躍進バレンシアの原動力ロドリゴ「折り返しですらない」「メンタリティを継続しなければ」2017.11.14 14:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラとスペイン代表で好調をアピールしているバレンシアのFWロドリゴ・モレノが、自身のフットボールに対する考えを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽2014年夏からバレンシアでのプレーを開始したロドリゴは、1年目の2014-15シーズンに公式戦32試合4ゴール5アシストを記録。その後のシーズンも初年度と近い数字を記録し続けると、昨シーズンは公式戦21試合で7ゴール5アシストをマークしている。

▽安定した数字を残していながらも、爆発的な活躍をみせることはできていなかったロドリゴだったが、今シーズンはリーガ第11節終了時点で公式戦12試合8ゴール4アシストと大きく飛躍。クラブもバルセロナに次いでリーガ2位と、レアル・マドリー(3位)、アトレティコ・マドリー(4位)よりも上の順位につける快進撃をみせているが、「まだ折り返しですらない」と冷静な考えを語った。

「どのようなフットボールをプレーするか忘れてはいけない。僕は、今では明らかに以前よりも自信を持っている。色々なことが改善されたけど、悪いときは誰にでもあるんだ。フットボールでは、悪いときも良いときも経験するものだ」

「僕は(得点数など)そういった数字に満足している。僕たちはチームとして動くし、とても良くやっているよ。結果として、個人的な質(の高さ)がより明らかになり、クラブでの重要な変化があった」

「僕らの目的は明確で、次の試合に勝利することだ。シーズンの始まりから信じられないようなものとなっているけど、僕らはまだ折り返し地点にも達していない。このメンタリティを継続しなければね」

▽また、ロドリゴは2014年10月にスペイン代表としてデビューを飾ったものの、その後は声がかからず。今シーズンに入り10月に招集されると、ロシア・ワールドカップ欧州予選のアルバニア戦で実に3年ぶり2回目の出場を果たし、フレン・ロペテギ監督の下で初ゴールを決めた。

「僕のベストポジション? [4-4-2]のセカンドストライカーだ。その役割なら、(前線での)パートナーとポジションを入れ替えることが常に可能だ。だから、そこが最も快適だと感じるし、僕のベストなフットボールができるんだ」

「複雑だけど、フレン(・ロペテギ監督)は、大勢のプレーヤーに機会を与えている。もちろん、僕は出場したい。でも、それは負傷状況や(好不調の)状態に依存していることなんだろうね」

「僕が続けなくてはならないことは、今までも行ってきたこのポイントだ。良いプレーをしてゴールを記録する、というね」

コメント

関連ニュース

thumb

9人のバレンシアが最下位ラス・パルマスに逆転敗北! 好調崩れマドリー勢との連戦へ…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第20節のラス・パルマスvsバレンシアが20日に行われ、2-1でホームのラス・パルマスが勝利した。 ▽リーグ連勝中の3位バレンシア(勝ち点40)が、直近のリーガ5戦勝ちなしで3連敗中の最下位ラス・パルマス(勝ち点11)のホームに乗り込んだ一戦。バレンシアは、直近の試合であるコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのアラベス戦(2-1でバレンシアが勝利)からスタメンを大幅に8名変更し、ガヤ、ガライ、パレホ、アンドレアス・ペレイラ、ゴンサロ・ゲデス、ザザ、ビエットらに代えて、ネトやコクラン、ロドリゴ・モレノ、サンティ・ミナらを起用した。 ▽試合は開始早々の5分にバレンシアが先制。右CKのキッカーを務めたヒルがニアに蹴り込むと、ボックス内でDFレモスとの競り合いを制したサンティ・ミナが、頭で沈めた。 ▽さらに16分にも、ロドリゴ・モレノからのパスに抜け出したサンティ・ミナがボックス内でGKチチゾラとの一対一を迎える。しかし、サンティ・ミナがループ気味に狙ったシュートは左ポストを叩き、追加点とはならない。 ▽バレンシアがチャンスを逸した20分、ラス・パルマスが同点に追いつく。ペニャルバのクロスに反応したボックス内のカジェリが、頭で落とす。最後は走り込んだビエラが蹴り込んでネットを揺らした。 ▽勝ち越しを目指すバレンシアは、38分にボックス内左に侵攻したラトが中央に折り返す。しかし、待ち構えていたロドリゴ・モレノが左足で合わせたシュートはD・カスティジャーノのブロックに遭う。試合は、均衡を保ったまま折り返しを迎えることとなった。 ▽後半に入ると、互いに素早く前線にボールを運ぶ大味な展開に。すると53分にはガブリエウが自陣ボックス内でハンドを犯し、PKを与えてしまう。さらに、この判定に熱くなったガブリエウは主審に対する執拗な抗議を行い、続けて2枚の警告を受けて退場となった。 ▽PKのキッカーをカジェリが務めると、冷静に蹴り込んで逆転に成功。バレンシアは10人で1点のビハインドを抱える苦境に立たされることに。バレンシアは、直後の57分にヒルに代えてゴンサロ・ゲデスを、68分にはロドリゴ・モレノに代えてビエットを投入。巻き返しを図っていく。 ▽しかし、前がかりになるバレンシアは度々ラス・パルマスのカウンターを浴びることに。72分には、ボックス手前右の絶好の位置でFKを与えてしまう。キッカーのビエラが直接狙ったシュートは枠を外れたものの、ラス・パルマスの攻撃が続く。 ▽対策を迫られるマルセリーノ監督は74分に3枚目のカードを切り、サンティ・ミナに代えてザザを投入。しかし、休ませていた主力組の投入も空しく、なかなかチャンスを作ることができない。 ▽87分には、競り合いの中でファウルを犯したDFヴェゾが2枚目の警告を受けて退場に。9人になったバレンシアに対し、ラス・パルマスは無理に攻め込まずに試合を締めに入る。 ▽結局、試合はラス・パルマスがリードを保ったまま終了した。この結果、ラス・パルマスは連敗を脱出し、リーガ6試合ぶりの勝利。対するバレンシアは手痛い逆転負けを喫し、次節のレアル・マドリー戦、その次のアトレティコ・マドリーと上位連戦に向けて弾みを付けることはできなかった。 2018.01.21 06:50 Sun
twitterfacebook
thumb

D・コスタ弾で先制もアトレティコがホームでセビージャに先勝を許す… バレンシアも先勝!《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ準々決勝1stレグのアトレティコ・マドリーvsセビージャが17日に行われ、1-2でセビージャが先勝した。 ▽5回戦で3部所属のリェイダに大勝(AGG:7-0)したアトレティコが、2部所属のカディスに快勝(AGG:4-1)したセビージャをホームに迎えた1stレグ。直近のリーグ戦でエイバルに辛勝したアトレティコは、その試合からスタメンを6人変更。ガメイロやアンヘル・コレア、トーマス、GKオブラクらに代えて古巣対決となるビトロやジエゴ・コスタ、ガビ、GKモジャらをスタメンで起用した。 ▽一方、直近のリーグ戦で降格圏に沈むアラベスに惜敗したセビージャは、その試合からスタメンを7人変更。イェデルやノリート、ヘスス・ナバス、ケアーらに代えてムリエル、フランコ・バスケス、エンゾンジ、ホアキン・コレアらをスタメンで起用した。 ▽2009-10シーズンの決勝で優勝を争った両者の一戦は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。すると10分、セビージャはフランコ・バスケスからの横パスをボックス手前で受けたサラビアが反転からふらりと浮かせたシュートでゴール右隅を狙ったが、これはわずかに右へ外れた。 ▽ピンチを凌いだアトレティコの反撃は13分、コケの右CKをジエゴ・コスタがヘディングで流し込むも、主審はポジション争いでファウルの判定を下しゴールは取り消された。19分には、中盤で獲得したFKからガビがボックス内へロングパスを供給すると、ボックス左のリュカが頭で折り返し、最後はジエゴ・コスタが頭で合わせたが、これはGKセルヒオ・リコの好守に阻まれた。 ▽セビージャは27分、自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、右サイドを持ち上がったサラビアのラストパスをボックス右で受けたJ・コレアがシュート。さらに41分には、エスクデロがバイタルエリア手前からロングシュートでゴール左上を狙ったが、共にシュートはGKモジャのセーブに防がれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、アトレティコはビトロを下げてA・コレアを投入する。膠着状態が続く中、アトレティコは68分にもグリーズマンを下げてカラスコをピッチに送り出した。 ▽すると73分、右サイド深くで獲得したFKからコケがクロスを供給すると、相手DFのクリアをボックス手前で拾ったカラスコがシュート。これは相手DFに阻まれるもこぼれ球をボックス左のジエゴ・コスタがダイレクトでゴール右隅に流し込み、アトレティコが先制した。 ▽先制を許したセビージャは75分、フランコ・バスケスを下げてヘスス・ナバスを投入。すると80分、右サイドから仕掛けたヘスス・ナバスがクロスを上げると、ブロックに入ったリュカに当たったボールがゴールに向かう。これにGKモジャは反応し切れず、弾いたボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽勝ち越しを狙うアトレティコは、83分にコケを下げてトーレスを投入。対するセビージャは、84分にムリエルを下げてイェデルを投入した。すると、この交代が功を奏したのはセビージャ。 ▽88分、相手のクリアボールを中盤でバネガが前線に繋ぐと、前線のイェデルが頭で流しボールに反応したJ・コレアがゴール前まで持ち込み右足アウトサイドでボールを流し込んだ。結局、このゴールが決勝点となり、セビージャが敵地で先勝を飾った。 ▽また、同時刻開催となったもう一試合のバレンシアvsアラベスは、2-1でバレンシアが勝利した。試合が動いたのは、ゴールレスで向かえた後半。66分、バイタルエリア中央手前でボールを受けたソブリーノが豪快に右足を振り抜くと、このシュートがゴール左に突き刺さり、アラベスが先制した。 ▽先制を許したバレンシアは、71分にビエットに代えてサンティ・ミナを投入。すると73分、ボックス右付近でパスを受けたゴンサロ・ゲデスがクロスと見せかけ直接ゴールを狙うと、GKシヴェラの弾いたボールがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽振り出しに戻った一戦は、77分に動きを見せる。右サイドから仕掛けたゴンサロ・ゲデスを倒したアドリアン・ディエゲスにこの試合2枚目のイエローカードが提示され退場となる。 ▽数的優位となったバレンシアは82分、サンティ・ミナのスルーパスをボックス左で受けたロドリゴ・モレノが左足のダイレクトシュートをニアサイドに突き刺し、勝ち越しに成功した。結局、試合はそのまま2-1で終了。逆転勝利のバレンシアがホームで先勝を飾った。 2018.01.18 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ゴンサロ・ゲデス1G1Aのバレンシアがデポルティボに逃げ切り勝利《リーガエスパニョーラ》

▽バレンシアは13日、リーガエスパニョーラ第19節でデポルティボとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽前節ジローナ戦を2-1と逆転勝利して3試合ぶりに白星を飾った3位バレンシア(勝ち点37)は、4日前に行われたラス・パルマスとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを4-0と完勝。そのラス・パルマス戦のスタメンから8選手を変更。コンドグビアとアンドレアス・ペレイラが出場停止で欠場となった中、この冬にアーセナルから獲得したコクランが先発となった。 ▽立ち上がりからバレンシアがボールを持つ時間を伸ばしていく中、ホームチームのデポルティボも鋭い攻めで応戦。10分にはボルジェスのミドルシュートがGKネトを脅かすと、13分にはCKからボルジェスのヘディングシュートがバーを直撃した。 ▽引き続き敵陣でボールを持つバレンシアは、27分に左サイドからのゴンサロ・ゲデスのクロスが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれる。さらに33分、ゴンサロ・ゲデスが強烈なミドルシュートを放ったが、わずかに枠を捉えられなかった。 ▽それでも37分、ボックス手前左からゴンサロ・ゲデスの放ったシュートがGKルベン・マルティネスのキャッチミスを誘って、バレンシアが先制した。 ▽幸運な形でリードしたバレンシアは迎えた後半、リスクを冒さずデポルティボの攻撃を受け止めていく。 ▽そして64分、順当に突き放した。敵陣でボールを奪い、ゴンサロ・ゲデスの横パスを受けたゴール正面のロドリゴ・モレノが左足でシュート。これがDFにディフレクトしてネットが揺れた。 ▽2点をリードしたバレンシアは終盤にかけて自陣に構えてデポルティボの攻撃を封じていく。結局、88分にアンドネにゴールを許したバレンシアだったが、2-1で逃げ切り。2位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追走している。 2018.01.14 06:37 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシア、アーセナルからMFコクランを完全移籍で獲得!

▽バレンシアは11日、アーセナルからフランス人MFフランシス・コクラン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年半となり、契約解除金は8000万ユーロ(約107億4000万円)となる。 ▽なお、イギリス『BBC』の伝えるところによれば、移籍金は1200万ポンド(約18億1000万円)となる模様だ。 ▽2008年に母国フランスのラヴァルからアーセナルに加入したコクランは、2008-09シーズンのリーグカップでトップチームデビュー。その後はロリアンやフライブルクにレンタル移籍するなど、なかなかトップチームに定着できずにいたが、2014-15シーズンから本職の守備的MFに加えサイドバック、センターバックをこなすユーティリティ性を武器に出場機会を確保。アーセナルではここまで公式戦160試合に出場していた。 ▽今季ここまでは公式戦13試合に出場していたものの、あくまで主力としての立場にこだわるコクランは、今冬の移籍市場でバレンシアに旅立つ決断をした。 2018.01.12 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ビエットがバレンシアで復活...“メンタリスト”の役割担うマルセリーノ

バレンシアFWルシアーノ・ビエットが、復活を遂げた。その背景には、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の支えがあったようだ。<br><br>今冬アトレティコ・マドリーからバレンシアに移籍したビエットは、1年以上無得点が続き苦しんでいた。だがバレンシア加入を決め、2試合目(コパ・デル・レイ5回戦第2戦ラス・パルマス戦)にしてハットトリックを達成してゴールの呪縛から解放されている。<br><br>ビエットはラス・パルマス戦後、「マルセリーノは僕の最高のパフォーマンスを引き出す術を知っている」と語った。指揮官を称えているのは、アルゼンチン人FWだけではない。<br><br>主将を務めるMFダニ・パレホは、マルセリーノ監督について「練習初日から、僕は何かを感じ取った。注意を引き付けられ、思ったんだ。『この監督と過ごす一年を逃すことはできない』とね」と述べている。<br><br>FWロドリゴ・モレノはスペイン代表に定着して、シモーネ・ザザはイタリア代表に返り咲いた。MFゴンサロ・ゲデスはポルトガル代表に招集された。マルセリーノ監督は&ldquo;メンタリスト&rdquo;として、バレンシアで数多くの選手を再生している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 22:40 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース