躍進バレンシアの原動力ロドリゴ「折り返しですらない」「メンタリティを継続しなければ」2017.11.14 14:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラとスペイン代表で好調をアピールしているバレンシアのFWロドリゴ・モレノが、自身のフットボールに対する考えを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽2014年夏からバレンシアでのプレーを開始したロドリゴは、1年目の2014-15シーズンに公式戦32試合4ゴール5アシストを記録。その後のシーズンも初年度と近い数字を記録し続けると、昨シーズンは公式戦21試合で7ゴール5アシストをマークしている。

▽安定した数字を残していながらも、爆発的な活躍をみせることはできていなかったロドリゴだったが、今シーズンはリーガ第11節終了時点で公式戦12試合8ゴール4アシストと大きく飛躍。クラブもバルセロナに次いでリーガ2位と、レアル・マドリー(3位)、アトレティコ・マドリー(4位)よりも上の順位につける快進撃をみせているが、「まだ折り返しですらない」と冷静な考えを語った。

「どのようなフットボールをプレーするか忘れてはいけない。僕は、今では明らかに以前よりも自信を持っている。色々なことが改善されたけど、悪いときは誰にでもあるんだ。フットボールでは、悪いときも良いときも経験するものだ」

「僕は(得点数など)そういった数字に満足している。僕たちはチームとして動くし、とても良くやっているよ。結果として、個人的な質(の高さ)がより明らかになり、クラブでの重要な変化があった」

「僕らの目的は明確で、次の試合に勝利することだ。シーズンの始まりから信じられないようなものとなっているけど、僕らはまだ折り返し地点にも達していない。このメンタリティを継続しなければね」

▽また、ロドリゴは2014年10月にスペイン代表としてデビューを飾ったものの、その後は声がかからず。今シーズンに入り10月に招集されると、ロシア・ワールドカップ欧州予選のアルバニア戦で実に3年ぶり2回目の出場を果たし、フレン・ロペテギ監督の下で初ゴールを決めた。

「僕のベストポジション? [4-4-2]のセカンドストライカーだ。その役割なら、(前線での)パートナーとポジションを入れ替えることが常に可能だ。だから、そこが最も快適だと感じるし、僕のベストなフットボールができるんだ」

「複雑だけど、フレン(・ロペテギ監督)は、大勢のプレーヤーに機会を与えている。もちろん、僕は出場したい。でも、それは負傷状況や(好不調の)状態に依存していることなんだろうね」

「僕が続けなくてはならないことは、今までも行ってきたこのポイントだ。良いプレーをしてゴールを記録する、というね」

コメント

関連ニュース

thumb

ヘタフェがバレンシアからセルビア代表MFマクシモビッチを獲得

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは16日、バレンシアのセルビア代表MFネマニャ・マクシモビッチ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの6年間で、移籍金は550万ユーロ(約7億2000万円)とのことだ。 ▽2017年夏にカザフスタンのアスタナからバレンシアに移籍したセントラルMFを本職に右MFでもプレー可能なマクシモビッチは2017-18シーズン、リーガエスパニョーラで15試合に出場、コパ・デル・レイで6試合に出場していた。 ▽セルビア代表としてはこれまで5試合に出場。ロシア・ワールドカップには候補メンバーまでは選出されていたが、最終メンバーには残れなかった。 ▽新シーズン、ヘタフェに残留することになった場合、レギュラー獲りを目指す柴崎にとっては新たなライバルの加入となった。 2018.07.17 03:44 Tue
twitterfacebook
thumb

オサスナがバレンシア期待の若手DFナチョ・ビダルをフリーで獲得

▽オサスナは13日、バレンシアからDFナチョ・ビダル(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。メディカルチェックご正式契約を結ぶ。 ▽N・ビダルは、バレンシアの下部組織出身で、2017年7月にトップチームへと昇格。リーガエスパニョーラでデビューを果たすも、7試合の出場に終わり、1ゴールを記録。コパ・デル・レイで2試合に出場していた。 ▽なお、移籍金はかからず、契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。また、バレンシアがN・ビダルに対する将来の経済的便益の50%を持つこととなる。なお、契約解除条項として3000万ユーロ(約39億4500万円)が設定されている。 2018.07.14 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ロペテギ、代表の教え子ロドリゴの獲得を希望か

▽レアル・マドリーを率いるフレン・ロペテギ監督がバレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレーノ(27)の獲得をクラブにリクエストしているようだ。スペイン『カデナ・セール』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに旅立ったマドリーでは、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表MFガレス・ベイルにも退団の可能性が指摘されており、前線の刷新が見込まれている。 ▽その中で新指揮官に就任したロペテギ監督は、スペイン代表の教え子であるロドリゴの獲得を希望しているようだ。 ▽レアル・マドリー・カスティージャに在籍経験のあるロドリゴは、ベンフィカを経て2014年にバレンシアに加入。昨シーズンはマルセリーノ・ガルシア・トラル新監督の下でレギュラーポジションを掴むと、リーグ戦37試合で16ゴールを挙げる、印象的な活躍を披露した。 ▽そのロドリゴにはアトレティコ・マドリー、ナポリも関心を示している一方、バレンシアが今季のチャンピオンズリーグに出場可能なことから残留を希望しているとの報道も出ている。 2018.07.14 02:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表FWナニ、古巣スポルティングへ2年契約で復帰!

▽スポルティング・リスボンは11日、バレンシアからポルトガル代表FWナニ(31)を完全移籍で獲得したことをクラブのツイッターで発表した。 ▽契約の詳細は発表されていないが、フランス『レキップ』によると契約期間は2年間で、移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)のようだ。 ▽2003年にスポルティングのアカデミーに加入したナニは、2005年に18歳でトップチームに昇格。その後、チャンピオンズリーグでの活躍をきっかけにライアン・ギグス(現ウェールズ代表監督)の後継者として2007年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。 ▽マンチェスター・ユナイテッドで活躍した後、2016年の夏にフェネルバフチェからバレンシアに加入したナニは、リーガエスパニョーラで25試合に出場して5ゴール8アシストをマーク。主力として活躍していた。 ▽2017年の夏にセネガル代表FWケイタ・バルデの後釜としてラツィオへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したナニは、ラツィオではリーグ戦18試合(先発:2試合)に出場し3ゴール4アシストをマーク。 ▽しかし、ラツィオは買取オプションを行使せず、レンタル期間の終了とともにバレンシアへの復帰が濃厚なっていた。 2018.07.12 03:32 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア、セルタからデンマーク代表MFヴァスを獲得!

▽バレンシアは10日、セルタからデンマーク代表MFダニエル・ヴァス(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽2007年に母国のブロンビーでプロキャリアをスタートさせたヴァスは、ベンフィカを経て2011-12シーズンにレンタルで加入していたエビアンに完全移籍した。右サイドの全てのポジションをこなす同選手は、エビアンに在籍した4シーズンでリーグ戦133試合に出場し、23ゴールをマーク。 ▽2015年の夏に加入したセルタでは、在籍3シーズンで公式戦136試合に出場し14ゴール20アシストを記録。昨季もリーガエスパニョーラ35試合に出場し4ゴール9アシストをマークしていた。 ▽また、デンマーク代表のアンダー年代の常連であった同選手は、2011年2月にフル代表デビュー。これまで16キャップを記録している。 2018.07.11 00:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース