クロアチア代表、ダリッチ体制でロシアW杯へ! アンチェロッティ招へい報道も継続路線を選択2017.11.15 00:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー連盟(HNS)は14日、暫定指揮官のズラトコ・ダリッチ監督(50)がロシア・ワールドカップ本大会で指揮を執ることになったと発表した。

▽クロアチアは、先月7日にアンテ・チャチッチ前監督(64)を解任。その後、暫定指揮官に就任したダリッチ監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループIを2位で通過し、プレーオフ進出を決定していた。

▽さらに、今月行われたギリシャ代表との欧州予選を2戦合計4-1のスコアで勝ち切り、2大会連続となる通算5度目のW杯出場を手にした。

▽先日にはカルロ・アンチェロッティ氏などが新指揮官候補に浮上していたものの、就任以降きっちりノルマを果たしたダリッチ監督の手腕を高く評価する協会幹部は、同体制のままでW杯本大会に臨むことになった。

コメント

関連ニュース

thumb

バロンドール受賞有力のモドリッチ、行方を心配せず

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチがバロンドールに言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽バロンドールを主催する『フランス・フットボール』は10月8日、候補者30名を公表。モドリッチの他にも、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールら錚々たる面々がランクインした。 ▽その中で受賞の最有力候補として名前が挙がるモドリッチ。ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの10年間に及ぶ独占状態の打開に期待がかかるが、本人はさほど気にしていないという。 ▽モドリッチは18日に行われたUEFAネーションズリーグのイングランド代表戦後、バロンドールについて問われると、次のように返答した。 「受賞したら、僕は誰よりも幸せ者だね。でも、そうならなかったとしても、何かが変わることはない。僕の今シーズンは素晴らしかった。それだけさ」 ▽なお、今年のバロンドール受賞者は12月3日に行われる表彰式で発表される。 2018.11.19 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯準優勝クロアチアが降格決定…ダリッチが敗因に言及「一番の問題はコンディションだった」

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督は、ワールドカップ準優勝のチームが降格した原因は疲労だと考えているようだ。<br><br>18日に行われたUEFAネーションズリーグでクロアチア代表は敵地でイングランド代表と対戦。アンドレイ・クラマリッチが57分に先制ゴールを奪うも、その後78分、85分に立て続けて失点し、1-2で逆転負けを喫した。この結果、クロアチア代表はグループ最下位が確定し、リーグAからリーグBに降格することが決まった。<br><br>この試合では、負傷のイヴァン・ラキティッチを欠き、さらに試合中にもシメ・ヴルサルコとアンテ・レビッチが早々と交代を余儀なくされるなど選手のやりくりに難渋したダリッチ監督。ワールドカップ準優勝チームのまさかの降格が決まった試合後に、自身の見解を語った。<br><br>「我々は前半に良いプレーをしておらず、0-0でハーフタイムに入れたことはラッキーだった。しかし、後半は良くなった。得点後にもいくつかのチャンスがあったが、2つのセットプレーから得点を許してしまった。これはフェアな結果だ。しかし、悲しんでいるわけではない。私は選手たちを誇りに思う」<br><br>「ただ、コンディションが我々にとって一番の問題だった。シメ・ヴルサルコやアンテ・レビッチを見ればわかるが、スペイン戦からすぐに回復するのは難しい。そんなに選手層が厚くはないし、これだけ選手がいなくなってしまってはどうしようもない」<br><br>「それに後半のイングランドはさほど脅威ではなかったが、我々は残り15分で集中力を欠いてしまった。ベンチにはそれほど解決策がなかった。その一方でイングランドは2人の1億ユーロ(約130億円)の価値がある選手を投入した。2つの交代枠も使っていたし、十分に選択肢がなかった」<br><br>提供:goal.com 2018.11.19 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ケイン弾で逆転勝利のイングランドが準決勝進出!敗れたクロアチアはリーグBへの降格が決定《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4のイングランド代表vsクロアチア代表が18日に行われ、2-1でイングランドが勝利した。 ▽先月行われたUNL3戦目のスペイン代表戦を勝利した2位イングランド(勝ち点4)は、勝利すれば準決勝進出の望みを残せる中、ケインやスターリング、ラッシュフォード、ストーンズらがスタメンとなった。 ▽一方、15日に行われたUNL3戦目のスペイン代表戦をイェドバイの劇的弾で勝利したクロアチア(勝ち点4)は、その試合のスタメンから負傷離脱のラキティッチに代えてヴラシッチを起用。その他はスペイン戦と同様のメンバーで準決勝進出を懸けた一戦に臨んだ。 ▽準決勝進出へ勝ち点3が絶対条件となる両者の一戦は、立ち上がりから一進一退の展開となる。そんな中、先にチャンスを作ったのはイングランド。11分、中盤でボールを受けたケインのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したスターリングがボックス右から持ち込みシュートを放ったが、これはGKロヴレ・カリニッチが弾き出す。 ▽さらにイングランドは、このプレーで獲得した右CKからボックス中央のストーンズがヘディングシュート。これがゴールエリア左に逸れると、ファーサイドで待っていたケインがボレーで狙ったが、これはミートせず。イングランドは16分にも、ボックス手前へのロングパスに飛び出した相手GKが弾いたセカンドボールを拾ったケインが2度の決定機を迎えたが、シュートは相手DFとGKのブロックに阻まれた。 ▽イングランドの猛攻を凌いだクロアチアだが、26分にアクシデント。交代を要求したヴルサリコに代えてA・ミリッチを緊急投入した。その後もなかなかペースをつかめないクロアチアだったが、前半終了間際に決定機。46分、バイタルエリア中央でボールを受けたモドリッチがゴールエリア右へ絶妙なループパスを供給。ペリシッチが反応したが、これはわずかに届かなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、クロアチアはレビッチを下げてブレカロを投入した。すると57分、ブレカロのスルーパスをボックス右で受けたヴラシッチがダイレクトで折り返すと、クラマリッチが切り返しで相手DFをかわしシュート。これがゴール左に吸い込まれた。 ▽先制を許したイングランドは、64分にバークリーを下げてデレ・アリを投入。さらに73分にデルフとラッシュフォードを下げてリンガードとサンチョとピッチに送り出し、3枚の交代カードを使い切った。 ▽すると、イングランドは78分に決定機。J・ゴメスが右サイドからロングスローを供給すると、ゴールエリア左のケインがワントラップからつま先で流し込む、これはGKロヴレ・カリニッチに当たるも、こぼれ球を最後はリンガードが押し込んだ。 ▽逆転を狙うイングランドは、85分にも決定機。バイタルエリア左で獲得したFKからチルウェルがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだケインが滑り込みながらゴールに流し込んだ。 ▽結局、試合はそのまま2-1で終了。ケイン弾でクロアチアに逆転勝利したイングランドが、準決勝に進出。一方、敗戦したクロアチアはリーグBへの降格が決まった。 2018.11.19 01:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ダリッチ監督、過激発言のロブレンをたしなめる

▽クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、リバプールに所属する同国代表DFデヤン・ロブレンの発言に反応している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽クロアチア代表は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4第5節でスペイン代表に3-2で勝利。第2節での0-6の大敗のリベンジを果たしたが、試合後にロブレンが「ヒジで奴(セルヒオ・ラモス)を殺してやった」と発言してしまい、悪い意味での注目を浴びている。 ▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、昨年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦でFWモハメド・サラーと交錯し、負傷交代に追い込んでしまい、その時からロブレンに敵視されているとみられている。 ▽リバプールでは、以前にユルゲン・クロップ監督もセルヒオ・ラモスを「レスラー」と揶揄。ロッカールーム内で同選手に対する悪感情が蔓延していることは想像に難くないが、ロブレンはやや素直に感情を表し過ぎたようだ。ダリッチ監督が以下のようにたしなめている。 「彼と話すつもりだよ。でも、私たちやチームの間に問題は残らないだろうね」 「それに関して公の場で語りたくはない」 2018.11.18 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサがラキティッチの診断結果を報告…復帰時期は「回復状況次第」

▽バルセロナは17日、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチの負傷離脱を発表した。 ▽ラキティッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグのスペイン代表戦で負傷交代。後日の診断で右ハムストリングのケガが見つかり、復帰時期は「回復状況次第」だという。 ▽バルセロナは、24日のリーガエスパニョーラ第13節でアトレティコ・マドリーと対戦。だが、ラキティッチは先のベティス戦で退場処分を受けたため、いずれにしても出場できない。 ▽30歳のラキティッチは2014年夏にセビージャからバルセロナに加入。今シーズンはここまでリーガエスパニョーラ12試合に出場して2得点をマークしている。 2018.11.18 08:30 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース