アグエロ、ハーフタイム中に倒れる2017.11.15 13:09 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、14日に行われた国際親善試合のナイジェリア代表戦のハーフタイムに倒れたようだ。イギリス『BBC』などが報じている。

▽アグエロは、ナイジェリア代表戦で先発出場。36分にはアルゼンチン代表の歴代得点記録3位となる通算36得点目を記録した。しかし、2-1でアルゼンチンがリードして迎えたハーフタイムに、ドレッシングルームで倒れたようだ。原因は明らかになっていないが、アグエロは病院に搬送された。

▽報道によれば、アグエロは気を失ってはおらず、予防措置のために病院に行ったとのことだ。すぐに代表チームに再合流したようだ。試合は最終的にナイジェリアが4-2でアルゼンチンに勝利した。

▽なお、18日に行われるプレミアリーグ第12節のレスター・シティ戦の出場については状況を見たうえで判断されるとみられる。

コメント

関連ニュース

thumb

イカルディはW杯へ!? ロシアW杯のトレーディングカードでは代表入り

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)まであと2ヶ月。数多くのトレーディングカードを手がけてきたイタリアの『パニーニ』は、ロシア・ワールドカップ(W杯)・バージョンを発表した。『ANSA通信』が伝えた。 ▽ロシアW杯バージョンはスペシャルカード50枚を含む全682枚で構成されているとのこと。カード用のアルバムは80ページとなる。 ▽もちろん、まだW杯出場メンバーは分からないが、イタリアのリーグでプレーする選手からは48選手がカードになっているとのこと。 ▽この中には、インテルFWマウロ・イカルディが含まれている。同選手はアルゼンチン代表に呼ばれるかが微妙なところだが、『パニーニ』は代表チームに含まれるとみているようだ。ユベントスのパウロ・ディバラ、ゴンサロ・イグアインも含まれているとのことだ。 2018.04.20 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロはW杯に間に合わない? アルゼンチン人医師「100%を取り戻す可能性は低い」

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に間に合わない可能性が高いようだ。 ▽アグエロは17日、自身のツイッター(@aguerosergiokun)を更新。「ヒザの関節鏡手術を受けて回復を待っているところだ。すぐにピッチに戻りたいというモチベーションに満ち溢れているよ」とつぶやき、W杯に向けてヒザの手術に踏み切ったことを明かした。 ▽アグエロはW杯での活躍に期待を持っているようだが、アルゼンチンサッカー協会(AFA)で働く医師のホメロ・ダゴスティーノ氏は、同選手が100パーセントの状態でプレーできる可能性はかなり低いと語っている。同氏がアルゼンチン『Radio 10』で語った。 「プレーヤーがW杯を控えた60日ほど前に関節鏡手術を受けたことは懸念すべきことだ」 「回復プロセスは最低でも5週間はかかる。それが古傷である場合、回復にはそれ相応の時間がかかるものだ」 「それが3~4週間。あるいはそれ以上に早く復帰できることはない」 「したがって、彼がW杯までに残された限られた時間の中で100パーセントを取り戻す可能性は低いと思う」 「もちろん、解剖学は解剖学で、ケガは異なるものだ。だから、彼がその可能性に賭けることもできるが、私個人としては100パーセントを取り戻す可能性は低いと考えている」 「重要なことは彼のこれまでの状態だ。医師は彼の問題に関して保守的な方法、非外科的な方法で解決を試みたが、それは失敗に終わった」 「関節鏡手術は通常、古傷を持っている人が行うものだ」 ▽ダゴスティーノ氏の見解が正しければ、アグエロのケガが完治するには最低5週間が必要であり、そこからコンディションを完璧に戻すにはさらに数週間を要する見込みだ。一方、ロシアW杯は6月14日に開幕し、アルゼンチン代表は17日にグループステージ初戦のアイスランド代表戦を迎える。それを考えると、アグエロの招集は同国代表にとって大きなギャンブルとなるかもしれない。 2018.04.19 02:32 Thu
twitterfacebook
thumb

アグエロ、ヒザを手術…ロシアW杯に間に合うか

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが手術を受けた。 ▽プレミアリーグ21ゴールをマークする活躍でリーグ制覇に貢献したアグエロ。だが、3月中旬に負傷したヒザの状況が芳しくなく、先発メンバーから外れており、ピッチに立っても途中出場という状況が続いている。 ▽そのアグエロは、7日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦でイングランド代表MFアシュリー・ヤングのタックルを受けて程度が悪化したため、手術に踏み切ったとみられている。 ▽アグエロは17日、自身のツイッター(@aguerosergiokun)を更新。「ヒザの関節鏡手術を受けて回復を待っているところだ。すぐにピッチに戻りたいというモチベーションに満ち溢れているよ」とつぶやいている。 ▽これを取り上げたイギリス『FourFourTwo』によれば、同術後の一般的な全治は1カ月程度。ロシア・ワールドカップは6月14日に開幕し、アルゼンチン代表は17日にグループステージ初戦のアイスランド代表戦を迎える。 2018.04.18 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

第1回大会から100周年を迎える2030年大会に南米3カ国が共催で立候補へ

▽第1回大会から2030年で100周年を迎えるワールドカップ。その候補地に、南米の3カ国が立候補することを発表した。 ▽今回立候補を表明したのは、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイの3カ国。アルゼンチンサッカー協会(AFA)によると、アルゼンチンの8都市、パラグアイ、ウルグアイから2都市ずつの合計12都市が会場の候補となるようだ。 ▽現在は2022年のカタール・ワールドカップまで開催地が決定。2026年はアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国が共催で立候補している。2030年の開催地の立候補はまだ受け付けられていないが、先に表明した形となった。 ▽1930年に第1回大会が開催されたウルグアイ、1978年に第11回大会が開催されたアルゼンチン、そしてパラグアイにとっては決定すれば初のワールドカップ開催となる。 ▽現行の32カ国出場から、48カ国出場に変更されることもあり、様々な面での課題はまだあるようだ。 2018.04.10 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マラドーナ「サンパオリは私を裏切った」

▽アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が、またしても同国代表のホルヘ・サンパオリ監督を批判した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽昨年6月の初めからアルゼンチン代表指揮官を務めるサンパオリ監督は、これまでにも度々マラドーナ氏からの批判に晒されている。就任当初、初陣となったブラジル代表との国際親善試合で勝利した直後にも、「売国奴について語ることはない」と毛嫌いしていることを隠さない厳しい“口撃”を浴びていた。 ▽マラドーナ氏は、アメリカ『CNN』によるインタビューの中で、現在の態度の契機になったであろうエピソードを語った。 「私たちの誰も彼(サンパオリ監督)のゴールを見たことがないし、聞いたこともない。私たちの足跡や(アルゼンチン)代表でやってきたことに対して、彼は大きな敬意を払うべきなんだ」 「サンパオリは私を裏切った」 「アルゼンチンが(テニスの国別対抗戦である)デビスカップで優勝した頃、彼は敬意を示すために私とセビージャで話がしたいと言ってきた。後でフットボールについて語りたいとね」 「『イエス』と答えたよ。だが、あの男は既に他のグループに手を広げていた。彼は私と話がしたかったわけではなく、代表チームに近づきたかったんだ」 ▽代表監督を目指す中での、政治的な闘争に巻き込まれたとほのめかすマラドーナ氏。サンパオリ監督は熱望していたアルゼンチンの指揮官に就くことができたが、母国の英雄に嫌われてしまうというショッキングな立場に置かれることは想定外だったに違いない。 2018.04.07 18:35 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース