ペルーW杯出場権はく奪の可能性…渦中の議員は報道を否定「そのような法案はない」2017.11.23 18:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
2018年に開催されるロシア・ワールドカップの出場権を獲得しているペルーに出場権はく奪の可能性が浮上している。ペルー紙『リベロ』が伝えている。

南米代表のペルーは15日、W杯大陸間プレーオフでオセアニア代表のニュージーランドを下し、W杯最後の1枠を掴み取った。しかし代表が36年ぶりの快挙を達成した一方で、ペルー国内の政治事情が暗雲を落としている。

ペルー国会で教育・若者・スポーツ委員会で委員長を務めるフジモリ派のパロマ・ノセダ議員が、ペルーサッカー連盟を政府の管轄下に置く法案を提出したと報じられた。もし法案が可決された場合、政治的介入を禁ずるFIFAの規定に抵触することになり、ペルーから出場権がはく奪される可能性がある。FIFAは現在、ペルーサッカー連盟に対し情報の提出を求めている状況とみられる。

『Goal』の取材によれば、もし出場予定国の中から辞退もしくは参加資格のはく奪があった場合、FIFAの裁量で出場国を決めることができるあり、繰り上げ出場となる国について、詳細は定められていない。

このためイタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』は「イタリアがペルーのおかげでW杯に?」と綴り、スウェーデンとのヨーロッパ予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに大会出場を逃したイタリアの復活出場に期待を寄せていた。しかし「法案が法案のままで終わる可能性もあるほか、来夏のW杯開催前までに可決されない可能性もある」として懐疑的な姿勢を見せている。

またノセダ議員はツイッターを更新し、「ペルーはすでにW杯出場を決めており、ロシアでの本大会へ出場する。出場を阻止するような法案などない」と述べ、報道を否定している。

なお同紙は14日にも、紛争など政治的または社会的状況からW杯出場が危ぶまれる国として、韓国、ナイジェリア、イラン、サウジアラビア、セネガル、エジプトを挙げていた。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース