カントナが代表招集を期待する選手とは? “あの男”への待望論を語る! 2017.11.15 15:09 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで元フランス代表MFのエリック・カントナ氏が、レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマが同国代表に招集されるべきだとの見解を示した。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽フランスは、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を突破。しかし、そのチームのエースと目されていたベンゼマの姿はない。これは、マテュー・ヴァルブエナに対する恐喝容疑事件の影響を理由とする判断であるとみられているが、W杯タイトルを目指すフランス国内では、チャンピオンズリーグ(CL)連覇の実績を持つ男に待望論が巻き起こっているようだ。

▽この件に触れたカントナ氏は、以下のようにベンゼマへの期待を伝えた。

「明らかに、私たちは(フランス代表として)ベストなプレーヤーたちをみたいと思っている。私はフランス代表で(カリム・)ベンゼマがみたい。これは個人的な見解だが、独りよがりなものでもないよ」

コメント

関連ニュース

thumb

恐喝事件以降フランス代表から干されたベンゼマ、母国のW杯優勝を祝福「みんな、おめでとう」

レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマは、ワールドカップ制覇を成し遂げた母国代表へ祝福のメッセージを送った。<br><br>15日に行われたワールドカップ決勝で、フランスはクロアチアと対戦。オウンゴールで先制したフランスは、一時は同点にされるも、アントワーヌ・グリーズマン、ポール・ポグバ、キリアン・ムバッペが得点を挙げて4-2でクロアチアを下し、20年ぶり2回目の優勝を飾った。<br><br>2015年までフランス代表の常連だったベンゼマだが、当時のフランス代表チームメイトであるマテュー・ヴァルブエナの恐喝事件に関与した疑いで逮捕。同選手は無罪を主張するものの、その件があって以降、レ・ブルーにレアル・マドリーFWの姿はない。<br><br>ロシア・ワールドカップのメンバー発表前にはベンゼマ待望論が一部で巻き起こっていた。しかし、ディディエ・デシャン監督は同選手をメンバーに登録することなく、今大会では主にセンターフォワードにオリヴィエ・ジルーを起用して、自国開催の1998年大会以来20年ぶりの栄冠を掴んだ。<br><br>そして、ベンゼマは試合終了直後、自身のインスタグラムに4-2とスコアが載ったフランス代表選手が抱擁する写真とともに「みんな、おめでとう!よくやった。ワールドチャンピオンだ」と短く祝福のメッセージを綴った。<br><br>今大会でベンゼマの代役を務めたジルーは7試合に出場し、1アシストを記録するも、得点を挙げられなかっただけでなく、枠内シュート0本に終わっていた。2年後の欧州選手権、4年後のワールドカップ連覇を目指す同国代表にとってベンゼマ待望論が再燃するかもしれない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.16 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

5大会ぶり2度目のW杯優勝…デシャン、若きレ・ブルーを称賛「全てが正しかった訳ではないが」

▽フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)優勝への喜びを語った。『FIFA.com』が伝えている。 ▽フランスは15日、ロシアW杯決勝でクロアチア代表と対戦。3大会ぶり決勝進出を果たしたフランスは、18分に相手のオウンゴールで先制点を奪うと、28分に同点弾を許したが、38分にグリーズマンがPKを決めて2-1と勝ち越して試合を折り返す。後半攻勢を強めた相手に対して、カウンターを仕掛けて59分にポグバ、65分にムバッペが決めて4-1にすると、相手に1点を与えたものの、それ以上の失点は許さず。4-2で勝利したフランスが5大会ぶり2度目のW杯優勝を成し遂げた。 ▽試合後、デシャン監督は決勝戦を含めた今大会を回想。若い選手たちが多い中でも「メンタルや心理的な部分で素晴らしいものがあった」とコメントしている。 「とても若いチームだった。メンバーのうち14人がW杯に初めて出場した。それでもクオリティが高かった」 「しかしまだまだ不完全だ。今日は全てが正しかった訳ではない。ただ、ワールドカップを戦う上で大事なメンタルや心理的な部分で素晴らしいものがあった。決勝の前半ではそれが十分ではなかったが、2-1でリードしていた」 「我々は世界チャンピオンとなった。フランスはこれからの4年間で世界のトップに立つ。名を残していくことが必要だ」 2018.07.16 08:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、W杯優勝など数々の快挙達成も見据えるのはさらに先「もっと良くなるために…」

フランス代表FWキリアン・ムバッペはワールドカップ初優勝に喜びを爆発させている。フランス『TF1』がコメントを伝えた。<br><br>フランスはロシア・ワールドカップ決勝でクロアチアと対戦し、4-2で勝利を収めた。先発したムバッペは後半にチームの4点目を挙げ、今大会4ゴール目を記録。試合後には大会最優秀若手選手にも輝き、まさにスーパースターへの大きな一歩を踏み出した。優勝についてはこのように喜びを表現している。<br><br>「とても嬉しいよ。僕の野望は大会前から公にしていたし、それは優勝することだった。道は長かったけど、価値あるものだった。僕らはワールドチャンピオンになった」<br><br>また、20歳以下でワールドカップ優勝を経験したのはブラジルのペレ以来とのこと。ムバッペは名誉なこととしつつも、見据えるのはさらに先だ。<br><br>「良いね。常に言ってきたことだけど、ただ歴史に名を残したいわけじゃない。でも世界王者になることは、さらに先に、もっと良くなるためのパスポートだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.16 05:40 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス対クロアチア、スペイン紙の採点は…ユムティティ&ポグバが満点評価!

15日のロシア・ワールドカップ決勝フランス対クロアチアは4&minus;2でフランスの勝利に終わり、フランスが20年ぶり2回目の優勝を果たした。スペインのスポーツ新聞『マルカ』の採点では、フランスがクロアチアを圧倒している。<br><br>3点満点の『マルカ』の採点で、フランスはデシャン監督含め7人に2点以上が付けられた。一方クロアチアはペルシッチが2点となったが、それ以外は1点の評価となっている。<br><br>この試合で最も点数が高かったのは、堅い守備を見せたユムティティ、ゴールも記録したポグバで、どちらも3点満点となった。以下、『マルカ』による選手採点。<br><br>■フランス<br><br>監督:デシャン(2)<br><br>GK:ロリス(1)<br><br>DF:パヴァール(1)、ヴァラン(2)、ユムティティ(3)、リュカ(2)<br><br>MF:ポグバ(3)、カンテ(1)、マテュイディ(1)<br><br>FWグリーズマン(2)、ジルー(1)、ムバッペ(2)<br><br>サブ:エンゾンジ(1)、トリッソ(1)、フェキル(1)<br><br>&nbsp;<br><br>■クロアチア<br><br>監督:ダリッチ(1)<br><br>GK:スバシッチ(1)<br><br>DF:ヴルサリコ(1)、ロブレン(1)、ヴィダ(1)、ストリニッチ(1)<br><br>MF:ブロゾビッチ(1)、モドリッチ(1)、ラキティッチ(1)<br><br>FW:レビッチ(1)、ペリシッチ(2)、マンジュキッチ(1)<br><br>サブ:クラマリッチ(1)、ピアツァ(1)<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.16 04:30 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス代表デシャン監督は史上3人目の選手&監督でワールドカップ制覇!《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップの決勝でクロアチア代表を4-2で下し、5大会ぶり2度目の優勝を成し遂げたフランス代表。ディディエ・デシャン監督は、史上3人目となる選手・監督の両方でワールドカップ制覇を達成した。 ▽デシャン監督は現役時代の1998年、自国開催となったフランス・ワールドカップにキャプテンとして出場。見事にチームをけん引し、フランスに初優勝をもたらせた。 ▽現役引退後は、モナコやユベントス、マルセイユで指揮を執り、2012年にフランス代表監督に就任。2016年の自国開催のユーロでは決勝まで導くも、ポルトガル代表の前に敗れ準優勝。しかし、ロシア・ワールドカップで見事にフランスを優勝へと導いた。 ▽選手・監督の両方でワールドカップを制したのは、デシャン監督で3人目。1人目は、ブラジル代表として1958年のスウェーデン・ワールドカップ、1962年のチリ・ワールドカップと連覇を達成し、監督としては1970年のメキシコ・ワールドカップを制したマリオ・ザガロ氏、2人目は、西ドイツ代表として1974年の西ドイツ・ワールドカップを制し、監督としては1990年のイタリア・ワールドカップを制したフランツ・ベッケンバウアー氏だった。 ◆マリオ・ザガロ氏(ブラジル) 【選手】 1958年 スウェーデン大会 1962年 チリ大会 【監督】 1970年 メキシコ大会 ◆フランツ・ベッケンバウアー氏(ドイツ) 【選手】 1974年 西ドイツ大会 【監督】 1990年 イタリア大会 2018.07.16 04:26 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース