フランス先行もドイツが2度追いつく! 強豪同士のハイレベルな戦いは2-2のドロー!《国際親善試合》2017.11.15 06:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のドイツ代表vsフランス代表が14日に行われ、2-2の引き分けに終わった。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループCを首位通過したドイツと、グループAを首位通過したフランスの一戦。ドイツは[4-2-3-1]の布陣を採用し、GKトラップ、守備陣は右からジャン、ジューレ、フンメルス、プラッテンハールトが並び、ダブルボランチにケディラとクロース。2列目にはエジル、ギュンドアン、ドラクスラーが配置され、ワントップにはヴェルナーが起用された。

▽一方のフランスは[4-3-3]を採用。ゴールマウスを守るのはマンダンダ。ディフェンスラインに右からジャレ、ヴァラン、ユムティティ、ディーニュ。中盤はラビオがアンカーに入り、トリッソとマテュイディがインサイドハーフに。3トップはムバッペ、ラカゼット、マルシャルが並んだ。

▽強豪国同士の一戦となったこの試合。マルシャルやムバッペら若いタレントが躍動したフランスが主導権を握る。19分、DF2人に阻まれながらも、ボックス右に侵攻したラカゼットがそこからゴールを狙うが、GKトラップがファインセーブでゴールを許さない。

▽ヤングスターの勢いとテクニックで攻めるフランスは33分、マルシャルが個人技でDFをかわし、さらにはGKまでかわしながらゴール前のラカゼットにラストパス。フリーのラカゼットはこれを冷静に押し込んでフランスが先制した。

▽迎えた後半はドイツが盛り返す。53分、ドラクスラーの左サイドの突破から、途中出場のリュディガーがクロスに合わせるが、うまくミートできず枠を外れてしまう。その直後、カウンター場面でペナルティアーク付近のエジルからのスルーパスに抜け出したヴェルナーがGKとの一対一を制し同点に。

▽勢いに乗るドイツはさらに、70分にもボックス手前右の位置でFKを獲得。キッカーのクロースがクロスバー直撃の際どいシュートを浴びせ逆転の予感を漂わせる。

▽しかし、ドイツは一瞬の隙を許しフランスの勝ち越し弾を許してしまう。71分、敵陣中央でボールを持ったムバッペが、ドイツのディフェンスラインがずれて空いたスペースにスルーパスを通すと、そこに走り込んだのはラカゼット。1本のパスで最終ラインを抜け出したラカゼットが冷静にGKトラップの守るゴールマウスを破った。

▽試合もこのまま進み、後半アディショナルタイムに入った93分、敵陣中央右でボールを持ったエジルは、ボックス右のゲッツェにパスを送る。ゲッツェはワンタッチでこれをはたくと、それに反応したシュティンドルがニアを突くシュートを流し込んでドイツが土壇場で追いついた。

▽そして試合終了の笛。フランスの流れで始まった試合も終わってみれば2-2。ドイツvsフランスの好カードはドローに終わった。

コメント

関連ニュース

thumb

DFB会長がエジルに謝罪 落ち度認める

▽ドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長が代表引退を表明したアーセナルのMFメスト・エジルに謝罪した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽エジルはロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前、自身のルーツとなるトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会談した当時の写真撮影が政治的意思を込めたものと捉えられ、ファンやメディアだけでなく、DFB内部の反感を買うことに。グループステージ敗退に終わったロシアW杯後の批判がエジルに集まる中、グリンデル会長もDFBの重鎮である身ながら苦言を呈したことが明らかになっている。 ▽そういったバッシングに嫌気がさしたエジルは結局、ロシアW杯後に代表引退を表明。自身のSNSを通じて、政治的意思が皆無だったことや、一連のメディアとDFBの対応に反論するなど、人種差別に対する怒りを滲ませ、グリンデル会長を名指しで批判した。 ▽その衝撃の出来事から一定期間を経て、グリンデル会長がついに沈黙を破り、ドイツ『ビルト』でエジルに対して次のように謝罪した。 「様々な方面から人種差別的な攻撃があったことを思えば、私自身、もっと立場を明確にすべきだった。そして、メスト・エジル側に立つべきだった」 「あのような攻撃は全くもって許されがたきことであり、私自身が意見を発するべきだった。DFBから見捨てられた気持ちにさせて申し訳なく思う」 「だが、彼のW杯におけるパフォーマンスについてコメントしていないことは強調しておきたい。勝つときも、負けるときも一緒であるということに疑いの余地はない」 「1人の選手だけを批判するということは愚かな行為だ」 2018.08.20 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

31歳ケディラ、代表キャリア続行に意欲「より優れた選手がいるのなら受け入れるが…」

▽31歳になったユベントスのMFサミ・ケディラに、ドイツ代表を引退する考えはないようだ。 ▽前回王者としてロシア・ワールドカップ(W杯)に臨んだドイツ。しかし、初戦のメキシコ代表戦に敗れると、続くスウェーデン代表戦には勝利したものの、最終節の韓国代表戦で敗れ、1勝2敗でグループF最下位に。屈辱の成績で早期敗退を喫した。 ▽その後、ドイツ代表ではトルコにルーツを持つアーセナルのMFメスト・エジル(29)が自身への人種差別を訴えて代表を引退。シュツットガルトのFWマリオ・ゴメス(33)も自身のフェイスブックで引退を発表した。 ▽一方で、レアル・マドリーのMFトニ・クロース(28)は、代表キャリア続行の意思を表明。そんな中、ケディラは自身のインスタグラム(sami_khedira6)で、新シーズンへの抱負を語ると共に、ドイツ代表での自身のキャリアについて言及した。 「ドイツ代表での将来についてだが、代表はチームの成功とパフォーマンスが重要だ。そのため、その国の最高の選手によって構成されなくてはならない。選手として代表に呼ばれるということは、その国や地域を代表することであり、そのようなチームでプレーできることはとても名誉なことだ」 「より優れた選手が今いるのであれば、私はそれを受け入れるし、理解しなくてはならない。ただ、もし私がドイツ代表に貢献できると思われ、代表チームに招集されるならば名誉と責任、そして誇りと喜びをもってドイツの成功のために努力し続けるよ」 2018.08.17 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

クロースがドイツ代表続行を表明! 2020年のユーロを視野に

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(28)が代表キャリア続行を表明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽クロースは、2010年のドイツ代表デビュー以降、通算85キャップ(13得点)を記録。3度のワールドカップ出場を誇り、2010年大会の優勝にも貢献した。 ▽MFメスト・エジルやFWマリオ・ゴメスらが代表から退くなど、世代交代が進むドイツ代表だが、クロースは代表キャリアを続ける意向を明かしている。 「2020年のユーロまで続ける。前回より良い成績を残すという大きな目標を自分に設定した」 「ヨアヒム・レーブと良い話し合いができた。一緒に解決策を見つけていくためにも、ここで休憩したい」 「ヨアヒムの理解に感謝したい」 2018.08.17 11:05 Fri
twitterfacebook
thumb

クロース、電撃引退のエジルに「ナンセンス」

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが代表引退を表明したアーセナルのMFメスト・エジルを酷評した。 ▽エジルは7月22日、ドイツ代表からの引退を電撃的に表明。トルコ系移民である自身のルーツに対する差別が原因であることを明らかにしている。 ▽ドイツ『ビルト』のインタビューに応じたクロースは、そのエジルの行動について次のように言及。同情するどころか、叱咤した。 「メストは、国際的な価値のある選手。選手として、もっと良い去り方があるはずさ」 「だから、彼のやり方は良くなかった」 「声明の一部は、残念ながらかなり多くのナンセンスなものばかりだ」 「代表チームとDFB内にいかなる人種差別も存在しない。彼も良く知っているはずだよ」 2018.08.17 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

クロップ、またしてもS・ラモスを“口撃”「手段を選ばず勝とうと思わない」

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを苛烈に批判した。スペイン『アス』が、ドイツ『Sport1』を引用して伝えている。 ▽リバプールは昨シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)決勝で連覇中だった王者レアル・マドリーと激突。しかし、前半半ばの30分、セルヒオ・ラモスと交錯したFWモハメド・サラーが負傷退場することに。結局、エースを欠いたリバプールは1-3の完敗を喫し、マドリーの3連覇を止めることはできなかった。 ▽上記の試合に関して、クロップ監督はセルヒオ・ラモスに対する怒りを露わにしており、先月末には「あいつはレスラーか? 」と揶揄。さらに今月、『Sport1』のインタビューでは以下のように感情を爆発させている。 「手段を選ばずに勝ちたいとは思わない」 「もちろん、チャンピオンズリーグの優勝者になりたかった。もし様々な分別の無い行動が明らかにされていれば、タイトルを渡すことはなかっただろう」 「彼(セルヒオ・ラモス)にそれ(トロフィー返上)を期待しているわけではない。私が望むことは、あのシチュエーションでの自身の判断について彼がもっと考えることだ」 「もしかしたら偶然だったかもしれない。しかし、(モハメド・)サラーは彼のフットボール人生において際立ったフェイズでゲームからつまみ出された。フィールドの中央付近でね」 「大多数の人々は、こういうことは起こると言うだろう。しかし、もしそういったメッセージを僕らが子供たちに送ってしまえば、勝利が全てであり度を超すものはないということになる。そうすれば、私は40年でこの星を去ることを喜ぶだろうね」 「私がグッドルーザーかって? 違うよ。だが、準備段階でラモスについて話す必要があった。彼は前年のユベントス戦でもダイブに(フアン・クアドラードに対する)レッドカード誘発で影響を与えていたからね」 「レアル・マドリーはチャンピオンズリーグの勝者に相応しいし、誰も文句は付けないだろう。しかし、ラモスによるああいったシチュエーションを受け入れるべきだったか? そうじゃないだろう」 ▽マドリーというクラブに対してではなく、セルヒオ・ラモスという個人に対する批判を公の場で繰り返しているクロップ。発言力を持っている人物としてはかなり過激なコメントだが、エースのサラーやクラブを愛する故の言動かもしれない。 2018.08.11 15:05 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース