他クラブからオファーの浦和MF柏木陽介が契約更新! 「浦和への愛情がまさった」2017.11.15 11:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽浦和レッズは15日、日本代表MF柏木陽介(29)との契約を更新したことを発表した。

▽2010年にサンフレッチェ広島から浦和に加入した柏木は、移籍直後からスタメンに定着。2015年には約3年半ぶりの日本代表復帰を果たして、クラブでは同年にJ1リーグ・1stステージ優勝、2016年にJ1リーグ・2ndステージ優勝とYBCルヴァンカップ優勝を経験した。今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグで25試合5得点を記録。また、AFCチャンピオンズリーグでは9試合1得点5アシストをマークして、10年ぶりの決勝進出に貢献している。

▽契約を更新した柏木は、他クラブからオファーがあったことを明かしつつも「浦和レッズへの愛情がまさった」と今回の決断理由について説明している。

「今回、クラブと話をして、2018シーズン以降も浦和レッズの選手としてプレーさせていただくことになりました。一部報道にあったとおり、他クラブからオファーをいただけたことは、一選手として大変光栄でしたし、ありがたいお話でしたが、やはり自分の中で浦和レッズへの愛情がまさったというのが今回の決断にいたった理由の一つです」

「ファン・サポーターのみなさんがつくってくれる埼スタの雰囲気が好きですし、みなさんを喜ばすことができるよう、タイトルを獲るために全力をつくします。そして浦和の太陽として輝いていけるように努力し、みなさんと一緒に浦和レッズをもっと大きくしていけたらと思っていますので、今後も、ぜひ、応援のほど、よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

浦和の槙野智章&李忠成が退団決定的のラファエル・シルバに別れ「チームに残してくれた事は本当に素晴らしい事ばかり」「いつまでもラファの成功を思う」

▽浦和レッズに所属するDF槙野智章とFW李忠成が、退団が決定的となっているFWラファエル・シルバに惜別のメッセージを送っている。 ▽ラファエル・シルバは、2014年8月にアルビレックス新潟へと加入。2017年から浦和に移籍すると、明治安田生命J1リーグで25試合に出場し12得点、YBCルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で1試合に出場。AFCチャンピオンズリーグでは11試合に出場し9得点を記録し、チームの10年ぶりのアジア制覇に貢献していた。 ▽新シーズンでも活躍が期待されたラファエル・シルバだが、浦和レッズは17日に中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からのオファーを受け、同選手がメディカルチェックのためチームを離脱することを発表。「先方クラブからのオファーが、設定されている移籍補償金を支払う条件となっていることや選手がオファーを受け入れる意思を強く示していることなど」からオファーを受け入れる意向を示している。 ▽正式発表はまだ行われていないが、退団が決定的とみられるラファエル・シルバにインスタグラムで槙野(makino.5_official)と李(tadanarilee_official)がメッセージを送っている。 ◆槙野智章 「ラファがこのチームに残してくれた事は本当に素晴らしい事ばかりだ。ラファと一緒にプレイ出来て、最高に幸せだったよ! どこに行っても幸運を祈る! また、逢える日を楽しみにしてる!」 ◆李忠成 「仲間の旅立ち ONE PIECE ルフィみたいな純粋でヤンチャなラファ いつまでもラファの成功を思う」 2018.01.19 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和、ラファエル・シルバの中国行きを説明「満額支払いされ、本人が行きたいということであればいたしかたない」

▽浦和レッズは18日、FWラファエル・シルバのチーム離脱を受けて、山道守彦強化本部長がメディアからの取材に応じた。その回答を公式サイトで伝えている。 ▽ラファエル・シルバに関しては、17日に浦和が中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受け、メディカルチェックのためチームを離脱することを発表していた。これを受けて山道強化本部長は、以下のように話している。 ――今回の経緯については? 「新潟から彼を完全移籍で加入してもらったときに、移籍補償金の設定がされていて我々がその額を支払った中で、それが基準になって我々のときにも移籍補償金というものを設定している選手でした。それは当然億単位の大きさですけど、ACLであれだけ活躍していた選手だったので、中国であればこちらの移籍補償金も出せるという中で、こういうことがあるとは考えていました。ただ、その中での外国籍選手の陣容を敷いていたつもりです。もちろん、このタイミングというのは急でしたし、驚きもありました」 ――いつ来たのでしょうか 「月曜日の15日に一報を受けました。その後、移籍補償金のレターを受けた中で、満額の支払いということだったので、本人が行きたいということであればいたしかたない、というものでした。我々よりも全然よい条件だったようですし、彼自身がやはり家族、親戚一同を養っていかなくてはいけない、という言葉もあったので、そういう運びになったということです」 ――現状の補強についてはどう考えているか? 「やれることはやります。当然、移籍補償金があるわけですから、それに対して最大限の努力はしますし、選手、チームにも勝つために最大限の努力はすると伝えています。もちろん成就できるかはわかりませんが、ベストを尽くすし、努力をし続けます」 ――ご苦労されていると思うが? 「サッカーの世界やプロの世界、大リーグでもそうですけど、突然ロッカーからいなくなるということもある世界です。もちろん、タイミング的にどうかという部分で苦しいところはありますけど、では原口がいなくなったとき、関根がいなくなったときに結果がまったく出なかったかというとそんなことはないですし、みんながんばってくれたと思います。ですから抽象的な話になりますが、それぞれががんばるということだと思います」 ――日本人、外国籍問わず? 「そうですね。外国籍選手かもしれないし、アジア枠の選手なのかもしれないし、提携国枠の選手なのかもしれないし、日本人で海外にいる選手なのかもしれないし、チームに乗り切れていない選手というのもあるでしょうし、いろいろな選択肢を考えてやっていきます。やはり2月24日が開幕になるので、そこからの逆算で合流は早いほうがいいですし、かといって、このレベルに満たない選手を数あわせでとっても意味がないです。急いては事をし損じることになるので、慌てずにやらなければいけないと思っています」 2018.01.18 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL制覇の立役者、浦和FWラファエル・シルバが中国2部移籍のためチームを離脱

▽浦和レッズは17日、ブラジル人FWラファエル・シルバ(25)が中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受け、メディカルチェックのためチームを離脱することを発表した。 ▽浦和は、現在沖縄県にて一次トレーニングキャンプを実施。ラファエル・シルバも参加していたが、チームを離れ、中国へ渡り、移籍のためにメディカルチェックを受けるとのことだ。 ▽ラファエル・シルバの移籍について浦和は、クラブ公式サイトを通じて声明を発表。「先方クラブからのオファーが、設定されている移籍補償金を支払う条件となっていることや選手がオファーを受け入れる意思を強く示していることなどから、チーム、クラブはこれを受け入れることといたしました。正式に移籍が決まり次第、あらためて、みなさまにお知らせいたします」としている。 ▽ラファエル・シルバは、2014年8月にアルビレックス新潟へと加入。2017年から浦和に移籍すると、明治安田生命J1リーグで25試合に出場し12得点、YBCルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で1試合に出場。AFCチャンピオンズリーグでは11試合に出場し9得点を記録し、チームの10年ぶりのアジア制覇に貢献していた。 ▽武漢卓爾は、2016年からユベントスやイタリア代表としても活躍したチーロ・フェラーラ監督が指揮を執っており、2017年はエバートンや中国代表で活躍した李鉄監督が指揮を執っていた。昨シーズンの中国2部では、5位に終わっていた。かつては、浦和や湘南ベルマーレでプレーしたMFアジエルや大宮アルディージャに所属していた元韓国代表MFチョ・ウォニらも在籍していた。 2018.01.17 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

4シーズンぶり浦和復帰のMF山田直輝、ユース時代の恩師の下で活躍誓う「少しくらい感謝されるようになりたい」

▽浦和レッズは11日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽MF山田直輝が会見終了後、メディア陣による囲み取材に応対。3年間の湘南での経験や浦和復帰へ抱いていた思いを明かした。また、ユース時代の恩師である堀孝史監督の下での活躍を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF山田直輝</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──帰ってきたという感じか、それとも新しい気持ちか</span> 「両方ですね。来る時に埼スタを観て、またあそこでプレーしたいという気持ちよりも早くあそこでプレーしてみたいという気持ちだったので、そこは新しい気持ちでした」 「ただ、北浦和に帰ってきた時は懐かしいなと思ったので、両方の気持ちが自分の中であると思います」 <span style="font-weight:700;">──ベテラン選手たちとのレギュラー争いについて</span> 「日本で誰もが憧れるようなチームなので、良い選手がいてライバル関係があるというのは百も承知でここに来ています。誰であろうとポジションを奪いに行くつもりですし、このチームで試合に出ることができれば、日本代表にも近づけると思うので、負ける気は最初からありません」 「それだけでなくチームを勝たせたいという気持ちがあるので、埼スタでそれを表現して皆さんに見せることができたら良いなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ユース時代の堀孝史監督がトップチームを指揮しているが</span> 「堀さんには指導してもらっている間のことについては感謝しかありません。少しくらい感謝されるようになりたいです。僕もタイトルが欲しいですけど、堀さんと一緒に獲って、ありがとうと言い合えるような結果を残せたら少しは恩返しができるのかなと。それとまた堀さんの下で成長できたら良いなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──ポジションについては</span> 「こだわりはないですね。出場できるところで自分の最大限を出すことしか考えていないです。柔軟に与えられたポジションでやれたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──湘南での3年間で培ってきたものと一度復帰を諦めかけたというリリースでのコメントについて</span> 「3年間で一番学んだことはチームを勝たせるために責任を持ってプレーすることや貪欲さです。やっとプロのサッカー選手というか、勝つためのサッカーができるようになりました。そこを浦和で表現することができれば、湘南のサポーターや人たちに成長していると思ってもらえると思います」 「僕が浦和でチャレンジする時はパフォーマンスがフルな状態になった時でないと絶対に帰ってきてもノーチャンスだと思っていました。1年半くらい湘南で過ごした時に自分のパフォーマンスが思うように出せず、これでは浦和に戻れることはないなと諦めかけたことがあったので、リリースの時に言葉にしました」 「そこからまた成長させてもらって、これだったら入れるなと思えるくらいに持っていてもらえました。その感謝の気持ちと浦和でもう1度チャレンジしたいということをリリースで言わせてもらいました」 <span style="font-weight:700;">──プレー面でどういったところが向上したか</span> 「90分通してチームのために走れるようになりました。勝つためのプレーが選択できるようになったというか、そこが大きく変わったところだと思います」 <span style="font-weight:700;">──「諦めかけた」問うことはずっと浦和に戻りたいけどタイミングがなかったということか</span> 「もちろん出て行った時は1年で帰ってくるのが当たり前だと思っていました。2年目で途中まで思うようにプレーできなくて、2年目が終わった後にパフォーマンスが出せるようになって、もう1年このチームでプレーすれば自分のフルの状態になれるのではないかと思い、3年目を過ごさせてもらいました」 「今回浦和に復帰することになりましたけど、その時になれば湘南にいたらもっともっと良くなるかもしれないという気持ちもありました。悩みましたけど、浦和に帰りたいという気持ちはずっとありました」 <span style="font-weight:700;">──どのようにアピールしたり、吸収したりしたいか</span> 「最初なのでチームに合わせるというよりかは自分の良さを前面に出して、ライバルの選手たちがヤバイなと思うぐらいのアピールをしたいです。アジアでチャンピオンになっているチームでポジションを獲るのは難しいと思うので、自分の良さを出していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──また熱いサポーターの前でプレーできることに関して</span> 「去年のACL決勝を観て、日本一ではなく世界一だなと思える衝撃を受けました。ああいう雰囲気の中で試合をするためには決勝や最終戦で優勝争いをしなくてはいけないです。そういう雰囲気を味わえるようにやっていきたいです」 2018.01.11 21:14 Thu
twitterfacebook
thumb

DF岩波拓也、熾烈なレギュラー争いを歓迎「そういう争いがしたくてレッズを選んだ」

▽浦和レッズは11日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。 ▽DF岩波拓也が会見終了後、メディア陣による囲み取材に応対。2年越しで移籍を決断した理由について説明した。また、その裏にヴィッセル神戸のDF高橋峻希からのアドバイスもあったことを明かしている。 <span style="font-weight:700;">◆DF岩波拓也</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──守備陣の世代間競争への期待も込められての獲得だと思うが</span> 「センターバックの選手を見ても良い選手ばかりですし、争いはとても激しいと思います。ただ、そういう争いがしたくてレッズを選んだので、試合に出れて当たり前のチームではないですし、1試合1試合が勝負になってくるので挑戦したいという気持ちは強いです。そういうところで安定して試合に出られるようになれば、次のステージも見えてくると思うので頑張りたいです」 <span style="font-weight:700;">──2年越しでの移籍となったが、今シーズンに加入を決めた理由は</span> 「ネルシーニョは僕が好きな監督で、昨年ネルシーニョがもう1年やると聞いた時に、僕ももう1年神戸でやりたいと思いました。ネルシーニョの下で自分が成長できるというのは目に見えていましたし、成長させてもらえました」 「昨年の段階でレッズという選択肢もありましたけど、神戸に残ってもう1年やることを決めました」 <span style="font-weight:700;">──ネルシーニョの下で1番伸びた部分とレッズで伸ばしていきたいところは</span> 「ネルシーニョが来るまでボールを奪いに行く守備ができていませんでした。監督からはそれを毎日毎日要求されて、1番厳しく指導して頂きました」 「レッズではそれをさらに磨きをかけたいなと思います。組織での守備もここでは意識していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──リオ世代のDF遠藤航もいるが、移籍前には話をしたか</span> 「自分がレッズに移籍することを決めてから連絡を撮り始めました。家のことを相談したりしました。この前久しぶりに会って少し話をしました」 <span style="font-weight:700;">──ヴィッセル神戸には浦和でのプレー経験があるDF高橋峻希がいたが</span> 「(高橋)峻希くんには1年、2年くらい前からレッズに行けと後押しされていました。それが実現できて、峻希くんも僕の移籍を少し喜んでくれていました」 <span style="font-weight:700;">──どのように後押しされたか</span> 「もう1つ上のステージに挑戦しろと常に言われていました。峻希くんもレッズのレベルの高さを体感した上で僕にアドバイスをしてくれていたと思いますし、僕もレッズというクラブは神戸よりも少し上だなと感じていました。そういうアドバイスも参考にさせて頂きました」 <span style="font-weight:700;">──サポーターは熱狂的だが</span> 「外から観た印象は本当に最高のサポーターだと思います。ACLを観てもアウェイに関わらずたくさんのサポーターが来ていましたし、神戸の時に対戦した時もアウェイ席が埋まるのがレッズ戦だったので、そういうサポーターが味方につくというのは心強いです。それと同時にレッズは負けも許されないチームなので、サポーターも含めてクラブとして勝たなくてはいけないですし、タイトルを獲らなくては行けないので、責任を持ってプレーしたいです」 <span style="font-weight:700;">──最近、同世代の選手が日本代表に選ばれているが</span> 「同世代の選手が代表に入っていることに関しては、そこまで意識していないです。ただ、毎回日本代表に選ばれたいなとは思っています。ロシア・ワールドカップも可能性がある限り頑張りたいなと思います。そういう意味でもまずはレッズで試合に出ることがそういうところに繋がってくると思っています」 2018.01.11 21:13 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース