左ハイキックで無所属となったエブラが格闘家に転身!? 2017.11.15 16:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ファンへのハイキックで無所属となっている元フランス代表DFパトリス・エブラは、格闘家への転身を考えているかもしれない。▽2日に行われたヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリアvsマルセイユの試合前に執拗な挑発行為を行ったサポーター1人に対して、左足のハイキックを見舞ったエブラ。これを受けて11日にマルセイユが双方合意の上で同選手の契約を解除したことを発表し、欧州サッカー連盟(UEFA)からも2018年6月30日までの出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分が与えられた。

▽無所属となったエブラはその3日後、自身のインスタグラム(@patrice.evra )で、格闘家のトレーニングと見間違えるような荒行を行っている様子を公開。この動画では、『Jeep』が動いている様子が映し出されているが、実はこの車を引いているのがエブラで、ワイヤーで車を固定し、一人でそのワイヤーを引いて車を動かしているのだ。

▽さらにこの車の上には人が乗っており、総重量は計り知れない。フットボールプレーヤーでは考えられないトレーニングを行うエブラは「人生ではきついと思う時があるかもしれない。それでも常に笑顔をキープしなくてはならない」とコメント。動画内でも笑顔を絶やさず、時に大笑いしながらにこのきついトレーニングに励んでいた。
コメント
関連ニュース
thumb

大規模デモ影響で延期となったリーグ・アン第17節の代替開催日が決定

▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は12日、現在フランス国内で発生している大規模デモを受け、延期されたリーグ・アン第17節の代替開催日を発表した。 ▽フランスでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、第17節の開催が予定されていた8日にもSNS上でデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。 ▽これを受け、警察当局はLFPに対して主要都市での試合中止を要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮し、パリ・サンジェルマンvsモンペリエやトゥールーズvsリヨン、サンテチェンヌvsマルセイユなど計6試合が延期となっていた。 ▽LFPの発表によれば、代替日は2019年1月15、16日に決定。今回発表された日程は、以下のとおり。 ◆リーグ・アン第17節 ▽2019年1月15日 《27:00》 アンジェ vs ボルドー 《29:00》 パリ・サンジェルマン vs モンペリエ ▽2019年1月16日 《27:00》 トゥールーズ vs リヨン ニーム vs ナント モナコ vs ニース 《29:00》 サンテチェンヌ vs マルセイユ 2018.12.12 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

大規模デモ影響でサンテチェンヌvsマルセイユも中止に! PSGvsモンペリエ含む4試合で中止決定

▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は6日、現在フランス国内で発生している大規模デモを受け、9日に開催予定だったリーグ・アン第17節のサンテチェンヌvsマルセイユの中止を決定した。 ▽フランスでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、現在もSNS上でデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。 ▽これを受け、警察当局はLFPに対して主要都市での試合中止を要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮し、4日にはパリ・サンジェルマンvsモンペリエ、トゥールーズvsリヨンの中止を決定。さらに、今回モナコvsニースに続きサンテチェンヌvsマルセイユの中止まで決定した。 ▽なお、代替日程などに関しては今後の協議によって後日発表される予定だ。 ◆リーグ・アン第17節 ▽12/8(土) 《28:00》 アンジェ vs ボルドー ギャンガン vs アミアン ニーム vs ナント レンヌ vs ディジョン ▽12/9(日) 《23:00》 ストラスブール vs カーン 《25:00》 リール vs スタッド・ランス ▽中止 モナコ vs ニース パリ・サンジェルマン vs モンペリエ トゥールーズ vs リヨン サンテチェンヌ vs マルセイユ 2018.12.06 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹がヒザを負傷…ナント戦欠場でハリル監督との再会はお預け

▽マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹が、ヒザを負傷したようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽マルセイユ加入3年目を迎えた酒井は、今シーズンここまで公式戦20試合のうち14試合に出場。主戦場の右サイドバックのみならず、左サイドバックやセンターバックでも起用され、チームを支え続けている。 ▽そんなマルセイユは5日、リーグ・アン第16節でナントとアウェイで対戦。酒井にとっては元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ監督との初対戦となる。 ▽しかし、マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督は酒井が負傷していることを明言。その後に発表された遠征メンバーにも名前がなく、欠場が決定した。なお、現段階で負傷に関する詳細は明かされていない。 「酒井はヒザに問題を抱えている。心配だが、良くなることを願っている。彼が欠場するなら、代わりの選手がその穴を埋めてくれるだろう」 2018.12.05 08:25 Wed
twitterfacebook
thumb

EL5連勝を飾った長谷部のフランクフルト&南野のザルツブルクが共にGS首位通過を決める!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループH第5節のフランクフルトvsマルセイユが29日に行われ、4-0でフランクフルトが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、マルセイユのDF酒井宏樹はベンチ外となった。 ▽引き分け以上で首位通過の決まるフランクフルトは、直近に行われたブンデスリーガ第12節のアウグスブルク戦から先発を5人変更。レビッチやデ・グズマンらに代えてガシノビッチやルスらをスタメンで起用。 ▽一方、前節のラツィオ戦に敗戦しグループステージ敗退の決まったマルセイユは、ジェルマンやミトログル、グスタボらを先発で起用。酒井はベンチ外となった。 ▽試合は開始56秒で動く。ショートコーナーを受けたガシノビッチがボックス右から切り込みシュート。これはGKプレが弾くもこぼれ球をヨビッチが流し込み、フランクフルトが先制に先制した。 ▽先制点で主導権を握ったフランクフルトは、17分に思わぬ形で追加点を奪う。グスタボがノールックで戻したバックパスがGKプレの逆を突いてしまい、そのままゴールネットに吸い込まれた。さらに19分には、ヴィレムスのパスで抜け出したヨビッチが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはゴール左に外れた。 ▽後半も主導権を握るフランクフルトは62分、右サイドでスローインを受けたガシノビッチが前線のスペースへスルーパスを供給。これで抜け出したダ・コスタがボックス右深くまで侵攻し折り返すと、これがB・サールのオウンゴールを誘発し、ゴールネットを揺らした。 ▽攻撃の手を緩めないフランクフルトは、67分にも中盤で獲得したFKから長谷部がロングボールを供給すると、前線で競り合ったアラーが頭で繋ぐと、これに反応したヨビッチがワンタッチシュートを流し込んだ。 ▽結局、試合は4-0のままフランクフルトが快勝。なお、グループHのもう一試合、アポロン・リマソルvsラツィオは、2-0でアポロン・リマソルが勝利したため、フランクフルトのGS首位通過が決定した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181130_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)Getty Images<hr></div>▽また、日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクは、同日に行われたELグループB第5節でライプツィヒと対戦し、1-0で勝利した。 ▽南野がベンチスタートとなった一戦は、ゴールレスで迎えた後半に動く。ザルツブルクは74分、16のパスをボックス左まで駆け上がったウルマーがダイレクトで折り返すと中央のグルブランドセンがゴール右隅に流し込んだ。 ▽待望の先制点を手にしたザルツブルクは、76分にグルブランドセンを下げて南野を投入。すると、81分、中盤からのスルーパスに反応したプレブリャクがボックス中央まで持ち込むも、飛び出した相手GKが先にクリア。このクリアボールを後方から走り込んだ南野が頭で合わせたが、シュートは枠の左に外れた。 ▽結局、グルブランドセンのゴールが決勝点となりザルツブルクが1-0で勝利。この結果、EL5連勝を飾ったザルツブルクが、グループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。 2018.11.30 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールDFモレーノにマルセイユが関心! 酒井と両SBで共演?

▽マルセイユが今冬の移籍市場でリバプールのスペイン代表DFアルベルト・モレーノ(26)の獲得に動く可能性があるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今季開幕から苦戦が続くマルセイユはすでにヨーロッパリーグ(EL)の敗退が決定し、国内リーグでも6位に低迷している。そのため、今季の最低限の目標であるヨーロッパのコンペティションへの出場権獲得に向けて今後の巻き返しが急務となっている。 ▽そして、今冬の移籍市場ではパンチ力不足の前線に加えて、左サイドバックの補強が最優先事項だ。現在、マルセイユでは唯一の本職プレーヤーであるフランス人DFジョルダン・アマヴィがパフォーマンスを落としており、それぞれ右サイドバック、左ウイングが本職の日本代表DF酒井宏樹、アルゼンチン人FWルーカス・オカンポスらが要所で同ポジションを務めている。 ▽そのため、アンドニ・スビサレッタSD(スポーツ・ディレクター)はすでに左サイドバックの新戦力候補をリストアップしており、その有力候補としてモレーノの動向を注視しているようだ。 ▽2014年にセビージャからリバプールに加入したモレーノは加入から2シーズンは主力の左サイドバックとしてプレーしたが、ユルゲン・クロップ監督の就任と、2017年のスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの加入に伴い、以降は大幅に出場機会を失った。今季もここまで公式戦3試合の出場にとどまっている。 ▽そして、今季限りでクラブとの契約が終了するモレーノは、今冬あるいは来夏フリーでチームを旅立つ可能性が高い。これまでバルセロナやアーセナル、アトレティコ・マドリー、セビージャ移籍の可能性が伝えられている。 2018.11.24 18:41 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース