サッカー母国とサッカー王国による注目の一戦はゴールレスドロー《国際親善試合》2017.11.15 07:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のイングランド代表vsブラジル代表が14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で優勝候補にも挙がるサッカー母国とサッカー王国による注目の一戦。10日にドイツ代表戦をゴールレスドローで終えたイングランドは、その試合から5選手を変更。GKピックフォードに代わってGKハートが起用されたほか、トリッピアーとローズに代わってウォーカーとバートランドを両ウイングバックに据え、フィル・ジョーンズとエイブラハムに代えてジョー・ゴメスとラッシュフォードを起用した。

▽一方、10日の日本代表戦を3-1で快勝したブラジルは、その試合から6選手を変更。ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、ミランダと最終ラインの主力が復帰したほか、インサイドMFにパウリーニョとレナト・アウグスト、ウィリアンに代わってコウチーニョが入り、現状のベストメンバーが起用された。

▽立ち上がりから攻守の切り替えが速い展開が続く中、地力で勝るブラジルが最初の決定機を作り出す。12分、右サイドでボールを持ったダニエウ・アウベスが鋭いクロスを入れると、これをゴール前に飛び込んだジェズスが頭で合わせるがGK正面を突く。

▽一方、ヴァーディとラッシュフォードの快足を活かしたカウンターで攻撃を組み立てるイングランドは18分、左サイドからカットインしたラッシュフォードがミドルシュートを狙うが、これはGKアリソンに難なくセーブされる。

▽その後はボールを保持するブラジルのペースが続くも、直近のドイツ戦で無失点を記録したイングランドの堅守が最後の場面で仕事をさせない。だが、拮抗した展開が続く中、35分には筋肉系のトラブルでロフタス=チークがプレー続行不可能となり、リンガードが緊急投入された。

▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半もブラジルが最初の決定機を作る。47分、細かいパス交換からネイマールのスルーパスに抜け出したコウチーニョがボックス右からシュートを放つが、ここは冷静に間合いを詰めたGKハートの好守に遭う。

▽前半同様に中盤での攻防が目立つ中、両ベンチは選手交代で流れを引き寄せにかかる。ブラジルは68分、レナト・アウグスト、コウチーニョを下げてフェルナンジーニョとウィリアンを投入。対するイングランドは76分、ヴァーディとラッシュフォードを下げてエイブラハムと、これが代表デビューのソランケの若手2人を前線に送り込む。

▽76分にはボックス手前でカゼミロからパスを受けたフェルナンジーニョが際どいミドルシュートを放つが、これは左ポストを叩く。さらに85分にはネイマールのお膳立てからパウリーニョにシュートチャンスも、ここはGKハートが立ちはだかる。

▽その後、試合終了間際の89分にはゴール右に抜け出したソランケに絶好のチャンスが訪れるも、ここはGKアリソンの身体を張った飛び出しに阻まれ、均衡を破るゴールとはならず。サッカー母国とサッカー王国による注目の一戦はゴールレスドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

イングランド代表、ジャマイカ出身のベイリーをサプライズ招集?現在ブンデスリーガで覚醒中

イングランド代表率いるガレス・サウスゲイト監督はロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、サプライズ招集を図っているのだろうか。イギリス『ミラー』によれば、レバークーゼンでプレーするジャマイカ生まれの新星、レオン・ベイリーを招く可能性が浮上しているという。<br><br>ジャマイカのキングストン生まれであるベイリーは現在20歳。昨年1月にベルギーのヘンクからレバークーゼンに渡った左ウィングは、今シーズンは23試合に出場し11ゴール5アシストを記録するなど覚醒中だ。マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシーやトッテナムとプレミアリーグ複数クラブから熱視線が送られ、移籍金も7500万ポンド(約112億円)以上にも上ると見られる。<br><br>そんな中、W杯に向けてイングランド代表から声がかかる可能性が浮上。ベイリーはこれまでジャマイカA代表の試合には出場していないのに加え、『ミラー』曰くイギリス国籍を所有する祖父母が2人いるとのこと。またサウスゲイト監督が招集すれば「断ることはとても難しいだろう」と選手の周囲からの声が伝えられている。<br><br>なお、ジャマイカ代表のほかベルギー代表やマルタ代表としてのプレーも可能とされるベイリーだが、今のところ自身の希望を明かしていない。だが、イングランド代表では同じくキングストン生まれで親友と見られるMFラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)もプレーしており、『ミラー』によると、その存在はベイリーがイングランドを選ぶ説得材料となるかもしれないという。<br><br>提供:goal.com 2018.02.20 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表MFライアン・メイソンが26歳で現役引退…頭部骨折の重傷から復帰目指すもドクターストップ…

▽ハル・シティは13日、クラブに所属する元イングランド代表MFライアン・メイソン(26)の現役引退を発表した。 ▽メイソンは、2017年1月22日に行われたプレミアリーグのチェルシー戦に先発したものの、13分にチェルシーのイングランド代表DFギャリー・ケイヒルとの競り合い時に頭をぶつけてピッチに転倒。頭部に強い打撃を受けたメイソンは意識こそあるものの、酸素吸入器による処置を受けるなど、プレー続行不可能となり、数分間に渡る治療の後に担架でピッチを後にした。 ▽その後、メイソンは搬送先の病院で頭蓋骨の骨折が確認されたため、同日中に手術を受けた。そして、同月30日に退院した同選手は、復帰に向けてリハビリを開始。過去に頭部陥没骨折の重傷を負いながらも復帰して活躍するアーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフらのサポートを受けて、懸命にリハビリを続けてきた同選手だが、医師との話し合いの結果、負傷から約1年後に現役引退を決断した。 ▽メイソンはハル・シティの公式サイトを通じて以下のような声明を発表している。 「僕は医療の専門家によるアドバイスを受けて、プロフットボールの世界から引退することを決めた」 「ピッチに戻るために一生懸命努力をしてきた。だけど、残念ながら、専門的なアドバイスを受けた今、ケガのリスクを考慮して引退しなければならなくなった」 「2017年1月、生命を脅かすようなケガから回復するのを助けてくれた多くの人たちには、永遠に感謝を抱き続けるよ。毎日隣りに居てくれたフィアンセのレイチェルにも感謝したい。彼女はどんなに厳しいときでも、僕に必要な力を与えてくれた。僕たちは完璧な息子のジョージの両親になれたことも、とても幸運だった」 「母、父、姉妹、そしてすべての家族と周囲の友人にもありがとうと伝えたい。彼らのしてくれた全てに感謝している。僕たちが直面した出来事は本当に厳しいものだったけど、みんなが自分を支え続けてくれたことに関して、その愛とサポートへ感謝を伝える言葉を選ぶのは難しいよ」 「同時にハル・シティのみんな、とりわけ僕の回復を助けてくれたドクターのマーク・ウォーラーとすべてのメディカルチームに感謝を示したい。会長や幹部の人々にも、僕の回復を忍耐強く待ってくれたことに感謝したい」 「トッテナム・ホットスパーについて話すと、あまりにも多くの名前を挙げなければならなくなるよ。特にジョン・マクダーモット、監督たち、僕の夢を叶える助けとなってくれたみんなに特別な感謝を伝えたい」 「僕は自分のクラブ、愛するクラブでプレーできたことを本当に誇りに思っている。同時にキャプテンを務められたことも、大きな名誉だった。長年ともにプレーしてきた全てのチームメートに感謝したい。個別に話したい人は本当にたくさんいるけど、みんなと一緒にプレーできたことは特権だったよ」 「最後に、自分の国を代表できたことも、誰も奪うことができない名誉だった。これまで達成してきたことを本当に誇りに思う」 「ケガをしてからの13ヶ月、ピッチに戻るために自分が持つ全てのパワーを注いできた。だから、胸を張って現役を引退するよ。僕は、最高レベルでフットボールをするために自分の人生を捧げてきたし、満足感を覚えている。これまでの努力は本当に報われたんだ!」 「試合を愛している。これからもそうだ。フットボールが次に僕をどこに連れて行ってくれるのか、楽しみだね」 ▽トッテナムの下部組織出身のメイソンは2008年にトップチームデビュー。以降はヨービル・タウン、ドンカスター・ローヴァーズ、ミルウォール、ロリアン、スウィンドン・タウンと様々なクラブへの武者修行を経験。その後、2014-15シーズンにトッテナムのトップチームで中盤のレギュラーに定着すると、2015年3月に行われたイタリア代表との国際親善試合では自身唯一のイングランド代表キャップを刻んでいた。 ▽しかし、トッテナムでの厳しいポジションに敗れると、2016年夏にハル・シティへ完全移籍で加入。昨シーズンは負傷離脱を強いられるまで、リーグ戦16試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽不幸なケガによって26歳という若さで現役引退を強いられることになったメイソン。だが、ピッチを所狭しと駆け回るその熱量と、ピッチ上の誰よりも気迫のこもったプレーは多くのフットボールファンの目に焼き付いているはずだ。そして、メイソンの今後の幸運を心から願いたい。 2018.02.13 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

闘将・キャラガーが選ぶロシアW杯に臨むイングランド代表のスタメンは!?

▽かつてリバプールで活躍した元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、今夏に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたイングランド代表メンバーを選出した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ロシアW杯欧州予選を8勝2分けの無敗で終え、6大会連続15回目の出場を決めた。本大会でも結果に期待がかかるイングランド代表はグループステージでベルギー、パナマ、チュニジアと対戦する。 ▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、3月にイタリア代表、オランダ代表との親善試合を経て、5月中旬に本大会に連れていくメンバー23人を発表する予定となっている。 ▽そんな中、『スカイ・スポーツ』でご意見番として活躍するキャラガー氏が、一足早くW杯のスタメンを考察。今シーズンのプレー時間やチームへの貢献度から最適な11人を選出した。 ◆キャラガー選出イングランド代表メンバー 【3-5-2】 <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ピックフォード</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ジョン・ストーンズ</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ガリー・ケイヒル</span>(チェルシー) <span style="font-weight:700;">ハリー・マグワイア</span>(レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">カイル・ウォーカー</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ジャック・ウィルシャー</span>(アーセナル) <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ヘンダーソン</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">デレ・アリ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ダニー・ローズ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ラヒーム・スターリング</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span>(トッテナム) 2018.02.02 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド女子代表監督就任のフィリップ・ネビルがツイッターアカウントを削除

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドやエバートンで活躍したフィリップ・ネビル氏が、自身のツイッターアカウントを削除した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2013年に現役を退いたP・ネビル氏は、デイビッド・モイーズ監督の下でユナイテッドのコーチに就任。その後、バレンシアでアシスタントコーチを務めると、同年には兄のギャリー・ネビル氏が監督に就任し兄弟タッグが実現。しかし、ギャリー監督体制は長続きせずにすぐにタッグ解消となった。 ▽P・ネビル氏は、23日にイングランド女子代表監督に就任することが発表され、2021年のUEFA女子選手権出場を目指すとのことだ。それを機に、自身のツイッターアカウントを消したものと見られている。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、2012年1月にP・ネビル氏は性別の差に関するツイートを行っていたとのこと。「女性は朝食の準備、子供の準備、ベッドメイキングに忙しいものだと考えている。女性が気の毒だ」というものだった。 ▽イングランド女子代表は、2017年9月にマーク・サンプソン監督がブリストル・シティのアカデミー監督時代に起こした「不適切かつ容認出来ない行動」が原因として解雇されて以降、監督が不在だった。 2018.01.24 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

キャリック、今季限りの現役引退でコーチ就任へ…モウリーニョが認める

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、元イングランド代表MFマイケル・キャリックが今シーズン終了時に現役を引退し、同チームのコーチ陣に加わることを認めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2006年にトッテナムから加入したキャリックは以降、ユナイテッドの中盤に欠かせない選手として活躍。11年間に渡ってチャンピオンズリーグ制覇や5度のプレミアリーグ制覇など数々のトロフィー獲得に貢献してきた。そうした中、12年目を迎える今シーズンは開幕前にエバートンへ移籍した元イングランド代表FWウェイン・ルーニーから引き継ぐ形でキャプテンに就任。しかし、ここまで負傷や昨年9月頃に患った不整脈の影響で、ここまで出場した試合はEFLカップ(カラバオカップ)の1試合のみとなっている。 ▽そんな中、モウリーニョ監督は、キャリックがコーチ就任を考えているかについて問われ、以下のようにコメントしている。 「キャリックが望む時にはそうなるだろう」 「彼はチームのトレーニングに復帰して2週目だが、この2、3カ月トレーニングをしていなかった」 「我々にとっては重要な選手である。先週ではなく、シーズン終了時にケガやその他の問題以外で引退を決断することは、チームや彼にとって良い決断であると思っている」 「我々は幸せに感じているし、シーズン終了後にを迎え入れることを期待したい。彼の考えが変わらない限りだ。彼がそうしてくれることはクラブにとって喜ばしいことだ。私にとってもね」 2018.01.20 10:38 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース