背中の手術を受けたクラインの復帰は年明け以降に2017.11.15 00:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは14日、イングランド代表DFナサニエル・クラインが背中の手術を受けたことを発表した。復帰時期は年明けとしている。▽クラインはプレシーズン期間中の7月12日に行われたトランメア・ローバーズ戦でプレーして以降、背中を痛めて戦列を離れていた。

▽リバプールは手術が成功したことを報告したが、復帰時期は明確にせず、年明け以降と発表している。

▽2015年夏にサウサンプトンからリバプールに移籍した右サイドバックのクラインは昨季、プレミアリーグ37試合に出場するなど、主力として活躍していた。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルンの面々はリバプールとの対戦決定に…ドイツ代表DF「アンフィールドが楽しみ」

バイエルンの選手たちはチャンピオンズリーグでリバプールとの対戦が実現したことに喜んでいるのかもしれない。<br><br>チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の抽選会が17日に行われ、対戦カードが決定した。首位通過したバイエルンはリバプールとの対戦が決まり、ビッグマッチが実現。ニコ・コバチ監督は「リバプールは優勝候補だ」としつつ、自信をのぞかせる。<br><br>「しかし、我々はバイエルン・ミュンヘンなんだ。それに彼らは2戦目をミュンヘンで戦わなければならない。我々が突破できることに自信を持っている」<br><br>また、抽選会の前からアンフィールドで戦うことを望んでいたドイツ代表DFニクラス・ジューレはやはり喜びの気持ちが強いようだ。<br><br>「アンフィールドでの試合は難しくなるだろうけど、楽しみだよ。第一戦でいい結果を持ち帰りたい。突破できると信じている。素晴らしいストライカーと対戦できるのは幸せだし、ホッフェンハイムで同僚だった(ロベルト)フィルミーノと再会できるのも嬉しいね」<br><br>同様にセルジュ・ニャブリも「昨季、ホッフェンハイムでアンフィールドに行ったよ。また行けるのは嬉しいし、雰囲気はとても印象的だった」と初戦を楽しみにした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 13:37 Tue
twitterfacebook
thumb

溜息が出る走力…モウリーニョがロバートソンを称賛! 「毎分100Mスプリント」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、リバプールに所属するスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンを称賛している。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽リバプールは16日、プレミアリーグ第17節でユナイテッドをアンフィールドに迎え、3-1で勝利。前半中にマネが先制点を奪取し、その後追いつかれたものの途中出場のシャキリが2ゴールを奪い、無敗&首位をキープした。 ▽ユルゲン・クロップ監督も「就任して以降、ベストパフォーマンスの1つだった」と称賛した試合の後、モウリーニョ監督はロバートソンを名指しで称えている。 「彼らはボールがあろうとなかろうと時速200マイルでプレーするんだ」 「(アンディ・)ロバートソンだけを見ることにまだ疲れている。彼は毎分100メートルのスプリントを記録する。絶対的に信じられないもので、それらが彼らのクオリティだ」 ▽また、ロバートソンは、モウリーニョ監督の称賛に対して、以下のように落ち着いた反応を見せている。 「それは僕の試合の一部であって、内包していることなんだ」 「僕は(試合)終了までやり続けるよ」 2018.12.18 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ラウンド16組み合わせが決定!王者マドリーはアヤックス、準優勝のリバプールはバイエルンと対戦《CL》

▽17日に、チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われた。 ▽昨季同様、順当に勝ち上がりが決定した今季のCL。死の組となったグループBでは、バルセロナが余裕の首位突破を決めた一方で、最終節までもつれた2位争いは、当該成績の結果、トッテナムが制した。また、同じく死の組となったグループCでも混戦が起こり、こちらも最終節にリバプールがナポリ戦を制して、首位のパリ・サンジェルマンとグループステージ突破を決めた。 ▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。 ▽そして、組み合わせ抽選の結果、王者レアル・マドリーはアヤックスと対戦、準優勝のリバプールはバイエルンと対戦することが決まった。 ▽ラウンド16は、2019年2月12日、13日、19日、20日に1stレグ、同3月5日、6日、12日、13日に2ndレグが行われる。 ◆CLラウンド16組み合わせ シャルケvsマンチェスター・シティ アトレティコ・マドリーvsユベントス マンチェスター・ユナイテッドvsパリ・サンジェルマン トッテナムvsドルトムント リヨンvsバルセロナ ローマvsポルト アヤックスvsレアル・マドリー リバプールvsバイエルン 2018.12.17 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

元主将キーン氏が古巣の現状に憤り「始めて見た人は“平均的なチーム”としか思わないだろう」

マンチェスター・ユナイテッド元主将のロイ・キーン氏は、リバプールに敗れた古巣へ苦言を呈した。<br><br>16日に行われたプレミアリーグ第17節で、マンチェスター・Uはリバプールと対戦。ジェシー・リンガードのゴールで前半のうちに同点に追いついたマンチェスター・Uだが、後半に2ゴールを許して1-3でライバルの前に屈した。<br><br>イギリス『スカイスポーツ』の番組内でこの試合について語ったキーン氏は、古巣の不甲斐なさへの不満を口にし、首位を走るリバプールとの差を埋めるためには移籍市場で積極的に動く以外の方法はないと語った。<br><br>「ユナイテッドは試合に入ることもできていなかった。ポゼッション、ゴール、シュート、コーナー&hellip;&hellip;、リバプールがどれも上回っていた。試合前からこのことを心配していたが、今夜のユナイテッドを見て、さらに心配は大きくなった」<br><br>「今日マンチェスター・ユナイテッドとしてプレーした多くの選手は、マンチェスター・ユナイテッドにとって十分とは言えない。彼らは良い選手たちだと思うが、マンチェスター・ユナイテッドの選手としてではない」<br><br>さらに、17試合で早くも昨シーズンの失点数を上回った守備陣に対しても言及している。<br><br>「今日出た選手たちはベストを尽くしたと思う。ただ乏しかっただけだ。クラブは既に何人かのディフェンダーに資金を投じたが、十分に良いとは言えない。だから移籍市場でもっと獲得する必要がある。君たちはマンチェスター・ユナイテッドだ。ビッグクラブなんだ」<br><br>「守備面はチームの基盤にならなくてはならない。毎回クリーンシートを目指す必要がある。リバプールが最後の10分や15分で良いプレーを見せていれば、4点や5点を奪われていた可能性はある」<br><br>また、キーン氏はジョゼ・モウリーニョ監督が「トップ4のチャンスが残っている」と話したことについても触れ、目標達成には補強が必要と再度進言している。<br><br>「今日見たことが現実だ。目は嘘をつかない。現状ではトップ4が彼らのベストだ」<br><br>「仮にマンチェスター・ユナイテッドのことを知らない人間が今日の試合を見たら彼らのことを&ldquo;プレミアリーグの平均的なチーム&rdquo;と感じるだろう。しかし、歴史やタイトルを見れば&hellip;&hellip;何人かの選手たちはマンチェスター・ユナイテッドにとって十分ではない。クラブは再度投資をしなければならない。次の夏のために4位を目指す必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 18:43 Mon
twitterfacebook
thumb

「ベストパフォーマンスの1つ」マンチェスター・U撃破のチームをクロップが絶賛

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ベストパフォーマンスだったとチームを称賛した。<br><br>16日に行われたプレミアリーグ第17節でリバプールはホームでマンチェスター・Uと対戦。サディオ・マネの先制点でリードを奪ったリバプールだが、前半のうちに同点にされる。しかし、70分に交代でピッチに立ったジェルダン・シャキリが大仕事をやってのける。交代からわずか3分後に勝ち越しゴールを奪うと、80分にも得点を挙げて、3-1の勝利に大きく貢献した。<br><br>これで開幕から17戦無敗とし、首位キープに成功したリバプールのクロップ監督は、試合後の会見でチームを称賛した。「素晴らしい試合の入りで、正直、私がここに就任して以降、ベストパフォーマンスの1つだった。最初の30分間は非常に優れていて、選手たちのプレーはパーフェクトだった」<br><br>また、試合後の『スカイスポーツ』のインタビューでも満足を示した。「選手たちのパフォーマンスにとてつもなく幸せだ。ユナイテッドは力のあるメンバーを起用し、非常に組織されてよく戦っていた。本当に難しい試合になる可能性もあった」<br><br>「我々のプランはリスクを冒し、勇気を必要とするもので、ラインの裏を狙っていた。最初のゴールはそのプランが上手くいき、絵に描いたようなものだった。ただただ素晴らしかった。ファンタスティックなパフォーマンスだ。トップの中のトップで、ファーストクラスのチームだった。全体で見ても素晴らしいものだった」<br><br>提供:goal.com 2018.12.17 13:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース