超ワールドサッカー

イウォビ&イヘアナチョの若手コンビ躍動のナイジェリアがアルゼンチンに逆転勝利!《国際親善試合》2017.11.15 03:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のアルゼンチン代表vsナイジェリア代表が14日に行われ、ナイジェリアが4-2で勝利した。

▽共に来年行われるロシア・ワールドカップ出場を決定させている強豪チーム同士の一戦。アルゼンチンは、11日に行われたロシア代表戦から先発4人を変更。疲労の影響で早期離脱のメッシに加え、GKロメロ、サルビオ、クラネビッテルが先発を外れ、GKマルチェシン、バネガ、パボン、ディバラが起用された。

▽試合は立ち上がりからアルゼンチンペースで進んでいくが、なかなかフィニッシュの形を作れない。それでも、攻勢を続けるアルゼンチンは27分、ボックス手前中央左の好位置でFKを獲得。これをキッカーのバネガがGKとの駆け引きを制し、オープンサイドのゴール右隅へ流し込んだ。

▽バネガの見事な直接FK弾で均衡を破ったアルゼンチンは、その後も31分にエンソ・ペレス、32分にロ・セルソと立て続けにシュートを放ち2点目に迫る。すると36分、味方からのロングスルーパスに抜け出したパボンがボックス右からグラウンダーで折り返すと、最後はゴール前に走り込んだアグエロがワンタッチで合わせ、2試合連続ゴールを奪った。

▽一方、2点のビハインドを負ったナイジェリアだが、前半終了間際の44分にボックス手前中央の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのイヘアナチョが左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール左隅に吸い込まれ、前半のうちに1点を返した。

▽迎えた後半、アグエロを下げてベネデットを投入したアルゼンチンに対して、ナイジェリアはバックラインを中心に3選手を交代させた。

▽後半に入って攻勢を強めるナイジェリアは、怒涛の攻撃で試合を引っくり返す。52分、右サイドのボックス付近でパスを受けたイヘアナチョが左足でグラウンダーの折り返しを入れると、これをボックス中央のイウォビが丁寧なダイレクトシュートでゴール左隅に流し込む。続く54分には相手陣内中央のミケル、イウォビ、イヘアナチョが鮮やかなダイレクトパスからペナルティアーク付近に走り込んだ途中出場のイドウが冷静な右足のシュートで決め、逆転に成功した。

▽緩慢な守備から連続失点を喫したアルゼンチンは、ロ・セルソとディバラを下げてアレハンドロ・ゴメス、ベルスキを続けて投入するも、一度失った流れを取り戻せない。逆に、73分にはイヘアナチョに代わって投入されたムサに右サイド深くで起点を作られ、中央に折り返されたボールに対して、DF3枚がうまく対応できずイウォビの見事な個人技から左足のシュートを決められた。

▽何とか意地を見せたいアルゼンチンは、ペロッティやリゴーニといったアタッカーを投入するも、後半に入って決定機を作れないチームは、終盤にベネデットのヘディングシュートなどでゴールに迫ったものの、1ゴールも奪えないまま2-4でタイムアップ。W杯出場チーム同士の一戦は、イウォビとイヘアナチョの若手コンビが躍動したナイジェリアに軍配が上がった。

コメント

関連ニュース

thumb

アルゼンチン代表、オタメンディらに続きペッゼッラが離脱《国際親善試合》

▽フィオレンティーナは14日、アルゼンチン代表DFヘルマン・ペッゼッラが負傷によりチームに戻ったことを発表した。 ▽フィオレンティーナによるとペッゼッラは13日の代表練習中に太ももを負傷したとのことだ。アルゼンチン代表では既にDFニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)、MFマティアス・サラチョ(ラシン・クラブ)、MFエドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)の3選手が負傷により代表合流を辞退していた。 ▽アルゼンチンは16日にアウェイで、20日ホームでメキシコとダブルヘッダーの親善試合を行う。 2018.11.15 02:09 Thu
twitterfacebook
thumb

オタメンディやサルビオら3選手が負傷によりアルゼンチン代表辞退《国際親善試合》

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は12日、メキシコ代表との国際親善試合に向けたアルゼンチン代表メンバーから3選手が負傷により合流できないことを発表した。 ▽負傷により辞退することになったのはDFニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)、MFマティアス・サラチョ(ラシン・クラブ)、MFエドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)の3選手。オタメンディはアキレス腱を、サラチョは右ヒザを、サルビオは左足首を痛めているとのことだ。なお、彼らに代わる追加招集は発表されていない。 ▽アルゼンチンは16日にアウェイで、20日ホームでメキシコとダブルヘッダーの親善試合を行う。 2018.11.13 03:32 Tue
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表、GKガッサニーガとMFガストン・ヒメネスを追加初招集

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は9日、メキシコ代表戦に臨む代表メンバーに新たに2選手を追加招集したことを発表した。 ▽今回追加されたのはトッテナムGKパウロ・ガッサニーガと、アルゼンチンのベレスに所属するMFガストン・ヒメネス。ともに代表初招集となる。 ▽ガッサニーガは昨夏にサウサンプトンからトッテナムに加入した26歳。クラブではフランス代表GKウーゴ・ロリスと、元オランダ代表GKミシェル・フォルムに次ぐ第3GKという位置付けだが、両者が負傷したプレミアリーグ第6節と第7節ではゴールマウスを守り勝利に貢献。EFLカップでは2試合に出場している。 ▽ガストン・ヒメネスは今夏エストゥディアンテから移籍した27歳のMF。左利きでセントラルMFを主戦場としている。今季はここまで10試合に出場している。 ▽なお、アルゼンチンは16日にアウェイで、20日ホームでメキシコとダブルヘッダーの親善試合を行う。 2018.11.10 06:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ラメラが2016年9月以来の代表復帰! アルゼンチンがメキシコとのダブルヘッダーに向けたメンバーを発表《国際親善試合》

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は1日、今月行われるメキシコ代表との国際親善試合に向けたアルゼンチン代表メンバー30名を発表した。 ▽リオネル・スカローニ暫定指揮官が続くアルゼンチンは、今回の代表ウィークに向けてもエースでキャプテンのFWリオネル・メッシ(バルセロナ)やFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスタ・シティ)、FWゴンサロ・イグアイン(ミラン)、MFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)などが招集外となった。その一方、FWエリク・ラメラ(トッテナム)が2016年9月以来の代表復帰となった。 ▽なお、アルゼンチンは16日にアウェイで、20日ホームでメキシコとダブルヘッダーの親善試合を行う。 <span style="font-weight:700;">◆アルゼンチン代表候補メンバー30名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ロメロ</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヘロニモ・ルジ</span>(ソシエダ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アグティスン・マルチェシン</span>(クラブ・アメリカ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">レンソ・サラビア</span>(ラシン・クラブ) <span style="font-weight:700;">ワルテル・カンネマン</span>(グレミオ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">エマヌエル・マンマナ</span>(ゼニト/ロシア) <span style="font-weight:700;">ニコラス・タグリアフィコ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">ヘルマン・ペッゼッラ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">フアン・フォイス</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">ニコラス・オタメンディ</span>(マンチェスタ・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ラミロ・フネス・モリ</span>(ビジャレアル/スペイン) <span style="font-weight:700;">ガブリエル・メルカド</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マティアス・サラチョ</span>(ラシン・クラブ) <span style="font-weight:700;">マクシミリアーノ・メサ</span>(インディペンディエンテ) <span style="font-weight:700;">レアンドロ・パレデス</span>(ゼニト/ロシア) <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・バッタリア</span>(スポルティング/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マルコス・アクーニャ</span>(スポルティング/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">エドゥアルド・サルビオ</span>(ベンフィカ/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">フランコ・セルビ</span>(ベンフィカ/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">ロベルト・ペレイラ</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">サンティアゴ・アスカシバル</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">フランコ・バスケス</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ジオバニ・ロ・セルソ</span>(ベティス/スペイン) <span style="font-weight:700;">ロドリゴ・デ・パウル</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">パウロ・ディバラ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">マウロ・イカルディ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ラウタロ・マルティネス</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ジオバンニ・シメオネ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アンヘル・コレア</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">エリク・ラメラ</span> (トッテナム/イングランド) 2018.11.02 02:15 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月30日は、メキシコW杯で“神の手”“5人抜き”など伝説を残した天才プレーヤー

◆ディエゴ・マラドーナ 【Profile】 国籍:アルゼンチン 誕生日:1960年10月30日 現役時代クラブ:アルヘンティノス、ボカ・ジュニアーズ、バルセロナ、ナポリ etc ポジション:FW 身長:165cm ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月30日は、メキシコ2部リーグのドラドス・シナロアを率いる元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏だ。 ▽アルヘンティノス・ジュニアーズ下部組織出身のマラドーナ氏は、アルゼンチンリーグ史上最年少の15歳11カ月でプロデビュー。ボカ・ジュニアーズとバルセロナを経て入団したナポリでは、「ナポリの王様」としてセリエA優勝2回、UEFAカップ優勝に貢献し、ファンから愛された。その後、セビージャ、ニューウェルズ・オールドボーイズ、ボカ・ジュニアーズでプレーした後、現役を退いた。 ▽1977年に歴代最年少でデビューを飾ったアルゼンチン代表では、1982年からワールドカップ(W杯)に4大会連続出場。優勝を飾った1986年のメキシコW杯の準々決勝イングランド代表戦で、後世に語り継がれるようになった“神の手ゴール”と“5人抜きドリブル”が誕生した。 ▽天才プレーヤーとして評され、数々の伝説を残したマラドーナ氏だが、夜遊び、売春など数々のトラブルも。1991年には麻薬所持容疑で逮捕もされた。現役引退後も薬物依存や不摂生による体重増加などが原因で入院・手術を繰り返し、生死の境をさまよったこともある。その後、監督としてもアルゼンチン代表ほか、複数クラブを指揮したマラドーナは、今年9月にドラドス・シナロアの監督に就任し、指導者として再スタートを切った。W杯優勝を成し遂げたメキシコの地で、復活なるか注目だ。 ※誕生日が同じ主な著名人 井川祐輔(サッカー選手/イースタンSC) コ・ジョンス(サッカー監督) ディエゴ・マラドーナ(元サッカー選手) 松田るか(女優) 仲間由紀恵(女優) 松井裕樹(プロ野球選手/東北楽天ゴールデンイーグルス) 杉内俊哉(プロ野球選手/読売ジャイアンツ) 鬼束ちひろ(シンガーソングライター) レッド吉田(お笑い芸人) テレンス・リー(軍事評論家) 2018.10.30 07:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース