ベンフィカの“NEXTディ・マリア”はユナイテッドではなくライプツィヒへ?2017.11.15 01:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先日にマンチェスター・ユナイテッド行きが報じられたベンフィカの“NEXTディ・マリア”だが、新天地はRBライプツィヒとなるかもしれない。ポルトガル『A bola』が伝えている。

▽ポルトガル『Record』は先日、ユナイテッドがベンフィカU-19に所属するU-17ポルトガル代表FWウマロ・エンバロ(16)の獲得で合意に至ったと報道。だが、後にベンフィカのルイス・フィリペ・ヴィエイラ会長は、『A bola』でこの報道を真っ向から否定していた。

▽そのエンバロの去就に関して『A bola』は、ドイツ『ビルト』のレポートを引用し、ライプツィヒが新天地候補の最右翼に躍り出たと伝えている。

▽以前から若手有望株の獲得に関して大枚を叩いてきたライプツィヒは、ユナイテッドが500万ポンド(約7億4000万円)を掲示したといわれるエンバロに対して、1300万ユーロ(約17億4000万円)の巨額オファーを準備しているようだ。

▽現時点でベンフィカがこのオファーを受け入れるかは不明だが、移籍が成立する可能性は高いようだ。

▽ギニア出身のエンバロは、優れた身体能力に加え、高精度の左足を武器とする左ウイングで、現地では過去に在籍していたアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン)と比較されるほどの有望株。ベンフィカU-19では12試合の出場で5ゴールを記録し、U-17ポルトガル代表では18試合で15ゴールを挙げる活躍をみせている。

コメント

関連ニュース

thumb

ポグバ2G1Aのユナイテッドがヤング・ボーイズに快勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節、ヤング・ボーイズvsマンチェスター・ユナイテッドが19日に行われ、0-3でユナイテッドが快勝した。 ▽ユベントス、バレンシアが同居しているグループH。ユベントスと共に突破候補と見られるユナイテッドは昨季ベスト16で敗退した中、モウリーニョ政権3季目に突入。目立った補強がなかった中、プレミアリーグでは3勝2敗スタートとなっている。そのユナイテッドは2-1で逃げ切った直近のワトフォード戦のスタメンから5選手を変更。サンチェスやリンガード、バレンシアらに代えてラッシュフォードやマルシャル、新戦力のフレッジとジオゴ・ダロトが先発となった。 ▽32年ぶりにスイス王者に輝いたヤング・ボーイズに対し、3トップに右からラッシュフォード、ルカク、マルシャルと並べ、中盤アンカーにマティッチ、インサイドにポグバとフレッジを並べる[4-3-3]で臨んだユナイテッドは、時間の経過とともにカウンターで揺さぶられると、8分にオアロに際どいヘディングシュートを浴びて脅かされる。 ▽さらに16分にはカマラの強烈なミドルシュートでゴールに迫られ、GKデ・ヘアの好守で凌いだユナイテッドだったが、ここからヤング・ボーイズの圧力を受けて押し込まれる展開を強いられる。 ▽悪い流れに陥っていたユナイテッドだったが35分、最初の枠内シュートで先制する。ペナルティアーク左でルーズボールを拾ったポグバが左足を一閃。正確なシュートがゴール左上に決まった。 ▽さらに43分、ショーのクロスがボックス内のエムバブの手に当たってPKを獲得。これをポグバが決めてユナイテッドが2点をリードし、前半を終えた。 ▽迎えた後半、ヤング・ボーイズをいなしながら試合を進めるユナイテッドが、主導権を渡さない。 ▽敵陣でボールを動かしながら試合を進めるユナイテッドは66分に試合を決める。ポグバのパスを受けたボックス左のマルシャルがGKとの一対一を制した。 ▽その後、ラッシュフォードとフレッジに代えてマタとフェライニを投入したユナイテッドはヤング・ボーイズに付け入る隙を見せずに3-0で快勝。白星発進としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがシュクリニアルに熱視線もインテルは徹底抗戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドはインテル所属のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(23)の獲得に動くようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『カルチョ・メルカート』の記事を引用し伝えている。 ▽ユナイテッドはセンターバックの強化を図るべく、これまでイングランド代表DFハリー・マグワイア(25)をはじめとする多くの選手に関心を寄せていたが、結局補強には成功してはいない。そのためシュクリニアルに照準を定めたようだ。 ▽『カルチョ・メルカート』によれば、ユナイテッドは既に2500万ユーロ(約32億円)のオファーを提示したが、インテルはこれを拒否。しかし、ユナイテッドはシュクリニアルに対して5000万ユーロ(約65億円)まで支払う意向があるという。 ▽また同紙によれば、インテルは守備の要であるシュクリニアルの放出を考えておらず、既に新契約に向けて動き出しているという。 ▽シュクリニアルは2017年に、2000万ユーロ(約26億)でサンプドリアから加入。加入初年度からリーグ戦38試合に出場。7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場に貢献していた。 2018.09.19 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

マンチェスターに戻るデパイがユナイテッド時代を回想

▽リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイが、古巣のマンチェスター・ユナイテッドでのシーズンを振り返った。イギリス『BBC』が報じた。 ▽かつてユナイテッドでプレーしていたデパイは、チャンピオンズリーグのグループステージで古巣のライバルであるマンチェスター・シティと対戦する。 ▽2015年6月、PSVから3100万ポンド(約45億7200万円)でユナイテッドに加入。公式戦53試合に出場し7ゴールを記録していた。 ▽しかし、期待されたパフォーマンスを残すことができず、2017年1月にリヨンへと完全移籍。すると、リヨン移籍後は公式戦74試合で28ゴールを記録し、輝きをとりもどしている。 ▽古巣との対戦ではないものの、久々にマンチェスターに戻るデパイは、マンチェスターで過ごした日々を振り返り、最適ではなかったと語った。 「誰もが僕とマンチェスター・ユナイテッドが成功しなかった話を知っている」 「誰もがそれを見ていたし、僕も自分で感じることができた。僕は振り返り、そのようになることは望んでいなかった。でも、それは起こったんだ」 「1シーズンが経ち、僕はチームの中で自分で見つけることができなかった。まだ若かったし、チャンスを多く得られなかったけど、僕はクオリティが議論の対象にならなかったんだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループH展望】ユーベとユナイテッドの牙城をバレンシアは崩せるか

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループHではユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、バレンシアによる三つ巴の戦いが予想される。ただ、CLにおける経験値を考慮するとユベントスとユナイテッドが突破の本命であると言えそうだ。6季ぶりのCL出場を果たしたバレンシアはその2チームの牙城を崩せるかがこのグループの注目となる。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:ユベントス ○対抗:マンチェスター・ユナイテッド △連下:バレンシア ☆大穴:ヤング・ボーイズ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆C・ロナウド迎えた陣容で悲願の欧州制覇へ~ユベントス~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季も2年前の決勝同様に王者レアル・マドリーの前にベスト8で涙を呑んだイタリア王者。23年ぶり3度目の欧州制覇を目指すセリエA7連覇中のユベントスはこの夏、天敵となっていたFWロナウドをレアル・マドリーから1億ユーロで獲得した。さらにDFボヌッチが1年でミランから復帰し、右サイドバックにはDFカンセロが、中盤にはMFジャンが加入し、充実のスカッドが完成している。ユナイテッド、バレンシアが手強いチームであることに疑いの余地はないが、ユベントスとしてはグループステージで躓くことは許されない。 <span style="font-weight:700;">◆懸念のモウリーニョ政権3季目~マンチェスター・ユナイテッド~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季はセビージャの前に痛恨のベスト16敗退に終わったユナイテッド。懸念のモウリーニョ政権3季目の今季は、フロントのサポートがなく目立った補強はMFフレッジのみ。案の定、マンネリ化が目に付くチームはプレミアリーグで出だしに躓いたことでモウリーニョ監督の解任の噂が早くも挙がった。結果が出ず、モウリーニョ監督が求心力を失えば、バレンシアに交わされてグループステージ敗退の憂き目に遭う可能性があるかもしれない。 <span style="font-weight:700;">◆突破できるチーム力は十分~バレンシア~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_29_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季はリーガエスパニョーラで4位となり、6季ぶりにCL出場権を手にした。組織的な守備を構築した立役者のマルセリーノ監督が留任した上、移籍が噂されたエースのFWロドリゴ・モレノも残留した。さらにFWゴンサロ・ゲデスもパリ・サンジェルマンから完全移籍で獲得し、ロシアW杯で再ブレイクしたMFチェリシェフ、ドルトムントで実力を示したFWバチュアイを補強しており、攻撃陣は昨季を上回る陣容となっている。チームのまとまりはユナイテッドを凌ぐことが予想され、突破の可能性を十分に秘めたチームと言えそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆32年ぶりスイス王者が初出場~ヤング・ボーイズ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180918_29_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、絶対王者バーゼルの9連覇を阻み、32年ぶりにスイス王者に輝いたヤング・ボーイズが、プレーオフでディナモ・ザグレブを下し、クラブ史上初のCL本戦出場を果たした。主力ではセンターバックのDFヌフがホッフェンハイムに去ったが、それ以外に流出はなく昨季の優勝メンバーで戦える点はプラス。元PSGのFWオアロを中心に番狂わせを狙いたいところだが、格上の3クラブに対抗できる戦力は持ち合わせていないだろう。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表ナニがツイッターで質問コーナーを開設、ベストゴールやベストプレイヤーは? 将来の去就も示唆

▽ポルトガル代表MFナニ(31)が、スポルティング・リスボンでの引退を示唆している。 ▽スポルティング出身のナニは、2005年にトップチームでプロデビューを果たした後、2007年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍。ユナイテッドではプレミアリーグ4回、チャンピオンズリーグ1回、クラブ・ワールドカップ1回など数々のタイトルを獲得し、輝かしいキャリアを築いた。 ▽2015年を最後に、ユナイテッドを去り、フェネルバフチェやバレンシア、ラツィオなどへの移籍を経て、今夏に古巣スポルティングへの完全移籍が決まった。2014-15シーズンに、スポルティングにレンタルしていたため、3年振りの古巣復帰となったナニは、今季はキャプテンマークを巻いてここまでリーグ戦4試合に出場。3ゴールをマークし、チームも4戦3勝1分けと好調なスタートを切っている。 ▽そんなナニがこの度、自身の公式ツイッターでフォロワーからの質問に回答。様々な質問が寄せられる中、興味深い一言を残している。 「僕はまだ引退は考えてないよ。まだまだ若いからね!」 「スポルティングでハッピーなんだ。ここでキャリアを終えると思う。昔はMLS(メジャー・リーグ・サッカー)にも興味はあったんだけどね…」 ▽また、質問は特にユナイテッド絡みのものが多く、チームメイトだったウェイン・ルーニーに関しては「素晴らしい選手、素晴らしい経験だった」とコメント。最も難しかった相手にはアシュリー・コールの名前を挙げた。 ▽さらに、「ユナイテッドでのベストゴールは?」という質問に「2011-12シーズンのオールド・トラフォードでのチェルシー戦のゴールだよ!」と答えると、ユナイテッドの公式アカウントが「私たちも大好きなゴール」と、動画付きで反応。そして、世界のベストプレイヤーを尋ねられると「もちろん、クリスティアーノ(・ロナウド)さ!」と、代表でも同僚の男の名を挙げた。 2018.09.19 17:43 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース