左ヒザ十字じん帯負傷のロホが7カ月ぶりに実戦復帰へ2017.11.15 08:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFマルコス・ロホの復帰が近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽今年4月のヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝2ndレグのアンデルレヒト戦で左ヒザ十字じん帯を負傷して以降、長期離脱を強いられてきたロホだが、15日に行われるユナイテッドのリザーブチームの試合に帯同。その試合で7カ月ぶりに実戦復帰する見込みだ。

▽さらに、うまくいけば、12月5日のチャンピオンズリーグ(CL)第5節のCSKAモスクワ戦に出られる可能性があるとのことだ。

▽間近に迫る復帰を前に「良い感じ」と語るロホは、今シーズン初の公式戦出場、そしてアルゼンチン代表招集に向けて意気込みを語った。

「明日、僕はリザーブチームのフレンドリーマッチに出るつもりだ。良い感じだよ。今までは何の問題もなかったけどトレーニングと試合は違うからね。明日は45分プレーできたらいいね」

「これから3週間で僕たちはCLを戦う。もし明日の試合で問題なければ、僕は出場するつもりだよ」

「(ホルヘ・)サンパオリ監督が僕を代表に呼んでくれるようにクラブで自分の場所を奪わないといけない。しばらく試合に出ていなかったけど、僕は代表チームに戻りたいと強く思っている。サンパオリに僕がどれだけできるかを見せないといけないね」

コメント

関連ニュース

thumb

ファーガソンカムバック!退院後初めてオールド・トラフォードに

▽サー・アレックス・ファーガソンがオールド・トラフォードに戻ってきた。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽マンチェスター・ユナイテッドに数々のトロフィーをもたらしたファーガソン氏は今年5月に脳出血で緊急手術を受けることに。順調に容態は回復し6月に退院。その後は、自宅で家族の看護を受けていた。 ▽そしてこの度、ファーガソン氏はおよそ5カ月ぶりに公の場に姿を現した。マンチェスター・ユナイテッドは公式ツイッターで、同氏が元気な姿でオールド・トラフォードに到着した写真を投稿している。 ▽ユナイテッドは日本時間22日の23時からサウサンプトンと対戦。クラブのレジェンドに勝利を届けられるだろうか。 2018.09.22 21:32 Sat
twitterfacebook
thumb

「YouTubeで何か盗もうと…」コバチッチ、ユナイテッドが誇るレジェンドを参考!?

▽チェルシーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチが、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドのプレーを参考にしていることを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が同国『サン』を引用して伝えている。 ▽今シーズンベルギー代表GKディボー・クルトワの契約の一部として、レアル・マドリーから1年間のレンタル移籍でチェルシーに加わったコバチッチ。ここまでプレミアリーグで4試合に出場しており、チームの首位キープに貢献している。 ▽現在フランス代表MFエンゴロ・カンテとイタリア代表MFジョルジーニョとの定位置争いの中にいるコバチッチだが、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏のプレーを見て学んでいるようだ。また、過去3シーズンにおいて8ゴールしか奪えていないことを課題に挙げている。 「僕にとってスコールズは最高の選手の1人なんだ」 「彼はすごいよ。僕は今でもYouTubeで時々彼の動画を観て楽しむんだ。何かを盗もうとね」 「現代のミッドフィルダーで全てを兼ね備えていた選手なんだ。ディフェンスもできて、ゴールも奪える。僕は誰かのコピーにもなるつもりなんてないけど、スコールズは好きなんだよ」 「プレーの幅を広げるために他の選手のプレーも観ているよ。ルカ・モドリッチやアンドレス・イニエスタもね」 「(自身の得点数について)それは僕の課題の一つだ。満足いくほどゴールを奪えていない。そこは改善しなくてはならない」 2018.09.22 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、バルセロナ注目のF・デ・ヨング争奪戦に参戦?!

▽マンチェスター・ユナイテッドが、アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)を注視しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ディフェンスを含む複数のポジションで才能を発揮するF・デ・ヨングには今夏、バルセロナ加入に近付いていた。アヤックスのチャンピオンズリーグ(CL)本大会出場が叶ったため、移籍が立ち消えとなったことが伝えられているが、当人は「いつかバルセロナでプレーしたい」と憧れのクラブであることを明かしていた。 ▽記事によると、バルセロナのほかにトッテナムも継続してF・デ・ヨングを追っているという。その争奪戦では、移籍金5000万ポンド(約73億6000万円)付近での鍔迫り合いが繰り広げられているそうだ。 ▽そして、今回の報道ではそこにユナイテッドも参戦。9日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のフランス代表vsオランダ代表(2-1でフランス勝利)に、スカウトを送り込んでいたことが伝えられている。ユナイテッドは来年1月に熱心な補強を計画しているようで、その1人と目されているのがF・デ・ヨングだ。 ▽また、バルセロナがより安価での来年夏の獲得に自信を持っていると伝えられつつも、F・デ・ヨングがプレミアリーグを好んでいるとも。新たなスター候補は、どのようなキャリアを選ぶのだろうか。 2018.09.22 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、ポグバの来夏獲得へ…今季残りのユナイテッド全試合に視察か

▽バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)の来夏獲得へ本腰を入れるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督との関係悪化報道や移籍金に見合った活躍ができていないことからかねてより退団の可能性が取り沙汰されているポグバ。今夏こそユナイテッドに残留したものの、現在もバルセロナ移籍やユベントス復帰の噂が絶えない。 ▽そんなポグバに対して、バルセロナは現在来夏での獲得を画策。今回伝えられるところによると、現在同クラブはポグバの動向を注視しており、今シーズン全てのユナイテッドの試合にスカウト陣を視察に送り込む予定のようだ。 ▽最近ではポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏が、ユナイテッドに加入した2016年夏を前にポグバに対して、3年間ユナイテッドでプレーした後にスペインへの移籍を確保することを約束していたこと報じられた。一方、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は「ポグバは残りたがっている」と同選手の退団説を否定していたが、果たして…。 2018.09.22 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

マティッチが母国で病に苦しむ4歳少年を救うため930万円を寄付

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチが母国で病に苦しむ4歳の少年を助けるため7万1000ユーロ(約930万円)を寄付したようだ。セルビア『Nsuzivo』が少年の父親のコメントを伝えている。 ▽以前から慈善活動に熱心なことで知られる人格者のマティッチは、この度神経芽細胞腫で苦しむドゥシャン・トドロビッチ君(4)がバルセロナで最新の治療を受けるために必要な治療費の一部として7万1000ユーロを匿名で寄付していた。 ▽マティッチは今回の寄付に関して自身の名前を明かすつもりはなかったものの、トドロビッチ君の父親が同選手への感謝を伝えるため地元メディアに名前を明かしたようだ。 ▽『Nsuzivo』は今回のマティッチの寄付に関して以下のように伝えている。 「我々の調べた情報によると、ドゥシャン・トドロビッチを救うために7万1000ユーロの寄付を行った人物はセルビアで最も有名なプレーヤーの1人であるネマニャ・マティッチだ。それは彼の父親であるアレクサンデル・トドロビッチ氏が認めている」 「今回、ドゥシャン・トドロビッチを救うためセルビア全土がひとつになっている。来週の月曜日にはツルヴェナとパルチザンの試合で選手やファンが集まって残りの治療費を集める予定だ」 「現在、彼をバルセロナで治療を受けされるためには19万312ユーロ(約2525万円)が必要になっている」 ▽心優しきマティッチを始めセルビア全土がひとつになってドゥシャン君の回復を祈っている中、その願いが一日でも早く叶うことを願いたい。 2018.09.22 06:34 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース