左ハイキックで無所属となったエブラが格闘家に転身!? 2017.11.15 16:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ファンへのハイキックで無所属となっている元フランス代表DFパトリス・エブラは、格闘家への転身を考えているかもしれない。

▽2日に行われたヨーロッパリーグ・グループI第4節のヴィトーリアvsマルセイユの試合前に執拗な挑発行為を行ったサポーター1人に対して、左足のハイキックを見舞ったエブラ。これを受けて11日にマルセイユが双方合意の上で同選手の契約を解除したことを発表し、欧州サッカー連盟(UEFA)からも2018年6月30日までの出場停止処分と、1万ユーロ(約132万円)の罰金処分が与えられた。

▽無所属となったエブラはその3日後、自身のインスタグラム(@patrice.evra )で、格闘家のトレーニングと見間違えるような荒行を行っている様子を公開。この動画では、『Jeep』が動いている様子が映し出されているが、実はこの車を引いているのがエブラで、ワイヤーで車を固定し、一人でそのワイヤーを引いて車を動かしているのだ。

▽さらにこの車の上には人が乗っており、総重量は計り知れない。フットボールプレーヤーでは考えられないトレーニングを行うエブラは「人生ではきついと思う時があるかもしれない。それでも常に笑顔をキープしなくてはならない」とコメント。動画内でも笑顔を絶やさず、時に大笑いしながらにこのきついトレーニングに励んでいた。

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部と酒井宏の対決は実現せず、長谷部フル出場のフランクフルトが10人になりながらもマルセイユに逆転勝利《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループH第1節、マルセイユvsフランクフルトが20日に行われ、1-2でフランクフルトが勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はベンチ入りも出場せず、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽ラツィオ、アポロン・リマソルが同居するグループH。昨季EL準優勝でリーグ・アン4位のマルセイユと、昨季DFBポカール優勝のフランクフルトの一戦。マルセイユの酒井がベンチスタートとなった一方、フランクフルトの長谷部がDFLスーパーカップ以来となる先発となった。 ▽長谷部が[4-3-3]の右インサイドMFでスタメンとなった試合は、開始3分に動く。B・サールのパスを受けたトヴァンが右サイドゴールライン際から折り返し、オカンポスがボレーで合わせ、マルセイユが先制した。 ▽6分にラミが足を負傷してプレー続行不可能となったマルセイユはグスタボを投入。そのマルセイユが流れを引き寄せると、9分にジェルマンがヘディングシュートを浴びせるもGKトラップの好守に阻まれる。 ▽さらに29分、相手のバックパスが短くなったところをジェルマンがカットしてGKと一対一となったが、シュートはトラップにセーブされてしまう。一方的な展開としていたマルセイユは40分、パイエの右足アウトにかけた絶妙パスに反応したボックス右のトヴァンがシュートに持ち込むも、GKトラップにセーブされ、前半を1点のリードで終えた。 ▽後半からガシノビッチに代えてN・ミュラーを投入したフランクフルトは、52分に試合を振り出しに戻す。右CKからニアのルーカス・トロがヘディングシュートを決めた。 ▽レアル・マドリーから移籍のルーカス・トロの加入後初ゴールで同点としたフランクフルトだったが、59分にヴィレウムスがパイエを削って2枚目のイエローカードを受け、退場となってしまった。 ▽退場後、デ・グズマンに代えてファレットを投入したフランクフルトは、[4-4-1]で対応。そのフランクフルトは劣勢の中73分、N・ミュラーがプレを強襲するシュートを浴びせてけん制した。 ▽終盤にかけても自陣に引いたフランクフルトがマルセイユの攻撃を凌ぐと、89分に逆転ゴールが生まれる。相手のミスパスをカットした流れから左サイドのファレットのクロスを受けたボックス内のヨビッチが右足でシュートを突き刺した。 ▽これが決勝点となって2-1でタイムアップ。10人となったフランクフルトが劇的な逆転勝利を収めている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 03:48 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ユベントスのバロテッリ2世に興味

▽マルセイユが、ユベントスに所属するイタリア人FWモイゼ・ケアン(18)の獲得に動くようだ。フランス『Le10 Sport』が伝えている。 ▽ユベントス下部組織出身のケアンは2016年に16歳という若さでプロデビュー。優れたテクニックと強烈なシュートを武器に“バロテッリ2世”と注目を集めたが、厚い選手層の前に出場機会は3試合に留まった。2017年にレンタル移籍でヴェローナに加入し、リーグ戦19試合で4得点を記録。今シーズンからユベントスに復帰したが、未だ出場機会は得られていない。 ▽記事によると、19日のチャンピオンズリーグのバレンシア戦での出場が見込まれているケアンに対し、マルセイユは冬の移籍での獲得を希望している模様。また、ウディネーゼやフロジノーネ、ボローニャなどのイタリア国内クラブも獲得に興味を示しているようだ。 2018.09.19 15:56 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹、マルセイユは4発快勝も仏メディアの評価は及第点…守備面の不安指摘

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、チームは大勝を収めながらも、自身は高評価とはいかなかった。<br><br>マルセイユは16日、リーグ・アン第5節でギャンガンと対戦。試合はフロリアン・トヴァンの2ゴールなどで4-0と快勝を収めた。今季4度目のフル出場を果たした酒井だったが、フランス『footmercato』ではかろうじて及第点の「5.5」という採点となり、守備面での不安を指摘されている。<br><br>「今夜日本人選手は困難に陥っていた。いくつか興味深い攻め上がりもあったが、後ろにスペースができ、そこをテュラムに生かされた。しかし、幸運なことにギャンガンはゴールできなかった。また、57分の先制点では起点になっている」<br><br>また、最高点はディミトリ・パイェ、トヴァンの「7.5」となった。マルセイユは5試合を終えた勝ち点10。首位のパリ・サンジェルマンと勝ち点5差の3位となっている。<br><br>提供:goal.com 2018.09.17 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

規格外の男バロテッリ…勝手に休暇延長→激太り

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、やはり規格外の男なようだ。スペイン『マルカ』が、フランス『レキップ』の情報を基に伝えた。 ▽2016年にニースに加入し、2シーズンで公式戦66試合で43ゴールと爆発したバロテッリ。若くして評価されていたポテンシャルが枯れていないことを示し、5月下旬からイタリア代表への復帰も果たしていた。 ▽そんなバロテッリには今夏、ニース退団の可能性が浮上。結局はクラブに留まったものの、マルセイユ移籍が騒がれていた。その騒動に関連し、バロテッリはある面で規格外の数字を叩き出したようだ。 ▽『レキップ』に記載されているクラブ関係者の情報によると、マルセイユとの交渉を続けていたバロテッリは今夏の休暇を延長。チームメイトよりも2週間遅い、7月17日まで夏休みを過ごした。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』など各紙によると、この行動がニースの怒りを誘発し移籍破談を招いたとも伝えられている。 ▽それはさておき、ようやく練習に復帰したバロテッリを見てニーススタッフは唖然。なんと体重が100kgを超えていたという。もちろんパトリック・ヴィエラ新監督の叱咤を受けたそうだが、現在の体重は88kg。適正の“規格”を6kgもオーバーしているとのことだ。 2018.09.12 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユの処分軽減をUEFAが発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は10日、ファンの過激行動が問題視されていたマルセイユの処分を軽減すると発表した。イギリス『スター』が伝えている。 ▽2017-18シーズンのヨーロッパリーグで決勝に進出したものの、惜しくもアトレティコ・マドリーに敗れ準優勝に終わったマルセイユ。しかし、RBライプツィヒ戦、ザルツブルク戦でファンによる問題行動が起きており、決勝ではスタジアムの椅子を破壊するなど愚行を繰り返していた。 ▽度重なるファンの愚行を問題視したUEFAは、クラブに制裁を課すことを決定。10万ユーロ(約1290万円)の罰金と今シーズンのヨーロッパリーグのホーム初戦を無観客にすることが、7月下旬に発表されていた。 ▽また、抑止策としてUEFAはさらなる重い処分を課すことを決定。2年間の執行猶予があるものの、その間にファンが問題行動を起こせば、1シーズン欧州カップ戦の出場権を剥奪するとも伝えていた。 ▽しかし、今回の発表によると、これに不服を覚えたマルセイユは処分の軽減を訴えており、UEFA側もこれを受け入れることに。最終的な処分は、罰金10万ユーロ(約1290万円)+無観客試合2試合の処分となった。なお、無観客試合に関しては、2試合目が2年間の執行猶予付きとなる。 2018.09.11 08:59 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース