試合に影響を与えるVARが来シーズンからリーガで導入へ…LFP会長が明言2017.11.14 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、2018-19シーズンからリーガエスパニョーラでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入する以降があることを明かした。スペイン『マルカ』が報じた。

▽テバス会長は、14日にスペインメディア『Europa Press』が主催する朝食会に出席。スポーツ界を含めた300名以上のゲストが集まる場で話をした。

▽その中で、今シーズンからブンデスリーガなどで導入されているVARについて言及。来シーズンから導入する予定であると明言した。

「来シーズンには、VARはラ・リーガにある。間違いない。実際に、我々は今会議で多くの話し合いをもっている。すぐに準備ができるだろう」

▽VARは、試験的に色々なリーグや大会で導入されており、先日の日本代表vsブラジル代表でも先制ゴールにつながるPKの判定が下されるなど、試合に大きな影響を及ぼすもの。来シーズンからの導入が明言されたリーガエスパニョーラだが、どのような影響が出るのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ポゼッションフットボール通じなかったスペインだが…チャビ「ティキ・タカの道を進み続けるべき」

アル・サッド所属の元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスは、同代表チームが今後もポゼッションフットボールを実践していくべきだと主張している。<br><br>ロシア・ワールドカップ(W杯)でも、これまでのようなポゼッションフットボール「ティキ・タカ」を実践しながらも、決勝トーナメント1回戦でロシアに敗れたスペイン。これによりプレーモデルを変えるべきとの意見も出始めているが、チャビは真っ向から否定する。<br><br>チャビはスペイン『アス』とのインタビューで、ティキ・タカがいまだ有効なプレースタイルであることを説いている。<br><br>「ティキ・タカこそが進むべき道であることに、疑いの余地はない。僕たちは10年前からこのスタイルを実践し続けている。違うアイデアやプレーモデルを採用するとしたら、間違いを犯すことになるだろう。スペインは今いる選手たちをしっかりと活用するべきなんだ。イスコ、ブスケッツ、チアゴ、アセンシオ&hellip;&hellip;、彼らはボールを保持すること、前線からプレッシングを仕掛けること、そして主役になることを好む選手たちなんだから。それが僕の考えだ。が、もちろんほかのやり方があることだって分かっている」<br><br>「このW杯でポゼッションが役立たずだったのは、ロシア戦だけだ。そんな意見をすべての試合に適用するわけにはいかない。ポルトガル戦だって、そのメディアが言うティキ・タカというものは、うまく機能した。あの試合だってロシア戦と同じようにプレーしていたが、うまくいく日もいかない日もあるということなんだよ」<br><br>チャビはまた、今回のW杯が選手個人のテクニックが目立たず、物悲しい大会になっているとの持論を述べた。<br><br>「今回はタレントが欠け、フィジカルや守備的なプレーが際立っている。僕にとっては悲しいことだよ。選手たちはタレントやテクニックをもっと生かせるはずなのに&hellip;&hellip;」<br><br>「選手たちは確実なパスを出すばかりで、思い切ったことをしない。アカデミックなことをして、難しいことはせず、ただただボールを失わないようにしている&hellip;&hellip;。フィジカルより、もっとタレントを生かすようにしないと」<br><br>チャビはさらに、スペイン同様に決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンにも言及。バルセロナの元チームメートFWリオネス・メッシが、なぜアルゼンチンで輝けないのかという理由については、次のような見解を示している。<br><br>「彼は悪いプレーを見せていたわけじゃない。ただ、余計な緊張とともにプレーすることは難しいんだよ。自分もスペインで同じ経験をした。ボールをほしがらない仲間、不必要な緊張とともにプレーするという経験をね。苦しむためにピッチに立つようじゃいけない」<br><br>「アルゼンチンは1986年以降、W杯で優勝していないし、切迫していることがうかがえた。そうした状況から抜け出すため、またボールをほしがるためには、凄まじい意思の強さが必要だ。(メッシは)アルゼンチンで、バルセロナみたいにプレーを楽しめていない」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.15 08:13 Sun
twitterfacebook
thumb

多彩なシステムを駆使するベティスだが…乾貴士は左サイドの絶対的主力か

2018&minus;19シーズンよりベティスでプレーする日本代表MF乾貴士だが、スペイン・アンダルシアの名門クラブでもレギュラーを張ることになりそうだ。<br><br>4バックや5バックなど多彩なシステムを駆使するキケ・セティエン監督率いるベティスだが、乾は成功をつかんだエイバル同様に重用されそうである。スペイン『マルカ』は、プレシーズンを開始したベティスが今季使用するであろうシステムとして、4&minus;2&minus;3&minus;1、5&minus;4&minus;1を挙げたが、そのどちらでも左サイドハーフとして「INUI」が起用されると予想した。<br><br>4&minus;2&minus;3&minus;1の2列目には右からベティスの生ける伝説MFホアキン・サンチェス、今夏レアル・ソシエダから加わったMFセルヒオ・カナレス、そして乾が並び、5&minus;4&minus;1の2列目には右からカナレス、こちらも新加入のMFウィリアム・カルバーリョ、MFアンドレス・グアルダード、そして乾が配されている。<br><br>『マルカ』はヨーロッパリーグにも参加するベティスが「多彩な戦術とトップレベルの選手たちを擁し、要求の高い1シーズンに問題なく立ち向かえる」とも記載。乾はその「トップレベル」の選手たちにもれなく含まれているようで、その期待度がうかがえる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.14 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯で活躍の柴崎岳、テネリフェ元同僚がステップアップ期待「もっと良いクラブでやれる才能ある」

ヘタフェMF柴崎岳のテネリフェ時代のチームメートMFアイトール・サンスは、日本代表MFがより高いレベルでプレーすることを願った。<br><br>テネリフェのキャプテンを務めるMFアイトール・サンスは、2016&minus;17シーズン後半戦に同クラブに在籍した柴崎の才能を絶賛する人物。柴崎がテネリフェに在籍していた当時にも、「柴崎は信じられないようなクオリティーを持った選手」「テネリフェに彼の銅像をつくるべき」と話すなどしていた。<br><br>アイトール・サンスは柴崎のワールドカップでの活躍を見守っていた様子で、2018&minus;19シーズンにはもっとレベルの高いクラブに移籍すべきとの見解を示している。<br><br>「彼は僕の心をつかんだ選手だ。テネリフェ加入初日から最後の日まで、素晴らしい振る舞いを見せていた。彼のワールドカップでの活躍を祝福したい」<br><br>「彼には、より高いレベルでやれるだけの才能がある」<br><br>なお柴崎には現在、ドルトムントやミランからの興味が噂されており、一方で柴崎の起用法に困るヘタフェは売却を検討しているという。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.14 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルDFセメド、保釈へ…監禁、窃盗、暴行に殺人未遂の疑いも

▽ビジャレアルとの契約を一時凍結されているポルトガル人DFルベン・セメド(24)が、刑務所から保釈される予定だ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽今年初め、男2名と行動を共にしていたセメドは、一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していた疑いもかけられており、脅しの為に2回発砲したとの情報も伝えられていた。 ▽被害者が警察に駆け付けた際には、打撲痕や足首のケガが見つかっており、バレンシア市民警察はセメドら3名を容疑者として逮捕した。“暴行”ではなく“殺人未遂”としての起訴の可能性が浮上すると、ビジャレアルはセメドとの契約を一時凍結。給与の支払いも一切行っていない。 ▽『マルカ』によると、セメドは3万ユーロ(約394万円)の保釈金を支払う予定を立てているという。保釈される場合、被害者から300メートル以上の距離を保つ、週に1度は裁判所に出頭して居場所を明かす、などの制限が設けられる。 ▽2017年夏の移籍市場で、期待の新戦力としてビジャレアルに加入したセメド。次代を担う逸材とも評されていたが、ピッチ外の度を過ぎた問題行動により積み上げてきたものを失うこととなった。 2018.07.14 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ新加入のロドリが意気込み! 「大物選手にならなくては」

▽新シーズンからアトレティコ・マドリーに加入したスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが、意気込みを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽首都マドリードで生まれアトレティコの下部組織で育った“ロドリ”の愛称で知られるロドリゴ・エルナンデスは、低身長や体力不足を理由に出場機会を与えられず、2013年にビジャレアルへ完全移籍した。 ▽その後、同クラブでトップチーム昇格を果たしたロドリゴ・エルナンデスは現在では190cmの偉丈夫となり、卓越した身体能力と戦術眼を武器にバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツの後継者と目されるまでのトッププレーヤーに成長。今夏に、アトレティコとの5年契約を勝ち取ることとなった。 ▽プレシーズンを開始させたロドリゴ・エルナンデスは、以下のようにアトレティコ加入に際しての抱負を述べた。 「これは僕の人生の中でも重要な一歩だ。なぜなら、家から離れれば戻るチャンスが得られるかどうかは分からないからだ」 「僕はビッグクラブで大物選手にならなくてはいけない」 「同い年で、一緒にいくつかのタイトルを勝ち取った仲間と再会できることは喜びだよ」 「彼(ディエゴ・シメオネ監督)はここで最も誠実な人物の1人だ。このクラブに来て以来ね」 「彼ら(サポーター)は非常に重要だよ。フィールドの上で大きな自信を与えてくれるんだ」 「ホームでのプレー、ファンからの後押し、そして彼らに多くの勝利を捧げることができるのを楽しみにしている」 2018.07.14 16:30 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース