イウォビ&イヘアナチョの若手コンビ躍動のナイジェリアがアルゼンチンに逆転勝利!《国際親善試合》2017.11.15 03:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のアルゼンチン代表vsナイジェリア代表が14日に行われ、ナイジェリアが4-2で勝利した。

▽共に来年行われるロシア・ワールドカップ出場を決定させている強豪チーム同士の一戦。アルゼンチンは、11日に行われたロシア代表戦から先発4人を変更。疲労の影響で早期離脱のメッシに加え、GKロメロ、サルビオ、クラネビッテルが先発を外れ、GKマルチェシン、バネガ、パボン、ディバラが起用された。

▽試合は立ち上がりからアルゼンチンペースで進んでいくが、なかなかフィニッシュの形を作れない。それでも、攻勢を続けるアルゼンチンは27分、ボックス手前中央左の好位置でFKを獲得。これをキッカーのバネガがGKとの駆け引きを制し、オープンサイドのゴール右隅へ流し込んだ。

▽バネガの見事な直接FK弾で均衡を破ったアルゼンチンは、その後も31分にエンソ・ペレス、32分にロ・セルソと立て続けにシュートを放ち2点目に迫る。すると36分、味方からのロングスルーパスに抜け出したパボンがボックス右からグラウンダーで折り返すと、最後はゴール前に走り込んだアグエロがワンタッチで合わせ、2試合連続ゴールを奪った。

▽一方、2点のビハインドを負ったナイジェリアだが、前半終了間際の44分にボックス手前中央の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのイヘアナチョが左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール左隅に吸い込まれ、前半のうちに1点を返した。

▽迎えた後半、アグエロを下げてベネデットを投入したアルゼンチンに対して、ナイジェリアはバックラインを中心に3選手を交代させた。

▽後半に入って攻勢を強めるナイジェリアは、怒涛の攻撃で試合を引っくり返す。52分、右サイドのボックス付近でパスを受けたイヘアナチョが左足でグラウンダーの折り返しを入れると、これをボックス中央のイウォビが丁寧なダイレクトシュートでゴール左隅に流し込む。続く54分には相手陣内中央のミケル、イウォビ、イヘアナチョが鮮やかなダイレクトパスからペナルティアーク付近に走り込んだ途中出場のイドウが冷静な右足のシュートで決め、逆転に成功した。

▽緩慢な守備から連続失点を喫したアルゼンチンは、ロ・セルソとディバラを下げてアレハンドロ・ゴメス、ベルスキを続けて投入するも、一度失った流れを取り戻せない。逆に、73分にはイヘアナチョに代わって投入されたムサに右サイド深くで起点を作られ、中央に折り返されたボールに対して、DF3枚がうまく対応できずイウォビの見事な個人技から左足のシュートを決められた。

▽何とか意地を見せたいアルゼンチンは、ペロッティやリゴーニといったアタッカーを投入するも、後半に入って決定機を作れないチームは、終盤にベネデットのヘディングシュートなどでゴールに迫ったものの、1ゴールも奪えないまま2-4でタイムアップ。W杯出場チーム同士の一戦は、イウォビとイヘアナチョの若手コンビが躍動したナイジェリアに軍配が上がった。
コメント
関連ニュース
thumb

ペレ「メッシよりマラドーナのほうが偉大」持論を展開も、歴代ナンバーワンは…

サッカー界のレジェンド、ペレがディエゴ・マラドーナ、そしてリオネル・メッシについてどちらが優れた選手か、自身の見解を示している。<br><br>これまで&ldquo;史上最高のサッカー選手は&rdquo;というテーマが論じられる度、ペレかマラドーナのどちらか、という議論になっていた。ブラジルとアルゼンチンの英雄という図式でもあるため、ペレはマラドーナとの確執もうわさされていた。<br><br>ペレはブラジルメディア『Folha de Sao Paulo』に対し次のように述べ、マラドーナとメッシを比較している。<br><br>「マラドーナは最高の選手だった」と語り、&ldquo;メッシよりも?&rdquo;と問われると「ああ、そうさ。(フランツ)ベッケンバウアーも、(ヨハン)クライフも優れた素晴らしい選手だった」と即答している。<br><br>その一方、あくまで自身がナンバーワンであるという持論は変わらないようだ。<br><br>「やはりペレと比較するなら、右足でも左足でも、そしてヘディングでもしっかりとゴールを決められるような、完成度の高い選手でなければいけないね」<br><br>提供:goal.com 2018.12.07 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディ、マドリー行きの噂を一蹴! 「このクラブで何かを勝ち取りたい」

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)が、レアル・マドリー行きの噂を一蹴した。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューを、スペイン『アス』が抜粋して伝えている。 ▽2013年夏にサンプドリアからインテルに加入して以降、2度のセリエA得点王に輝くなど世界トップレベルのストライカーであることを証明し続けているイカルディ。今シーズンも、ここまでの公式戦15試合で10ゴール2アシストの結果を残している。 ▽そんなイカルディには、かねてよりマドリー移籍の噂が絶えず。今夏にFWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍した影響もあり、今シーズンは例年以上にマドリーからの関心が取り沙汰されている。 ▽しかし、当人はインテル退団を考えていないようだ。2021年夏まで残す現行契約の更新にも触れつつ語った。 「マドリーからの関心? 今が退団する時だとは思わないよ」 「僕らが手にしている結果を鑑みて、(移籍するのに)良い時期ではない。僕は今いる場所で幸せだよ」 「僕はインテルをチャンピオンズリーグ(CL)に戻したかったし、そうした。今、このクラブで何かを勝ち取りたいんだ。」 「契約の更新? 適切な時がくれば、そうするよ。まだ時間がある」 2018.12.02 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

世論に違和感? デル・ボスケ「メッシ不在ならバロンドールは価値を失う」

▽元スペイン代表指揮官のビセンテ・デル・ボスケ氏が、バロンドールについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽『フランスフットボール』主催のサッカー界最高の個人賞であるバロンドール。過去10年間は、バルセロナFWリオネル・メッシとユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドが5度ずつ受賞するという、独占状態が続いていた。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)が行われた今年は、フランス代表を優勝に導いたアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンやパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペ、レアル・マドリーDFラファエル・ヴァラン、クロアチア代表をファイナルまで引っ張り上げたMFルカ・モドリッチが有力とされている。 ▽サッカー界が転換期を迎えることを歓迎する声も大きいが、デル・ボスケ氏は違った意見を持っているようだ。 「(リオネル・)メッシが不在なら非常に驚く」 「世界最高の選手を選出するのでなければ、あの賞は全ての価値を失うと思う」 「ほんの少しだけ、それはおかしい」 ▽なお、今年度の受賞者は、12月3日の表彰式で発表される。 2018.11.30 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表、暫定指揮官務めてきたスカローニ氏を正指揮官に任命! コパ・アメリカ2019まで指揮

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は29日、これまで暫定指揮官としてアルゼンチン代表を指揮してきたリオネル・スカローニ氏(40)を正指揮官に任命したことを発表した。契約期間は来年6月から7月にかけて行われるコパ・アメリカ2019までとなる。 ▽ホルヘ・サンパオリ前監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)にも出場したアルゼンチン代表だが、グループステージは突破したものの、ラウンド16でフランス代表と対戦し敗戦。さらに、サンパオリ前監督と主力選手の衝突が国内外で大きな騒動を巻き起こした。 ▽これを受けてAFAはW杯終了後、サンパオリ監督を解任。後任人事が決定するまでスカローニ氏が暫定指揮官を務めることになっていた。 ▽そのスカローニ体制でアルゼンチン代表はここまでフレンドリーマッチ6試合を戦い、4勝1敗1分けと上々の戦績を残した。加えて、後任人事が難航していたこともあり、AFAはスカローニ体制の継続を決断した。 ▽スカローニ氏は現役時代、右サイドバックを主戦場に守備的なポジションでプレー。ニューウェルス・オールドボーイズでキャリアをスタートさせ、アルゼンチンではエストゥディアンテスでもプレー。その後はヨーロッパに活躍の場を移し、デポルティボ・ラ・コルーニャでは“スーペル・デポル”の一員として活躍。ウェストハム、ラシン・サンタンデール、ラツィオ、マジョルカ、アタランタでもプレーし、2015年7月にアタランタで現役を引退していた。 ▽現役引退後はサンパオリ監督のコーチングスタッフとしてセビージャ、アルゼンチン代表でアシスタントコーチを務めてきた。 2018.11.30 06:16 Fri
twitterfacebook
thumb

更なる高みへ! メッシの目標は「満足しないこと」

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの成功は、飽くなき向上心が形作っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2001年の下部組織入団から、17年間をバルセロナで過ごすメッシ。同クラブでの公式戦通算651試合で566ゴール220アシストを決めるなど途方もない数字を記録し、チャンピオンズリーグ(CL)4度、リーガエスパニョーラ9度を含む、33度のタイトル獲得に貢献している。 ▽タイトルや得点数だけでなく、その圧倒的なプレーから既に“史上最高の選手”とも謳われているメッシ。しかし、当人は現在でも更なる高みを目指しているようだ。 「僕の主な目標は、成長を続け、やってきたことに満足しないことだ」 「毎日向上して、より多くの目標を達成し、もっと多くのタイトルを獲得したい」 「僕は自分自身がとても負けず嫌いだと思うよ」 「全てにおいて勝利が好きだし、敗北は全く好きじゃない」 「僕自身、ゴールスコアラーというよりは、試合をコントロールする選手であり、ボールを沢山触ってプレーメイクする選手だと思っているよ」 2018.11.27 14:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース