ハットトリックで2大会ぶりW杯出場に導いたデンマークのエリクセン「キャリアと人生において重要な出来事」2017.11.15 10:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場に喜びの声を上げた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽11日に行われたアイルランド代表とのロシアW杯欧州予選プレーオフ1stレグをゴールレスドローで終えたデンマーク代表。迎えた14日の2ndレグ、デンマークはアイルランドに試合開始序盤に先制点を許す。しかし、29分にアンドレアス・クリステンセンが試合を振り出しに戻すと、その後エリクセンがハットトリック。試合終了間際にも追加点を挙げたデンマークが5-1で勝利して、2大会ぶり5度目のW杯出場を決めた。

▽試合後のインタビューに応対したエリクセンは、この1戦に対してとても緊張していたことを告白。そんな中で達成したハットトリックについて「キャリアと人生において重要な出来事」とコメントした。

「自分でも一日中緊張していたのがわかっていたし、この試合を楽しみにしていたんだ。緊張を抑えて試合に集中し、1stレグの時よりもボールを保持しようとした。それにより、ボールを保持することもできたし、1stレグよりも良いプレーができたんだ。チャンスも作ることができたし、幸運にも5ゴールを奪うことができた」

「信じられないほど素晴らしい気持ちだよ。僕らはW杯に出場するために長い間戦ってきた。とても厳しいプレーオフの2試合を戦い、今夜それを達成することができた。W杯が楽しみだよ」

「僕がハットトリックを達成することなんてあまりないよ。だから、アウェイでのプレーオフでW杯出場を決定づける3ゴールを奪えて本当に素晴らしいね。僕のキャリアと人生において重要な出来事になったよ」

「2得点目は他のゴールよりもテクニックが優れていたね。僕はメンタル面でも成長したと思う。(W杯予選で)ゴール数の方がアシスト数よりも上回っているしね」

コメント

関連ニュース

thumb

1954年大会以降最少記録! ゴールレスドローはたったの「1」試合《ロシアW杯》

▽熱狂の内に幕を閉じたロシア・ワールドカップ。グループステージから熱戦が続いていたが、大会が盛り上がった理由の1つに意外なデータがあった。 ▽今大会の全64試合のうち、引き分けは13試合。決勝トーナメントでPK戦にもつれ込んだ試合が4試合、グループステージでは9試合だった。 ▽そんな中、ゴールが1つも生まれずに終わったゴールレスドローはわずかに「1」試合のみ。26日に行われたグループC第3節のデンマーク代表vsフランス代表だけだった。 ▽その他の引き分けは全てゴールが生まれており、観戦者が大会を楽しめた要因の1つと言えるだろう。なお、ゴールレスドローが1試合で終わったのは、1954年大会以降で最少記録となっている。 ◆ロシア・ワールドカップ 引き分け試合 ▽6月15日 《グループB 第1節》 ポルトガル代表 3-3 スペイン代表 ▽6月16日 《グループD 第1節》 アルゼンチン代表 1-1 アイスランド代表 ▽6月17日 《グループE 第1節》 ブラジル代表 1-1 スイス代表 ▽6月21日 《グループC 第2節》 デンマーク代表 1-1 オーストラリア代表 ▽6月24日 《グループG 第2節》 日本代表 2-2 セネガル代表 ▽6月25日 《グループB 第3節》 スペイン代表 2-2 モロッコ代表 イラン代表 1-1 ポルトガル代表 ▽6月26日 《グループC 第3節》 デンマーク代表 0-0 フランス代表 ▽6月27日 《グループE 第3節》 スイス代表 2-2 コスタリカ代表 ▽7月1日 《ラウンド16》 スペイン代表 1-1(3 PK 4) ロシア代表 クロアチア代表 1-1(3 PK 2) デンマーク代表 ▽7月3日 《ラウンド16》 コロンビア代表 1-1(3 PK 4) イングランド代表 ▽7月7日 《準々決勝》 ロシア代表 2-2(3 PK 4) クロアチア代表 2018.07.16 04:20 Mon
twitterfacebook
thumb

モドリッチ「朝からずっとシュマイケル攻略法を勉強してた」

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチがベスト8進出に安堵した。 ▽クロアチア代表は1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でデンマーク代表と対戦した。1-1で延長戦にもつれた中、延長後半9分にクロアチア代表がPKのチャンス。だが、モドリッチのシュートはGKカスパー・シュマイケルにセーブされ、PK戦に突入した。 ▽嫌なムードがクロアチア代表に漂ったが、GKダニエル・スバシッチが3本のPKストップを成功させるなど奮闘。3人目のキッカーを担ったモドリッチも守護神の踏ん張りに応えるかのように、ど真ん中にシュートを決め切り、シュマイケルにリベンジを果たした。 ▽この結果、20年ぶりのベスト8進出を決めたクロアチア代表。スペイン『マルカ』によれば、モドリッチは試合後、次のようにコメントしたという。 「今日はすごく暑かったし、走り続けるのも難しかった。それと、僕のPK失敗も痛かったよ。PK時のシュマイケルにどんな癖があるのかを朝からビデオでチェックして勉強してたのに」 「みんなで(準々決勝進出という結果を)喜んでいるよ。でも、ここにとどまりたくないし、今後もこの調子を続けたい。次も難しい相手だ。スペイン戦の結果がそれを物語っている」 2018.07.02 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:クロアチア 1-1(PK3-2) デンマーク《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、クロアチア代表vsデンマーク代表が1日に行われ、1-1で120分を終了した。そして、PK戦を3-2で制したクロアチアが準々決勝へ進出している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽クロアチア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180702_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 スバシッチ 6.5 PK戦で3本シュートをストップする離れ業を見せた DF 2 ヴルサリコ 5.5 同点弾に絡む。対面のブラースヴァイトにやや苦戦 6 ロブレン 6.0 集中した守備を続けた 21 ヴィダ 6.0 最後まで集中を切らさなかった 3 ストリニッチ 5.5 攻守に無難な出来 (→ピバリッチ 5.5) 攻守にそつなし MF 18 レビッチ 6.0 同点弾の場面ではうまくスルーパスを通し、PKも獲得 10 モドリッチ 5.5 相手の急所を突くようなパスをなかなか出せず。そして延長戦のPKを失敗もPK戦で挽回 11 ブロゾビッチ 5.5 やや単調なパスワークに終始 (→コバチッチ 5.5) 肩を負傷も推進力あるプレーを見せた 7 ラキティッチ 5.5 ミドルシュートでゴールを狙った 4 ペリシッチ 5.0 レビッチに比べると打開力を出せず (→クラマリッチ 5.0) やや空回り気味のプレー FW 17 マンジュキッチ 6.0 同点弾を叩き込んだが、前線で起点になりきれず (→バデリ -) 監督 ダリッチ 5.5 堅守デンマーク相手に低調だったが、PK戦で何とか8強入り ▽デンマーク採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180702_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュマイケル 6.5 この試合でも安定感あるゴールキーピング。延長戦のモドリッチのPKを止め、PK戦でも2本ストップ DF 14 ダルスゴーア 5.5 クリアミスが失点につながるも、対面のペリシッチを封じた 4 ケアー 6.0 ディフェンスリーダーとして安定感ある守備を続けた 13 マティアス・ヨルゲンセン 6.0 PK献上も先制点を決め、要所を締めた守備も効いていた 5 クヌドセン 6.0 ロングスローが大きな武器に MF 6 A・クリステンセン 5.5 ボランチを無難にこなしていたが、前半で交代 (→シェーネ 5.5) 守備に重点。ラキティッチに対応した 10 エリクセン 5.5 ボールに絡む回数は少なかったが、決定的なシーンを何度か生み出す 8 デラネイ 6.0 対面のモドリッチを封じた (→クローン=デリ 5.5) PK戦で成功 FW 20 Y・ポウルセン 5.5 フィジカルを生かした強引な突破で一定のアクセントに 21 コーネリウス 5.0 さほどボールに関われず (→N・ヨルゲンセン 5.0) PK戦で5番手のキッカーを務め失敗 11 ブラースヴァイト 6.0 可能性のあるシュートを浴びせていた (→シスト 5.5) 投入直後は仕掛けのプレーが見られた 監督 ハレイデ 6.0 堅守を築いてクロアチアを大いに苦しめた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! スバシッチ(クロアチア) ▽デンマーク守護神シュマイケルも素晴らしかったが、PK戦で3本ストップしてチームを勝利に導いたスバシッチを選出。 クロアチア 1-1 デンマーク 【クロアチア】 マンジュキッチ(前4) 【デンマーク】 マティアス・ヨルゲンセン(前1) デンマーク (PK:2-3) クロアチア 1.エリクセン × × バデリ 2.ケアー 〇 〇 クラマリッチ 3.クローン=デリ 〇 〇 モドリッチ 4.シェーネ × × ピバリッチ 5.N・ヨルゲンセン × 〇 ラキティッチ 2018.07.02 05:58 Mon
twitterfacebook
thumb

両GK躍動のPK戦を制したのはクロアチア! シュマイケル奮闘もデンマーク敗退《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、クロアチア代表vsデンマーク代表が1日に行われ、1-1で120分を終了した。そして、PK戦を3-2で制したクロアチアが準々決勝へ進出している。 ▽アルゼンチン、ナイジェリア、アイスランドが同居したグループDで、アルゼンチンに3-0と快勝するなど3連勝で首位通過したクロアチアは、2-1と勝利した直近のアイスランド戦のスタメンから9選手を変更。モドリッチとペリシッチのみ引き続きスタメンとなり、アルゼンチン戦の先発が起用された。 ▽一方、フランス、ペルー、オーストラリアが同居したグループCを1勝2分けの2位で通過したデンマークは、0-0で引き分けた直近のフランス戦のスタメンから2選手を変更。シストとストリガー・ラーセンに代えてY・ポウルセンとクヌドセンを起用した。 ▽試合は開始1分に動きを見せる。右サイドからのロングスローの流れでボックス左のマティアス・ヨルゲンセンにボールが渡ると、左足ですかさずプッシュ。これがGKスバシッチの手を弾いて右ポストに当たり、ゴールに吸い込まれた。 ▽それでも4分、クロアチアがすかさず試合を振り出しに戻す。レビッチとヴルサリコで右サイドを攻略した流れから、ボックス左のマンジュキッチがルーズボールをボレーで蹴り込んだ。 ▽派手な立ち上がりとなった中、戦前の予想通り、クロアチアが押し込み、デンマークが守備を固める展開で試合は推移していく。そんな中27分、デンマークに決定機。エリクセンのスルーパスに抜け出したブラースヴァイトがボックス右からシュート。しかし、GKスバシッチの飛び出しに阻まれた。 ▽対するクロアチアも29分、すかさずラキティッチのミドルシュートで応戦。ハーフタイムにかけてはややこう着状態となった中、デンマークは42分にチャンス。エリクセンの意表を突いたループシュートが枠の左角を直撃した。 ▽一方のクロアチアも44分、ストリニッチのグラウンダークロスをラキティッチがダイレクトで狙い、GKシュマイケルを強襲。互いに譲らず前半は1-1で終了した。 ▽後半からボランチを務めていたクリステンセンに代えてシェーネを投入したデンマークに対し、慎重な入りとなったクロアチアが様子を窺いながらボールを保持していく。 ▽膠着状態となる中、デンマークは66分にセンターFWを入れ替え、コーネリウスに代えてN・ヨルゲンセンを投入。対するクロアチアはアンカーのブロゾビッチに代えてコバチッチを投入した。 ▽すると72分、デンマークにチャンス。Y・ポウルセンが右サイドを突破した流れからN・ヨルゲンセンがボックス内からシュート。しかし、GKスバシッチの守備範囲に飛んだ。 ▽なかなかデンマークの堅守を攻略できないクロアチアは、78分にレビッチがミドルシュートでGKシュマイケルを強襲。終盤にかけてもクロアチアが攻めあぐねる中、追加タイムにラキティッチがミドルシュートを狙うもわずかに枠を外れ、1-1のまま90分を終了した。 ▽迎えた延長戦、デンマークが攻勢に出る中、クロアチアはペリシッチを諦めてクラマリッチを投入。対するデンマークは延長後半からブラースヴァイトに代えてシストを投入。そのシストがうまく試合に入ると、同3分にコントロールシュートでゴールに迫った。 ▽それでも同9分、ここまでタイトなマークに苦しんでいたモドリッチが魅せる。絶妙なスルーパスを前線に供給すると、レビッチが独走。ディフェンスライン裏へ抜け出し、ボックス内へ。GKシュマイケルを交わしてシュートに持ち込みかけたところでM・ヨルゲンセンに後方から倒され、PKを獲得した。しかし、キッカーのモドリッチが枠の右を狙ったシュートはGKシュマイケルに完璧に読まれてセーブされ、勝ち越すことはできない。 ▽デンマーク守護神の活躍でPK戦にもつれ込んだ一戦。共に1番手のキッカーを務めたエリクセンとバデリがそれぞれGKスバシッチとGKシュマイケルのセーブに阻まれる波乱の幕明けとなると、デンマークは4番手のキッカー、シェーネがGKスバシッチに止められる。しかし、続くクロアチアのキッカー、ピバリッチもGKシュマイケルに止められ、2-2で5番手のキッカーへ。そして、N・ヨルゲンセンがGKスバシッチに止められて迎えたクロアチアのラストキッカー、ラキティッチがゴール左に決めて勝負あり。クロアチアが3-2でPK戦を制し、準々決勝進出を決めた。なお、勝利したクロアチアは準々決勝で開催国ロシアと対戦する。 2018.07.02 05:57 Mon
twitterfacebook
thumb

【ロシアW杯企画/●●の●●に注目!】7月1日/司令塔エリクセンの駆け引きに注目!

▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で開幕した。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が試合当日に登場するであろう人物やチーム等々にフォーカス。“●●の●●に注目!”とし、紹介する。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>クリスティアン・エリクセン(26)</b></div>【所属】デンマーク代表/トッテナム(イングランド) 【ポジション】MF 【身長/体重】182cm/76kg 【代表出場歴】81試合/23得点 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>ピッチを切り裂く司令塔</b></div>▽フランス代表、オーストラリア代表、ペルー代表と同居したグループCを1勝2分けで切り抜けたデンマーク代表。2002年以来のベスト16進出を果たしたが、その総得点数は2得点のみとやや爆発力に欠けている。 ▽そんな中で頼りになるのは、やはり現代最高峰の司令塔であるMFエリクセンだろう。同選手は、トッテナムでの2017-18シーズンに公式戦47試合14ゴール13アシストを記録。さらに、2016-17シーズンには公式戦48試合12ゴール23アシストと圧倒的な結果を残していた。 ▽逆に、決勝トーナメント1回戦で対戦するクロアチア側から見れば、エリクセンを抑えることが第一のポイントとなる。しかし、タフなプレミアリーグで結果を残し続けてきた同選手にとって、クロアチアの猛プレスは格好の獲物となるかもしれない。エリクセンがMFラキティッチやMFモドリッチらとの駆け引きに勝利し中央で前を向いた時、ピッチは鋭いパスで切り裂かれることになるだろう。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>登場予定試合</b></div><center>ロシアW杯決勝トーナメント1回戦 ▽7/1(日) 《27:00》 クロアチア代表 vs デンマーク代表 @ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム</center> 2018.07.01 16:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース