イウォビ&イヘアナチョの若手コンビ躍動のナイジェリアがアルゼンチンに逆転勝利!《国際親善試合》2017.11.15 03:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のアルゼンチン代表vsナイジェリア代表が14日に行われ、ナイジェリアが4-2で勝利した。

▽共に来年行われるロシア・ワールドカップ出場を決定させている強豪チーム同士の一戦。アルゼンチンは、11日に行われたロシア代表戦から先発4人を変更。疲労の影響で早期離脱のメッシに加え、GKロメロ、サルビオ、クラネビッテルが先発を外れ、GKマルチェシン、バネガ、パボン、ディバラが起用された。

▽試合は立ち上がりからアルゼンチンペースで進んでいくが、なかなかフィニッシュの形を作れない。それでも、攻勢を続けるアルゼンチンは27分、ボックス手前中央左の好位置でFKを獲得。これをキッカーのバネガがGKとの駆け引きを制し、オープンサイドのゴール右隅へ流し込んだ。

▽バネガの見事な直接FK弾で均衡を破ったアルゼンチンは、その後も31分にエンソ・ペレス、32分にロ・セルソと立て続けにシュートを放ち2点目に迫る。すると36分、味方からのロングスルーパスに抜け出したパボンがボックス右からグラウンダーで折り返すと、最後はゴール前に走り込んだアグエロがワンタッチで合わせ、2試合連続ゴールを奪った。

▽一方、2点のビハインドを負ったナイジェリアだが、前半終了間際の44分にボックス手前中央の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのイヘアナチョが左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール左隅に吸い込まれ、前半のうちに1点を返した。

▽迎えた後半、アグエロを下げてベネデットを投入したアルゼンチンに対して、ナイジェリアはバックラインを中心に3選手を交代させた。

▽後半に入って攻勢を強めるナイジェリアは、怒涛の攻撃で試合を引っくり返す。52分、右サイドのボックス付近でパスを受けたイヘアナチョが左足でグラウンダーの折り返しを入れると、これをボックス中央のイウォビが丁寧なダイレクトシュートでゴール左隅に流し込む。続く54分には相手陣内中央のミケル、イウォビ、イヘアナチョが鮮やかなダイレクトパスからペナルティアーク付近に走り込んだ途中出場のイドウが冷静な右足のシュートで決め、逆転に成功した。

▽緩慢な守備から連続失点を喫したアルゼンチンは、ロ・セルソとディバラを下げてアレハンドロ・ゴメス、ベルスキを続けて投入するも、一度失った流れを取り戻せない。逆に、73分にはイヘアナチョに代わって投入されたムサに右サイド深くで起点を作られ、中央に折り返されたボールに対して、DF3枚がうまく対応できずイウォビの見事な個人技から左足のシュートを決められた。

▽何とか意地を見せたいアルゼンチンは、ペロッティやリゴーニといったアタッカーを投入するも、後半に入って決定機を作れないチームは、終盤にベネデットのヘディングシュートなどでゴールに迫ったものの、1ゴールも奪えないまま2-4でタイムアップ。W杯出場チーム同士の一戦は、イウォビとイヘアナチョの若手コンビが躍動したナイジェリアに軍配が上がった。

コメント

関連ニュース

thumb

マラドーナがテベスを称賛! 「パーフェクト。サンタ袋にドルを詰め込み、ボカに帰還」

▽アルゼンチン代表&ボカ・ジュニアーズの”レジェンド”ディエゴ・マラドーナ氏が、ボカ・ジュニアーズに復帰した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスの行いを称賛している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ユナイテッドとシティのマンチェスター勢や、ユベントスでプレーしたテベス。2017年に世界最高額の年俸4000万ユーロ(約54億4000万円)でボカ・ジュニアーズから上海申花入りしたことで話題を呼んだが、慣れないアジアでのプレーに苦しみ、中国スーパーリーグで20試合4ゴールと期待を裏切る結果に。さらに、無断でのアルゼンチン帰国が伝えられるなど、ファンからも批判の対象となっていた。 ▽そして先日、古巣ボカ・ジュニアーズがテベスが練習に参加していることを発表。6日には、契約解除に至ったことを上海申花が知らせ、フリーでの母国復帰となったことが、アルゼンチン複数メディアによって伝えられた。 ▽世界最高給での中国参戦に、移籍当初には世界中を驚愕させたが、ボカ・ジュニアーズのファンはテベスの当時の決断を批判。それでも、同クラブのレジェンドであるマラドーナ氏は、同選手の復帰までの流れを”パーフェクト”と語った。 「パーフェクトだ。サンタ袋にドルを詰め込み、今はボカに帰還した」 「彼が裏切ったと語る人に言うが、テベスは誰も裏切ってない。ボカを裏切ったと言う人々の誰が、(テベスの年俸の約半分である)年間2500万ドル(約28億3000万円)を拒絶するのか知りたいね」 「(裏切った批判するのは)馬鹿なことだ。カルロス(・テベス)は戻ってきて、みんな幸せじゃないか」 2018.01.07 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月2日はメッシと同郷の元アトレティコ主将

◆マキシ・ロドリゲス 【Profile】 国籍:アルゼンチン代表 誕生日:1981/1/2 クラブ:ペニャロール(ウルグアイ) ポジション:MF 身長:180㎝ 体重:79㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月2日はペニャロールの元アルゼンチン代表MFマキシ・ロドリゲスだ。 ▽アルゼンチンのロサリオ生まれでニューウェルス・オールドボーイズの下部組織出身のマキシは、2002年7月にエスパニョールへ移籍して欧州デビュー。2005年7月から在籍したアトレティコ・マドリーではキャプテンを務め、中心選手として公式戦通算121試合32ゴールを記録すると、2010年1月にリバプールへと活躍の場を移した。 ▽リバプールでは加入直後こそ主力としてプレーしたものの、次第に出場機会が減少。2012年7月に古巣のニューウェルス・オールドボーイズに復帰し、その後、今シーズンからウルグアイの名門・ペニャロールに移籍している。 ▽代表レベルでは、やはり2006年ドイツ・ワールドカップでの活躍を覚えている方も多いのでは? 決勝トーナメント初戦で、メキシコ代表と対戦するアルゼンチン代表の一員に名を連ねたマキシ。活躍の場がやってきたのは1-1で迎えた延長戦前半8分、フアン・パブロ・ソリンからサイドチェンジのパスを受けると、胸でトラップして左足ボレーシュート。ボックス右手前から強烈なドライブシュートを突き刺し、チームを救った。世界中に衝撃を与えたその得点は、同大会のベストゴール選ばれている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ダビデ・サントン(サッカー選手/インテル) ロイク・レミ(サッカー選手/ラス・パルマス) アイザック・アシモフ(SF作家) 浦沢直樹(漫画家/代表作『YAWARA!』『MONSTER』など多数) 竹野内豊(俳優) さとう珠緒(タレント) 村上知子(お笑い芸人/森三中) 2018.01.02 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ビダルに言えないよ!? サンパオリがアルゼンチン警察に「てめらは1カ月に100ペソしか稼げないだろ」

▽クリスマスで街がにぎわう中、アルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督が、地元警察といざこざを起こしていたようだ。スペイン『マルカ』など複数のメディアが報じている。 ▽イエス・キリストの誕生を祝う祭りであるクリスマス。そんな神聖な日に、サンパオリ監督の娘が結婚式を挙げたようだ。挙式後、サンパオリ監督はブエノス・アイレスから335㎞の地点にあるカシルダで事件を起こしたようだ。 ▽報道によると、親戚や友人らを乗せた車に同乗していたところを地元警察に止められた模様。サンパオリ監督の車には法定乗車定員を越える7名が乗り込んでいたようだ。 ▽これに怒りを露わにしたサンパオリ監督は、車を降りて警察と対峙。同乗者がサンパオリ監督を警察から引き離そうとした際に「冗談だろう!? てめえらは1カ月で100ペソ(約618円)しかかげないだろ」と暴言を吐いた。 ▽おそらく、結婚式でお酒を飲んでいたであろうサンパオリ監督だが、車の運転は他の親戚に任せていた模様。しかしその場でアルコールテストを受けている。 ▽なお、サンパオリ監督は、2012年から2016年までチリ代表を率いており、その際に「アルトゥーロ・ビダルは医者を必要とするレベルだ。それほどお酒が大好きで、自己管理ができていない」と発言するなど、選手の自己管理について批判的なコメントを述べていた。しかし今回の事件から、サンパオリ監督も自身を戒める必要があるだろう。 2017.12.27 11:31 Wed
twitterfacebook
thumb

バティ、自身の得点記録を破った代表の後輩メッシに対し「エイリアンだから…」

▽アルゼンチン代表のレジェンドであるガブリアル・バティストゥータ氏が、自身の持つ同国代表での最多得点記録を更新したバルセロナのFWリオネル・メッシを「エイリアン」と評した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽メッシは昨年6月の代表戦でバティストゥータ氏が77試合で達成した54ゴールを上回り、アルゼンチン代表の歴代最多得点者になった。現在では、123試合61ゴールまで記録を伸ばしている。それに対してバティストゥータ氏は今夏、「思ったより時間がかかったね。私はより早く記録を達成した」と語っていたが、やや態度を軟化させているようだ。 「私にとって誇りになっていた部分で負けるのは好ましくない。けど、それを塗り替えたのがエイリアンの(リオネル・)メッシだからまだ寛容でいられる」 2017.12.14 00:51 Thu
twitterfacebook
thumb

グループステージ組み合わせ決定《ロシアW杯》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループステージ組み合わせ抽選会を行った。 ▽前回W杯王者のドイツ代表はグループFに入り、メキシコ代表、スウェーデン代表、韓国代表と同居した。欧州王者ポルトガル代表は、前々回のW杯王者スペイン代表と同居のグループBに入った。 ▽そして、南米予選を断トツの首位で通過したブラジル代表はグループEに入り、スイス代表、セルビア代表、コスタリカ代表と対戦する。一方、南米予選をギリギリで通過したアルゼンチン代表はクロアチア代表、アイスランド代表、2大会連続でのナイジェリア代表との対戦となる。開催国のロシア代表はウルグアイ代表、エジプト代表、サウジアラビア代表と同居した。 ▽その他のグループの組み合わせは以下の通り。 ◆グループA ロシア(開催国)/2大会連続11回目 エジプト/7大会ぶり3回目 ウルグアイ/3大会連続13回目 サウジアラビア/3大会ぶり5回目 ◆グループB ポルトガル/5大会連続7回目 スペイン/11大会連続15回目 モロッコ/5大会ぶり5回目 イラン/2大会連続5回目 ◆グループC フランス/6大会連続15回目 オーストラリア/4大会連続5回目 ペルー/9大会ぶり5回目 デンマーク/2大会ぶり5回目 ◆グループD アルゼンチン/12大会連続17回目 アイスランド/初出場 クロアチア/2大会連続5回目 ナイジェリア/3大会連続6回目 ◆グループE ブラジル/21大会連続21回目 スイス/4大会連続11回目 コスタリカ/2大会連続5回目 セルビア/2大会ぶり12回目 ◆グループF ドイツ/17大会連続19回目 メキシコ/7大会連続16回目 スウェーデン/3大会ぶり12回目 韓国/9大会連続10回目 ◆グループG ベルギー/2大会連続13回目 パナマ/初出場 イングランド/6大会連続15回目 チュニジア/3大会ぶり5回目 ◆グループH ポーランド/3大会ぶり8回目 セネガル/4大会ぶり2回目 コロンビア/2大会連続6回目 日本/6大会連続6回目 2017.12.02 01:10 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース