イングランド代表、来年3月にオランダ&イタリア代表と対戦2017.11.15 00:01 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)は14日、来年3月にオランダ代表およびイタリア代表との対戦が決定したことを発表した。

▽イングランドは先月、6大会連続となる15回目のワールドカップ(W杯)出場を決めた。来年6月14日に開催を控えるロシアW杯に向けて調整を続けるガレス・サウスゲイト監督率いるスリーライオンズは、開幕3カ月前の2018年3月にオランダ代表およびイタリア代表との親善試合を行う。

▽オランダ代表はロシアW杯欧州予選グループAを3位で終え本戦出場を逃した。一方のイタリア代表は先日、スウェーデン代表に本戦出場をかけたプレーオフで敗れ、1958年のスウェーデン大会以来、実に60年ぶりにW杯出場を逃している。

▽イングランド代表は2018年3月23日(日本時間3時45分キックオフ)にアムステルダム・アレーナにてオランダ代表と対戦。同27日(日本時間5時キックオフ)にイタリア代表とウェンブリー・スタジアムで対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ベッカム氏がUEFA会長賞を受賞…チェフェリン会長「彼の世代の真のアイコン」

▽マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーなどで活躍した元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が、UEFA(欧州サッカー連盟)会長賞を受賞した。UEFA公式サイトが発表した。 ▽UEFA会長賞は、優れた業績や優れた専門性、そして、個人的な資質の良さを認めて送られるもの。2018年はベッカム氏に送られることとなった。 ▽UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は、ベッカム氏の選出について「彼はサッカーにおいてグローバルな大使であり、地球上のあらゆる場所で、試合に対する勝ちを宣伝している」と理由を語り、「世界中の多くの子供たちの生活を助けてきた、彼の絶え間ない人道的な努力も祝われるべきだ。ベッカムは、彼の世代の真のサッカーアイコンだ」と、ベッカムが世界中で行っている貢献活動を称えた。 ▽受賞を受けたベッカム氏は「UEFA会長賞を受賞したことは光栄だ。僕のキャリアでは、常に100%を出し、チームワークとフェアプレーの精神を保とうと努力してきた。この賞を受賞した傑出した選手たちのリストに並ぶことを誇りに思う。UEFAチャンピオンズリーグのピッチでは、多くの忘れがたい瞬間を過ごしてきた。1999年にバルセロナで行われたバイエルン戦の魔法のような夜。そのような劇的なものだ」と、今回の会長賞受賞を喜んだ。 ▽ベッカム氏は、マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2003年7月にレアル・マドリーへと移籍。銀河系軍団と呼ばれたチームの一員として活躍すると、その後はLAギャラクシー、ミラン、パリ・サンジェルマンでプレー。2013年7月に現役を引退していた。プレミアリーグでは264試合に出場し62ゴール23アシストを記録。リーガエスパニョーラでは116試合に出場し13ゴール33アシスト。チャンピオンズリーグではイングランド人初の100試合出場を達成し、通算107試合出場16ゴール20アシストを記録していた。 ▽また、イングランド代表としても115試合に出場し17ゴールを記録。1998年、2002年、2006年と3度のワールドカップに出場していた。 ▽なお、UEFA会長賞はベッカム氏で18人目。昨年は、ローマ一筋で現役を引退した元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が受賞していた。 ◆UEFA会長賞受賞者 1998年:ジャック・ドロール(フランス) 2000年:ギ・ルー(フランス) 2001年:フアン・サンティステバン(スペイン) 2002年:ボビー・ロブソン(イングランド) 2003年:パオロ・マルディーニ(イタリア) 2004年:アーニー・ウォーカー(スコットランド) 2005年:フランク・ライカールト(オランダ) 2006年:ビルフリート・ストラウブ(ドイツ) 2007年:アルフレド・ディ・ステファノ(スペイン) 2008年:ボビー・チャールトン(イングランド) 2009年:エウゼビオ(ポルトガル) 2010年:レイモン・コパ(フランス) 2011年:ジャンニ・リベラ(イタリア) 2012年:フランツ・ベッケンバウアー(ドイツ) 2013年:ヨハン・クライフ(オランダ) 2014年:ヨセフ・マソプスト(チェコ) 2017年:フランチェスコ・トッティ(イタリア) 2018.08.21 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、昨季インパクトのエバートンFWルックマン獲得を諦めず!

▽RBライプツィヒが、エバートンに所属するU-21イングランド代表FWアデモラ・ルックマン(20)獲得を狙っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽チャールトンでプロキャリアをスタートさせたルックマンは、昨年1月にエバートンに完全移籍し、今年の2月にライプツィヒにレンタルで加入。すると、ブンデスリーガ11試合5ゴール4アシストを記録。加入から尻上がりに調子を上げ、とりわけラスト5試合では4ゴール3アシストと圧巻の活躍を披露していた。 ▽当然ながら、ライプツィヒはルックマンの買い取りを画策。今シーズンはエバートンに戻っているが、7月には1200万ポンド(約16億9000万円)のオファーを拒否されたことが伝えられているが、それでも諦めず。新たに2200万ポンド(約31億円)を用意し、移籍市場が閉まる8月31日まで粘る姿勢を貫くつもりのようだ。 2018.08.20 18:59 Mon
twitterfacebook
thumb

英代表DFダニー・ローズはPSGへ? 移籍金70億円で決着か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、引き続きトッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズ(28)獲得に動いているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽2007年にリーズ・ユナイテッドからトッテナムに加入したローズ。イングランド代表として戦ったロシア・ワールドカップでは、5試合に出場して同国の28年ぶりベスト4進出に貢献した。しかし、クラブでは主力の座を確保することができず、昨シーズンもケガの影響もあり、プレミアリーグ10試合の出場に留まっている。 ▽出場機会の確保に苦しむローズに関しては今夏の移籍が取り沙汰されており、これまではシャルケへのレンタル加入が濃厚と伝えられていた。しかし、シャルケは17日にモロッコ代表DFハムザ・メンディル(20)をリールから完全移籍で獲得したと発表。これにより、ポジションの被るローズからは撤退することになったと『エクスプレス』は報じている。 ▽そして、代わりに有力候補に躍り出ているのが、以前から関心を示しているPSGだ。シャルケの撤退によりローズの獲得資金はやや落ち着き、5000万ポンド(約70億円)で決着する可能性があると推察されている。 2018.08.19 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月13日は、プレミア通算最多得点記録保持者のバースデー

◆アラン・シアラー 【Profile】 国籍:イングランド 現役時クラブ:サウサンプトン、ブラックバーン、ニューカッスル 誕生日:1970年8月13日 ポジション:FW 身長:183㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月13日は、元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏だ。 ▽現在では、プレミアリーグ史上最高のストライカーの1人に数えられているシアラー氏。そのデビューは鮮烈だった。サウサンプトンのユースチームから昇格した1987年、当時18歳だったシアラー氏はアーセナル戦でデビューを飾ると、なんとハットトリックを記録。自らの伝説をスタートさせた。 ▽その後、ブラックバーンを経て故郷のクラブ、ニューカッスルに到着すると、爆発力に磨きをかけ3年連続でプレミアリーグ得点王に輝いた。また、プレミアリーグ通算では260ゴールを記録。これは、現在でも破られていないプレミア通算最多得点記録だ。 ▽スポーツマンシップに溢れ、キャリアの中でファールをほとんど犯さなかったシアラー氏は、2006年に惜しまれつつも引退。同年5月に行われた引退試合では、負傷していたものの脚を引きずりながらPKで最後の得点を沈め、ピッチに別れを告げた。 ※誕生日が同じ主な著名人 ニコ・クラニチャール(サッカー選手/無所属) プレスネル・キンペンベ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) ルーカス・モウラ(サッカー選手/トッテナム) ホアキン・コレア(サッカー選手/ラツィオ) トニー・ガルニエ(建築家) アルフレッド・ヒッチコック(映画監督) 高橋ジョージ(歌手/THE 虎舞竜) 篠原涼子(女優) 杉村太蔵(評論家) 宮澤佐江(タレント) 2018.08.13 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴァーディ、レスターと2022年まで契約延長!

▽レスター・シティは9日、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(31)と2022年6月まで契約延長したことを発表した。 ▽レスターとの新契約を結んだヴァーディは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「レスターの選手として新たに4年間もプレーできることは素晴らしいことだ」 「僕とクラブがここ数年間行ってきた旅路は信じられないものだった。レスターでの新シーズンはとてもエキサイティングな時間で、それに参加できることを嬉しく思っているよ」 ▽2012年夏にフリートウッド・タウンからレスターに加入したヴァーディは、これまで在籍6シーズンで公式戦234試合に出場し89ゴール41アシストをマーク。2015-16シーズンには、プレミアリーグで得点ランキング2位の24得点を記録し、レスター・シティの奇跡の優勝に大きく貢献した。 ▽また、2015年にデビューしたイングランド代表ではこれまで26試合に出場し7ゴールをマーク。今夏に行われたロシア・ワールドカップにもイングランド代表として臨むと、4試合に出場した。 2018.08.10 04:10 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース