クロアチア代表、ダリッチ体制でロシアW杯へ! アンチェロッティ招へい報道も継続路線を選択2017.11.15 00:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー連盟(HNS)は14日、暫定指揮官のズラトコ・ダリッチ監督(50)がロシア・ワールドカップ本大会で指揮を執ることになったと発表した。

▽クロアチアは、先月7日にアンテ・チャチッチ前監督(64)を解任。その後、暫定指揮官に就任したダリッチ監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループIを2位で通過し、プレーオフ進出を決定していた。

▽さらに、今月行われたギリシャ代表との欧州予選を2戦合計4-1のスコアで勝ち切り、2大会連続となる通算5度目のW杯出場を手にした。

▽先日にはカルロ・アンチェロッティ氏などが新指揮官候補に浮上していたものの、就任以降きっちりノルマを果たしたダリッチ監督の手腕を高く評価する協会幹部は、同体制のままでW杯本大会に臨むことになった。

コメント

関連ニュース

thumb

ラキティッチの思いやりに漢・ブッフォンが反応「素晴らしい贈り物をありがとう」

▽ユベントスのイタリア代表Gkジャンルイジ・ブッフォンが、自身への思いやりの気持ちを見せたバルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチに感謝の言葉を送った。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽自身にとって6大会連続となるW杯出場を目指したブッフォンだったが、イタリア代表はプレーオフでスウェーデン代表に敗戦しロシアへの道を断たれた。以前から今大会を最後に代表を引退すると宣言していたブッフォンにとっては、とても早い幕切れとなってしまった。 ▽一方、同じくプレーオフに進出して出場権を獲得したクロアチア代表。ラキティッチは22日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節のユベントス戦に向けた前日会見で「できることならば変わってあげたい」とブッフォンへの思いやりを口にした。 ▽これを受けてブッフォンがツイッターで反応。ラキティッチの言葉を受けて、ユーモアを交えつつ感謝の気持ちを伝えた。 「親愛なるラキティッチ。確かに僕はGKとしてはまだプレーできるかもしれないね。でも君の代わりに中盤でクロアチアの一員としては戦えないだろうね。それはあまり冗談はさておき、君の言葉は素晴らしい贈り物だったよ。ありがとう」 2017.11.22 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ラキティッチの思いやり…W杯逃したブッフォンに「できることなら変わってあげたい」

▽バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、W杯出場を逃したユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンについてコメントした。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を戦ったクロアチア代表はグループIで2位となりプレーオフに回るも、ギリシャ代表との試合を制してW杯出場を決めた。 ▽一方、グループGで2位となり、同じくプレーオフに回ったイタリアは、スウェーデン代表に敗れて15大会ぶりのW杯出場を逃した。今大会を最後に代表からの引退を発表し、6大会連続のW杯出場を目指したブッフォンは試合後に涙を流しながらインタビューに応じる姿が世界中で報じられた。 ▽22日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第4節のユベントス戦に向けた前日会見に臨んだラキティッチは、可能であればブッフォンをW杯のピッチに立たせたかったと、同選手を思いやる気持ちを見せた 。 「サッカー選手として偉大な人物だよ。子供たちが選ぶ理想的な選手の中には彼の名前があるだろう。6大会連続の素晴らしい記録を達成することができなくて残念に思うよ。最後のW杯で彼がプレーしないなんて残念だ。本当ならば彼と変わってあげたいよ」 2017.11.22 10:57 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯行きを決めたモドリッチ、予選を振り返り「本当に長く困難な戦いだった」

▽クロアチア代表MFルカ・モドリッチが、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決め、改めて予選での戦いを振り返っている。クロアチア『JutarnjiList』が伝えた。 ▽4つ巴の厳しい争いとなったグループIをアイスランド代表に次ぐ2位で通過したクロアチアは、ロシア行き最後の切符を懸けてプレーオフに出場。9日にホームで行われた1stレグではギリシャに4-1と快勝すると、12日の2ndレグでは優位に試合は運びゴールレスに持ち込んで2大会連続となる通算5度目のW杯出場を手にした。 ▽試合後にモドリッチは、苦戦を強いられた今予選について言及。長く苦しい戦いから解放された喜びを口にしている。 「今日は本当に喜ばしい日となったね。出場権を獲得するために、ここまで本当に長く困難な道のりだったよ。最終的には自分たちのクオリティを示して、当然の結果を得られた」 「しかし、1つ1つの試合は本当に難しいもので、苦しい戦いだった。この戦いは内容よりも結果なんだ。今日の試合もそうだった。全員で勝ち取ったものだよ」 ▽またモドリッチは、サポーターたちへの感謝の言葉を述べた。 「今は感情的になっているね。肉体的にも精神的にも疲れているけれど、ここまでサポートしてくれた人たちに感謝している。ここまで来て応援してくれたことを嬉しく思っているよ」 2017.11.13 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ロシア行きを掴んだクロアチア、指揮官は「10トンものプレッシャーから解放された」

▽クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を決めたことに安堵しているようだ。クロアチア『JutarnjiList』が伝えている。 ▽9日に行われたロシアW杯欧州予選プレーオフ1stレグでホームにギリシャ代表を迎えたクロアチアは、4-1と大勝してアウェイでの2ndレグに臨んだ。試合は大きくリードするクロアチアが無理をせずにブロックを敷いてギリシャの攻撃を凌いでいく。 ▽最後までその構図は変わらず、ゴールレスドローに持ち込んだクロアチアが1stレグのアドバンテージを活かして、2大会連続となる通算5度目のW杯出場を手にした。 ▽W杯行きのプレッシャーがかかる中、狙い通りの展開で最後の切符を掴んだクロアチア。ダリッチ監督は「10トンものプレッシャーからようやく解放された」と冗談を口にしながら、戦い抜いた選手たちを称えた。 「大事なW杯出場という目標に向けて、選手たちは最後まで本当に良く戦ってくれた。彼らは予選最後のウクライナ戦でしっかりと結果を残し、そして今日もしっかりと任務を遂行してくれた」 「この目標を達成するためにあらゆることに取り組んできた。凄まじいプレッシャーがあったが、我々はそれに耐えて責任を果たした。今夜はクロアチアの人たちも大いに喜んでもらいたい。私は満足しているよ」 2017.11.13 09:31 Mon
twitterfacebook
thumb

1stレグの大量リードを活かしたクロアチアが2大会連続5度目のW杯出場《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、ギリシャ代表vsクロアチア代表が12日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコアを4-1としたクロアチアが2大会連続5度目のW杯出場を決めている。 ▽3日前に行われた1stレグでは守備が崩壊して1-4と惨敗し、3大会連続4度目のW杯出場が大きく遠のいたギリシャは、1stレグのスタメンから6選手を変更。出場停止だったマノラスが先発に復帰した他、タフツィディスやクリストドゥプーロスらがスタメンとなった。 ▽一方、攻撃陣が爆発し、2大会連続5度目のW杯出場に大きく近づいたクロアチアは、1stレグのスタメンからクラマリッチに代えてマンジュキッチのみを変更。ペリシッチとマンジュキッチを両サイドに配す[4-5-1]で臨んだ。 ▽立ち上がりから前がかるギリシャに対し、マンジュキッチとペリシッチを下げて冷静に受け止めるクロアチアは、ギリシャのプレスを持ち前のパスワークでいなしていった。 ▽そのクロアチアは28分に左サイドから切れ込んだペリシッチが際どいシュートに持ち込むと、42分には再びペリシッチが魅せる。ボックス手前左から左足で放った強烈なミドルシュートが右ポスト内側を直撃した。結局、クロアチアが余裕の試合運びを見せた前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半もギリシャが圧力をかけると、58分にミトログルの右足ミドルでゴールに迫った。そしてフォルトゥニスとギアンニオタスを投入したギリシャだったが、攻勢を強めるには至らない。 ▽後半もリスクを冒さず自陣に引いてギリシャを受け止めたクロアチアが余裕を持って時間を消化。終盤、ミトログルが負傷で退いたギリシャを尻目に、1stレグの大量アドバテージを活かしたクロアチアが2大会連続5度目のW杯出場を決めている。 2017.11.13 06:38 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース