マケレレ退団のスウォンジーで配置転換! ブリトゥンが選手兼コーチ、ランヘルが新主将に2017.11.15 00:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スウォンジーは14日、スペイン人DFアンヘル・ランヘル(35)の新キャプテン就任を発表した。

▽スウォンジーでは、今月6日にアシスタントコーチを務めているクロード・マケレレ氏がベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのオイペンの新監督に就任するために退団。そのため、アシスタントコーチのポジションに空席ができていた。

▽そこでポール・クレメント監督ら幹部の話し合いの中で、キャプテンを務めるイングランド人MFレオン・ブリトゥン(35)にプレイングコーチという新たな役割を打診。これをブリトゥンが受け入れたことで、空席となったキャプテンに2007年から在籍する重鎮ランヘルが就任することになった。

▽プレイングコーチという新たな役割を与えられたブリトゥンは、以下のようなコメントを残している。

「このような機会を与えてもらったことは、僕と家族にとって大きなことだ。ただ、今回の役割の変化によって、僕のプレーヤーとしてのキャリアが終わりになるわけではないよ」

「これからも毎日トレーニングをこなし、メンバー入りを目指す。その一方で、今後はスタッフ会議に参加し、指導者目線でも試合に備えることになるだろうね」

▽また、ブリトゥンに代わってキャプテンを引き継ぐランヘルは、以下のように意気込みを語っている。

「正直、ここでキャプテンを務めることになるとは思っていなかったよ。だけど、今回のチャンスを与えてもらい、それを誇りに思うと同時に熱意に満ちているんだ」

「監督にも感謝しているよ。彼は僕よりも定期的にプレーしているプレーヤーを選ぶこともできたと思うけど、ピッチ外でのリーダーシップという部分も考慮してくれた。今回の役割を与えられたことを誇りに思うよ」

「スウォンジーは常に僕の心の中にある。クラブを愛しているし、ここから最も重要なことはプレミアリーグに残留することだ」

コメント

関連ニュース

thumb

バイリーのパートナーを探すユナイテッド、スウォンジーのイングランド代表DF獲得に関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、今夏の移籍市場でスウォンジーのイングランド代表DFアルフィー・モーソン(24)の獲得に動くかもしれない。イギリス『サン』が報じている。 ▽今夏の移籍市場で最終ラインの補強にプライオリティを置いているユナイテッド。同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、コートジボワール代表DFエリック・バイリー以外の選手を高く評価しておらず、長期的にバイリーのパートナーとなれるセンターバックの確保を望んでいるという。 ▽そこで目を付けたのが、今季スウォンジーでリーグ戦全試合にフル出場しているモーソンだ。すでにユナイテッドは、7日に行われたプレミアリーグ第33節のWBAvsスウォンジーにもモーソンを視察するためスカウトを派遣しており、今後はスウォンジーが4000万ポンド(約60億円)を要求している同選手の獲得に向けて交渉をスタートする模様だ。 ▽188cmの長身を生かした安定した守備が魅力のモーソンは、2016年にバーンズリーからスウォンジーに加入。バーンズリー時代からチャンピオンシップ屈指の若手センターバックと評されていたモーソンは、スウォンジー加入後もセンターバックのレギュラーとして公式戦65試合に出場し7ゴールを記録。また、今年3月にはイングランド代表に初招集された。 2018.04.12 21:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク&サンチェス弾のユナイテッドがスワンズ撃破でリーグ4連勝! 次節は運命のダービーへ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第32節、マンチェスター・ユナイテッドvsスウォンジーが31日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが2-0で勝利した。 ▽チャンピオンズリーグではセビージャ相手に敗退を強いられたものの、プレミアリーグでは3連勝で2位をキープしているユナイテッド。インターナショナルウィーク明け初戦となる今節は暫定11位のスウォンジーを相手に3週間ぶりのリーグ戦を戦った。この一戦に向けてモウリーニョ監督はバイリーに代えてリンデロフを起用した以外、現状のベストメンバーを起用。ポグバとマティッチの2セントラルMFに2列目はマタ、サンチェス、リンガード。1トップにルカクが入った。 ▽[5-4-1]の守備的な布陣で臨んだアウェイチームに対して、立ち上がりからボールを保持して相手陣内でのプレーを続けるユナイテッド。すると開始5分と早い時間帯に先制点が生まれる。ボックス付近でリンガード、サンチェスと繋ぎ、ボックス左のサンチェスが短く折り返すと、これをボックス中央のルカクが左足でシュート。これがDFに当たってコースが変わりゴール左上隅の絶妙なコースに決まった。 ▽ルカクの先制点で最高の入りを見せたユナイテッドはリンガード、マタ、サンチェスの流動的な2列目のコンビネーションを軸にその後も攻勢をかけ続ける。11分にはボックス付近でルカク、リンガードと続けてシュートを狙うが、これはGKファビアンスキに阻まれた。 ▽それでも、良いリズムで攻撃を続けるユナイテッドは20分、右サイドでマタからパスを受けたリンガードが斜めのドリブルで中央に切り込みながら相手最終ラインの目を引き付け、左サイドでダイアゴナルランを見せるサンチェスへ絶妙なスルーパス。そして、チリ代表FWがGKとの一対一を難なく制し追加点奪取に成功した。 ▽前半終盤にかけても絶好調のリンガードが積極的な仕掛けでチャンスに絡むなど、最後まで相手に主導権を渡さないユナイテッドが2-0のスコア以上の内容で前半を終えた。 ▽一方、前半シュート0に終わったスウォンジーはハーフタイム明けにネイサン・ダイアー、キ・ソンヨンを下げてトム・キャロル、エイブラハムを同時投入する2枚替えを敢行。だが、52分にはクルーカスが足を痛めてプレー続行不可能となり、56分にラウトリッジの緊急投入を余儀なくされた。 ▽後半も危なげなく試合をコントロールするユナイテッドは54分、マタの右クロスをファーでルカクが頭で折り返して決定機を作るが、サンチェスのヘディングシュートは枠の上。直後の57分にはポグバの浮き球パスに反応したゴール右のマタがアクロバティックなボレーを試みるが、これも枠を捉えきれない。 ▽後半も劣勢が続くスウォンジーだったが、60分付近にようやくこの試合最初のシュートと決定機を作る。59分、ボックス内でゴールを背にしてキャロルからパスを受けたエイブラハムが鋭い反転シュートを枠の左上隅に飛ばすが、GKデ・ヘアのワンハンドセーブに遭う。直後の60分にはマルティン・オルソンの左クロスを再びゴール前のエイブラハムが左足で合わせるが、今度もGKデ・ヘアの好守に阻まれた。 ▽その後、後半半ばから終盤にかけてはペースダウンするユナイテッドに対して、スウォンジーが盛り返して一進一退の攻防が続く。それでも、サンチェス、リンガードを下げてラッシュフォード、エレーラの投入できっちり試合を締めにかかるホームチームが前半のリードを守り切って2-0の勝利。90分間を通して試合をコントロールしたユナイテッドがリーグ4連勝で次節のマンチェスター・ダービーを迎えることになった。 2018.04.01 01:01 Sun
twitterfacebook
thumb

「ポルトガルサッカー界の王様」スウォンジー指揮官がモウリーニョをベタ褒め

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は&ldquo;ポルトガルフットボール界の王様&rdquo;とスウォンジーのカルロス・カルバリャル監督が話している。<br><br>31日に行われるマンチェスター・ユナイテッド対スウォンジーの一戦でカルバリャル監督は、同郷のモウリーニョ監督と初めて対峙する。今シーズンはマンチェスター・シティに独走を許し、時には選手を公然と批判するなど物議を醸しだす言動が絶えないレッド・デビルズの指揮官だが、ポルトガルでは絶大な人気を誇るようだ。<br><br>試合前会見に登場したカルバリャル監督は、同じくポルトガル出身のモウリーニョ監督について「彼は我々にとってフットボールの王様だ」と主張。「彼は他のポルトガル人指揮官の門戸を開いたパイオニア的な存在だ。彼は戦士で、頭脳戦も得意とし、多くの戦いに勝利している」と称えている。<br><br>降格圏に沈むスウォンジーだったが、ポール・クレメント前監督からチームを引き継いだカルバリャル監督は、以降立て直しに成功して14位まで順位を押し上げた。そして、この調子を維持しながら敵地での一戦に挑みたいと話している。<br><br>「この試合は我々にとって厳しい試合になるだろう。何かを成し遂げられれば、とてもハッピーで、何も手にできなくとも至って普通のことだ。しかし、1%でもチャンスがあれば、これを生かすために100%を出し切りたい。オールド・トラフォードで何かを掴むために準備を進めている」<br><br>提供:goal.com 2018.03.30 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョはケンカ好き?スウォンジー指揮官「対立中の彼は素晴らしい手腕を…」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は「ケンカ好き」なのだろうか。スウォンジー・シティのカルロス・カルバリャル監督が、ポルトガルの同胞を分析している。<br><br>物事を率直に言うタイプであるというモウリーニョ監督は、これまでにも多くの選手、スタッフ、敵将などと対立。今シーズンはポール・ポグバやルーク・ショーを公の場で非難するなど、その言動は物議を醸している。<br><br>カルバリャル監督は、モウリーニョ監督に敬意を表しつつ、同胞の指揮官を分析している。<br><br>「モウリーニョのことを気に入っているよ。彼から多くのことを学んでいるし、チェルシーにいたときに1週間だけ学びに行ったこともある。彼は本当に大きな自信を持っていて、これこそがチームを率いる者に必要な特性だと思う」<br><br>「私と人間性がまったくもって異なる彼は、対立や衝突を好んでいて、たぶん誰かと喧嘩をするのが好きなんだと思う。そして、対立しているときの彼は本当に素晴らしい手腕を発揮する。私は彼と違い、そのようなことから距離を置きたい。仮に誰かが私に因縁をつけてきても、その矛先を私に向けないように説得するだろう」<br><br>カルバリャル監督率いるスウォンジーは、インターナショナルウィーク明けの31日にモウリーニョ監督が指揮するユナイテッドと敵地で対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.03.26 13:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ケイン不在も何のその! エリクセン&ラメラ弾で完勝のスパーズが2年連続ベスト4進出!《FAカップ》

▽FAカップ準々決勝、スウォンジーvsトッテナムが17日にリバティ・スタジアムで行われ、3-0で快勝したアウェイのトッテナムが準決勝進出を果たした。 ▽それぞれ下部カテゴリーのチームを破ってベスト8進出を果たしたプレミアリーグ14位のスウォンジーと3位のトッテナムによるプレミア勢同士の一戦。 ▽直近のリーグ戦でボーンマスに4-1の逆転勝利を飾ったトッテナムは、その試合から先発6人を変更。GKにセカンドGKフォルム、両サイドバックにトリッピアー、ベン・デイビスを起用。また、足首のケガで離脱を強いられたエースFWケインの代役にはソン・フンミンを据えて2列目にはエリクセン、ラメラ、ルーカス・モウラが起用された。 ▽立ち上がりはホームチームの勢いを受ける形となったトッテナムだが、すぐさま主導権を握る。すると、対スワンズ8試合で6ゴール8アシストと好相性のエリクセンがいきなり魅せる。11分、カウンターの場面で右サイドを持ち上がったエリクセンから短いパスを受けたエリクセンがドリブルで切り込みながら左足を一閃。絶妙なコントロールシュートがゴール左隅に突き刺さった。 ▽エリクセンのファインゴールで先制したトッテナムは、直後の13分にも個人技でボックス内に進入したルーカスが枠内シュートを放つ。その後も完全に試合を支配するアウェイチームは25分、エリクセンのフィードに抜け出したソン・フンミンがミドルシュートでゴールネットを揺らすが、ここはわずかにオフサイドの判定となった。 ▽前半半ばから終盤にかけても積極的に2点目を狙うトッテナムは、36分にセットプレーの二次攻撃からエリクセンが再び左足のミドルシュートでクロスバー直撃の決定機を作る。すると、前半終了間際のアディショナルタイム1分には左サイドでのエリクセンのボール奪取からムサ・シッソコの短いパスを受けたラメラがバイタルエリアで仕掛けて利き足とは逆の右足を振り抜くと、これがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。 ▽2点のビハインドを背負ったスウォンジーはハーフタイム明けにノートンを下げてナルシンを投入。立ち上がりから攻勢を仕掛けると、マルティン・オルセンがボックス左から強烈なミドルシュート。さらにこのこぼれ球をエイブラハムが頭でプッシュするが、いずれの決定機も古巣対戦のGKフォルムのビッグセーブに阻まれる。 ▽前半同様に立ち上がりにピンチを迎えたトッテナムだが、その後は再び試合を支配する。50分にはエリック・ダイアーがボックス外から枠の右上隅を捉えたミドルシュートでゴールを脅かすと、その後は左サイドに移ったルーカスが再三に渡る個人技で局面の打開を図る。 ▽すると62分、高い位置での囲い込みからボールを奪い、ボックス左でE・ダイアーが折り返したボールを中央のルーカスがマイナスに落とし、最後はエリクセンが右足のシュート。これがゴール前の密集をすり抜けてGKの手を弾いてネットを揺らした。 ▽この3点目で試合を決定付けたトッテナムだが、ルーカスやラメラ、ムサ・シッソコが果敢にゴールを狙い続ける。さらに73分にはルーカスを下げて古巣対戦のジョレンテをピッチに送り出す。その後、ラメラに代えてデレ・アリを投入したトッテナムは最後まで主導権を譲らぬまま、敵地で3-0の完勝。ケイン不在を全く感じさせない内容で2年連続のベスト4進出を果たした。 2018.03.17 23:16 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース