イウォビ&イヘアナチョの若手コンビ躍動のナイジェリアがアルゼンチンに逆転勝利!《国際親善試合》2017.11.15 03:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のアルゼンチン代表vsナイジェリア代表が14日に行われ、ナイジェリアが4-2で勝利した。

▽共に来年行われるロシア・ワールドカップ出場を決定させている強豪チーム同士の一戦。アルゼンチンは、11日に行われたロシア代表戦から先発4人を変更。疲労の影響で早期離脱のメッシに加え、GKロメロ、サルビオ、クラネビッテルが先発を外れ、GKマルチェシン、バネガ、パボン、ディバラが起用された。

▽試合は立ち上がりからアルゼンチンペースで進んでいくが、なかなかフィニッシュの形を作れない。それでも、攻勢を続けるアルゼンチンは27分、ボックス手前中央左の好位置でFKを獲得。これをキッカーのバネガがGKとの駆け引きを制し、オープンサイドのゴール右隅へ流し込んだ。

▽バネガの見事な直接FK弾で均衡を破ったアルゼンチンは、その後も31分にエンソ・ペレス、32分にロ・セルソと立て続けにシュートを放ち2点目に迫る。すると36分、味方からのロングスルーパスに抜け出したパボンがボックス右からグラウンダーで折り返すと、最後はゴール前に走り込んだアグエロがワンタッチで合わせ、2試合連続ゴールを奪った。

▽一方、2点のビハインドを負ったナイジェリアだが、前半終了間際の44分にボックス手前中央の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのイヘアナチョが左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール左隅に吸い込まれ、前半のうちに1点を返した。

▽迎えた後半、アグエロを下げてベネデットを投入したアルゼンチンに対して、ナイジェリアはバックラインを中心に3選手を交代させた。

▽後半に入って攻勢を強めるナイジェリアは、怒涛の攻撃で試合を引っくり返す。52分、右サイドのボックス付近でパスを受けたイヘアナチョが左足でグラウンダーの折り返しを入れると、これをボックス中央のイウォビが丁寧なダイレクトシュートでゴール左隅に流し込む。続く54分には相手陣内中央のミケル、イウォビ、イヘアナチョが鮮やかなダイレクトパスからペナルティアーク付近に走り込んだ途中出場のイドウが冷静な右足のシュートで決め、逆転に成功した。

▽緩慢な守備から連続失点を喫したアルゼンチンは、ロ・セルソとディバラを下げてアレハンドロ・ゴメス、ベルスキを続けて投入するも、一度失った流れを取り戻せない。逆に、73分にはイヘアナチョに代わって投入されたムサに右サイド深くで起点を作られ、中央に折り返されたボールに対して、DF3枚がうまく対応できずイウォビの見事な個人技から左足のシュートを決められた。

▽何とか意地を見せたいアルゼンチンは、ペロッティやリゴーニといったアタッカーを投入するも、後半に入って決定機を作れないチームは、終盤にベネデットのヘディングシュートなどでゴールに迫ったものの、1ゴールも奪えないまま2-4でタイムアップ。W杯出場チーム同士の一戦は、イウォビとイヘアナチョの若手コンビが躍動したナイジェリアに軍配が上がった。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 2月14日は、バレンタインデーに“ハート”を生み出す男

◆アンヘル・ディ・マリア 【Profile】 国籍:アルゼンチン 誕生日:1988/2/14 クラブ:パリ・サンジェルマン ポジション:MF 身長:180㎝ 体重:75kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月14日、バレンタインデーに誕生したのはアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアだ。 ▽2005年にロサリオ・セントラルでプロデビューを果たしたディ・マリアは、サイドバックのポジションで力を発揮できず、「才能がない」と烙印を押される。しかし、ウイングにコンバートされたことで攻撃の才能が開花。2007年にベンフィカへと移籍する。 ▽ベンフィカでも才能を見せつけると、2010年にレアル・マドリーへと移籍。2013-14シーズンにはチームの「ラ・デシマ」に貢献。2014年いマンチェスター・ユナイテッドへ当時のプレミアリーグ最高額の移籍金で移籍した。しかし、わずか1シーズンでパリ・サンジェルマンへと移籍し、現在に至る。 ▽左足のキックに定評があるディ・マリアは、右足のキックよりも得意にしているものを披露。それは、「左足でのラボーナ」だった。チャンピオンズリーグなどの大舞台でもラボーナでアシストを記録しており、本人の自信も嘘ではないようだ。 ▽ちなみに、チームメイトのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとは誕生日が一緒(カバーには1987年生まれ)。2018年の誕生日にはCLのレアル・マドリー戦が行われるが、バースデーゴールで撃破なるだろうか。 ※誕生日が同じ主な著名人 山口紗弥加(女優) マルシア(歌手、女優) 酒井法子(女優) 平子理沙(モデル) 市川紗椰(モデル、タレント) JUJU(歌手) ヒロシ(お笑い芸人) もう中学生(お笑い芸人) 斎藤隆(元プロ野球選手) 武双山正士(元力士/藤島親方) はじめしゃちょー(YouTuber) クリスティアン・エリクセン(サッカー選手/トッテナム) エディンソン・カバーニ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) バカリ・サーニャ(サッカー選手/ベネヴェント) 永井雄一郎(サッカー選手/FIFTY CLUB[神奈川県リーグ1部]) 鈴木規郎(元サッカー選手) ケビン・キーガン(元サッカー選手) 2018.02.14 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

幸せメッシ、第3子の名前を発表!

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、まだ誕生していない第3子に名前を付けたことを明かしている。その幸せな様子を、スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽メッシは、地元ロサリオの幼馴染でもあるアントネッラ・ロクソさんとの間に2人の子供を授かっている。2012年11月2日には長男のチアゴ君、2015年9月11日に次男のマテオ君が誕生するなど幸せが訪れると、メッシとアントネッラさんは昨年6月30日に正式な結婚式を挙げた。 ▽さらに、幸せ絶頂期の昨年10月には、アントネッラさんが第3子を妊娠したことを報告している。そして今年2月6日、メッシは自身のインスタグラムに動画を投稿。アントネッラさんのお腹が動いている様子に「Ciro」という名前を添えたものだ。 ▽その非凡な才能と異次元の活躍から“宇宙人”とも形容されるメッシ。寡黙でシャイな人柄であることも語られているが、我が子の誕生に居ても立っても居られない様子は“普通のパパ”そのものだと言えるかもしれない。 2018.02.08 04:18 Thu
twitterfacebook
thumb

【会見&質疑応答】アルゼンチン代表ジュストッシ監督「日本は良いチームで将来性もある」《国際親善試合》

▽25日、フットサル日本代表は国際親善試合のアルゼンチン代表戦を東京の大田区総合体育館で行い、2️–4️で敗北️。アルゼンチン代表のディエゴ・ジュストッシ監督が試合後の会見に出席し、試合内容を振り返った後、質疑応答に応じた。 ◆<span style="font-weight:700;">ディエゴ・ジュストッシ監督</span>(アルゼンチン代表) 「まず、ポジティブな結果になったことを嬉しく思います。日本もアルゼンチンも、本日は良いスペクタクルを皆さんにお届けできたのではないかと思います」 「そして、選手たちが本日行ったことは素晴らしいことだと思います。驚くべきことです。なぜなら、20時間の飛行機移動の後、8時間の時差の中、1セッションのみのトレーニングで挑んだ試合だったためです。とても感動的な姿でした」 「本日の試合はあらゆる局面を日本が支配した試合だったと思います。しかし、先ほど言った状況下での試合でしたので、このような展開になることは予想していました。ただ、私たちの方が日本よりも多く決定機を決めることができたので、このような結果になったのだと思います」 <span style="font-weight:700;">――相手のミスを待つような試合に見えたが、どのようなプランで臨んだか</span> 「選手たちも人間です。先ほど言ったとおり、時差があり、飛行機での移動もあり、練習も1セッションのみで挑んだ試合でした。あた、相手のホームという状況でリードしましたので、私たちにとって有利な展開となりました。私たちは前半終盤と後半を通じて、どのようにプレーして、どのように戦うべきかはっきりした状態だったと思います」 <span style="font-weight:700;">――日本のフットサルの印象は? 実際に戦ってみてどう感じたか</span> 「日本はとてもしっかりとした印象があります。選手としても日本に来てプレーしたからです。ミゲル・ロドリゴさんが日本の代表監督を長い間勤めましたが、彼は私にとって兄のような存在です。彼の活躍をずっと追っていました。そして、能力が非常に高く、非常にプロフェッショナルなブルーノ・ガルシアさんも必ず結果を残せると思います。本日は日本の方が局面を支配した試合になりました。私の好きなフットサルを日本が見せたと思います。日本がアルゼンチンを上回った試合だと思います。現時点でも良いチームですし、非常に将来性もあると思います」 <span style="font-weight:700;">――国内ではフットサルが盛り上がっていないとララニア前アルゼンチン代表監督が語っていたが、アルゼンチンがワールドカップで優勝できた理由は? また、優勝以降に変化したことは? </span> 「アルゼンチンでのフットサルの状況は大きく変わっていて、私たちにとって夢だった状況が現実になっています。ララニアさんはアルゼンチンが大きな大会でしっかりと戦えるという形を作ってくれたと思います。そして私たちが目指しているのは、”アルゼンチンは戦いにくい相手だ”と言われることではなく、”強豪だ”と言われるチームにすることです。そして、今のところ結果がついてきています」 2018.01.26 00:24 Fri
twitterfacebook
thumb

【会見&質疑応答】日本代表ブルーノ・ガルシア監督「アルゼンチンとの距離はそんなに遠くない」《国際親善試合》

▽25日、フットサル日本代表は国際親善試合のアルゼンチン代表戦を東京の大田区総合体育館で行い、2️–4️で敗北️。日本表のブルーノ・ガルシア監督が試合後の会見に出席し、試合内容を振り返った後、質疑応答に応じた。 ◆<span style="font-weight:700;">ブルーノ・ガルシア監督</span>(日本代表) 「まずは今日の試合に来ていただいてありがとうございます。多くの局面で私たちが支配したゲームだったと思っています。ただ、フットサルを決める2つの重要なポイントがあり、1つは得点機をしっかりと決めるということです。そして、そういった得点機を自陣の深い位置で相手に作らせないということです。そのことが集約された今日のゲームだったと思います。向こうは非常に効率性、確率という意味で自分たちのチャンスをものにし、勝利を持って行きました」 「私たちにとってはAFC(フットサル選手権)に向けた準備の一環でもあります。そういう意味で非常に有効なゲームだったと思いますし、彼らに感謝したいと思います。これからやることは、今日の試合を振り返ってディテールの改善が必要な部分をきちんと分析し、次の試合をさらに良いものにしていくことです。勝ちに行くために。そして、その後のAFCのための準備にしたいと思います」 「今日のゲームでみていただいた通り、彼らはああいう長所があるために非常に競争力のある強さを持っており、確率、効率の高いゲームがいつもできます。だから、世界チャンピオンになっています。ただ、ゲームの内容については皆さんに楽しんでいただけたのではないか、と思っています」 <span style="font-weight:700;">――世界王者との試合で、日本の現在地は掴めたか</span> 「そんなに遠くないと感じたのが率直な感想です。ただ、自分たちがそこの距離を詰めていくために必要なことは、先ほども言ったゲームを決定づけるものです。そこが、本当に成長して自分たちを高めるために必要なことだとはっきりしました。これを反省して、じゃあ次の試合で、この試合のタイミングでそういったものを発揮する、距離を縮めていける、というものではないということは確信しています。アルゼンチンはああいうゲーム、少ないチャンスでも確実に効率良く戦って、競争力の高く強度の高いゲームを続けることができる、ということで世界チャンピオンになったチームです」 「この試合の前に3日間の合宿で日本がこういうゲームをしたということを考えると、これから先もこのようなゲームを常に続けていきながら、なおかつ今の話でも出ていた決定機での確率、効率といったところを高めていくことができれば、確実に差をぐっと縮めていけると思っています」 <span style="font-weight:700;">――日本がアルゼンチンに追いつくために時間のかからない部分、かかる部分は? </span> 「沢山の要因があるという風に考えています。ただ、1つの要因としては12人居るアルゼンチン代表の中で、11人はスペインとイタリアという本当にトップレベルのリーグを抱えている国のチームでプレーしています。ということは、世界最高峰のリーグでプレーして日常を過ごしている選手たちが集まっているチームだと言えると。そういうものを考えつつ、例えば1年間活動があれば私たちはもっともっとボリュームを持った強化活動が必要だと考えています」 「あとは、こういったアイデンティティーを示す国際トップレベルのチームが集まる大会や試合を沢山経験していくことも必要だと思います。そういうベース強化の方針が軸にあり、そこから具体的な要素を洗い出し、成長していくということが必要であり、できると思います。そのような道をアルゼンチンも辿ったのではないかと理解しています」 <span style="font-weight:700;">――どういったことを試そうとしたか</span> 「今やろうとしていることはAFC選手権に向けての準備だと考えています。そういう意味では、今日の試合もそうですし、日曜日のゲーム(アルゼンチン戦)もそうですが、自分たちのレベルがどこにあるのかということ自体を、全般にテストする機会だと捉えています」 「タイのバンコクで昨年、予選を戦いましたが、そこでの3チームは非常に固くディフェンスを絞ってそこからカウンターを狙うというスタイルでした。そうではないスタイルを持っている相手と対戦した時に、私たちのやり方は通用するのか、どういったことが修正されるべきかということを測るために、試合を経験する必要がありました。だからこそ、アルゼンチンを指名したということです。ただの練習試合という捉え方は全くしていませんし、目的はここ1週間で始まるAFCのための準備、強化ということです。そのための、全体的なテストです」 <span style="font-weight:700;">――高い位置からのプレスでチャンスを作った反面、カウンターからピンチを招きましたが、攻撃パターンの熟成は考えているか</span> 「そういった傾向というのは明らかで、その背景にあるのはまだ3日間という短い間しか親和を高める時間がなかったということです。なおかつ、その3日間も長いハードなリーグを戦った後にそのまま迎えました。まだまだ、改善する余地があることは明らかです」 「言われている通り、相手が引いたところやビルドアップのところでは、私たちが非常に支配的に進められたことは多かったと思います。ここから良くしなければならないのは、そこから”本当の意味でのゴールチャンス”にどうやって持っていくかということです。その回数や精度を高めていくことだと思います。その辺の調整をしていくために、引き続き取り組んでいきます」 <span style="font-weight:700;">――試合前のプランを変えずに戦っていたようにみえたが、その狙いは? また、FP加藤未渚実を今日の試合で起用しなかった理由は? </span> 「ゲームプランに関してはおっしゃる通り。もともと予定していた12人フルで使って速い交代を活用し、強度を落とさないようにしました。それは、AFC本戦を目した回し方だと考えながらやっていました。AFCに向けて準備期間がふんだんにあるタイプの国ではないと、私たちの代表チームを認識しておりますので、この短い時間の中でもシナジーを最高効率に高めるやり方として、このやり方が良いんじゃないかと考えました。今日はFP加藤未渚実だけでなくGK矢澤大夢も出場していませんが、本戦を目して14人のメンバーを活用するというイメージで臨みました」 2018.01.26 00:23 Fri
twitterfacebook
thumb

4失点目に関与したFP齋藤功一「ミスは命取りになる」《国際親善試合》

▽25日、フットサル日本代表は国際親善試合のアルゼンチン代表戦を東京の大田区総合体育館で行い、2-4で敗北️。日本代表のFP齋藤功一が、世界王者であるアルゼンチン戦を振り返っている。 ◆<span style="font-weight:700;">FP齋藤功一</span>(日本代表) <span style="font-weight:700;">――試合を振り返って</span> 「個人的にはシュートを打つことを求められていますし、守備の面ではフィクソとして力強くプレーすることが特長でそこは出せたと思います。ただ、4失点目は完全に僕のミスだったので、そこはしっかり反省しなければいけません。ここで落ち込むことはなく、次に向けてまた力強いプレーができるようにやって行きたいと思っています」 <span style="font-weight:700;">――下を向く暇はないということか</span> 「あれだけの相手ですしそういうミスが命取りになると痛感しました。次に同じミスをしないことを意識して。僕が決めるという気持ちを持って常にプレーしています」 <span style="font-weight:700;">――アジアのように引いてカウンターを狙うような相手ではなかったが、戦った印象は</span> 「しっかり分析して、ミーティングでも話してはいたんですが、代表チームで相手が前からプレスをかけてくるような経験はありませんでした。その中でも回避できていた部分もあり、そこは収穫でした」 2018.01.26 00:22 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース