愛されポグバ、多彩過ぎるハンドシェイクが話題…グリーズマンは特別待遇2017.11.14 20:56 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽負傷離脱中のマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバがフランス代表の激励に訪れた様子が話題だ。

▽ユナイテッド復帰2シーズン目のポグバは、今シーズン開幕から印象的な活躍を披露。しかし、9月12日に行われたチャンピオンズリーグ・グループA第1節のバーゼル戦でハムストリングを負傷し、現在は離脱している。

▽復帰間近とみられるポグバは、代表ウィーク中にサプライズで10日に行われたウェールズ代表戦後にフランス代表のロッカールームを訪問。久々の同胞との再会を果たした。その様子をフランス代表の公式ツイッター(@equipedefrance)が動画で紹介している。

▽ポグバの“歓迎されぶり”が顕著な動画だが、話題となっているのはハンドシェイク(握手)。動画ではDFサミュエル・ユムティティやDFラファエル・ヴァラン、FWアレクサンダル・ラカゼット、MFフロリアン・トヴァン、FWアントニー・マルシャル、DFローラン・コシエルニーらと挨拶しているが、全員異なる方法でハンドシェイクしているのだ。

▽最後には、特に仲がいいとされるFWアントワーヌ・グリーズマンと挨拶。グリーズマンとはハンドシェイクではなく、まるで久しぶり遭った遠距離恋愛中の恋人のように熱い抱擁を交わした。

▽多彩なハンドシェイクを見せたポグバ。早く復帰してピッチ上でも再び多彩なプレーを見せてもらいたいものだ。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーの本気! カンテにクラブ史最高サラリー+5年契約準備

▽チェルシーが、所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)に対し、クラブ史上最高の待遇を用意しているようだ。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽奇跡のプレミアリーグ優勝を成し遂げたレスター・シティから2016年夏に移籍して以来、チェルシーでの立場を不動なものとしているカンテ。そのパフォーマンスには常にビッグクラブが目を光らせており、『イブニング・スタンダード』もパリ・サンジェルマン(PSG)やマンチェスター・ユナイテッドからの関心を伝えている。 ▽カンテの売却に全く興味を示さないチェルシーは、2021年6月まで残す契約の強化を画策。現行でもクラブ最高峰である15万ポンド(約2200万円)の週給をクラブ史上最高額の29万ポンド(約4200万円)に激増させた、5年契約の締結に近付いているという。 ▽また、チェルシーはレアル・マドリー移籍が囁かれるベルギー代表MFエデン・アザール(27)との契約更新にも動いている模様。未だ具体的な段階ではないものの、カンテを超えるサラリーを準備しているとのことだ。 2018.11.21 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ジルーのPK弾でフランスがウルグアイに辛勝!ムバッペが負傷交代《国際親善試合》

▽国際親善試合のフランス代表vsウルグアイ代表が20日に行われ、1-0でフランスが勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップで準々決勝で激突した両者。王者となったフランスは、今回は[4-2-3-1]の布陣で、ボランチにエンドンベレとカンテを並べ、2列目にムバッペ、グリーズマン、マテュイディ、ワントップにジルーを起用。 ▽一方のウルグアイは[4-4-2]。カセレスとブルーノ・メンデスのセンターバックに、中盤にはヴェシーノやベンタンクール、トレイラ、バルベルデが並び、2トップはスアレスとカバーニが組む陣容で臨んだ。 ▽互角の攻防を見せる両チーム。15分に、フランスは自陣からのロングボールを起点に、グリーズマンのスルーパスを受けたムバッペがボックス右に侵入しゴールを狙うが、シュートは枠の左に逸れた。 ▽さらにフランスは18分にビッグチャンスを迎える。敵陣中央右サイドからのFKの場面でマテュイディがゴール正面で収め、振り向きざまにシュートを放つ。枠は捉えていたもののゴール前でヴェシーノに当たり枠を外れてしまった。 ▽徐々にゴールが近くなってきたフランスは30分、マテュイディの糸を引くようなスルーパスに反応したムバッペがオフサイドラインギリギリで抜け出しGKと一対一になるも、一瞬飛び出しが早かったGKにボールを奪われシュートを打たせてもらえなかった。 ▽さらに、このプレーでムバッペが右肩を負傷する事態に。GKを躱しきれず倒れた際に右肩から着地。地面と体に挟まれるように衝撃を受け続行不可能となり、トヴァンとの交代でピッチを退いた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、52分にフランスが試合を動かした。右サイドのクロスを起点に、ファーサイドにいたF・メンディの折り返しをグリーズマンがシュート。するとこれがブルーノ・メンデスの腕に当たり、フランスにPKが与えられる。これをジルーが沈めて先制に成功した。 ▽その後は互いに交代選手を投入するが、大勢は変わらず膠着した時間が続く。試合終盤に、自陣の左サイドで相手に囲まれながらもマルセイユ・ルーレットで巧みに躱すF・メンディや、その直後にラミがバックヒールでGKに戻すなど余裕が出てきたフランス。 ▽それに対しウルグアイは84分に、右サイドに流れたカバーニの左足クロスに途中出場のホナタン・ロドリゲスがゴール前に飛び出すも、シュートは空振り。頭を抱えてしまった。 ▽後半アディショナルタイムには、ウルグアイはヴェシーノがボックス手前からシュートを放ったがGKの正面。その後まもなく試合終了の笛が鳴り決着。1-0でフランスが勝利した。 2018.11.21 06:55 Wed
twitterfacebook
thumb

モロッコがグエンドウジの招集を検討も…「A代表が夢」

▽モロッコ代表は、アーセナルのU-21フランス代表MFマテオ・グエンドウジ(19)の招集を試みたが、断られたようだ。イギリス『Four Four Two』が報じた。 ▽グエンドウジはパリ・サンジェルマンの下部組織でもプレーした経験を持ち、その後にロリアンの下部組織へと移籍。2016-17シーズンにトップチームへ昇格すると、2シーズンでアーセナルへと加入した。 ▽ウナイ・エメリ監督は開幕から先発でグエンドウジを起用し、ここまで途中出場を含めて9試合に出場。プレミアリーグにも馴染み始めている。 ▽モロッコにもルーツを持つグエンドウジだが、世代別のフランス代表を経験。モロッコ側はA代表に招集することを希望したようだが、U-21スペイン代表戦後にフランス『カナル・プリュス』でグエンドウジがコメント。フランス代表としてプレーすることが夢だと語った。 「僕は若い頃から、常にフランス代表としてプレーしてきた。フランスのA代表でプレーすることは夢なんだ」 「そして、僕はそこに行くことを望んでいる。それが起こるようにしたいよ」 2018.11.20 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

問題児デンベレの遅刻理由、TVゲーム没頭による寝坊か

▽スペイン『アス』がバルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレの遅刻理由を報じた。 ▽デンベレは11日に行われたリーガエスパニョーラ第12節のベティス戦でメンバー外に。エルネスト・バルベルデ監督は招集外の理由を濁したが、8日のトレーニングを連絡なく遅刻したことが原因とみられる。 ▽そんなデンベレはバルセロナに対して、遅刻理由として胃の不調を訴えた模様。だが、それもデタラメであり、真の理由は練習前日に友人たちと夜遅くまでテレビゲームに没頭したことによる寝坊だという。 ▽才能は一級品だが、素行の悪さが物議を醸すデンベレ。フランス代表のディディエ・デシャン監督からも遅刻癖を指摘されるなど問題児ぶりを露呈してしまってるが、改心することはできるのだろうか。 2018.11.19 08:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、フランス人のバロンドール受賞を願う

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペがバロンドールの行方に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ここ10年間、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナでプレーするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの独占状態が続くバロンドール。だが、今年は両者による2強時代の終焉を予想する見方も少なくなく、新たな受賞者誕生に期待が集まっているところだ。 ▽バロンドールを主催する『フランス・フットボール』は10月8日、候補者30名を公表。レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチや、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールら錚々たる面々がランクインした。 ▽その候補の1人に選ばれたムバッペ。バロンドール争いに関して次のように語り、自身が受賞できずとも、ロシア・ワールドカップを制覇したフランス代表のチームメイトからの選出を希望した。 「今年は良い候補者がたくさんいるね。しかも受賞に相応しい選手ばかりさ」 「でも、フランス人の受賞を願うよ。僕らの冒険に対するご褒美としてね」 2018.11.19 08:35 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース