試合に影響を与えるVARが来シーズンからリーガで導入へ…LFP会長が明言2017.11.14 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、2018-19シーズンからリーガエスパニョーラでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入する以降があることを明かした。スペイン『マルカ』が報じた。

▽テバス会長は、14日にスペインメディア『Europa Press』が主催する朝食会に出席。スポーツ界を含めた300名以上のゲストが集まる場で話をした。

▽その中で、今シーズンからブンデスリーガなどで導入されているVARについて言及。来シーズンから導入する予定であると明言した。

「来シーズンには、VARはラ・リーガにある。間違いない。実際に、我々は今会議で多くの話し合いをもっている。すぐに準備ができるだろう」

▽VARは、試験的に色々なリーグや大会で導入されており、先日の日本代表vsブラジル代表でも先制ゴールにつながるPKの判定が下されるなど、試合に大きな影響を及ぼすもの。来シーズンからの導入が明言されたリーガエスパニョーラだが、どのような影響が出るのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

チームを最重要としつつ…モドリッチ自らも夢見るバロンドール

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが自身のバロンドール受賞を自ら希望した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 ▽レアル・マドリーをチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導き、クロアチア代表として準優勝の功績を収めたロシア・ワールドカップでもMVPに輝いたモドリッチ。さらに、欧州サッカー連盟(UEFA)最優秀選手賞をも手にした今、最終候補3名にノミネートされた国際サッカー連盟(FIFA)最優秀選手賞の受賞にも期待が集まっている。 ▽そのモドリッチは、19日にホームで行われたCLグループステージ開幕節のローマ戦に出場。3-0で勝利した同試合の後半には、バロンドール受賞を推す一部サポーターからのチャントがモドリッチを包んだ。個人賞の総ナメが注目されるクロアチア人司令塔も試合後、チームを最重要としつつ、自身のバロンドール受賞を夢見た。 「称賛されて誇らしいよ。受賞できたら、なおさら嬉しいね」 「バロンドールを勝ち取りたい。でも、それを毎日考えているわけじゃなければ、固執しているわけでもないよ」 「僕にとって、最も重要なのはチームだ。チームを助けることさ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA会長はリーガ米国開催に否定的見解「世界レベルで影響及ぼす」

▽国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、ラ・リーガのアメリカ開催について否定的な見解を述べた。イギリス『BBC』が報じている。 ▽ラ・リーガは8月16日、多国籍メディアグループ『RELEVENT』と共にアメリカとカナダでのサッカーを推進する新組織「La Liga North America」立ち上げに伴い、アメリカでのリーガエスパニョーラ開催を計画していると発表していた。 ▽このことはスペイン国内外で大きな反響を呼び、未だ賛否が入り乱れている。否定的な立場に立っているのは、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長や、スペインサッカー選手協会(AFE)の集会に出席したリーガエスパニョーラ各クラブの主将陣だ。 ▽一方で、アメリカ開催試合の対象とされているバルセロナとジローナの両会長は肯定的な意見を示しており、今月11日には試合開催承認を要求。また、スペインメディア界の重鎮であるジャウメ・ロウレス氏も、国外開催を支持していた。 ▽そういった中、FIFAのインファンティーに会長はラ・リーガの計画に待ったをかけている。 「アメリカでのラ・リーガでなく、MLSの大きな試合を観戦することが好ましいと私は考える」 「フットボールでは、一般的な原則としてホームマッチはホームで行われる。外国ではないんだ」 「遵守するルールや規制がある。こういった提案はそれぞれの協会や連盟によって承認されなくてはならない。そして、FIFAもこの問題に関して意見を述べるべきだ。これ以降、少なからず世界レベルでフットボールに影響を及ぼすだろう」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「よりリラックスできているかもしれない」ベイル、ロナウド抜けたチームの現状を語る

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが、チームの現状について考えを明かした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽レアル・マドリーは今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスへ移籍。世界屈指のゴールゲッター退団で今季のタイトル獲得などについて心配の声も上がっており、15日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のビルバオ戦では、1-1の引き分けに終わり、開幕からの連勝が「3」でストップした。 ▽そんな中、ここまで公式戦5試合3ゴール3アシストを記録しているベイルは、チームの現状についてコメント。ロナウド在籍時と比べてより集団としてチームが機能していると語った。 「明確なのは、ビッグな選手がいた時とは少し異なるということだ。よりリラックスできているかもしれないね」 「1人の選手に対してというよりは、集団としてチームが機能していると思う」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「金が大切なら中国に行く」グリーズマンがアトレティコ残留の真相を明かす…そこにあるのは金ではなく、愛

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンが、同クラブに残留した理由を明かした。<br><br>昨季、バルセロナからのオファーを受けながらも、最終的にはアトレティコに残留を決断したグリーズマン。バルセロナよりもアトレティコの方が年俸が良いためとの指摘もあったが、スペイン『アス』のインタビューに応じた同選手は、金ではなく、信頼の問題であったと語っている。<br><br>「そんな理由のためじゃない。僕にとって金は最も大切なものじゃないんだ。僕は自分が最も愛されている場所に残った。ここでは愛情や情熱を感じられる。確かに、昨季最後のメトロポリターノの試合で、(バルセロナに移籍するとの報道を受けたファンから)ブーイングされたことには心を痛めた。もちろん、ファンが様々な噂を耳にしていたことは理解しているよ。ただ、僕がそれまで話をしてこなかったのは、プレーだけに集中したかったからなんだ」<br><br>「いずれにしても、金のために残ったわけでは決してない。そうであれば、僕は中国に行っているよ。あそこならさらなる金額を受け取れるはずだからね。僕はアトレティコでとても満足している。自分のことを愛し、信頼を寄せてくれる監督がここにはいるし、チームメートたちも僕のことを信じてくれる。そして僕たちの後ろには、ファンがついている。彼らから愛されていることは分かっているんだ。今季最初の試合でそれを示してくれたね」<br><br>グリーズマンの去就に関する迷い、そして決断はドキュメント番組となったが、そうした番組の制作には賛否両論が起こっている。<br><br>「新しいことだから、賛否があるのは分かっていた。でも、そうした決断がいかに難しく、重要なものであるかを示したかったんだ。それは自分の未来に対する決断であり、1年先ではなく、4~5年先のことを考えて下すものなんだよ」<br><br>またバルセロナ移籍を断る選手はそうはいないと意見されると、こう返した。<br><br>「でも、僕がくだした決断はクラブ、チョロ(シメオネ監督の愛称)、チームメートたちに威厳を与えるものでもある&hellip;&hellip;。僕はチョロ、クラブ、全チームメートのことを信頼している。僕は彼らの成長を助けていきたいし、彼らが僕を成長させてくれることも確信しているよ。僕たちは互いに助け合える」<br><br>ブーイングを受けた昨季最後の試合エイバル戦で、グリーズマンはFWフェルナンド・トーレスから「俺たちはお前を必要としている」と話しかけられ、ピッチ上で涙した。<br><br>「フェルナンドからは楽しむこと、落ち着くこと、何でもないこと、ここで僕が愛されていることを伝えられた。僕にとって大きな助けとなったね。ささやかな助言だったけど、でも本当に大切なことだった」<br><br>あのエイバル戦ではF・トーレスの退団セレモニーが大々的に行われた。彼のような絶対的アイドルになることを想像するかとの問いには、次のように返答している。<br><br>「想像はするけど、そうなるにはまだまだ時間がかかる。フェルナンドについては、本当に信じられないことが起こったと見るべきだ。選手に対してああしたことをするクラブなんて、ほんのわずかしか存在しない。とても美しいことだろうけど、ピッチでその権利を勝ち取らないとね」<br><br>グリーズマンはF・トーレスのように、アトレティコに対して大きな愛情を感じているようだ。<br><br>「スタジアムでファンが自分を応援し、自分の歌を歌ってくれるときに、僕は彼らの一部なんだと感じられる。それは心に届くものなんだ。それと、昨季最後の試合のようにブーイングを浴びることも、同じように心に響く。『なんだよ。自分はこのファンを愛している、このクラブを愛しているんだ』って気付かされてね」<br><br>「心が傷むのは、そこに何かがあるからにほかならない。辛い出来事だったけど、このクラブへの思いに気付かされたんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.18 00:58 Tue
twitterfacebook
thumb

故ティト・ビラノバ氏が50歳のバースデー! バルセロナがSNSに追悼動画を投稿

▽2018年9月17日は故ティト・ビラノバ氏の50歳の誕生日になるはずだった。同氏がそのフットボールキャリアにおいて多くの時間を過ごしたバルセロナが公式SNSに追悼の動画を投稿した。 ▽“ティト”の愛称で知られたフランセスク・ビラノバ・イ・バヨ氏は1984年にバルセロナのカンテラに加入。1988-89シーズンからバルセロナのリザーブチームにあたるバルセロナBに昇格したものの、トップチーム昇格はならず。その後、幾つかの国内クラブを渡り歩いた末、2002年に現役を引退した同氏は、バルセロナ時代の親友であるジョゼップ・グアルディオラ監督の誘いを受けて2008年にアシスタントコーチとしてバルセロナBに復帰。 ▽その翌年からはグアルディオラ監督と共にトップチーム昇格を果たすと、頼れる兄貴分としてバルセロナの黄金時代形成に貢献。2012年にはグアルディオラ監督の退任に伴い、バルセロナの新指揮官に就任。シーズン途中には耳下腺の悪性腫瘍再発に伴い、一時チームを離れるも就任1年目でリーガエスパニョーラ優勝に導いた。 ▽その後、容態悪化によって2013年7月に自ら監督の座から下りたビラノバ氏は2014年4月25日に45歳の若さでこの世を去ることになった。 ▽そして、バルセロナはビラノバ氏が生きていれば、ちょうど50歳の節目を迎えるはずだった17日に「ティト・ビラノバが生きていれば50歳になるはずでした。私たちはいつでもあなたのことを覚えています」というコメントと共に追悼の動画を投稿した。 ◆ティトは永遠にブラウグラナと共に… https://twitter.com/FCBarcelona/status/1041582760803160064 2018.09.17 19:37 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース