C・ロナウド、今季限りでレアル・マドリー退団を希望か2017.11.15 15:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が今季限りでのレアル・マドリー退団を希望しているようだ。スペイン『El Chiringuito』の報道を基に『アス』が伝えている。

▽レアル・マドリーとの現行契約が2021年6月までとなっているC・ロナウド。今回の報道によれば、C・ロナウドは今季終了時にレアル・マドリーからの退団を希望しており、契約を今季限りとすることを望んでいる。レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長には現行契約前にC・ロナウドを手放す計画がなかったものの、クラブも同選手の意向は認知しているとのことだ。

▽C・ロナウドは契約更新のオファーを受けた際に、クラブから十分な評価を受けていないことを感じた模様で、今夏にクラブがFWキリアン・ムバッペや他の最高級の選手の獲得に動いたことも自身へのリスペクトに欠ける行為であると不快に感じたようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「サッカー界に衝撃を与えた」鹿島対レアル戦前にFIFA公式が2016年決勝を回顧

19日に行われるFIFAクラブワールドカップ(CWC)準決勝を前に『FIFA.com』は、2016年大会決勝カードのレアル・マドリー対鹿島アントラーズの再戦についての特集を組んだ。<br><br>アジア王者としてCWCに参戦している鹿島。準々決勝では北米カリブ海王者のグアダラハラに3-2と逆転勝利して、欧州王者のレアルが待つベスト4にコマを進めた。この一戦を前に、『FIFA.com』は横浜で行われた2016年大会の決勝戦を振り返った。<br><br>最終的にはクリスティアーノ・ロナウドが延長戦に2ゴールを奪う活躍を見せ、4-2で勝利したレアルが2度目のCWCタイトルを獲得したものの「2年前、両チームは横浜で激突し、ガク・シバサキのゴールで欧州の巨人からリードを奪った日本のチームは、フットボール界に衝撃を与えた」と当時の激戦について綴った。<br><br>また、2018年大会を戦う鹿島についても言及。前回対戦でも出場した選手がカギを握ると予想している。<br><br>「2016年ファイナルの記憶は、鹿島の多くのメンバーにとって依然としてとても新鮮なものだ。2年前の試合に出場した6人の選手が15日に勝利したチーバス戦でプレーした。彼らはアジアの王者としてトーナメントに戻って来て、この6人があの決勝の教訓をチームに植え付けることになるだろう」<br><br>さらに、サポーターの存在も鹿島にとって大きなアドバンテージになり得ると話している。<br><br>「2016年のホストチームであった鹿島は、熱狂的なホームサポーターからの力を受け取り、予想を覆しての大躍進を遂げた。今回も日本の関東地方から熱狂的なファンたちが駆けつけ、2度目の決勝進出を後押しすることになるだろう」<br><br><br />2016年決勝ではアシスタントコーチとしてベンチに座り、一戦を見守った大岩剛監督はリベンジに意気込んでいる。<br><br>「日本での前回の試合、我々は非常に大きなインパクトを残した。レアル・マドリーが相手でも我々は勝利を目指していた。試合には負けて、とてもがっかりしたが、今我々はあの時の失望を払拭するステージに辿り着いた。我々がこの機会を勝ち取ったことにとても満足している。この試合は多くの注目を集めることになるはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.19 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーのパス王はクロースではなく、カゼミロ代役のM・ジョレンテ!

▽レアル・マドリーに所属するスペイン人MFマルコス・ジョレンテのパス成功率が驚異的だ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽今シーズンにアラベスから復帰したM・ジョレンテ。しかし、主戦場のアンカーではMFカゼミロが絶対的な地位を築いている。そのため、11月中旬まではリーガエスパニョーラでのプレーは第5節エスパニョーラ戦での11分間のみと出場機会には恵まれていなかった。 ▽しかし、第12節のセルタ戦でカゼミロが負傷すると、先月末に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節ローマ戦にスタメンで出場し、好パフォーマンスを披露。以降の公式戦全試合でスタメンの座を掴んでいる。 ▽M・ジョレンテは、今シーズン出場した8試合で424本のパスを供給し、401本のパスに成功。パス成功率は94.58%を記録している。試合数が違うとはいえ、これはマドリーの中盤に君臨する世界屈指のパサーMFクロースを上回り、マドリーで1番の成績だ。また、カゼミロは今シーズン17試合に出場し、988本のパスのうち、889本のパスに成功しており、成功率は89.88%となっている。 ▽ヨーロッパ王者のマドリーは12月19日、クラブワールドカップ(CWC)2018準決勝でアジア王者の鹿島アントラーズと対戦。M・ジョレンテがどのようにタクトを振るうのか、注目が集まる。 2018.12.18 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

「今年のレアル・マドリーやリーベルは倒せる」伊紙がCWCの下剋上の可能性を指摘

アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているクラブ・ワールドカップの準決勝(18日および19日)に向けて、イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』が17日、特集を組んだ。<br><br>クラブW杯には、アジア王者として日本から鹿島アントラーズが臨んでおり、19日の準決勝では欧州王者レアル・マドリーと激突する。その前日には、開催国王者アル・アインが南米王者リーベル・プレートに挑戦する。イタリア紙は、「クラブW杯観戦ガイド&hellip;野心を抱くアントラーズとアル・アインがレアル・マドリーとリーベル・プレートの前に立ちはだかる」との見出しで紹介。「スペインおよびアルゼンチンのクラブが決勝の本命だが、どちらも母国のリーグ戦で苦戦しており、開催国のクラブとともに日本の鹿島が大きな夢を見ている」と綴った。<br><br>世界中で拮抗しつつある実力サッカーのグローバル化が進んだ近年、世界各国のリーグやチーム、選手個人の能力が拮抗し始めたとイタリア紙は指摘。このため欧州および南米の王者と、大会に参戦した他クラブとの差は小さくなっていると分析する。さらに今年に限って言えば、チャンピオンズリーグ(CL)覇者のレアル、先週行われたばかりのリベルタドーレス覇者のリーベルは、鹿島やアル・アインにとって「肩を並べ、捕まえることは可能であり、倒せる」はずだと下剋上の可能性を強調し、その理由を挙げている。<br><br>レアルについては、「脱C・ロナウド」により「真のエースストライカーがおらず」、リーガ・エスパニョーラやCLにおいて「真っ暗闇の危機に瀕している」と論じる。CLで3連覇を果たしたチームはもはや、「遠い親戚のように見える」と続けた。一方、リーベルについては、ボカ・ジュニオルスとのリベルタドーレス決勝が度々延期され、ピッチ内外で物議を醸したことに加え、リーグ戦では首位から17ポイントもの大差がついていることを不安視した。「守備陣は良いチームだが、虹色の世界タイトルを獲得するのに相応しいチームではない」と主張。「だからこそダークホースの2チームが手を合わせて喜び、それぞれ戦術を練っていることだろう」と指摘した。<br><br>ホームのアル・アインについては、「外国からやって来た野心的な&ldquo;ミニ・スター&rdquo;」がいるチームだと紹介し、<br><br>ブラジル人MFのカイオや元日本代表DF塩谷司を例に挙げた。一方、鹿島については、「敏捷なセンターフォワードであるセルジーニョや毒を持ったセカンドトップを務める日本人ドイ(土居聖真)を擁する」などと紹介した。<br><br>それでもイタリア紙は、決勝の組み合わせの有力候補がレアル対リーベルだと結論付けてはいるが、0-3でレアルが敗北したエイバル戦を例に挙げ、「集中力を欠いただけで&hellip;」と指摘。「どんな予想も確実なものはない」として、「サプライズの決勝を好むファンのためのショー」になるはずだと期待を寄せている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 13:29 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、イスコ獲りへ! C・ロナウド越えの移籍金も?

▽マンチェスター・シティが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(26)の獲得を目指しているようだ。スペイン『アス』が、イングランド方面の報道を基に伝えた。 ▽マドリーとの契約を2022年まで残し、7億ユーロ(約895億円)という法外な契約解除金が設定されているイスコ。ファンからは特に熱心なサポートを受ける選手の1人であり、これまでは事実上の“非売品”としての扱いを受けていたが、今シーズンは状況が一変している。 ▽フレン・ロペテギ前監督下でレギュラーとしてシーズンを始めたイスコは、指揮官がサンティアゴ・ソラーリ現監督に交代した11月初めから出場機会が激減。公式戦10試合で先発起用は2度のみであり、その内の1つはコパ・デル・レイのメリリャ(スペイン3部)戦、もう1つは消化試合となったチャンピオンズリーグ(CL)グループG最終節CSKAモスクワ戦だ。 ▽イスコの明確な不満が伝えられており、シティはこういった状況がフロレンティーノ・ペレス会長を売却に動かす材料になると考えているとのこと。同選手がマラガからマドリーに移籍した2013年夏にもシティは獲得に動いており、関心は以前からあったようだ。 ▽また、マドリーが1億ユーロ(約128億円)以下での売却を望んでいなかったとしても、シティは呼び水とするために8600万ユーロ(約110億円)のオファーを準備しているという。とはいえ、最終的にはその額を上回る可能性が高く、昨シーズンにユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドの1億1700万ユーロ(現在のレートで約150億円)を抜き、マドリー史上最高額での売却になるとも見込まれている。 ▽さらに、『アス』の指摘によれば、来夏にチェルシーMFエデン・アザールがマドリーに到着するであろうことも囁かれており、役割の被るイスコにとってはそのことも退団に値する理由になるかもしれない。 2018.12.18 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

CWCレアル戦前に西メディアが鹿島を警戒…注目する選手とは?「初戦で印象を残した」

クラブ・ワールドカップは19日に準決勝が行われ、鹿島アントラーズとレアル・マドリーが激突する。この一戦を前に、スペイン紙『マルカ』がアジア王者を警戒している。<br><br>アジア王者としてクラブW杯に臨んでいる鹿島。準々決勝では、北中米カリブ海王者グアダラハラ相手に逆転勝利を収め、準決勝では欧州王者レアルと2年ぶりに再戦することが決まった。<br><br>大一番が近づく中、『マルカ』は鹿島のレポートを掲載。「カシマはレアル・マドリー戦を前に何一つヒントを残さない」と題し、初戦で途中出場から1ゴールを挙げた安部裕葵に注目している。<br><br>「カシマは対戦前に何かヒントを与えたくないということで、練習の公開を15分のみにした。大岩剛監督は、スタメン選びに疑念を抱いている」<br><br>「いくつかの日本のメディアは、10代の安部裕葵にチャンスを与えるとしている。彼はチーバス戦で長期離脱明けのレアンドロと交代で出場すると、印象を残す活躍を見せた。また、シャルケなどで経験豊富な内田篤人にも疑いがあるが、カシマは手の内を見せない」<br><br>そして、2年前の対戦に言及しつつ、警戒心を強めている。<br><br>「なぜなら、彼らには2年前日本での決勝で延長戦の末に敗れたため、強い決意がある。今回はゲストとしてではなく、アジア王者として参戦した。アジアのチームとして(クラブW杯で)決勝に進出した唯一のチームだが、それには満足していない。より多くを望んでいる」<br><br>前回の対戦では、延長戦の末に2-4で敗れた鹿島。今回のリベンジマッチでは、欧州王者相手にサプライズを起こせるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 08:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース