試合に影響を与えるVARが来シーズンからリーガで導入へ…LFP会長が明言2017.11.14 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、2018-19シーズンからリーガエスパニョーラでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入する以降があることを明かした。スペイン『マルカ』が報じた。

▽テバス会長は、14日にスペインメディア『Europa Press』が主催する朝食会に出席。スポーツ界を含めた300名以上のゲストが集まる場で話をした。

▽その中で、今シーズンからブンデスリーガなどで導入されているVARについて言及。来シーズンから導入する予定であると明言した。

「来シーズンには、VARはラ・リーガにある。間違いない。実際に、我々は今会議で多くの話し合いをもっている。すぐに準備ができるだろう」

▽VARは、試験的に色々なリーグや大会で導入されており、先日の日本代表vsブラジル代表でも先制ゴールにつながるPKの判定が下されるなど、試合に大きな影響を及ぼすもの。来シーズンからの導入が明言されたリーガエスパニョーラだが、どのような影響が出るのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

セルヒオ・ラモスが鼻骨骨折…次戦以降も手術なしで強行出場か

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが鼻骨を骨折した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽セルヒオ・ラモスは18日に行われたリーガエスパニョーラ第12節のアトレティコ・マドリー戦に先発出場。だが、35分に相手DFリュカ・エルナンデスとの接触プレーで鼻を強打し、ハーフタイムにピッチを退いた。 ▽『マルカ』によれば、セルヒオ・ラモスは鼻骨を骨折。全治3カ月を要する見込みのようだが、手術を避け、今後も試合に出続ける可能性があるという。 ▽レアル・マドリーは21日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループスH第5節でアポエルとアウェイで対戦する。 2017.11.19 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネ、アトレティコの“哲学”を強調「働いて、働いて、働いて、その次にタレントがある」

18日のリーガエスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのレアル・マドリー戦をゴールレスドローで終えた。ディエゴ・シメオネ監督は、ドローにもある程度の手応えをつかんだようだ。<br><br>今季、不調が騒がれているアトレティコ。しかしこの試合では前半を主として、持ち前の堅守速攻の効果を発揮させていた。試合後会見に出席したシメオネ監督は、前半最初の25分間にチームの本質を見せられたかと問われ、「ああ」と一言返答。そしてレアル・マドリーよりも自チームの方が、明確な決定機を手にしていたとの考えを述べた。<br><br>「25分から30分までの間に、アトレティコというチームがどういうものなのかを目にできた。とても良かったと思う。その後、彼らが左サイドから押し込んできたがね」<br><br>「後半はダービーの典型的な展開となり、どちらが勝ってもおかしくなかった。ただ、より明確な決定機はコレアとガメイロのものだったはずだ。終盤、マドリーは全方面から彼らのフットボールを展開したが、私たちはチームとして良い働きを見せた。足りなかったのは、守備から攻撃へのトランジションだけだった」<br><br>シメオネ監督はまた、バルセロナ移籍報道や怠惰なパフォーマンスを見せたことにより、FWアントワーヌ・グリーズマンが交代時にブーイングを受けていたと言われ、次のように返答している(注:ブーイングはグリーズマンではなく、同じ時間に選手交代を敢行したレアル・マドリーの選手に向けられた可能性もある)。<br><br>「私は家族を死んでも守り抜く。50歳になっても考えは変わらない。私が言うことを理解してほしい。私の家族である人間は、家族である限りは死ぬ気で守る。彼は私の家族だ」<br><br>家族の人間を叱る必要もあるとの見解には、こう返した。<br><br>「家族の問題は家庭内で解決する。公ではなくね」<br><br>今季、ゴール欠乏症に陥っているとされるアトレティコだが、シメオネ監督も決定力を欠いていることは認めている様子。だが、この試合の前半に見せたパフォーマンスを継続できれば、その問題も解決できると考えているようだ。アトレティコ・マドリーの&ldquo;哲学&rdquo;を説いている。<br><br>「確かにゴールは必要であり、それを切望する気持ちがある。コレアとガメイロはとても良かったが、あと一歩のところで決まらず、ヴァランがゴールラインでクリアしたシュートもあった。しかし私は最初の30分間のプレーを心に残している。そう、私たちは働いて、働いて、働いて、その次にタレントを生かすチームなんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 13:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、首位バルセロナと勝ち点10差も「逆転は可能。バルサも絶対に勝ち点を落とすはず」

18日のリーガエスパニョーラ第12節、レアル・マドリーは敵地ワンダ・メトロポリターノでのアトレティコ・マドリー戦をスコアレスドローで終えた。これで首位バルセロナとの勝ち点差は10に広がったが、ジネディーヌ・ジダン監督は逆転優勝が可能との見解を示している。<br><br>リーガの歴史に置いて、第12節終了時点で首位に勝ち点10差をつけられたチームが逆転優勝を果たした事例は存在しない。だが、試合後に会見に出席したジダン監督は、その奇跡的所業も可能との考えを口にしている。<br><br>「ああ、逆転可能だよ。バルサも絶対に勝ち点を落とすはずだ。私たちは自分たちの仕事に取り組む以外ない。勝ち点10差は確かに大きいが、流れは変わるはずだ。絶対に差を縮めることができる」<br><br>試合自体については、次のように振り返っている。<br><br>「私たちが披露したパフォーマンスは素晴らしく、もう少し良い結果に値したはずだ。今日は良いプレーを見せられたし、私たちにとってはそれこそが重要なことだ。選手たちを責めることはできない。もっとよい結果に値したが、そうはならなかった。いずれにしろ、冷静であるべきだ。私たちは良い道を進んでいる」<br><br>またゴールが決まらない理由を問われると、こう返した。<br><br>「ゴールが決まらない理由? これがフットボールということだ。私からすべてを説明することなど不可能だ。しかし、絶対に決まるようになると確信している。フットボールは変わりやすいものなんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 11:16 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:アトレティコ・マドリー 0-0 レアル・マドリー《リーガエスパニョーラ》

▽18日にリーガエスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリーvsレアル・マドリーの“マドリッド・ダービー"がワンダ・メトロポリターノで行われ、ゴールレスドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_47_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 6.5 数回好セーブで無失点に貢献 DF 20 フアンフラン 6.0 粘り強くC・ロナウドに対応。カウンターを受ける際にもカバーの意識が高かった 2 ゴディン 5.5 鋭い読みでマドリ―の攻撃の芽を摘む 15 サビッチ 5.5 バランスを取りながらののチャレンジ&カバーを見せた 19 リュカ 6.5 立ち上がりから高い位置を狙ってカルバハルをけん制。後半はマドリ―の決定機に対して2つのブロックで失点を防いだ MF 11 コレア 6.0 ボールを持てば積極的な仕掛けを見せてが開始早々のチャンスは決めたかった (→ガメイロ -) 14 ガビ 5.5 球際で激しさを見せ、前半には惜しいミドルシュートを放った 6 コケ 6.0 豊富な運動量で攻守に顔を出す 5 トーマス 5.5 守備意識高くマドリ―の中盤を監視 (→カラスコ 5.0) 途中出場ながら後方に重心を置くチームに合わせてプレー 8 サウール 5.0 やや動きが重く目立ったプレーはなかった FW 7 グリーズマン 5.0 序盤はボールを引き出す動きを見せたが徐々に存在感が消えていく (→トーレス -) 監督 シメオネ 5.5 積極交代策を見せたが、選手は笛吹けど踊らず ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_47_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 キコ・カシージャ - 枠内シュートがなく評価なし DF 2 カルバハル 6.0 押し込まれる場面が多かったが崩れることはなかった 5 ヴァラン 5.5 開始早々に危ない対応からピンチを招く 4 セルヒオ・ラモス 5.5 前半に鼻を負傷しハーフタイムで交代 (→ナチョ 5.5) 突然の出場にもすんなり対応 12 マルセロ 5.5 遅攻時には高い位置を取って攻撃に幅をもたらせた MF 14 カゼミロ 6.0 巧みなカバーリング能力でバックラインの負担を軽減 10 モドリッチ 5.0 代表戦の影響からか前半は目立たず、後半は持ち直した 8 クロース 6.0 要所で光るパスを配給 22 イスコ 6.5 ポジションにとらわれずプレーしボールを持つと違いを見せた FW 7 C・ロナウド 5.0 セットプレー以外で目立った活躍はなし 9 ベンゼマ 5.5 動き出しとポジショニングで攻撃に起点に (→アセンシオ -) 監督 ジダン 5.5 アウェイでのドローは評価できるが、バルサ追走を考えると痛い結果 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! リュカ(アトレティコ) ▽前半は積極的な攻撃姿勢を見せ、押し込まれる後半は2度のシュートブロックで失点を防いだ。 アトレティコ・マドリー 0-0 レアル・マドリー 2017.11.19 06:42 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリッドダービーは両者譲らずゴールレスドロー…バルサとの勝ち点差は10に拡大《リーガエスパニョーラ》

▽18日にリーガエスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリーvsレアル・マドリーの“マドリッド・ダービー"がワンダ・メトロポリターノで行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽今シーズン最初のマドリッド・ダービーがワンダ・メトロポリターノで初開催された。ここまで6勝5分けと無敗の3位・アトレティコ(勝ち点23)と7勝2分け2敗で2位のマドリ―(勝ち点23)によるシックスポインター。首位のバルセロナを追いかける意味でも負けられない一戦となった。 ▽ホームのアトレティコは中盤フラットの[4-2-3-1]のフォーメーションを採用。ゴールマウスを守るはオブラク。バックラインは右からフアンフラン、ゴディン、サビッチ、リュカ・エルナンデスが並び、中盤の底にはガビとトーマス、2列目にはコレア、コケ、サウールが並び、前線はグリーズマンが務めた。 ▽一方、アウェイのマドリ―は中盤ダイアの[4-4-2]を採用。負傷のケイロル・ナバスに変わってキコ・カシージャがゴールマウスを守り、バックラインはカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロが並ぶ。中盤はカゼミロをアンカーに、モドリッチとクロースがインサイドハーフを務め、トップ下にイスコ。前線はC・ロナウドとベンゼマが務めた。 ▽キックオフからアトレティコは、前線からボールを奪いにかかるハイインテンシティな戦い選択した。すると3分、ヴァランのクリアボールがコレアの下に転がりGkと一対一へ。しかしコレアのシュートはわずかに枠を外れ、開始早々の決定機を逸してしまった。 ▽15分には左サイドのサウールがボックス脇までボールを運んでグラウンダーのクロスを入れると、ニアでコケが合わせるなどアトレティコがチャンスを作っていく。19分にはゴディンとの接触プレーで倒れたベンゼマの頭に、コレアが蹴ったクリアボールが直撃。両軍入り乱れ、やや不穏な空気が流れた。 ▽迎えた32分、マドリ―が決定機を作る。低い位置でボールを受けたクロースが、C・ロナウドとのパス交換でボックス内に侵入。シュートまで持ち込んだが、ボールは枠外へと転がる。35分にはやや距離のある位置でのFKからC・ロナウドが直接狙うなど、マドリ―が徐々に攻め込んでいく。しかし37分にはクロスボールに飛び込んだセルヒオ・ラモスがクリアに入ったリュカに顔面を蹴られて負傷。鼻血を出して一度ピッチを退くも、止血後にプレーを再開した。 ▽両チームともにチャンスは作り出した前半となったがゴールレスで試合を折り返している。 ▽するとハーフタイムで、マドリ―は鼻を負傷したセルヒオ・ラモスに変わってナチョを送り出す。迎えた後半の立ち上がりはマドリ―が主導権を握る展開となると、シメオネ監督はトーマスを下げてカラスコを送り出す。 ▽しかし依然としてマドリ―が優位に試合を進めていき、アトレティコは前半に飛ばした影響からかカウンターのチャンスでも前に出る力がない。マドリ―も相手陣内でボールを持つがフィニッシュまで持ち込む回数が少なく、試合は停滞していく。 ▽78分には途中出場のトーレスのパスからボックス右のガメイロがループシュートを狙う。しかしライン上でヴァランがクリアしゴールとはならず。マドリ―も80分にマルセロが左サイドのボックス横で倒されてFKを獲得。C・ロナウドが直接狙うが、GKオブラクが横っ飛びで弾き出した。 ▽熱を帯びできた一戦は、88分にマドリ―がカウンターからチャンス。中央のマルセロから右のC・ロナウドに展開すると、ボックス内からシュート。しかしもどったリュカが決死のスライディングでブロック。試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、今季最初のダービーマッチはドロー決着となった。なお、同日に行われた試合でバルセロナは勝利したため、両チームとの勝ち点差は10ポイントに拡大した。 2017.11.19 06:40 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース