フランス先行もドイツが2度追いつく! 強豪同士のハイレベルな戦いは2-2のドロー!《国際親善試合》2017.11.15 06:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のドイツ代表vsフランス代表が14日に行われ、2-2の引き分けに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループCを首位通過したドイツと、グループAを首位通過したフランスの一戦。ドイツは[4-2-3-1]の布陣を採用し、GKトラップ、守備陣は右からジャン、ジューレ、フンメルス、プラッテンハールトが並び、ダブルボランチにケディラとクロース。2列目にはエジル、ギュンドアン、ドラクスラーが配置され、ワントップにはヴェルナーが起用された。

▽一方のフランスは[4-3-3]を採用。ゴールマウスを守るのはマンダンダ。ディフェンスラインに右からジャレ、ヴァラン、ユムティティ、ディーニュ。中盤はラビオがアンカーに入り、トリッソとマテュイディがインサイドハーフに。3トップはムバッペ、ラカゼット、マルシャルが並んだ。

▽強豪国同士の一戦となったこの試合。マルシャルやムバッペら若いタレントが躍動したフランスが主導権を握る。19分、DF2人に阻まれながらも、ボックス右に侵攻したラカゼットがそこからゴールを狙うが、GKトラップがファインセーブでゴールを許さない。

▽ヤングスターの勢いとテクニックで攻めるフランスは33分、マルシャルが個人技でDFをかわし、さらにはGKまでかわしながらゴール前のラカゼットにラストパス。フリーのラカゼットはこれを冷静に押し込んでフランスが先制した。

▽迎えた後半はドイツが盛り返す。53分、ドラクスラーの左サイドの突破から、途中出場のリュディガーがクロスに合わせるが、うまくミートできず枠を外れてしまう。その直後、カウンター場面でペナルティアーク付近のエジルからのスルーパスに抜け出したヴェルナーがGKとの一対一を制し同点に。

▽勢いに乗るドイツはさらに、70分にもボックス手前右の位置でFKを獲得。キッカーのクロースがクロスバー直撃の際どいシュートを浴びせ逆転の予感を漂わせる。

▽しかし、ドイツは一瞬の隙を許しフランスの勝ち越し弾を許してしまう。71分、敵陣中央でボールを持ったムバッペが、ドイツのディフェンスラインがずれて空いたスペースにスルーパスを通すと、そこに走り込んだのはラカゼット。1本のパスで最終ラインを抜け出したラカゼットが冷静にGKトラップの守るゴールマウスを破った。

▽試合もこのまま進み、後半アディショナルタイムに入った93分、敵陣中央右でボールを持ったエジルは、ボックス右のゲッツェにパスを送る。ゲッツェはワンタッチでこれをはたくと、それに反応したシュティンドルがニアを突くシュートを流し込んでドイツが土壇場で追いついた。

▽そして試合終了の笛。フランスの流れで始まった試合も終わってみれば2-2。ドイツvsフランスの好カードはドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

ミュラーが史上12人目のドイツ代表100試合を達成!

▽ドイツ代表は19日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ1のオランダ代表戦を行い、2-2のドローで終わった。同試合ではバイエルンMFトーマスミュラー(29)が代表通算100試合出場を達成した。 ▽2010年10月のアルゼンチン代表戦でフル代表デビューを飾ったミュラーは、以降の8年間に渡ってドイツのアタッカー陣として活躍。優勝を果たした2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)を始め、2010年南アフリカ大会、2018年ロシア大会と3度のW杯出場と、2012年から2大会連続でユーロ本大会も経験していた。 ▽なお、ドイツ代表ではこれまで通算10人が代表通算100試合を達成。最多出場記録の150試合出場のDFローター・マテウスを始め、FWミロスラフ・クローゼ(137試合)、DFフィリップ・ラーム(113試合)、FWユルゲン・クリンスマン(108試合)、DFユルゲン・コーラー(105試合)、DFフランツ・ベッケンバウアー(103試合)ら錚々たる面々が並ぶ。そして、今回12人目としてミュラーが加わることになった。 2018.11.20 06:51 Tue
twitterfacebook
thumb

土壇場で追いついたオランダがフランス躱して準決勝進出!ドイツは未勝利でリーグ降格《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ(UNL)・リーグAのグループ1、ドイツ代表vsオランダ代表が19日に行われ、2-2の引き分けに終わった。この結果、フランス代表と勝ち点で並んだオランダは得失点差で首位通過が決定。準決勝進出を決めた。 ▽すでにグループ最下位でリーグ降格が決まっているドイツと、引き分け以上でリーグ突破が決まるオランダの一戦。 ▽[3-5-2]の布陣で臨むドイツは、GKノイアーに、バックは右からジューレ、フンメルス、リュディガーの3人。中盤の4枚は右からケーラー、キミッヒ、クロース、N・シュルツ。トップにはニャブリ、ヴェルナー、ザネが並んだ。 ▽一方のオランダは[4-3-3]。GKシレッセンに、バックは右からテテ、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント。中盤はデ・ルーン、F・デ・ヨング、ワイナルドゥムの3人が務め、3トップにはプロメス、デパイ、バベルが起用された。 ▽まずは1分、ドイツがチャンスを作る。左サイドのN・シュルツからボックス正面のクロースに渡ると、すぐさま右サイドのケーラーに展開。ケーラーはボックス右に侵入しファーストシュートを放ったが枠を大きく超えてしまう。 ▽序盤から前がかりに攻めるドイツは9分、左サイドからのボールを敵陣中央でワンタッチではたいたニャブリのループパスにヴェルナーが反応。ゴール手前で胸トラップから上手く収め、ハーフボレーで右足一閃。ゴール左隅にシュートを突き刺した。 ▽出鼻を挫かれたオランダは15分にFKのチャンス。だが、ゴール正面からのデパイのシュートは壁に激突してしまった。 ▽19分にはドイツに追加点が生まれる。ピッチ中央でボールを持ったクロースの正確無比なロングボールにザネが抜け出し、ゴール前からシュートを放つと、相手に当たってゴールイン。今大会ここまで1ゴールのドイツが2点目を奪った。 ▽前半は圧倒的に試合を支配したドイツは後半開始40秒でヴェルナーがシュートを放っていく。 ▽56分にプロメスが久しぶりにシュートを打ったオランダは60分にワイナルドゥムを下げてヴィルエナを投入。前半終了間際に負傷したバベルとの交代で入ったディルロスンから2人目の交代となった。 ▽それでもチャンスを作ったのはドイツだった。オランダのFKを自陣で奪うとすぐにカウンターに転じ、ニャブリがヴェルナーに絶妙なスルーパスを通す。ヴェルナーはGKと一対一になるも、狙いすぎたかシュートを枠の右に外してしまった。その後、63分に今日1ゴールのヴェルナーはお役御免。ロイスとの交代でベンチに退いた。 ▽迎えた67分、ドイツはここでニャブリに代えてミュラーを投入。これでミュラーはドイツ代表通算100試合出場を達成。史上11人目の選手となった。 ▽オランダは78分にドリブルで仕掛けたデパイがボックス左からシュートに持ち込む。 ▽ドイツは80分にザネを下げてゴレツカを投入。その直後、途中交代のミュラーとロイスのコンビネーションからN・シュルツにゴールチャンス。ロイスのクロスをダイレクトボレーで合わせにいったが、上手くミートせず枠に飛ばすことはできなかった。 ▽そんな中、後半半ばから少しずつ攻勢を強めていったオランダが85分に、プロメスのペナルティアーク付近からのコントロールシュートで1点を返す。 ▽この1点で勢いが増したオランダは後半アディショナルタイムに奇跡を起こした。右サイド深くからのクロスをドイツDFキミッヒが頭で逸らすと、これがパワープレーでゴール前に来ていたファン・ダイクに繋がり、ファン・ダイクは右足インサイドボレーでネットを揺らした。 ▽劇的な展開となった試合はここで終了。ほぼ劣勢だったオランダが試合残り5分で同点に追いつき、準決勝進出を決めた。一方、ドイツはこれで今大会2敗2分けとし、リーグ降格となった。 2018.11.20 06:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ弱体化の原因はペップ?代表OBブリーゲル氏「サッカー本来の原理を忘れてしまった」

ジョゼップ・グアルディオラ監督のやり方が、ドイツ代表不振を招いたと元同国代表DFのハンス=ペーター・ブリーゲル氏は考えているようだ。<br><br>2013年から2016年までバイエルン・ミュンヘンを指揮し、ドイツにポゼッションサッカーを根付かせたグアルディオラ監督。バイエルンは同指揮官との3シーズンの間に、ブンデスリーガ3連覇を達成したほか、国内カップ戦でも2度トロフィーを掲げるなど数多くのタイトルを手にした。<br><br>ドイツに大きなインパクトを残したグアルディオラ監督の哲学は、ブンデスリーガのみならずドイツ代表にも影響を及ぼす。ヨアヒム・レーブ監督はポゼッションに重きを置いており、2018年はほとんどの試合で相手チームよりも高いボール支配率を維持。だが、ロシア・ワールドカップの韓国代表戦では74%ものポゼッションを記録しながらも、土壇場で前がかりになったところ2失点を喫し、0-2で敗れている。<br><br>ワールドカップでの失意のみならず、UEFAネーションズリーグでもフランス代表とオランダ代表に後塵を拝して降格が決定したドイツ代表の不振を受け、ブリーゲル氏はグアルディオラ監督のスタイルや哲学により、ドイツ本来のフットボールを失ってしまったとイタリア『Repubblica』で話した。<br><br>「フットボールににおいて結果は試合を支配することよりも重要であるという非常に単純な原理が我々の頭の中から消えてしまった。バイエルン・ミュンヘンにグアルディオラがやって来て以降、何かが変わってしまった。我々は勝利のために75%ものポゼッションが必要だと錯覚を起こしている」<br><br>「しかし、ボールを支配すれば必ずしも勝利を手にできるわけではない。近年やワールドカップ王者のフランスは、相手にボールを渡して、なおかつ50%未満のポゼッションでも勝利できることを証明している」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.19 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯惨敗にUNLで降格…ドイツ代表の1年を振り返るレーブ「失望の年だった」

ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が、2018年を振り返った。<br><br>16日に行われたUEFAネーションズリーグで、Aリーグのグループ1ではフランスとオランダが対戦。オランダが2-0で快勝している。<br><br>この結果、グループ1はフランスが勝ち点7で首位。オランダが同6で続き、ドイツは同1。オランダとの最終節を残しているものの、ドイツはこの時点でグループ最下位が決まり、リーグBへの降格が決まった。<br><br>レーブ監督は降格を悔やみつつ、EURO2020へ向けて再スタートを切ると語っている。<br><br>「我々にとって、この結果はもちろん厳しい。リーグAに残るチャンスがなくなったからね。それを受け入れなければならない。だが、EURO2020に向けて明確なオリエンテーションがある。そのためには予選を勝ち抜き、強いチームを大会へ送り込みたい」<br><br>「引き続き若手選手のためにもスペースを明けていくつもりだ。徐々に代表チームへと溶け込ませたい」<br><br>2014年のワールドカップ王者にとって、今年は厳しい年となった。連覇を目指したロシアW杯では、まさかのグループ最下位で敗退。巻き返しを目指したネーションズリーグでも、最下位でリーグBへの降格が決定した。<br><br>レーブ監督は苦しい年だったと認めつつ、20日のオランダとの今年最終戦で、ファンへ良いお別れをしたいと意気込んでいる。<br><br>「今年は全体的に失望の年だった。月曜日のゲルゼンキルヒェンで良い試合をして、ファンへお別れを告げたいね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.17 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

若手躍動のドイツが久々の快勝、ロシアに3発《国際親善試合》

▽ドイツ代表は15日、国際親善試合でロシア代表とホームで対戦し、3-0で快勝した。 ▽先月のUEFAネーションズリーグ(UNL)2試合を連敗したドイツは、4日後にUNL最終戦のオランダ代表戦を控える中、[3-4-3]を採用。GKにノイアー、3バックに右からギンター、ジューレ、リュディガー、中盤に右からケーラー、キミッヒ、ハフェルツ、ヘクター、3トップに右からニャブリ、ヴェルナー、ザネと並べた。 ▽5日後にUNL最終戦のスウェーデン代表戦を控えるロシアに対し、立ち上がりからドイツが仕掛けると、8分に先制した。ケーラーのスルーパスに抜け出したニャブリがボックス右から折り返し、ザネが難なく押し込んだ。 ▽その後も攻勢に出るドイツは23分、ハフェルツの左クロスにザネがヘディングで合わせたシュートはGKの守備範囲に飛ぶ。それでも26分、右CKからルーズボールを拾ったジューレ右足で蹴り込み、リードを広げた。 ▽一方的な展開とするドイツは30分にヘクターがボレーシュートで牽制すると、40分に3点目を奪った。ハフェルツのスルーパスに抜け出したニャブリがボックス中央に侵入し、GKとの一対一を制した。 ▽後半開始直後、イオノフに際どいシュートを打たれたドイツだったが、その後は試合をコントロール。互いに選手も入れ替えたことで試合のテンションは落ち、そのまま3-0でドイツが勝利。不振に喘いでいたドイツが若手の躍動で久々の快勝としている。 2018.11.16 06:59 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース