クロアチア代表、ダリッチ体制でロシアW杯へ! アンチェロッティ招へい報道も継続路線を選択2017.11.15 00:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー連盟(HNS)は14日、暫定指揮官のズラトコ・ダリッチ監督(50)がロシア・ワールドカップ本大会で指揮を執ることになったと発表した。

▽クロアチアは、先月7日にアンテ・チャチッチ前監督(64)を解任。その後、暫定指揮官に就任したダリッチ監督の下でロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループIを2位で通過し、プレーオフ進出を決定していた。

▽さらに、今月行われたギリシャ代表との欧州予選を2戦合計4-1のスコアで勝ち切り、2大会連続となる通算5度目のW杯出場を手にした。

▽先日にはカルロ・アンチェロッティ氏などが新指揮官候補に浮上していたものの、就任以降きっちりノルマを果たしたダリッチ監督の手腕を高く評価する協会幹部は、同体制のままでW杯本大会に臨むことになった。

コメント

関連ニュース

thumb

サンパオリ、敗者の弁「結果は私の責任」

▽アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節のクロアチア代表戦について語った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽今大会初戦となったアイスランド代表戦を1-1のドローで終えたアルゼンチン。ナイジェリア代表に勝利したクロアチア戦で勝利を目指したが、0-3と完敗。グループステージ敗退の危機に立たされている。 ▽GKウィリー・カバジェロのミスなどもあり、惨敗となったアルゼンチン。サンパオリ監督は敗戦の責任は「私にある」とコメント。また、ここまで輝けていないFWリオネル・メッシについては「チームが理想的な状態ではない」とコメントした。 「この試合のプランを立てなくてはいけなかった。もし、私が別のプランを立てていたら、結果ははるかに良くなっいたかかもしれない。ミスをしたカバジェロに責任を負わせることは、本来すべきことではない」 「私はアルゼンチン代表の現実は、レオ(・メッシ)の輝きを失わせている。チームは彼にとって理想的な状態ではないので、メッシは制限されている。監督として、この事態に対処する必要がある。そして、私はそれを受け入れなければならない」 「不名誉かどうかは分からないが、間違いなく痛みを感じている。私は長い時間監督として経験しているが、自分の国のジャージを身につけていると、その痛みははるかに大きい。最後の試合では、我々は戦わなくてはいけない。我々の全てを出す以外の選択肢を持っていない。アルゼンチン国民にとって、我々は期待しているレベルではなかった。そこには痛みがある」 「ファンに許しを求めたい。特に、大変な努力をして現地まで旅をして北人、そしてアルゼンチンで見守っている人にだ。この結果は、私の責任だ。できる限りのことをしたと思っている。ただ、彼らが望むものを与える方法を見るけることができなかった」 2018.06.22 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

チーム力に勝るものなし! ペリシッチが勝者のコメント

▽インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチが勝者のコメントを残した。 ▽クロアチア代表は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節でアルゼンチン代表と対戦。ゴールレスで迎えた53分、GKウィルフレッド・カバジェロのミス絡みからFWアンテ・レビッチの得点で先制したクロアチア代表がその後も2得点を挙げ、1998年フランス大会以来20年ぶりのグループステージ突破を果たした。 ▽アルゼンチン代表を3-0で破る瞬間に貢献したペリシッチは試合後、イタリア『Mediaset』に次のように話し、チームとして戦う姿勢の重要性を説いた。 「メッシはクリスティアーノ・ロナウドと同じく最高の選手だ。でも、僕らだって、チームとしてプレーできれば、それを超えることができる」 「アルゼンチンは、この先のためにも何かを変えていく必要がある。僕らは1998年大会に続くことができた。これを続けなくちゃね」 「僕らは本当にうまくやったよ。6ポイントを手にすることができたのだからね。次のアイスランド戦も勝利したい」 2018.06.22 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ「アルゼンチンの結果は僕らが良い試合をしたから」

▽レアル・マドリーのクロアチア代表FWルカ・モドリッチが勝因に言及した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽クロアチア代表は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節でアルゼンチン代表と対戦。ゴールレスで迎えた53分、GKウィルフレッド・カバジェロのミス絡みからFWアンテ・レビッチの得点で先制したクロアチア代表がその後も2得点を挙げ、1998年フランス大会以来20年ぶりのグループステージ突破を果たした。 ▽80分に相手の息の根を止めるミドルシュートでチーム2得点目を記録するなどマン・オブ・ザ・マッチの働きを披露したモドリッチが試合後、次のようにコメント。不発に抑えた相手FWリオネル・メッシや、アルゼンチン代表と分けた差について語った。 「相手のパフォーマンスについて、とやかく話たくない。僕らは自分たちの出来に満足している」 「アルゼンチンの結果は、僕らが良い試合をしたから。ピッチ上でコンパクトなブロックを敷けたからさ。特に、僕らがボールを持っていないときにね」 「僕らにとって、メッシは最も危険な選手だった。彼に対するパスコースを断ち切り、彼にボールが渡ることを阻止したかった」 「僕らは3つのチャンスを逃した。でも、後半に全てが開かれた。特に、カバジェロのミス後だね」 「さらに、ビューティフルな2得点を奪い、勝利を決めることができた」 2018.06.22 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、20年ぶりGL突破に「最も重要なことを成し遂げた」…アルゼンチン戦でMOMの活躍

アルゼンチンとの一戦でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、喜びの声を上げている。<br><br>クロアチアは21日、ロシア・ワールドカップグループステージ第2節でアルゼンチンと対戦。後半にウィリー・カバジェロのミスから先制点を挙げると、モドリッチが強烈なミドルシュートで価値ある追加点を奪う。終了間際にもイバン・ラキティッチがダメ押し弾を挙げ、3-0で勝利。開幕から連勝で20年ぶりのグループステージ突破を決めた。<br><br>モドリッチは1998年フランス大会以来となるグループステージ突破に「最も重要なことを成し遂げた」と話し、このように続けた。<br><br>「1試合1試合に集中すべきだと思う。これは大きな自信になるよ。まだ厳しい道のりが待っているが、地に足をつけて次の試合に向けて準備したい。もっとやれると信じている」<br><br>3-0と完勝した試合ながら、「簡単ではなかった」と振り返るモドリッチ。何が勝敗を分けたのかという問いにはこのように答えている。<br><br>「キーパーのミスからゴールが生まれた。僕らは素晴らしい相手を倒すのに必要な完璧な試合ができたんだ。後半もバランスが良く、チャンスを作ることができた。前半は(リオネル)メッシを試合から切り離すようにした。最も危険な選手だからね。3つの大きなチャンスを逃したが、後半に試合は動いた。特にカバジェロのミスからね。その後も美しい2つの得点が生まれて、僕らは勝利にふさわしかったと思うね」<br><br>なお、クロアチアは最終節で首位通過を懸け、アイスランドと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.22 06:15 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:アルゼンチン 0-3 クロアチア《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節、アルゼンチン代表vsクロアチア代表が21日にニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われ、0-3でクロアチアが快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アルゼンチン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180622_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 カバジェロ 3.5 とんでもないキックミスでチームを苦境に追い込んだ DF 2 メルカド 5.5 身体を張った守備で応戦 17 オタメンディ 5.5 マンジュキッチと激しいマッチアップを繰り広げた 3 タグリアフィコ 5.0 攻守に凡庸 MF 18 サルビオ 5.0 1つチャンスを作ったが、攻守に中途半端だった (→パボン 5.5) スピードを生かしてサイドから打開にかかった 15 E・ペレス 5.5 ハードに戦っていたが、30分の決定機を決めたかった (→ディバラ 5.0) 右サイドで起点になろうとするも違いを生めず 14 マスチェラーノ 5.5 失点後、リスクを負って前に出た 8 アクーニャ 5.5 左サイドからの仕掛けで一定の起点に FW 10 メッシ 5.0 さほどボールに絡めず。初戦のPK失敗を払拭することはできなかった 19 アグエロ 5.0 1本枠内シュートを放ったが、タイトなマークに苦戦した (→イグアイン 5.0) アグエロと大差のない出来 13 メサ 5.5 まずまずボールに絡んでチャンスメークした 監督 サンパオリ 5.0 3バックへ変更しハードに戦ったが、カバジェロのミスが大きく響いた ▽クロアチア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180622_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 スバシッチ 6.0 64分のピンチを凌いだ DF 2 ヴルサリコ 6.0 守備に徹しつつ、一つマンジュキッチに好クロスを供給 6 ロブレン 6.5 身体を張った守備とカバーリングで相手攻撃陣を封殺 21 ヴィダ 6.0 ロブレンと共にミスなく乗り切った 3 ストリニッチ 6.0 攻め上がらず、自身のエリアをケア MF 18 レビッチ 6.5 荒いプレーで退場になりかけるも、値千金の先制点 (→クラマリッチ 5.5) 左サイドから仕掛けた 10 モドリッチ 7.0 守備をこなした上、勝負を決めるミドルシュートを叩き込んだ 11 ブロゾビッチ 6.5 アンカーの位置で攻守に利いていた 7 ラキティッチ 6.5 モドリッチと共に攻守によくボールに絡んだ 4 ペリシッチ 5.5 立ち上がりにシュートを放ったが、他の攻撃陣に比べると目立たず (→コバチッチ -) FW 17 マンジュキッチ 6.0 献身的なプレッシングで貢献 (→チョルルカ -) 監督 ダリッチ 6.5 20年ぶり2度目の決勝トーナメント進出。アルゼンチン相手に真っ向勝負を挑み快勝 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! モドリッチ(クロアチア) ▽キャプテンとしてチームを牽引。攻守に躍動し、勝利に導く働きを見せた。 アルゼンチン 0-3 クロアチア 【クロアチア】 レビッチ(後8) モドリッチ(後35) ラキティッチ(後46) 2018.06.22 05:04 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース