福島、東山高校FW池田昌生の来季加入内定を発表「まだスタートラインに立っただけ」2017.11.15 15:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福島ユナイテッドFCは15日、東山高校FW池田昌生(18)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。

▽セレッソ大阪の下部組織でキャリアをスタートさせた大阪府出身の池田は、2015年4月に自身の憧れるMF鎌田大地(フランクフルト)の母校である東山高校サッカー部へとプレーの場を移した。池田はクラブ公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。

「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ大変嬉しく思います。まだスタートラインに立っただけなので向上心を持ち続け、努力して、今まで僕に関わってくださった人達に結果で恩返しをしたいです。福島の皆様、宜しくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

外人枠の規制緩和とHG制度の導入【六川亨の日本サッカー見聞録】

▽Jリーグの原博実副チェアマンは、9月18日の実行委員会後、日本版ホームグロウン制度(以下HG)の導入と外国籍選手の規制緩和について、メディアと意見交換の場を設けた。これは7月の実行委員会でも議題に上ったそうで、来シーズンの課題の1つとして育成と強化に新たなシステムを採り入れるため現在も検討中だという。 ▽そもそもの発端は、2016年にダゾーンと高額契約する際に、Jリーグの競争力を高めるために規制を緩和して外国人枠の見直しをすべきではないかという意見が出たことだった。これはその後、「アジアの提携国の選手は外人枠に入れない」という形で、まずは日本から門戸を開いて行こうということになった。 ▽その結果、今シーズンは札幌のチャナティップだけでなく広島にティーラシン、神戸にティーラトンらタイ代表がJリーグに参入したことで、タイ国内でもJリーグの人気が高まり、観戦に日本を訪れるファンの増加というプラス効果があった。戦力としても効果的なため、この「アジア提携国枠」は今後も見直した方がいいという議論も出ているという。 ▽ヨーロッパに目を向けると、イングランドのプレミアリーグだけでなく、ドイツのブンデスリーガ、スペインのラ・リーガも現地でデーゲームを開催することで、アジアのマーケットの拡大を意識している。そこで日本も外国人枠の規制を緩和し、イニエスタのようなスター選手を獲得することで、アジアのマーケットを拡大したいという狙いがある。 ▽原副チェアマンいわく「外国人を使えと言っているわけではなく、外国人も競争になる。その一方でバスク人だけのアスレチック・ビルバオのようなクラブがあってもいい」と、チーム作りは各クラブに任せる方針だ。 ▽こうした規制緩和に舵を切ると同時に欠かせないのが日本人選手の育成で、HG制度の導入は両輪の輪と言えるだろう。UEFAは25名の登録選手中、「年齢、国籍を問わず15~21歳の3年間、現クラブに登録されていた選手=CTPを4名」か、「同じく協会のクラブに登録されていた選手=ATPを4名」の計8名を登録することを各クラブに義務づけていて、不足した場合は登録枠そのものが減らされることになっている。 ▽現在の日本は登録25名枠にプラスして5名のユース枠を設けているが、将来的に7~8名のHG制度を採用する方向で検討中だ。 ▽現状ではACLは外国人枠が3+1に対し、Jリーグは「アジア提携国枠」がありレギュレーションが違う。さらにCWCでのヨーロッパ勢との対戦では、鹿島が外国人部隊のレアルと対戦するなど整合性が取れていない。このため「すべてを決めているわけではなく、話し合いの土台を作っているところ。多くの方の意見を聞きながら、制度設計のための議論をしているところ」(原副チェアマン)でもある。 ▽規制緩和にあたり、「ロシアW杯の強豪国のGKは190センチ台が常識になりつつあるが、日本人選手の大型GKやCBは少ない。その結果、韓国人選手が増加している。規制緩和でその傾向が強まるのではないか」と懸念をぶつけてみた。 ▽すると原副チェアマンは「GKコーチは各年代で、日本の指導スタッフで一番遅れている。このため指導者の育成が急務になる」との見解を示した。そして「U-17の日本と韓国の試合を比べると、日本はペナルティーエリア内でのプレーが少なく、中盤でのプレーが多い。それが優秀な中盤の選手を生んでいるが、逆に大型GKやストッパー、ストライカーが育ちにくいのではないか」と私見を述べた。 ▽まさに正鵠を射ていると思う。Jリーグの多くのチームはボールロストを恐れ、サイドから攻撃を仕掛けながらも、なかなかクロスを入れない。かつての闘莉王や中澤のように、空中戦に圧倒的な強さを誇る選手も近年は激減した。ゴール前の競り合いほどスリリングなシーンはないだろう。「外国人枠の規制緩和」がJリーグのレベル向上につながるならば、早期の導入を期待したい。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.09.20 21:01 Thu
twitterfacebook
thumb

待望! Jリーグ40クラブがモバイル版『ウイニングイレブン 2019』に搭載! e-Sports大会も開催へ

▽株式会社コナミデジタルエンタテインメント20日、モバイルゲーム『ウイニングイレブン 2018』のアップデートを12月に実施することを発表。『ウイニングイレブン 2019』としれ生まれ変わるバージョンには、Jリーグクラブが収録されることを発表した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180920_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180920_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽発表は、東京ゲームショウ2018のKONAMIブースにて行われ、Jリーグの村井満チェアマンも登壇。2018シーズンのJ1全18クラブ、J2全22クラブが搭載されることが発表された。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180920_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽Jリーグはコナミデジタルエンタテインメントとトップパートナー契約を締結。村井チェアマンは、「ゲームは若者に大変影響力がありますし、ウイニングイレブンはファンやサポーターの方に特別な馴染みがあって支持を頂いています。サッカー全体を熱くしていくためにも非常に良いパートナーです」とコメント。「モバイルなので、生活の中に溶け込んでいます。スタジアムでも外でも、そういったモバイルでの展開を期待しています」とコメントした。 ▽同じく登壇した株式会社コナミデジタルエンタテインメント プロモーション企画本部 本部長 堀内公博氏は「我々としてJリーグファンの方に是非遊んでいただきたいです。今モバイル版は特に10代、20代を中心に日本では数百万人の方に遊んでいただいております。是非、そのユーザーの方にJリーグさんの試合に行って頂いて、もっとサッカーを好きになってもらいたい、貢献したいなと思います」と、Jリーグとの融合を目指すと語った。 ▽また、村井チェアマンは「J1、J2の40クラブが登録され、1クラブあたり30名の選手が登録されるとしたら1200名の選手がいつでもどこでも見られる。そういった形になります。試合開始前に、対戦相手とゲームで対戦してみるとかもできると思います。リアルとゲームがシンクロするような感じだと思います」とコメントし、Jリーグファンが実際の試合と連動させて楽しむことに期待を寄せていることを明かした。 ▽さらに、実際のJリーグの試合で活躍した選手が「プレーヤー・オブ・ザ・ウィーク」としてゲームに登場。ベストイレブンに選出された特別バージョンの選手が、その週限定で登場することとなり、リアルなサッカーとの連動がさらに高まることとなる。世界各国の選手たちと近いステータスになるため、応援する選手が世界の選手たちと対戦することが可能となる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180920_20_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、モバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』では家庭用ゲームの最新版『ウイニングイレブン 2019』と同じエンジンを搭載。選手のアニメーションが増加し、AIやボール挙動も飛躍的に向上している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://www.konami.com/wepes/mobile/c/information/2019/ja/" terget="_blank">モバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』<br />公式サイトはコチラから!</a><hr></div> ▽さらに、モバイルゲーム初のe-Sports大会の開催を発表。モバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』を使い、Jリーグクラブとの話も現在進めているとのことだ。 ▽発表会後は、Jリーグライセンスを一足先に使ったデモプレーが実施。川崎フロンターレと鹿島アントラーズを使った試合が行われた。 2018.09.20 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟MF伊藤優汰が左ハムストリングス肉離れで全治約6週間

▽アルビレックス新潟は20日、MF伊藤優汰が左ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治は約6週間の見込み。 ▽クラブの発表によると、伊藤は12日のトレーニング中に負傷したとのこと。 ▽伊藤は2016年に京都から新潟に完全移籍。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに4試合出場している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府、ホームで約2カ月ぶりの勝利!大宮は上位と勝ち点縮められず《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第32節のヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャが、19日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-0でホームの甲府が勝利した。 ▽直近5試合で1勝2分け2敗と波に乗り切れない16位・甲府は(勝ち点39)は、土曜日の愛媛FC戦からスタメンを6人変更。ビョン・ジュンボン、山本、フェフージン、瀬戸、小塚、ジュニオール・バホスに代えて、今津、小出、小椋、佐藤、堀米、金園を起用。 ▽一方、直近5試合で4勝1分とJ1自動昇格ラインを猛追する大宮(勝ち点54)は、前節のFC町田ゼルビア戦からは、茨田にかえて大山が先発に名を連ねた。 ▽試合序盤は両者共に中盤でのボールの奪い合いが続く。28分、ボックス手前でフリーでボールを受けたマテウスがゴール前に走り込んだ富山にスルーパスを通す。これを富山がダイレクトでシュートを打つもGK河田の正面に。 ▽なかなか決定機が作れない甲府は、35分、左サイドから小椋がボックス左に走り込んでいた堀米に浮き球でパスを送る。これを堀米がラインギリギリのところでボールに追いつきボックス中央に走り込んできた金園にクロスを供給。金園がヘディングシュートを狙うもゴール左に逸れた。 ▽後半に入り、ボールを徐々に保持する時間が増えてきた甲府は69分、敵陣左サイドで佐藤が清水とのワンツーでボックス左を駆け上がりゴール前にクロスを供給。するとこのクロスが相手DFに当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれ、ホームの甲府が先制した。 ▽試合が動いて以降、両者共にチャンスらしいチャンスは作れず試合終了。甲府は7月21日の第24節ロアッソ熊本戦以来のホーム白星。一方、敗れた大宮は、JI自動昇格に向けて痛すぎる1敗となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

山形2試合連続終盤被弾でドロー…讃岐は8試合白星なし《J2》

▽台風の影響で延期となっていた明治安田生命J2リーグ第26節のカマタマーレ讃岐vsモンテディオ山形が19日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽暫定最下位の讃岐(勝ち点25)と10位の山形(勝ち点48)の対戦。前半は17分に、讃岐が右サイドの荒堀のクロスから原がヘディングで合わせた以外、特筆すべきチャンスもなく、ゴールレスで試合を折り返す。 ▽後半に入って試合が動く。55分、山形は安西が右サイドの三鬼へ展開すると、三鬼はボックス角から左足でクロスを供給。これに阪野が頭で逸らせるように合わせゴールイン。アウェイの山形が先制点を奪った。山形はさらに59分、カウンターからボックス手前に持ち込んだ汰木のパスから小林がシュート。ここはGK清水にセーブされてしまう。 ▽その後は互いに大きなチャンスはなく迎えた後半アディショナルタイム。このまま終わるかに思われたが、讃岐はボックス手前のルーズボールに競り勝った永田の落としを、途中出場の森川が拾ってボックス左に侵入。そのまま左足を振り抜き同土壇場で同点に追いついた。 ▽そのまま試合終了。追いつかれた山形は2試合連続で終盤に失点を喫しドローとなった。一方の讃岐は敗戦は免れたものの、これでリーグ戦8試合白星なしとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 21:08 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース