【日本代表プレビュー】注目ポイントは「プレス」、ベルギー相手にテストなるか2017.11.14 19:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は14日、国際親善試合でベルギー代表と対戦する。ブラジル代表との親善試合を10日に行った日本代表。ブラジル相手には1-3で敗れ、実力差を見せつけられたが、現在地を図っている段階。ベルギー戦もしっかりとテストを実施したいところだ。

◆FIFAランク5位、欧州最速での出場決定国
Getty Images
▽ベルギーは、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選で、最も早く出場を決めている。ギリシャやボスニア・ヘルツェゴビナ、エストニア、キプロス、ジブラルタルとグループHで同居し、9勝1分けの無敗。43得点6失点と圧倒的な強さで予選を突破した。

▽ユーロ2016では優勝候補にも挙げられ、多くの期待が寄せられたが、準々決勝でウェールズ代表相手に3-1で敗戦。タイトル獲得とはならず、ウィガンやエバートンで指揮を執っていたロベルト・マルティネス監督を招へい。コーチにはアーセナルやフランス代表で活躍したティエリ・アンリ氏を迎えた。

◆豊富なタレントも
Getty Images
▽チェルシーのMFエデン・アザールやGKティボー・クルトワ、マンチェスター・ユナイテッドのFWロメル・ルカク、マンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブライネ、トッテナムのDFヤン・ヴェルトンゲンなど、挙げればキリがないほどのタレントが揃っているベルギー。タレント揃いのチームと対戦できることは、日本にとっては非常に大きな機会となる。

▽しかし、MFラジャ・ナインゴラン(ローマ)は欠場が確定。MFエデン・アザールも欠場の可能性が報じられており、どの様なメンバーが顔を揃えるのかは気になるところだ。いずれにしても、欧州各国で主力を張る選手が揃っているだけに、レベルの高い試合を期待したい。

◆ブラジル戦に続くテストを
Getty Images
▽「はっきりとした形でトレーニングを積めたわけではない。2、3人ほど入れ替える可能性がある」と前日会見でコメントしたのはヴァイッド・ハリルホジッチ監督。ブラジル戦を受け、数名のメンバー変更を示唆した。

▽ここで大きくチームをいじることは、あまりテストにはならないだろう。ポイントとして数名を変えるのが得策であり、試合の展開によって選手起用を考えることが求められる。目指すのはベルギー戦の勝利ではなく、W杯での勝利。ベルギー戦はあくまでもテストだ。

▽とは言え、結果を残すことも重要だ。どのようなメンバーがベルギー相手に力を出せるのか。ブラジル戦では不運な形で失点し、ペースを乱されたこともある。ベルギー戦でも起こり得ることであり、W杯でも起こるかもしれない。しっかりとその場の状況に対処できるかも求められる。

★予想フォーメーション[4-3-3]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:川島永嗣
DF:酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都
MF:長澤和輝、山口蛍、井手口陽介
FW:浅野拓磨、大迫勇也、乾貴士
▽ハリルホジッチ監督の2、3人という言葉を信じれば、中盤より前を変更する可能性が高い。世界のトップクラス相手に守備の確認ができることはそう多くなく、後ろはイジらないと予想する。GKは川島永嗣、最終ラインも右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF槙野智章、DF長友佑都となるだろう。変更があるとすれば、槙野に代わり、DF昌子源が起用されるかもしれない。

▽中盤は、ヒザの状態も含め、MF長谷部誠は外れるだろう。トレーニングでも別メニューをこなしており、連戦は考えにくい。そうなれば、アンカーにMF山口蛍が入るだろう。そして、インサイドハーフの1枚はMF井手口陽介が継続して出場。そしてもう1枚は、日本代表初招集となったMF長澤和輝と予想する。ブラジル戦で見せたハイプレス、そこからの速攻を考えると、長澤を見てみたい。

▽前線の3枚も変化があると予想する。右サイドはFW久保裕也からFW浅野拓磨へ、左サイドはFW原口元気からFW乾貴士に変更すると予想。1トップはFW大迫勇也が変わらず出場するとみる。ハイプレスからの速攻、ベルギーのテクニックに対向する攻撃陣という予想だ。

◆過去対戦では負け知らずも
Getty Images
▽日本にとって、ベルギーは苦手な相手ではない。ここまで4度対戦し、成績は日本の2勝2分け。負けたことがない。

▽1999年6月が初対戦となり、0-0のドロー。2002年の日韓W杯ではグループステージで対戦し、2-2のドロー。南アフリカW杯の1年前である2009年5月に対戦した時は4-0で日本が勝利。ブラジルW杯前の2013年11月に対戦した時は、2-3で日本が勝利している。

▽W杯の前年に3大会連続で対戦しているベルギー。岡田ジャパン、ザックジャパンはそれぞれ勝利を収めているが、今とは別のチームと言える。過去最も強いと称されるベルギー相手に、過去の成績は通用しない。しかし、日本としては、そのベルギーにしっかりと勝ちたいところだ。

▽前線の豊富なタレント、そして堅実な守備。個の能力だけでなく、組織として日本は勝利を目指して戦いたい。課題は「守備の連動性」。前線だけがプレスをかけるのではなく、しっかりとチームとしてプレスのポジション、強度を揃えることができるのかどうか。「ゲームコントロール、ゲームマネジメント次第」とハリルホジッチ監督が語ったように、試合の流れを読む力も求められる。しっかりとしたテストができるのか。注目のベルギー戦は14日の28時45分キックオフを迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

“コロンビアの虎”ファルカオ、日本に敗れ落胆…「僕たちには鉤爪があったが勝利さらわれた」

19日のロシア・ワールドカップのグループH第1節、日本対コロンビアは2-1で日本の勝利に終わった。コロンビアのエースストライカーFWラダメル・ファルカオは、チームが数的不利の逆境に立ち向かったことを強調しつつ、敗戦を悔やんでいる。<br><br>同グループ突破の本命とされるコロンビアだが、この試合では序盤にDFカルロス・サンチェスがハンドによってPKを献上して退場となり、MF香川真司にこのPKを決められて先制を許した。MFキンテーロのFKで一時同点に追いついて試合を折り返したものの、後半にCKからFW大迫勇也にヘディングシュートを決められて敗戦を喫した。<br><br>エル・ティグレ(虎)の愛称で知られるファルカオは、前半に後方からの浮き球に強引に合わせるなどして、その愛称通りの迫力を披露。しかしながら後半に日本がボール保持率を高めたこともあり、徐々に存在感を薄めていった。<br><br>ファルカオは試合後、この敗戦について次のように振り返った。<br><br>「僕たちは全力を尽くした。でも、開始4分で1人少なくなれば、とても難しい試合になる。チームはあらゆることをしたけど、後半の日本は素晴らしい抵抗を見せた。コロンビアには鉤爪(転じて、迫力を意味する)があったが、彼らが勝利をさらっていたんだ。だけど、前を向かなくてはならない」<br><br>「ミスを犯してしまったが、まだ2試合が残されている。ポーランド戦では、すべてをかけてプレーしなくてはならない」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 01:39 Wed
twitterfacebook
thumb

MOMは乾貴士!英『BBC』が白星発進の日本代表を採点…コロンビアは軒並み低評価

ロシア・ワールドカップは17日にグループHの初戦が開催。コロンビアと日本の一戦は、2-1で日本が勝利した。英『BBC』は、マン・オブ・ザ・マッチに乾貴士を選出している。<br><br>ついに初戦を迎えた日本。4年前に敗れてグループ敗退に追い込まれたコロンビアに対し、序盤から積極的に入ると、6分にPKから香川真司が先制点を挙げる。その後一時同点とされたが、73分にCKから大迫勇也が勝ち越し弾。このゴールを守りきり、大事な初戦で白星を挙げた。<br><br>『BBC』は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに乾を選出。積極的な飛び出しやカットインからのシュート、守備では果敢なプレッシングで大きな貢献をしたベティスFWが、「7.59」最高の評価を得ている。<br><br>次点は、PKを決めて先制点をもたらした香川の「7.58」。以降は長友佑都、大迫勇也、本田圭佑と続いている。<br><br>一方のコロンビアでは、最高点は同点FKを決めたフアン・キンテーロの「6.25」。以降は全選手5点台と、軒並み低評価に終わった。<br><br>初戦で金星をあげた日本。この後、24日にセネガル、28日にポーランドと激突する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 00:36 Wed
twitterfacebook
thumb

コロンビアメディア、日本戦敗北に失意隠せず「ハラキリをした」「大打撃だ」

19日のロシア・ワールドカップのグループH第1節、日本対コロンビアは2-1で日本の勝利に終わった。同グループ突破の本命とされたコロンビアの敗戦を、同国メディアは信じられないといった様子で報じている。<br><br>序盤にDFカルロス・サンチェスがハンドによってPKを献上して退場となり、MF香川真司にこのPKを決められて先制されたコロンビア。MFキンテーロのFKで一時同点に追いついて試合を折り返したが、後半にCKからFW大迫勇也にヘディングシュートを決められて敗戦を喫した。<br><br>コロンビアメディアは「まさかの敗戦」といった様子で、失意を隠せない。『エル・ティエンポ』は「コロンビアにとって大打撃」との見出しで報道。また『アス・コロンビア』はC・サンチェスの退場で数的不利になったことに言及する形で「コロンビアはハラキリをした」と、自滅に近い敗戦だったの見解を示している。<br><br>一方で『エル・パイス』は「守備の不注意&hellip;&hellip;。日本が弱いコロンビアに先んじた」と辛辣な意見を記し、『ゴル・カラコル』は「コロンビアは流れに逆らったが届かなかった」と数的不利の状況を覆せなかったことを強調している。<br><br>なおコロンビアは24日にポーランド、28日にセネガルと対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 00:35 Wed
twitterfacebook
thumb

決勝アシストの本田圭佑、W杯3大会の得点関与数がすごい

▽日本代表FW本田圭佑のワールドカップ(W杯)を舞台にした得点関与数がすごい。 ▽日本代表は19日、ロシアW杯グループH第1節でコロンビア代表と対戦。ベンチスタートのFW本田圭佑は70分にMF香川真司との交代でピッチ入ると、1-1で迎えた73分に左CKからFW大迫勇也の勝ち越しゴールを演出した。 ▽『Opta(@OptaJoe)』が伝えたところによれば、これにより、本田のW杯における成績は3得点3アシスト。今大会を合わせた過去3大会におけるチームの総得点8得点に対して、6得点に関与しているという。 ▽なお、日本代表は南米の強豪コロンビア代表を相手に2-1の勝利を飾り、今大会を白星スタート。24日に行われる次戦はセネガル代表と対戦する。 ◆本田圭佑の過去W杯3大会成績 2010年:南アフリカ大会/4試合、2得点1アシスト 2014年:ブラジル大会/3試合、1得点1アシスト 2018年:ロシア大会/1試合、1アシスト 2018.06.19 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:コロンビア 1-2 日本《ロシアW杯》

▽日本代表は19日、モルドヴィア・アリーナで行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節でコロンビア代表と対戦し、2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽コロンビア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180619_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 オスピナ 6.0 PKはノーチャンス。それ以外はシュートコースの切り方など安定した出来 DF 4 S・アリアス 5.5 守備では時折数的不利の対応を強いられながらも粘り強く対応。攻撃にはなかなか出られず 23 D・サンチェス 5.0 PKの場面では大迫に入れ替わられる。それ以外の場面でもやや雰囲気に呑まれた印象 3 O・ムリージョ 6.0 ややバタ付いた最終ラインの中では最も安定 17 モジカ 5.5 原口と激しいマッチアップを繰り返す。徐々に後方からの攻め上がりで攻撃にも絡んだ MF 11 クアドラード 5.5 仕掛けの場面で一定の存在感も味方の退場の煽りを受けて30分ほどで無念の交代に (→バリオス 6.0) 自慢の機動力と運動量を生かして中盤のバランス取りに奔走 6 C・サンチェス 4.0 W杯史上2番目の速さで退場に…チームを助けたいが一心のプレーだったが、時間帯と相手との力量差を考えれば不用意だった 20 キンテーロ 6.5 前回大会に続き日本戦でゴール。得意の左足と攻撃センスを生かしてハメス・ロドリゲスの代役として十分な働きだった (→ハメス・ロドリゲス 5.0) コンディション不良の影響か、無理が効かずに見せ場は数えるほど 16 レルマ 5.5 相棒の退場という緊急事態の中でキンテーロとバリオスと共に中盤の守備で貢献 21 イスキエルド 5.5 カウンターの局面で幾度か鋭い仕掛けを披露も後半は徐々にトーンダウン (→バッカ 5.0) チームに活力を与えるようなプレーはほとんどなかった FW 9 ファルカオ 5.5 日本のセンターバック陣から徹底マークに遭った中、前線でボールを収めるプレーや抜け目ない動き出しで脅威に 監督 ペケルマン 5.0 立ち上がりの退場でゲームプランが大きく崩れる。ただ、後半の交代選手が機能せず… ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180619_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 川島永嗣 5.0 失点は壁の下を通されてのやや不運なモノだったが、ボールスピードを考えれば何とか弾き出したかった。それ以外はまずまずの安定感 DF 19 酒井宏樹 6.0 比較的守備重視のプレー。原口の献身的なサポートを受けて穴を開けず。後半は攻撃でも積極性を見せた 22 吉田麻也 6.0 相手の退場によってファルカオの対応だけに専念でき安定したプレーを続けた 3 昌子源 6.0 吉田同様に相手の攻撃に厚みが出なかったことで余裕を持った対応が目立った 5 長友佑都 6.0 序盤は相手のキーマンのクアドラードにうまく対応し、その後は数的優位を生かして積極的に攻撃に絡んだ MF 8 原口元気 6.5 鋭い縦への仕掛けと献身的なプレスバックでチームを大いに助けた 7 柴崎岳 6.5 カバーリングや安定した捌きと攻守両面で気の利いたプレーを見せた (→山口蛍 -) 10 香川真司 6.5 自ら誘発したPKをきっちり決めて今大会の日本の初ゴールを記録。アタッキングサードでのシンプルなプレーや要所で見せた鋭いプレスも機能 (→本田圭佑 6.0) 絶妙なアウトスウィングの左CKで決勝点をアシスト 17 長谷部誠 6.0 不運な形で与えたFKが失点に繋がったものの、終始冷静な対応で中盤の守備を締めた 14 乾貴士 6.0 2度の決定機を決めきれなかったが、切り替えの速さや鋭い仕掛けで十分に存在感を示す FW 15 大迫勇也 7.5 値千金の決勝点を記録。PK奪取に繋がるプレーを含め巧みなボディコントロールから相手守備陣を手玉に取る抜群の存在感を示す (→岡崎慎司 -) 監督 西野朗 6.5 立ち上がりに数的優位を得た幸運はあったが、途中投入の本田が決勝点をアシストするなどチームを勝利に導く采配。W杯で対南米勢初勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 大迫勇也(日本) ▽相手の屈強センターバック陣を手玉に取る巧さと強さを兼ね備えたポストプレーで圧倒的な存在感を示した。さらに決勝点に加えて、終盤のピンチを身を挺して防ぐなど攻守両面の貢献は絶大だった。 コロンビア 1-2 日本 【コロンビア】 キンテーロ(前39) 【日本】 香川真司(前6[PK]) 大迫勇也(後28) 2018.06.19 22:55 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース