イウォビ&イヘアナチョの若手コンビ躍動のナイジェリアがアルゼンチンに逆転勝利!《国際親善試合》2017.11.15 03:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際親善試合のアルゼンチン代表vsナイジェリア代表が14日に行われ、ナイジェリアが4-2で勝利した。

▽共に来年行われるロシア・ワールドカップ出場を決定させている強豪チーム同士の一戦。アルゼンチンは、11日に行われたロシア代表戦から先発4人を変更。疲労の影響で早期離脱のメッシに加え、GKロメロ、サルビオ、クラネビッテルが先発を外れ、GKマルチェシン、バネガ、パボン、ディバラが起用された。

▽試合は立ち上がりからアルゼンチンペースで進んでいくが、なかなかフィニッシュの形を作れない。それでも、攻勢を続けるアルゼンチンは27分、ボックス手前中央左の好位置でFKを獲得。これをキッカーのバネガがGKとの駆け引きを制し、オープンサイドのゴール右隅へ流し込んだ。

▽バネガの見事な直接FK弾で均衡を破ったアルゼンチンは、その後も31分にエンソ・ペレス、32分にロ・セルソと立て続けにシュートを放ち2点目に迫る。すると36分、味方からのロングスルーパスに抜け出したパボンがボックス右からグラウンダーで折り返すと、最後はゴール前に走り込んだアグエロがワンタッチで合わせ、2試合連続ゴールを奪った。

▽一方、2点のビハインドを負ったナイジェリアだが、前半終了間際の44分にボックス手前中央の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのイヘアナチョが左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール左隅に吸い込まれ、前半のうちに1点を返した。

▽迎えた後半、アグエロを下げてベネデットを投入したアルゼンチンに対して、ナイジェリアはバックラインを中心に3選手を交代させた。

▽後半に入って攻勢を強めるナイジェリアは、怒涛の攻撃で試合を引っくり返す。52分、右サイドのボックス付近でパスを受けたイヘアナチョが左足でグラウンダーの折り返しを入れると、これをボックス中央のイウォビが丁寧なダイレクトシュートでゴール左隅に流し込む。続く54分には相手陣内中央のミケル、イウォビ、イヘアナチョが鮮やかなダイレクトパスからペナルティアーク付近に走り込んだ途中出場のイドウが冷静な右足のシュートで決め、逆転に成功した。

▽緩慢な守備から連続失点を喫したアルゼンチンは、ロ・セルソとディバラを下げてアレハンドロ・ゴメス、ベルスキを続けて投入するも、一度失った流れを取り戻せない。逆に、73分にはイヘアナチョに代わって投入されたムサに右サイド深くで起点を作られ、中央に折り返されたボールに対して、DF3枚がうまく対応できずイウォビの見事な個人技から左足のシュートを決められた。

▽何とか意地を見せたいアルゼンチンは、ペロッティやリゴーニといったアタッカーを投入するも、後半に入って決定機を作れないチームは、終盤にベネデットのヘディングシュートなどでゴールに迫ったものの、1ゴールも奪えないまま2-4でタイムアップ。W杯出場チーム同士の一戦は、イウォビとイヘアナチョの若手コンビが躍動したナイジェリアに軍配が上がった。

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS美女ワールドカップ】グループD第1節、接戦を制したのは…!?

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』。今回はグループD第1節の結果発表です。 ▽超WSのツイッターアカウントでユーザーの皆様に向けてアンケートを行ったところ、グループDはこれまでで一番の接戦になりました。1位は全体の35%の票を集めたアルゼンチン。2位にはわずか1%差の34%でクロアチアが続きました。3位のアイスランドも22%と健闘。ナイジェリアは9%で差が開いてしまいました。 ▽本戦ではグループステージ突破の本命であるアルゼンチンやその対抗に挙げられるクロアチアが、こちらでも熱戦を繰り広げてくれました。また、FWリオネル・メッシのPKストップなどアルゼンチン相手に素晴らしい戦いぶりを見せてくれたアイスランドも、同じように力闘しました。 ◆超WS美女ワールドカップ・グループD第1節結果 1.アルゼンチン 35% 2.クロアチア 34% 3.アイスランド 22% 4.ナイジェリア 9% 投票数:842 ◆美女ワールドカップトップ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/WC2018_bijo/id/WC2018_bijo_top" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/bijo_wcup1.png" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆ツイッター <div id="cws_ad" style="text-align:left;"><a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">https://twitter.com/ultrasoccer</a></div> 2018.06.18 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

マラドーナ「サンパオリは帰国できなくなる」…アイスランド戦の準備不足を批判

ディエゴ・マラドーナ氏はアイスランド戦のような試合が続いた場合、アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督は帰国できなくなると警告した。『テレサー』のインタビューで語っている。<br><br>アルゼンチン代表は2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループリーグ初戦でアイスランド代表と対戦。優勝が期待されるアルゼンチンだったが、W杯初出場のチームと1-1の引き分けに終わった。<br><br>アイスランド戦の結果を受け、1986年W杯で母国を優勝に導いたマラドーナ氏は、指揮官の準備不足を指摘した。<br><br>「もし彼がこんな試合を続ければ、アルゼンチンに帰ってくることはできない。何ひとつ準備をしていなかったように見える。アイスランドの選手は全員190センチあるのに、アルゼンチンはCKでヘディングしか狙っていなかった。ショートコーナーを一度も使わなかったんだ」<br><br>監督としてもW杯に出場経験のある同氏は、批判すべきは監督であり、選手ではないと主張した。<br><br>「彼の試合プランは恥ずべきものだった。私は選手を非難しない。批判すべきは準備不足についてだ。何ひとつ準備していなかった。25人ものコーチを連れて行くのは構わないが、仕事をしてほしい。アイスランドはアルゼンチンよりもハードワークをしていた。それにはとても傷付いたよ」<br><br>アルゼンチン代表は現地時間21日、クロアチア代表とのグループリーグ第2戦に臨む。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ以外糾弾のカペッロ「彼らの中盤はめちゃくちゃ。彼を助けてない」

▽イタリア人指導者のファビオ・カペッロ氏がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシをフォローした。イギリス『101 Great Goals』が伝えている。 ▽アルゼンチンは16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第1節でアイスランド代表と対戦した。FWセルヒオ・アグエロのゴールで先制したが、すぐさま追いつかれると、1-1で迎えた63分にメッシがPKを失敗。勝ち点3を撮り損ねた。 ▽カペッロ氏は、イタリア『Mediaset』で、風当たりが強まるメッシについてコメント。メッシ以外の選手、とりわけ中盤の選手を酷評した。 「アルゼンチンの中盤は、テンポが遅く、めちゃくちゃ。メッシにボールを渡すため、彼を探してばかりだった。個人的に、メッシは(ポルトガル代表FWクリスティアーノ・)ロナウドより優れた選手だと思う。ただ、アルゼンチンはチームとして、その彼を助けていない」 2018.06.18 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ擁護派クレスポ「教えろ。誰がアイスランド戦で彼を助けた」

▽アルゼンチン代表OBのエルナン・クレスポ氏がバルセロナの同代表FWリオネル・メッシに言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じている。 ▽アルゼンチンは16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第1節でアイスランド代表と対戦した。FWセルヒオ・アグエロのゴールで先制したが、すぐさま追いつかれると、1-1で迎えた63分にメッシがPKを失敗。勝ち点3を撮り損ねた。 ▽しかし、クレスポ氏は、風当たりが強まるメッシを擁護。逆に、メッシをフォローし切れなかったチームメートを糾弾した。 「事実から話そう。彼は5人分の活躍をした」 「もちろん、我々は彼にもっと多くを期待している。ただ、彼はマラドーナじゃない。彼1人じゃ、W杯で勝てない」 「全てのアルゼンチン人がそれを理解しないとダメ。それと、メッシのチームメートも理解しなくちゃね」 「彼は怪物だ。良いコンディションで、バルセロナのような環境にいればね。そうじゃないと、彼は苦労している」 「教えてくれ。誰がアイスランド戦で彼を助けた? ディ・マリアは1人も抜き切れず、中盤のサポートも皆無だった」 2018.06.18 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシを守るアグエロ「彼も普通の人間」

▽マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがバルセロナの同代表FWリオネル・メッシを守った。 ▽アルゼンチンは16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第1節でアイスランド代表と対戦した。アグエロのゴールで先制したが、すぐさま追いつかれると、1-1で迎えた63分にメッシがPKを失敗。勝ち点3を撮り損ねた。 ▽イギリス『FourFourTwo』が報じたところによれば、アグエロは試合後、『TyC Sports』でメッシについて次のように語り、擁護の姿勢を示したという。 「レオだって、普通の人間。今日は彼に寄り添う。彼はどんな試合でも決定づける力がある選手だ。どんな相手にも勝ちたいけど、初戦は常に難しいもの。クロアチア戦でより良くなることを祈るよ」 ▽第1節終了時点でグループD2位タイのアルゼンチン代表は21日に行われる次節、首位のクロアチア代表と対戦する。 2018.06.17 08:25 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース