試合に影響を与えるVARが来シーズンからリーガで導入へ…LFP会長が明言2017.11.14 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、2018-19シーズンからリーガエスパニョーラでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入する以降があることを明かした。スペイン『マルカ』が報じた。

▽テバス会長は、14日にスペインメディア『Europa Press』が主催する朝食会に出席。スポーツ界を含めた300名以上のゲストが集まる場で話をした。

▽その中で、今シーズンからブンデスリーガなどで導入されているVARについて言及。来シーズンから導入する予定であると明言した。

「来シーズンには、VARはラ・リーガにある。間違いない。実際に、我々は今会議で多くの話し合いをもっている。すぐに準備ができるだろう」

▽VARは、試験的に色々なリーグや大会で導入されており、先日の日本代表vsブラジル代表でも先制ゴールにつながるPKの判定が下されるなど、試合に大きな影響を及ぼすもの。来シーズンからの導入が明言されたリーガエスパニョーラだが、どのような影響が出るのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

「これからが楽しみや!! 俺も頑張らな!!」エイバル乾貴士、井手口陽介のスペインデビュー戦を観戦

▽エイバルに所属する日本代表MF乾貴士が、日本代表MF井手口陽介のデビュー戦を観戦したようだ。 ▽1月にガンバ大阪からリーズ・ユナイテッド(イングランド2部)へ完全移籍し、クルトゥラル・レオネサ(スペイン2部)へ期限付き移籍を果たした井手口。21日に行われたリーガエスパニューラ2部第23節のオサスナとのアウェイ戦にベンチ入りすると、79分に途中出場を果たした。試合は1-2で敗れたものの、正確なロングフィードから攻撃のリズムを作るなど一定の活躍を披露した。 ▽観戦に訪れていた乾は試合後、井手口とのツーショット写真と共に、インスタグラム(takashi.08)を更新。若きサムライのスペインデビューに刺激をようだ。※絵文字省略 「この間、ヨウスケの試合見に行って来ました(^^) デビューおめでとう」 「これからが楽しみや!! 俺も頑張らな!! 昨日は全然あかんかった。しっかり反省して次は頑張ります!!」 2018.01.24 14:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタがハムストリング負傷でラス・パルマス戦を欠場へ

▽アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、ハムストリングを負傷したようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽ジエゴ・コスタは、20日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のジローナ戦に先発で出場。しかし61分に負傷してフランス代表FWケヴィン・ガメイロとの交代を余儀なくされた。ジエゴ・コスタは23日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのセビージャ戦(1-3でアトレティコが敗戦)を欠場していた。 ▽報道によると同選手はハムストリングに違和感がある模様。10日前後の離脱となるようで、28日に行われるリーガエスパニョーラ第21節のラス・パルマス戦も欠場することが濃厚となっている。 2018.01.24 10:09 Wed
twitterfacebook
thumb

要塞サンチェス・ピスファンで完勝のセビージャがアトレティコを下し準決勝進出!《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのセビージャvsアトレティコ・マドリーが23日に行われ、3-1でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計5-3でセビージャが準決勝進出を決めた。 ▽17日に行われた1stレグをホアキン・コレア弾で逆転勝利したセビージャは、直近に行われたリーグ戦のエスパニョール戦から先発を1人変更。コルシアに代えてヘスス・ナバスを先発で起用した。 ▽一方、終盤被弾で1stレグを落としたアトレティコは、直近のジローナ戦から先発を5人変更。ジローナ戦で負傷したジエゴ・コスタやカラスコ、トーマスらに代えてガメイロやガビ、コケらを先発で起用した。 ▽試合は開始早々の26秒に動きを見せる。フランコ・バスケスのパスをボックス右付近で受けたサラビアがクロスを供給。これをファーサイドから中央に走り込んだエスクデロが右足のボレーシュートで流し込み、セビージャが先制に成功した。 ▽先制を許したアトレティコだがすぐに反撃に転じる。すると13分、ホセ・ヒメネスのロングフィードをバイタルエリア左でガメイロが落とすと、グリーズマンがワントラップから右足でシュート。これがGKセルヒオ・リコの頭上を越し、そのままゴールネットに突き刺さった。 ▽グリーズマンのゴラッソで振り出しに戻った試合は、ここから一気にヒートアップ。追いついて勢い付くアトレティコは31分、コケのパスでゴール右に侵攻したアンヘル・コレアに決定機が生まれるも、これは枠の左に大きく外した。 ▽対するセビージャは37分、サラビアのパスで右サイドを抜け出したヘスス・ナバスのクロスを中央に走り込んだフランコ・バスケスが頭で合わせたが、これはわずかにゴール右に逸れた。 ▽1-1で迎えた後半も、セビージャが開始早々にスコアを動かす。46分、ドリブルでボックス左から仕掛けたJ・コレアがボックス内でサウールに倒され、PKを獲得。このPKをバネガがゴール右隅に決め、勝ち越しに成功した。 ▽勝ち越しを許したアトレティコは52分、サウールの左クロスをボックス中央フリーのA・コレアがワントラップから右足を振り抜いたが、これは飛び出したGKセルヒオ・リコの好セーブに阻まれる。 ▽準決勝進出に3点が必要なアトレティコは、56分にトーレスを投入。さらに60分にカラスコ、64分にトーマスと立て続けにピッチに送り出した。しかし、再びスコアを動かしたのはセビージャ。 ▽79分、トーマスのパスを中盤でカットしたエンゾンジが素早く繋ぐと、フランコ・バスケスのロングスルーパスに抜け出したサラビアがボックス内まで持ち上がりシュート。ゴディンにディフレクトしたボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。要塞サンチェス・ピスファンで完勝のセビージャが、2戦合計5-3で準決勝進出を決めた。なお、セビージャはこの試合の勝利でコパ・デル・レイのホーム連勝記録を「12」に伸ばしている。 2018.01.24 07:45 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシに脱帽するホアキン「もはや彼を表現する言葉が見つからない」

ベティスMFホアキン・サンチェスが、バルセロナFWリオネル・メッシを絶賛している。<br><br>バルセロナは20日のリーガエスパニョーラ第20節でベティスに5-0と大勝した。メッシはこの試合で2得点1アシストを記録している。<br><br>終盤にはベティスの選手4人に囲まれながらドリブルで突破したメッシに、ベティスの本拠地ベニト・ビジャマリンの観衆はスタンディングオベーションで拍手喝采を浴びせた。ホアキンは敗れた後、メッシについて次のように話した。<br><br>「もはや、メッシを表現する言葉が見つからないよ。負ける可能性は常にあるわけだけど、僕たちはたった10分ですべてを台無しにしてしまった。集中力を欠けば、バルセロナのようなチームは簡単に5点くらい取ってしまう」<br><br>「僕たちの調子は良かった。でも、起こり得ることだ。バルセロナは最小限の力で試合を決めてしまう。高い位置からプレスを掛けても、彼らのようにポゼッションできなければ...。10分で片が付いてしまうよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.24 02:22 Wed
twitterfacebook
thumb

シメオネ、ジエゴ・コスタ不在を心配せず...「彼抜きで我々は2位に位置していた」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、FWジエゴ・コスタの負傷離脱を気に留めていないようだ。<br><br>ジエゴ・コスタは20日のリーガエスパニョーラ第20節ジローナ戦(1-1)で負傷交代。10日ほどの離脱が見込まれており、23日に行われるコパ・デル・レイ準々決勝第2戦セビージャ戦には出場できない。<br><br>シメオネ監督はスペイン人FWに関して、以下のように語っている。<br><br>「これまで同様、競争に身を置けるだけの選手が我々には揃っている。ジエゴ抜きで、我々はリーガで2位に位置していた。チャンピオンズリーグでは敗退することになったが、そこでも最後まで戦った」<br><br>コパ準々決勝第1戦では、セビージャがアトレティコの本拠地ワンダ・メトロポリターノで2-1と先勝している。<br><br>「コパはモチベーションを上げてくれる。我々の考えは変わっていない。難しい試合になると予想している。優勢なのはセビージャだ。だが試合が残されている限り、巻き返しを目指して我々はプレーする」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 23:50 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース