【六川亨の日本サッカー見聞録】ブラジル戦の後半とベルギー戦で指揮官が日本を褒めた理由とは2017.11.23 14:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今週は先週に引き続き、日本代表の欧州遠征について気になったことを指摘したい。まずハリルホジッチ監督だ。これまでは、負けた試合や引き分けた試合はもちろんのこと、勝った試合であっても苦言を呈すことが多かった。

▽ところがリールで行われたブラジル戦は、「純粋な気持ち、改善点もあるし、満足できる部分もあった。後半は1-0で、2点目、3点目のチャンスもあった。前半は残念だが、後半は満足できる部分もある試合だった」と、彼にしては珍しく褒めていた。

▽後半のブラジルはマルセロやネイマール、ウィリアン、ジェズスといった主力を下げたため、ベストメンバーとは言い難い。それも当然で、3-0とリードしたら、W杯では次の試合に備えて体力の温存を図る。そうした“格落ち"のブラジルだからこそ、後半は日本も善戦したように見えたという報道にも、ベルギー戦の前日会見で改めて否定した。

▽指揮官いわく、ブラジル戦の後半は「杉本、浅野の決定機もあった。それはブラジルが力を落としたからだという人もいるようだが、私は日本の後半を評価している。ブラジルの試合を何ゲームも見たが、日本のようなチャンスはアルゼンチンも作れなかった。日本を過小評価しているようだが、私には満足できるものがあった」そうだ。

▽ここまで日本を褒めるのは、監督就任以来、初めてのことだ。そしてベルギー戦後も「ブラジルよりいい試合をした。ゲームをコントロールできたし、チャンスがありながら得点できないのは残念。いい結果を求めて戦ったので残念だった。このような結果でも、ロッカールームでは『君たちは大きなライオンを倒しそうになったのだよ』と話した」と選手を称えた。

▽その真意はどこにあるのか。当初は、監督自身の自宅がある、いわばホームの試合で、ヒステリックな姿ではなく、寛大な姿勢を見せたかったのではないかと推測した。ブリュージュもリールからはクルマで1時間弱と、ほとんどホームと変わらない。アジアの弱小国をここまで善戦(と言えるかどうかは別にして)させたことを、アピールしたかったのかと邪推したものだ。

▽そして、もう1つの理由もあるのではないかと考えてみた。それは、今回は選手のテストだったため、このメンバーなら「この程度が限界だろう」というものだ。今回の遠征では本田、岡崎、香川の3人はコンディションに問題があるとして招集が見送られた。これまで所属チームで出場機会を失っていながら3人を招集することに、メディアから批判の声があがっていた。

▽それなら「彼らを外したらどんなチームになるのか、どんなサッカーができるのか」を、ハリルホジッチ監督は証明したかったのではないだろうか。3人がいれば結果が変わったとまでは言えないものの、もう少し締まった試合になったような気がする。

▽例えば右FWの浅野は決定機を外しても笑っていたし、久保もほとんど見せ場を作れなかった。杉本も惜しいヘディングシュートがあったものの、前線で機能していたとは言い難い。もしもタメを作れる本田がいたら、あるいはガムシャラに飛び込んでいく岡崎がいたら、もう少し攻撃の形ができていたのではと思ってしまう。原口も守備では健闘したし、乾も得意のドリブル突破を披露したが、香川なら違う選択肢で攻撃の幅を広げられたのではないだろうか。

▽キャプテンの長谷部が万全のコンディションではないため、チームリーダーとしても本田の必要性を改めて感じた欧州遠征の2試合だった。

▽これは余談だが、元日本代表で現在はテレビ解説者を務める川勝氏は、日本の不甲斐ない戦いぶりにベルギー戦は途中で見るのを止めたという。「決定機を外しながら浅野は笑っているし、久保もミスをすると照れ笑いをしていた。杉本は試合中、髪の毛が気になるのか何度も触っていた」と憤慨する。

▽自身が読売クラブ時代、試合前のロッカーは殺気だっていたそうだ。白い歯を見せようものなら、「カリオカ(ラモス瑠偉)や哲二さん(柱谷)に殴られた。それだけ試合に集中していた」と振り返る。そんな川勝氏にとって、試合中にヘラヘラ笑っているのは許せないのだろう。

▽杉本はかつての教え子でもあり、「サッカーをやめてしまえ」とまで言って厳しく指導した。そんな教え子には「髪の毛が気になってプレーに集中できないなら、剃るかワックスで固めてプレーに集中しろ」と指摘する。せっかくブラジルやベルギーという列強と対戦できる機会なのに、国内で行うテストマッチと同じモチベーションで臨んでいることが許せなかったようだ。

▽それは、もしかしたらハリルホジッチ監督も同じなのではないだろうか。怒りを通り越して呆れている。「まだまだ日本の選手は子供だな」――それが、試合後に選手を褒めた一番の理由かもしれない。
【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。

コメント

関連ニュース

thumb

Jに波乱が少ない原因は?/六川亨の日本サッカーの歩み

▽先週末の日本サッカーは話題の多い一週間だった。まずインドネシアで開催されているU-19アジア選手権で、U-19日本代表はU-19北朝鮮に5-2と圧勝した。前半2点のリードも追いつかれる嫌な展開だったが、後半に入り久保建英が鮮やかな直接FKを決めて勝ち越すと、相手が疲れた終盤にも2点を加えて突き放した。 ▽先制点も久保の中央からのドリブル突破で生まれている。よくメッシと例えられるが、右サイドだけでなく、どこからでも攻撃を仕掛けられる久保のプレーはマラドーナに近いかもしれない。今日はタイと対戦するが、この試合に勝てば準々決勝進出が決まる。関塚技術委員長が「最強世代」と断言するチームだけに、来夏にポーランドで開催されるU-20W杯の出場権を是非とも獲得して欲しいところだ。 ▽オーストラリアでは、メルボルン・VでオーストラリアAリーグのデビューを飾った本田圭佑がヘッドで先制点を奪った。試合はメルボルン・Cに1-2と逆転負けを喫したが、現地での注目度は今後も高まることだろう。練習場は公園のようなところのためオープンなので、日本人ファンも大勢詰めかけてサインをもらっている映像を見た。 ▽さて国内に目を移すと、首位の川崎F(勝点60)が神戸に前半3点を奪われながら、後半の猛攻で5-3と逆転勝利を収めた。同日行われた広島対清水戦は広島が0-2で敗れたため、2位広島(勝点56)との勝点差は4。広島は1引き分けをはさんで4敗と失速気味のため、川崎Fがこのまま突っ走り、連覇を達成する可能性が高いのではないだろうか。 ▽混沌としているのが残留争いとACLの出場権を獲得できる3位争いだ。前節まで3位だった鹿島(勝点46)が浦和(勝点45)に1-3で敗れたため4位に転落。代わって3位に浮上したFC東京(勝点46)もC大阪(勝点44)に0-1で敗れ、3位に浮上も足踏み状態が続いている。 ▽第30節終了現在で、3位のFC東京から8位の清水(勝点43。4位鹿島46、5位浦和45、6位札幌45、7位C大阪44)まで6チームの勝点差は3しかないため、こちらは最終節まで激しいバトルが繰り広げられることだろう(札幌とC大阪、磐田は1試合、名古屋は2試合未消化)。 ▽かつてコラムで、スペインやドイツ、イタリア、イングランドら欧州のトップリーグは、毎年同じようなチームが優勝争いをして、ビッグクラブが下位チームに負けるジャイアントキリングは起こりにくいと書いた記憶がある。対するJリーグは、今シーズンも第12節で川崎Fは11位の浦和に負けたり、第25節では17位のG大阪に敗れたりした。 ▽こうした波乱の理由をFC東京の長谷川健太監督に聞いたことがある。すると長谷川監督は「まずJリーグは外国籍選手を3~4人しか使えませんが、ヨーロッパのトップリーグの外国人枠は実質無制限のようなものです。このため資金力のあるチームは優秀な外国籍選手をかき集めることができます」とビッグクラブが財政的なアドバンテージを生かしていることが圧倒的な戦力差につながっていると指摘。 ▽そして続けて「Jリーグは外国籍選手に加え、アジア枠で韓国やオーストラリア、タイなどの選手を獲得できますが、あとは日本人選手のクオリティーが勝負のカギを握ります。いまの順位がそれを反映しているのではないでしょうか。ただし、日本人選手のレベルにそう差はありません。日本代表や元代表といったいい選手は首都圏のビッグクラブにいる。そうなると外国籍選手の当たり外れ、チームにハマるかどうかで違ってくる。J1リーグも上位の顔ぶれ、下位の顔ぶれは毎年ほとんど変りません」とJ1の現状を分析した。 ▽確かに川崎Fは、今シーズン目玉となる補強は齋藤学だけ。それも故障で出遅れたが、それでも小林悠、大島僚太、車屋紳太郎、中村憲剛、大久保嘉人、家長昭博ら代表クラスの選手を揃え、円熟したパス主体のサッカーで勝点を積み重ねてきた。 ▽2位の広島は得点ランク首位タイのパトリックが牽引し、3位のFC東京は序盤戦でディエゴオリヴェイラが爆発するなど、外国籍選手がフィットした結果、優勝争いを演じることができた。終盤戦は対戦相手も外国人対策を講じた結果、両チームとも勝点を伸ばせないでいる。 ▽今週はルヴァン杯決勝のためJ1リーグは休みとなるが、ラスト4試合、どんなドラマが待っているのか楽しみだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.10.22 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

南米勢がヨーロッパ化?/六川亨の日本サッカー見聞録

▽10月16日のキリンチャレンジ杯で日本はウルグアイを4-3で下した。前線の南野、中島、堂安らが躍動し、常に先手を奪う余裕の試合運びを見せた。3失点のうち2点目と3点目はいただけないが、ウルグアイのカウンターにもしっかりと対処し、森保監督の掲げる「全員攻撃、全員守備」での快勝だった。 ▽ドリブルで翻弄した中島のプレーを堪能したファンも多いだろうし、堂安のカットインからワンツーでのゴール、そして南野の神出鬼没な動きなど、これまで長らく代表を支えた本田、香川、岡崎らビッグ3の不在を補ってあまりある活躍だった。 ▽ただ、ウルグアイには正直物足りなさを感じた。スアレスこそ来日しなかったが、カバニ(パリSG)、ゴディン(A・マドリー)らロシアW杯のメンバー7人がスタメン出場するなど、ほぼベストメンバーに近い。タバレス監督は長旅の疲れや時差ボケを敗因にすることなく、素直に「勝利にふさわしいチーム。明確なチームができあがっている」と敗戦を受け入れていた。 ▽なぜ物足りなさを感じたのか。これまで日本は南米勢との対戦を苦手にしてきた。その理由の一因は「個の力」で強引に守備網を破られ失点してきたからだ。数的優位な状況にありながら、強引なドリブル突破や意表を突いたミドルシュートなど、想定外のプレーに苦しめられてきた。 ▽しかし今回来日したウルグアイには、「個の力」で突破を試みる選手は皆無だった。ボールを持ちすぎることなく、ていねいにパスをつないで攻撃を組み立てるスタイルは、南米というよりヨーロッパのサッカーに近かった。 ▽そして「こんな選手がいたの?」と、無名でも驚くようなプレーをする選手が、かつての南米勢にはいた。 ▽時代は変わり、インターネットやYouTuberの普及などで情報網が発達し、もはやダイヤの原石のようなサプライズを起こす選手は世界的にいなくなった。久保建英のように小学生の頃から海外のビッグクラブのリサーチによって、才能豊かな若手選手が発掘される時代でもある。 ▽と同時に、これは推測ではあるが、南米勢の主力選手のほとんどがヨーロッパのリーグでプレーすることで、代表チームのプレースタイルも次第にヨーロッパ化しているのではないだろうか。 ▽かつて1970年のメキシコW杯でブラジルは3度目の優勝を達成した。しかし4年後の西ドイツW杯では2次リーグでクライフ率いるオランダに完敗した。そこで78年のアルゼンチンW杯でコウチーニョ監督は、フィジカル重視のサッカーをブラジルに採用。するとファンやサポーターから猛反発を食らった。個人技を重視した華麗なサッカーがブラジルのスタイルだからだ。 ▽ブラジルは94年のアメリカW杯で34年ぶりに世界一になったが、ロマ-リオとべべ-トら2トップによるカウンター・スタイルに、ブラジル国民は82年スペインW杯でジーコらが見せたプレーこそセレソンだと懐かしんだ。 ▽そんなブラジルがW杯で4大会連続して決勝進出を逃した。ロシアW杯ではベスト8で敗退している。メッシを擁するアルゼンチンもロシアW杯ではベスト16で敗退した。もしも南米が南米でなくなっているとしたら、それはそれで寂しいことでもある。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.10.18 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

代表の10番は中島に/六川亨の日本サッカー見聞録

▽10月12日、新潟のデンカビッグスワンスタジアムでパナマ代表と対戦する日本代表の森保監督が、11日に前日会見に臨んだ。就任2試合目、今回はロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した海外組6人、吉田、長友、酒井宏、原口、柴崎、大迫を招集。恐らく彼らが日本代表の骨格となり、リオ五輪世代の室屋、遠藤航、中島、南野、伊東と三浦(2人ともリオ五輪のメンバーからは落選)、浅野(今回はケガのため代表を辞退)らとの融合を図ることになるのだろう。 ▽会見で森保監督は「練習の意図をくみ取ってやってくれているし、お互いに意見を出し合っているので、チームは確実に融合できていると思う」と手応えを口にした。そしてパナマ戦に関しては「相手の情報を持っていないといけないし、ウィークポイントを突かないといけないが、いま我々が何をできるのか。個人としてもチームとしても、この先につながる戦いをしたい」と、来年1月のアジアカップをにらんでチーム作りを進めていることを明言した。 ▽昨日は選手の背番号も発表され、5番は長友、吉田は22番、原口は8番、柴崎は7番、大迫は15番と慣れ親しんだナンバーを背負うことになった。注目の10番は、先月のコスタリカ戦に続いて中島が背負うことが決定。リオ五輪に続いてのエースナンバーだが、これまでの日本代表では香川、中村俊、名波らチームの司令塔を務める選手が背負ってきた番号である。 ▽その意味では、本来なら南野(中島と同じくA社のスパイクを履いている)が背負うべき番号かもしれない。コスタリカ戦での南野は8番だったが、今回は原口が復帰したために譲り、南野は9番を背負うことになった。9番といえばCFのイメージが強いため南野には違和感も覚えるが、追加招集の川又が11番、北川が13番ということで彼に落ち着いたのだろう。 ▽中島の背番号10について森保監督は、「背番号で選手のやることが決まるわけでもないし、背番号でチーム内の存在が変わるわけではない」と言いつつも、「10番は世界中で誰もがつけられる番号ではない。つける本人が責任を持って考えてくれると思う」と、やはり特別な番号であることを認めて中島への期待の高さをうかがわせた。 ▽当の中島は「10番はすごく好きな番号ですし、そういう番号をつけられてうれしいです」と目を輝かせた。10番を背負うことの責任感についても「背番号でサッカーをやるわけじゃないですけど、いままで10番を背負ってきた選手というのは本当にいい選手がたくさんいるので、しっかりとそういう責任は理解しているつもりですし、ただ楽しくプレーしたいです」と、中島の代名詞ともなっている「楽しくプレーしたい」という言葉で締めくくった。 ▽リオ五輪では得意のドリブル突破で地元ファンを沸かせただけに、パナマ戦はもちろんのこと、南米の古豪ウルグアイ戦でも中島のプレーを見たいと思うファンも多いのではないだろうか。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.10.12 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

キリンチャレンジ杯の招待国から欧州勢が消滅。その対抗策は?/六川亨の日本サッカー見聞録

▽キリンチャレンジカップで10月12日にパナマ、16日にウルグアイと対戦する森保ジャパンのメンバー23人が10月4日に発表された。9月のコスタリカ戦から長友、吉田、酒井宏樹、原口、柴崎、大迫のロシアW杯出場組が復帰。森保監督は「前回招集したメンバーと海外組でどんな化学反応があるか見てみたい」と話し、全員攻撃・全員守備をチームのコンセプトとしてあげた。 ▽GK3人は前回と変わらないが、今回の2試合では是非ともシュミット・ダニエルのプレーを見たい。196センチの長身は大きな武器だし、26歳という若さも魅力的だ。それ以外のメンバーでは、それぞれバックアップを森保監督は用意した。 ▽右SBは酒井宏樹に室屋、左SBには長友に佐々木、CBは吉田と槙野のバックアップに三浦と冨安。ボランチは青山と柴崎、遠藤航と三竿健斗が該当し、右MFは原口と伊東純也、左MFは中島と堂安といったところか。1トップは大迫のバックアップに小林と浅野が控える形だろう。 ▽こうしてメンバーを眺めてみると、トップ下の南野のバックアップが不在であることがわかる。コンディション次第という前提つきではあるが、11月の2試合にはGK川島と香川、乾、さらに武藤のロシアW杯組を森保監督は招集するのではないだろうか。 ▽そしてキリンチャレンジ杯である。9月はチリ(北海道胆振東部地震で中止)とコスタリカ、10月はパナマとウルグアイ、11月はベネズエラとキルギスが来日予定だ。いずれも南米か北中米の国々でキルギスだけは中央アジアである。 ▽すでにご存じの読者もいると思うが、UEFA(欧州サッカー連盟)は18年9月から新たな大会、UEFAネーションズリーグをスタートさせた。UEFAに所属する代表チームによる公式大会で、18年9、10、11、12月にグループステージを実施し、19年6月に準決勝と決勝戦を開催する。さらに19年3月からはEURO2020の予選もスタートするため、ロシアW杯終了後からEURO2020までの2年間、UEFAに所属するチームと対戦する機会はほとんどなくなった。 ▽強化はもちろん、興行面でもヨーロッパのサッカー大国と対戦できないのは日本にとって(キリンはもちろんテレビ局も含め)大きな痛手であることは間違いない。さらに、来年1月にUAEで開催されるアジア杯に優勝したとしても、コンフェデ杯は17年で中止となったので、こちらもEURO優勝国(前回はポルトガル)と対戦する機会は消滅した。 ▽こうした状況にJFA(日本サッカー協会)関係者は「韓国や中国ら近隣諸国との連携が重要になる」と話す。例えば9月に来日したチリとコスタリカは、日本と前後して韓国と対戦した。今回来日するウルグアイも12日に韓国と、パナマとは16日に韓国と対戦する。日韓セットでの対戦により、彼らに支払うギャラを抑えることができるし、来日する彼らにとっても近距離移動で大会出場給が入るというメリットがある。 ▽今後も南米や北中米、アフリカ勢の来日が多くなるだろうが、いかにして強化と興行の両立を図るか、UEFAの変革にJFAも難しい舵取りを迫られている。 ▽現実的には、日本が対戦を望む国々にとって、日本戦が強化に役立つとは思っていないだろう。それは日本にも当てはまり、「テストマッチは所詮テストマッチ。それ以下でもそれ以上でもない」ことは過去の歴史が物語っている。 ▽このためUEFAに対抗して、アジア杯以外にアジアで新たな公式大会を創設し、コパ・アメリカのように南米からの招待枠を設けるなどの提唱をAFC(アジアサッカー連盟)にしていくことも1つの手だ。そして一番手っ取り早い解決方法は、カザフスタンのようにAFCからUEFAへ所属を変更することである。 ▽これまでのように毎回W杯に出られる保証はなくなるかわりに、予選から痺れる試合が続くことは間違いない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.10.04 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南のチャレンジ。安価な簡易席を増築/六川亨の日本サッカー見聞録

▽J1リーグは昨日26日、延期されていた第26節の湘南対川崎Fの1試合を行い、0-0で引き分けた。2位の川崎Fにとっては首位の広島に勝点1差に詰め寄るチャンスだったものの、小林のPKはGK秋元にストップされるなどノーゴールに終わり、勝点差3で広島を追走している。至近距離からのシュートに滅法強いGK秋元らしい活躍でもあった。 ▽さて湘南は、昨日のホームゲーム後、10月1日よりBMWスタジアムの一部改修に入るため、J1リーグは10月20日まで開催できない。改修場所は両ゴール裏のサポーターゾーン立見席で、観戦環境の改善を目的に、左右両サイドに708席、計1416席の座席を設置するからだ。 ▽同スタジアムは1994年のJリーグ昇格時に改修して以来そのまま使用してきた。今回の改修の目的について、真壁会長は「どうせやるならACL出場を目指そう。しかしAFCは立ち見席を認めていない。川崎がそのために等々力を改修したが、行政の支援を待つのではなく我々でできないか。そこでRIZAP(ライザップ)が協力してくれて安く造ることができた」と説明した。 ▽今シーズンから湘南はRIZAPの子会社となったが、真壁会長らが注目したのは、鉄骨作りながら“仮設”ではなく“簡易”のスタンドだ。フランスの仮設大手のGLイベンツという会社が開発した技術で、すでにF1レースやラグビーのフランス・ワールドカップでも使用された実績がある。さらに、来年日本で開催されるラグビーワールドカップ2019でも釜石会場が同社の簡易スタンドを採用しているため、耐震構造にも対応しているそうだ。 ▽真壁会長いわく「立派に造って借金を抱えるより安く造る」という発想は、市民クラブならではの発想と言えるだろう。 ▽気になる改修費だが、1席あたり9万円台に抑えられ、G大阪の吹田スタジアムの半額で済むという。単純計算で1億5千万円弱だ。そしてこの技法を使えば、新規のスタジアム建設は75億円から90億円ほどかかるが、それが60億円で済むという試算もある。 ▽今回の改修費は全額RIZAP(ライザップ)が負担するため、「RIZAPシート」と名付けられた。ただし、真壁会長によると「来シーズンのネーミングは変わるかもしれない」とのこと。新たなスポンサーを募り、クラブの収入増につなげようという狙いがあるのかもしれない。 ▽販売価格は未定だが、ホーム、アウェーとも席は指定席ではなく自由席のため価格を抑えてくることが予想される。今後は「サポーターの意見を聞き、増やして欲しいという声が出れば検討したい」と真壁会長。シーズン中の改修は、「来シーズンのチケット販売で認知させるため、今年中の改修を決めた」そうだ。 ▽永木、三竿雄、遠藤航と毎シーズンのように主力選手を引き抜かれた湘南。他クラブとの年俸差を少しでも埋めるためRIZAPの子会社となる決断をしたが、将来を見据えて次の手を打ってくる当たり(それも負担にならないよう)、財政難に苦しんできた湘南らしいクラブ経営と言えるのではないだろうか。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.09.27 14:15 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース