コンテのイタリア代表監督復帰を求めるデル・ピエロ「彼は偉大な監督。戻ってきてもらいたい」2017.11.15 02:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、チェルシーのアントニオ・コンテ監督のイタリア代表復帰を求めている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。

▽先日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州プレーオフでスウェーデンと対戦し、2戦合計0-1で敗れて60年ぶりにW杯への切符を逃したイタリア代表。同国のレジェンドであるデル・ピエロ氏は、現役時代に長らく活躍したユベントスでチームメイトだったことのあるコンテ監督が同代表を再び率いることを望んでいる。

▽『Sport360』のインタビューに答えたデル・ピエロ氏は「彼はユベントス、そしてもちろんイタリア代表で素晴らしい仕事をした」とコンテ監督を称賛し、以下のように続けている。

「我々は彼のイタリア代表復帰を待ち望んでいる。彼はどんなチームでも強くできる。チェルシーやユベントスでしてきたようにね」

「私たち(ユベントス)にはいくつか問題があった。彼はそれを修復し、タイトルを勝ち取ったんだ。彼は素晴らしい能力を備えている。それが、彼が世界のベストチームを率いることができている何よりの証拠だよ」

「私は彼がチェルシーで偉大なことを成し遂げ、そしていつかイタリア代表に帰ってくる日が来ることを望んでいる」

▽2014年8月から2年間イタリア代表を率いたコンテ監督はユーロ2016で準優勝に導くなど、24試合で14勝4敗6分けという好成績を残している。

コメント

関連ニュース

thumb

W杯逸機の煽り、アルゼンチンがイタリア戦の白紙を希望?

▽2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃したイタリア代表。60年ぶりのW杯出場権逸機が今後のマッチスケジュールにも影響する恐れがあるようだ。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えたところによれば、イタリアは、来年3月にスイスのバーゼルでアルゼンチン代表との国際親善試合をスケジューリング。しかし、イタリアのロシアW杯予選敗退を受けて、アルゼンチン側が同試合の魅力低下と、チケット収入の減少を懸念しているようで、数日中にもキャンセルされる可能性があるという。 ▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は、ロシアW杯予選敗退に伴い、15日にジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督(69)を解任。さらに、20日にはカルロ・タヴェッキオ会長(74)が辞任を表明している。再建に向けて、険しい道のりが続きそうだ。 2017.11.23 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ラキティッチの思いやりに漢・ブッフォンが反応「素晴らしい贈り物をありがとう」

▽ユベントスのイタリア代表Gkジャンルイジ・ブッフォンが、自身への思いやりの気持ちを見せたバルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチに感謝の言葉を送った。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽自身にとって6大会連続となるW杯出場を目指したブッフォンだったが、イタリア代表はプレーオフでスウェーデン代表に敗戦しロシアへの道を断たれた。以前から今大会を最後に代表を引退すると宣言していたブッフォンにとっては、とても早い幕切れとなってしまった。 ▽一方、同じくプレーオフに進出して出場権を獲得したクロアチア代表。ラキティッチは22日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節のユベントス戦に向けた前日会見で「できることならば変わってあげたい」とブッフォンへの思いやりを口にした。 ▽これを受けてブッフォンがツイッターで反応。ラキティッチの言葉を受けて、ユーモアを交えつつ感謝の気持ちを伝えた。 「親愛なるラキティッチ。確かに僕はGKとしてはまだプレーできるかもしれないね。でも君の代わりに中盤でクロアチアの一員としては戦えないだろうね。それはあまり冗談はさておき、君の言葉は素晴らしい贈り物だったよ。ありがとう」 2017.11.22 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ラキティッチの思いやり…W杯逃したブッフォンに「できることなら変わってあげたい」

▽バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、W杯出場を逃したユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンについてコメントした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を戦ったクロアチア代表はグループIで2位となりプレーオフに回るも、ギリシャ代表との試合を制してW杯出場を決めた。 ▽一方、グループGで2位となり、同じくプレーオフに回ったイタリアは、スウェーデン代表に敗れて15大会ぶりのW杯出場を逃した。今大会を最後に代表からの引退を発表し、6大会連続のW杯出場を目指したブッフォンは試合後に涙を流しながらインタビューに応じる姿が世界中で報じられた。 ▽22日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節のユベントス戦に向けた前日会見に臨んだラキティッチは、可能であればブッフォンをW杯のピッチに立たせたかったと、同選手を思いやる気持ちを見せた 。 「サッカー選手として偉大な人物だよ。子供たちが選ぶ理想的な選手の中には彼の名前があるだろう。6大会連続の素晴らしい記録を達成することができなくて残念に思うよ。最後のW杯で彼がプレーしないなんて残念だ。本当ならば彼と変わってあげたいよ」 2017.11.22 10:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ラニエリの気持ちは? イタリア代表監督就任オファーは「特別で美しいもの」

▽今シーズンからナントを率いるクラウディオ・ラニエリ監督(66)が取り沙汰されるイタリア代表監督就任に前向きな姿勢を示した。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽60年ぶりにワールドカップ本大会行きを逃したイタリアは、この責任を問う形でジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任。その後、何名かの後任候補が伝えられ、そのうちの1人としてラニエリ監督の名前も浮上している。 ▽かつて率いたレスター・シティをプレミアリーグ王者に導いた実績を持つラニエリ監督は、『Domenica Sportiva』のインタビューで、イタリア次期監督就任の噂について、次のようにコメントしている。 「自分の国から監督就任を要請させることは、特別なことで美しいものだ。私にとって、それは誇りの源。だが、まずは私じゃなく、ナントに聞いてみなければならない」 「どうやって立て直すか? 次の欧州選手権に我々の若手を連れて行く必要がある。その中で、彼らに競争の仕方を教えたり、ベストの尽くし方を教えないといけないね」 2017.11.21 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

タヴェッキオがFIGC会長辞任! イタリアサッカー界の“老害”がついに失脚…

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)のカルロ・タヴェッキオ会長(74)が20日、同日行われたFIGCの会合の場で辞任を発表した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽イタリア代表は今月行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデン代表に敗れ、1962年大会から14大会連続で継続していた本大会出場を逃し、60年ぶりの大失態を演じた。 ▽その後、FIGCは代表監督を務めていたジャンピエロ・ヴェントゥーラ氏(69)を15日に解任した。また、FIGC幹部並びにイタリアの各カテゴリーの代表者、国内メディアは同監督の任命責任として、タヴェッキオ会長の辞任を求めていたが、同会長は「すべてはヴェントゥーラのミス」と、自身の責任ではないと開き直り、辞任の可能性を否定していた。 ▽しかし、イタリアサッカー選手会会長のダミアーノ・トンマージ氏を中心に多くの識者や国内メディアからの強い反発を受けて、長らくイタリアサッカー界の“老害”と評されたタヴェッキオ会長はついに失脚することになった。 ▽タヴェッキオ会長は辞任に際して、以下のようなコメントを残している。 「私は失敗を犯した。したがって、ここを去る。そして、すべてのイタリア人に謝罪したい。もはや、イタリアのサッカー界は我々のような年を取ったものが率いるのではなく、新しい時代に進むときだと思う」 ▽イタリアの政財界に幅広い人脈を持つタヴェッキオ会長は、1999年から15年間に渡りレーガ・ナツィオナーレ・ディレッタンティ(アマチュアリーグ)の会長を務めてきた実績を武器に、2014年8月からFIGCの新会長に就任した。 ▽しかし、人種差別や女性蔑視といった舌禍事件に加え、自身を支持する一部クラブへの便宜や保守的すぎる姿勢など、在任期間に多くの批判に晒されていた。 ▽なお、タヴェッキオ会長の辞任を受け、今後90日以内に新会長を決める会長選挙が行われる予定だ。そして、その会長選挙決着後に、イタリア代表の新指揮官の選定が行われることになるようだ。 2017.11.20 22:55 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース