フランス先行もドイツが2度追いつく! 強豪同士のハイレベルな戦いは2-2のドロー!《国際親善試合》2017.11.15 06:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のドイツ代表vsフランス代表が14日に行われ、2-2の引き分けに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループCを首位通過したドイツと、グループAを首位通過したフランスの一戦。ドイツは[4-2-3-1]の布陣を採用し、GKトラップ、守備陣は右からジャン、ジューレ、フンメルス、プラッテンハールトが並び、ダブルボランチにケディラとクロース。2列目にはエジル、ギュンドアン、ドラクスラーが配置され、ワントップにはヴェルナーが起用された。

▽一方のフランスは[4-3-3]を採用。ゴールマウスを守るのはマンダンダ。ディフェンスラインに右からジャレ、ヴァラン、ユムティティ、ディーニュ。中盤はラビオがアンカーに入り、トリッソとマテュイディがインサイドハーフに。3トップはムバッペ、ラカゼット、マルシャルが並んだ。

▽強豪国同士の一戦となったこの試合。マルシャルやムバッペら若いタレントが躍動したフランスが主導権を握る。19分、DF2人に阻まれながらも、ボックス右に侵攻したラカゼットがそこからゴールを狙うが、GKトラップがファインセーブでゴールを許さない。

▽ヤングスターの勢いとテクニックで攻めるフランスは33分、マルシャルが個人技でDFをかわし、さらにはGKまでかわしながらゴール前のラカゼットにラストパス。フリーのラカゼットはこれを冷静に押し込んでフランスが先制した。

▽迎えた後半はドイツが盛り返す。53分、ドラクスラーの左サイドの突破から、途中出場のリュディガーがクロスに合わせるが、うまくミートできず枠を外れてしまう。その直後、カウンター場面でペナルティアーク付近のエジルからのスルーパスに抜け出したヴェルナーがGKとの一対一を制し同点に。

▽勢いに乗るドイツはさらに、70分にもボックス手前右の位置でFKを獲得。キッカーのクロースがクロスバー直撃の際どいシュートを浴びせ逆転の予感を漂わせる。

▽しかし、ドイツは一瞬の隙を許しフランスの勝ち越し弾を許してしまう。71分、敵陣中央でボールを持ったムバッペが、ドイツのディフェンスラインがずれて空いたスペースにスルーパスを通すと、そこに走り込んだのはラカゼット。1本のパスで最終ラインを抜け出したラカゼットが冷静にGKトラップの守るゴールマウスを破った。

▽試合もこのまま進み、後半アディショナルタイムに入った93分、敵陣中央右でボールを持ったエジルは、ボックス右のゲッツェにパスを送る。ゲッツェはワンタッチでこれをはたくと、それに反応したシュティンドルがニアを突くシュートを流し込んでドイツが土壇場で追いついた。

▽そして試合終了の笛。フランスの流れで始まった試合も終わってみれば2-2。ドイツvsフランスの好カードはドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

2024年のユーロ開催地にドイツが正式立候補…トルコと一騎打ちか

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は24日、2024年のユーロ(欧州選手権)の開催地に立候補。書類を提出した。DFB公式サイトが伝えた。 ▽欧州サッカー連盟(UEFA)は、2017年3月に、2024年のユーロがドイツかトルコで開催されることを確認。この度、ドイツが書類をUEFAに提出し、正式に立候補した。 ▽また、トルコも今週中に正式に立候補すると見られており、9月27日に正式に開催地が決定する予定とのことだ。 ▽ユーロ2020は、ヨーロッパの12都市で開催されることが決定。しかし、ユーロ2024は1カ国での開催が決定している。 ▽DFBは、ユーロ2020の準決勝と決勝の開催について立候補していたが、この申請を撤回。その結果、イングランドのウェンブリー・スタジアムで3試合を行うことが満場一致で決まったようだ。 ▽ユーロ2024招致の大使を務めた元ドイツ代表DFのフィリップ・ラーム氏は「ユーロ2024で再び大きな熱狂を漢字、新たな連帯感を作り出すことは確実だろう」とコメントしている。 ▽なお、今回の立候補にはドイツ、トルコの他に、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの北欧4カ国が共催で立候補を考えていたが、進展はしなかったようだ。 ▽ユーロ2016は出場国が24カ国に増加して行われ、ポルトガル代表の初優勝で幕を閉じたが、ユーロ2024も24カ国が出場する予定となっている。 2018.04.24 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯出場に向けてアピールが必須のゲッツェだが…ドルトムント指揮官「我々の目標はCL」

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)での出場を逃すことになるかもしれない。ペーター・シュテーガー監督は、選手の個人的な目標を優先することはできないと強調した。<br><br>ブラジル大会の決勝でアルゼンチン相手に決勝点を挙げたゲッツェは、そのゴールによりドイツの英雄に。それでも、そんな彼はその4年後の大会ではドイツ代表メンバー入りも果たせない可能性が高まっている。<br><br>ヨアヒム・レーブ監督は先月の国際親善試合に向けて、選外の選手について「クラブでのパフォーマンスを通じてアピールしなければならない」と話していた。だが、ここ数試合でゲッツェはそのために必要な出場機会すら確保できていない状況が続いている。<br><br>21日に行われるブンデスリーガ第31節でレヴァークーゼンとの上位対戦に臨むドルトムント。この試合に向けた会見で、シュテーガー監督はゲッツェについて問われると、次のように返答した。<br><br>「クラブにとっても、ものすごく重要な試合となる。私はクラブ側の人間で、我々の目標は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得ることにある。しかし、それは必ずしも彼がプレーしないということを意味するわけではない」<br><br>「(ゲッツェが)準備できていて、パフォーマンスを出せれば、この話に関しては勝者しかいない。様子を見よう。それぞれの選手が個人的な目標を持ち、それが彼らのモチベーションの基盤になることは理解している。だが、我々にとって大事なのはCL出場権を手にすることだ」<br><br>ドイツ誌『キッカー』の予想では、FWミヒー・バチュアイの負傷離脱により、マルコ・ロイスが最前線に置かれる可能性が高いとのこと。そうすると、ゲッツェが2列目に入るかもしれないが、オーストリア人指揮官はここ2試合は数分間しかプレーしなかった同選手を先発起用するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール&ドイツ代表に痛手…エムレ・ジャンに今季絶望の可能性

▽リバプールに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャンが背中のケガで今季絶望の可能性があるようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽先月17日に行われたワトフォード戦で負傷交代したジャンは、先月のインターナショナルウィークでドイツ代表に不参加。また、前節のクリスタル・パレス戦、直近のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦を欠場していた。 ▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督はシティ戦の前日会見でジャンの状態に関して、「それは長引くものではないに違いない。エバートン戦や火曜の試合(シティとの2ndレグ)に向けては復帰できる可能性がおそらくあるだろう」とコメント。同選手が軽傷であることを強調していた。 ▽しかし、『ミラー』はジャンのケガが当初の予想よりかなり酷く、今シーズン中の復帰が難しく、6月に行われるロシア・ワールドカップ本大会を欠場するレベルのものである可能性を指摘している。 ▽仮に、今回の報道が事実であれば、中盤の主力選手であるジャンの離脱は大きな痛手となりそうだ。また、今季限りで退団が濃厚な同選手は、負傷交代したワトフォード戦がリバプールでのラストゲームとなるかもしれない。 2018.04.06 17:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジル戦で負傷のJ・ボアテングは打撲で軽傷…ドルトムント戦の出場も可能か

▽バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングだが、どうやら軽傷で済んだようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽J・ボアテングは、ドイツ代表として27日に行われたブラジル代表との国際親善試合に先発出場。68分にDFニクラス・ジューレと交代していた。 ▽生まれ故郷のベルリンで初めてドイツ代表としてプレーしたJ・ボアテング。試合ではキャプテンマークを巻いてプレーしていたが、無念の途中交代となっていた。 ▽バイエルンは、31日にブンデスリーガ第28節でドルトムントと対戦。J・ボアテングは、リーグ制覇に近づいている中での大一番への出場が危ぶまれていたが、打撲で済んだために長期離脱は避けられるとのこと。ユップ・ハインケス監督は、回復状況を見守るがあるようだ。 2018.03.29 13:58 Thu
twitterfacebook
thumb

世界王者ドイツのクロース、W杯に向けて警鐘を鳴らす「僕たちは評価されるほど良くない」

ドイツ代表は27日に行われた国際親善試合でブラジル代表に0-1で敗れた。トニ・クロースは試合後、「僕たちは評価されるほど良くない」と言い切った。<br><br>前回のワールドカップの準決勝では7-1という結果でブラジルを粉砕したドイツだが、この日は37分にFWガブリエウ・ジェズスにゴールを奪われ、ヨアヒム・レーブ監督の無敗記録は「22」でストップ。そんな中、フル出場を果たし、終盤にはキャプテンマークも巻いたクロースは危機感を覚えたようだ。<br><br>ドイツ『ZDF』で、クロースは敗戦を次のように振り返った。<br><br>「チームとしてはネガティブな要素が明らかに目立ってしまった。僕たちは評価されるほど良くない。簡単にかわされ過ぎた。すべてにおいて明らかに少な過ぎた。何度もテクニカルミスや競り合いに負けてボールを奪われた」<br><br>トーマス・ミュラーやメスト・エジルが欠場となった一方で、リロイ・ザネやレオン・ゴレツカらが先発出場するなど、数人にアピールチャンスが与えられた。<br><br>「もちろんたくさんの入れ替わりがあったし、難しくなるところもある。でも、みんなそれぞれベストを尽くすことに責任を感じなければいけないね。今日の試合では何人かの選手たちにチャンスが与えられたが、彼らはそれをものにしなかった。僕はみんなにもっと期待していたよ。改善の余地がたくさん残っている」<br><br>「僕たちはロシア・ワールドカップに臨むチームの中で絶対的な優勝候補ではない。そのような評価は以前もナンセンスだったし、今もナンセンス。だが、これでこう考える人たちも増えたかもしれない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.28 22:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース