PSG一強でしょ? クロース、リーグ・アンの競争力に疑問符2017.11.14 18:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースがリーグ・アンのレベルに持論を展開した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

▽今シーズンのリーグ・アンは、開幕から12戦無敗を続けるパリ・サンジェルマン(PSG)が4ポイント差で2位のモナコを抑えて首位。昨シーズンこそモナコの優勝で幕を閉じたリーグ・アンだが、今シーズンはここまでFWネイマールやFWキリアン・ムバッペの加入で群を抜く戦力を手にしたPSGの強さが際立つ。

▽14日に行われる国際親善試合のフランス代表戦にドイツ代表メンバーとして臨むクロースは、前日会見でPSG統制の見方が強まるリーグ・アン全体の競争力に懐疑的な見解を示した。

「フランスのリーグは、全体的に悪くはない」

「でも、最終的にどのチームが勝つのか明白だ」

「PSGに行くか、そのリーグ自体に行かないしかないよね」

「ブンデスリーガは強力なリーグで良い場所だよ」

「ブンデスリーガならオススメできる」

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月16日は、ドリブル速度世界最速!時速36.9kmで侵攻するウェールズ代表MFのバースデー

◆ガレス・ベイル 【Profile】 国籍:イギリス(ウェールズ) クラブ:レアル・マドリー 誕生日:1989年7月16日 ポジション:MF 身長:185㎝ 体重:81㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月16日は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルだ。 ▽FIFAの調査によりドリブル時の速さが時速36.9kmであり、世界最速であることが2015年に判明したベイル。幼少期から類まれな身体能力と才能を発揮していており、2005年夏にサウサンプトンと契約。翌年には16歳にしてプロデビューを飾った。争奪戦の末、2007年にはトッテナムに入団。すると、キャリア初期にはサイドバックとして起用されていたベイルはより前のポジションにコンバートされ、その稀有な攻撃能力を開花させていく。そして2012-13シーズン、プレミアリーグで得点ランク3位となる21ゴールを記録。PFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、FWA年間最優秀選手賞を受賞し、シーズン後にレアル・マドリーへの移籍が発表となった。 ▽マドリーでは、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマと共に“BBC”と呼ばれる破壊力抜群のユニットを形成。クラブの顔の1人として、欧州を代表する選手にまで上り詰めた。しかしその後、度重なるケガや若手の台頭により、出場機会が減少。2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝リバプール戦で2得点を奪いMOMに輝いたにもかかわらず、退団が取り沙汰されている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ラーシュ・ラーゲルベック(サッカー監督/ノルウェー代表) セルヒオ・ブスケッツ(サッカー選手/バルセロナ) ムサ・デンベレ(サッカー選手/トッテナム) アンドロス・タウンゼント(サッカー選手/クリスタルパレス) アマス・エンディアイエ(サッカー選手/ヘタフェ) 高橋諒(サッカー選手/湘南ベルマーレ) 小田逸稀(サッカー選手/鹿島アントラーズ) 石川啓人(サッカー選手/サガン鳥栖) 山田哲人(野球選手) 八木かなえ(ウェイトリフティング選手) 宇野実彩子(歌手/AAA) Aya(ダンサー/E-girls) 藤井夏恋(ダンサー/E-girls) ダレノガレ明美(タレント) 児嶋一哉(お笑い芸人/アンジャッシュ) 2018.07.16 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーorバイエルン、決定権はハメスにあり?

▽バイエルンに、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に付けられている買い取りオプションを行使しない可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽ジネディーヌ・ジダン体制下のマドリーで準主力に甘んじていたハメスは昨夏、当時指揮を執っていた恩師カルロ・アンチェロッティ監督の求めに応じてバイエルンへ2年間のレンタル移籍。シーズン途中のユップ・ハインケス監督就任後から徐々に調子を上げると、昨季の公式戦39試合で8ゴール14アシストときっちり結果を残している。 ▽このパフォーマンスを受けて、バイエルンが今夏の段階で4200万ユーロ(約55億1000万円)の移籍金を支払い、完全保有する意向をマドリーに伝えているとも報じられていた。 ▽しかし、昨シーズン終了後にジダン監督が退任を電撃発表。これを受け、ハメスはマドリーへの復帰を希望するようになったという。さらに、マドリー側もFWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍で生じた穴を補うため、同選手を必要としていると伝えられている。 ▽あくまで、ハメスが復帰するためには第一にバイエルンの納得が必要だ。同選手とバイエルンは2019年6月までレンタル契約を結んでおり、買い取りオプションも存在する。そのため、マドリー側が自力で達成可能な交渉ではない。 ▽それでも、マドリーとバイエルンはこれまでに友好的な関係を築いており、マドリー側は取り付く島もないという状況に陥るとは考えていないという。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOも、選手の意思こそが最重要との考えを持っており、マドリー復帰は現実的なプランとして考慮されている、と『マルカ』は伝えている。 ▽バイエルンとマドリーという屈指のビッグクラブから誘いを受けるハメスは、いずれにしても華やかな将来を自身の一存で決定することになりそうだ。 2018.07.15 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

クルトワのレアル・マドリー移籍に続報 移籍金45億、年俸14億の5年契約か

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)のレアル・マドリー移籍に関する続報だ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽以前から子供ら家族との生活を夢見て、マドリッド移住希望を口にしてきたクルトワ。参戦中だったロシア・ワールドカップ(W杯)も遂に終わり、レアル・マドリー移籍の噂が熱を帯びつつある。 ▽そのクルトワの現行契約は残り1年。伝えられるところによれば、そのチェルシー守護神に対して、レアル・マドリーは移籍金3500万ユーロ(約45億9000万円)の入札を準備している模様だ。 ▽また、『マルカ』が伝えたベルギーメディア『Het Laatste Nieuws』の情報によれば、クルトワはレアル・マドリーと年俸1100万ユーロ(約14億4000万円)の5年契約を結ぶという。 ▽なお、レアル・マドリーは今夏、クルトワと同じくチェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)の獲得にも向かっているとみられている。 2018.07.15 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

噂のクルトワにルカク砲! 「で、君はどこに行くの?」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが何かと噂の同僚GKティボー・クルトワ(26)に意地悪した。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽噂とは、クルトワを取り巻く今夏のレアル・マドリー移籍だ。以前から子供ら家族の住むマドリッドでの生活に憧れを抱く発言を口にしているクルトワを巡っては、長らくレアル・マドリー加入の噂が絶えず、ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いが終わった今、近日中の移籍成立も取り沙汰されている。 ▽そのクルトワを擁するベルギー代表は14日、ロシアW杯3位決定戦のイングランド代表戦を勝利で飾り、同国史上初の3位に。それを祝したセレモニー終了後、ルカクが自身のインスタグラム(romelulukaku)でライブ動画を配信。ピッチ上で自身の隣を歩く渦中のクルトワと次のようなやりとりを展開した。 ルカク「どこに行くんだい?」 クルトワ「家に帰るのさ。イングランドのロンドンだ」 ルカク「で、どこに行くんだい?」 クルトワ「ロンドンだ。ロンドン。ロンドン・イズ・ブルー」 2018.07.15 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド代理人「彼にとってユーベが最後のクラブ」

▽凄腕代理人として名を馳せるジョルジュ・メンデス氏が、クライアントのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)にとって、「ユベントスがキャリア最後のクラブになる」と展望した。 ▽2009年夏にマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリー入りしたC・ロナウド。そのレアル・マドリーでも数々の栄光を勝ち取ると、今夏にユベントス行きを決断した。 ▽現在33歳ながらイタリア王者ユベントスと4年間の長期契約を締結したC・ロナウド。『ESPN』によれば、ジョルジュ・メンデス氏はC・ロナウドがユベントスでキャリアに幕を閉じる推測したという。 「クリスティアーノのことを思うと、すごく嬉しいよ。彼にとって、ユベントスは最後のクラブになるだろう。彼が今回の決定を下したことを嬉しく思う。彼はこのチームで素晴らしいキャリアの最後を迎えるだろうね」 2018.07.15 14:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース