クロアチア代表、ダリッチ体制でロシアW杯へ! アンチェロッティ招へい報道も継続路線を選択2017.11.15 00:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー連盟(HNS)は14日、暫定指揮官のズラトコ・ダリッチ監督(50)がロシア・ワールドカップ本大会で指揮を執ることになったと発表した。

▽クロアチアは、先月7日にアンテ・チャチッチ前監督(64)を解任。その後、暫定指揮官に就任したダリッチ監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループIを2位で通過し、プレーオフ進出を決定していた。

▽さらに、今月行われたギリシャ代表との欧州予選を2戦合計4-1のスコアで勝ち切り、2大会連続となる通算5度目のW杯出場を手にした。

▽先日にはカルロ・アンチェロッティ氏などが新指揮官候補に浮上していたものの、就任以降きっちりノルマを果たしたダリッチ監督の手腕を高く評価する協会幹部は、同体制のままでW杯本大会に臨むことになった。

コメント

関連ニュース

thumb

W杯行きを決めたモドリッチ、予選を振り返り「本当に長く困難な戦いだった」

▽クロアチア代表MFルカ・モドリッチが、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決め、改めて予選での戦いを振り返っている。クロアチア『JutarnjiList』が伝えた。 ▽4つ巴の厳しい争いとなったグループIをアイスランド代表に次ぐ2位で通過したクロアチアは、ロシア行き最後の切符を懸けてプレーオフに出場。9日にホームで行われた1stレグではギリシャに4-1と快勝すると、12日の2ndレグでは優位に試合は運びゴールレスに持ち込んで2大会連続となる通算5度目のW杯出場を手にした。 ▽試合後にモドリッチは、苦戦を強いられた今予選について言及。長く苦しい戦いから解放された喜びを口にしている。 「今日は本当に喜ばしい日となったね。出場権を獲得するために、ここまで本当に長く困難な道のりだったよ。最終的には自分たちのクオリティを示して、当然の結果を得られた」 「しかし、1つ1つの試合は本当に難しいもので、苦しい戦いだった。この戦いは内容よりも結果なんだ。今日の試合もそうだった。全員で勝ち取ったものだよ」 ▽またモドリッチは、サポーターたちへの感謝の言葉を述べた。 「今は感情的になっているね。肉体的にも精神的にも疲れているけれど、ここまでサポートしてくれた人たちに感謝している。ここまで来て応援してくれたことを嬉しく思っているよ」 2017.11.13 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ロシア行きを掴んだクロアチア、指揮官は「10トンものプレッシャーから解放された」

▽クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決めたことに安堵しているようだ。クロアチア『JutarnjiList』が伝えている。 ▽9日に行われたロシアW杯欧州予選プレーオフ1stレグでホームにギリシャ代表を迎えたクロアチアは、4-1と大勝してアウェイでの2ndレグに臨んだ。試合は大きくリードするクロアチアが無理をせずにブロックを敷いてギリシャの攻撃を凌いでいく。 ▽最後までその構図は変わらず、ゴールレスドローに持ち込んだクロアチアが1stレグのアドバンテージを活かして、2大会連続となる通算5度目のW杯出場を手にした。 ▽W杯行きのプレッシャーがかかる中、狙い通りの展開で最後の切符を掴んだクロアチア。ダリッチ監督は「10トンものプレッシャーからようやく解放された」と冗談を口にしながら、戦い抜いた選手たちを称えた。 「大事なW杯出場という目標に向けて、選手たちは最後まで本当に良く戦ってくれた。彼らは予選最後のウクライナ戦でしっかりと結果を残し、そして今日もしっかりと任務を遂行してくれた」 「この目標を達成するためにあらゆることに取り組んできた。凄まじいプレッシャーがあったが、我々はそれに耐えて責任を果たした。今夜はクロアチアの人たちも大いに喜んでもらいたい。私は満足しているよ」 2017.11.13 09:31 Mon
twitterfacebook
thumb

1stレグの大量リードを活かしたクロアチアが2大会連続5度目のW杯出場《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、ギリシャ代表vsクロアチア代表が12日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコアを4-1としたクロアチアが2大会連続5度目のW杯出場を決めている。 ▽3日前に行われた1stレグでは守備が崩壊して1-4と惨敗し、3大会連続4度目のW杯出場が大きく遠のいたギリシャは、1stレグのスタメンから6選手を変更。出場停止だったマノラスが先発に復帰した他、タフツィディスやクリストドゥプーロスらがスタメンとなった。 ▽一方、攻撃陣が爆発し、2大会連続5度目のW杯出場に大きく近づいたクロアチアは、1stレグのスタメンからクラマリッチに代えてマンジュキッチのみを変更。ペリシッチとマンジュキッチを両サイドに配す[4-5-1]で臨んだ。 ▽立ち上がりから前がかるギリシャに対し、マンジュキッチとペリシッチを下げて冷静に受け止めるクロアチアは、ギリシャのプレスを持ち前のパスワークでいなしていった。 ▽そのクロアチアは28分に左サイドから切れ込んだペリシッチが際どいシュートに持ち込むと、42分には再びペリシッチが魅せる。ボックス手前左から左足で放った強烈なミドルシュートが右ポスト内側を直撃した。結局、クロアチアが余裕の試合運びを見せた前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半もギリシャが圧力をかけると、58分にミトログルの右足ミドルでゴールに迫った。そしてフォルトゥニスとギアンニオタスを投入したギリシャだったが、攻勢を強めるには至らない。 ▽後半もリスクを冒さず自陣に引いてギリシャを受け止めたクロアチアが余裕を持って時間を消化。終盤、ミトログルが負傷で退いたギリシャを尻目に、1stレグの大量アドバテージを活かしたクロアチアが2大会連続5度目のW杯出場を決めている。 2017.11.13 06:38 Mon
twitterfacebook
thumb

【W杯欧州予選POプレビュー】逆転突破絶望的なギリシャの意地は《ギリシャvsクロアチア》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグのギリシャ代表vsクロアチア代表が日本時間12日の28:45にキックオフされる。3日前に行われた1stレグでは守備が崩壊したギリシャを相手にクロアチアが4-1と圧勝して本大会行きをほぼ確実にしている。 ▽逆転での3大会連続4度目のW杯出場を目指すギリシャは、3-0以上での勝利が必要となった。1stレグではGKのミスを筆頭に4失点を喫して持ち前の堅守が崩壊してしまった。逆転での突破はほぼ絶望的となったギリシャだが、守備の要であるマノラスが出場停止から復帰するホームで意地を見せられるかに注目だ。 ▽一方、0-3の敗戦でも2大会連続5度目のW杯出場を決められる条件を手にしたクロアチアは、1stレグではギリシャ守備陣のミスを突いて4発を叩き込んだ。余裕の展開に持ち込んだ中、完全アウェイの地で油断さえしなければ本戦行きは確実な状況だ。持ち前のポゼッション力でギリシャをいなし、時間を消化したい。 ★注目選手 ◆ギリシャ:FWコンスタンティノス・ミトログル<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171112_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽少なくとも3ゴールが必要なギリシャとしては、エースストライカーのミトログルの爆発なくして逆転での突破は考えられない。1stレグでも劣勢の中、ミトログルだけはゴールの可能性を感じさせるプレーができていた。彼の個人技でゴールをこじ開け、反撃の狼煙を上げたい。 ◆クロアチア:MFイバン・ペリシッチ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171112_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対するクロアチアの注目選手にはペリシッチを挙げたい。前に出るしかないギリシャを相手にスピードに優れるペリシッチが相手の背後を突ければ、致命的なアウェイゴールを奪える可能性が増す。ギリシャの反撃ムードに水を差す一撃を見舞い、さらなる余裕の展開に持ち込みたい。 2017.11.12 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

クロアチア、3点リードでも敵地での第2戦に警戒…ラキティッチ「アテネでは地獄が待っている」

クロアチア代表の選手たちはギリシャに快勝しながらも、2戦目に向けて警戒を怠ることはない。<br><br>クロアチアは9日、ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフでギリシャと対戦。クロアチアホームで行われた一戦は序盤からゴールが多く入る展開で、終わってみれば4-1。ホームのクロアチアが3点のリードを持って、アテネへと向かうこととなった。<br><br>PKで先制点を挙げたルカ・モドリッチは「クロアチア代表にとって大きな試合だった。重要な勝利だよ。ただ、4-1というのは意外なスコアだったね。アテネでスコアを守りきろうと考えてはいけない」と、敵地での2戦目に向けて警戒した。<br><br>今シーズン、チャンピオンズリーグでオリンピアコスを相手に苦戦したバルセロナMFイヴァン・ラキティッチも同様だ。<br><br>「クロアチアにとってここ数年でベストゲームだった。ただアテネでは、僕らにとって地獄が待っている可能性だってある。知っているよ。バルセロナでオリンピアコスと対戦しているからね」<br><br>なお、第2戦はアテネで12日に行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.10 12:16 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース