マケレレ退団のスウォンジーで配置転換! ブリトゥンが選手兼コーチ、ランヘルが新主将に2017.11.15 00:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スウォンジーは14日、スペイン人DFアンヘル・ランヘル(35)の新キャプテン就任を発表した。

▽スウォンジーでは、今月6日にアシスタントコーチを務めているクロード・マケレレ氏がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのオイペンの新監督に就任するために退団。そのため、アシスタントコーチのポジションに空席ができていた。

▽そこでポール・クレメント監督ら幹部の話し合いの中で、キャプテンを務めるイングランド人MFレオン・ブリトゥン(35)にプレイングコーチという新たな役割を打診。これをブリトゥンが受け入れたことで、空席となったキャプテンに2007年から在籍する重鎮ランヘルが就任することになった。

▽プレイングコーチという新たな役割を与えられたブリトゥンは、以下のようなコメントを残している。

「このような機会を与えてもらったことは、僕と家族にとって大きなことだ。ただ、今回の役割の変化によって、僕のプレーヤーとしてのキャリアが終わりになるわけではないよ」

「これからも毎日トレーニングをこなし、メンバー入りを目指す。その一方で、今後はスタッフ会議に参加し、指導者目線でも試合に備えることになるだろうね」

▽また、ブリトゥンに代わってキャプテンを引き継ぐランヘルは、以下のように意気込みを語っている。

「正直、ここでキャプテンを務めることになるとは思っていなかったよ。だけど、今回のチャンスを与えてもらい、それを誇りに思うと同時に熱意に満ちているんだ」

「監督にも感謝しているよ。彼は僕よりも定期的にプレーしているプレーヤーを選ぶこともできたと思うけど、ピッチ外でのリーダーシップという部分も考慮してくれた。今回の役割を与えられたことを誇りに思うよ」

「スウォンジーは常に僕の心の中にある。クラブを愛しているし、ここから最も重要なことはプレミアリーグに残留することだ」

コメント

関連ニュース

thumb

スウォンジー新指揮官、同胞のミランFWアンドレ・シウバの獲得を熱望?

▽スウォンジーが、ミランに所属するポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(22)の獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が、イタリア『Tuttomercatoweb』の報道をもとに伝えている。 ▽『Tuttomercatoweb』によると、昨年末にスウォンジーの新監督に就任したポルトガル人指揮官カルロス・カルバリャル氏が、チームの新エースとして同胞であるポルトガル代表FWの獲得を熱望しているという。 ▽ポルトユース出身のアンドレ・シウバは、2015-16シーズンにトップチーム昇格。2016-17シーズンはレギュラーとしてプレーし、公式戦44試合で21ゴール記録した。昨夏に移籍金3800万ユーロ(当時レートで約47億円)で加入したミランでは、ここまで公式戦23試合に出場。ヨーロッパリーグ(EL)では6試合で6ゴールを記録するも、セリエAでは12試合でノーゴールと期待を裏切るパフォーマンスに終始していた。 2018.01.18 00:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ジョレンテの疑惑恩返し弾で辛勝スパーズが新年初陣制して3連勝! 体調不良で途中出場ケインは3連続ハットならず《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第22節、スウォンジーvsトッテナムが2日にリバティ・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが2-0で勝利した。 ▽年内最終戦となったボクシング・デイ開催のサウサンプトンをケインのハットトリックを含む大量5ゴールで快勝したトッテナムは、勝ち点37の5位で2017年を終えた。そのサウサンプトン戦から中6日の日程で迎えた2018年初戦では、前回対戦で引き分けた最下位スウォンジー(勝ち点13)と対戦した。 ▽サウサンプトン戦からのメンバー変更は4点。それぞれヒザと臀部を痛めているローズとデンベレに代わってベン・デイビスとラメラが起用され、3試合連続ハットトリックが期待されたケインは体調不良でベンチスタートとなり、古巣対戦のジョレンテが移籍後初めてリーグ戦のスタメンを飾った。その一方、ニューカッスルとの開幕戦以降、離脱が続いていたワニャマが約5カ月ぶりのベンチ入りを果たした。 ▽ケイン不在も中盤の底にダイアーとエリクセンを据え、2列目にラメラ、デレ・アリ、ソン・フンミンが並ぶ攻撃的な布陣で臨んだトッテナムは、強い雨の影響で球足の速いピッチ状況を生かして素早いパスワークから相手を押し込んでいく。 ▽すると12分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でエリクセンが鋭いインスウィングのクロスを入れると、ややオフサイド気味ながらニアに飛び込んだジョレンテが頭で左隅に流し込み、古巣相手に嬉しい今季のプレミアリーグ初ゴールを決めた。 ▽幸運なゴールで先制に成功したトッテナムは、その後もジョレンテの高さや背後を狙うソン・フンミンやデレ・アリのフリーランで2点目を窺う。しかし、時間の経過と共に降りしきる強い雨でピッチに水溜まりが目立ち始めると、ボール回しの場面で苦戦を強いられる。 ▽不運な形から相手の反撃を許し、32分にレナト・サンチェスの直接FK、40分には右サイドからのクロスが流れたボールをフリーのオルソンに狙われるが、いずれも枠を外れる。逆に42分には相手陣内中央で得たFKの場面で再びエリクセンの精度の高いボールからジョレンテに決定機も、右足のダイレクトボレーはわずかに枠の上に外れて追加点奪取はならず。 ▽迎えた後半、雨が止んだことで前半苦しんだピッチ問題を解決したトッテナムだが、なかなか流れの中で決定機を作れない。逆に、前半1枚カードをもらっていたダビンソン・サンチェスが軽率なプレーであわや2枚目のカードという場面を招くなど、流れを掴み切れない。 ▽この状況を受けて、ポチェッティーノ監督はD・サンチェスの退場を回避するため、開幕戦以来の出場となるワニャマを60分に投入し、ダイアーがセンターバックに下がる。この交代直後にはエリクセンが得意のFKで2度ゴールに迫るが、ここは相手GKファビアンスキの好守に阻まれる。 ▽さらに68分にはジョレンテを下げて切り札のケインを投入したトッテナム。しかし、勢いづき始めたホームチームに手を焼く。65分にはボックス内に抜け出したナルシンのシュートをGKロリスの好守で凌ぐと、69分にはボックス内に侵攻したアイェウにGKロリスが抜かれるも、ここは戻ったDFが何とかクリアする。さらに70分にはトム・キャロルの右CKをファン・デル・ホーンに頭で合わせられるが、今度はポストに救われる。 ▽苦しい展開が続くも何とかリードを保つトッテナムは78分に久々の決定機。右サイドのトリッピアーから絶妙なクロスがファーサイドのソン・フンミンに通る。しかし、右足のダイレクトボレーはわずかに右ポストの外側に外れた。 ▽試合終盤にかけても苦しむトッテナムだが、89分にようやく試合を決める。カウンターから左サイドでボールを受けたケインが逆サイドでフリーのデレ・アリにフィードを通す。そのままボックス内に持ち込んだデレ・アリのシュートはGKファビアンスキにブロックされるが、このこぼれ球を鋭い反応で合わせてゴールネットへ突き刺した。ジョレンテの疑惑の恩返し弾や相手の決定機がポストに救われるなど、大苦戦を強いられたトッテナムだが、何とか2-0で勝ち切り新年初白星と共にリーグ3連勝を飾った。 2018.01.03 06:50 Wed
twitterfacebook
thumb

スウォンジー、新監督にカルロス・カルバリャル氏を招へい

▽スウォンジーは28日、新監督にカルロス・カルバリャル氏(52)の新監督就任を発表した。契約は今シーズン終了までとなり、延長オプションが付随している。 ▽開幕から3勝3分け12敗の最下位と低調なスタートを切った20日にポール・クレメント監督を解任。その後はMFレオン・ブリトゥンが選手兼監督として指揮を執ったが、1分け1敗と苦戦が続いていた。 ▽カルロス・カルバリャル新監督は、ブラガやスポルティング、ベシクタシュなど欧州の強豪クラブを指揮。2015年6月からは、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のシェフィールド・ウェンズデイで指揮を執っていたが、24日に双方合意の下契約を解除していた。 2017.12.29 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

攻撃陣爆発のリバプールが5発圧勝! コウチーニョ3戦連発にアーノルドがプレミア初ゴール!《プレミアリーグ》

▽リバプールは26日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第20節でスウォンジーと対戦し、5-0で勝利した。 ▽前節、激しい打ち合いとなったアーセナルとの上位対決を3-3のドローで終えた4位のリバプール(勝ち点35)は、リーグ戦無敗記録を「10」に更新。2試合ぶりの勝利を目指す今節は、最下位スウォンジー(勝ち点13)をホームに迎えた。クロップ監督は直近のアーセナル戦から先発4人を変更。ロブレン、ジョー・ゴメスに代わって負傷明けのマティプ、アーノルドを起用。また、負傷のヘンダーソンに代わってワイナルドゥム、マネに代わってチェンバレンを起用し、3トップはサラー、フィルミノ、コウチーニョの並びとなった。 ▽試合は開始早々にホームチームが動かす。開始6分、中盤でジョルダン・アイェウからボールを奪ったフィルミノが中央右のサラーに素早く付けると、サラーがワンタッチで高速パスをペナルティアーク付近のコウチーニョに通す。最後はコウチーニョがワントラップから鋭い右足のシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽コウチーニョの3試合連続ゴールで幸先良く先制に成功したリバプールは、冷静に相手をいなしながらゲームコントロール。要所で相手のパスを引っかけてはカウンターに転じていく。やや省エネのプレーが続くホームチームだが、前半終了間際の46分にはサラーのパスに抜け出したフィルミノがボックス内で細かいステップから右足のシュート。だが、これは枠の左に外れた。 ▽1点リードで試合を折り返したリバプールだが、後半に入って自慢の攻撃陣が爆発する。52分、ボックス手前左で得たFKの場面でコウチーニョがファーサイドに浮き球のボールを入れると、これをフィルミノがダイレクトボレーで合わせた。 ▽これで完全に相手の心を折ったリバプールは65分、ロバートソンのクロスのクリアボールに反応したアーノルドがワントラップからボックス内に侵入し右足を強振。これがクロスバーの内側を叩いてゴールネットを揺らし、嬉しいプレミアリーグ初ゴールを奪った。直後の66分にはフェルの不用意なバックパスを奪ったサラーがボックス右に持ち込み、DFとGKを引き付けて左を併走するフィルミノにプレゼントパス。これをフィルミノが冷静に流し込み、瞬く間にリードを4点に広げた。 ▽この4点目で試合を決めたリバプールは、68分にフィルミノ、サラーを下げてソランケ、ララナを同時投入。さらに75分にはロバートソンを下げてミルナーを投入し、試合を締めにかかる。83分にはボックス内でルーズボールを回収したチェンバレンが右足のシュートをゴール左隅に突き刺し、今季2ゴール目を奪った。 ▽そして、最下位スウォンジーに大勝したリバプールが、2試合ぶりの白星を手にするとともにリーグ戦無敗を11試合に伸ばした。 2017.12.27 04:44 Wed
twitterfacebook
thumb

スワンズ、クレメント監督後任にパレスをスピード解任のF・デ・ブール氏、ハマーズ解任のビリッチ氏の名前が浮上

▽空席となっているスウォンジーの指揮官候補として、前クリスタル・パレス監督のフランク・デ・ブール氏と前ウェストハム指揮官のスラヴェン・ビリッチ氏の名前が挙がっている。イギリス『BBC』が報じた。 ▽スウォンジーは、18日のプレミアリーグ第18節エバートン戦(1-3でスウォンジーが敗北)終了時点で最下位。昨シーズン途中から指揮を執っていたポール・クレメント監督の解任が、20日に発表されていた。 ▽今回名前に挙がった2名の内、F・デ・ブール氏は今年7月にクリスタル・パレスと3年間の契約を結んだものの、開幕4連敗を喫してわずか77日間で解任に。その後の動向は伝えられておらず、現在はフリーとなっている。 ▽ビリッチ氏は、2015年6月にウェストハムの監督に就任。初年度の2015-16シーズンは2008-09シーズン(9位)以来となる一桁順位の7位で終えたが、2年目は11位に順位を下げた。今シーズンは積極補強をして臨んだものの、第11節終了時点で18位に低迷。成績不振を受けて解任となり、F・デ・ブール氏同様に現在はフリーの状態だ。 ▽また、クレメント監督解任直後に後任として取り沙汰されていたライアン・ギグス氏については、本人がイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで「接触はない」とコメント。可能性が否定されている。 ▽23日のプレミア第19節クリスタル・パレス戦を控えて後任が確定していないスウォンジーは、MFレオン・ブリトゥン(35)を暫定でプレイングマネージャーに据える模様だ。 2017.12.23 01:41 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース