イングランド代表、来年3月にオランダ&イタリア代表と対戦2017.11.15 00:01 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)は14日、来年3月にオランダ代表およびイタリア代表との対戦が決定したことを発表した。

▽イングランドは先月、6大会連続となる15回目のワールドカップ(W杯)出場を決めた。来年6月14日に開催を控えるロシアW杯に向けて調整を続けるガレス・サウスゲイト監督率いるスリーライオンズは、開幕3カ月前の2018年3月にオランダ代表およびイタリア代表との親善試合を行う。

▽オランダ代表はロシアW杯欧州予選グループAを3位で終え本戦出場を逃した。一方のイタリア代表は先日、スウェーデン代表に本戦出場をかけたプレーオフで敗れ、1958年のスウェーデン大会以来、実に60年ぶりにW杯出場を逃している。

▽イングランド代表は2018年3月23日(日本時間3時45分キックオフ)にアムステルダム・アレーナにてオランダ代表と対戦。同27日(日本時間5時キックオフ)にイタリア代表とウェンブリー・スタジアムで対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

イングランド躍進のポイントは? サウスゲートの代表招集論

▽イングランド代表のガレス・サウスゲート監督が、UEFAネーションズリーグ(UNL)のグループを突破するために心掛けたことを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽イングランドは18日、UNL・リーグA・グループ4のクロアチア代表戦に2-1で勝利し、準決勝進出に成功。ロシア・ワールドカップ(W杯)での躍進に続き、欧州でもベスト4入りを果たした。 ▽サウスゲート監督は、UNLでは若手主体で臨んだロシアW杯から更なる若返りを図り、リバプールDFジョー・ゴメス(21)、レスター・シティDFベン・チルウェル(21)、ドルトムントMFジェイドン・サンチョらを招集。既に成功していたチームを組み立て直し、発展させてみせた。 ▽これらの決断は決して簡単なことではないが、サウスゲート監督はそれこそが重要だったと語っている。 「私たちが出来る最も重要なことの1つは、プレーする全ての選手をドンピシャで配置することだ。どのように成長しているか、どこでならフィットするのか考えている」 「リーグを勝ち上がるチームを目にするために、彼らが再び本当のチャレンジを始める唯一の方法は、新プレーヤーを追加することだった」 「新しい選手を入れればその選手はエキサイトするし、他の選手たちは彼らに自身の価値を証明したがる」 「競争があることを意識していて、直近4試合は皆が良いプレーをした」 ▽UNLの準決勝には、イングランドの他にオランダ代表、スイス代表、ポルトガル代表が進出。決勝トーナメントの組み合わせ抽選会は12月3日に開かれ、準決勝は6月5日、6日、決勝と3位決定戦は6月9日に行われる予定だ。 2018.11.20 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

キャプテンとエースの重責を果たした殊勲のケイン、「最高な気分」

▽イングランド代表は18日、聖地ウェンブリーで行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4のクロアチア代表戦を2-1で逆転勝利した。同試合でチームを救う決勝点を記録したキャプテンでエースストライカーのトッテナムFWハリー・ケインが劇的一戦を振り返った。 ▽共に準決勝進出に向けて勝ち点3が必須の両者が対峙した一戦は、0-0で折り返した後半の57分にFWアンドレイ・クラマリッチのゴールでアウェイのクロアチアが先制。だが、後半半ばのMFジェシー・リンガードの投入がハマッたイングランドは78分にロングスローの流れからケインのシュートのこぼれ球をそのリンガードが押し込み同点に追いつく。 ▽さらに85分にはDFベン・チルウェルのFKをケインが見事なスライディングシュートで流し込み、聖地で鮮やかな逆転勝利。ロシア・ワールドカップ(W杯)の準決勝で敗れた因縁の相手にリベンジを果たした。 ▽今年7月3日のロシアW杯コロンビア戦以来、8試合ぶりのゴールを挙げて代表通算ゴール数を20ゴールの大台に乗せたケインは、イギリス『スカイ・スポーツ』で劇的な勝利を振り返っている。 「ゴールは本当に最高な気分だった。個人的に相手キーパーの好守に遭うか、ゴール前で相手ディフェンスのクリアに遭ったり、呪われた気分だったからね」 「0-1のビハインドを背負った中、僕たちは自分たちのキャラクターを示した。落ち着いていたし、勝利に値したと思っているよ」 「前半からチャンスを決めきることができず、そのことに失望していた。だけど、こういったビッグマッチでは落ち着いてトライし続けることが重要なんだ」 「幸い、ジェシー(・リンガード)が1点目を決めてくれた。それでチームとして勢いが付き、最終的に僕が2点目を決めることができた」 ▽また、ケインはチームがロシアW杯から成長を続けていることを実感すると共に、タイトルへの渇望も口にしている。 「僕たちはこの夏のワールドカップで素晴らしいときを過ごしたけど、より良いパフォーマンスを見せて成長を続けていきたいと話し合ってきた」 「それを実現していく上では大きな大会を勝つことが求められる。今年1年を良い形で締めくくることができたし、成長を実感している」 ▽さらに、所属クラブでもウェンブリーを仮のホームとするエースはホームサポーターから受けた「信じられない」サポートに感謝している。 「それは信じられないほど素晴らしかったよ。個人的に代表のユニフォームを着てこれだけのサポートを受けたのは間違いなく初めてだったと思うよ」 「ファンの支持を受けていることを実感できて本当に最高な気持ちだ。それこそ僕たちプレーヤーが望んでいることだし、僕たちは彼らを誇り高い気持ちにしたいと思っているからね」 2018.11.19 15:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘンダーソンが負傷…リバプールにもダメージ

▽リバプールに所属するイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが負傷した。 ▽イングランド代表は18日に行われたUEFAネーションズリーグでクロアチア代表と対戦。2-1の逆転勝利を収め、準決勝進出を果たした。 ▽この試合、ヘンダーソンはメンバー外に。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、ハムストリングを痛めたという。 ▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は試合後、ヘンダーソンについて次のようにコメントした。 「ジョーダンは小さなケガを抱えている。彼は常にプレーし続ける思いを持っていたが、私が最終的なジャッジを下さなければならなかった」 ▽ヘンダーソンが所属するリバプールは現在、プレミアリーグ9勝3分無敗の2位。24日に再開する第13節でワトフォードとアウェイで対戦する。 2018.11.19 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト監督「ケインは世界最高のFW」2得点に関与、逆転に貢献の教え子を絶賛

18日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4第6節、イングランドvsクロアチアは2-1でイングランドが勝利。78分~85分の10分足らずで2ゴールに絡み、逆転勝利に貢献したハリー・ケインについて指揮官ガレス・サウスゲイトが賛辞を贈っている。<br><br>試合後の会見で、サウスゲイト監督はケインについて「ハリーは世界で最も優れたゴールハンターだ」と述べている。<br><br>「ハリーはペナルティエリアにおいて優れた能力を発揮する。1点目ではラヒーム(スターリング)へのお膳立ても見事だった。彼はチームをさらに上のステージへと導こうと飢えているし、そんな彼を我々も信頼している。世界最高のFWだね」<br><br>ワールドカップでは4強進出を果たしたが&rdquo;セットプレーからの得点ばかり&rdquo;と言われた風潮をもじって「今日は新しいイングランド代表を見せることができたかもしれないね。ただ、ロングスローとFKからの得点だったから、何も変わっていないかもしれないが(笑)」と自虐的に語った。<br><br>この試合でベン・チルウェル、ジョー・ゴメス、ジェイドン・サンチョなど若手をピッチに送り出したことについては「彼らのクオリティは分かっていたし、代表にはポジション争いが必要だと思っている。ベンも以前から良いプレーを見せていたしね。彼らはいずれも素晴らしい才能を持っている」と発言。<br><br>ホームのウェンブリーに詰めかけたサポーターに対しては「ファンのみんなには感謝してもしきれない。何年も聞いたことがないような声援を贈ってくれた。彼らのエネルギー我々の原動力となり、助けになったと思っている」と感謝の意を述べた。<br><br>そして来年6月に開催されるプレーオフ、ファイナルフォー進出について「楽しみだね。きっとすべての代表候補がこの戦いに挑みたいと思っているはずだ。イングランド代表はさらに良くなるだろう」と続け、ネーションズリーグ4強の戦いに気概を示している。<br><br>提供:goal.com 2018.11.19 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ケイン弾で逆転勝利のイングランドが準決勝進出!敗れたクロアチアはリーグBへの降格が決定《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4のイングランド代表vsクロアチア代表が18日に行われ、2-1でイングランドが勝利した。 ▽先月行われたUNL3戦目のスペイン代表戦を勝利した2位イングランド(勝ち点4)は、勝利すれば準決勝進出の望みを残せる中、ケインやスターリング、ラッシュフォード、ストーンズらがスタメンとなった。 ▽一方、15日に行われたUNL3戦目のスペイン代表戦をイェドバイの劇的弾で勝利したクロアチア(勝ち点4)は、その試合のスタメンから負傷離脱のラキティッチに代えてヴラシッチを起用。その他はスペイン戦と同様のメンバーで準決勝進出を懸けた一戦に臨んだ。 ▽準決勝進出へ勝ち点3が絶対条件となる両者の一戦は、立ち上がりから一進一退の展開となる。そんな中、先にチャンスを作ったのはイングランド。11分、中盤でボールを受けたケインのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したスターリングがボックス右から持ち込みシュートを放ったが、これはGKロヴレ・カリニッチが弾き出す。 ▽さらにイングランドは、このプレーで獲得した右CKからボックス中央のストーンズがヘディングシュート。これがゴールエリア左に逸れると、ファーサイドで待っていたケインがボレーで狙ったが、これはミートせず。イングランドは16分にも、ボックス手前へのロングパスに飛び出した相手GKが弾いたセカンドボールを拾ったケインが2度の決定機を迎えたが、シュートは相手DFとGKのブロックに阻まれた。 ▽イングランドの猛攻を凌いだクロアチアだが、26分にアクシデント。交代を要求したヴルサリコに代えてA・ミリッチを緊急投入した。その後もなかなかペースをつかめないクロアチアだったが、前半終了間際に決定機。46分、バイタルエリア中央でボールを受けたモドリッチがゴールエリア右へ絶妙なループパスを供給。ペリシッチが反応したが、これはわずかに届かなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、クロアチアはレビッチを下げてブレカロを投入した。すると57分、ブレカロのスルーパスをボックス右で受けたヴラシッチがダイレクトで折り返すと、クラマリッチが切り返しで相手DFをかわしシュート。これがゴール左に吸い込まれた。 ▽先制を許したイングランドは、64分にバークリーを下げてデレ・アリを投入。さらに73分にデルフとラッシュフォードを下げてリンガードとサンチョとピッチに送り出し、3枚の交代カードを使い切った。 ▽すると、イングランドは78分に決定機。J・ゴメスが右サイドからロングスローを供給すると、ゴールエリア左のケインがワントラップからつま先で流し込む、これはGKロヴレ・カリニッチに当たるも、こぼれ球を最後はリンガードが押し込んだ。 ▽逆転を狙うイングランドは、85分にも決定機。バイタルエリア左で獲得したFKからチルウェルがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだケインが滑り込みながらゴールに流し込んだ。 ▽結局、試合はそのまま2-1で終了。ケイン弾でクロアチアに逆転勝利したイングランドが、準決勝に進出。一方、敗戦したクロアチアはリーグBへの降格が決まった。 2018.11.19 01:06 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース