心膜の問題から復帰間近のカルバハル「深刻だった場合は引退しなければならないと考えた」2017.11.15 13:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽心膜のウィルス感染により離脱を強いられていたレアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルは、現在は回復に向かっているものの、一度は引退を覚悟したと明かしている。スペイン『マルカ』が報じた。▽マドリー不動の右サイドバックとして知られるカルバハルは、9月26日のチャンピオンズリーグ第2節ドルトムント戦に出場した後、9月30日に心膜炎により倒れ、心臓の問題により無期限の離脱が報じられていた。

▽しかし、幸いなことに同選手の治療は成功。11月18日に行われる重要なダービーである、リーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦で、約1カ月半ぶりの復帰が見込まれている。

「(病気が)深刻だった場合は、引退しなければならないと考えた」

「最初の3~4週間は何1つとして実際にすることができなかったから、最悪だったよ。どのような方法でも心拍数を上げることができず、(心拍数は)とても低かった」

「身体が活動を欲していたね。特に僕らはアスリートだからさ。できるだけ早期に復帰したいと願っていたけど、最終的に(出場)許可はこのインターナショナルウィークの後になった」

「クリスマス(休暇)前の1カ月半に耐えられるように、僕のプレーリズムを競争力のあるものに戻すためだね。原則的には、僕は医学的にプレーが許されている状態で、再び何か問題が起こることはないと思う」

コメント

関連ニュース

thumb

救世主求む…マドリーはイブラを獲得すべし?!

▽スペイン人ジャーナリストのマノロ・ラマ氏が、レアル・マドリーの来年1月のターゲットとしてロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)を薦めている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽今夏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍したことで深刻な得点力不足に陥っているマドリー。この問題を解決するため、来年1月のストライカー補強が急務とされている。 ▽スペイン『Cope Radio』に出演したラマ氏は、マドリーにイブラヒモビッチを推薦。言わずもがな唯一無二のスコアラーである同選手は、今シーズンも公式戦33試合で23ゴール7アシストを記録している。また、LAギャラクシーとの契約は今年12月で切れるため、来年1月にはフリーでの獲得が可能だ。 ▽既報によれば、イブラヒモビッチには古巣のミランが注視。もしマドリーが動けば争奪戦となるが、C・ロナウドにも劣らぬスーパースターがサンティアゴ・ベルナベウの救世主になることはあるのだろうか。今後の動向に注目が集まる。 2018.10.23 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ロペテギ、ナーバスになる「負ける監督見たいならうちを見るな」

▽レアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督が、かなり神経質になっているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽直近の公式戦5試合1分け4敗で解任の危機に瀕しているロペテギ監督。既に解任は既定路線という報道も噴出している中で、23日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節ヴィクトリア・プルゼニ戦を迎える。 ▽チームとしても指揮官としてもかなり重要な一戦に向け、前日会見に出席したロペテギ監督は以下のようにやや神経質なコメントをした。 「これまでと同じようにこの状況を見ている。私はいつものように日々を進んでいるし、それは私たちの制御下にあるんだ」 「敗れ去る監督を見たいなら、うちを見るな」 「私の視点として、私たちは明日の試合を楽しみにしているし、完全に没頭し操縦するだろう。明日の試合以外のことは何も考えていない」 ▽また、ロペテギ監督は「私は今ここにいる。現時点で確認できることは何もない。私は明日も監督でいるだろう」とも発言。自身も去就が不透明だと認識する中、プルゼニ戦ではどのような試合を見せるのだろうか。 2018.10.23 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

もうマドリーに興味なし…? C・ロナウドがイスコの発言に返答

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、元同僚の発言に反応した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽直近の公式戦5試合1分け4敗と大不調に陥っているレアル・マドリー。特に1-2で敗北した20日のリーガエスパニョーラ第9節レバンテ戦で得点を記録するまでに、連続無得点時間がクラブワーストの480分に到達した。当然ながら、今夏にC・ロナウドがマドリーからユベントスに去ったことによる得点力不足が指摘されている。 ▽23日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節ヴィクトリア・プルゼニ戦の前日会見に出席したマドリーのスペイン代表MFイスコは、「ここに居ることを望まなかった誰かのことで泣いても仕方がない」と発言。C・ロナウド退団の影響を気にしても仕方がないと主張した。 ▽同じく23日に行われるCLグループH第3節マンチェスター・ユナイテッドvsユベントスの前日会見に出席したC・ロナウドは、イスコの発言について問われると以下のように返答した。 「ベリーグッド、ベリーグッド」 「(イスコがC・ロナウドのために)泣くことはできないね」 ▽C・ロナウドの返答は、ごく短く簡素なもので終了。もはやマドリーについてそれほど語ることはないのだろう、と『マルカ』は結んでいる。 2018.10.23 08:55 Tue
twitterfacebook
thumb

あなたの忘れられないクラシコは? 超WSが劇的マッチをピックアップ!

▽リーガエスパニョーラ第10節バルセロナvsレアル・マドリー、今シーズン初めての伝統の一戦“エル・クラシコ”が、10月28日(日)の24時15分にカンプ・ノウでキックオフを迎える。 ▽シーズンの成績に関係なく、両チームのファン・メディア・関係者を熱くする“クラシコ”に備え、本稿では過去のクラシコから両クラブにとって思い出深い一戦をそれぞれピックアップ。当時の状況を整理しつつ、脈々と続く因縁の一端を垣間見ていく。 ◆スペインの盟主はバルセロナ! 衝撃のマニータ 試合日:2010年11月29日 2010-11シーズン リーガエスパニョーラ第13節 会場:カンプ・ノウ バルセロナ 5-0 レアル・マドリー 【バルセロナ】 シャビ(前10) ペドロ(前18) ビジャ(後10) ビジャ(後13) ジェフレン(後46)※下記文中には、87分という表記となっております。 ◆バルセロナ出場メンバー[4-3-3] 監督:グアルディオラ GK:バルデス DF:ダニエウ・アウベス、ピケ、プジョル、アビダル MF:シャビ(後42分/セイドゥ・ケイタ)、ブスケッツ、イニエスタ FW:ペドロ(後42分/ジェフレン)、メッシ、ビジャ(後31分/ボージャン) ◆レアル・マドリー出場メンバー[4-2-3-1] 監督:モウリーニョ GK:カシージャス DF:セルヒオ・ラモス、ペペ、カルバリョ、マルセロ(後15分/アルベロア) MF:クリスティアーノ・ロナウド、ケディラ、エジル(後0分/ラッサナ・ディアラ)、シャビ・アロンソ、ディ・マリア FW:ベンゼマ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://www.wowow.co.jp/sports/liga/bestofclasico_vote/&c=wowow_app_20181019_2" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">ベスト・オブ・クラシコは!?<br />記憶に残る“クラシコ”を投票しよう!</span></br></a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第12節を消化した時点で1位レアル・マドリー(勝ち点32)、2位バルセロナ(勝ち点31)の順位で並び、両者の勝ち点差は「1」。前シーズンにリーガ制覇を成し遂げたバルセロナから王座を奪還すべく、ジョゼ・モウリーニョを新指揮官に招へいしたマドリーが勇んで敵地に乗り込んだ。なお、名将モウリーニョにとっては、初の“エル・クラシコ”となる。 ▽雨の中で始まった試合、バルセロナはパスサッカーで序盤からマドリーを圧倒。イニエスタのスルーパスを受けたシャビが屈辱を与えるチップキックでカシージャスの頭上を抜いて易々と先制すると、完全に主導権を握る。18分にペドロが追加点を決めスコアが2点差に広がる中、マドリーは全く反撃の形を見出せずに前半を終えた。 ▽劣勢で迎えた後半、マドリーはエジルとの交代でより守備的なL・ディアラを投入し、まずはバルセロナの攻撃を鎮静化させにいく。しかし、相手の策を全く意に介さないホームチームはその後も悠々とパスを回し続け、55分にメッシのスルーパスに反応したビジャが3点目を奪取。ビジャは、直後の58分にもメッシのロングスルーパスからこの試合2得点目を記録した。 ▽4点差を付けられた後のマドリーはフラストレーションを溜め、イエローカードを4枚提示されるほどの荒々しいプレーに終始。試合終了間際の91分には、ペドロに代わって投入された若手FWジェフレンが、出場からわずか4分でダメ押しの5点目を記録。加えて、92分には激しくコンタクトしたS・ラモスが一発退場と散々な結末に。バルセロナが「マニータ(1試合5得点を奪うこと)」のスコア以上に内容でも完全勝利を飾った。 ▽このクラシコ完勝でさらに勢いを増したバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)、スーペル・コパのタイトルに加え、リーガエスパニョーラ3連覇を達成。タイトルがコパ・デル・レイのみに留まった白い巨人を置き去り、スペインの盟主として名を轟かせた。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=6A92YCES%26ai=a5bc8416a02665&c=wowow_app_20181019_1" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">気になるマドリー編は!?<br />続きはこちらでチェック!</span></a><hr></div> 2018.10.23 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルダーノ氏「レアルはC・ロナウド退団を冗談として受け止めた。監督代えても点取り屋はいない」

元レアル・マドリーに選手、監督、幹部として在籍し、現在はコメンテンターとして活躍するホルヘ・バルダーノ氏が、同クラブの現状について語った。<br><br>公式戦ここ5試合を1分け4敗で終えるなど不調に陥り、ジュレン・ロペテギ監督解任の可能性が報じらるレアル・マドリー。しかしバルダーノ氏はスペインのラジオ局『オンダ・セロ』の番組内で、問題はロペテギ監督ではなく、FWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めなかったクラブの怠慢にあると説いている。<br><br>「ゴールの記録は、フットボールにおいて最も難しいことだ。レアル・マドリーの最たる問題は、そのゴールの記録にある。ゴールを決めるスペシャリストが存在しておらず、それは違う監督を招へいしても解決することができないものだ」<br><br>「バルセロナはメッシが離脱するだけで震え上がっている。その一方でレアル・マドリーは、クリスティアーノの退団を少し冗談として受け止めていた向きがある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 01:26 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース