【日本代表プレビュー】注目ポイントは「プレス」、ベルギー相手にテストなるか2017.11.14 19:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は14日、国際親善試合でベルギー代表と対戦する。ブラジル代表との親善試合を10日に行った日本代表。ブラジル相手には1-3で敗れ、実力差を見せつけられたが、現在地を図っている段階。ベルギー戦もしっかりとテストを実施したいところだ。

◆FIFAランク5位、欧州最速での出場決定国
Getty Images
▽ベルギーは、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選で、最も早く出場を決めている。ギリシャやボスニア・ヘルツェゴビナ、エストニア、キプロス、ジブラルタルとグループHで同居し、9勝1分けの無敗。43得点6失点と圧倒的な強さで予選を突破した。

▽ユーロ2016では優勝候補にも挙げられ、多くの期待が寄せられたが、準々決勝でウェールズ代表相手に3-1で敗戦。タイトル獲得とはならず、ウィガンやエバートンで指揮を執っていたロベルト・マルティネス監督を招へい。コーチにはアーセナルやフランス代表で活躍したティエリ・アンリ氏を迎えた。

◆豊富なタレントも
Getty Images
▽チェルシーのMFエデン・アザールやGKティボー・クルトワ、マンチェスター・ユナイテッドのFWロメル・ルカク、マンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブライネ、トッテナムのDFヤン・ヴェルトンゲンなど、挙げればキリがないほどのタレントが揃っているベルギー。タレント揃いのチームと対戦できることは、日本にとっては非常に大きな機会となる。

▽しかし、MFラジャ・ナインゴラン(ローマ)は欠場が確定。MFエデン・アザールも欠場の可能性が報じられており、どの様なメンバーが顔を揃えるのかは気になるところだ。いずれにしても、欧州各国で主力を張る選手が揃っているだけに、レベルの高い試合を期待したい。

◆ブラジル戦に続くテストを
Getty Images
▽「はっきりとした形でトレーニングを積めたわけではない。2、3人ほど入れ替える可能性がある」と前日会見でコメントしたのはヴァイッド・ハリルホジッチ監督。ブラジル戦を受け、数名のメンバー変更を示唆した。

▽ここで大きくチームをいじることは、あまりテストにはならないだろう。ポイントとして数名を変えるのが得策であり、試合の展開によって選手起用を考えることが求められる。目指すのはベルギー戦の勝利ではなく、W杯での勝利。ベルギー戦はあくまでもテストだ。

▽とは言え、結果を残すことも重要だ。どのようなメンバーがベルギー相手に力を出せるのか。ブラジル戦では不運な形で失点し、ペースを乱されたこともある。ベルギー戦でも起こり得ることであり、W杯でも起こるかもしれない。しっかりとその場の状況に対処できるかも求められる。

★予想フォーメーション[4-3-3]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:川島永嗣
DF:酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都
MF:長澤和輝、山口蛍、井手口陽介
FW:浅野拓磨、大迫勇也、乾貴士
▽ハリルホジッチ監督の2、3人という言葉を信じれば、中盤より前を変更する可能性が高い。世界のトップクラス相手に守備の確認ができることはそう多くなく、後ろはイジらないと予想する。GKは川島永嗣、最終ラインも右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF槙野智章、DF長友佑都となるだろう。変更があるとすれば、槙野に代わり、DF昌子源が起用されるかもしれない。

▽中盤は、ヒザの状態も含め、MF長谷部誠は外れるだろう。トレーニングでも別メニューをこなしており、連戦は考えにくい。そうなれば、アンカーにMF山口蛍が入るだろう。そして、インサイドハーフの1枚はMF井手口陽介が継続して出場。そしてもう1枚は、日本代表初招集となったMF長澤和輝と予想する。ブラジル戦で見せたハイプレス、そこからの速攻を考えると、長澤を見てみたい。

▽前線の3枚も変化があると予想する。右サイドはFW久保裕也からFW浅野拓磨へ、左サイドはFW原口元気からFW乾貴士に変更すると予想。1トップはFW大迫勇也が変わらず出場するとみる。ハイプレスからの速攻、ベルギーのテクニックに対向する攻撃陣という予想だ。

◆過去対戦では負け知らずも
Getty Images
▽日本にとって、ベルギーは苦手な相手ではない。ここまで4度対戦し、成績は日本の2勝2分け。負けたことがない。

▽1999年6月が初対戦となり、0-0のドロー。2002年の日韓W杯ではグループステージで対戦し、2-2のドロー。南アフリカW杯の1年前である2009年5月に対戦した時は4-0で日本が勝利。ブラジルW杯前の2013年11月に対戦した時は、2-3で日本が勝利している。

▽W杯の前年に3大会連続で対戦しているベルギー。岡田ジャパン、ザックジャパンはそれぞれ勝利を収めているが、今とは別のチームと言える。過去最も強いと称されるベルギー相手に、過去の成績は通用しない。しかし、日本としては、そのベルギーにしっかりと勝ちたいところだ。

▽前線の豊富なタレント、そして堅実な守備。個の能力だけでなく、組織として日本は勝利を目指して戦いたい。課題は「守備の連動性」。前線だけがプレスをかけるのではなく、しっかりとチームとしてプレスのポジション、強度を揃えることができるのかどうか。「ゲームコントロール、ゲームマネジメント次第」とハリルホジッチ監督が語ったように、試合の流れを読む力も求められる。しっかりとしたテストができるのか。注目のベルギー戦は14日の28時45分キックオフを迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

最新FIFAランキング!日本代表は1つ上げ56位でアジアでは3位をキープ

▽国際サッカー連盟(FIFA)は18日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月57位の日本代表は、ランキングを1つ上げて56位となりアジア3位をキープ。アジア1位のイラン代表は2つ下げて34位、一方、2位のオーストラリア代表は2つ上げて36位に浮上した。 ▽全体での大きな変化は見られず、1位から14位までは変動なし。15位にはランキングを2つ上げたクロアチア代表が入った。また、アイスランド代表が順位を2つ上げて20位にランクイン。逆にオランダ代表はランクを1つ下げて21位に降格した。 ◆<span style="font-weight:700;">1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ドイツ(1) 2.ブラジル(2) 3.ポルトガル(3) 4.アルゼンチン(4) 5.ベルギー(5) 6.スペイン(6) 7.ポーランド(7) 8.スイス(8) 9.フランス(9) 10.チリ(10) 11.ペルー(11) 12.デンマーク(12) 13.コロンビア(13) 14.イタリア(14) 15.クロアチア(17) 16.イングランド(15) 17.メキシコ(16) 18.スウェーデン(18) 19.ウェールズ(19) 20.アイスランド(22) 21.オランダ(20) 22.ウルグアイ(21) 23.チュニジア(27) 24.セネガル(23) 25.アメリカ(24) 26.北アイルランド(25) 27.コスタリカ(26) 28.スロバキア(28) 29.オーストリア(29) 30.エジプト(31) 31.パラグアイ(30) 32.アイルランド(32) 32.スコットランド(32) 34.イラン(32) 35.ウクライナ(35) 36.オーストラリア(38) 37.セルビア(36) 38.ボスニアヘルツェゴビナ(37) 39.モロッコ(40) 40.ルーマニア(41) 41.トルコ(42) 42.ブルガリア(43) 43.コンゴ(39) 44.ブルキナファソ(44) 45.カメルーン(45) 46.モンテネグロ(46) 47.ギリシャ(47) 48.チェコ(48) 49.ボリビア(49) 50.ガーナ(50) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(34) 2.オーストラリア(36) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(56)</span> 4.韓国(59) 5.サウジアラビア(65) 6.中国(70) 7.シリア(76) 8.ウズベキスタン(77) 9.UAE(78) 10.イラク(82) 2018.01.18 21:37 Thu
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表に千葉DF杉山弾斗が追加招集《スペイン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は、スペイン遠征に臨むU-19日本代表メンバーにジェフユナイテッド千葉のDF杉山弾斗(18)を招集することを発表した。杉山は、23日から25日まで東京都内で行われるトレーニングに参加するとのことだ。 ▽東京都出身で1999年生まれの杉山は、千葉の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「代表に選出されたことを光栄に思います。いったんチームを離れてしまいますが、そのぶん何か得ることができるように活動してきたいと思います」 2018.01.18 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン遠征に臨むU-19日本代表が発表! 選手権王者の前橋育英MF飯島陸ら《スペイン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は、スペイン遠征に臨むU-19日本代表メンバーを発表した。 ▽U-19日本代表は、23日に集合し国内でトレーニングを実施。その後スペインへと渡り、現地でU-19 International Tournament "Copa del Atlantico"に出場。U-19カナリア諸島選抜、U-19チェコ代表、U-19スペイン代表と対戦する。 ▽今回のメンバーには、全国高校サッカー選手権を制した前橋育英高校のMF飯島陸や、世代別の代表に招集されている選手らを招集。今シーズンからトップチームに昇格した選手たちは、スペイン遠征には帯同せず、日本でのトレーニング後にチームへ戻ることとなる。 ◆U-19日本代表メンバー GK 1.中野小次郎(法政大学) 12.青木心(JFAアカデミー福島U18) 大迫敬介(サンフレッチェ広島) DF 2.田中康介(立命館大学) 3.中村勇太(鹿島アントラーズユース) 4.谷口栄斗(東京ヴェルディユース) 5.菅原由勢(名古屋グランパスU-18) 13.安藤智哉(愛知学院大学) 15.小林友希(ヴィッセル神戸U-18) 18.加藤慎太郎(三菱養和SCユース) 川井歩(サンフレッチェ広島) 阿部海大(ファジアーノ岡山) MF 6.喜田陽(セレッソ大阪 U-18) 7.半谷陽介(東京学芸大学) 8.福岡慎平(京都サンガF.C. U-18) 10.飯島陸(前橋育英高校) 14.上月壮一郎(京都サンガF.C. U-18) 16.関大和(流通経済大学) 17.横山塁(FC東京U-18) 19.山本理仁(東京ヴェルディユース) 20.東俊希(サンフレッチェ広島ユース) 田中陸(柏レイソル) 藤本寛也(東京ヴェルディ) 川村拓夢(サンフレッチェ広島) 杉浦文哉(名古屋グランパスU-18) FW 9.加藤拓己(山梨学院高校) 11.宮代大聖(川崎フロンターレU-18) 原大智(FC東京) 安藤瑞季(セレッソ大阪) 2018.01.17 19:48 Wed
twitterfacebook
thumb

北朝鮮を3発撃破の森保ジャパン、GS全勝で首位突破! 準々決勝でウズベキスタンと激突《AFC U-23選手権》

▽U-21日本代表は16日、AFC U-23選手権のグループB第3節でU-23北朝鮮代表と対戦し、3-1で勝利。この結果、グループBの首位突破が決定した。 ▽前回のU-23タイ代表戦を1-0で勝利して、ここまで2勝してすでにグループステージ突破を決めた森保一監督率いる日本は、1勝1分けで2位につける北朝鮮と激突した。引き分け以上で首位突破が決まる日本はタイ戦から先発メンバーを総入れ替え。GK波多野、最終ラインは右から柳、庄司、古賀、中盤の底に森島、伊藤、右に長沼、左に浦田を配置した。最前線には右から三好、小松、旗手が並んだ。 ▽試合は早い時間帯に日本がチャンスを迎える。5分、左CKがGKグァン・ジュヒョクのファンブルを誘うと、ボックス中央にこぼれたボールを三好が左足で合わせる。しかし、これは相手DFにわずかに触られてしまい、ゴール右外へと外れた。 ▽立ち上がりが経過すると北朝鮮の応戦により決定的なチャンスを作れない日本は21分、敵陣中央で伊藤がボールを奪い、そのまま左足でシュート。GKの手前でワンバウンドするシュートもGKグァン・ジュヒョクに冷静に対処される。 ▽その後も思うようにシュートまでつなげることが出来ない日本だったが、32分にセットプレーから先制に成功する。敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの伊藤が左足でクロスを供給。これがボックス中央の相手DFを越え、ゴール前右に走り込んだ柳がヒザに当ててゴールに押し込んだ。 ▽先制点を奪った日本は、徐々に巧みなパスワークからチャンスを創出。42分、右サイドでボールを持った長沼がボックス手前に持ち込み、ボックス左にラストパスを送る。これを受けた旗手が切り込んで右足を振り抜くもゴール右外へと外してしまう。それでも直後、伊藤がボックス左手前でボールを持った旗手を追い越してスルーパスを呼び込み、中央への折り返しを三好が冷静に流し込んだ。 ▽2点リードして試合を折り返した日本だが、後半の早い時間帯に北朝鮮に1点を返される。52分、右サイドからリー・フン、リ・ウンチョルと中央へつながれると、チョ・ジュソンにボックス内へのスルーパスを許す。最終ラインに抜け出したキム・ユソンに一対一を制される。 ▽このゴールで1点差に縮められた日本は浮足立ち、北朝鮮に最終ラインの背後を突かれてピンチを迎える場面が増える。それでも72分、スルーパスをブロックされた旗手が自らボールを拾いに行き、ボックス右でファールを貰ってPKを獲得。これを旗手がゴール左を狙うと、GKグァン・ジュヒョクに触られたが、左ポストに直撃し、GKグァン・ジュヒョクに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽首位通過へ大きな1点を奪った日本は、攻勢を強める北朝鮮に対して、原を投入する守備固めで対抗し、3-1で試合を終わらせた。日本はグループBの首位通過が決定。19日にグループAを2位で通過したU-23ウズベキスタン代表と対戦する。 ▽なお、グループBのもう一試合であるU-23タイ代表vsU-23パレスチナ代表は、5-1でパレスチナが勝利。この結果、北朝鮮と同勝ち点で並んだパレスチナが得失点の差で2位に食い込み、逆転でのグループステージ突破を決めている。 2018.01.16 19:09 Tue
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】アジアの成長を危惧するブルーノ監督「日本はFリーグという強いリーグがあるが、今はそれだけでは十分ではない」

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月25日、28日に行われる国際親善試合のフットサルアルゼンチン代表戦に臨むフットサル日本代表メンバーを発表した。 ▽会見に出席したブルーノ・ガルシア監督が記者からの質問に応じた。ブルーノ監督はアジア諸国のレベル向上を危惧しているようで、フットサル日本代表の活動が他国よりも少ないことを強調。アジアの頂点を目指すためにも、代表活動のボリュームに関しては改善する必要があると語った。 ――<span style="font-weight:700;">AFCアジア選手権予選からFP滝田学選手、FP加藤未渚実選手、FP逸見勝利ラファエル選手が加わったが、彼らに期待するところは</span> 「滝田のケースは、長きにわたりケガをしていて、そこからの回復段階でした。彼に関しては、私が監督になってからチームの軸に考えている選手で、調子を上げてプレーオフでも回復していることを示すパフォーマンスを見せていました。特に滝田はポジションがら、フィクソというチームの軸であり、経験値など色々な部分でチームのへそとなるポジションです」 「逸見に関しては予選では、代表チームに拘束力がある日程ではありませんでした。よって前回は招集できませんでした。加藤は日本に行きて以来、注目して見ている選手でポテンシャルが高いことを示していました。しかし滝田と同様にケガで苦しんでいて、今は回復の軌道が上向いているため招集しました」 「今回、リストを作るにあたって、頭を悩ませました。その悩みは健全なことでもあります。競争が高まって期待感がある、力がある選手の層が厚くなっていると感じています」 ――<span style="font-weight:700;">他の国に比べて準備期間が短いと言う話があったが、この準備期間でやりたいことは</span> 「これまでもやってきていますが、戦略的なプランニングは緻密に行なっています。大会の1試合目、そのあとの試合でも全力出せるようにと考えています。自分たちのスタイルを保持しながら、最善の状況で1試合目を迎えられるように。いろいろな側面から考えたプランニングを持っています。輪郭のはっきりしたプランを持っていて、それをやろうと思っています」 ――<span style="font-weight:700;">今大会の目標と、2020年を考えて今年はチームをどのレベルに持っていきたいと考えているか</span> 「自分の考えは、最初のゲームであるタジキスタン戦に勝つことです。そこから韓国、ウズベキスタン。1試合ごとを決勝のように戦う準備をしたいと思っています。2016年に起きたことを取り返すということも重要なことです。そのことと我々の取り組みは話した通りです。(決勝と3位決定戦が行われる)2月11日には17時と19時に試合がありますが、値する取り組みをして19時の試合(決勝)に臨みたいと思っています。そのためにも、その舞台に値する取り組みを続けていくことです。いろいろな乗り越えるべき要因や要素はありましたが、そこを踏まえてもこのように臨みたいと思います」 ――<span style="font-weight:700;">2年前に日本を倒したチームの監督だが当時の日本は何が足りなかったか</span> 「日本の何がまずかったとは言えないが、ベトナムは何が良くできたかと言えば、戦いには2つあり、戦術や戦略的なことと心理的なこと。戦術、戦略は、両チームともにお互いをわかった状態で戦いました。心理的な側面では、ベトナムは耐えて最後の5分間で互角の戦いをして追いついた試合でした。心理的なエネルギーとしては、その後の延長やPKまで勝ち気に臨める状況でした。ただ、それぞれだけでゲームをするわけではなく、その2つのものをフォーカスして試合は行われるものです。その部分で上回った試合でした」 ――<span style="font-weight:700;">ここまで何をポイントとして強化してきたか</span> 「最初にプラン、どういう計画、ビジョンを持っているかをダイレクターから聞いて来日しました。日本に来るときにわかったことですが、これまでは国内リーグがあって強化の土壌がある国ならば、他の国に差をつけて勝てる状況でした。日本はFリーグという強いリーグがありますが、今はそれだけでは十分ではないです。他の国の取り組みによって、そういうことが起きています。起きている現状とは、アジアのその他の国に民主化が起きているかのようなもので、表彰台に上がるように取り組んでいます。これはアジアレベルだけでなく、世界的なレベルでもブラジルやスペインだけではありません。アルゼンチン、ロシア、イランなどが表彰台に上がっています」 「まずピッチの中の取り組み、強化のボリュームの確保が必要です。2017年は活動の量が少なかったですが、2018年は増強できる計画になっています」 ――<span style="font-weight:700;">予選でGKピレス・イゴールが帰化選手の登録不備で出場できなかったが、本大会ではクリアできているか</span> 「すでに解決したと聞いています。前回起きたことは他国の協会とのやりとりで、障害があって順調には事が運ばずに出場できませんでした。しかし回復するために十分な時間がありました」 ――<span style="font-weight:700;">本大会に臨むにあたり最終的なGKの数は</span> 「2人です。スケジュール面の困難、代表選手は長いリーグを休みなく戦い、プレーオフの前にはセントラルもあって、多い選手で6試合を戦っています。FPの部分は人数を確保して臨みたいためGKは2人です。また、イランやウズベキスタンはしばらくGKは2名体制ですし、珍しくはないことです」 2018.01.16 16:34 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース