試合に影響を与えるVARが来シーズンからリーガで導入へ…LFP会長が明言2017.11.14 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、2018-19シーズンからリーガエスパニョーラでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入する以降があることを明かした。スペイン『マルカ』が報じた。

▽テバス会長は、14日にスペインメディア『Europa Press』が主催する朝食会に出席。スポーツ界を含めた300名以上のゲストが集まる場で話をした。

▽その中で、今シーズンからブンデスリーガなどで導入されているVARについて言及。来シーズンから導入する予定であると明言した。

「来シーズンには、VARはラ・リーガにある。間違いない。実際に、我々は今会議で多くの話し合いをもっている。すぐに準備ができるだろう」

▽VARは、試験的に色々なリーグや大会で導入されており、先日の日本代表vsブラジル代表でも先制ゴールにつながるPKの判定が下されるなど、試合に大きな影響を及ぼすもの。来シーズンからの導入が明言されたリーガエスパニョーラだが、どのような影響が出るのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

2度のPK失敗…柴崎先発ヘタフェがビジャレアルに敗戦で7試合ぶり黒星《リーガエスパニョーラ》

▽ヘタフェは25日、リーガエスパニョーラ第25節でビジャレアルとアウェイで対戦し、0-1で敗戦した。先発出場したヘタフェの柴崎は前半45分間のみの出場となった。 ▽ここまで8勝9分7敗で10位につけているヘタフェ(勝ち点33)。直近6試合で2勝4分できているヘタフェは、前節のセルタ戦から4選手を変更。カブレラ、ダミアン・スアレス、モリーナ、アマスを代えて、アントゥネス、モリネーロ、柴崎、レミを起用した。 ▽アウェイのヘタフェはいきなり出鼻をくじかれる展開になる。3分、相手にカウンターを許すと、右サイドを駆け上がったバッカのクロスをウナルに押し込まれ、早々に失点を喫してしまった。 ▽その後は拮抗した試合が続いたが35分に、ハビ・フエゴがガスパールを倒したとしてヘタフェにPKが与えられる。だがアンヘルがこのPKをGKアセンホに止められてしまい同点にできず。ヘタフェは絶好のチャンスをモノにできなかった。 ▽なかなか柴崎にボールを渡せないヘタフェ。柴崎は前半で最もボールタッチが少ないフィールドプレイヤーだったようだ。 ▽すると迎えた後半、柴崎はハーフタイムでモリーナと交代。前半だけの出場となった。だがそのモリーナがボックス内でジャウメに倒されヘタフェが2度目のPKを獲得。自らキッカーを務めたが、再びGKアセンホに止められてしまい、ここでも決めることが出来なった。 ▽なかなか主導権が握れないヘタフェは69分にレミとポルティージョを下げてアマスとメルヴェイユを同時投入する。それでもチャンスが作れないヘタフェ。79分にウナルがボックス右からシュートを打たれるもGKグアイタがセーブ。事なきを得る。 ▽以降、両チームともチャンスを作れないまま試合終了。2度のPK失敗が響いたヘタフェがビジャレアルに0-1で敗れ、リーグ7試合ぶりの黒星を喫した。 2018.02.25 21:53 Sun
twitterfacebook
thumb

PK譲ったC・ロナウドを守護神も称賛「どんな人間なのかを表している」

レアル・マドリーGKケイロル・ナバスが、ハットトリック目前の状況でPKキッカーをカリム・ベンゼマに譲ったクリスティアーノ・ロナウドの行動を称賛した。<br><br>レアルは24日、リーガ・エスパニョーラ第25節でアラベスと対戦した。3-0で迎えた89分にはPKを獲得。普段キッカーを務めるC・ロナウドが決めれば、ハットトリック達成となる場面だった。<br><br>しかし、エースは今季リーグ戦わずか3ゴールと不調に苦しむベンゼマにキッカーを譲る。そしてベンゼマはこれを確実に沈め、チームは4-0と快勝している。<br><br>試合後、レアルの守護神はエースの行動こそが今のチームに必要なことであると語った。<br><br>「クリスティアーノの行動こそが、僕たちがどんなチームなのか、そして彼自身がどんな人間なのかを表しているよ。僕たちは同じ方向を向いている。そして今まで以上に団結力を発揮しなければならないんだ」<br><br>「カリムのゴールにはとても興奮したよ。チームメイトとして一つにならなければならないからね。僕たちは、いつもお互いのために戦わなければならない。最近カリムのことが色々言われているから、他の選手達がサポートする必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.25 20:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ナスリ、1年間の出場停止へ

▽元フランス代表MFサミル・ナスリ(30)に1年間の出場停止処分が科される見通しになったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽伝えられていたところによれば、ナスリはセビージャに所属していた2016年冬に治療の一環で点滴静脈注射を受けたが、ルール範囲外のもので違反行為に触れていたようだ。WADA(世界アンチ・ドーピング機関)のルール上、6時間以内に50ml以上の静脈注射を受けることは、外科手術や入院、臨床検査のほか正当な理由以外では禁止されており、これに抵触したとみられている。 ▽報道によれば、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が最終的に処分を決定し、当初の2年から1年に軽減されたという。欧州サッカー連盟(UEFA)は月曜日にも正式に発表するものとみられている。 ▽なお、先月末にトルコ・スーパーリーグのアンタルヤシュポルとの契約を双方合意の下で解消したナスリは、現在フリーの状況。『マルカ』によればラス・パルマス移籍に近づいていたが、今回の件を受けて契約締結は不可能になったとみられている。 ▽今年6月には31歳となるナスリ。かつてアーセナルやマンチェスター・シティなどビッグクラブで輝いたテクニシャンにとって、1年間にわたって試合から離れることになれば今後のプロキャリアへの影響も小さくないだろう。 2018.02.25 15:38 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネ、中国移籍が噂される2選手について「カラスコは交渉中。トーレスは知らない」

25日のリーガエスパニョーラ第25節、アトレティコ・マドリーは敵地サンチェス・ピスフアンでのセビージャ戦に臨む。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、セビージャに敗退に追いやられたコパ・デル・レイ準々決勝とは、また異なる一戦になるとの見解を示した。<br><br>「もちろん、先の試合とはまた別物だ。コパの2ndレグでは逆転のためにゴールを奪う必要があったが、今は勝ち点を獲得するためにあそこに赴く」<br><br>「セビージャはとても良い仕事を実現している。縦に速く、中盤を支配でき、フランコ・バスケスは中盤のトランジションの起点で、ヘスス・ナバスとエスクデロはサイドを見事に守っている。彼らの良質な仕事ぶりは、その数字が物語っているよ」<br><br>シメオネ監督は一方で、中国の大連一方への移籍が噂されるMFヤニック・カラスコ、FWフェルナンド・トーレスについても言及。セビージャ戦の招集リストに含めなかったカラスコが移籍交渉中であることは認めながら、リストに含めたF・トーレスの移籍の可能性は関知していないようだ。<br><br>「あまり意見を言うことはできない。カラスコは交渉中で、フェルナンドについてはクラブから何も報告を受けていない。28日に中国の市場が閉まってから、以降にどういったことが起こり得るのかという見当をつけたい」<br><br>中国の移籍市場が2月28日まで開いていることは、快く感じていないようだ。<br><br>「中国の市場が28日に閉鎖するというのは、監督にとって良いものではない。移籍は選手本人だけでなく、代理人などその周囲の人々も関与して話し合われることであり、長い時間がかけられる。ほぼ2カ月間、選手の頭の中に移籍の可能性がちらつき続けるんだよ。市場は共通の期間を設ける方が好ましい」<br><br>シメオネ監督はまた、アトレティコの選手であっても中国移籍に傾くことについて感想を求められると、こう返した。<br><br>「選手個人の問題について首を突っ込む気はない。スポーツ面における成長ならば私は満足だし、金銭面の話ならば、それは個人の選択となる。フットボールにおいて、私が驚きを感じることは存在しない。中国移籍はすでに現実の選択肢なんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.25 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ジローナ戦6発大勝のバルセロナ、バルベルデ「すべきプレーは相手がすることに依存する」

24日のリーガエスパニョーラ第25節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのジローナ戦で6&minus;1の大勝を収めた。エルネスト・バルベルデ監督は試合後、ジローナのプレーにうまく対応できたことが、ゴールの量産につながったとの見解を示している。<br><br>スペイン『ムンド・デポルティボ』がアストゥリアス出身指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「すべきプレーは、ライバルがすることに依存しなければならない。相手が後方に下がるのならばポジショナルプレーが必要だし、逆に上がってくるならばそのプレッシングをうまくかわさなければならない。エイバルでは、プレッシングをかわすことがより困難だった」<br><br>「今日、ジローナはファーストプレーでゴールを決めたが、幸運なことにすぐさま同点に追いつけた。その後には高い位置でプレッシングを仕掛けながら攻撃して、多くの打撃を与えられたね」<br><br>またFWルイス・スアレスのゴールをアシストしたMFウスマーヌ・デンベレ、ミドルシュートを突き刺したMFフィリペ・コウチーニョにも言及している。<br><br>「彼らは私たちの助けにならなくてはいけない選手で、すでにそうしている。デンベレは器用でよりウィング的な特徴を持ち、ミドルという武器があるコウチーニョは外でも中でプレーできる。彼らには攻撃における解決法を見つけること、守備にも参加することを頼んでいる」<br><br>「今日、彼らは新たな一歩を踏んだ。デンベレが特にそうだが、試合が進むにつれて良くなっていた。現在の私たちは決定的な時期にいるし、この試合が続いていく状況で、彼らは私たちの力にならなくてはならない」<br><br>バルベルデ監督はその一方で、リーガ優勝を早い段階で決める意欲を示した。<br><br>「優勝のために急がない人間がいるのか? もちろん、私たちは急いでいるよ! ライバルとの差を維持し続けたい。彼らが勢いを落とすことはないし、私たちだって落としたくはない。今週は大事な一週間だが、良い形でスタートさせることができた。木曜(ラス・パルマス戦)、日曜(アトレティコ・マドリー戦)の試合がどうなるのか、見てみよう」<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 11:00 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース