加入した。 ▽加入1年目はフランス代表GKスティーブ・マンダンダのバックアップを担うが、2年目はそのマンダンダがクリスタル・パレスに移籍したことで正GKに昇格。昨シーズンはマンダンダ復帰に伴い、再び控えGKに降格もヨーロッパリーグを中心に公式戦20試合に出場していた。 2018.07.21 17:42 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユがW杯準優勝のクロアチア代表DFチャレタ=ツァル獲得! 南野同僚から酒井同僚に

▽マルセイユは20日、レッドブル・ザルツブルクからクロアチア代表DFドゥイエ・チャレタ=ツァル(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「15」に決定した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、逸材センターバックに関してはセビージャが1900万ユーロ(約25億5000万円)のオファーを掲示して獲得に動いていたが、すでに選手との合意に至っていたマルセイユが移籍金をセビージャの掲示額と同等に引き上げたことで移籍成立に至ったという。 ▽母国のシベニクでプロキャリアをスタートしたチャレタ=ツァルは、オーストリアのパッシングを経て2014年にザルツブルクに加入。その後、リザーブチームにあたるリーフェリングへの武者修行を経て2015-16シーズンからザルツブルクのトップチームに定着すると、192cmの長身と高い身体能力を生かしたソリッドな守備で若きディフェンスリーダーとして活躍。昨季は公式戦53試合に出場し2ゴール3アシストの数字を残していた。 ▽また、代表不出場ながらクロアチア代表のロシアW杯メンバーに選出されると、大会直前のブラジル代表とのフレンドリーマッチでフル代表デビューを飾り、本大会のグループリーグ最終節のアイスランド代表戦でもプレーし、同国最高位となる準優勝に貢献した。 2018.07.21 13:31 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユがクロアチア代表DFチャレタ=ツァル獲得に迫る! 南野同僚から酒井同僚へ

▽マルセイユがレッドブル・ザルツブルクに所属するクロアチア代表DFドゥイエ・チャレタ=ツァル(21)の獲得に迫っているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、逸材センターバックに関してはセビージャが1900万ユーロ(約25億5000万円)のオファーを掲示して獲得に動いているものの、そのオファーと同程度の1700~1900万ユーロ(約22億3000~25億5000万円)を掲示したマルセイユ行きが迫っているという。 ▽また、マルセイユのクラブ幹部はすでにロシア・ワールドカップ(W杯)で同地に滞在中だったチャレタ=ツァルと個人間での合意を取り付けており、近日中に5年契約にサインする見込みだ。 ▽母国のシベニクでプロキャリアをスタートしたチャレタ=ツァルは、オーストリアのパッシングを経て2014年にザルツブルクに加入。その後、リザーブチームにあたるリーフェリングへの武者修行を経て2015-16シーズンからザルツブルクのトップチームに定着すると、192cmの長身と高い身体能力を生かしたソリッドな守備で若きディフェンスリーダーとして活躍。昨季は公式戦53試合に出場し2ゴール3アシストの数字を残していた。 ▽また、代表不出場ながらクロアチア代表のロシアW杯メンバーに選出されると、大会直前のブラジル代表とのフレンドリーマッチでフル代表デビューを飾り、本大会のグループリーグ最終節のアイスランド代表戦でもプレーし、同国最高位となる準優勝に貢献した。 2018.07.19 14:13 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹所属のマルセイユ、主力CBロランドと新たにサイン 新契約は2019年まで

▽マルセイユは10日、ポルトガル代表DFロランド(32)の契約更新を発表した。新たな契約期間は2019年までとなる。 ▽カーボベルデにルーツを持つロランドは、2004年にベレネンセスでプロデビュー後、ポルト、ナポリ、インテル、アンデルレヒトでプレー。2015年夏からマルセイユに活躍の場を移した。 ▽加入3年目の2017-18シーズンも右サイドバックの日本代表DF酒井宏樹と共にセンターバックとして最終ラインの主力を張り、公式戦46試合2得点を記録。ヨーロッパリーグ決勝進出に貢献した。 ▽また、代表キャリアにおいては、2009年にポルトガル代表デビュー。2010年のワールドカップと2012年のユーロに臨む代表入りを果たすど、代表通算21キャップをマークしている。 2018.07.10 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

練習不参加に激怒のニース、バロテッリのマルセイユ移籍を阻止か

▽マルセイユへの移籍が近づいているイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)だが、前所属クラブのニースがこの移籍を阻止するかもしれない。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。 ▽4年ぶりにイタリア代表に復帰するなど、フランスの地で復活を遂げたバロテッリは、昨季限りでニースとの契約が満了。一部報道によれば、マルセイユへの移籍が近づいており、8日にもメディカルチェックを受診し正式契約を結ぶ予定と伝えられていた。 ▽『RMCスポーツ』によると、2019年6月までの契約延長オプションを保有しているニースは、バロテッリがプレシーズンのトレーニングに参加しないことやクラブの許可なしにマルセイユと個人会談を行ったことに激怒。同紙は、ニースがバロテッリへの制裁として罰金だけでなく、マルセイユへの移籍を阻止する動きを見せていると伝えている。 2018.07.09 04:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース