日本、ベルギーに善戦もルカクの一撃に沈んで惜敗《国際親善試合》2017.11.15 06:44 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は14日、ベルギー代表とアウェイで国際親善試合を戦い、0-1で惜敗した。

▽4日前に行われたブラジル代表との親善試合を1-3と敗れて実力差を見せ付けられた日本は、そのブラジル戦のスタメンから2選手を変更。長谷部と久保に代えて代表デビューとなる長澤と、浅野が先発に名を連ねた。

▽一方、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でギリシャやボスニア・ヘルツェゴビナらと同居したグループを9勝1分けの無敗で通過したベルギーは、4日前に行われたメキシコ代表との親善試合を3-3と引き分けた。そのメキシコ戦のスタメンから5選手を変更。負傷したアザールの他、GKクルトワやティーレマンスらに代わってメルテンスやヴェルトンゲン、T・アザールらをスタメンで起用し、[3-4-3]で臨んだ。

▽立ち上がり、右サイドの浅野のスピードを使って仕掛ける日本が、ベルギーにプレッシャーをかけていく。ボールホルダーにも激しく当たることで応戦していったが、ベルギーのカウンターを浴びてしまう。まずは8分、カウンターからデ・ブライネに枠内シュートを打たれると、続く13分にもカウンターからルカクにゴール至近距離からシュートを浴びかけるも、GK川島が身体を張ったセーブで凌いだ。

▽徐々に地力に勝るベルギーにポゼッションを高められた日本は、22分にピンチ。ムニエが右サイドを持ち上がってグラウンダーのクロスを折り返すと、ペナルティアーク右のデ・ブライネがダイレクトでシュート。枠の左を捉えていたが、ここもGK川島が好守で凌いだ。

▽やや押し込まれる展開となった日本は26分、酒井宏の右クロスから大迫がヘディングシュートを浴びせたが、35分にもピンチ。メルテンスの左クロスにルカクがプッシュ。だが、ここも三度GK川島が好守で防いだ。

▽すると40分には日本にチャンス。右サイドからの井手口のFKに吉田がヘッド。しかし、枠の上に外れてしまった。

▽ゴールレスで迎えた後半、ベルギーが前がかる入りとなった中、日本は54分に大迫がミドルシュートでけん制。

▽一方、攻めあぐねるベルギーは60分にメルテンスに代えてミララスを、63分にデ・ブライネに代えてデンベレを投入する。

▽引き続きベルギーの攻撃をうまく抑えていた日本は森岡と久保を投入した中、70分に森岡が左足ミドルでこの試合初のオンターゲットを記録。

▽しかし72分、シャドリのドリブル突破を許すと、ボックス左へ侵入されて折り返されたクロスをルカクにヘッドで押し込まれた。

▽失点後、大迫と原口に代えて杉本と乾を投入した日本は77分、カバセレのミスを突いて杉本が独走。左足ミドルでゴールを狙ったが、GKミニョレの好守に阻まれてしまった。さらに78分、乾が左サイドからのカットインシュートでGKミニョレを襲うも、ここも好守に阻止されてしまう。

▽終盤にかけても攻めにかかった日本だったが、チャンスを生み出すには至らず0-1のまま惜敗。ブラジル戦で浮き彫りとなった守備の課題は一定の修正を見せたが、攻撃面に課題が残る形となった。

コメント

関連ニュース

thumb

コラボキャンペーン開催!「ヴィクトリア」で観戦グッズを揃えて「HUB」で応援しよう!

▽スポーツ専門店「ヴィクトリア」が、British Pub「HUB」、「82」とコラボレーション!お得なコラボキャンペーンを6月14日(木)から7月31日(火)の期間限定で実施する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>▽世界的にスポーツが盛り上がるこのシーズン、感動や興奮を多くの人たちと共有したい方のために、「ヴィクトリア」と「HUB」がコラボ。プレーする人、応援する人のどちらにとっても充実したスポーツ用品を取り揃えている「ヴィクトリア」、「年齢も職業も性別も違う人が自由に集まり、それぞれの楽しみ方で素の自分に戻れる場所」を提供している「HUB」と「82」が感動の価値を届けるため、異業種コラボが実現した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽今回のコラボキャンペーンでは、期間中に東京、千葉、埼玉、神奈川の「ヴィクトリア」、「スーパースポーツゼビオ」の対象店舗にて、観戦グッズや応援グッズはもちろんのこと、スパイクやトレーニングウェアなど実用品など、スポーツ用品を税込み1,080円以上購入された方に、同じく1都3県にある「HUB」と「82」で利用できる『ドリンク1杯無料クーポン件』がプレゼントされる。 ▽「HUB」と「82」では、期間中にスポーツパブリックビューイングを実施。「ヴィクトリア」や「スーパースポーツゼビオ」で応援グッズを購入し、ドリンク無料券をゲットして、パブリックビューイングに参加しよう! <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※クーポン券のご利用は税込み1,000円以下のドリンクに限ります。 ※日本代表戦は予約制のためご利用いただけません。 ※未成年者のみでの「HUB」「82」店舗への入店はお断りしておりますのでご了承下さい。</span><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>【キャンペーン対象店舗】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2018.06.20 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

数的不利跳ね返せず黒星スタート…コロンビア代表指揮官「ポジティブなことがあるとすれば…」

▽コロンビア代表を率いるホセ・ペケルマン監督が、日本代表戦を振り返った。『ESPN』が伝えている。 ▽2大会連続6回目のW杯出場となったコロンビアは19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節で日本と対戦。序盤から日本を押し込みたかったコロンビアだったが、試合開始早々の3分にボックス内でのハンドで決定機を阻止したカルロス・サンチェスにレッドカードが提示されてしまう。そのPKから先制点を許すと、39分にはキンテーロのFKで試合を振り出しに戻したが、73分に勝ち越しゴールを決められ、1-2で初戦を落とした。 ▽試合後、ぺケルマン監督は日本戦を回想。試合開始早々に数的不利の状況になりながらも1点を返したことについてポジティブに捉え、次戦に切り替えた。 「我々は全く違う結果を予想していた。勝利してスタートを切りたいと思っていた」 「ポジティブなことがあるとすれば、困難な状況に対応し、一度はなんとか試合を振り出しに戻せたことだ。そのことについてはとても良いリアクションであったと思う。これを示し続ければ、残りの試合で良い結果が残せるはずだ。これからの2試合で今回の敗戦を補うことができる」 「途中からピッチへ送り出した選手によって、私が守備的なスタイルを展開することを望んでいないことを示した。日本を苦しめるためにより前方へパスを送り、両サイドを使ってプレーしたかった」 2018.06.20 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ベッカムサプライズ登場! 日本代表の歴史的勝利にお台場が歓喜! 《2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLZONE》

▽日本のフットボールを盛り上げるスポーツコミュニティパーク『ODAIBA FOOTBALLZONE 2018』は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦に臨む日本代表の初戦となるコロンビア代表戦のパブリックビューイングを、アクアシティお台場で開催した。 ▽試合開始前には元日本代表の中田浩二氏とヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが登壇。日本が勝利するためには何が必要かと尋ねられたポドルスキは、「日本のスカウティング担当がどういう選手を使えばいいか、分かってくれているといいな」と2014年のブラジルW杯王者として独特の見解を示した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、日本代表のユニフォームを着て登場したポドルスキは、日本代表に入る気はあるかと問われると「呼ばれればね。今からでもロシアに行くよ(笑)」とコメントし、会場を沸かせた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽そして、ハーフタイム中にはなんと元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏がシークレットゲストとして登場。「ポルトガルvsスペインなんかの物凄い試合が行われているけど、やっぱり今日の日本とコロンビアは注目。日本は物凄く若いチームではあるけど、一体となっている感じがする」と日本を評した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、日本代表のユニフォームを中田氏から手渡され、「もの凄く素晴らしいユニフォームで色とデザインのセンスも抜群」と感想を述べたベッカム氏は、スタッフが用意したボールにサイン。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽MCからまだプレゼントの抽選方法が決まっていないがどうしたらいいか、と相談されると「キックかな」と返答。ボールを蹴り込む際にはスタジアムが大きな歓声に包まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽降壇する前に「日本に来るたびにすごく楽しいし家族も日本が大好きなんだ。後半もぜひ日本に頑張って欲しい」と日本にエールを送ったベッカム氏。その言葉の通り、日本が2-1で勝利を収めると2100人のサポーターが詰めかけたPV会場は歓喜の渦に巻き込まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽国中に希望をもたらした日本代表は、24日の24:00にセネガル代表との第2戦を迎える。 2018.06.20 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「グループの行方を複雑にした」ポーランド紙が日本の勝利を“マイアミの奇跡を再現”と伝える

日本代表と同じくグループHに入るポーランド代表の地元メディアは、コロンビア代表戦の勝利を&ldquo;ミラクル&rdquo;と報じた。<br><br>19日に行われたワールドカップのグループH初戦で日本代表はコロンビア代表と対戦。開始早々にコロンビア代表が退場者を出して得たPKを、香川真司が冷静に沈めて日本代表が先制点に成功する。一時はFKからコロンビア代表に同点弾を許したものの、後半には大迫勇也がCKに頭で合わせて決勝点を挙げ、2-1で日本代表が勝利した。<br><br>日本代表の勝利をポーランド『PREZEGLAD SPORTOWY』は「10人に陥った本命のコロンビアを日本が2-1で沈めた。これでグループHのシチュエーションが複雑になった」と伝えた。<br><br>同記事では、アトランタ五輪でブラジル撃破の快挙を成し遂げた&ldquo;不可能なことのスペシャリスト&rdquo;西野朗監督の手腕を称賛。「アキラ・ニシノは1996年に全くチャンスがないと考えられていたブラジル戦で1-0の勝利を挙げた。これは日本で&ldquo;マイアミの奇跡&rdquo;と呼ばれている。ニシノはワールドカップが開幕する4月に就任したばかりだが、サランスクで再び奇跡を起こした」<br><br>また、この試合について同メディアは「2009年にセレッソ大阪でともにプレーしたシンジ・カガワとタカシ・イヌイのデュオが試合を支配した」と2選手の活躍に言及。さらに、この試合のヒーローとして大迫勇也の名前を挙げ「オオサコは後半2度の決定機を逃したが、最後に得点を奪った」と決勝点をマークしたストライカーを高く評価した。<br><br>そして、最後に「日本がグループ初戦に勝利したことで、このグループの行方を複雑にした」と日本代表がサプライズを起こしたことによって、ポーランド代表、セネガル代表、コロンビア代表で争われると考えられていたグループHだが、突破のためには多くの計算が必要になったとまとめた。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バックアップメンバーのFW浅野拓磨が帰国

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場している日本代表にバックアップメンバーとして参加していたハノーファーのFW浅野拓磨が帰国することが決定したことを発表した。 ▽浅野は20日に帰国予定。グループHに所属する日本は、19日にコロンビア代表と対戦して2-1で勝利した。24日にセネガル代表、28日にポーランド代表と対戦する。 2018.06.20 09:15 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース