ドログバが来季限りで現役引退へ! 「来年は私の最後のシーズンに」2017.11.15 02:02 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(39)が、来シーズン限りで現役を退く意向であることを明かした。同選手が14日、フランス『RMC Sport』で語った。

▽現在、アメリカのユナイテッド・サッカーリーグ(USL)のフェニックス・ライジングで選手兼共同オーナーとして活躍するドログバ。今季は公式戦14試合出場で10ゴールを記録するなど相変わらずの健在ぶりを見せているが、来季限りでユニフォームを脱ぐ意向を持っているようだ。

「君たちはスクープを求めているか? 私は来年が自分の最後のシーズンになると思っている」

「ある時点が来たら辞める必要がある。個人的に他のプロジェクトを進行していくために時間が必要だ。プレーをすることは楽しいけど、私も39歳だ。それが自分を少しためらわせている」

▽1998年にル・マンでプロキャリアをスタートしたドログバは、以降ギャンガン、マルセイユといったフランスのクラブで順調にキャリアアップを果たすと、2004年にチェルシーへ加入。卓越した身体能力とテクニック、決定力を武器に公式戦381試合164ゴールを挙げる大活躍を披露。在籍期間には4度のプレミアリーグ制覇に加え、2011-12シーズンにはクラブ史上初のチャンピオンズリーグ制覇も経験するなど、多くのタイトルを獲得した。

▽また、上海申花やガラタサライ、モントリオール・インパクトなど欧州主要リーグ以外のクラブでもプレー経験を積んでいる。

▽さらに、英雄と評されるコートジボワール代表では、通算104キャップで歴代最多の65ゴールを記録。2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)での初出場から3大会連続でW杯本大会を経験していた。

コメント

関連ニュース

thumb

新体制のアーセナル、アルゼンチン代表FWをトップターゲットに?最低でも66億円必要か

アーセナルは、アルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンをトップターゲットに定めたようだ。英『Football London』の情報を下に、『ザ・サン』が伝えている。<br><br>先日、長年CEOを務めたイヴァン・ガジディス氏が退任することを発表したアーセナル。新体制では、フットボール部門のトップにラウール・サンジェイ氏が就任することに。16年間バルセロナでフットボール・ディレクターを務め、今年2月にアーセナルに来たばかりのサンジェイ氏に、クラブの旗振り役を任せることとなった。<br><br>そんなサンジェイ氏は、早くも選手補強に動き出しているようだ。『Football London』によると、サンジェイ氏はパボンをトップターゲットに据えたという。そして、スカウト部門トップのスヴェン・ミスリンタート氏を通してではなく、直接ボカ・ジュニアーズとコンタクトを取っているようだ。<br><br>ロシア・ワールドカップにも出場した22歳のアルゼンチン代表FWには、今夏も獲得に動いたというアーセナル。しかし、パボンはボカと新たに延長契約を結んだため、獲得には失敗していた。<br><br>ボカとの新契約は4年間であり、会長によると5000万ユーロ(約66億円)の契約解除条項が付帯しているという。つまり、アーセナルは獲得のために最低でも5000万ユーロを支払う必要があるようだ。<br><br>昨季限りで22年間務めたアーセン・ヴェンゲル氏が退任し、クラブCEOも去ったアーセナル。新体制となったクラブは、どのような方針でクラブを強化していくのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 22:58 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルのエメリ監督、ワトフォードMFドゥクレ獲得を熱望か

▽アーセナルが、ワトフォードに所属するフランス人MFアブデラウエ・ドゥクレ(25)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽ドゥクレは豊富な運動量とボール奪取能力を武器に2012年に母国レンヌでプロデビューを果たした。その後2016年にワトフォード加入と同時にグラナダにレンタル移籍。翌年にワトフォードに復帰するも、前半戦はケガに泣きリーグ戦出場は20試合にとどまった。2017-18シーズンはリーグ戦37試合に出場し7ゴール4アシストを記録するなどクラブの残留に貢献していた。 ▽今夏、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーをウエストハムに放出したアーセナルは、後釜としてフランス人MFマッテオ・グエンドウジ(19)やウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(22)を向かい入れた。だが記事によると、同クラブのウナイ・エメリ監督はさらなる中盤の補強として、ドゥクレの獲得を熱望しているという。 2018.09.20 21:21 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、中盤の強化試みるも…

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は今夏に、ユベントスのドイツ代表MFサミ・ケディラ(31)と、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得を目指していたようだ。フランス『レキップ』をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽PSGは今夏、新指揮官としてトーマス・トゥヘル監督が就任。トゥヘル監督は、中盤の強化を図るべくケディラとF・デ・ヨングの獲得をクラブに要請していたようだ。 ▽ケディラは2015年にレアル・マドリーからユベントスにフリーで加入。加入初年度こそケガに泣かされリーグ戦出場は20試合だったが、2016-17シーズンにはリーグ戦31試合出場した。これまでリーグ戦通算81試合で20ゴール10アシストと、チームの欠かせない存在になっている。その証拠にユベントスは先日、ケディラと契約を2021年まで延長。PSG移籍の可能性は消滅した。 ▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたF・デ・ヨングは、2015年にオランダの名門アヤックスに加入。最初の2シーズンはリザーブチームにあたるヨング・アヤックスを主戦場としてきたものの、昨シーズンからトップチームに定着した。後半戦はケガで棒に振ったが、22試合で8アシストをマークしブレイク。オランダの有望株として多くのビッククラブが関心を寄せている。また、スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば1月の移籍市場でPSGが再び獲得に動くと見込まれている。 2018.09.20 20:39 Thu
twitterfacebook
thumb

元浦和や札幌のエメルソンが今年いっぱいで現役引退

▽浦和レッズや北海道コンサドーレ札幌、川崎フロンターレで活躍したブラジル人FWエメルソン(39)が、12月に現役引退するようだ。ブラジル『globo』が報じている。 ▽ブラジルの名門・サンパウロ出身のエメルソンは2000年から2005年にかけて日本で活躍。札幌では2000年にJ2優勝、浦和では2003年にリーグカップ優勝を経験し、2004年にはJリーグ優秀選手賞と得点王を受賞。通算121得点を記録した。その後、カタールのアル・サッドや母国フルミネンセ、フラメンゴなどを転々とし2011年にコリンチャンスに加入。コリンチャンスでは2012年に日本で開催されたクラブ・ワールドカップでチェルシーを下し優勝を果たしている。 ▽さらにその後は、2度目のフラメンゴ移籍やポンチ・プレッタを経て、2018年にコリンチャンスに復帰。12月に40歳の誕生日を迎えるエメルソンは、今年いっぱいでの引退を決めたようだ。 ▽『globo』によれば、コリンチャンスはエメルソン引退に際し引退試合を行うことを決定。試合日は同選手の誕生日の翌日の12月7日。なお、その試合のチケット代は全てNGOや貧しい地域社会に寄付されるという。 2018.09.20 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、またストライカー獲得失敗?

▽レアル・マドリーはローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表エディン・ゼコ(32)にオファーを出していたようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今夏に、得点源であったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団したことで決定力不足が指摘されていたマドリーは、後釜としてチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールやパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に尽力。しかし、C・ロナウドに代わる大物獲得は失敗に終わり、ストライカーとして獲得できたのは、リヨンから買い戻いしたドミニカ代表FWマリアーノ・ディアスのみだった。そんな中で、ゼコの獲得にも動いていたようだ。 ▽『マルカ』によると、ゼコと個人間での話し合いの場を持っていたマドリーだったが、同選手は元フランス代表カリム・ベンゼマやウェールズ代表MFガレス・ベイルの控えに回る可能性が高いことからオファーを拒否。ローマでの生活を満足しているということもあり残留を決めたという。 ▽それでも、ストライカー獲得を諦めていないマドリーは、冬の移籍市場でもゼコの説得に動くという。だが、ゼコには他にも複数のクラブからオファーが来ているようで、中にはチェルシーといったビッグクラブも興味を示している模様だ。 ▽2015年にマンチェスター・シティからレンタル移籍で加入したゼコは、加入初年度からリーグ戦31試合で8ゴール5アシストを記録。その活躍が認められ2016年に完全移籍で加入した。ローマではここまでリーグ戦通算107試合で53得点を記録し、エースとして活躍している。 2018.09.20 14:39 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース