ドログバが来季限りで現役引退へ! 「来年は私の最後のシーズンに」2017.11.15 02:02 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(39)が、来シーズン限りで現役を退く意向であることを明かした。同選手が14日、フランス『RMC Sport』で語った。

▽現在、アメリカのユナイテッド・サッカーリーグ(USL)のフェニックス・ライジングで選手兼共同オーナーとして活躍するドログバ。今季は公式戦14試合出場で10ゴールを記録するなど相変わらずの健在ぶりを見せているが、来季限りでユニフォームを脱ぐ意向を持っているようだ。

「君たちはスクープを求めているか? 私は来年が自分の最後のシーズンになると思っている」

「ある時点が来たら辞める必要がある。個人的に他のプロジェクトを進行していくために時間が必要だ。プレーをすることは楽しいけど、私も39歳だ。それが自分を少しためらわせている」

▽1998年にル・マンでプロキャリアをスタートしたドログバは、以降ギャンガン、マルセイユといったフランスのクラブで順調にキャリアアップを果たすと、2004年にチェルシーへ加入。卓越した身体能力とテクニック、決定力を武器に公式戦381試合164ゴールを挙げる大活躍を披露。在籍期間には4度のプレミアリーグ制覇に加え、2011-12シーズンにはクラブ史上初のチャンピオンズリーグ制覇も経験するなど、多くのタイトルを獲得した。

▽また、上海申花やガラタサライ、モントリオール・インパクトなど欧州主要リーグ以外のクラブでもプレー経験を積んでいる。

▽さらに、英雄と評されるコートジボワール代表では、通算104キャップで歴代最多の65ゴールを記録。2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)での初出場から3大会連続でW杯本大会を経験していた。
コメント
関連ニュース
thumb

北朝鮮代表、35歳の元代表MFキム・ヨンジュン氏が新指揮官に就任!

▽朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会は12日、同国代表の新指揮官に元代表MFのキム・ヨンジュン氏(35)が就任することを発表した。 ▽北朝鮮代表ではノルウェー人指揮官のヨルン・アンデルセン前監督退任後、半年に渡って正指揮官不在の状況が続いていたが、来年1月にAFCアジアカップUAE2019を控える中、代表OBであるキム・ヨンジュン氏の就任が決定した。 ▽2001年に北朝鮮代表デビューを飾ったキム・ヨンジュン氏は2011年に代表を引退するまで通算59試合に出場。2010年の南アフリカ・ワールドカップにも主力として本大会出場に貢献していた。指導者としては母国の古巣クラブ平壌市体育団を率いていた。 ▽なお、北朝鮮は今回のアジアカップでグループEに入っており、サウジアラビア、カタール、レバノンと対戦する。 2018.12.12 22:08 Wed
twitterfacebook
thumb

“Mr.ウェストハム”MFマーク・ノーブルが1年間の契約延長!

▽ウェストハムは12日、オプションを行使してイングランド人MFマーク・ノーブル(31)との契約を2021年まで延長したことを発表した。 ▽ウェストハムの下部組織で育ったノーブルは、ハル・シティやイプスウィッチへのレンタルを経験しつつ成長。今ではチームの支柱としてキャプテンを務めており、今シーズンもプレミアリーグ11試合2ゴールを記録している。 ▽また、ウェストハム通算では公式戦446試合51ゴール55アシストをマーク。クラブ公式サイトが呼称する通り、まさに“ミスター・ウェストハム”だ。 ▽ノーブルは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「数年前にサインした時、僕の契約にはオプションが付いた。1年間の延長だ。それは僕や僕の家族にとってファンタスティックなものだ」 「僕は生涯を通じてこのクラブに居る。いつも言っているけど、このクラブに居たいんだ。僕らは正しい方向に進んでいると思うし、行使するには適切な時期だったよ」 2018.12.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ヤヤ・トゥーレ、プレミア復帰を画策?

▽オリンピアコスとの契約を解除した元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が、プレミアリーグへの復帰を望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽4度のアフリカ年間最優秀選手賞受賞歴を誇り、世界最高峰のミッドフィルダーとして名を馳せたヤヤ・トゥーレ。今年9月からは、昨シーズン限りでマンチェスター・シティを退団し、2005-06シーズンを過ごした古巣オリンピアコスに復帰していた。 ▽しかし11日、オリンピアコスが契約解除を発表。クラブのリリースでは「互いの合意により」と伝えられていたが、『スカイ・スポーツ』の情報によれば、ヤヤ・トゥーレの契約には「プレーする度に発生する給与」が設定されており、オリンピアコスの財政が圧迫されていたというのが真実のようだ。 ▽退団後の新天地は未だ定まっていないが、既に中国とアメリカのクラブからの誘いを断っている模様。また、ヤヤ・トゥーレは今週末に家族の居るロンドンに戻る予定であり、自身がプレミアでプレーすることは未だ可能だと考えているようだ。 ▽ヤヤ・トゥーレが最後にプレーしたのは、11月9日のヨーロッパリーグ(EL)・グループF第4節デュドランジュ戦(5-1でオリンピアコスが勝利)だ。しかし、「自己管理によりプレーできる状態を維持している」という情報がもたらされたことを、『スカイ・スポーツ』は報告している。 2018.12.12 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

モラタがバルサに売り込み⁉

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)が、バルセロナに売り込みをかけているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が、スペインのラジオ局『RAC1』での放送を引用して伝えている。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のモラタは2010-12シーズンのサラゴサ戦でトップチームデビューを飾った。しかし、モラタの務めるセンターフォワードには元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインが在籍していたため、出場機会に恵まれずにユベントスに移籍。その後、一度はマドリー復帰を果たしたものの、その際もポジションを奪い切ることはできず、2017年夏に推定移籍金6500万ユーロ(現在のレートで約83億円)+ボーナスでチェルシーへ加入していた。 ▽加入初年度となった昨シーズンは、アントニオ・コンテ前監督のもと、公式戦48試合で11ゴールを記録。さらに、マウリツィオ・サッリ新監督になった今シーズンも、プレミアリーグ14試合で5ゴールとまずまずの数字を残している。しかし、大一番でスタメンから外されることもあり、絶対的な信頼は得られていない。 ▽今回伝えられるところによれば、モラタ側がウルグアイ代表FWルイス・スアレス(31)の後継者の獲得を目指しているバルセロナに売り込みをかけた模様。しかし、バルセロナは移籍市場でのフォワードの動向に注意を払っているものの、現時点でのモラタ獲得は最優先事項とならないことも伝えられている。 2018.12.12 20:48 Wed
twitterfacebook
thumb

シルバ、シティとの2021年までの契約延長を検討?

▽マンチェスター・シティに所属するスペイン代表MFダビド・シルバ(32)が、契約延長を考慮しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽2010年夏にバレンシアから加入して以来、クラブの核として活躍しているシルバ。ここまでシティでの通算成績は公式戦366試合69アシスト119アシストという数字を記録しており、3度のプレミアリーグ優勝を含む9度のタイトル獲得に大きく貢献し、同クラブを大きな存在に押し上げている。 ▽そんなシルバの契約も現行では2020年6月末まで。当人が「キャリアの終盤に故郷のラス・パルマスでプレーしたい」という願望を度々口にしていることや年齢を鑑みて、これ以上の延長はされないという見方も強まっている。 ▽しかし、『メトロ』によると、体力レベルの落ちないシルバに関して、シティは契約延長を熱望しているという。また、ジョゼップ・グアルディオラ監督が延長すべきだと強く主張しており、上層部はシルバが代表引退を決断するか否かがポイントだと捉えているようだ。 ▽さらに、シルバ当人もクラブでの道を閉ざさず。2021年までの1年間の延長を検討していることが伝えられている。 2018.12.12 20:25 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース