カントナが代表招集を期待する選手とは? “あの男”への待望論を語る! 2017.11.15 15:09 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで元フランス代表MFのエリック・カントナ氏が、レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマが同国代表に招集されるべきだとの見解を示した。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽フランスは、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を突破。しかし、そのチームのエースと目されていたベンゼマの姿はない。これは、マテュー・ヴァルブエナに対する恐喝容疑事件の影響を理由とする判断であるとみられているが、W杯タイトルを目指すフランス国内では、チャンピオンズリーグ(CL)連覇の実績を持つ男に待望論が巻き起こっているようだ。

▽この件に触れたカントナ氏は、以下のようにベンゼマへの期待を伝えた。

「明らかに、私たちは(フランス代表として)ベストなプレーヤーたちをみたいと思っている。私はフランス代表で(カリム・)ベンゼマがみたい。これは個人的な見解だが、独りよがりなものでもないよ」

コメント

関連ニュース

thumb

コシエルニー、51キャップの仏代表キャリアに幕

▽アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシエルニー(33)が代表引退を表明した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽コシエルニーは、2011年にA代表デビューを果たすと、通算51キャップをマーク。だが、今年5月に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのアトレティコ・マドリー戦でアキレス腱を痛めて手術を受け、全治約6カ月で今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)を欠場した。 ▽そして、苦しいリハビリを経て、アーセナルで復帰が近くコシエルニー。以前からロシアW杯後に代表から退く意向を示してきたが、フランス『Canal+』のインタビューで改めてその意思を表明するとともに、ディディエ・デシャン監督に対する不満も口にした。 「多くの人が僕を忘れてしまった。頭を後ろから殴られた感じだ」 「僕の状態が良いとき、僕の周りにはたくさんの友人がいる。でも、ケガをしたときは…。時が経つと、忘れられてしまう」 「彼(デシャン)とは、僕の9月の誕生日に電話で話したのが最後。僕は失望したよ」 「フランスのワールドカップ優勝は、ケガより精神的なダメージが大きかった」 「僕はフランス代表にできる限り尽くしてきたと思う。フランス代表のサポーターに戻る。もうシャツは着ない」 2018.10.15 08:20 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス救ったムバッペ、同国代表史上初10代での二桁得点到達者に!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが新たな記録を打ち立てた。サッカーのデータを扱う『@OptaJean』が伝えた。 ▽フランス代表は11日、国際親善試合でアイスランド代表と対戦。この日ベンチスタートだったムバッペは、0-2のビハインドで迎えた60分に途中出場した。すると86分、ボックス右での仕掛けから鋭いクロスを供給して相手のオウンゴールを誘発。さらに89分にはPKを決めて2-2の引き分けに持ち込んだ。 ▽ムバッペは、この一戦でのゴールでフランス代表通算10得点に到達。伝えられるところによると、10代での2桁到達はフランス代表史上初のことだったようだ。 2018.10.12 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

活動解禁まであとわずか! エバートンがナスリ獲得考慮

▽エバートンが、無所属の元フランス代表FWサミル・ナスリ(31)獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽かつてアーセナルやマンチェスター・シティでプレーしていたナスリは、セビージャに所属していた2016年冬に点滴静脈注射を受け、これが世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の規則に反する違反行為に抵触。欧州サッカー連盟(UEFA)は2018年2月、同選手に対する6ヶ月のフットボール活動禁止処分を下していた。 ▽さらに、今年8月初めにUEFAの倫理委員により禁止期間が不十分と判断され期間が12ヶ月間延長。合計で18ヶ月間のフットボール活動が禁じられている。そのため、ナスリは処分開始日とされる昨年7月1日から来年の1月31日まで試合に出ることが許されていない。今年1月には所属していたアンタルヤシュポルを退団しており、現在でもフリーの状態だ。 ▽しかし、今年11月1日からはトレーニングの再開が許可。記事によると、エバートンは今シーズン公式戦7試合4ゴールを記録しているFWリシャルリソンと、9試合5ゴール1アシストのMFシグルドソンのバックアップとなるクリエイティブな選手を求めており、ナスリ獲得を考慮しているそうだ。 ▽才能を高く評価されながらも、粗暴な言動で自らの首を絞めてきたナスリ。屈指のテクニシャンとして返り咲くことはできるのだろうか。 2018.10.12 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場ムバッペの活躍でフランスが2点差を追いつきアイスランドにドロー《国際親善試合》

▽フランス代表は11日、国際親善試合でアイスランド代表をホームに迎え、2-2で引き分けた。 ▽5日後にUEFAネーションズリーグ3戦目のドイツ代表戦を控えるフランスは、フラットな[4-4-2]を採用。2トップにグリーズマンとジルー、右サイドにトヴァン、左にデンベレを配し、中盤センターにポグバとエンゾンジを据えた。 ▽4日後にUNL3戦目のスイス代表戦を控えるアイスランドに対し、フランスが一方的に敵陣でプレーする展開となると、19分にディーニュの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートで先制点に近付いた。 ▽その後も22分にポグバのコントロールシュートでゴールに迫ったフランスだったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制される。キンペンベのボールロストからビャルナソンにコントロールシュートを決められた。 ▽失点を喫したフランスは38分、CKからR・シグルドソンのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここはGKロリスがビッグセーブで阻んだ。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、54分にデンベレの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKハルドルソンのファインセーブに阻止された。 ▽すると58分、左CKからニアサイドのアルナソンにヘッドで合わせられたシュートがゴール右上に決まってしまい、フランスは2点を追う展開を強いられる。 ▽ムバッペを投入して反撃を狙うフランスは、79分にボックス右に侵入したムバッペがシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。それでも86分、ボックス右で仕掛けたムバッペの鋭いクロスがGKの手を弾いてDFに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽さらに89分、CKの流れでシグソールソンのハンドを誘ってPKを獲得したフランスは、キッカーのムバッペが決めて何とか2-2の引き分けに持ち込んでいる。 2018.10.12 06:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバ、願う…僕以外の仏代表からバロンドーラーを!

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが自身のバロンドール受賞を否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は8日、主催するバロンドールの受賞候補30名を公表。ロシア・ワールドカップ覇者のフランス代表からも数名の選手がノミネートした。しかし、候補者に選ばれたポグバは、自身の受賞を「相応しくない」と話す。 ▽ポグバはフランス『AFP』に対して、代表で同僚であるアトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンや、パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペ、レアル・マドリーのDFラファエル・ヴァラン、チェルシーのMFエンゴロ・カンテの誰かが受賞することを願った。 「グリズー(グリーズマン)やキリアン(ムバッペ)、ラファ(ヴァラン)の誰かじゃないかな。僕以上に彼らの方が相応しい」 「僕は該当しない。でも、あの3人の中から誰かが選ばれることを心から願うよ」 「あとNG(カンテ)もいるから4人だ。強く受賞を祈る。僕は相応しくない。他に相応しい選手がたくさんいるからね」 2018.10.10 09:45 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース