イウォビ&イヘアナチョの若手コンビ躍動のナイジェリアがアルゼンチンに逆転勝利!《国際親善試合》2017.11.15 03:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のアルゼンチン代表vsナイジェリア代表が14日に行われ、ナイジェリアが4-2で勝利した。

▽共に来年行われるロシア・ワールドカップ出場を決定させている強豪チーム同士の一戦。アルゼンチンは、11日に行われたロシア代表戦から先発4人を変更。疲労の影響で早期離脱のメッシに加え、GKロメロ、サルビオ、クラネビッテルが先発を外れ、GKマルチェシン、バネガ、パボン、ディバラが起用された。

▽試合は立ち上がりからアルゼンチンペースで進んでいくが、なかなかフィニッシュの形を作れない。それでも、攻勢を続けるアルゼンチンは27分、ボックス手前中央左の好位置でFKを獲得。これをキッカーのバネガがGKとの駆け引きを制し、オープンサイドのゴール右隅へ流し込んだ。

▽バネガの見事な直接FK弾で均衡を破ったアルゼンチンは、その後も31分にエンソ・ペレス、32分にロ・セルソと立て続けにシュートを放ち2点目に迫る。すると36分、味方からのロングスルーパスに抜け出したパボンがボックス右からグラウンダーで折り返すと、最後はゴール前に走り込んだアグエロがワンタッチで合わせ、2試合連続ゴールを奪った。

▽一方、2点のビハインドを負ったナイジェリアだが、前半終了間際の44分にボックス手前中央の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのイヘアナチョが左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール左隅に吸い込まれ、前半のうちに1点を返した。

▽迎えた後半、アグエロを下げてベネデットを投入したアルゼンチンに対して、ナイジェリアはバックラインを中心に3選手を交代させた。

▽後半に入って攻勢を強めるナイジェリアは、怒涛の攻撃で試合を引っくり返す。52分、右サイドのボックス付近でパスを受けたイヘアナチョが左足でグラウンダーの折り返しを入れると、これをボックス中央のイウォビが丁寧なダイレクトシュートでゴール左隅に流し込む。続く54分には相手陣内中央のミケル、イウォビ、イヘアナチョが鮮やかなダイレクトパスからペナルティアーク付近に走り込んだ途中出場のイドウが冷静な右足のシュートで決め、逆転に成功した。

▽緩慢な守備から連続失点を喫したアルゼンチンは、ロ・セルソとディバラを下げてアレハンドロ・ゴメス、ベルスキを続けて投入するも、一度失った流れを取り戻せない。逆に、73分にはイヘアナチョに代わって投入されたムサに右サイド深くで起点を作られ、中央に折り返されたボールに対して、DF3枚がうまく対応できずイウォビの見事な個人技から左足のシュートを決められた。

▽何とか意地を見せたいアルゼンチンは、ペロッティやリゴーニといったアタッカーを投入するも、後半に入って決定機を作れないチームは、終盤にベネデットのヘディングシュートなどでゴールに迫ったものの、1ゴールも奪えないまま2-4でタイムアップ。W杯出場チーム同士の一戦は、イウォビとイヘアナチョの若手コンビが躍動したナイジェリアに軍配が上がった。

コメント

関連ニュース

thumb

スカローニ暫定体制のアルゼンチンが来月の代表戦に向けて招集候補メンバー発表! メッシやディ・マリアは招集外《国際親善試合》

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は17日、来月行われる国際親善試合に向けたアルゼンチン代表候補メンバー35名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でラウンド16敗退を強いられたアルゼンチンは大会後にホルヘ・サンパオリ監督を解任。そして、後任人事が未定の中でリオネル・スカローニ氏を暫定指揮官に指名した。 ▽その新体制で臨む今回の代表ウィークに向けてはエースでキャプテンのFWリオネル・メッシやFWセルヒオ・アグエロらのマンチェスター・シティ勢、パリ・サンジェルマンのMFアンヘル・ディ・マリアなどが招集外に。代わってFWジオバンニ・シメオネやFWラウタロ・マルティネスなど欧州クラブに所属する若手や国内で活躍する選手が中心に選出された。 ▽なお、アルゼンチンは9月7日にグアテマラ代表と、同11日にコロンビア代表とのフレンドリーマッチに臨む。 <span style="font-weight:700;">◆アルゼンチン代表候補メンバー35名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ロメロ</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヘロニモ・ルジ</span>(ソシエダ/スペイン) <span style="font-weight:700;">フランコ・アルマーニ</span>(リーベルプレート) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ガブリエル・メルカド</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マルコス・アクーニャ</span>(スポルティング/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">ラミロ・フネス・モリ</span>(ビジャレアル/スペイン) <span style="font-weight:700;">ヘルマン・ペッゼッラ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">エドゥアルド・サルビオ</span>(ベンフィカ/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">ニコラス・タグリアフィコ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">ワルテル・カンネマン</span>(グレミオ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">アラン・フランコ</span>(インデペンディエンテ) <span style="font-weight:700;">レオネル・ディ・プラシド</span>(ラヌース) <span style="font-weight:700;">ファブリシオ・ブストス</span>(インデペンディエンテ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マクシミリアーノ・メサ</span>(インディペンディエンテ) <span style="font-weight:700;">マティアス・バルガス</span>(ベレス・サルスフィエルド) <span style="font-weight:700;">フランコ・セルビ</span>(ベンフィカ/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">フランコ・バスケス</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ジオバニ・ロ・セルソ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">レアンドロ・パレデス</span>(ゼニト/ロシア) <span style="font-weight:700;">サンティアゴ・アスカシバル</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マヌエル・ランシーニ</span>(ウェストハム/イングランド) <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・バッタリア</span>(スポルティング/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">エセキエル・パラシオス</span>(リーベルプレート) <span style="font-weight:700;">ゴンサロ・マルティネス</span>(リーベルプレート) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">クリスティアン・パボン</span> (ボカ・ジュニアーズ) <span style="font-weight:700;">アンヘル・コレア</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ラウタロ・マルティネス</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">マウロ・イカルディ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ジオバンニ・シメオネ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">パウロ・ディバラ</span>(ユベントス/イタリア) 2018.08.18 00:25 Sat
twitterfacebook
thumb

テベス、メッシとの再会に「彼は幸せな気分にしてくれる」

▽ボカ・ジュニアーズに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの再会を楽しみにしているようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽毎年8月バルセロナが主催し、本拠地カンプ・ノウに国内外からクラブを招いて行われるジョアン・ガンペールカップ。今回はボカ・ジュニアーズが招待されて、両者は15日に対戦する。 ▽ボカ・ジュニアーズのテベスは、かつてのアルゼンチン代表のチームメイトであるメッシについて言及。敵味方関係なく、同じピッチで共にプレーできる喜びを語った。 「彼とプレーすることは、常に美しいことだよ。共にプレーする時、幸せな気分にさせてくれるんだ」 「それが(相手として)対戦する時であろうと、(チームメイトとして)近くでプレーを観れる時であろうとね。今回もきっと幸せにしてくれるはずさ」 2018.08.15 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ、年内アルゼンチン代表不参加へ…このまま代表引退の可能性も?

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、年内の代表活動を休止する決断を下したようだ。スペイン『マルカ』がアルゼンチン『TNT Sports』を引用して伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16敗退に終わったアルゼンチン代表。W杯終了後、ホルヘ・サンパオリ監督を解任し、現在はリオネル・スカローニ氏が暫定的に指揮を執っている。 ▽そんなアルゼンチン代表は9月7日にグアテマラ代表、同月11日にコロンビア代表、10月にはブラジル代表と国際親善試合で対戦。今回伝えられるところによると、メッシはこれらの試合に出場しない見込みのようだ。2019年にブラジルで開催されるコパ・アメリカへの出場も不透明だという。 ▽これまでロシアW杯が自身の唯一手にしたことがない主要タイトル獲得の「最後のチャンス」と語り、W杯終了後の世代交代についても言及してきたメッシ。このまま代表引退となる可能性もあるだけに、今後どのような決断を下すのか注目だ。 2018.08.15 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月10日は、ネッラズーリの永遠の背番号「4」強烈なキャプテンシーを備えたアルゼンチンの英雄

◆ハビエル・アデマール・サネッティ 【Profile】 国籍:アルゼンチン クラブ:インテルなど 誕生日:1973年8月10日 ポジション:DF 身長:178㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月10日は、元アルゼンチン代表DF[ハビエル・サネッティ氏だ。 ▽1991年に母国のタジェレスでプロキャリアをスタートさせたサネッティはCAバンフィエルドを経て1995年にインテルに移籍。強烈なキャプテンシーでチームをまとめ上げ、インテルでは5回のセリエA制覇、4度のコッパ・イタリア優勝、2009-10シーズンにはチャンピンズリーグ優勝も成し遂げ、ネッラズーリの黄金時代を築いた。 ▽インテルでは、イタリアのクラブでプレーする外国人選手として最多となる公式戦出場857試合の記録を保持。さらに、1994年にデビューしたアルゼンチン代表では歴代最多の公式戦145試合に出場した鉄人だ。 ▽そんなサネッティは2014年に現役を引退し、長年身に着けていた背番号「4」が永久欠番に。現在はインテルの副会長を務めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 角野卓造(俳優) 筧利夫(俳優) 北澤豪(元サッカー選手/解説者) ロイ・キーン(元サッカー選手/指導者) 安倍なつみ(歌手/元モーニング娘。) 速水もこみち(俳優) 渡邊千真(サッカー選手/ヴィッセル神戸) ベン・サハル(サッカー選手/ハポエル・ベエルシェバFC) 門脇麦(女優) 中島裕翔(アイドル/Hey! Say! JUMP) 齋藤飛鳥(アイドル/乃木坂46) ベルナルド・シウバ(サッカー選手/マンチェスター・シティ) 2018.08.10 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“スーペル・デポル”の一員であるスカローニ氏がアルゼンチン代表暫定指揮官に就任

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は2日、リオネル・スカローニ氏(40)がアルゼンチン代表を暫定的に指揮することを発表した。 ▽ロシア・ワールドカップにも出場したアルゼンチン代表は、ホルヘ・サンパオリ監督が指揮を執っていた。しかし、FWリオネル・メッシの起用法などを巡り、チームは崩壊。グループステージは突破したものの、ラウンド16でフランス代表と対戦し敗戦。大会を後にしていた。 ▽ワールドカップ終了後、サンパオリ監督は解任。監督が未定だったが、来年のコパ・アメリカに向けた親善試合が行われるため、スカローニ氏が暫定的に指揮を執ることが決定した。 ▽スカローニ氏は、右サイドバックを主戦場に守備的なポジションでプレー。ニューウェルス・オールドボーイズでキャリアをスタートさせ、アルゼンチンではエストゥディアンテスでもプレー。その後はヨーロッパに活躍の場を移し、デポルティボ・ラ・コルーニャでは“スーペル・デポル”の一員として活躍。ウェストハム、ラシン・サンタンデール、ラツィオ、マジョルカ、アタランタでもプレーし、2015年7月にアタランタで現役を引退していた。 ▽リーガエスパニョーラでは通算245試合に出場し15ゴール1アシスト。セリエAでは67試合に出場し1ゴール3アシスト。チャンピオンズリーグにも54試合出場し2ゴールを記録している。 ▽アルゼンチン代表としては6キャップに終わったが、2006年のドイツ・ワールドカップのメンバーに招集され、1試合に出場。ユース時代からホセ・ペケルマン監督の元でプレーしており、1997年にはワールドユースで優勝している。 ▽なお、コーチングスタッフには、かつてアルゼンチン代表として活躍したパブロ・アイマール氏とサンパオリ監督時代からGKコーチを務めていたマルティン・トカッリ氏となることも発表されている。 2018.08.03 18:56 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース