福島、東山高校FW池田昌生の来季加入内定を発表「まだスタートラインに立っただけ」2017.11.15 15:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福島ユナイテッドFCは15日、東山高校FW池田昌生(18)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。

▽セレッソ大阪の下部組織でキャリアをスタートさせた大阪府出身の池田は、2015年4月に自身の憧れるMF鎌田大地(フランクフルト)の母校である東山高校サッカー部へとプレーの場を移した。池田はクラブ公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。

「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ大変嬉しく思います。まだスタートラインに立っただけなので向上心を持ち続け、努力して、今まで僕に関わってくださった人達に結果で恩返しをしたいです。福島の皆様、宜しくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

J2開幕! 昨季J1同士の大宮vs甲府は大宮に軍配! 新潟も順当に勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第1節が25日に各地で行われた。 ▽昨シーズン、J1を共に戦った大宮アルディージャとヴァンフォーレ甲府が激突した一戦。先制点を奪ったのは大宮。8分、左CKを中村がグラウンダーでゴール前に送ると、マテウスが左足インサイドで丁寧に合わせ、幸先の良いスタートを切る。 ▽後半はいきなり試合が大きく動いた。50分、相手の攻撃を凌いだ大宮は、敵陣で細かく繋ぎ左サイドを攻略。マテウスのクロスをロビン・シモヴィッチが合わせ追加点を奪う。だがその直後のプレーで、マテウスが相手のクロスを腕に当ててしまい甲府にPKを献上。リンスのシュートをGK塩田が止めたかに思われたが、審判は、塩田がゴールライン上から出ていたとしてやり直しを認めた。2度目はさすがに止められず、甲府に1点を返されてしまう。 ▽しかし、その後は相手の得点を許さなかった大宮が逃げ切りに成功。昨季のJ1チーム同士の一戦は、大宮に軍配が上がった。 ▽アルビレックス新潟はアウェイでカマタマーレ讃岐と対戦。58分に矢野のパスを受けた河田がドリブルでボックス左に侵攻し、そのままゴールに流し込みんだ。これが決勝点となり、新潟が順調に勝ち点3を得た。 ▽そのほか、東京ヴェルディは畠中の土壇場ゴールでジェフユナイテッド千葉相手にホームで辛勝。また、ホームにFC岐阜を迎えたアビスパ福岡は、元日本代表FW森本のゴールなどで快勝を収めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第1節結果 ▽2/25(日) <span style="color:#FF4500">アビスパ福岡</span> 2-0 FC岐阜 カマタマーレ讃岐 0-1 <span style="color:#FF4500">アルビレックス新潟</span> 横浜FC 0-0 松本山雅FC <span style="color:#FF4500">東京ヴェルディ</span> 2-1 ジェフユナイテッド千葉 徳島ヴォルティス 0-1 <span style="color:#FF4500">ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#FF4500">水戸ホーリーホック</span> 3-0 モンテディオ山形 栃木SC 2-4 <span style="color:#FF4500">大分トリニータ</span> 愛媛FC 1-2 <span style="color:#FF4500">ツエーゲン金沢</span> 京都サンガF.C. 0-2 <span style="color:#FF4500">町田ゼルビア</span> <span style="color:#FF4500">レノファ山口</span> 4-1 ロアッソ熊本 <span style="color:#FF4500">大宮アルディージャ</span> 2-1 ヴァンフォーレ甲府 2018.02.25 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

狭きJ1への門…激戦必至のJ2リーグを展望

▽25日、2018シーズンの明治安田生命J2リーグが開幕を迎える。J1昇格を懸けた熾烈な争いがスタートする。 <span style="font-weight:700;">◆J1への狭き門</span> ▽今シーズンのJ2は昇格へのレギュレーションが変更。J1への自動昇格の2枠は変わらないものの、プレーオフの方式が変更となった。J2の3位〜6位のチームに加え、J1の16位チームが参加。J2の4チームがこれまで通りのプレーオフを戦い、勝ち抜いた1チームがJ1の16位と決勝を実施。3チームの昇格が確保されていないため、これまでよりもJ1への門は狭くなっている。 <span style="font-weight:700;">◆J1経験チームが増加</span> ▽J1から降格してきたチームは、ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟、大宮アルディージャの3つ。これにより、J1経験チームが12と増えた。昨シーズンも激しい昇格争いが繰り広げられたが、今シーズンは上述の昇格チーム数が減る可能性があることにも加え、各チームが高い戦力を誇っており、例年以上に激しい戦いが待っていることが予想される。 <span style="font-weight:700;">◆優勝争いの筆頭は大宮</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180225_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今シーズンのJ2で優勝を争いそうなチームは、2017シーズンのJ1最下位に終わった大宮だ。DF和田拓也(→サンフレッチェ広島)、MF江坂任(→柏レイソル)、MF瀬川祐輔(→柏レイソル)、MF長谷川アーリアジャスール(→名古屋グランパス)、MF岩上祐三(→松本山雅FC)と主力が数名チームを去った。しかし、昨シーズン名古屋のJ1昇格に貢献したFWロビン・シモヴィッチやアビスパ福岡を支えたMF三門雄大らを獲得。J2での経験が豊富なDF中村太亮(←ジュビロ磐田)、GK笠原昂史(←水戸ホーリーホック)、MF嶋田慎太郎(←ロアッソ熊本)と、充実した戦力を抱えている。J1級の陣容を石井正忠監督がどのように操るか。3シーズン前にJ2を経験した選手が多いこともプラスに働くと思われる。 <span style="font-weight:700;">◆甲府、新潟の2チームはチームの完成度次第</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180225_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方で、甲府、新潟の両チームは苦しむ可能性もある。甲府はMF小塚和季(←レノファ山口FC)、MF佐藤和弘(←水戸ホーリーホック)、FWジネイ(←湘南ベルマーレ)と昨シーズンのJ2を経験した実力者を補強した。しかし、チームとしては2012年以来のJ2の舞台。ここ数年で大きく変化したJ2に戸惑う可能性もあるだろう。得点源であったFWドゥドゥ(→アビスパ福岡)もチームを去り、吉田達磨監督が2シーズン目でどのような戦いを見せるかに注目だ。 ▽新潟は、主力の多くが引き抜かれてしまい、指揮官も鈴木政一監督に交代と、心機一転J1昇格を目指す。J2を戦うのは2003年以来であり、長く厳しい戦いへの経験値が少ないと言える。開幕直前にかつてセレッソ大阪でもプレーしたFWブルーノ・メネゲウ(←長春亜泰/中国)を獲得。さらに、FWターレス(←ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル)、GKアレックス・ムラーリャ(←フラメンゴ/ブラジル)と世代別のブラジル代表、A代表経験者を獲得。チームとしての完成度を高めるため、鈴木監督がどのようにチームとしてまとめるかがカギを握るだろう。 <span style="font-weight:700;">◆復権を目指すJ1経験クラブ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180225_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽優勝争い、上位争いに絡んできそうなクラブは、アビスパ福岡、ジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディ、横浜FC、松本山雅FCと予想する。 ▽福岡は、昨シーズンのJ1昇格プレーオフ決勝で名古屋相手に勝利できず、目前に迫ったJ1への切符を掴むことができなかった。井原正巳監督が率いて4シーズン目、チームの成熟度は高いものの、不安材料は得点源であったFWウェリントン(→ヴィッセル神戸)の穴埋めと中盤の構成だ。FWトゥーリオ・デ・メロ(←シャペコエンセ/ブラジル)、FWドゥドゥ(←ヴァンフォーレ甲府)、FW森本貴幸(←川崎フロンターレ)と軸になれるストライカーを確保した一方で、大宮へ移籍した三門やDF冨安健洋(→シント=トロイデン/ベルギー)、DF亀川諒史(→柏レイソル)らの穴埋めが気になるところ。チームの核が入れ替わっただけに、完成度が気になる。 ▽千葉はフアン・エスナイデル監督2年目。最終ラインにDF増嶋竜也(←柏レイソル)、DFエベルト(←ピアスト・グリヴィツェ/ポーランド)を補強。中盤には、MF小島秀仁(←愛媛FC)、MF茶島雄介(←サンフレッチェ広島)を加えた。エスナイデル監督のサッカーにあった選手を確保した印象だ。成熟度を上げ、取りこぼしを減らすことができれば、自動昇格も見えてくるだろう。 ▽東京V、横浜FCも選手の入れ替えがあるものの、監督が標榜するサッカーを体現できる選手を確保している印象だ。東京Vは、GKに上福元直人(←大分トリニータ)、DFに若狭大志(←ジェフユナイテッド千葉)、中盤にMF李栄直(←カマタマーレ讃岐)、MF高井和馬(←ザスパクサツ群馬)、FWに林陵平(←水戸ホーリーホック)を補強。両サイドバックを支えた、DF安西幸輝(→鹿島アントラーズ)、DF安在和樹(→サガン鳥栖)がチームを去ったが、各ポジションに的確に補強した印象だ。横浜FCもエースのFWイバを残留させた他、MF松井大輔(←オドラ・オポーレ/ポーランド)を補強。岡山で主力を務めていたMF渡邊一仁も確保し、安定感が増しそうな印象だ。 ▽そして多くの選手を復帰させた松本からも本気度が伺える。MF岩上祐三(←大宮アルディージャ)、MF前田直輝(←横浜F・マリノス)、FW前田大然(←水戸ホーリーホック)が復帰。さらに、GK守田達弥(←アルビレックス新潟)、MF藤田息吹(←愛媛FC)、MF中美慶哉(←サガン鳥栖)、FW永井龍(←名古屋グランパス)と各クラブの主力も獲得した。再びJ1へという気概を感じる戦力が揃った。 <span style="font-weight:700;">◆ダークホースとなり得るか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180225_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ダークホースになりそうなクラブとして注目したいのが、徳島ヴォルティスとファジアーノ岡山、レノファ山口FCだ。 ▽徳島はリカルド・ロドリゲス監督が率いて2シーズン目。昨シーズンは終盤での失速に泣いたが、チームの戦い方が継続されることは大きい。エースであったFW渡大生(→サンフレッチェ広島)のほか、DF馬渡和彰(→サンフレッチェ広島)、MF大崎淳矢(→レノファ山口FC)らも退団。しかし、DF大屋翼(←大宮アルディージャ)、MFシシーニョ(←FC岐阜)を獲得。渡の代役にはJ3で得点を量産したFW薗田卓馬(←アスルクラロ沼津)や覚醒が期待されるFW呉屋大翔(←ガンバ大阪)を確保した。ロドリゲス監督のサッカーが2シーズン目を迎えてどう変化するかにも注目だ。 ▽岡山は大きく選手の入れ替えを実施。しかし、各クラブで経験を積んでいる選手を補強した。特に中盤はMF上田康太(←ジュビロ磐田)、MF末吉隼也(←アビスパ福岡)、MF仲間隼斗(←カマタマーレ讃岐)を補強。前線にはFWイ・ヨンジェ(←京都サンガF.C.)、FW齊藤和樹(←ジュビロ磐田)とJ2で実績のある選手を確保した。爆発力を秘めているだけに、どのような結果が待っているかは気になるところだ。 ▽そして最後は山口。日本サッカー協会の技術委員長としても活躍し、ベルギーのシント=トロイデンでもコーチを務めた霜田正浩監督が率いる。ビッグネームこそいないものの、DF坪井慶介(←湘南ベルマーレ)、MF大崎淳矢(←徳島ヴォルティス)と経験豊富な選手を獲得した一方で、MF高橋壱晟(←ジェフユナイテッド千葉)、MF丸岡満(←セレッソ大阪)、FW高木大輔(←東京ヴェルディ)、FWオナイウ阿道(←浦和レッズ)と若手4名を期限付き移籍で獲得。若手をどのように機能させるかで、リーグをかき乱してくれそうだ。 2018.02.25 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟、ユース所属のDF岡本將成&MF五十嵐新を2種登録

▽アルビレックス新潟は23日、U-18所属のDF岡本將成(17)とMF五十嵐新(17)の2種登録を発表した。 ▽ジュニアユース時代から新潟下部組織に所属する岡本は、身長184㎝、体重79㎏のディフェンダー。2015年にはU-15日本代表にも選出されていた。トップチームでは背番号35を着用する。 ▽同じくジュニアユース時代から新潟下部組織に所属する五十嵐は、身長180㎝、体重72㎏のミッドフィルダー。2015年にはU-15日本代表にも選出されていた。トップチームでは背番号37を着用する。 2018.02.23 18:03 Fri
twitterfacebook
thumb

名優・大杉漣さんの突然の訃報に…徳島、25日の岡山戦での記帳所設置を発表

▽徳島ヴォルティスは22日、明治安田生命J2リーグ第1節のファジアーノ岡山戦(2月25日14:00キックオフ)にて、急性心不全のためご逝去された俳優の大杉漣さんの記帳所を設置することを発表した。 ▽訃報が届いたのは21日。俳優の大杉漣さんが21日の午前3時53分に急性心不全のため亡くなったことが知らされた。66歳だった。 ▽徳島県出身の大杉さんは地元の徳島ヴォルティスの熱烈なサポーターとして知られていた。クラブの前身である大塚製薬サッカー部時代から応援しており、スタジアムで応援する姿が度々見かけられていた。 ▽徳島の発表によると、25日の岡山戦では、記帳所設置のほかキックオフ前の黙とう、徳島ヴォルティス選手および関係者の喪章の着用が実施されるようだ。 ▽名俳優の突然の訃報に、徳島ヴォルティスは追悼の言葉を添えた。 「大杉漣さんにはクラブの前身である大塚製薬サッカー部時代から、地元のクラブである徳島ヴォルティスに熱い想いを寄せて応援していただいておりましたことに深く感謝申し上げます」 「昨シーズンのFC岐阜戦では、初めてピッチレベルで両チーム・主審に花束を贈呈いただきました。この日もお仕事ではなくオフを利用してスタジアムにお越しいただき『サポーターを代表して』とおっしゃっていたお姿に徳島ヴォルティス、そしてサッカーへの愛を感じるところでありました。今シーズンへの期待もしていただいており、これからも共に歩みを進めることが出来ると思っておりました」 「俳優としてのご活躍やサッカーを楽しまれているところでの突然のことに、本当に驚いております。ご家族のお悲しみは、計り知れないものとお察しします。また我々をはじめ徳島ヴォルティスに関わる人々、そしてサッカーを愛する人々も深い悲しみに襲われています」 「謹んで哀悼の意を捧げるとともに、大杉漣さんの徳島ヴォルティスへの熱い気持ちを胸に、今週末に開幕する2018シーズンを徳島ヴォルティスに関わる全ての皆さんと一丸となって戦い、シーズン終了後には良いご報告が出来るように全力を尽くす所存です」 「慎んでご冥福をお祈り申し上げます」 2018.02.22 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

荒木友輔氏と山内宏志氏がプロフェッショナルレフェリー契約を締結

▽日本サッカー協会(JFA)は22日、2月1日付で荒木友輔氏、3月1日付で山内宏志氏でプロフェッショナルレフェリー契約を締結したことを発表した。 ▽荒木氏はこれまでJリーグの65試合で主審を務めた。また、2017年には全国高校サッカー選手権大会決勝、フランスで行われたトゥーロン国際大会でもレフェリーとして活躍した。 ▽山内氏はこれまでJリーグの56試合で主審、92試合で副審を務めた。2017年にはインドで行われたFIFA U-17ワールドカップで副審を務めている。 ▽JFAはトップレベルの審判員が審判活動に専念できるよう、「プロフェッショナルレフェリー制度」を導入。プロフェッショナルレフェリー(PR)は自身のレベルアップに励みながら全国で講義を行うなど、日本の審判界全体のレベル向上にも貢献していおり、現在は主審10人、副審3人がプロフェッショナルレフェリー(PR)として契約している。 ▽なお、2018年度の新規契約プロフェッショナルレフェリーとして、4月に1名との契約締結を予定していることも併せて知らせている。 2018.02.22 17:18 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース