マドリー、浦和、パチューカ…出場全7クラブが決定! マッチスケジュールは…?《CWC》2017.11.30 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽30日、南米クラブ王者を決めるコパ・リベルタドーレス2017の決勝2ndレグが行われ、ブラジルのグレミオが2-1で勝利。アルゼンチンのラヌースを2戦合計3-1で下し、クラブ・ワールドカップ出場を決めた。

▽これにより、出場全7クラブが決定。12月6日から16日にかけてUAEで開催される試合のマッチスケジュールが決定した。

▽出場クラブは、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグを制した欧州代表のレアル・マドリー(スペイン)、南米王者のグレミオ(ブラジル)、AFCチャンピオンズリーグを10年ぶりに制した浦和レッズ、日本代表MF本田圭佑が所属する北中米カリブ海王者のパチューカ(メキシコ)、アフリカ王者に輝いたウィダード・カサブランカ(モロッコ)、オセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)、そして開催国王者のアル・ジャジーラ(UAE)となる。

▽1回戦は6日に行われ、開催国王者のアル・ジャジーラとオークランド・シティが対戦。準々決勝は9日に開催され、1回戦の勝者と浦和が、パチューカとウィダード・カサブランカが対戦する。

▽準決勝から南米王者のグレミオと欧州王者のマドリーが登場。パチューカとウィダード・カサブランカの勝者がグレミオと、アル・ジャジーラvsオークランド・シティの勝者vs浦和の勝者がマドリーと対戦。16日に決勝戦が行われる。

◆FIFAクラブ・ワールドカップ UAE 2017
【ファーストラウンド】
▽12月6日(水)
《26:00》
アル・ジャジーラ vs オークランド・シティ─【M1】

【セカンドラウンド】
▽12月9日(土)
《22:00》
パチューカ vs ウィダード・カサブランカ─【M2】

《25:30》
【M1】勝者 vs 浦和レッズ-【M3】

【5位決定戦】
▽12月12日(火)
《23:00》
【M2】敗者 vs 【M3】敗者

【準決勝】
▽12月12日(火)
《26:00》
グレミオ vs 【M2】勝者─【M5】

▽12月13日(水)
《26:00》
【M3】勝者 vs レアル・マドリー─【M6】

【3位決定戦】
▽12月16日(土)
《23:00》
【M6】敗者 vs 【M5】敗者

【決勝】
▽12月16日(土)
《26:00》
【M6】勝者 vs 【M5】勝者
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウドの直接FK弾でグレミオを退けたレアル・マドリーが史上初の2連覇《CWC》

▽クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・決勝、レアル・マドリーvsグレミオが16日に行われ、1-0でレアル・マドリーが勝利し、大会2連覇を達成している。 ▽準決勝で開催国王者アル・ジャジーラに薄氷の逆転勝利で勝ち上がったレアル・マドリーは、アル・ジャジーラ戦のスタメンから3選手を変更。ナチョ、アクラフ、コバチッチに代えてセルヒオ・ラモス、クロース、カルバハルを起用し、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、準決勝でパチューカに延長戦の末に1-0と競り勝ったグレミオは、そのパチューカ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽自陣に引いて球際に激しく当たるグレミオに対し、レアル・マドリーがボールを保持して押し込んでいくと、17分にC・ロナウドがミドルシュートでけん制。 ▽続く20分にはクロスのルーズボールをボックス右のカルバハルがボレー。完璧に捉えていたシュートは枠を捉えていたが、DFにブロックされてしまった。 ▽その後、28分にエジウソンの直接FKでけん制されたレアル・マドリーは、39分にC・ロナウドが直接FKで応戦。しかし、枠を捉えるには至らず、0-0で試合を折り返した。 ▽迎えた後半もレアル・マドリーが押し込むと、53分にC・ロナウドが均衡を破った。自身が得たボックス手前左からのFKを直接狙うと、ワンバウンドした鋭いシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽さらに58分、ベンゼマの落としをC・ロナウドがボレーでゴールに蹴り込むも、その前のベンゼマのポジションがオフサイドだったとしてノーゴールの判定に。 ▽その後もカゼミロやモドリッチのミドルシュートでゴールに迫ったレアル・マドリーに対し、グレミオは71分にパチューカ戦で決勝点を奪ったエヴェルトンを投入。 ▽一方、終盤にベイルを投入したレアル・マドリーは、82分にC・ロナウドがGKを強襲するシュートを放つと、83分にはベイルが左足アウトでのシュートでゴールに迫った。 ▽結局、追加点こそ奪えなかったものの1-0でシャットアウトしたレアル・マドリーが史上初のCWC連覇を達成している。 2017.12.17 03:58 Sun
twitterfacebook
thumb

本田不出場のパチューカ、アル・ジャジーラに4発快勝で3位フィニッシュ《CWC》

▽パチューカは16日、クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・3位決定戦でアル・ジャジーラと対戦し、4-1で快勝した。パチューカのMF本田圭佑はベンチ入りも出場はしなかった。 ▽準決勝でグレミオに延長戦の末に0-1と敗れたパチューカと、レアル・マドリーに1-2と惜敗した開催国王者アル・ジャジーラによる3位決定戦。 ▽本田がベンチスタートとなったパチューカがボールを保持する立ち上がりとなった中、アル・ジャジーラもロマリーニョのスピードを生かしたカウンターで応戦。そんな中、最初のチャンスはパチューカに訪れる。12分、左クロスをゴール前のエリック・サンチェスが合わせるも、シュートは枠の左に外れた。 ▽その後もボールを保持したパチューカは16分に決定機。ウレタビスカヤのFKが相手DFにディフレクトし、ボールは左ポストを直撃。ルーズボールをO・ムリージョが頭で押し込みにかかるも、シュートはバーを越えていった。 ▽続く23分にF・ハラがヘディングシュートでゴールに迫ったパチューカは、37分に先制する。サガルのスルーパスを受けたウレタビスカヤがボックス右に侵入。冷静に右足アウトでGKアルセナニを破った。 ▽迎えた後半、アル・ジャジーラが前がかる入りとなると、57分に同点に追いつく。スローインの流れからブスファがシュートに持ち込むと、これはゴールライン前のDFに好クリアで阻まれるも、ルーズボールをボックス右のアルレッジが蹴り込んだ。 ▽それでも60分、左サイドのスペースを突いたサガルのアーリークロスをF・ハラがダイレクトで蹴り込み、パチューカがすかさず勝ち越しに成功した。 ▽その後も攻め手を緩めなかったパチューカは、79分にスルーパスに抜け出したデ・ラ・ローザがGKとの一対一を制して勝負を決定付けた。さらに84分にはPKでサガルが加点したパチューカが圧勝。3位で今大会を終えている。 2017.12.17 00:51 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑は過密日程の中でのCWC3位決定戦に疑問…指揮官「選手たちは消耗している」

現在、FIFAクラブ・ワールドカップに参戦している北中米カリブ海地区王者のパチューカ。準決勝ではグレミオに敗れ、3位決定戦で開催国王者アルジャジーラと戦うことが決まっている。<br><br>パチューカの日本代表MF本田圭佑は、過密日程の中で3位決定戦を行うことに疑念を抱いているとメキシコ版『ESPN』が報じている。記事ではパチューカ指揮官ディエゴ・アロンソの言葉を次のように紹介した。<br><br>「ケイスケは3位決定戦について疑問を持っているようだった。ここまで消耗の激しい試合が続いていたからね。我々の選手たちが土曜の試合までにどこまで回復しているのか、慎重に見極めないといけないね」<br><br>パチューカはCWC準々決勝でウィダード・カサブランカ相手に延長の末に勝利。続く準決勝グレミオ戦でも延長戦に突入しており、ここまでの2試合はいずれも120分の激闘となっていた。<br><br>アロンソ監督は「激しく消耗しているから、中には万全でない選手もいる」と発言。パチューカの選手はコンディション面で不安があると明かしている。<br><br>一部報道によると、本田圭佑にパチューカ退団のうわさが浮上。アルジャジーラ戦がパチューカで本田の最後の試合になる可能性が高いと伝えられている。<br><br>果たしてアロンソ監督は次戦も本田を先発起用するのか。ここ2試合で合計240分ピッチに立っている本田だけに、疲労の蓄積具合が気になるところだが、アルジャジーラ戦は見逃せない一戦となりそうだ。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.16 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

連覇目指すマドリー、先制点献上もC・ロナウド&ベイル弾で薄氷勝利! 南米王者グレミオとの決勝へ!《CWC2017》

▽レアル・マドリーは13日、クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・準決勝のアル・ジャジーラ戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽この試合からの参戦となる欧州王者のマドリーは、GKにケイロル・ナバス、最終ラインにアクラフ・ハキミ、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロ、コバチッチ、イスコ、最前線にはC・ロナウドとベンゼマを起用。鼻骨骨折が完治していないチームキャプテンのセルヒオ・ラモスやカルバハル、状態の気がかりなガレス・ベイルらは外れたものの、ほぼベストメンバーとなっている。 ▽浦和レッズを1-0で撃破して勝ち上がった開催国UAE王者のアル・ジャジーラは、2連覇を目指す相手との対戦に向けてスタメンを1名のみ変更。サレム・アブドゥーラに代えてムバラクを先発で送り出し、中3日で行われる試合に挑んだ。 ▽試合は、序盤からマドリーがチャンスを作り出していく。4分、ボックス手前左でコバチッチからパスを受けたC・ロナウドがミドルシュートを放つ。さらに5分にも、イスコのアーリークロスに反応して頭で合わせたのは再びC・ロナウド。どちらも得点には至らなかったが、積極的にシュートを放っていく。 ▽その後も、C・ロナウドにビッグチャンスが続々と訪れるが、GKアリ・ハセイフの好守もあり決め切ることができない。15分には、イスコのクロスにベンゼマのヘディングシュート。しかし、ここもGKアリ・ハセイフのファインセーブに阻まれた。 ▽20分にもベンゼマの落としを受けたモドリッチのシュートにGKアリ・ハセイフが立ちはだかると、直後にアル・ジャジーラのカウンターが発動。マブフートの放ったシュートは枠を外れたが、鋭い攻撃でマドリーのゴールマウスを脅かした。 ▽それでも31分、イスコのクロスに反応にしたカゼミロが、ラシドと競り合いつつもネットを揺らすことに成功。しかし、このプレーはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の審議により、カゼミロのファウルに。得点とはならなかった。 ▽マドリーが再三の決定機を決められずにいると、アル・ジャジーラが貴重な先制点をもぎ取る。41分、ナチョのパスミスからボールがロマリーニョに渡ると、カバーに回ったカゼミロとアクラフが交錯。最後はボックス内に侵攻したロマリーニョが、右足を一振りしてマドリーゴールに沈めた。 ▽マドリーは失点後も猛攻を続けたものの、追いつくことはできず。ビハインドを背負ったまま試合を折り返した。全員が相手陣内に入り得点を目指して挑んだ後半だったが、またしてもアル・ジャジーラのカウンターが火を吹く。47分、抜け出したマブフートが独走してゴール前まで運び、並走していたブスファにパス。ブスファは冷静に蹴り込んだ。マドリーにとって痛恨の2失点目となったものの、その後VARによってオフサイドの判定となり取り消しとなった。 ▽アル・ジャジーラの得点がぬか喜びに終わると、51分には前半から足を気にしていた様子のGKアリ・ハセイフがプレーを断念。ファインセーブを連発していたが、GKアルセナニとの交代を強いられることとなった。 ▽すると53分、マドリーの猛攻がようやく実を結ぶ。ボックス手前でボールを持ったモドリッチが、ディフェンスラインと駆け引きをするC・ロナウドにパスを供給。ワンタッチで前を向くと、右足を振り抜いてゴールを割ることに成功した。C・ロナウドはこの得点で通算6得点目となり、単独歴代最多得点選手となっている。 ▽逆転を目指すマドリーは、66分、69分とベンゼマが立て続けにシュートを放ったものの、連続でポストに阻まれて得点とはならない。76分にはモドリッチが敵陣中央付近からミドルシュートを放ったが、枠を捉えられない。 ▽80分には、ベンゼマに代えてベイルを投入。すると直後の81分、途中出場のL・バスケスのボックス右からの折り返しに合わせたのは、そのベイル。左足でボールを捉え、投入後のファーストタッチで指揮官の起用に応える逆転弾とした。 ▽結局、試合はこのまま終了。この結果、勝利したマドリーは16日に行われる決勝で南米王者のグレミオと対戦することに。敗れたアル・ジャジーラは同日行われる3位決定戦で、日本代表MF本田圭佑の所属する北中米カリブ海王者、パチューカと対戦することとなった。 2017.12.14 04:00 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーが本気! クラブW杯を現地観戦するファン・サポーターにチケット代を還元

▽クラブ・ワールドカップに参加するレアル・マドリーが、ファン・サポーターへの還元を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽史上初のクラブ・ワールドカップ連覇を目指すマドリー。準決勝で開催国王者のアル・ジャジーラとの対戦を控えている。 ▽マドリーは公式サイトで「クラブ・ワールドカップでアブダビを訪れるファンクラブ会員とサポーターのサポートに感謝し、準決勝と決勝、または3位決定戦のチケットを払い戻す手続きを行います」と発表した。 ▽すでに、南米王者のグレミオが北中米カリブ海王者で日本代表MF本田圭佑が所属するパチューカを延長戦の末に下し、決勝進出を決めているが、マドリーは決勝に進出し史上初の連覇を達成できるのだろうか。 2017.12.13 16:52 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース