岡山が長澤徹監督の来季続投を発表2017.11.15 10:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ファジアーノ岡山は15日、長澤徹監督(49)の来シーズン続投を発表した。

▽2015年に岡山のコーチから監督に就任した長澤監督は、昨シーズンの明治安田生命J2リーグでチームを6位に導き、クラブ史上最高成績を残した。今シーズンは最終節を残して13勝15分け13敗と14位に沈み、昨シーズン以上の成績を残すことができなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

“アレックス・サンターナ”で知られる元湘南のGKアレックス・ムラーリャが新潟に加入へ

▽かつてアレックス・サンターナの名で湘南ベルマーレに所属していたブラジル代表GKアレックス・ムラーリャ(28)だが、かねてから噂に挙がっていた通りJリーグに復帰するようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 ▽現在はフラメンゴに所属するアレックス・ムラーリャは、湘南を退団後、ブラジル国内でプレー。2016年9月には初めてブラジル代表にも選出されるなど、大きく評価を上げていた。 ▽今冬、アレックス・ムラーリャがJリーグのクラブに移籍すると現地で報道されており、行き先はベガルタ仙台と言われていた。しかし、今回行き先として名前が挙がっているのはアルビレックス新潟。先日はヴァスコ・ダ・ガマからFWターレスが加入しており、それに続く移籍となるようだ。 ▽『グローボ』によると、すでにアレックス・ムラーリャは一部のチームメイトに別れを告げているとのこと。公式発表も間もなくされるとしている。昨シーズンのブラジル・セリエAでは7試合の出場に終わっていたが、再びJリーグでプレーする姿が見られそうだ。 2018.01.24 01:04 Wed
twitterfacebook
thumb

「…守る。…削る」 “ポーランドを知る男”松井大輔、ハリル・ジャパンにアドバイス

▽今年から横浜FCでプレーする元日本代表MF松井大輔(36)が23日、加入記者会見場にて、今夏にロシア・ワールドカップを控える日本代表の後輩たちにアドバイスを送った。 ▽6大会連続6度目のワールドカップ出場となる日本代表は、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指して、グループステージでコロンビア代表、セネガル代表、ポーランド代表と対戦する。 ▽そのグループステージ最終戦の相手は、ポーランド。ワールドクラスの点取り屋として名を馳せるバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキら実力者を擁する強敵だ。 ▽昨シーズンまでそのポーランド2部に属するオドラ・オポーレに身を置き、かつて同1部のレヒア・グダニスクでもプレーした松井。「ポーランド戦必勝の鍵」について問われると次のように応えた。 「…守る(笑) …削る(笑) まあ、レヴァンドフスキとサイドの選手がすごく良いので、あそこをうまく抑えることが大切になってくる。あとは先制点が一番大事。でも、3戦目ということもあって、前の2戦次第で引き分けで良いのか、勝たないといけないのか、戦い方も変わってくる」 2018.01.23 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

J1で222試合笛を吹いた扇谷健司氏、ブラジルW杯の開幕戦でアシスタントレフェリーを務めた名木利幸氏らが引退

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、2017シーズン限りで引退する1級審判員を発表した。男子は5名、女子は4名となる。 ▽Jリーグの試合も担当する1級審判員の5名は、J1で222試合レフェリーを務めた扇谷健司氏(47)やアシスタントレフェリーとして2014年のブラジル・ワールドカップの開幕戦ブラジル代表vsクロアチア代表で西村雄一主審とともにアシスタントレフェリーを担当し、J1で326試合のアシスタントレフェリーを務めた名木利幸氏(46)、J1で220試合アシスタントレフェリーを務めた宮島一代氏(50)、J1で98試合アシスタントレフェリーを務めた前之園晴廣氏(50)、J2でレフェリーを12試合、アシスタントレフェリーを12試合務めた藤田稔人氏(40)となる。 ▽女子は、2008年から0216年まで女子国際主審を務めた今泉奈美氏(39)ら4名が引退する。 ■男子 藤田稔人(フジタトシヒト) 1977年12月24日生、北海道サッカー協会 1級登録:2005年11月 J2レフェリー:12試合、J2アシスタントレフェリー:12試合 宮島一代(ミヤジマカズシロ) 1967年12月17日生、茨城県サッカー協会 1級登録:1998年 J1アシスタントレフェリー:220試合 J2アシスタントレフェリー:52試合 *2005年~2012年:国際副審 前之園晴廣(マエノソノハルヒロ) 1967年6月4日生、埼玉県サッカー協会 1級登録:2001年 J1アシスタントレフェリー:98試合 J2アシスタントレフェリー:119試合 扇谷健司(オオギヤケンジ) 1971年1月3日生、神奈川県サッカー協会 1級登録:1999年 プロフェッショナルレフェリー:2007年~ J1レフェリー:222試合、J1アシスタントレフェリー:23試合 J2レフェリー:101試合、J2アシスタントレフェリー:14試合 *2007年~2010年:国際主審 名木利幸(ナギトシユキ) 1971年11月29日生、高知県サッカー協会 1級登録:1996年 プロフェッショナルレフェリー:2009年~ J1アシスタントレフェリー:326試合 J2アシスタントレフェリー:120試合 *2003年~2017年:国際副審 ■女子 今泉奈美(イマイズミナミ) 1978年11月6日生、福島県サッカー協会 女子1級登録:2004年 *2008年~2016年:女子国際主審 間渕三香子(マブチミカコ) 1993年6月15日生、神奈川県サッカー協会 女子1級登録:2015年 樽本好美(タルモトヨシミ) 1981年2月26日生、兵庫県サッカー協会 女子1級登録:2002年 河添三代子(カワゾエミヨコ) 1980年2月8日生、岡山県サッカー協会 女子1級登録:2008年 2018.01.23 20:04 Tue
twitterfacebook
thumb

J復帰決断の松井大輔が赤裸々 後押ししたカズの言葉、そしてカズという存在

▽元日本代表MF松井大輔(36)が23日、新天地となる横浜FCのクラブハウスにて、加入記者会見に出席した。 ▽ポーランド2部のオドラ・オポーレからの加入となる松井はジュビロ磐田所属の昨年8月以来、約5カ月ぶりのJリーグ復帰。半年間での欧州再挑戦からJリーグ復帰に心を動かした存在として、51歳にして未だ現役を続ける横浜FCの元日本代表FW三浦知良の名前を挙げ、加入を決めた当時の心境やオファーのタイミング、チーム内での役割について話した。 <span style="font-weight:700;">──現在のコンディションについて</span> 「(これまでも)動いていたし、徐々に(コンディションを)上げていければ。2月の後半に合わせていきたい」 <span style="font-weight:700;">──オファーを受けたタイミングについて</span> 「1月の頭ぐらい。(オファーを受けるかどうか)悩んだ。向こうでやりたかったというのがあったし、色々な問題もあった」 <span style="font-weight:700;">──横浜FC加入を後押ししたものとは</span> 「やっぱりカズさん。話もさせてもらったし、相談もさせてもらった。それで決めた。『最後は自分で決めることだから』と」 <span style="font-weight:700;">──(京都パープルサンガ時代の)18年前に三浦選手からもらった金言はあるか</span> 「ずっと背中で語ってくれる方。それを見ているだけでお手本になる。そういうところを見習っていきたい」 「あの年齢でも現役をやっていらっしゃる選手はなかなかいない。あそこまでストイックにやっていくのは難しいことだと思う」 <span style="font-weight:700;">──横浜FCでのプレーヤーとしての役割について</span> 「まだわからない。監督と話しながら、どういうところで起用されるのかを模索していきたい」 <span style="font-weight:700;">──チームのスタイルにおける印象について</span> 「イバがいて、サイドも速かったり、センタリングも良い印象。何回が見たけど、良いサッカーをしていると思う」 「あとは、(奥寺康彦)会長も言っていた“もうちょっと”の部分がメンタル的なところなのかわからないので、入ってから考えてみたい」 2018.01.23 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

松井大輔、横浜FC加入会見 決め手は「カズさん」

▽元日本代表MF松井大輔(36)が23日、移籍先の横浜FC加入記者会見に出席した。 ▽ル・マン(フランス)で“ル・マンの太陽”としていち時代を築き、日本代表としてもワールドカップ出場を経験した松井。2004年アテネ・オリンピックに臨む日本代表で10番を背負った生粋のファンタジスタは、2017年途中にジュビロ磐田からポーランドにわたり、このたび約5カ月の海外再挑戦を経てJリーグ復帰を果たした。 ▽晴れ晴れした表情で会見に出席した松井は、横浜FC入団理由として、51歳にして現役の“キングカズ”こと元日本代表FW三浦知良の名前を口に。その三浦とは、京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)以来18年ぶりに同僚としての再会となる。 ▽明日24日からチームに本格合流となる松井。移籍理由や背番号35番にこめられた思い、そして横浜FCでの目標について、次のようにコメントしている。 ◆<span style="font-weight:700;">MF松井大輔</span>(横浜FC)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/yokohamafc_matsui2018_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「横浜FCへの入団が決まった松井大輔です。お願いします」 <span style="font-weight:700;">──横浜FC加入の理由について</span> 「やっぱりカズさん(三浦知良)と一緒にサッカーができたらなという思いがあって決めさせてもらった」 「そんなにプロ生活が長くない中で、カズさんとプレーできる機会は何度もないと思った」 <span style="font-weight:700;">──横浜FCの印象について</span> 「去年の試合を何試合か見させてもらった。すごく将来性のあるチームだなと。何人かの選手が今年残留をしてくれたので、今年から来年にかけてすごく楽しみなチームになっていくと思っている」 <span style="font-weight:700;">──自身のコンディションについて</span> 「まだまだ。一応、走っていたり、自分なりのいつもどおりのオフシーズンを過ごしている。まだチームに合流していないので、何とも言えない」 <span style="font-weight:700;">──横浜FCに加入した思いについて</span> 「このチームでJ1に昇格することしか考えていない」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/yokohamafc_matsui2018_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──18年ぶりに三浦知良選手と同僚になることについて</span> 「ずっと背中を見て育ってきたので、また一緒にサッカーできることは光栄なこと」 <span style="font-weight:700;">──三浦選手とは既に連絡を取っているのか</span> 「去年のグアムキャンプから何回かお話しをさせてもらったし、ポーランドに行くときもそうだった。連絡はちょくちょく取っていた」 <span style="font-weight:700;">──三浦選手から学んできたことについて</span> 「カズさんから『プロというものは何か』をすべて教えてもらった。オンとオフのところもそう。これからまたご一緒させていただくということで、また初心にかえって、気持ちの部分だったりを見習っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──三浦選手と共にJ1昇格を目指す思いについて</span> 「もう一回、J1で戦いという思いがある。そのためにも、今から頑張っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──過去2度にわたり、経験したJ1昇格の厳しさについて</span> 「J2、あるいは海外の2部で1部に上がる経験を何回かさせてもらっているので、そういうところで力になりたい。会長が言ったとおり、色んなサポート、自分としての役割もある。うまく若い選手に伝えていきたい」 <span style="font-weight:700;">──チームとしてJ1昇格に欠かせないものとは</span> 「ゲームをコントロールする力や、調子が悪くても勝ち切れる力があるチームは昇格できる。あとは流れ。その勢いに乗れるかどうかが大事になってくる。そのためにも、雰囲気作りから大切にしていきたい」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンの目標について</span> 「J1昇格しか考えていない。自分が求められていることをしっかりやりつつ、色んなことに挑戦していきたい」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/yokohamafc_matsui2018_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──ポーランド挑戦で得たもの。そして、横浜FCでの挑戦で目指すこととは</span> 「ポーランドはすごく難しかった。本当はヨーロッパで引退したかったけど、なかなかそんなにうまくいくものでもない。でも、行ったことに意味があると思っている」 「ポーランドで人脈を築けたし、ヨーロッパで流行る戦術を向こうの試合を通じて学べたことは自分の財産。またこっち帰ったからには、このチームでJ1に上がることしか考えていないし、そこに集中していきたい」 <span style="font-weight:700;">──若い選手にどのように経験を伝えていくつもりか</span> 「J2は独特なリーグ。そういうリーグを戦い抜くためにも、練習から自分の厳しい部分を見てもらえたら良い」 <span style="font-weight:700;">──三浦選手と明日の練習で再会する。最初にしたい会話とは</span> 「カズさんとはまだ会えていない。温泉や銭湯に行く話ができれば良いなと思っている(笑)」 <span style="font-weight:700;">──ポーランドを知る自身からワールドカップで戦う日本代表にアドバイスを送るとしたらどのような言葉をかけるか</span> 「僕としては、日本に勝ってほしいなと。ポーランドの友達から『勝ったチームが強い』と言われるのは嫌なので、是非とも『日本が強い』というところを見せてもらいたい。僕は応援しかできないけど、何が何でも勝ってほしい」 <span style="font-weight:700;">──背番号35番の理由について</span> 「すごくしょうもない理由だけど、『3+5=8』ということで、35番にした。自分のラッキーナンバーは『8』。これまで22番をつけることが多かったんだけど、それも空いてなくて、8番も空いてなかった。そういうことで、35番にした。正直なところ、年齢は36歳だけど、1つでも若く見られたいという気持ちもある(笑)」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/yokohamafc_matsui2018_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──先ほど『ポーランドは難しかった』とおっしゃっていたが、具体的な理由について</span> 「一度、日本に帰って3年間プレーして、またヨーロッパに行ったけど、向こうの環境に慣れるのに時間がかかったり、チームがずっと勝っていたことでメンバーを固定されて出場機会の確保が難しかった」 「まだ挑戦を続けようと思っていたけど、日本でもまた違う目標があるんじゃないかなと。カズさんと一緒にプレーできる機会もなかなかないことだし、そういう考えをもっていた」 <span style="font-weight:700;">──チームは今年で20周年。どのようなプレーを披露したいか</span> 「昨年のチームを見ていて、すごく良いチームだと思った。ここに加われば、J1に上がれるチャンスがあるんじゃないかとも考えた。監督とフランス語で直に話しながらチームのために貢献していきたい」 2018.01.23 16:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース