愛されポグバ、多彩過ぎるハンドシェイクが話題…グリーズマンは特別待遇2017.11.14 20:56 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽負傷離脱中のマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバがフランス代表の激励に訪れた様子が話題だ。

▽ユナイテッド復帰2シーズン目のポグバは、今シーズン開幕から印象的な活躍を披露。しかし、9月12日に行われたチャンピオンズリーグ・グループA第1節のバーゼル戦でハムストリングを負傷し、現在は離脱している。

▽復帰間近とみられるポグバは、代表ウィーク中にサプライズで10日に行われたウェールズ代表戦後にフランス代表のロッカールームを訪問。久々の同胞との再会を果たした。その様子をフランス代表の公式ツイッター(@equipedefrance)が動画で紹介している。

▽ポグバの“歓迎されぶり”が顕著な動画だが、話題となっているのはハンドシェイク(握手)。動画ではDFサミュエル・ユムティティやDFラファエル・ヴァラン、FWアレクサンダル・ラカゼット、MFフロリアン・トヴァン、FWアントニー・マルシャル、DFローラン・コシエルニーらと挨拶しているが、全員異なる方法でハンドシェイクしているのだ。

▽最後には、特に仲がいいとされるFWアントワーヌ・グリーズマンと挨拶。グリーズマンとはハンドシェイクではなく、まるで久しぶり遭った遠距離恋愛中の恋人のように熱い抱擁を交わした。

▽多彩なハンドシェイクを見せたポグバ。早く復帰してピッチ上でも再び多彩なプレーを見せてもらいたいものだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ポグバ退団報道再燃! バルサ&ポグバvsユナイテッドの構図に?!

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(25)は、ジョゼ・モウリーニョ監督との関係如何に関わらずバルセロナ移籍を望むようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽プレミアリーグの移籍市場閉幕まで、盛んに報じられていたポグバのバルセロナ移籍。2016-17シーズンに当時の史上最高額となった移籍金1億500万ユーロ(現在のレートで約132億円)でユベントスからユナイテッドに入団した同選手の去就には、モウリーニョ監督との軋轢が影響していることが伝えられていた。 ▽とはいえ、結局プレミアの移籍市場が閉まるまでにポグバ退団は発表されず。バルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアリエド・ブライダ氏が先日、スペイン『ラジオ・スポルティーバ』で「私たち(バルセロナ)がポグバ獲得に動くとは思えない」と発言するなど、この騒動は急激に下火になっていった。 ▽しかし、『デイリー・メール』は15日、ポグバがバルセロナ移籍を望んでいるとする記事をリリース。それによると、同選手はユナイテッドに入団したタイミングでもスペイン行きを望んでいたようで、モウリーニョ監督との亀裂が修復されたとしても移籍の意思は変わらないという。 ▽また、バルセロナとポグバの間では既に合意が得られているものの、ユナイテッドのみが反対している状況であるとも。ポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏が移籍金8950万ポンド(約126億円)の5年契約を取り付けたと囁かれる中、ユナイテッド側はスペインの移籍市場が閉幕するまで入札を拒否し続ける構えである模様だ。 ▽また、ポグバは来年1月、もしくは来夏の移籍も見据えているようで、その間にモウリーニョ監督との関係はさらに悪化していくだろう、と『デイリー・メール』は報じている。 2018.08.16 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマンにバロンドールを! シメオネが推す

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、クラブのエースが世界最高の栄誉に相応しいと賞賛している。スペイン『アス』が伝えた。 ▽昨シーズンも公式戦49試合29ゴール15アシストを記録し、アトレティコをけん引したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。6月中旬から7月中旬まで開催されたロシア・ワールドカップ(W杯)でも、全7試合4ゴール3アシストと輝かしい成績を収め、母国を優勝に導いた。 ▽8月15日に行われるUEFAスーパーカップ、レアル・マドリー戦前の記者会見に出席したシメオネ監督は、グリーズマンをバロンドールに推すとを語っている。 「バロンドールは、形作られなけらばならないと分かっている者によって決定される」 「だが、グリーズマンが有力な位置に居ることは明らかだ」 「フットボールは、誰も真実を手にしていないから素晴らしい。様々な方法で勝つことができる。ワールドカップで、私たちはまたしてもフランスの優勝を目にした。アトレティコに似た特徴を持っていたね」 「(スーパー杯に向け)重要なことは興奮と感情を持ってプレーすることだ。それで試合を決められる」 ▽アトレティコとフランス代表が似ていると語ったシメオネ監督。どちらもグリーズマンが中心的な役割を果たしていることは間違いなく、新シーズンの活躍にも目が離せない。 2018.08.15 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ラビオ、PSGとの延長拒否! バルセロナ行き加速?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)は、やはり退団に向っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽PSGとの契約が残り1年となり、バルセロナやユベントス、アーセナル、ミランなどからの関心が伝えられていたラビオ。PSGは放出を望んでおらず、契約延長を目指している。 ▽しかし、今回の報道によるとラビオ当人が契約延長を拒否した模様。選手層の厚いPSGで、シーズンを通してベンチに座るような事態を危惧したためだ。フランス『レキップ』によれば、スポーツディレクターのアンテロ・エンリケ氏が「迅速に対応する」意向を示しており、いずれかの解決が近日中に望めるかもしれない。 ▽また、ラビオが実際に退団する場合、“リスクのないクラブ”が新天地になるだろうと『マルカ』は推測。噂されていたバルセロナ行きには暗雲が立ち込めるが、『レキップ』は依然として同クラブを有力と報じている。 2018.08.13 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

1年半プレー時間ゼロ…ベン・アルファの新天地はリーガ昇格ラージョ?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)退団を発表した元フランス代表FWハテム・ベン・アルファ(31)に、ラージョ・バジェカーノ加入の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽ベン・アルファは、2016年7月にニースからPSGに入団した。すると、一昨シーズンこそ公式戦32試合4ゴール7アシストの数字を残したものの、続く昨シーズンはウナイ・エメリ前監督(現・アーセナル)との確執も囁かれ、1試合すら出場していない。 ▽また、練習でもトップチームに参加することはできず、今年3月の時点で自身のインスタグラムを通じて「PSGでの冒険は終わった」とコメント。退団を表明しており、直後にはインテルやミラン、ローマなどからの関心も囁かれていた。 ▽『マルカ』がフランス『レキップ』の情報を基に伝えたところでは、ベン・アルファはリーガ方面への移籍が濃厚とされている。中でも、3年ぶりにリーガエスパニョーラ昇格を果たしたラージョ・バジェカーノが有力とされており、フリートランスファーでの契約が可能だ。 ▽なお、ベン・アルファが最後に出場した試合は、昨年3月12日に行われた2016-17シーズンのリーグ・アン第29節ロリアン戦だ。その試合での出場時間はわずか2分間に留まっている。 2018.08.04 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

マルシャル、練習再合流も退団路線変わらず

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(22)が、練習に復帰した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督の起用法に不満を抱いているとされ、今夏の移籍が取り沙汰されてきたマルシャル。7月中旬頃には、一旦の落ち着きを見せ残留報道も飛び交っていたが、モウリーニョ監督とのある対立が原因で再び退団が濃厚との見方が強まっていた。 ▽マルシャルは、アメリカで行っているプレシーズンツアーから離脱。息子の誕生のためのフランス帰国となった。しかし、その後しばらく再合流しなかったマルシャルに対して、モウリーニョ監督は「彼はここに居るべきなのに、いない」と批判。マルシャルは、昨日の時点で「申し訳ないが、家族は何よりも大切」と反論とも取れる返答をSNS上でしており、退団の為の再合流拒否説も浮上していた。 ▽それでも3日、『マンチェスター・イブニング・ニュース』はマルシャルが再びチームに合流したと報道。またしても、マルシャルのユナイテッド残留の芽が出たかに思われた。 ▽しかしながら、依然としてモウリーニョ監督は放出を望んでおり、マルシャル本人も退団を希望。バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテング獲得のための交渉材料として考えられており、再合流から間もなく、今度は離脱ではなく出発することになりそうだ。 2018.08.03 20:50 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース