【倉井史也のJリーグ】優勝争いにばっかり目がいってるけど!? の巻2017.11.23 14:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽J1も残り2試合ってことで、やっぱり鹿島強いですよねってとこばっかり目がいってると思うんだけど! ここでは入れ替え戦がなくなった2009年から、どんな残留争いがあったかを調べてみましたよ。するとこんなことが! 括弧の中は勝点で、2シーズン制のところは通算の節数です。

【2009年】
32節 15位大宮(37)16位 柏 (33)17位千葉(27)18位大分(26)
33節 15位山形(38)16位 柏 (34)17位大分(29)18位千葉(27)
34節 15位山形(39)16位 柏 (34)17位大分(30)18位千葉(27)
【2010年】
32節 15位F東(35)16位神戸(32)17位京都(16)18位湘南(16)
33節 15位F東(36)16位神戸(35)17位京都(16)18位湘南(16)
34節 15位神戸(38)16位F東(36)17位京都(19)18位湘南(16)
【2011年】
32節 15位浦和(33)16位甲府(30)17位福岡(22)18位山形(21)
33節 15位浦和(36)16位甲府(33)17位福岡(22)18位山形(21)
34節 15位浦和(36)16位甲府(33)17位福岡(22)18位山形(21)
【2012年】
32節 15位神戸(39)16位G大(37)17位新潟(34)18位札幌(14)
33節 15位神戸(39)16位G大(38)17位新潟(37)18位札幌(14)
34節 15位新潟(40)16位神戸(39)17位G大(38)18位札幌(14)
【2013年】
32節 15位甲府(35)16位湘南(25)17位磐田(20)18位大分(14)
33節 15位甲府(36)16位湘南(25)17位磐田(20)18位大分(14)
34節 15位甲府(37)16位湘南(25)17位磐田(23)18位大分(14)
【2014年】
32節 15位清水(35)16位大宮(32)17位C大(31)18位徳島(13)
33節 15位清水(35)16位大宮(32)17位C大(31)18位徳島(13)
34節 15位清水(36)16位大宮(35)17位C大(31)18位徳島(14)
【2015年】
32節 15位新潟(33)16位松本(27)17位山形(24)18位清水(21)
33節 15位新潟(33)16位松本(27)17位山形(24)18位清水(24)
34節 15位新潟(34)16位松本(28)17位清水(25)18位山形(24)
【2016年】
32節 15位新潟(30)16位名古屋(30)17位湘南(21)18位福岡(19)
33節 15位新潟(30)16位名古屋(30)17位湘南(24)18位福岡(19)
34節 15位新潟(30)16位名古屋(30)17位湘南(27)18位福岡(19)

▽で、今年がどうなってるかっていうと、

【2017年】
32節 15位広島(30)16位甲府(28)17位大宮(24)18位新潟(22)

▽つまり今年は過去に比べると2009年、2011年、2015年的な激烈な残留争いがあってるわけです。特に似ている2015年は、残留ラインが勝点34。あれ? 残り2試合に甲府が勝つとピッタリ。つうことで、まだまだ広島も安心できないってデータが出たのでした。
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。

コメント

関連ニュース

thumb

【倉井史也のJリーグ】西野朗新監督になったから見ておくべきJリーグチームは!? の巻

▽さーて、今週まずはこんなデータからご覧ください。前回のワールドカップメンバーたちの当時と今の所属チームです。 1. 川島永嗣 スタンダール(ベルギー)⇒メス(フランス) 2. 内田篤人 シャルケ(ドイツ)⇒鹿島 3. 酒井高徳 シュツットガルト(ドイツ)⇒ハンブルガーSV(ドイツ) 4. 本田圭佑 ACミラン(イタリア)⇒パチューカ(メキシコ) 5. 長友佑都 インテル(イタリア)⇒ガラタサライ(トルコ) 6. 森重真人 FC東京⇒同 7. 遠藤保仁 G大阪⇒同 8. 清武弘嗣 ニュルンベルク(ドイツ)⇒C大阪 9. 岡崎慎司 マインツ(ドイツ)⇒レスター・シティ(イングランド) 10. 香川真司 マンチェスター・U(イングランド)⇒ドルトムント(ドイツ) 11. 柿谷曜一朗 C大阪⇒同 12. 西川周作 浦和⇒同 13. 大久保嘉人 川崎F⇒同 14. 青山敏弘 広島⇒同 15. 今野泰幸 G大阪⇒同 16. 山口蛍 C大阪⇒同 17. 長谷部誠 ニュルンベルク(ドイツ)⇒フランクフルト(ドイツ) 18. 大迫勇也 1860ミュンヘン(ドイツ)⇒ケルン(ドイツ) 19. 伊野波雅彦 磐田(J2)⇒神戸 20. 齋藤学 横浜FM⇒川崎F 21. 酒井宏樹 ハノーファー(ドイツ)⇒マルセイユ(フランス) 22. 吉田麻也 サウサンプトン(イングランド)⇒同 23. 権田修一 FC東京⇒鳥栖 ▽あー、すっきりした。このメンバーの中で、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督時代にポジション失った感じになったのは、内田、遠藤、柿谷、大久保、青山、齋藤、権田、的な? で、この選手たちってみんなJリーガーじゃないですか。今。 ▽だけど西野朗新監督が就任して状況って変わると思うんです。だって西野監督って2014年、2015年は名古屋を率いてたから、相手チームの選手としてみんなわかってると思うし。で、その中でもしかして浮上すんじゃないですか、サプライズですか、いや驚きって感じでもないんじゃないの? って見ておいたほうがいいと思うのが……ドラムロール……青山なのでした。だって広島、ブッチで首位じゃん。去年ギリギリ残留したのにジャンプアップじゃん。 ▽青山は18日のルヴァンカップに出ないでしっかり調整。21日の鳥栖戦にはしっかり出てくるはず! でまた大活躍しちゃったら……。だってまだ32歳ですもん。十分ワールドカップでプレーできるでしょ。 ▽ってまた今回も大胆不敵な予想をしたのでした。でもこれって、対戦相手の鳥栖の権田が目立って……うーん、ありそう!! お、となると注目チームって鳥栖ですか!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.04.19 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】あーこんなことあった、あんなことあったなぁ(遠い目)!? の巻

▽日曜の夜からバタバタですよ。そりゃもう大騒ぎ。いや、記者さん、僕のところに聞いても、何もわかんないですから!! てな連絡が相次いで。もちろん何も知らないです。本当は某国諜報機関が自分たちの不祥事を隠すために解任劇を勃発させて国民の目を「忖度」事件から逸らそうとしてるなんて、口が裂けても言えないですから! ▽まぁ、実際はE-1選手権の韓国戦に負けた後ぐらいから、「3月、あるんじゃない?」という不穏なうわさが記者の間で飛び交っていたのは事実。西野朗新監督が大本命だったのもそのころから囁かれていたこと。ハリルホジッチ監督はいろいろ息巻いてるってコトなんですけど、話しちゃうと守秘義務違反って今度は日本側から突きつけられることになっちゃうでしょうから、それでもやるのか! やるのか、ハリル! ってドキドキしちゃいますよね。 ▽ただ皮肉なことにバタバタしたおかげで、一気に日本代表に注目が集まってるかも。今年はワールドカップイヤーなのにえらく静かだなぁって感じだったのに。「悪評もまた評なり」という言葉もありますから、注目を集めて、そこで人を感動させてくれれば、結果オーライ!! ってなるのが勝負の世界ですから。あ、でも今年、サッカー協会の役職者が「サッカーの人気が落ちているのは、メディアが悪いことを書くからだ」などと真剣に語っているのを目撃しちゃって、ビックリですよ。人のせいにしてるうちは、日本サッカーはまだまだですな。 ▽つーことで、今週はヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表全成績を掲載! ああ、あのとき決断しようと思ったら、あれがあったんだよなぁと、しみじみと振り返ってみてください!! 2015/03/27 キリンチャレンジカップ ○2-0 チュニジア 大分スポーツ公園総合競技場 2015/03/31 JALチャレンジカップ ○5-1 ウズベキスタン 東京スタジアム 2015/06/11 キリンチャレンジカップ ○4-0 イラク 日産スタジアム 2015/06/16 W杯2次予選 △0-0 シンガポール 埼玉スタジアム2002 2015/08/02 EAFF東アジアカップ ●1-2 朝鮮民主主義人民共和国 Wuhan Sports Center Stadium 2015/08/05 EAFF東アジアカップ △1-1 韓国 Wuhan Sports Center Stadium 2015/08/09 EAFF東アジアカップ △1-1 中国 Wuhan Sports Center Stadium 2015/09/03 W杯2次予選 ○3-0 カンボジア 埼玉スタジアム2002 2015/09/08 W杯2次予選 ○6-0 アフガニスタン Azadi stadium 2015/10/08 W杯2次予選 ○3-0 シリア Seeb Stadium 2015/10/13 国際親善試合 △1-1 イラン Azadi stadium 2015/11/12 W杯2次予選 ○3-0 シンガポール National Stadium 2015/11/17 W杯2次予選 ○2-0 カンボジア National Olympic Stadium 2016/03/24 W杯2次予選 ○5-0 アフガニスタン 埼玉スタジアム2002 2016/03/29 W杯2次予選 ○5-0 シリア 埼玉スタジアム2002 2016/06/03 キリンカップサッカー ○7-2 ブルガリア 豊田スタジアム 2016/06/07 キリンカップサッカー ●1-2 ボスニア・ヘルツェゴビナ 市立吹田サッカースタジアム 2016/09/01 W杯最終予選 ●1-2 アラブ首長国連邦(UAE) 埼玉スタジアム2002 2016/09/06 W杯最終予選 ○2-0 タイ Rajamangala Stadium 2016/10/06 W杯最終予選 ○2-1 イラク 埼玉スタジアム2002 2016/10/11 W杯最終予選 △1-1 オーストラリア Dog Runs Stadium 2016/11/11 キリンチャレンジカップ ○4-0 オマーン カシマサッカースタジアム 2016/11/15 W杯最終予選 ○2-1 サウジアラビア 埼玉スタジアム2002 2017/03/23 W杯最終予選 ○2-0 アラブ首長国連邦(UAE) Hazza Bin Zayed Stadium 2017/03/28 W杯最終予選 ○4-0 タイ 埼玉スタジアム2002 2017/06/07 キリンチャレンジカップ △1-1 シリア 東京スタジアム 2017/06/13 W杯最終予選 △1-1 イラク PAS Stadium 2017/08/31 W杯最終予選 ○2-0 オーストラリア 埼玉スタジアム2002 2017/09/05 W杯最終予選 ●0-1 サウジアラビア King Abdula Sports City 2017/10/06 キリンチャレンジカップ ○2-1 ニュージーランド 豊田スタジアム 2017/10/10 キリンチャレンジカップ △3-3 ハイチ 日産スタジアム 2017/11/10 国際親善試合 ●1-3 ブラジル Stade Pierre-Mauroy 2017/11/14 国際親善試合 ●0-1 ベルギー Jan Breydelstadion 2017/12/09 E-1 サッカー選手権 ○1-0 朝鮮民主主義人民共和国 味の素スタジアム 2017/12/12 E-1 サッカー選手権 ○2-1 中国 味の素スタジアム 2017/12/16 E-1 サッカー選手権 ●1-4 韓国 味の素スタジアム 2018/03/23 国際親善試合 △1-1 マリ Stade Maurice Dufrasne 2018/03/27 キリンチャレンジカップ ●1-2 ウクライナ Stade Maurice Dufrasne<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.04.13 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】ちょっと考えりゃすぐわかる?! JリーグとACLの怖ろしい関係!? の巻

▽ACLの5節が始まる前に敗退が決まってしまった川崎Fのファンのみなさん、ワタクシも奇跡の大逆転を信じて、出張を遅らせてまで6節の川崎Fの試合に取材申請してるんですよ。泣。泣。泣。しかも取材申請取り消しても翌日の飛行機って動かせない安いヤツだから、もうどーしよーもないんですわ。涙。涙。涙。いや、一番泣きたいのはこれで賞金獲得がならなかった監督や選手やクラブだっちゅうことはよくわかってるんですけどね。 ▽でもね! そこで敢えて明るいデータを探さなきゃ!! ってことでACLとJリーグの関係について調べたわけですわ!! すると!! ▽過去日本がACLで優勝したのは、ACLって名前になった後に3回。2007年の浦和、2008年のG大阪、2017年の浦和です。ところが! 2007年と2008年のJリーグ王者って鹿島、2018年のJリーグ王者は川崎F。つまり、ACLで優勝しちゃったチームはJリーグのチャンピオンになれてないのです。 ▽さらに言えば、歴代の王者になったチームって、 2003年 鹿 島(グループリーグ敗退) 2004年 横浜FM(グループリーグ敗退) 2005年 G大阪(出場せず) 2006年 浦 和(出場せず) 2007年 鹿 島(出場せず) 2008年 鹿 島(ベスト8) 2009年 鹿 島(ベスト16) 2010年 名古屋(出場せず) 2011年 柏 (出場せず) 2012年 広 島(出場せず) 2013年 広 島(グループリーグ敗退) 2014年 G大阪(出場せず) 2015年 広 島(出場せず) 2016年 鹿 島(出場せず) 2017年 川崎F(ベスト8) と、どんなに頑張ってもベスト8で敗退しておかないといけなかったのです。 ▽まぁ確かにACLの決勝があるわ、代表戦があるわって日本のシーズン終盤はリーグ戦に集中できない要素がバンバン詰まってますからね。インターナショナルマッチデーは、しっかりヨーロッパのCLに配慮して設定されてるけど。 ▽ま、つーことで、今回敗退が決まったチームはこれでリーグ優勝の可能性が高まったと諦めるしかないんです。そう考えて涙を拭こう! 柏! 川崎F! そして今年のリーグは落とせないと思ってるC大阪と鹿島! 大丈夫か? 大丈夫なのか、踏ん張って。今週末のC大阪vs鳥栖という尹晶煥監督因縁対決や、湘南vs鹿島の永木亮太と三竿雄斗には帰ってきてほしい対決のほうが大切だと思うぞ〜。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.04.05 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】科学的データ分析に基づいて今年のJ2の行方を占うと!?の巻

▽だいたいね、サッカーで書き物をしている人たちの間では言われてるんですよ。「J2の順位予想だけは止めておこうね」って。 ▽昇格できるチーム数プラス1チームぐらいがデッドヒートを繰り広げてて、新しく入ってきたチームは最初のうちに突っ走って驚かせるけど、だんだん選手層の薄さがバレちゃって沈んでいって、下のほうには3チームぐらいが独立リーグ的な争いを続けてるっていう、わかりやすいJ2の時代はとっくに終わり、今は群雄割拠というか戦国時代というか、ちみもう、いやいや。 ▽もちろん、まだまだ始まったばかりだからこれからどうなるかわかりません。だって去年の例を見てみると、5節を終了した時点でこうなのです(カッコの中は最終順位)。 1位 湘南(1位 ±0) 2位 東京V(5位 -3) 3位 徳島(7位 -4) 4位 長崎(2位 +2) 5位 名古屋(3位 +2) 5位 福岡(4位 +1) 7位 横浜FC(10位 -3) 8位 大分(9位 -1) 9位 岡山(13位 -4) 10位 松本(8位 +2) 11位 山形(11位 ±0) 12位 千葉(6位 +6) ▽どうですか、この変動ぶり……って、あんまり変動してないか。5節から6つ順位を上げた千葉だけが大きく変動したチームで、だいたいのチームはちょっとだけ順位を上げるか、最大で4つ順位を落としてるじゃないですか。ってことはですよ!! ▽現在の順位に去年の例を当てはめると、1位岡山、2位町田ってのは最低でもプレーオフ圏内にいそうで、3位水戸、4位山口は自動昇格圏も視野にあって、5位横浜FC、6位徳島、7位東京V、8位熊本、9位大分、10位新潟、11位福岡、12位甲府あたりが踏ん張りどころって感じですか。 ▽で、この中にJ1経験チームは、横浜FC、徳島、東京V、大分、新潟、福岡、甲府の7チーム。残り5チームは新顔なんです。 ▽ああ、ところがJ1ライセンスを持っていない水戸、町田ってどうなるんでしょ? 自治体は焦ってくれるかしらってところも問題で。 ▽ついでに言うと、Jリーグクラブライセンス制度にもいろいろ問題点はあるんだけど、こういうときに一気に解決してくれないといけないですよっと。 ▽ま、かわいそうなのはルヴァンカップにも参加してる新潟と甲府って感じなんですけどね。つーか、降格組がこんなに沈んでたらもうそれこそ何を信じていいのやら。つーことで、今週の結論は「J2の順位予想は止めよう」でした!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.03.22 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】おっとここに来てハリルホジッチ監督がJリーガーに熱い視線!?の巻

▽ヨーロッパ遠征の日本代表発表記者会見で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は士気盛んというか、意気軒昂というか、ちょっと大丈夫って感じもあり、つまりいつもどおりって感じでした。そんな中で今回は何人のJリーガーを選んだのか! ▽東口順昭、中村航輔、槙野智章、森重真人、宇賀神友弥、車屋紳太郎、昌子源、遠藤航、植田直通、山口蛍、大島僚太、三竿健斗、小林悠、杉本健勇の14人。26人中の14人ですからね。ハリルホジッチ監督、今回は結構選んだんじゃないですか。 ▽ただね、ちょっと気になる点があるんです。それは発表の順番。サッカー協会が配るリストにはポジション別、年齢別で選手が記載してあります。だけど監督が発表するときの順番は別。もしかすると、それって監督の優先順位が反映されてるんじゃないの? って感じなんです。 ▽GKでは上から川島永嗣、中村、東口。右SBは酒井宏樹、遠藤。左SBは長友佑都、車屋、宇賀神。CBは昌子、植田、槙野、森重。 ▽守備的なMFは長谷部誠、三竿、山口。攻撃的MFは大島、柴崎岳、森岡亮太。右FWは久保裕也、本田圭佑、左FWは原口元気、宇佐美貴史、中島翔哉、CFは小林悠、杉本健勇、大迫勇也。 ▽うーん、本当に監督の中ではこの序列なの? って言いたい部分もあるけれど、何もなくてこんな順番にはしないでしょ。となると、ここで注目なのはJリーガーながらリストのトップにいる昌子、大島、小林じゃないですか。確かにDFではハリルホジッチ監督が絶対的な信頼を置いていた吉田麻也がいないし、攻撃的MFのところで監督は香川真司と清武弘嗣の名前を挙げてたけど。 ▽でもそんなひねくれた見方じゃなくて、ここは素直にこの3人のプレーを見ておかねば! ってことで、鳥栖vs鹿島、名古屋vs川崎って楽しみじゃないですか。今週のJ1は日曜開催、前者は16時キックオフ、後者は19時キックオフ。 ▽で、データを調べると、おっとベアスタでのリーグ戦、鳥栖vs鹿島は鳥栖の3勝1分2敗。うーん、昌子にとっても試練ですな。名古屋vs川崎はデータよりも、今の川崎の基礎を作った名古屋の風間八宏監督が、大島も小林も特徴を知り尽くしてるだろうし……。 ▽しかも試合の翌日はすぐにヨーロッパ行きってコトで、選手は試合後のバタバタも心配なんじゃないですか。なんかリストの順番も入れ代わりそうな試合になっちゃうかも。ま、選手もワールドカップのメンバー入りをかけて士気盛んだとは思いますけどね。監督ぐらいには。たぶん。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.03.16 15:30 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース