サッカー母国とサッカー王国による注目の一戦はゴールレスドロー《国際親善試合》2017.11.15 07:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のイングランド代表vsブラジル代表が14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で優勝候補にも挙がるサッカー母国とサッカー王国による注目の一戦。10日にドイツ代表戦をゴールレスドローで終えたイングランドは、その試合から5選手を変更。GKピックフォードに代わってGKハートが起用されたほか、トリッピアーとローズに代わってウォーカーとバートランドを両ウイングバックに据え、フィル・ジョーンズとエイブラハムに代えてジョー・ゴメスとラッシュフォードを起用した。

▽一方、10日の日本代表戦を3-1で快勝したブラジルは、その試合から6選手を変更。ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、ミランダと最終ラインの主力が復帰したほか、インサイドMFにパウリーニョとレナト・アウグスト、ウィリアンに代わってコウチーニョが入り、現状のベストメンバーが起用された。

▽立ち上がりから攻守の切り替えが速い展開が続く中、地力で勝るブラジルが最初の決定機を作り出す。12分、右サイドでボールを持ったダニエウ・アウベスが鋭いクロスを入れると、これをゴール前に飛び込んだジェズスが頭で合わせるがGK正面を突く。

▽一方、ヴァーディとラッシュフォードの快足を活かしたカウンターで攻撃を組み立てるイングランドは18分、左サイドからカットインしたラッシュフォードがミドルシュートを狙うが、これはGKアリソンに難なくセーブされる。

▽その後はボールを保持するブラジルのペースが続くも、直近のドイツ戦で無失点を記録したイングランドの堅守が最後の場面で仕事をさせない。だが、拮抗した展開が続く中、35分には筋肉系のトラブルでロフタス=チークがプレー続行不可能となり、リンガードが緊急投入された。

▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半もブラジルが最初の決定機を作る。47分、細かいパス交換からネイマールのスルーパスに抜け出したコウチーニョがボックス右からシュートを放つが、ここは冷静に間合いを詰めたGKハートの好守に遭う。

▽前半同様に中盤での攻防が目立つ中、両ベンチは選手交代で流れを引き寄せにかかる。ブラジルは68分、レナト・アウグスト、コウチーニョを下げてフェルナンジーニョとウィリアンを投入。対するイングランドは76分、ヴァーディとラッシュフォードを下げてエイブラハムと、これが代表デビューのソランケの若手2人を前線に送り込む。

▽76分にはボックス手前でカゼミロからパスを受けたフェルナンジーニョが際どいミドルシュートを放つが、これは左ポストを叩く。さらに85分にはネイマールのお膳立てからパウリーニョにシュートチャンスも、ここはGKハートが立ちはだかる。

▽その後、試合終了間際の89分にはゴール右に抜け出したソランケに絶好のチャンスが訪れるも、ここはGKアリソンの身体を張った飛び出しに阻まれ、均衡を破るゴールとはならず。サッカー母国とサッカー王国による注目の一戦はゴールレスドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

イングランド、パナマ戦の戦術シートが流出…そのスタメンは?

▽24日にパナマ代表戦を控えるイングランド代表の戦術用ノートが流出した模様だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽『スカイ・スポーツ』によれば、イングランドのアシスタントコーチを務めるスティーブ・ホーランド氏の持っていたノートの写真が流出し、パナマ戦に向けた作戦が一部漏れてしまったようだ。 ▽それによると、フォーメーションはチュニジア代表戦でも採用した[3-5-2]。MFデレ・アリがその試合で太ももに軽傷を負ったため、代わりにMFロフタス=チークが起用される見込みのようだ。また、パナマ戦ではFWスターリングではなく、FWラッシュフォードがFWケインと2トップを組むことが予定されているという。 ▽なお、イングランドサッカー協会(FA)は、今回の情報漏洩についてコメントを控えている。 2018.06.21 21:56 Thu
twitterfacebook
thumb

デレ・アリに続きイングランド代表に新たな負傷者

▽大腿部の軽微な筋損傷で負傷が発表されたイングランド代表MFデレ・アリに続き、またも同国代表に負傷者が出たようだ。イギリス『インディペンデント』が伝えている。 ▽しかし、今回負傷したのは選手ではなく、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督だ。伝えられるところによると同監督は水曜日の午後、キャンプ地にしているサンクトペテルブルクの練習場の周辺をランニング。その際急に右肩が脱臼したようだ。 ▽その後サウスゲイト監督はイングランドサッカー協会(FA)スタッフの助けを受け、チームドクターによる治療を受けた後、地元の病院に向かったとのこと。それでもその日の夕方に予定していたチームミーティングには間に合ったようだ。同監督はFAの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「これからはどんなに素晴らしいゴールが生まれても激しく喜べないかもしれないね(笑) ドクターからは『拳を突き上げることは良くない』と言われたよ。スタッフのオフを邪魔してしまったのは申し訳ない。ケガをしたのが選手ではなく私であって良かった。ただ、僕の10kmのタイムが記録に迫っていただけに今回の件は少しがっかりしたけどね」 2018.06.21 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

デレ・アリは大腿部の軽微な筋損傷

▽イングランドサッカー協会(FA)は20日、イングランド代表MFデレ・アリの検査結果を発表した。 ▽デレ・アリは、18日に行われたロシア・ワールドカップの初戦となったチュニジア代表戦に出場。80分に、MFルベン・ロフタス=チークと交代していた。 ▽試合はFWハリー・ケインの活躍で勝利したイングランドだったが、19日のトレーニングにデレ・アリの姿はなく負傷と見られていた。 ▽FAの発表によると、デレ・アリは大腿部の筋肉に軽微な損傷があったとのこと。しかし、大事には至らず、経過を見守ることとなるようだ。 ▽イングランドは、24日に第2節でパナマ代表と、28日に第3節でベルギー代表と対戦する。 2018.06.20 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

デレ・アリ、太もも負傷で検査へ

▽イングランド代表のMFデレ・アリが、負傷した太ももの検査を受けるようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽イングランドは18日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でチュニジア代表と対戦し、2-1で勝利した。先発出場したデレ・アリは前半に太ももを痛めたようだが、80分までプレー。これについてイングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は「アリは続けて見守っていく必要がある。ハーフタイムの直前にほんの少し違和感を感じていたようだが、後半もプレーが可能だと思った」とコメントしていた。 ▽初戦を白星で飾ったイングランドは24日にパナマ代表と対戦。デレ・アリの状態は気がかりだが、果たして出場できるのだろうか。 2018.06.20 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月20日は、8年前“幻のゴール”で判定に泣かされた世界屈指のセンターハーフ

◆フランク・ランパード 【Profile】 国籍:イングランド 現役時代所属チーム:ウェストハム、チェルシー、マンチェスター・シティ etc 誕生日:1978年6月20日 ポジション:MF 身長:184㎝ 体重:88㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月20日は、元イングランド代表のMFフランク・ランパード氏だ。 ▽1995年にウェストハムでプロキャリアをスタートさせたランパード氏は、スウォンジー・シティへのレンタル移籍を経験しながら成長。1999年にはイングランド代表に初招集された。2001年にチェルシーへ移籍すると、すぐさまレギュラーの座を獲得。世界屈指のセンターハーフとして3度のプレミア制覇、チャンピオンズリーグ優勝に貢献した。チェルシーの黄金期を築いた同氏は、マンチェスター・シティとニューヨーク・シティでプレーした後、2017年2月に現役を引退。新シーズンからはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するダービー・カウンティの監督を務めることが決定している。 ▽ランパード氏は、現在行われているW杯にドイツ大会から3度出場。その中でも印象に強い出来事の一つが2010年に行われた南アフリカW杯での“幻のゴール"だろう。決勝トーナメント1回戦のドイツ戦、1点リードされて迎えた前半38分にランパード氏の放ったボックス手前からのシュートがバーに直撃。そのままボールは下に落ち、ゴールラインを越えたかに見えたが、ゴールが認められず。結局イングランドは1-4で敗れた。 ▽不運に見舞われたランパード氏は「4万人(の観客)がゴールだと分かり、それが分からなかった人が2人いた」と主審と副審を遠回しに批判し、科学的に判断するための「ゴールライン・テクノロジー(GLT)」導入に賛同した。その出来事から4年後、ブラジル大会で初めてGLTが導入。そして今大会では、スタジアム外で常に数台のモニターで試合を監視するリプレーオペレーター4人と、主審がモニターで映像を観ながらプレーを確認できる「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」を初導入。今大会ではすでに両システムが活躍し、誤審の減少や判定の精度向上に役立っている。きっと今大会であればランパード氏のあのシュートはゴールと認められていただろう。しかし、あの不運がなければ、現在GLTもVARも使われていなかったかもしれない…。 ※誕生日が同じ主な著名人 ハビエル・パストーレ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) アスミル・ベゴビッチ(サッカー選手/チェルシー) 椎橋慧也(サッカー選手/ベガルタ仙台) 富田晋伍(サッカー選手/ベガルタ仙台) 本山雅志(サッカー選手/ギラヴァンツ北九州) 内村莉彩(アイドル/SUPER☆GiRLS) 水野由結(アイドル/元さくら学院・BABYMETAL) May J.(歌手) 相武紗季(女優) 鬼龍院翔(ミュージシャン/ゴールデンボンバー) 2018.06.20 07:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース