ドログバが来季限りで現役引退へ! 「来年は私の最後のシーズンに」2017.11.15 02:02 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(39)が、来シーズン限りで現役を退く意向であることを明かした。同選手が14日、フランス『RMC Sport』で語った。

▽現在、アメリカのユナイテッド・サッカーリーグ(USL)のフェニックス・ライジングで選手兼共同オーナーとして活躍するドログバ。今季は公式戦14試合出場で10ゴールを記録するなど相変わらずの健在ぶりを見せているが、来季限りでユニフォームを脱ぐ意向を持っているようだ。

「君たちはスクープを求めているか? 私は来年が自分の最後のシーズンになると思っている」

「ある時点が来たら辞める必要がある。個人的に他のプロジェクトを進行していくために時間が必要だ。プレーをすることは楽しいけど、私も39歳だ。それが自分を少しためらわせている」

▽1998年にル・マンでプロキャリアをスタートしたドログバは、以降ギャンガン、マルセイユといったフランスのクラブで順調にキャリアアップを果たすと、2004年にチェルシーへ加入。卓越した身体能力とテクニック、決定力を武器に公式戦381試合164ゴールを挙げる大活躍を披露。在籍期間には4度のプレミアリーグ制覇に加え、2011-12シーズンにはクラブ史上初のチャンピオンズリーグ制覇も経験するなど、多くのタイトルを獲得した。

▽また、上海申花やガラタサライ、モントリオール・インパクトなど欧州主要リーグ以外のクラブでもプレー経験を積んでいる。

▽さらに、英雄と評されるコートジボワール代表では、通算104キャップで歴代最多の65ゴールを記録。2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)での初出場から3大会連続でW杯本大会を経験していた。

コメント

関連ニュース

thumb

彼はやめとけ! バルサ絶対君主メッシ、あのドイツ人司令塔の加入を嫌う?

▽近い将来のバルセロナ行きが報じれてきたアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)。しかし、バルセロナの絶対君主がそのドイツ人プレーメーカーの加入に難色を示しているようだ。イギリス『デイリー・スター』がスペイン『Diario Gol』の情報をもとに伝えた。 ▽事前の報道によれば、かねてより噂されてきたリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ獲得が難航を極めるバルセロナは、今シーズン限りでアーセナルとの契約が満了を迎えるエジルをリストアップ。今後、獲得の動きを本格化させるとみられてきた。 ▽だが、その動きにバルセロナの絶対的エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが待ったをかけた。エジルについて絶頂期を過ぎた選手とみなしているようで、さらに試合での消え癖を懸念している模様。そのため、バルセロナ首脳陣にターゲットの見直しを促したという。 2017.11.23 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

サウジアラビア、バウサをスピード解任 在任期間はわずか2カ月

▽サウジアラビアサッカー連盟は22日、同国代表を率いるエドガルド・バウサ監督(59)の解任を発表した。 ▽かつてアルゼンチン代表を指揮した経歴を持つバウサ監督は、ベルト・ファン・マルワイク氏の後任として、9月からサウジアラビア監督に就任した。 ▽わずか2カ月で監督交代に至った経緯として、同サッカー連盟は総合的な技術の評価と親善試合でのパフォーマンスを理由に挙げている。 ▽サウジアラビアは、11月の代表ウィークで2試合の国際親善試合に臨んだが、ポルトガル代表(0-3)とブルガリア代表(0-1)に連敗している。 ▽なお、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では日本代表と同居したグループBを2位で通過。3大会ぶり5回目の出場を決めた。 2017.11.23 08:15 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグで活躍した元ナイジェリア代表FWヤクブが現役引退

▽エバートンやポーツマスで活躍した元ナイジェリア代表FWヤクブ・アイエグベニ(35)が22日、現役引退を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』に語っている。 ▽ポーツマスやミドルスブラ、エバートンにブラックバーンなどでプレーしたセンターフォワードのヤクブは、プレミアリーグ通算252試合に出場して95ゴール16アシストをマーク。ナイジェリア代表としては57試合に出場して21ゴールを挙げ、2010年南アフリカワールドカップに出場した。 ▽2017年4月にはコヴェントリーと契約していたが、シーズン終了後に契約満了となって以降はフリーとなっていた。そのヤクブは『スカイ・スポーツ』に対して次のように語った。 「まずはこのようなキャリアを送れたことを感謝したい。ナイジェリアサッカー協会や代表のチームメートにね。代表でのプレーは思い出に残るものばかりだった」 「そして所属した各クラブにも感謝したい。監督やスタッフ、オーナー、そしてチームメートにもね。自分のキャリアを支えてくれたクラブに感謝したい」 「1997年にナイジェリアでキャリアをスタートさせた際にはこれほどの成功は考えていなかった。イングランドでのプレーは、自分を選手として人として成長させてくれた。今は新たなスタートを切るタイミングだと思ったんだ」 2017.11.23 00:33 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、自伝『微笑みの陰で』の中でユナイテッド移籍を示唆?!

▽アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、マンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性を匂わせている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽今夏の移籍市場で、アトレティコのスター選手であるグリーズマンがユナイテッドに移籍するのでは、といった報道が過熱していたものの、同選手は補強禁止処分を受けているクラブに残留。ユナイテッドへの移籍話は下火となり、バルセロナへ行くのではないかといった噂が現在では囁かれている。 ▽その一挙手一投足が注目を集めるグリーズマンは、今年の5月に母国フランスで『Derriere le Sourire(微笑みの陰で)』と題した自伝を出版。同選手はその中で以下のように記述している。 「僕は全てにおいて幸せだけど、これはいつまでも移籍をしないという意味ではないんだ」 「決断はしていない。それは複数の要素に影響されるものだからね。アトレティコで何度も歓喜を繰り返させてもらえるほど、偉大な監督やチームメイトがいて、彼らは定期的に将来のことをきいてくるんだ」 「僕は何も除外しないよ。イングランドに対して(思うところ)は何もないよ。(ジメジメとした)天気は別としてね。そして、マンチェスター・ユナイテッドはあり得るよ」 2017.11.22 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、“万能プレーヤー”A・ヤングに新契約?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表MFアシュリー・ヤング(32)に契約延長の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽今夏に中国行きが取り沙汰されながらユナイテッド残留を決断したアシュリー・ヤングは、今シーズンのここまで、主戦場の攻撃的なポジションだけでなく、左サイドバック、あるいは左ウイングバックとしてプレー。その万能性と活躍ぶりが評価され、クラブでの出場機会増加と、4年ぶりのイングランド代表復帰に大きく繋がった。 ▽ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督も、華麗なる転身を遂げたアシュリー・ヤングの働きぶりを評価。これを受けて、クラブも今シーズン限りで契約を満了を迎えるアシュリー・ヤングとの延長を考慮し、さらに年俸600万ポンド(約8億9000万円)の昇給を用意しているという。 ▽なお、アシュリー・ヤングの現行契約には、1年間の契約延長オプションが付随。これが行使されるとなれば、2019年夏までユナイテッドに留まることになる。 2017.11.22 15:45 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース