英紙がロシアW杯出場国格付け…日本は27位、「ビッグネーム不在」2017.11.17 17:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018年のロシア・ワールドカップに出場する全32カ国が決定した。これを受けて、イギリス高級紙『ガーディアン』が出場国の格付けを行った。

▽6大会連続6度目の出場となるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表は、27位にランクイン。『ガーディアン』の寸評は次のとおり。

「日本はブラジルに惨敗したものの、続くベルギー戦でパフォーマンスを改善。敗れたものの、接戦を演じて見せた。チームは、2015年から指揮を執るボスニア・ヘルツェゴビナ人のヴァイッド・ハリルホジッチ監督から与えられたチャンスを生かせずにいる。今や周囲からもグループステージ突破という希望より厳しい圧力の方が勝っている。チームには数名の欧州組がいるが、ビッグネームがいない」

▽なお、上位陣には上からドイツ代表、ブラジル代表、スペイン代表、フランス代表、ベルギー代表がランクイン。アジア最上位は26位のイラン代表となっている。

◆ロシアW杯出場国格付けランキング
1位:ドイツ
2位:ブラジル
3位:スペイン
4位:フランス
5位:ベルギー
6位:ポルトガル
7位:ナイジェリア
8位:ポーランド
9位:アルゼンチン
10位:ウルグアイ
11位:メキシコ
12位:アイスランド
13位:クロアチア
14位:イングランド
15位:セネガル
16位:スウェーデン
17位:デンマーク
18位:モロッコ
19位:セルビア
20位:コロンビア
21位:エジプト
22位:スイス
23位:ペルー
24位:ロシア
25位:コスタリア
26位:イラン
27位:日本
28位:チュニジア
29位:韓国
30位:パナマ
31位:サウジアラビア
32位:オーストラリア

コメント

関連ニュース

thumb

メッシだろうと関係ない! ポグバの演説が同僚のハートを鷲掴み

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバのチームメートに対する演説が話題に挙がっている。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ポグバを擁するフランス代表は15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝でクロアチア代表を4-2で撃破。グループステージから無敗を続け、90分で勝負をつける強さも安定して見せ、1998年大会以来20年ぶり2度目の優勝を果たした。 ▽ポグバ個人を見ても、1得点を記録するなど持ち前のダイナモぶりが随所で光った今大会。だが、ピッチ外でも抜群の存在感を解き放っていたことが明らかになった。 ▽フランス『TF1』のドキュメンタリー番組は、ラウンド16のアルゼンチン代表戦(4-3でフランス代表が勝利)前のロッカールームでポグバが行ったスピーチを次のように伝えた。 「家に帰るつもりなんてない! 幸せに終わろう! 僕は今夜、パーティーがしたい。みんなとピッチで死にたい! 男、戦士、兵士を求む」 「今日、僕らが彼らをやっつける。相手が(リオネル・)メッシだろうが、そうじゃなかろうが、関係ない! W杯を獲りに行く!」 2018.07.18 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

クロアチア指揮官、母国愛をアピール「ブラジルやバルサだって指揮できるが…」

クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、常に好きなところで指揮を執り続けるとスピーチで明かしている。<br><br>クロアチアはロシア・ワールドカップで史上初の決勝へと進出。決勝では惜しくもフランスに敗れ、初優勝を逃したが、小国の躍進にクロアチアのサポーターも沸き、英雄たちの帰還に熱狂した。パレードではクロアチア国民の7分の1が訪れたとも伝えられ、その中でダリッチは以下のようなスピーチをしている。<br><br>「私はブラジルやバルセロナだって指揮できるが、クロアチアを率いるということは常にとても好きな仕事なんだ。我々はトロフィーを取らなければならなかったし、まだ深い悲しみがある。しかし、W杯が始まる前に、誰かが決勝に行けるオファーを私に来れたとしたら、それを迷わず取っただろう」<br><br>優勝する必要があったとしながら、決勝進出という偉業にも一定の満足感を示したダリッチ。今後の去就についてはいまだ明かしていないが、引き続きクロアチアを率いる可能性は高いと言えそうだ。<br><br>なお、ダリッチ監督はW杯欧州予選最終節を前に就任。それから本大会出場に導き、準優勝という快挙を成し遂げている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.18 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA公式がロシアW杯ベストイレブンを発表! ヤングやパウリーニョら“クセがすごい”選出も…

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のチーム・オブ・ザ・トーナメント(ベストイレブン)を発表した。 ▽6月14日から7月15日までの約1カ月間に渡って開催されていたロシア・ワールドカップ(W杯)は、フランスの20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。大会を通じて多くの選手が輝いた中、FIFAは今大会のベストイレブンを選出した。 ▽[4-2-3-1]の布陣が採用された中、GKにはフランス代表キャプテンのGKウーゴ・ロリスがベルギー代表GKティボー・クルトワ、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォードらを抑えて選出された。 ▽最終ラインでは今大会最多のチャンスクリエイトを見せたイングランド代表DFキーラン・トリッピアー、決勝に進出したフランスとクロアチアのディフェンスリーダーのDFラファエル・ヴァラン、DFデヤン・ロブレンが選出。さらに、サプライズとなったのがイングランド代表MFアシュリー・ヤングが左サイドバックで選出されたことだった。 ▽中盤では2セントラルハーフに大会MVPのクロアチア代表MFルカ・モドリッチとブラジル代表MFパウリーニョ、2列目は右からベルギー歴代最高位の立役者のMFエデン・アザール、フランスのエースFWアントワーヌ・グリーズマン、ブラジル代表のエースFWネイマールが選出された。 ▽そして、1トップには今大会最優秀若手選手に選出されたフランス代表FWキリアン・ムバッペが選出された。 ▽通常、こういったベストイレブンなどの各賞の選出には多くの異論が出るものだが、今回に関してはロリス、パウリーニョ、ネイマール、ヤングの選出に批判が集まっている。大会最優秀GKのクルトワを抑えての選出となったロリスに関しては決勝戦の信じがたいミスがなければ、優勝チームのキャプテンという事情もあり選出に異論が出ることはなかったかもしれない。 ▽その一方で、フランス代表MFエンゴロ・カンテや同MFポール・ポグバ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、同FWイバン・ペリシッチ、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを抑えてパウリーニョ、ネイマールが選出されたのも解せないところだ。 ▽それ以上にサプライズとなったのは今大会を通じてセットプレーのキッカーとしてまずまずの存在感を見せたものの、流れの中ではさほど目立たなかったヤングの選出だ。左サイドバックに関してはフランスの優勝に貢献したDFリュカ・エルナンデスやブラジル代表DFマルセロらもいただけに、“クセがすごい”選出と言わざるを得ないだろう。 ◆FIFA公式ロシアW杯ベストイレブン GK ウーゴ・ロリス(フランス) DF キーラン・トリッピアー(イングランド) ラファエル・ヴァラン(フランス) デヤン・ロブレン(クロアチア) アシュリー・ヤング(イングランド) MF エデン・アザール(ベルギー) パウリーニョ(ブラジル) アントワーヌ・グリーズマン(フランス) ルカ・モドリッチ(クロアチア) ネイマール(ブラジル) FW キリアン・ムバッペ(フランス) 2018.07.18 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

フランス代表は多国籍チームにあらず! メンディがSNSで絶妙な反応

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で20年ぶり2度目の優勝を果たしたフランス。移民大国として知られる同国には様々なルーツを持つ選手がおり、今大会でもアフリカやフランス以外のヨーロッパの国々にルーツを持つ選手が目立った。 ▽そのフランスの今大会の面々に関して、スポーツファンを主役にしたプラットフォーム『sporf』が各選手のルーツを明示し、その選手たちの融合が優勝に繋がった称賛する内容の趣旨の投稿を『ツイッター@Sporf』で行った。 ▽だが、この投稿に対してメンディがダイレクトメッセージを使って絶妙な反応を見せた。 ▽『sporf』の投稿では純粋なフランス人であるGKアルフォンス・アレオラ、DFラファエル・ヴァラン、DFバンジャマン・パヴァール、FWフロリアン・トヴァンの4選手を除く19人の優勝メンバーのルーツを紹介すると共に、「フランスのためにすべてがひとつに」とチームの一体感を称賛した。 ▽しかし、メンディはこの投稿に対して、各選手のルーツを表す各国の国旗をすべてフランスの国旗に変更し、「修正しておいたよ」とコメント。前述の選手のルーツは関係なく全員がフランス人としてフランス代表のために戦ったとの主張を見せた。 ▽なお、参考までにフランス代表のロシアW杯優勝メンバー19人のルーツを以下に紹介する。 ◆国外にルーツを持つロシアW杯フランス代表19人 ポール・ポグバ(ギニア) コランタン・トリッソ(トーゴ) バンジャマン・メンディ(コートジボワール) サミュエル・ユムティティ(カメルーン) アディル・ラミ(モロッコ) ナビル・フェキル(アルジェリア) キリアン・ムバッペ(アルジェリア) エンゴロ・カンテ(セネガル) ジブリル・シディベ(セネガル) トマ・レマル(ナイジェリア) ウスマーヌ・デンベレ(セネガル) プレスネル・キンペンベ(DRコンゴ) ステファン・エンゾンジ(DRコンゴ) ブレーズ・マテュイディ(DRコンゴ) スティーブ・マンダンダ(DRコンゴ) ウーゴ・ロリス(スペイン) リュカ・エルナンデス(スペイン) アントワーヌ・グリーズマン(ドイツ) オリヴィエ・ジルー(イタリア) 2018.07.18 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

伊メディアがロシアW杯を採点「日本は大会のサプライズ。勇気と組織力に及第点」

15日にロシア・ワールドカップが閉幕し、イタリアメディア『ユーロスポーツ』は16日、特集を組み、大会で主役を演じたチームや監督、選手について採点をつけた。日本は及第点の評価を得ている。<br><br>ロシアW杯はフランスの優勝に終わったが、イタリアメディアは今大会を振り返り、今大会で印象に残ったチームや選手、監督に評価を下し、「予測不能で驚かされ、引き込まれるW杯」だったと総評を加えている。<br><br>下馬評を覆し、16強に進出した日本については、「ロシア、スウェーデン、日本の勇気と組織力に6点」との見出しで及第点の評価が与えられている。「日本はラウンド16において、最後までベルギーと熱狂的な試合をして、敗れた」と紹介。準々決勝に進出した開催国ロシアやスウェーデンとともに、「開幕前は注目されておらず、2018年W杯のサプライズとなった3チームだ」と続けた。「3カ国ともに非常に満足できる結果となった」と振り返った。<br><br>一方、グループリーグで敗退となった前回ブラジル大会王者のドイツは「1」の評価となったほか、辛くもラウンド16へ進出したがフランスに敗れたアルゼンチンの指揮官ホルヘ・サンパオリには「0」の最低評価が下された。アルゼンチン代表監督には辛らつな言葉が並ぶ。<br><br>「&ldquo;魔人&rdquo;ホルヘ・サンパオリには0点。(パウロ)ディバラや(ゴンサロ)イグアイン、ましてや(セルヒオ)アグエロよりも、(クリスティアン)パボン、(エンツォ)ペレス、(マクシミリアーノ)メサのような選手を好むとはご乱心だ。W杯でのアルゼンチンの悲惨な結果の真の最大責任者はリオネル・メッシではなく、ホルヘ・サンパオリだ」<br><br>なお「2」の低評価がつけられたGK勢だが、フェルナンド・ムスレラ(ウルグアイ)やウーゴ・ロリス(フランス)、ウィリー・カバジェロ(アルゼンチン)、ダビド・デ・ヘア(スペイン)の名前が挙げられており、日本の川島永嗣の名前はない。だが「おそらくロシアW杯で汚点がなかったのは、(ジョーダン)ピックフォードと(ティボー)クルトゥワだけだ」とし、今大会におけるGKの活躍の物足りなさを指摘した。<br><br>&nbsp;<br><br>以下、『ユーロスポーツ』によるW杯採点(10点満点)。<br><br>&nbsp;<br><br>10点:キリアン・ムバッペ(フランス)<br><br>9点:クロアチア<br><br>8点:オスカル・タバレス監督(ウルグアイ)<br><br>7点:ベルギー、イングランド<br><br>6点:日本、ロシア、スウェーデン<br><br>5点:スペイン<br><br>4点:アフリカ諸国<br><br>3点:ネイマール(ブラジル)<br><br>2点:GK勢<br><br>1点:ドイツ<br><br>0点:ホルヘ・サンパオリ<br><br>提供:goal.com 2018.07.18 10:05 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース