ベンゼマ証言、PSGで飼い殺し状態の“あの選手”は「メッシ級の才能」2017.11.14 20:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマがパリ・サンジェルマン(PSG)で不遇を味わうあの選手のポテンシャルをバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに匹敵するレベルと証言した。イギリス『ミラー』が報じた。

▽あの選手とは、元フランス代表MFハテム・ベン・アルファだ。ベンゼマとベン・アルファは、1987年生まれの同学年で、リヨン下部組織時代から互いを知る仲。共に若くして将来を嘱望されてきたが、ベンゼマがレアル・マドリーで一定の成功を収める傍らで、数クラブを渡り歩くベン・アルファは安定した地位確保には至っていない。

▽そのベン・アルファはニースでの活躍により、2016年夏にフランスのメガクラブであるPSG移籍のチャンスを手に。しかし、ウナイ・エメリ監督の信頼を勝ち取れず、今シーズンのここまで飼い殺し状態となっている。

▽フランス『Canal+』でインタビューに応じたベンゼマは、少年時代から知るベン・アルファの才能や現状について、次のように言及した。

「ベン・アルファの才能はメッシ級さ」

「からかっているわけじゃない。彼のPSGで置かれた状況を見ると、心が痛むよ」

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、ゲデス獲得へ会長&オーナー&CEOが団結

▽バレンシアのアニル・マーシー会長が、昨シーズンまでレンタルで加入していたポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)の買い取りに意欲を示している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽パリ・サンジェルマン(PSG)からのレンタルでバレンシアに加入したゲデスは、昨シーズンの公式戦40試合6ゴール11アシストを記録。数字以外の部分でも目を見張るパフォーマンスを披露し、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献していた。 ▽当然ながら、バレンシアはチームに完全にフィットしたゲデスの獲得を早くから画策。しかし、以前の報道によるとPSG側はゲデスに最高8000万ユーロ(約105億円)の市場価値が生じると判断しており、最終的に5000万ユーロ(約66億円)前後での獲得を狙うバレンシアからしてみれば、かなり高額だ。バレンシアとの良好な関係を崩したくないPSGは、4000万ユーロ(約53億円)から交渉の席につく考えを示しているそうだが、難航は免れないだろう。 ▽それでも、『マルカ』の17日の記事によると、マーシー会長がマテウ・アレマニーCEO、オーナーを務めるピーター・リムとトリノで会談を持ち、ゲデスをトップターゲットに据えることを確認したという。 ▽また、マーシー会長は会談直後と見られる16日に自身ツイッターアカウント(@anilmurthy1903)を更新し、「私たちは、ピーター・リムと仕事をしている。彼はどの会話、どのミーティングでも、同じようにバレンシアの未来に対する責任感を示してくれる人物だ」と投稿。資金面に影響を及ぼすリム氏と、ポジティブなすり合わせが行えたことを示唆している。 2018.07.18 14:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、アレックス・サンドロOUTでダルミアンINへ

▽ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが確実となったようだ。一方でマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)の加入が決まると、イタリア『トゥットメルカート』が報じている。 ▽ユベントスで不動の左サイドバックとして地位を築くアレックス・サンドロだが、同メディアによれば、ボーナス込みの移籍金5000万ユーロ(約65億8000万円)でユベントスはPSGと合意。アレックス・サンドロとは、年俸500万ユーロ(約6億6000万円)の5年契約で合意に達しているとのことだ。 ▽一方で2019年6月にユナイテッドとの契約が切れ、ほぼ戦力外扱いのダルミアンの移籍金は1800万ユーロ(約23億7000万円)で、年俸250万ユーロの4年契約で合意に近づいていると報じている。 2018.07.18 02:55 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、アレックス・サンドロと個人合意か

▽イタリア『トゥットスポルト』は、ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)にパリ・サンジェルマン(PSG)加入が近づいていると報じた。 ▽ユベントスで不動の左サイドバックとして地位を築くアレックス・サンドロ。マンチェスター・ユナイテッドの関心が取り沙汰される中、ユベントスとの契約延長も囁かれてきたが、パリ行きを決断した模様だ。 ▽『トゥットスポルト』がフランスのレポートをもとに伝えたところによれば、PSGは年俸450万ユーロ(約5億9000万円)+4年契約でアレックス・サンドロと既に個人合意に達したという。 ▽また、PSGはアレックス・サンドロの移籍金として4000万ユーロ(約52億6000万円)のオファーを用意。だが、同額はユベントスの要求額に達していないとみられている。 2018.07.16 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

パリっ子カンテ、“念願”のPSG移籍を視野!?

▽チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)とパリ・サンジェルマン(PSG)は相思相愛なのかもしれない。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽レスター・シティで評価を高めたカンテは2016年夏、プレミアリーグ初優勝を置き土産にチェルシー入り。まるで2人いるかのような無尽蔵のスタミナを武器に守備的MFとしてより存在感を際立たせ、フランス代表の一員としてロシア・ワールドカップでも1998年以来の優勝に貢献した。 ▽新シーズンのチェルシーでも活躍に期待が集まるカンテだが、フランスフットボール界に精通するジュリアン・ローレンス氏の証言によれば、フランスの絶対的王者PSGが目を光らせている模様。さらに、パリ育ちのカンテ自身もPSG入りに前向きだという。 ▽ローレンス氏は、カンテとPSGについて次のような見解を示している。 「高い買い物になる。だが、彼はパリっ子。いつの日かあそこに行きたいといつも思っている。今がそのタイミングだ」 「それに、彼ら(PSG)も彼のようなタイプの選手を欲しがっている。(トーマス・)トゥヘルも彼を気に入っていて、獲得を考慮している」 2018.07.16 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯最優秀若手選手ムバッペ、PSG残留を明言

▽フランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)が、パリ・サンジェルマン(PSG)残留を明言した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽2017年夏にPSGに加入したムバッペ。2017-18シーズンではクラブで10代ながら公式戦46試合21ゴール16アシストと驚異的な数字を残すと、ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出された。そして迎えたロシアW杯では6試合に先発。グループステージ第2節のペルー代表戦でフランスのW杯史上最年少ゴール(19歳6カ月)を挙げると、合計4ゴールを挙げてフランスを5大会ぶりの優勝に導いた。個人としてもヤングプレーヤー賞を受賞した。 ▽大会中にスター候補に名乗りを挙げたムバッペには、レアル・マドリーからの関心が伝えられていた中、4日に同クラブがオファー報道を公式否定。さらに今回ムバッペ自身がPSG残留を明言した。 「僕はPSGに留まるよ。彼らと僕の道を歩み続ける」 「僕のキャリアは始まったばかりだからね」 2018.07.16 14:15 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース