FC東京が最終節のG大阪戦で石川直宏の引退セレモニーを実施2017.11.15 11:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は15日、12月2日(土)に行われる明治安田生命J1リーグ最終節のガンバ大阪戦で、今シーズン限りで現役を引退する石川直宏の引退セレモニーを実施することを発表した。

▽試合は味の素スタジアムで14時キックオフ。チケットはすでに発売されている。

▽なお、来場者先着2万名に石川直宏選手にちなみ特別に制作した「Naoの手!“青”」をプレゼントすることも発表。SOCIO開門(11:45予定)~前半終了まで配布するとのこと。なくなり次第終了する。

▽また、12月3日(日)に行われる明治安田生命J3リーグ第34節のFC東京U-23vsセレッソ大阪U-23にて、先着5,000名に「Naoの手!“赤”」がプレゼントされる。

▽石川は、2000年に横浜F・マリノスの下部組織からトップチームへの昇格を果たした。FC東京には、2002年4月から2003年7月までの期限付き移籍を経て、同年8月に完全移籍を果たした。

▽しかし2014年の腰椎椎間板ヘルニアの負傷をきっかけに徐々に出場機会が減少。2015年8月にはフランクスルトとの親善試合で左ひざ前十字じん帯を断裂する大ケガを負い、復帰を果たすも今シーズンは公式戦での出場はここまでない。

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京痛恨の3連敗…チャナティップ決勝点の札幌が0-2から逆転勝利! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節の北海道コンサドーレ札幌vsFC東京が、19日に札幌ドームで行われ、3-2で札幌が逆転勝利した。 ▽暫定6位の札幌(勝ち点32)が3位のFC東京(勝ち点40)をホームに迎えた上位対決。リーグ2試合連続ドロー中かつ3試合白星のない札幌は、1-1で引き分けた前節のガンバ大阪戦からスタメンを2名変更し、石川、宮澤に代えて、荒野、菅を起用した。 ▽連敗中で1試合少ない2位・川崎フロンターレに勝ち点で並ばれたFC東京は、0-1で敗北した柏レイソル戦からスタメンを3名変更。丹羽、小川、リンスに代えて、森重、太田、ディエゴ・オリヴェイラを起用し、ベストメンバーを揃えた。 ▽試合開始早々の2分、まずはFC東京が1つチャンスを作っていく。ディエゴ・オリヴェイラがロングボールに反応して裏に抜け出し、左サイドからグラウンダーのクロスを供給。すると、ニアに入り込んだ永井がヒールで合わせるが、GKク・ソンユンにセーブされた。 ▽快足の永井をターゲットに積極的に低い位置から裏を狙うFC東京に対し、札幌は最前線に構える都倉にボールを当てつつ応戦。18分には、FC東京ボールのスローインから大森が左サイドに抜け出す。ボックス内左深い位置までドリブルで侵攻した後、後方の東にボールを渡す。しかし、東が放ったシュートは左ポストを掠めつつ外れていく。 ▽やや攻める時間の少ない札幌は、ジェイやチャナティップが低い位置まで降りてチャンスを作り出そうとするが、密度の濃いFC東京DFをなかなか揺さぶることができない。細かくボールを繋いでリズムチェンジを図ると、逆に26分にFC東京のカウンターが発動。最前線のディエゴ・オリヴェイラがボールをキープし、右サイドの東にパスを送る。しかし、東のクロスに反応した永井が狙ったボレーシュートは空振りに終わり、スコアを動かすことができない。 ▽33分、優勢を保つFC東京が勢いそのままに得点を奪い切る。高萩の、やや長めとなった最終ラインの裏への浮き球のパスに、トップスピードの永井が追いつく。そのままボックス左まで侵攻しGKク・ソンユンを引きつけた状態で中央に折り返すと、ディエゴ・オリヴェイラが難なく押し込んだ。 ▽41分、ビハインドを背負った札幌が反撃に出る。ピッチ中央付近でボールを持った福森が、ボックス内に精度の高いフィードを供給。すると、収めた都倉が振り向きざまにシュートを浴びせる。しかし、DF森重にブロックされた。 ▽前半終了間際の46分、FC東京が右CKを獲得。太田が左足でインスウィングのクロスを上げると、ニアに飛び込んだチャン・ヒョンスが頭で合わせ、チームの2点目とした。札幌は反撃の糸口を掴めないまま、試合の折り返しを迎えることに。 ▽流れを変えたい札幌は、ハーフタイム中に選手交代を敢行。荒野に代えて、白井を投入した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽すると48分、札幌がFC東京ゴールを脅かす。中盤で上手くボールを受けたチャナティップが、ボックス内にスルーパスを送る。しかし、ジェイが左足で放ったシュートはGK林のセーブに阻まれ得点とはならない。 ▽やや勢いの出てきた札幌は、53分に決定的なシーンを迎える。相手陣内浅い位置から福森がクロスを上げると、飛び込んだのは都倉。放たれたヘディングシュートはDF森重に当たり、跳ね返りがネットに吸い込まれた。 ▽60分、反撃ムードの漂う札幌がさらにゴールに迫る。またしても福森が相手陣内からクロスを供給すると、ボックス右の都倉が倒れ込みながらも足で合わせたが、シュートは枠を捉えない。また、66分にも福森のクロスからボックス手前右の白井がファーを狙ったが、枠を外れた。 ▽68分、札幌に待望の瞬間が訪れる。相手のラストパスを最終ラインでカットしたDF室屋が、ボールを収めきれず。反応した白井がカットし、右足を一閃。強烈なシュートでスコアを同点とし、自身にとってのJ1初得点を決め切った。 ▽さらに72分、札幌が畳みかける。ジェイとのパス交換からボックス手前中央フリーで前を向き、右足を豪快に振り抜く。これがゴール左上に突き刺さり、あっという間に試合を引っくり返した。 ▽一転して負う立場となったFC東京は、永井、東に代えて、リンス、前田を直後に投入。フォワードの枚数を増やし、攻勢を強めていく。76分、スローインの流れから大森が右サイドからクロスを供給。しかし、ファーのリンスが放った左足のボレーシュートは左ポストに嫌われた。 ▽その後、FC東京はディエゴ・オリヴェイラに素早くボールを預けて打開を図ろうとするが、再びネットを揺らすことは叶わず。2-3のスコアで終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、札幌はリーグ4試合ぶりの白星を飾った。また、ホームでの勝利は5月5日の第13節ガンバ大阪戦以来約3ヵ月半ぶりとなっている。逆転負けのFC東京はまさかの3連敗を喫した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】FWディエゴ・オリヴェイラが休養十分! 札幌での上位対決を制すのは? 《札幌vsFC東京》

▽明治安田生命J1リーグ第23節が19日に開催。暫定6位・北海道コンサドーレ札幌(勝ち点32)が3位・FC東京(勝ち点40)をホームの札幌ドームに迎える一戦に注目だ。 ◆ホームに上位撃破の歓喜を~北海道コンサドーレ札幌~ ▽札幌は、前々節セレッソ大阪戦、前節ガンバ大阪戦を、いずれもビハインドから追いつく形で1-1の引き分けに持ち込んだ。直近3試合2分け1敗と失速気味とはいえ、試合内容を考えればネガティブなチーム状況ではない。とはいえ、ここ4試合ホームでの成績が芳しくなく、最後の白星は中断前の5月5日ガンバ大阪戦まで遡る。 ▽漂い始めている暗雲を振り払い、上位争いに食らいついていくためには、今節は落とせない。勝ち点32で並ぶ7位・鹿島アントラーズが調子を上げてきているだけでなく、勝ち点31の浦和レッズが9位、勝ち点33のヴィッセル神戸が4位と、上位で3ポイントの間に6チームがひしめいている。そして、その6チームの中で順位が上のクラブと今節対戦するのは札幌だけだ。負ければ中位転落もあり得る一戦、ホームの観客に約3ヵ月半ぶりの歓喜をもたらしたい。 ◆休養十分のエースが復帰~FC東京~ ▽FC東京は現在、リーグ開幕直後以来の連敗に突入している。首位サンフレッチェ広島との勝ち点差は「9」に広げられ、同勝ち点で1試合少ない川崎フロンターレには得失点差の関係で順位を入れ替わられている状況だ。いよいよ悲願のリーグ制覇に向けて負けられない今節は、札幌と対戦。FC東京は、札幌との直接対決で直近3試合1分け2敗と、好相性は示せていない。また、過密日程の中でMF橋本拳人が負傷離脱中であるなど、中盤のローテーションが困難になっている部分でコンディション面も懸念される。 ▽とはいえ、0-1で敗北した柏レイソル戦を契約上の問題で欠場したFWディエゴ・オリヴェイラが、今節から休養十分で出場可能だ。FC東京の攻撃の核であり、幾度もチームを救ってきたその得点能力こそ、前節欠けていたものだろう。絶対的エースは、3試合ぶりの白星を呼び込むことができるのか。敵地での大暴れに期待がかかる。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆北海道コンサドーレ札幌[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180818_19_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ク・ソンユン DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗 MF:駒井善成、宮澤裕樹、深井一希、菅大輝 MF:都倉賢、チャナティップ FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ<hr>▽出場停止者はいない。MF三好康児がU-21日本代表としてアジア競技大会に臨んでいるため不在なほか、DF石川直樹がコンディションの問題で欠場とみられている。三好のポジションには、引き続き都倉の起用が濃厚か。 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180818_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:大森晃太郎、高萩洋次郎、米本拓司、東慶悟 FW:富樫敬真、ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太<hr>▽出場停止者はいない。DF岡崎慎がU-21日本代表としてアジア競技大会に臨んでいるため不在。MF橋本拳人が負傷離脱中なほか、MF田邊草民もコンディションの問題で欠場する可能性がある。過密日程であることを考慮し、FW永井に代わりFW富樫が先発起用されると予想した。 【注目選手】 ◆MFチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180818_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽札幌の注目プレーヤーはタイ代表MFチャナティップだ。今シーズン、この小兵が得点した5試合で札幌は無敗。また、直近4試合で2ゴールと結果を出しているだけでなく、相手にとって非常な厄介な仕掛けを繰り返している。FC東京は人数をかけた密度の濃いプレスを得意とするが、チャナティップがドリブル突破を成功させることができれば、得点に繋がる数的優位が生じることだろう。 ◆FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180818_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽FC東京の注目プレーヤーはFWディエゴ・オリヴェイラだ。Jリーグでのキャリアハイは2016シーズンに柏レイソルで記録した30試合12ゴールだが、今シーズンは20試合で既に11ゴールをマーク。2ゴール以上を奪えばJリーグでの自己最多得点を更新することができるが、果たして。 ◆窮地脱し上昇へ ▽FC東京は、直近2戦でもチャンスを作り続けていたが、フィニッシュ、ラストパスの精度を欠き連敗。今節はリーグ中断前のように効率的に勝ち星を手にすることができるかどうかが、ポイントとなる。逆に、札幌は直近2試合連続ドローも確かな粘り強さを見せており、どちらかと言えば「勝ち点2を失った」というより「勝ち点1を奪った」という印象の方が強い。まずは、試合の主導権を渡さず、相手の先制を許さないこと。そして、「勝ち切る」メンタルを示すことが次の段階へのステップアップに繋がるだろう。試合は、19日の13時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">札幌vsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.18 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、DF室屋成が入籍

▽FC東京は17日、DF室屋成(23)が6日に一般女性と入籍したことを発表した。 ▽室屋は、2016年、明治大学からFC東京に入団。プロ3年目の今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ19試合1得点を記録している。 ▽伴侶を手にした室屋はクラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「このたび、入籍しましたのでご報告させていただきます。より一層責任感を持ち、妻を支えるとともに選手としても成長し続けられるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.08.17 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英、横浜FMへ期限付き移籍「新たなチャレンジが必要だと考え決断」

▽横浜F・マリノスは16日、FC東京に所属するU-19日本代表MF久保建英(17)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年12月31日まで。なお、FC東京との全ての公式戦に出場することができない。 ▽幼少期にバルセロナのアカデミーに入団した久保は、国際サッカー連盟(FIFA)から受けた18歳未満外国人選手保有禁止処分で公式戦出場ができなくなり、2015年3月に帰国を余儀なくされ、FC東京の下部組織に入団。2016年にU-23チームとして明治安田生命J3リーグに出場してJリーグデビューを飾ると、翌年にはプロ初ゴールを記録した。 ▽今シーズンは序盤こそカップ戦をメインにトップチームでも出場していたものの、その後は再びU-23チームでプレー。ここまで明治安田生命J1リーグ4試合、YBCルヴァンカップ6試合1得点、明治安田生命J3リーグ10試合3得点という成績を残していた。 ▽横浜FMへの期限付き移籍が決定した久保は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「今回、横浜・Fマリノスでプレーできるチャンスを頂き感謝しています。間で受けてからのドリブルやシュート、状況判断が自分の得意なプレーだと思っています。チームの目標達成の為、全力で頑張りたいと思いますので、ご声援をお願いします」 ◆FC東京 「このたび、横浜F・マリノスに期限付き移籍をすることになりました。優勝争いをするチームに少しでも貢献するため、日々の練習に取り組んで来ました。ただ、自分がもっと成長するためには、新たなチャレンジが必要だと考え、今回の決断をしました。このような機会を与えていただいたクラブには感謝しています。しっかりと成長できるように、これからも頑張っていきたいと思います。引き続き応援をよろしくお願いします」 2018.08.16 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

瀬川祐輔技ありオーバーヘッド! 柏に敗北のFC東京は3位転落…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節FC東京vs柏レイソルが、15日に味の素スタジアムで行われ、1-0で柏が勝利した。 ▽2位につけるFC東京(勝ち点40)は、1-2で敗北したガンバ大阪戦からスタメンを4名変更。森重、太田、富樫、ディエゴ・オリヴェイラに代えて、丹羽、小川、永井、リンスを起用した。 ▽14位に沈む柏(勝ち点23)は0-2で敗北した前節のベガルタ仙台戦からスタメンを2名変更。パク・ジョンス、クリスティアーノに代えて、鎌田、キム・ボギョンを起用した。 ▽試合が始まると、両クラブともにテンションの高い入りを見せる。試合開始早々の1分、GK林のロングフィードに永井が追いつき、シュートを放つ。しかし、GK桐畑にセーブされ電光石火の先制弾とはならない。 ▽対する柏には、17分にビッグチャンス。伊東がディフェンスラインの裏に駆け出すと、中盤からやや長めのロングボールが供給される。それでも伊東は驚異的なスピードで追い付き、ボックス内でGK林をかわす。しかし、カバーに入った丹羽にスライディングでクリアされ、得点を奪い切ることはできなかった。 ▽その後も一進一退の攻防が続く試合は、中盤でのぶつかり合いが増していくが、お互いに積極的にゴールに迫っていく。37分にFC東京FWリンスがボックス手前中央から狙えば、直後の38分に柏MF瀬川がヘディングシュートを放つなど、五分五分の戦況で試合は推移していく。 ▽しかし、前半中に得点は生まれず。ゴールレスで均衡を保ったまま、折り返しを迎えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半も開始早々の46分にFC東京が柏ゴールに迫る。リンスとのコンビネーションから永井が俊足を生かして左サイドに抜け出す。そのままクロスを上げると、中央には再びリンス。しかし、ジャンピングボレーで合わせたシュートは枠を左に外れていく。 ▽室屋の右サイドからの上がりを中心に徐々に攻勢を強めていくFC東京は、クロスからゴールを奪おうとするが、柏の粘り強い守備に苦戦。試合は膠着した状態が続く。 ▽69分、打開したいFC東京が積極性をみせる。ショートカウンターから、ボックス手前でボールを持ったリンスが、右足を振り抜く。しかし、強烈なミドルシュートは枠を超えていく。 ▽77分、押されつつあった柏が盛り返す。右サイドでボールを持った伊東が、切れのあるフェイントをかけつつ縦に突破。クロスが上がると、ファーに位置していた瀬川が戻りながらオーバーヘッドで合わせ、先制点とした。 ▽柏にスーパーゴールが生まれた直後、FC東京はリンス、大森に代えて富樫、太田を投入。攻撃に変化を付け、まずは同点を目指していく。 ▽しかし結局、FC東京は最後までクロスの精度を欠きネットを揺らすことができず。試合は1-0で柏がリードを守ったまま、終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、FC東京は今シーズン2度目の連敗を喫し3位転落。対する柏は、敵地で勝ち点3をもぎ取ることに成功した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:15 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース