試合に影響を与えるVARが来シーズンからリーガで導入へ…LFP会長が明言2017.11.14 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、2018-19シーズンからリーガエスパニョーラでVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入する以降があることを明かした。スペイン『マルカ』が報じた。▽テバス会長は、14日にスペインメディア『Europa Press』が主催する朝食会に出席。スポーツ界を含めた300名以上のゲストが集まる場で話をした。

▽その中で、今シーズンからブンデスリーガなどで導入されているVARについて言及。来シーズンから導入する予定であると明言した。

「来シーズンには、VARはラ・リーガにある。間違いない。実際に、我々は今会議で多くの話し合いをもっている。すぐに準備ができるだろう」

▽VARは、試験的に色々なリーグや大会で導入されており、先日の日本代表vsブラジル代表でも先制ゴールにつながるPKの判定が下されるなど、試合に大きな影響を及ぼすもの。来シーズンからの導入が明言されたリーガエスパニョーラだが、どのような影響が出るのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

メッシがゴールデンシュー授賞式に参加! 昨季34発で2年連続5度目

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが18日、バルセロナの会場で2017-18シーズンのヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)の授賞式に参加した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽各国リーグでの得点数にUEFAリーグランクによって定められた係数をかけた値を算出し、ポイント数が最多だった選手に贈られるゴールデンシュー。欧州5大リーグの選手には1得点につき2ポイントが与えられるが、それ以外のリーグでプレーする選手に与えられるポイントは1得点につき1.5以下となる。 ▽そして、熾烈を極めた2017-18シーズンのゴールデンシューに輝いたのは、リーガエスパニョーラで34ゴールを記録したメッシ。昨年の37ゴールには及ばなかったものの、通算68ポイントで2年連続5度目の受賞となった。 ▽バルセロナの会場で行われた授賞式にはジョゼップ・マリア・バルトメウ会長を始めとしたクラブ幹部に加え、チームメートのMFセルヒオ・ブスケッツ、MFセルジ・ロベルトが出席。さらに、レオ・メッシ財団、バルセロナ財団が支援する地元で小児ガンの治療を受けている5人の子供たちも出席した。 ▽なお、メッシは通算6度目の受賞を目指す今季ここまでに14ゴールを記録しており、ランキング上位に位置している。メッシのこれまでの受賞年度と得点数は以下の通り。 ◆メッシ5度のゴールデンシュー 2009-10 34ゴール 2011-12 50ゴール 2012-13 46ゴール 2016-17 37ゴール 2017-18 34ゴール 2018.12.19 00:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティスに痛手、左サイドの韋駄天ジュニオール・フィルポが4週間の離脱

▽ベティスは18日、DFジュニオール・フィルポが右太ももの筋損傷で全治4週間と診断されたことを発表した。 ▽フィルポは16日に行われたリーガエスパニョーラ第16節のエスパニョール戦で先発出場も、前半終了間際に右太ももを痛めて負傷交代を強いられていた。 ▽その後、精密検査の結果、右前大腿部に筋損傷が確認された。なお、離脱期間に関しては4週間程度になる模様だ。 ▽フィルポは今季の公式戦18試合に出場し3ゴール2アシストを記録。左ウイングバックのレギュラーとして活躍を続けていた。 2018.12.18 23:13 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーのパス王はクロースではなく、カゼミロ代役のM・ジョレンテ!

▽レアル・マドリーに所属するスペイン人MFマルコス・ジョレンテのパス成功率が驚異的だ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽今シーズンにアラベスから復帰したM・ジョレンテ。しかし、主戦場のアンカーではMFカゼミロが絶対的な地位を築いている。そのため、11月中旬まではリーガエスパニョーラでのプレーは第5節エスパニョーラ戦での11分間のみと出場機会には恵まれていなかった。 ▽しかし、第12節のセルタ戦でカゼミロが負傷すると、先月末に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節ローマ戦にスタメンで出場し、好パフォーマンスを披露。以降の公式戦全試合でスタメンの座を掴んでいる。 ▽M・ジョレンテは、今シーズン出場した8試合で424本のパスを供給し、401本のパスに成功。パス成功率は94.58%を記録している。試合数が違うとはいえ、これはマドリーの中盤に君臨する世界屈指のパサーMFクロースを上回り、マドリーで1番の成績だ。また、カゼミロは今シーズン17試合に出場し、988本のパスのうち、889本のパスに成功しており、成功率は89.88%となっている。 ▽ヨーロッパ王者のマドリーは12月19日、クラブワールドカップ(CWC)2018準決勝でアジア王者の鹿島アントラーズと対戦。M・ジョレンテがどのようにタクトを振るうのか、注目が集まる。 2018.12.18 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

「今年のレアル・マドリーやリーベルは倒せる」伊紙がCWCの下剋上の可能性を指摘

アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているクラブ・ワールドカップの準決勝(18日および19日)に向けて、イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』が17日、特集を組んだ。<br><br>クラブW杯には、アジア王者として日本から鹿島アントラーズが臨んでおり、19日の準決勝では欧州王者レアル・マドリーと激突する。その前日には、開催国王者アル・アインが南米王者リーベル・プレートに挑戦する。イタリア紙は、「クラブW杯観戦ガイド&hellip;野心を抱くアントラーズとアル・アインがレアル・マドリーとリーベル・プレートの前に立ちはだかる」との見出しで紹介。「スペインおよびアルゼンチンのクラブが決勝の本命だが、どちらも母国のリーグ戦で苦戦しており、開催国のクラブとともに日本の鹿島が大きな夢を見ている」と綴った。<br><br>世界中で拮抗しつつある実力サッカーのグローバル化が進んだ近年、世界各国のリーグやチーム、選手個人の能力が拮抗し始めたとイタリア紙は指摘。このため欧州および南米の王者と、大会に参戦した他クラブとの差は小さくなっていると分析する。さらに今年に限って言えば、チャンピオンズリーグ(CL)覇者のレアル、先週行われたばかりのリベルタドーレス覇者のリーベルは、鹿島やアル・アインにとって「肩を並べ、捕まえることは可能であり、倒せる」はずだと下剋上の可能性を強調し、その理由を挙げている。<br><br>レアルについては、「脱C・ロナウド」により「真のエースストライカーがおらず」、リーガ・エスパニョーラやCLにおいて「真っ暗闇の危機に瀕している」と論じる。CLで3連覇を果たしたチームはもはや、「遠い親戚のように見える」と続けた。一方、リーベルについては、ボカ・ジュニオルスとのリベルタドーレス決勝が度々延期され、ピッチ内外で物議を醸したことに加え、リーグ戦では首位から17ポイントもの大差がついていることを不安視した。「守備陣は良いチームだが、虹色の世界タイトルを獲得するのに相応しいチームではない」と主張。「だからこそダークホースの2チームが手を合わせて喜び、それぞれ戦術を練っていることだろう」と指摘した。<br><br>ホームのアル・アインについては、「外国からやって来た野心的な&ldquo;ミニ・スター&rdquo;」がいるチームだと紹介し、<br><br>ブラジル人MFのカイオや元日本代表DF塩谷司を例に挙げた。一方、鹿島については、「敏捷なセンターフォワードであるセルジーニョや毒を持ったセカンドトップを務める日本人ドイ(土居聖真)を擁する」などと紹介した。<br><br>それでもイタリア紙は、決勝の組み合わせの有力候補がレアル対リーベルだと結論付けてはいるが、0-3でレアルが敗北したエイバル戦を例に挙げ、「集中力を欠いただけで&hellip;」と指摘。「どんな予想も確実なものはない」として、「サプライズの決勝を好むファンのためのショー」になるはずだと期待を寄せている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 13:29 Tue
twitterfacebook
thumb

CWCレアル戦前に西メディアが鹿島を警戒…注目する選手とは?「初戦で印象を残した」

クラブ・ワールドカップは19日に準決勝が行われ、鹿島アントラーズとレアル・マドリーが激突する。この一戦を前に、スペイン紙『マルカ』がアジア王者を警戒している。<br><br>アジア王者としてクラブW杯に臨んでいる鹿島。準々決勝では、北中米カリブ海王者グアダラハラ相手に逆転勝利を収め、準決勝では欧州王者レアルと2年ぶりに再戦することが決まった。<br><br>大一番が近づく中、『マルカ』は鹿島のレポートを掲載。「カシマはレアル・マドリー戦を前に何一つヒントを残さない」と題し、初戦で途中出場から1ゴールを挙げた安部裕葵に注目している。<br><br>「カシマは対戦前に何かヒントを与えたくないということで、練習の公開を15分のみにした。大岩剛監督は、スタメン選びに疑念を抱いている」<br><br>「いくつかの日本のメディアは、10代の安部裕葵にチャンスを与えるとしている。彼はチーバス戦で長期離脱明けのレアンドロと交代で出場すると、印象を残す活躍を見せた。また、シャルケなどで経験豊富な内田篤人にも疑いがあるが、カシマは手の内を見せない」<br><br>そして、2年前の対戦に言及しつつ、警戒心を強めている。<br><br>「なぜなら、彼らには2年前日本での決勝で延長戦の末に敗れたため、強い決意がある。今回はゲストとしてではなく、アジア王者として参戦した。アジアのチームとして(クラブW杯で)決勝に進出した唯一のチームだが、それには満足していない。より多くを望んでいる」<br><br>前回の対戦では、延長戦の末に2-4で敗れた鹿島。今回のリベンジマッチでは、欧州王者相手にサプライズを起こせるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 08:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース