試合に影響を与えるVARが来シーズンからリーガで導入へ…LFP会長が明言2017.11.14 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、2018-19シーズンからリーガエスパニョーラでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入する以降があることを明かした。スペイン『マルカ』が報じた。▽テバス会長は、14日にスペインメディア『Europa Press』が主催する朝食会に出席。スポーツ界を含めた300名以上のゲストが集まる場で話をした。

▽その中で、今シーズンからブンデスリーガなどで導入されているVARについて言及。来シーズンから導入する予定であると明言した。

「来シーズンには、VARはラ・リーガにある。間違いない。実際に、我々は今会議で多くの話し合いをもっている。すぐに準備ができるだろう」

▽VARは、試験的に色々なリーグや大会で導入されており、先日の日本代表vsブラジル代表でも先制ゴールにつながるPKの判定が下されるなど、試合に大きな影響を及ぼすもの。来シーズンからの導入が明言されたリーガエスパニョーラだが、どのような影響が出るのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、出身地によってチケット販売を拒否…大きな論争に

バレンシアが出身場所によってチケット販売を拒否したことで、大きな論争となっている。スペイン『アス』が報じた。<br><br>問題が生じたのは、14日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部B(実質3部)のバレンシア・メスタージャ(バレンシアBチーム)対エルクレスのダービーだ。試合会場のパテルナ(収容人数3000人)のチケット販売所では身分証明が求められ、エルクレスが拠を構えるアリカンテの出身者が販売を拒否された。拒否された人数は、約80人にのぼっている。<br><br>これを受けたエルクレスのカルロス・パロディ会長は「出身地で人を差別してはならない」と表明。「バレンシアの回答を待つ」としながら、その回答が不十分である場合には法的手段に出る構えを見せている。『アス』曰く、出身地によるチケット販売の拒否はスペインのスポーツ法とバレンシアの興行場法 に違反している可能性があるとのことだ。<br><br>これに対してバレンシアは、アリカンテ出身者にチケットを販売しなかったことが「警備上」の観点による決定だったと主張している模様。またエルクレスに対してはアウェーチケットとして275枚を用意していたものの、200枚しか受け取らなかったことも強調しているという。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 23:59 Mon
twitterfacebook
thumb

シュスター氏、古巣マドリーの“パニックバイ”を危惧

▽現役時代と指揮官としてレアル・マドリーに在籍していた元ドイツ代表MFのベルント・シュスター氏が、得点力不足に悩む古巣の“パニックバイ”を危惧している。同氏がスペイン『アス』で語っている。 ▽フレン・ロペテギ新監督の下で開幕数試合は好調な滑り出しを見せたマドリーだが、直近の公式戦4試合ではいずれも無得点で3敗1分けと深刻な不振に陥っている。 ▽今夏ユベントスに旅立ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの不在を大きく感じる中、今冬の移籍市場ではトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインやインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディら大物ストライカーを含め、新たなストライカーの獲得に動くのではないかと伝えられている。 ▽だが、シュスター氏は冬の移籍市場で新たなストライカーを獲得することはリスクが高いと指摘している。 「私であれば、スターやチームを改善させてくれる誰かを獲得したいと考えたとき、冬の時期にはいかなるプレーヤーも獲得することはないと思う」 「個人的に冬の重要な時期にそういった重要なプレーヤーをクラブが放出するとは思っていない。仮に、放出に動くのならば、そのプレーヤーは何らかの問題を抱えているはずだ」 「良いリズムを持ったプレーヤー以外で1月に加入してくることは非常に難しいものだ。そもそも、20ゴールも決められるようなプレーヤーをクラブがシーズン途中に手放したいとは考えない」 「(クリスティアーノ・)ロナウドはゴールを保証してくれるだけではなかった。彼の存在によって対戦相手は少なからず戦い方を変えていた」 「また、時々リーダーの不在を感じる。とりわけ、モスクワでの試合はピッチにリーダーが1人も居なかった。それはあまりに目立っていたよ」 2018.10.15 21:28 Mon
twitterfacebook
thumb

モドリッチ「ジダンと一緒にプレーしてみたかった。僕たちは同じアイデアを共有している」

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、一緒にプレーしてみかった人物として昨季まで指導を受けたジネディーヌ・ジダン氏の名を挙げている。<br><br>バロンドールを主催するフランスのフットボールマガジン『フランス・フットボール』とのインタビューに応じたモドリッチは、史上最高の選手の一人にも数えられるジダン氏について、次のように語っている。<br><br>「ジダンのチームメートになりたかった。僕たちはフットボールをプレーすることにおいて、同じアイデアを共有しているんだ」<br><br>モドリッチは、フットボーラーとしてのジダン氏を称賛し続けてきた。ジダン氏がレアル・マドリーを率いていた頃には、同氏のことを「フットボール」そのものと形容し、「彼とはフットボールについてよく話をする。彼もそういうことを話すのが好きなんだ」とも語った。<br><br>ジダン氏は昨季限りでレアル・マドリー監督の座を辞したが、モドリッチは物寂しさも感じているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 21:24 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナに痛手…ヴェルメーレンが右ハムストリング負傷で全治6週間

▽バルセロナは15日、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが右ハムストリングの負傷で全治6週間と診断されたことを発表した。 ▽ヴェルメーレンは12日、ベルギー代表の一員としてUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2第3節のスイス代表戦に臨み、2-1で勝利。しかし、センターバックとして先発出場していたヴェルメーレンは73分にハムストリングを痛めて負傷交代していた。 ▽今回のケガによってヴェルメーレンの復帰は12月初旬となる模様だ。したがって、レアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、セビージャら上位陣と対峙するリーガエスパニョーラ数試合に加え、チャンピオンズリーグ(CL)のインテルとの連戦を欠場する見込みだ。 ▽なお、バルセロナではフランスDFサミュエル・ユムティティもケガの治療に専念しており、トップチームで起用可能な本職のセンターバックはフランス人DFクレマン・ラングレと元スペイン代表DFジェラール・ピケのみと今後の過密日程を前に苦しい台所事情を強いられる。 2018.10.15 19:32 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、6度目の欧州制覇に貢献したレジェンドのセレナ氏が逝去

▽レアル・マドリーは15日、1963年~1968年までクラブに在籍していた元スペイン代表MFのフェルナンド・セレナ氏(享年77)の逝去を発表した。 ▽1963年から5年間マドリーに在籍したセレナ氏は、在籍期間に公式戦86試合に出場し15ゴールを記録。この間に4度のリーガエスパニョーラ、1度のチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)のタイトルを獲得。その後、オサスナやエルチェを経てサン・アンドレウでキャリアを終えている。 ▽セレナ氏をエル・ブランコのレジェンドの1人にしたのが、1965-66シーズンにブリュッセルで開催されたチャンピオンズカップの決勝のパルチザン戦だった。セレナ氏は同試合でチームを逆転勝利に導く見事なロングシュートを叩き込み、2-1の逆転勝利に貢献。マドリーに6度目の欧州王者のタイトルをもたらす立役者となった。 2018.10.15 19:15 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース