試合に影響を与えるVARが来シーズンからリーガで導入へ…LFP会長が明言2017.11.14 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、2018-19シーズンからリーガエスパニョーラでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入する以降があることを明かした。スペイン『マルカ』が報じた。

▽テバス会長は、14日にスペインメディア『Europa Press』が主催する朝食会に出席。スポーツ界を含めた300名以上のゲストが集まる場で話をした。

▽その中で、今シーズンからブンデスリーガなどで導入されているVARについて言及。来シーズンから導入する予定であると明言した。

「来シーズンには、VARはラ・リーガにある。間違いない。実際に、我々は今会議で多くの話し合いをもっている。すぐに準備ができるだろう」

▽VARは、試験的に色々なリーグや大会で導入されており、先日の日本代表vsブラジル代表でも先制ゴールにつながるPKの判定が下されるなど、試合に大きな影響を及ぼすもの。来シーズンからの導入が明言されたリーガエスパニョーラだが、どのような影響が出るのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

チャビ、カタール代表監督就任の可能性を認める「現実的な選択肢」

アル・サッドMFチャビ・エルナンデスは、現役引退後カタール代表で指揮を執ることになるかもしれない。<br><br>2022年ワールドカップ招致を成功させたカタールは、現在強化に力を注いでいる。2015年夏にバルセロナを退団したチャビはアル・サッドに移籍し、カタールで現役を続けながら同国最高育成組織アスパイア・アカデミーで指導を始めた。<br><br>チャビはカタール代表を率いる可能性について触れ、以下のように話している。<br><br>「現実的な選択肢だ。今シーズンが、おそらく僕の現役最後のシーズンになる。それから指導者ライセンスを取得する。取得後はカタールあるいはスペインで指導をするつもりだ。どうなるかは見てみよう」<br><br>「2022年にW杯出場国を率いるだけの経験が自分にあるのかは分からない。でも、そういう考えがあるのは事実だ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 23:58 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、CLで約2年ぶりのゴール...12得点中10得点がペナルティーエリア外からのミドル

21日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節アポエル戦(6-0)で得点を記録したレアル・マドリーMFルカ・モドリッチだが、CLでの得点はおよそ2年ぶりのものだった。<br><br>モドリッチはアポエル戦の23分、相手DFのクリアボールに反応してペナルティーエリア外から右足を一閃。GKゴンザレス・ナウゼット・ペレスの横っ飛びを無効化する鋭いシュートを沈め、マドリーに先制点をもたらした。<br><br>これはモドリッチにとって、公式戦で2016年9月10日オサスナ戦以来の得点となっている。CLにおいては、2015年11月25日シャフタール・ドネツク戦以来のゴールだ。<br><br>なお、モドリッチはマドリーで12得点中10得点をペナルティーエリア外からのミドルシュートで記録している。今季から背番号10を着けるクロアチア代表MFが、マドリーを決勝トーナメントに導いた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 23:42 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャのベリッソ監督が前立腺がんと診断…今後の治療は未定

▽セビージャは22日、エドゥアルド・ベリッソ監督(44)が前立腺がんを患っていることを発表した。 ▽セビージャのメディカルサービスが、ベリッソ監督が前立腺がんと診断されたことを報告。今後の検査により、どのような治療を行うかを決定するとのことだ。 ▽後任などには触れられておらず、現時点では監督に最大の支持をすることを表明。早急に復帰できることを望んでいるとの声明を発表した。 ▽今シーズンからセビージャを指揮するベリッソ監督は、ここまで7勝1分け4敗の5位につけていた。 2017.11.22 21:43 Wed
twitterfacebook
thumb

復活の狼煙を上げたベンゼマ! ご意見番リネカーも“あっぱれ”?

▽元イングランド代表で現在はイギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるギャリー・リネカー氏が、レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマへの批判的な姿勢を崩している。 ▽第12節終了時点のリーガエスパニョーラで1ゴール、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループH第4節終了まででノーゴールと“ゴールクライシス”に陥っていたベンゼマ。10月中旬ごろ、リネカー氏は自身のツイッター(@GaryLineker)で「過大評価されているのは私か? ベンゼマか? 」と投稿し、同選手に対して懐疑的な意見を投げかけていた。 ▽リネカー氏は、その後もテレビなどでベンゼマへの批判を繰り返し、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督や、元イタリア代表FWのクリスティアン・ヴィエリ氏などから反論を受けていた。数々のレジェンドからの苦言にも屈せずベンゼマに“渇”を入れ続けてきたリネカー氏だったが、先日の活躍を受けてその考えを改めたようだ。 ▽CLクループH第5節のアポエル戦に出場したベンゼマは、2ゴールを記録。これを知ったリネカー氏は、自身のツイッターを更新し、以下のようにつぶやいた。 「ベンゼマが2ゴール。彼は戻ってきた」 ▽大っぴらに称賛する内容ではないものの、ベンゼマの活躍に触れたリネカー氏。スペイン『マルカ』は、同氏が批判の償いを試みているのではないか、と推測している。 2017.11.22 15:23 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアで大活躍中のザザ、慢性的なヒザの痛みに耐えられず手術を決断へ

▽バレンシアのエースであるイタリア代表FWシモーネ・ザザはヒザの具合が思わしくないようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じている。 ▽ザザは今シーズン、バレンシアで11試合に出場し9ゴールをマークするなど、チームの2位躍進を支えている。しかし同選手は先日、ワールドカップ欧州予選プレーオフのスウェーデン代表戦に招集されながらも、ヒザの負傷によりイタリア代表を離脱した。 ▽19日に行われたリーガエスパニョーラ第12節のエスパニョール戦では、ベンチ入りを果たすも起用されず。指揮官のマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は「普通に練習できているし、体調は良く、何の問題もないからだ」とコメント。26日に控えるバルセロナとの上位対決に向けて出場できるだろうとの見方を示した。 ▽しかし『フットボール・エスパーニャ』によると、慢性的なヒザの痛みに悩まされているザザが手術を考慮していると報道。さらに現状ではバルセロナ戦でもプレーできるかわからない状態のようで、今後はザザがいつ手術に踏み切るかが1つのポイントとなるとしている 2017.11.22 11:46 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース