超ワールドサッカー

岡山が長澤徹監督の来季続投を発表2017.11.15 10:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ファジアーノ岡山は15日、長澤徹監督(49)の来シーズン続投を発表した。▽2015年に岡山のコーチから監督に就任した長澤監督は、昨シーズンの明治安田生命J2リーグでチームを6位に導き、クラブ史上最高成績を残した。今シーズンは最終節を残して13勝15分け13敗と14位に沈み、昨シーズン以上の成績を残すことができなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

J3降格危機の熊本が渋谷洋樹体制を継続

▽ロアッソ熊本は18日、渋谷洋樹監督(51)の来シーズン続投を発表した。 ▽渋谷監督は今シーズンから熊本を率いたが、明治安田生命J2リーグ9勝7分け26敗のJ3自動降格圏21位で終戦。だが、J3を戦うJ2ライセンス不所持のアスルクラロ沼津にJ2自動昇格圏2位フィニッシュの可能性があるため、現時点で熊本の降格は決まっていない。 ▽その中、続投が決定した渋谷監督はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今シーズン1年間、どんな時でも、共に戦っていただいた全ての皆様に、心より感謝申し上げます。選手・スタッフが全力を尽くして戦ってまいりましたが、皆さまのご期待に応えることができず、不甲斐ない結果となってしまったことを大変申し訳なく思っております」 「このたび、来季も監督を続投させていただくことになりました。J2リーグ21位という結果にもかかわらず、クラブから続投の要請をいただいたことに感謝しております。いろんな思いがありましたが、昨日のホーム最終戦のように、皆様と共に勝利の喜びをもっとたくさん分かち合いたい、またロアッソ熊本を成長させること、未来に繋げることを使命と感じ、来季もチャレンジさせていただくことを決意しました」 「今年の悔しさを晴らすために、来季は勝負にこだわる戦いを前面に出し、覚悟をもって戦いに臨みます」 「熊本のために、地域のために、また復興のシンボルとなれるよう、クラブ理念「県民に元気を」「子どもたちに夢を」「熊本に活力を」を胸に刻み、来季も精進してまいります」 「クラブに関わる全ての皆様とともに、一つになって闘ってまいりますので、ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、引き続きご支援、そして熱いご声援をよろしくお願いいたします」 2018.11.18 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

京都、ボスコ・ジュロヴスキー監督が退任…残留導くもクラブ最低位

▽京都サンガF.C.は18日、セルビア人指導者であるボスコ・ジュロヴスキー監督(56)の退任を発表した。 ▽今シーズンからコーチとして京都入りしたボスコ・ジュロヴスキー監督は今年5月、布部陽功前監督の退任を受けて監督に昇格。J3降格危機に瀕したチームを残留に導いたが、クラブ史上最低の明治安田生命J2リーグ19位に終わった。 ▽京都を去るボスコ・ジュロヴスキー監督はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「フロント、選手、ファン・サポーター、サンガに関わる全ての人たちに感謝しています。J2に残留し、最後の試合も勝って終わることができたことは、私にとって、サンガでのたくさんある思い出のひとつです。サンガがJ1に戻れることを心から願っています。Good luck in the future.」 ▽なお、京都は同日、強化部長を務める小島卓氏(45)の退任も併せて発表している。 2018.11.18 14:25 Sun
twitterfacebook
thumb

山口、霜田正浩監督が続投 クラブ最高位の好成績

▽レノファ山口FCは18日、霜田正浩監督(51)の続投を発表した。 ▽霜田監督は今シーズンから山口を率い、明治安田生命J2リーグ16勝13分け13敗の8位でシーズンフィニッシュ。10得点を挙げるMF小野瀬康介がシーズン途中にガンバ大阪に移籍したことにより、戦力低下に苛まれたが、クラブ史上過去最高位の成績を収めた。 ▽2シーズン目の指揮となる霜田監督はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「レノファ山口を愛する皆様。来シーズンもレノファ山口の指揮を取るチャンスをいただきました」 「今年一年間、良い時も悪い時も皆さんから変わらぬ応援を頂いたこととても感謝しています。本当に応援ありがとうございました。J1昇格が出来ず、チーム成績は本当に悔しいシーズンになりました」 「本当にJ1に行きたかった。ただその中でも選手たちは大きな成長を見せてくれました。選手たちが前向きに練習に取り組み、僕のやりたいサッカーを理解してくれ、戦う姿勢をピッチで表現してくれました。本当にこの選手たちと一年間戦えたことを幸せに思います」 「来年もチームとしての結果を追求しながら、選手たちの成長を促し、レノファを魅力あるチームにして行くことに全力を尽くします」 「J2だから、J2なのに、ではなく常に世界のフットボールを意識しながら、選手たちが成長できる、皆さんを感動させられるレノファらしいフットボールを確立していきたいと思います」 「ホームでもアウェイでも、皆さんの応援が力になりました。皆さんとまた戦いたい、本当にレノファを強くしたいという気持ちで一杯です。来年も一緒に戦ってください。よろしくお願いします!」 2018.11.18 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢、DFアランが全治8カ月のケガ

▽ツエーゲン金沢は18日、DFアランの負傷情報を発表した。 ▽アランは11日に行われた練習試合で受傷。左ヒザ前十字じん帯断裂及び内側、外側半月板断裂により、全治8カ月の見込みだ。 ▽今シーズンから金沢でプレーしたアランは、明治安田生命J2リーグで出場なし。金沢は14勝13分け15敗の13位で今シーズンを終えた。 2018.11.18 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

24ゴールでJ2得点王に輝いた大宮FW大前元紀「みんなの頑張りがあってこそ」

▽明治安田生命J2リーグの得点王に輝いた大宮アルディージャのFW大前元紀が、ファン・サポーター、チームメイトに感謝を告げている。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽2017年に清水エスパルスから大宮アルディージャに加入した大前は、今シーズン自身2度目となるハットトリックを第28節の愛媛FC戦で達成したほか、5試合連続ゴールを決めるなど得点を量産。24ゴールを記録してチームのJ1参入プレーオフ進出に大きく貢献した。 ▽J2得点王に輝いた大前は、自身を支えてくれた人たちへ感謝の言葉を述べ、11月25日に東京ヴェルディとの1回戦を迎えるJ1参入プレーオフに意気込んだ。 「まずはプレーオフに進むことができて良かったです。リーグ戦の42試合、いいときも悪いときも応援してくださったこと、また僕に期待してくださったことに感謝しています。自分は前のポジションの選手なので、チームのみんなの頑張りがあってこそです。結果的に自分がゴールを決めているだけだと思いますし、チームメート全員に感謝したいです。J2優勝という目標に届かなかったことに力不足を感じていますが、来週から始まるJ1参入プレーオフでも得点を取って、チームの勝利に貢献したいと思います!」 2018.11.17 21:35 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース