FC東京が最終節のG大阪戦で石川直宏の引退セレモニーを実施2017.11.15 11:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は15日、12月2日(土)に行われる明治安田生命J1リーグ最終節のガンバ大阪戦で、今シーズン限りで現役を引退する石川直宏の引退セレモニーを実施することを発表した。▽試合は味の素スタジアムで14時キックオフ。チケットはすでに発売されている。

▽なお、来場者先着2万名に石川直宏選手にちなみ特別に制作した「Naoの手!“青”」をプレゼントすることも発表。SOCIO開門(11:45予定)~前半終了まで配布するとのこと。なくなり次第終了する。

▽また、12月3日(日)に行われる明治安田生命J3リーグ第34節のFC東京U-23vsセレッソ大阪U-23にて、先着5,000名に「Naoの手!“赤”」がプレゼントされる。

▽石川は、2000年に横浜F・マリノスの下部組織からトップチームへの昇格を果たした。FC東京には、2002年4月から2003年7月までの期限付き移籍を経て、同年8月に完全移籍を果たした。

▽しかし2014年の腰椎椎間板ヘルニアの負傷をきっかけに徐々に出場機会が減少。2015年8月にはフランクスルトとの親善試合で左ひざ前十字じん帯を断裂する大ケガを負い、復帰を果たすも今シーズンは公式戦での出場はここまでない。

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京、MF平岡翼&MFリッピ・ヴェローゾの契約満了を発表

▽FC東京は21日、MF平岡翼(22)とMFリッピ・ヴェローゾ(21)の契約満了を発表した。 ▽平岡は2014年に作陽高校からFC東京に入団。今シーズンはここまでYBCルヴァンカップに2試合に出場し、U-23チームでは明治安田生命J3リーグで28試合7ゴールを記録していた。 ▽リッピ・ヴェローゾは2017年7月にパルメイラスからFC東京に加入。今シーズンはここまでYBCルヴァンカップに4試合出場し、U-23チームでは明治安田生命J3リーグで24試合4得点を記録した。 ▽今シーズン限りでFC東京を退団することが決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆平岡翼 「5年間ありがとうございました。大きな怪我がありましたが、ファン・サポーターのみなさんやチームメイト、クラブ関係者に支えられたおかげで今の自分があると思っています。こういう形でチームを離れることは残念ではありますが、また違うところで元気にサッカーをする姿を見せられるように、どこにいっても自分の特徴を活かしてプレーし続けたいと思います」 「まずは、J1の2試合とACL出場権獲得、J3は少しでも上の順位で終われるよう、最後まで全力で戦いますのでご声援をよろしくお願いします」 ◆リッピ・ヴェローゾ 「残念ながら今シーズンでチームを離れることになりました。今まで応援してくださったファン・サポーターのみなさん、チームの方々には感謝しています。短い期間でしたが楽しい時間を過ごすことができ、このチームにいられたことを誇りに思っています。今後のことはまだ決まっていませんが、これからも東京を応援したいと思っています。本当にありがとうございました」 2018.11.21 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京のジョアン・ミレッGKコーチが交通事故も両者にケガなし

▽FC東京は14日、ジョアン・ミレッGKコーチが交通事故を起こしたことを発表した。 ▽クラブの発表によると14日の17時頃、ジョアン・ミレッGKコーチの運転する普通乗用車が美園町三丁目交差点のT字路を田無方面に左折しようと進入したところ、信号が赤になったため停止。停止線を越えていたため後退した際に、十分な確認を怠ったため、後方で停止していた車両(中型オートバイ)に接触したようだ。なお、両者にケガはなく、事故発生後、速やかに警察等、関係各所に連絡して対応した。 ▽ジョアン・ミレッGKコーチは、今回の件について以下のように謝罪している。 「このたびは、私の不注意による事故で相手の方をはじめ、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしたことを大変申し訳なく思っております。今後このようなことがないように注意して運転いたします。クラブから安全運転について何度も指導があったにもかかわらず、このような事故を起こしてしまい、申し訳ありませんでした」 2018.11.15 09:05 Thu
twitterfacebook
thumb

北京五輪代表の10番・梶山陽平が現役引退「FC東京での唯一の心残りはJ1優勝できなかったこと」

▽FC東京とアルビレックス新潟は14日、MF梶山陽平(33)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽ジュニア時代からFC東京下部組織系列クラブに在籍していた梶山は、2004年にトップチーム昇格。卓越した攻撃センスとキープ力を武器に司令塔として活躍し、2008年にはU-23日本代表の10番を背負い、北京オリンピックに出場した。FC東京では2004年、2009年のヤマザキナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)優勝、2011年には天皇杯優勝も経験した。その後、2013年にパナシナイコスで半年間プレーした後、大分トリニータへ期限付き移籍。2014年にFC東京復帰を果たし、今シーズンは7月から新潟に期限付き移籍をしていた。 ▽キャリア通算では、J1で267試合16ゴール、J2で37試合6ゴールを記録。J3には13試合出場していた。 ▽なお、11月24日に開催される明治安田生命J1リーグ第33節のFC東京vs川崎フロンターレの試合終了後、梶山の引退セレモニーが実施される。 ▽16年間の現役生活にピリオドを打つ決断を下した梶山は、所属元のFC東京と新潟の公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC東京 「このたび、今シーズン限りでの現役引退を決めました。11歳の時にサッカースクールに入会し人生の三分の二である22年間をFC東京でサッカーをすることが出来て、とても幸せでした」 「良い時も悪い時も、ファン・サポーターのみなさんと共に歩むことができ、いつも変わらず応援していただきました。本当にありがとうございました」 「唯一、FC東京での心残りはJ1リーグで優勝出来なかったことです。ただ近い将来、ファン・サポーターのみなさんと共に必ず優勝できると確信しています。これからもFC東京を応援していただき、共に戦ってください。本当にたくさんのご声援ありがとうございました」 ◆アルビレックス新潟 「このたび、今シーズン限りでの現役引退を決めました。今年の夏にアルビレックス新潟に加入し、多くのファン・サポーターの方に声をかけていただき、監督以下選手・スタッフも温かく迎えてくれました。少しでもチームの力になりたかったのですが、怪我をして何もできず、残念であり大変申し訳なく思っています」 「ただ、ここで出会った仲間やファン・サポーターは私の宝物です。来シーズンは必ずJ1に昇格できると信じています。 これからもずっと応援しています。本当にありがとうございました」 2018.11.14 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京、長谷川健太監督との来季契約更新を発表!

▽FC東京は10日、長谷川健太監督(53)との契約を更新し、来シーズンも引き続き同監督がトップチームの指揮を執ることを発表した。 ▽長谷川監督は、今シーズンからFC東京を指揮。明治安田生命J1リーグ第32節終了時点では、14勝8分け10敗で勝ち点50を積み上げ5位に位置している。昨シーズンを13位で終えたチームを立て直し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を争っている最中の発表となった。 ▽長谷川監督は、清水エスパルスを経て、2013年から昨シーズンまでガンバ大阪を指揮。2014年には、国内三冠(J1リーグ、天皇杯、Jリーグカップ)を含む4つの主要タイトルを勝ち取った。 2018.11.10 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京猛攻も磐田の牙城崩せずゴールレスドロー…ACL圏浮上ならず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節のFC東京vsジュビロ磐田が、10日に味の素スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽暫定5位FC東京(勝ち点49)は1-0で勝利した前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを2名変更。丹羽、小川に代えて、森重、太田を起用した。 ▽連勝中の12位磐田(勝ち点40)は3-2で勝利した前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを2名変更。小川、川又に代えて、櫻内、大久保を起用した。 ▽試合は、立ち上がりから磐田が攻勢をかける。3分にはボックス手前左から大久保が、7分には松浦がボックス手前中央からシュートを放つがどちらも枠を捉えず。FC東京が凌ぐ時間が続く。 ▽14分、FC東京が反撃に出る。左サイドでボールを持った太田が中央にカットインしてボックス手前左からゴールに向かうクロスを供給。しかし、一瞬で最終ラインの裏に抜けたディエゴ・オリヴェイラが放ったヘディングシュートは枠を越えネットを揺らすことはできない。 ▽続く19分、室屋がボックス右に抜け出し、さらに内側の高萩にボールを渡す。高萩が素早くクロスを上げるとディエゴ・オリヴェイラのヘディングシュートがまたしても磐田ゴールを襲うが、これも得点を奪うには至らない。 ▽36分、FC東京が千載一遇のチャンスを手にする。ボックス内右に抜け出した室屋がDF宮崎のスライディングで倒されてPKを獲得。しかし、キッカーのディエゴ・オリヴェイラが放ったシュートは枠の左に外れ、先制点は奪えなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりは中盤での攻防が続きお互いになかなか決定機に迫ることができない。55分にはFC東京がショートカウンターを繰り出し、ディエゴ・オリヴェイラがボックス内でシュートを放ったがまたも枠を捉えることはできない。 ▽さらに66分にもFC東京に決定機。磐田陣内中央右でFKを得ると、キッカーの東が最終ラインの裏にクロスを供給する。するとDF森重がヘディングシュートを放ったが、これも枠の外へ。 ▽フィニッシュの部分を改善したいFC東京は、74分に高萩に代えてリンスを投入。ストライカーの枚数を増やし、勝ち点3を目指していく。 ▽すると、77分に左サイドでのFKから太田がクロスを上げ、磐田DFにブロックされたボールにリンスが反応。しかし、ボックス中央から放ったシュートはGKカミンスキーに阻まれ、ここでも決め切れない。 ▽勝利を目指すFC東京は84分に二枚替えを敢行。ディエゴ・オリヴェイラ、米本に代えて永井、矢島を起用し、攻勢をさらに強める。 ▽しかし、最後までFC東京が得点を奪い切ることができずに試合が終了。この結果、FC東京(勝ち点50)の順位は5位と変わらず。3位鹿島アントラーズ(勝ち点52)を抜くことは叶わなかった。対する磐田は連勝がストップしている。 2018.11.10 16:26 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース