躍進バレンシアの原動力ロドリゴ「折り返しですらない」「メンタリティを継続しなければ」2017.11.14 14:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラとスペイン代表で好調をアピールしているバレンシアのFWロドリゴ・モレノが、自身のフットボールに対する考えを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽2014年夏からバレンシアでのプレーを開始したロドリゴは、1年目の2014-15シーズンに公式戦32試合4ゴール5アシストを記録。その後のシーズンも初年度と近い数字を記録し続けると、昨シーズンは公式戦21試合で7ゴール5アシストをマークしている。

▽安定した数字を残していながらも、爆発的な活躍をみせることはできていなかったロドリゴだったが、今シーズンはリーガ第11節終了時点で公式戦12試合8ゴール4アシストと大きく飛躍。クラブもバルセロナに次いでリーガ2位と、レアル・マドリー(3位)、アトレティコ・マドリー(4位)よりも上の順位につける快進撃をみせているが、「まだ折り返しですらない」と冷静な考えを語った。

「どのようなフットボールをプレーするか忘れてはいけない。僕は、今では明らかに以前よりも自信を持っている。色々なことが改善されたけど、悪いときは誰にでもあるんだ。フットボールでは、悪いときも良いときも経験するものだ」

「僕は(得点数など)そういった数字に満足している。僕たちはチームとして動くし、とても良くやっているよ。結果として、個人的な質(の高さ)がより明らかになり、クラブでの重要な変化があった」

「僕らの目的は明確で、次の試合に勝利することだ。シーズンの始まりから信じられないようなものとなっているけど、僕らはまだ折り返し地点にも達していない。このメンタリティを継続しなければね」

▽また、ロドリゴは2014年10月にスペイン代表としてデビューを飾ったものの、その後は声がかからず。今シーズンに入り10月に招集されると、ロシア・ワールドカップ欧州予選のアルバニア戦で実に3年ぶり2回目の出場を果たし、フレン・ロペテギ監督の下で初ゴールを決めた。

「僕のベストポジション? [4-4-2]のセカンドストライカーだ。その役割なら、(前線での)パートナーとポジションを入れ替えることが常に可能だ。だから、そこが最も快適だと感じるし、僕のベストなフットボールができるんだ」

「複雑だけど、フレン(・ロペテギ監督)は、大勢のプレーヤーに機会を与えている。もちろん、僕は出場したい。でも、それは負傷状況や(好不調の)状態に依存していることなんだろうね」

「僕が続けなくてはならないことは、今までも行ってきたこのポイントだ。良いプレーをしてゴールを記録する、というね」

コメント

関連ニュース

thumb

レミの移籍後初ゴールを含む2発でヘタフェがバレンシアを撃破!柴崎はベンチ入りも出場せず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第33節のバレンシアvsヘタフェが18日に行われ、1-2でヘタフェが勝利した。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、ベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽4日前に行われたバルセロナ戦で惜敗した4位バレンシア(勝ち点65)が、10位ヘタフェ(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。中3日の一戦に向けバレンシアは、前節から先発を大幅に7人変更。GKジャウメやザザ、ビエット、モントーヤらが先発に名を連ねた。 ▽試合が動いたのは16分、ヘタフェは中盤でボールを奪ったダミアン・スアレスが前線に素早くスルーパスを供給。このパスで相手DFの裏に抜け出したレミがペナルティアーク右まで持ち上がり冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制を許したバレンシアの反撃は26分、パレホの右CKからボックス中央のマクシモビッチがヘディングシュートで狙ったが、枠の上。40分にも、バイタルエリア右で獲得したFKからパレホがクロスを上げるも、ザザのヘディングシュートは枠の左に外れた。 ▽迎えた後半も先にスコアを動かしたのはヘタフェ。49分、右サイドでボールを受けたモリーナがポルティージョとのワンツーで切り込むと、ダイアゴナルなドリブルでボックス右まで侵攻。マイナスの折り返しを最後はペナルティアーク内のレミがゴール右隅に流し込み、追加点を奪った。 ▽リードを広げられたバレンシアは、61分にビエット、アンドレアス・ペレイラ、マクシモビッチに代えてロドリゴ・モレノ、フェラン・トーレス、ソレールを投入する3枚替えを敢行。すると70分、ペナルティアーク右横でボールを受けたロドリゴ・モレノが反転から左足を振り抜くと、このシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽ロドリゴ・モレノのゴールで反撃の狼煙を上げたバレンシアは、その後も果敢にヘタフェゴールに襲い掛かる。試合も終盤に差し掛かり、焦りから苛立ちを見せるバレンシアは、86分にパレホがモリーナへの報復行為で2枚目のイエローカードで退場。自ら不利な状況に陥ってしまう。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。レミの移籍後初ゴールを含む2ゴールでヘタフェがリーグ戦連勝。一方のバレンシアは、バルセロナ戦に続き連敗を喫した。 2018.04.19 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、次節バレンシア戦でボランチ起用か...ヘタフェの中盤に離脱者続出

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が、次の試合でボランチ起用されるかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。<br><br>ヘタフェは18日のリーガエスパニョーラ第33節でバレンシアと対戦する。だが、この試合をMFMFマウロ・アランバッリ、MFマルケル・ベルガラが負傷により、MFマテュー・フラミニが出場停止で欠場する見込みだ。<br><br>ホセ・ボルダラス監督はMFファジル・ファイサル、MFセルヒオ・モラをダブルボランチで起用することを検討しているという。一方、今季ボランチでプレーした柴崎やMFフランシスコ・ポルティージョにも同ポジションに据えられる可能性があるようだ。<br><br>今夏テネリフェからヘタフェに移籍した柴崎は、リーガ1部のファーストシーズンでここまで20試合1得点を記録している。ボルダラス監督の下でFW起用が多い柴崎だが、バレンシア戦では中盤の底でプレーすることもあり得る。<br><br>ヘタフェは現在10位に位置している。ヨーロッパリーグ出場権獲得を決められる6位ビジャレアルとは勝ち点6差だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.17 21:22 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナに敗戦のバレンシア、マルセリーノ「私たちはテア・シュテーゲンを世界最高のGKとした」

14日のリーガエスパニョーラ第32節、バレンシアは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦を1&minus;2で落とした。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は試合後、自チームの決定機がGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンに幾度も阻まれたことが、勝敗を決めたとの見解を示している。<br><br>スペイン『マルカ』がバレンシア指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「私たちはテア・シュテーゲンを、おそらく世界最高のGKにしてしまった。決定機を決め切れなければ、危険に身をさらすことになるんだよ」<br><br>「後半、私たちは1-1とできるはずだったが、結局は0-2とされて大きな打撃を受けた。そのビハインドを乗り越えることは難しい」<br><br>なおマルセリーノ監督は、これまでバルセロナと18試合を戦ったが、一度も勝利を挙げたことがない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.15 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 2-1 バレンシア《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180415_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 6.0 PKストップならず。自作自演もあったが、安定したゴールセービングで相手攻撃陣の前に立ちはだかった DF 20 セルジ・ロベルト 6.0 チームのボールの失い方が悪く前半はゲデスに前を向かれて仕掛けられる場面が目立った。それでも、後半はきっちり盛り返す (→N・セメド -) 3 ピケ 6.0 早い時間帯にカードをもらったことで、我慢の対応を強いられた。それでも、後半立ち上がりに見事なゴールカバーでチームを救った 23 ユムティティ 6.5 後半立ち上がりの痛恨スリップなどやや疲労の色が見えたが、決勝点となる今季初ゴールを記録 18 ジョルディ・アルバ 6.5 古巣相手に積極的な攻撃参加でチャンスに絡む。被カウンター時も快足を生かして味方を助けた MF 14 コウチーニョ 6.5 絶妙なパスで2点をアシスト。不得手な右サイドでの起用もアタッキングサードでアイデアを見せた (→デンベレ -) 痛恨のPK献上 15 パウリーニョ 5.5 球際の強さを見せていたが、ややポジショニングに難がありプレッシャーをかけ切れない場面も 5 ブスケッツ 6.0 満身創痍の中でも堅実なプレーを攻守に披露。後半は攻撃面でも良い絡みを見せた 8 イニエスタ 6.5 アルバとの連係から幾度か良い崩しを見せた。交代時にはスタンディングオベーションを受けた (→デニス・スアレス -) FW 10 メッシ 6.5 前半は重さを感じさせたが、後半は圧巻のボレーやドリブルシュートでスタンドを沸かせた 9 スアレス 6.5 良い時間帯に先制点を奪取。相手DFとの駆け引きで優位に立った 監督 バルベルデ 6.0 効率よい戦いぶりで難敵撃破。CL敗退ショックを振り払うリーガ無敗記録樹立となった ▽バレンシア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180415_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 ネト 5.5 1失点目はノーチャンスも、2失点目は何とかしたかった。それでも、後半に2度のビッグセーブで意地は見せた DF 3 ヴェゾ 5.0 守備専門でのプレーだったが、ポジショニングや判断で甘さが散見 5 ガブリエウ 5.5 失点場面で背後を許したものの、それ以外の場面では無理の利く守備で奮闘 24 ガライ 5.5 相手の攻撃に揺さぶられる場面が多かったが、中央の危険なエリアを冷静にケア 14 ガヤ 5.5 PK奪取など良い攻撃参加も見せたが、守備では簡単にスペースを使わせてしまった MF 18 ソレール 5.5 攻守にハードワークを見せたが、攻撃面でもっとアクセントになりたい 10 パレホ 6.0 PKで1ゴール。中盤で無難に捌き、守備ではバイタルエリアをきっちりケア 16 コンドグビア 5.5 球際で強さを見せたが、あわや2枚目のカードで退場という場面を作るなど守備時は我慢を強いられた 7 ゴンサロ・ゲデス 5.5 前半は鋭い仕掛けやシュートで存在感も後半はトーンダウン (→アンドレアス・ペレイラ 5.0) 因縁のセルジ・ロベルトとマッチアップも見せ場は作れず FW 19 ロドリゴ・モレノ 5.0 2度のビッグチャンスを逃がして6戦連発とはならず (→ザザ -) 22 サンティ・ミナ 5.5 幾つか決定機を演出したが、決定的な仕事はできなかった (→ビエット 5.0) 指揮官の起用に応えるような好プレーはほとんどなかった 監督 マルセリーノ 5.0 コンディション面の利点を生かしたアグレッシブなパフォーマンスを見せられず。やや淡白な内容で連勝がストップ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コウチーニョ(バルセロナ) ▽傷心のチームを救う2アシストで勝利に大きく貢献。アシスト以外の場面でも質の高い仕掛けやパスで存在感を示した。 バルセロナ 2-1 バレンシア 【バルセロナ】 スアレス(前15) ユムティティ(後6) 【バレンシア】 パレホ(後42[PK]) 2018.04.15 01:13 Sun
twitterfacebook
thumb

5連勝バレンシア撃破のバルサがCL敗退ショックを払拭! リーガ新記録の39戦連続無敗!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。 ▽前節、レガネス相手にエースFWメッシのハットトリックの活躍で3-1の快勝を収めたバルセロナ(勝ち点79)はレアル・ソシエダに並ぶリーガ連続無敗記録(38試合)を達成。しかし、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのローマ戦では0-3でまさかの大敗。カンプ・ノウでの1stレグを4-1で勝利しながら、3点差をひっくり返されるクラブ史上初の失態を演じてベスト8での敗退を強いられた。痛すぎる敗戦からのバウンスバックとリーガ連続無敗記録更新が懸かるこの一戦に向けてはローマ戦から先発2人を変更。ネウソン・セメドに代わってコウチーニョ、右手骨折でベンチ外のラキティッチに代わってパウリーニョが起用された。 ▽一方、前節のエスパニョール戦をFWロドリゴ・モレノの5試合連続ゴールで1-0の勝利を収めた3位のバレンシア(勝ち点65)は5連勝中で直近8勝1分けと絶好調だ。傷心の首位チーム相手に6連勝を目指すチームはエスパニョール戦からモントーヤ、ザザに代えてヴェゾ、サンティ・ミナを起用した。 ▽ローマ戦の大敗を受けて重苦しい空気が漂う中でスタートしたカンプ・ノウでの上位対決。立ち上がりからコンディションの良さを窺わせるアウェイのバレンシアは4分、ボックス手前左でガヤからパスを受けたゴンサロ・ゲデスが強烈な右足のシュートを放つが、ここはGKテア・シュテーゲンがファインセーブで凌ぐ。 ▽すると、直後の5分にはバルセロナに決定機。左サイド深くでジョルディ・アルバとパス交換したイニエスタがそのままボックス左ライン際まで持ち込んでマイナスにパス。これにスアレスが反応するがうまくボールをミートできない。続く13分にはスアレスのスルーパスに抜け出したジョルディ・アルバがボックス内でGKと一対一になるが、コースを消された中で放ったシュートはGKネトに防がれる。 ▽それでも、徐々に良い流れを作り始めたバルセロナは15分、元リバプールのホットラインが開通する。右サイドのセルジ・ロベルトにサイドチェンジが通ると、セルジ・ロベルトはボックス手前のコウチーニョにマイナスのパス。これを受けたブラジル代表MFは中央からニアのスペースへ絶妙な飛び出しを見せたスアレスに丁寧なラストパスを通すと、スアレスは右足の素早い振り抜きでニアを破った。 ▽相手の流れの中で我慢できなかったバレンシアだがすぐさま反撃を開始。20分、ボックス内でルーズボールに反応したゲデスが再び右足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。さらに24分にはGKテア・シュテーゲンのビルドアップのミスを奪ったソレールからゴール前でパスを受けたロドリゴに絶好の同点機。だが、至近距離から放った右足のシュートはテア・シュテーゲンに驚異的な反応で触られて惜しくもクロスバーを叩いた。 ▽その後は互いにカウンターから決定機を作り合うオープンな展開が続く。この流れの中でバルセロナはゴール前に飛び込んだメッシが2度に渡ってヘディングシュートを試みるが、いずれも枠に飛ばすことができない。一方、バレンシアもゲデスのスピードを生かしたカウンターからフィニッシュまで持ち込むが、44分にロドリゴの放ったシュートが正面を突くなどややフィニッシュの甘さが目立った。 ▽バルセロナの1点リードで迎えた後半もオープンな展開が続く。50分には自陣左サイドで足を滑らせたDFユムティティからボールを奪ったサンティ・ミナが2対1のショートカウンターからロドリゴにラストパス。ボックス左に持ち込んだロドリゴがGKをつり出してシュートを狙うが、これはゴールカバーに入っていたDFピケにクリアされる。 ▽すると、ピンチを凌いだバルセロナは直後に先ほどミスを犯したユムティティが汚名返上の一発を決める。51分、右CKの場面でキッカーのコウチーニョがアウトスウィングのクロスを入れると、ニアでDFガブリエウに競り勝ったユムティティのヘディングシュートがGKネトの手を弾いてゴールネットに吸い込まれた。 ▽前半に続いて効率よい攻めで追加点を手にしたバルセロナは気落ちするバレンシア相手に畳みかける攻めを見せる。59分にはスアレスとの連係からボックス付近でパスを受けたコウチーニョが惜しいシュートを放つと、65分にはブスケッツの左クロスをメッシが見事な左足ダイレクトボレー。70分にはメッシとのパス交換からボックス右でフリーのイニエスタが再びダイレクトボレーを放つが、いずれのファインフィニッシュも3点目とはならず。 ▽一方、ロドリゴの立ち上がりのビッグチャンス以降、流れの中でチャンスを作れないバレンシアは67分にパレホの直接FKで相手ゴールを脅かすも、このシュートはわずかにクロスバーの上を越える。流れを変えたいマルセリーノ監督はゲデス、サンティ・ミナを下げてアンドレアス・ペレイラ、ビエットを続けて投入。だが、この交代策もうまく機能しない。 ▽一方、3点目こそ奪えないものの余裕の試合運びを見せるバルセロナは79分にコウチーニョを下げてデンベレ、84分にイニエスタを下げてデニス・スアレスを投入して試合をクローズにかかる。だが、87分にはボックス内でクロスを上げたガヤをデンベレがアフターチャージで倒してしまい、痛恨のPK献上。キッカーのパレホが右を狙ったシュートはGKテア・シュテーゲンが完璧に読み切るもボールが脇の下を抜けてゴールネットに吸い込まれる。この失点で試合最終盤はバタバタした展開となるが、何とかリードを守り切って2-1の勝利。5連勝中の難敵バレンシアに競り勝ったバルセロナがCL敗退のショックを振り払い、リーガ新記録となる39試合連続無敗という偉大な記録を樹立した。 2018.04.15 01:12 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース