ベンゼマ証言、PSGで飼い殺し状態の“あの選手”は「メッシ級の才能」2017.11.14 20:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマがパリ・サンジェルマン(PSG)で不遇を味わうあの選手のポテンシャルをバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに匹敵するレベルと証言した。イギリス『ミラー』が報じた。

▽あの選手とは、元フランス代表MFハテム・ベン・アルファだ。ベンゼマとベン・アルファは、1987年生まれの同学年で、リヨン下部組織時代から互いを知る仲。共に若くして将来を嘱望されてきたが、ベンゼマがレアル・マドリーで一定の成功を収める傍らで、数クラブを渡り歩くベン・アルファは安定した地位確保には至っていない。

▽そのベン・アルファはニースでの活躍により、2016年夏にフランスのメガクラブであるPSG移籍のチャンスを手に。しかし、ウナイ・エメリ監督の信頼を勝ち取れず、今シーズンのここまで飼い殺し状態となっている。

▽フランス『Canal+』でインタビューに応じたベンゼマは、少年時代から知るベン・アルファの才能や現状について、次のように言及した。

「ベン・アルファの才能はメッシ級さ」

「からかっているわけじゃない。彼のPSGで置かれた状況を見ると、心が痛むよ」

コメント

関連ニュース

thumb

期限は間近…PSGがFFP回避に向けて必要な売却益は!?

▽ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反により制裁を受ける可能性が囁かれているパリ・サンジェルマン(PSG)は、今冬までに大きな移籍をまとめなければいけないようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽PSGは昨夏、バルセロナからブラジル代表FWネイマールを史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約300億9500万円)で獲得。さらにモナコから加入したフランス代表FWキリアン・ムバッペはレンタルでの加入となっているが、1億8000万ユーロ(約244億円)の買い取り義務が条件に盛り込まれている。 ▽大金をつぎ込んで選手補強に動いたPSGに対しては、2013年から導入されたFFPに違反していると以前から噂されていた。FFPはオーナーによる無制限の資金調達を禁止しており、クラブの損益バランスを保つ必要性がある。 ▽『レキップ』によると、PSGは2018年6月30日までに損益バランスを正常に戻す必要がある模様。その金額は7000万ユーロ(約94億9000万円)と言われており、実現させるためには今冬の移籍市場で大型の移籍を成立させなければならないようだ。 ▽なお、PSGは2014年にもFFP違反により制裁を受けている。そのため今回、FFPを回避できなければチャンピオンズリーグの出場権はく奪や高額の罰金などより強い制裁を受ける可能性があるようだ。 2018.01.24 09:19 Wed
twitterfacebook
thumb

昨年12月にアル・ジャジーラを退団したラッサナ・ディアッラがパリ・サンジェルマンに加入

▽パリ・サンジェルマンは23日、元フランス代表MFラッサナ・ディアッラ(32)の獲得を発表した。契約期間は2019年6月30日までの1年半で、背番号は19を着用する。 ▽L・ディアッラはクラブの公式サイトで「キャリアも終盤に差し掛かった最後に自分の故郷のクラブに加入できたことはとても嬉しいよ」と、生まれ故郷のクラブに加入できた喜びを語った。 ▽ル・アブールの下部組織出身のL・ディアッラは、2004年にプロデビュー。その後、チェルシーやアーセナル、レアル・マドリーなどビッグクラブを渡り歩くと、2012年9月にアンジ・マハチカラ、翌年からはロコモティフ・モスクワでプレー。 ▽2014年8月にロコモティフ・モスクワを退団しフリーになると、2015年7月にマルセイユへ加入。その後、2017年2月に退団し再びフリーとなると、7月にアル・ジャジーラへ加入。しかし、アル・ジャジーラでは、公式戦5試合の出場に留まり、2017年12月に退団していた。 2018.01.24 03:35 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG次期監督人事、“3つの条件”に合致のジダン招へいか

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は、次期監督として、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督(45)の招へいを画策しているようだ。スペイン『Diario Sport』が報じた。 ▽PSGの現指揮官は、ウナイ・エメリ監督(46)。2戦合計1-6でバルセロナに敗れた昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦での屈辱的な敗北や、リーグ・アン逸冠の悪いイメージが先行し、来シーズン以降の去就は不透明な状況だという。 ▽そこで、候補に挙がっているのがジダン監督だ。今シーズンこそリーガエスパニョーラでの大きな出遅れで批判の矢面に立たされているものの、2016年1月にレアル・マドリーのトップチームを率いて以降、2度のCL制覇を含む8冠に貢献している。 ▽伝えられるところによれば、CL制覇を悲願とするPSGはそういった欧州での実績、有力タレントのマネジメント力、そしてフランス人指導者であることを理由に、ジダン監督の招へいプランを計画しているようだ。 ▽なお、ジダン監督とレアル・マドリーの現行契約は、2020年6月までとなっている。 2018.01.23 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

クルトワの選択…レアル・マドリーor PSG移籍か、世界最高給GKとして青に染まるか

▽ベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)にレアル・マドリーとパリ・サンジェルマン(PSG)が関心を示しているようだ。ベルギー『HLN.be』が報じた。 ▽クルトワはチェルシーとの契約が来季限りとなっているが、ここまで契約延長のオファーを固辞しているとみられる。著名なベルギー人ジャーナリストであるクリストフ・テルール氏が『HLN.be』で伝えたところによれば、そのクルトワに対してレアル・マドリーとPSGが獲得を考慮しているという。 ▽レアル・マドリーに関しては、かねてからビルバオのスペイン代表GKケパ・アリサバガラの獲得が濃厚とみられていた。しかし22日、ビルバオはケパと2025年まで契約延長し、契約解除金を8000万ユーロ(約108億6400万円)に設定したと発表。これにより、レアル・マドリーは同選手狙いの考えを改め、クルトワに方向転換することを考慮しているとのことだ。ただ、ここまで具体的な提案をチェルシーに出すことはしていないという。 ▽一方のPSGもレアル・マドリーと同様に、クルトワに対する具体的な提案をしていない状況。FWネイマールを史上最高額の2億2200万ユーロで昨年の夏に引き抜いたPSGは、今シーズン終了後に現在モナコからレンタルしているFWキリアン・ムバッペを1億8000万ユーロで買い取る可能性があり、そこからクルトワも狙うとなると、ファイナンシャルフェアプレーに抵触する危険性があるため、二の足を踏んでいるという。 ▽なお、クルトワの契約延長交渉に苦戦しているチェルシーは、週給22万5000ユーロ(約3000万円)を超えるオファーを出している模様。この額はマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアを凌ぐ、GKとしては世界最高額となる給与とのことだ。 ▽クルトワの家族や子どもはマドリッドに住んでいるとのことで、レアル・マドリーから好条件のオファーが届けば理想的とみられているが、果たして今後どのような選択をするのだろうか 2018.01.23 19:44 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG戦について問われたベイル「サッカーよりゴルフばかり観るから…」

▽レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルが、来月に控えるパリ・サンジェルマン(PSG)戦に関して質問され、素直すぎる返答をした。大手『ESPN』が伝えている。 ▽ベイルは21日に行われたリーガエスパニョーラ第20節デポルティボ戦に先発出場して2ゴールを記録。チームも7-1で久々の大勝を収め、スペイン『マルカ』が“ベイルがプレーすればレアル・マドリーは飛翔する”と伝えるなど、繰り返した負傷への批判から一転、クラブ浮上に欠かせない選手としてパフォーマンスが絶賛されている。 ▽マドリーは2月14日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、PSG戦の1stレグを戦う。近年急激に力を付けている強豪との対戦に、ベイルの活躍も大いに期待されているが、本人はあまり関心を示していないようだ。 ▽デポルティボ戦後にミックスゾーンで『ESPN』からのインタビューに応じたベイルは、「ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、フランス代表FWキリアン・ムバッペを擁するPSGとのビッグゲームに関してどう思うか? 」と尋ねられ、以下のように返答した。 「サッカーは本当にあまり観ないんだよ」 「正直言って、ゴルフばかり観てるんだよね」 ▽この返答には『ESPN』も「ベイルはPSGの成長に気が付いていない」とまとめるなど、あまりにも正直すぎるコメントに面食らったようだ。 ▽ちなみに、ゴルフ好きで知られるベイルは母国で開催されるチャリティーゴルフトーナメントに幾度か出場しており、2015年には優勝を経験するなど、“ビデオ学習”の効果は表れている。 2018.01.23 15:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース