クロアチア代表、ダリッチ体制でロシアW杯へ! アンチェロッティ招へい報道も継続路線を選択2017.11.15 00:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー連盟(HNS)は14日、暫定指揮官のズラトコ・ダリッチ監督(50)がロシア・ワールドカップ本大会で指揮を執ることになったと発表した。

▽クロアチアは、先月7日にアンテ・チャチッチ前監督(64)を解任。その後、暫定指揮官に就任したダリッチ監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループIを2位で通過し、プレーオフ進出を決定していた。

▽さらに、今月行われたギリシャ代表との欧州予選を2戦合計4-1のスコアで勝ち切り、2大会連続となる通算5度目のW杯出場を手にした。

▽先日にはカルロ・アンチェロッティ氏などが新指揮官候補に浮上していたものの、就任以降きっちりノルマを果たしたダリッチ監督の手腕を高く評価する協会幹部は、同体制のままでW杯本大会に臨むことになった。

コメント

関連ニュース

thumb

W杯準優勝クロアチアが来月の代表戦の招集メンバー発表! モドリッチ&ラキティッチも招集《UEFAネーションズリーグ》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は20日、来月のUEFAネーションズリーグ2018-19に向けたクロアチア代表メンバーを25名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で準優勝に輝いたクロアチアはズラトコ・ダリッチ監督の続投も決定。W杯後最初の代表ウィークに向けてはMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、FWイバン・ペリシッチ(インテル)など主力が順当に選出された。 ▽なお、GKダニエル・スバシッチとDFベドラン・チョルルカ、FWマリオ・マンジュキッチはW杯後に代表引退を発表し、メンバーから外れている。 ▽クロアチアは、9月6日にポルトガル代表との国際親善試合、同11日にUEFAネーションズリーグ2018-19のリーグA・グループ4のスペイン代表戦を戦う。今回発表されたクロアチア代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">カルロ・レティツァ</span>(クラブ・ブルージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(ヘント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アントニオ・ミリッチ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ピバリッチ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">マテイ・ミトロビッチ</span>(クラブ・ブルージュ/ベルギー)</span> <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">シメ・ヴルサリコ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">マルコ・リバヤ</span>(AEKアテネ/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・サンティニ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">マルコ・ピアツァ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) 2018.08.20 23:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムが昨季躍進の立役者・クロアチア代表FWクラマリッチと契約延長

▽ホッフェンハイムは17日、クロアチア代表FWアンドレイ・クラマリッチ(27)との契約延長を発表した。2022年6月30日までの2年間の延長となった。 ▽クラマリッチは、2015年1月にリエカからレスター・シティへと移籍。しかし、レスターでは思うような出場機会が得られず、2016年1月にホッフェンハイムへとレンタル移籍。同年7月に完全移籍で加入していた。 ▽ホッフェンハイムでは、公式戦93試合に出場し36ゴール21アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガで34試合に出場し13ゴール8アシストを記録。チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献していた。 ▽また、クロアチア代表としても世代別の代表を経験し、A代表で38試合に出場し10ゴールを記録。ロシア・ワールドカップにもメンバーに選ばれ、決勝までの全7試合に出場。準々決勝のロシア代表戦で1ゴールを記録していた。 2018.08.17 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表の守護神スバシッチが代表引退! 「今がお気に入りのユニフォームを脱ぐのに適切な時期」

▽モナコに所属するGKダニエル・スバシッチ(33)が、クロアチア代表からの引退を発表した。自身のインスタグラム(danijel.subasic)とクロアチアサッカー協会(HNS)を通じて発表した。 ▽代表通算44キャップでクロアチア代表でのキャリアを終えることになったスバシッチはサポーターに向けて別れのメッセージを送っている。 「代表チームで10年を過ごしてきたけど、今が自分のお気に入りのユニフォームを脱ぐのに適切な時期が来たと思っているよ。ザダル(クロアチアの所属クラブ)の若手GKだった2008年に代表初招集という夢を実現させることができた」 「その後、数年間の辛抱の時期を含めて努力を重ねた結果、最終的に自分の大好きな23番を背負い、代表の正GKとして長い旅を終えることができた」 「すべての監督やサッカー連盟の人たち、チームメートに感謝したい。同時に家族や友人には多くの苦難の瞬間を共に過ごしてくれてありがとうと伝えたいよ」 「今回の決定はワールドカップ前にすでに決めていたことだった。世界最高の舞台の後で代表を辞めたいと思っていた。それは自分の夢のひとつでもあったんだ」 「僕の代表での歩みはここで終わる。すべての試合に名誉と誇りを持って臨み、自分の持てるすべてを捧げてきたよ。決して試合の数は多くなかったけど、それは重要なことではないんだ。重要なことはこの国のためにプレーし、世界で最も美しいユニフォームを身に着けていたことなんだ」 「無条件のサポートに感謝しているよ。僕たちの愛は決して離れない。永遠にみんなの中の1人であり、みんなのスバ。ヴァトレニ、2018!」 ▽国内の小クラブ、ザダルで正GKを務めていたスバシッチは2008年に代表初招集。そして、2009年11月に行われたリヒテンシュタイン代表とのフレンドリーマッチでフル代表デビューを飾った。その後、ユーロ2012、ブラジル・ワールドカップ(W杯)はGKスティペ・プレティコサの控えに甘んじるも、同選手がブラジルW杯後に引退してからはヴァトレニの正GKとして活躍。 ▽ユーロ2016でベスト16進出に貢献すると、ロシアW杯ではラウンド16のデンマーク代表戦でのPK戦で3本のPKをストップしベスト8進出の立役者となると、準々決勝のロシア代表戦でもPK戦でPKを1本止めベスト4進出に貢献。同国の史上最高位となる準優勝を果たした。 2018.08.15 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表への愛が詰まったマンジュキッチからのレター「可能なら死ぬまでプレーする」

▽ユベントスに所属するFWマリオ・マンジュキッチ(32)が、クロアチア代表からの引退を発表。クロアチアサッカー協会(HNS)は、公式サイトでマンジュキッチからの手紙を公開した。 ▽マンジュキッチは、2018年に行われたロシア・ワールドカップでは、6試合に出場し3ゴールを記録。チームの決勝進出に貢献すると共に、過去最高となる準優勝に貢献していた。 ▽HNSの公式サイトでは、マンジュキッチのクロアチア代表への愛が綴られた手紙を公開。祖国を愛する気持ちや、ワールドカップについて、そしてサポーターや関わる人々への感謝を綴り、クロアチア代表への想いが詰まったものとなっている。 「親愛なるファンへ。僕はいつも外ではなく、ピッチの上で話したかった。だから、これらの言葉は、相手にタックルすること、またはスプリントを120分間続けることよりも少し難しいものとなる」 「より難しいのは、国際試合の全ての試合、そして勝利が、僕を喜ばせるからだ」 「キックオフの前に国歌を聴くことよりも感情的なことは何もないと知っているので、より難しい」 「クロアチアのユニフォームを着て、僕の国を代表することは、どれだけの名誉なのかを分かっているので、より難しい」 「僕はこれが最終決断であり、戻ることはできないと認識しているので、より難しい」 「僕はクロアチア代表から引退する」 「ワールドカップの準優勝は、僕に新しいエネルギーを与えれくれたけど、信じられないほど難しい決断を少しだけ楽にしてくれた」 「僕たちは夢を実現し、歴史的な成功を収め、信じられないほどのファンのサポートを経験した。ザグレブ、スラボンスキ・ブロド、そしてクロアチア全土で歓迎を受けたその月の経験は、僕のキャリアにおいて最も重要な記憶として残る」 「これは最も美しい代表チームの旅であり、最も僕が好きな母国への帰還だった」 「僕は幸せで、満たされており、痛み、努力、仕事、失望、そして困難な瞬間を通して、長年にわたって作り出されたこの準優勝をとても誇りに思う」 「引退する理想的な瞬間はない。可能であれば、僕たちは誇りを感じていない時から、死ぬまでクロアチア代表でプレーするだろう。でも、僕はこの瞬間が来たと感じた。それが今だ」 「僕はクロアチアのためにベストを尽くした。僕はクロアチアのサッカーで最も大きい成功の要因となった」 「14年前、若いカテゴリーで、僕は初めてこの神聖なユニフォームを着た。その後、僕は多くの優秀な選手、監督、コーチ、そしてその他の代表チームのスタッフと出会い、プレーしていた」 「クロアチアの成功のために全てを与えるという同じ目標を持っている。僕のキャリアに関わった全ての人に感謝する。その道のりで、僕と共にいた家族と親しい友人、彼らの全てのサポートに感謝する」 「最後にファンに感謝したい」 「誰も完璧ではない。僕はチャンスを逃し、ボールを失い、パスをミスした」 「しかしながら、僕はいつも自分の心を尽くし、ベストを尽くしてきた。それらを認めてくれ、そしてクロアチア代表のそばに立っていてくれてありがとう」 「今日で、僕の居場所は君たちと一緒だ。最も忠誠を尽くす、クロアチア代表のファンだ」 ▽マンジュキッチは、世代別のクロアチア代表を経験すると、2007年にA代表デビュー。ユーロは2012年、2016年の2大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場。クロアチア代表としては通算89試合に出場し33ゴールを記録し、ダボル・シュケル氏に次いで2番目に多いゴールを記録していた。 2018.08.14 23:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチがクロアチア代表引退を発表「ピッチの上で話すことが好きだった」

▽ユベントスに所属するFWマリオ・マンジュキッチ(32)が、クロアチア代表からの引退を発表した。自身のツイッター(@MarioMandzukic9)とクロアチアサッカー協会(HNS)を通じて発表した。 ▽マンジュキッチは、世代別のクロアチア代表を経験すると、2007年にA代表デビュー。ユーロは2012年、2016年の2大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場していた。 ▽今年行われたロシア・ワールドカップでは、6試合に出場し3ゴールを記録。チームの準優勝に大きく貢献。ユーロでは通算6試合に出場し3ゴールを記録。クロアチア代表としては通算89試合に出場し33ゴールを記録。ダボル・シュケル氏に続いて2番目の得点記録を持っていた。 ▽マンジュキッチは自身のツイッターを通じてコメント。「僕はピッチの外よりも、いつもピッチの上で話をすることが好きだった。クロアチア代表チームとの別れの言葉を見つけることは難しかった」とコメントした。 2018.08.14 23:04 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース