躍進バレンシアの原動力ロドリゴ「折り返しですらない」「メンタリティを継続しなければ」2017.11.14 14:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラとスペイン代表で好調をアピールしているバレンシアのFWロドリゴ・モレノが、自身のフットボールに対する考えを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。▽2014年夏からバレンシアでのプレーを開始したロドリゴは、1年目の2014-15シーズンに公式戦32試合4ゴール5アシストを記録。その後のシーズンも初年度と近い数字を記録し続けると、昨シーズンは公式戦21試合で7ゴール5アシストをマークしている。

▽安定した数字を残していながらも、爆発的な活躍をみせることはできていなかったロドリゴだったが、今シーズンはリーガ第11節終了時点で公式戦12試合8ゴール4アシストと大きく飛躍。クラブもバルセロナに次いでリーガ2位と、レアル・マドリー(3位)、アトレティコ・マドリー(4位)よりも上の順位につける快進撃をみせているが、「まだ折り返しですらない」と冷静な考えを語った。

「どのようなフットボールをプレーするか忘れてはいけない。僕は、今では明らかに以前よりも自信を持っている。色々なことが改善されたけど、悪いときは誰にでもあるんだ。フットボールでは、悪いときも良いときも経験するものだ」

「僕は(得点数など)そういった数字に満足している。僕たちはチームとして動くし、とても良くやっているよ。結果として、個人的な質(の高さ)がより明らかになり、クラブでの重要な変化があった」

「僕らの目的は明確で、次の試合に勝利することだ。シーズンの始まりから信じられないようなものとなっているけど、僕らはまだ折り返し地点にも達していない。このメンタリティを継続しなければね」

▽また、ロドリゴは2014年10月にスペイン代表としてデビューを飾ったものの、その後は声がかからず。今シーズンに入り10月に招集されると、ロシア・ワールドカップ欧州予選のアルバニア戦で実に3年ぶり2回目の出場を果たし、フレン・ロペテギ監督の下で初ゴールを決めた。

「僕のベストポジション? [4-4-2]のセカンドストライカーだ。その役割なら、(前線での)パートナーとポジションを入れ替えることが常に可能だ。だから、そこが最も快適だと感じるし、僕のベストなフットボールができるんだ」

「複雑だけど、フレン(・ロペテギ監督)は、大勢のプレーヤーに機会を与えている。もちろん、僕は出場したい。でも、それは負傷状況や(好不調の)状態に依存していることなんだろうね」

「僕が続けなくてはならないことは、今までも行ってきたこのポイントだ。良いプレーをしてゴールを記録する、というね」
コメント
関連ニュース
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月18日は、バレンシアで一時代を築いた金髪GK

◆サンティアゴ・カニサレス 【Profile】 国籍:スペイン 誕生日:1969/12/18 クラブチーム:バレンシア ポジション:GK 身長:183㎝ 体重:79㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月18日は元スペイン代表GKサンティアゴ・カニサレス氏だ。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身のカニサレス氏は、出場機会に恵まれず、エルチェやメリダにレンタル移籍。その後、1992年に移籍したセルタで初めてリーガエスパニョーラ1部デビューを果たす。1992-93シーズンにはリーグ最小失点という成績を残して1994年にマドリーに復帰したが、2度目のマドリーでも思うような出場機会は得られず、1998年にバレンシアへ完全移籍する。 ▽すると、カニサレス氏のキャリアはここで華開く。加入初年度にコパ・デル・レイ優勝を果たすと、翌シーズンのスーペルコパでバルセロナを倒し、タイトル獲得。さらに1999-2000、2000-01シーズンには2年連続でチャンピオンズリーグ決勝進出、2001-02、2003-04シーズンにはリーグ優勝を果たすなど、バレンシアの黄金時代を築いた。同クラブで公式戦400試合に出場した同選手は、シーズン終了後に現役を退いた。1993年にデビューを飾ったスペイン代表では、「46」キャップ数を誇る。引退後はテレビの解説者などを務め、スペインをはじめとしたメディアにも度々登場している。 ※誕生日が同じ主な著名人 キース・リチャーズ(ミュージシャン/ローリングストーンズ) 布施明(歌手) 園子温(映画監督) ブラッド・ピット(俳優) 江角マキコ(女優) 芋洗坂係長(お笑い芸人) 藤本敏史(お笑い芸人/FUJIWARA) 武田真治(俳優) レイザーラモンHG(お笑い芸人/レイザーラモン) 小雪(女優) 安藤美姫(元フィギュアスケート選手) 絢香(歌手) 2018.12.18 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール戦控えるユナイテッド、バレンシアに敗戦で2位通過《CL》

▽マンチェスター・ユナイテッドは13日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 ▽前節ヤング・ボーイズ戦を終了間際のフェライニ弾で辛勝して決勝トーナメント進出を決めたユナイテッド(勝ち点10)は、4日後にリバプール戦を控える中、ラッシュフォードやリンガード、エレーラがベンチスタートとなって、GKロメロやバイリー、古巣対決となるアンドレアス・ペレイラら控えメンバーが先発となった。 ▽前節ユベントスに敗れ、ヨーロッパリーグへ回ることが確定している3位バレンシア(勝ち点5)に対し、勝利した上でユベントスがヤング・ボーイズに引き分け以下に終わると逆転での首位通過となるユナイテッドは[4-3-3]を採用。3トップに右からマタ、ルカク、アンドレアス・ペレイラ、中盤センターにフェライニ、インサイドにポグバとフレッジを起用した。 ▽立ち上がりから押し込まれたユナイテッドは、17分に先制される。クロスのルーズボールを拾ったボックス右のソレールにゴール左へ蹴り込まれた。 ▽劣勢のまま失点したユナイテッドは27分、ルーズボールをボックス右で拾ったマタが枠を捉えるシュートを放つも、DFにブロックされてしまう。 ▽さらに35分、CKの流れからゴールエリア右でフリーとなっていたポグバがダイレクトで押し込みにかかったが、枠の右に外してしまった。結局、押し込まれる時間帯の多かったユナイテッドは前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からロホに代えてヤングを投入したユナイテッドだったが、開始2分に出鼻を挫かれる。ソレールのスルーパスをカットにかかったフィル・ジョーンズのスライディングでのクリアが自陣ゴールへ吸い込まれ、バレンシアに追加点を献上した。 ▽劣勢が続く2点を追うユナイテッドは、57分にフレッジに代えてラッシュフォードを投入。しかし、後方でポゼッションするバレンシア相手にボールを奪いきれない状況が続き、攻撃に移れない。 ▽攻め手のないユナイテッドは、アンドレアス・ペレイラやポグバのミドルシュートで単発な攻めを見せる中、終盤の87分に1点を返した。ヤングの左クロスをラッシュフォードが頭で押し込んだ ▽しかし、反撃はここまで。バレンシアに敗れたユナイテッドは2位での決勝トーナメント進出となった。 2018.12.13 07:24 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアに痛手! ゴンサロ・ゲデスがヘルニアの手術で年内欠場

▽バレンシアは12日、ポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスがヘルニアの手術を行うことを明かした。 ▽ゴンサロ・ゲデスは8日に行われたリーガエスパニョーラ第15節のセビージャ戦に先発出場したが、62分に交代していた。 ▽バレンシアの発表によると、ゴンサロ・ゲデスはここ数週間ヘルニアから生じる腰の痛みに苦しんでおり、14日にポルトガルで手術を行うとのこと。復帰までには1~2カ月を要する見込みだ。 ▽昨季にパリ・サンジェルマンからレンタルで加入したゴンサロ・ゲデスは、リーガエスパニョーラ33試合に出場して5得点11アシストの成績を収めると、今夏に完全移籍で加入。今季もここまでリーグ戦10試合に出場していた。 2018.12.13 02:10 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール戦控える中…モウリーニョ、バレンシア戦への集中求める「我々はプロフェッショナルの集団」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、最近出番のないポール・ポグバをバレンシア戦で起用する可能性があると語った。<br><br>1日のサウサンプトン戦を最後に、プレミアリーグ直近の2試合で先発から外れているポグバ。指揮官との確執が絶えず噂されるフランス代表MFだが、12日のチャンピオンズリーグ(CL)バレンシア戦ではスタートから出場することになるようだ。モウリーニョ監督が明かしている。<br><br>「良いプレーをして、試合で良いインパクトを残し、チームに良い影響を与えられる彼(ポグバ)を求めている。他の選手たちと同様、ポールがこの試合でチームに良いインパクトを与えてくれると願っているよ」<br><br>マンチェスター・Uは既にグループリーグ突破を決めており、ユベントスの結果次第では首位突破の可能性もある。週末にはプレミアリーグでのリバプール戦が控えているが、モウリーニョ監督は「順位に影響はない」としながらも、この試合に集中することを求めている。<br><br>「リバプールのことはではなく、明日の試合のことだけを考えている。普通に考えればユベントスはスイスでの一戦に勝利するから、明日の試合結果が順位に影響を与えるとは思えない。しかし、これはフットボールの試合、CLの試合だ。どんなことでも起こり得る。それに我々はマンチェスター・ユナイテッドで、プロフェッショナルの集団だ。良いプレーをすることを望んでいる」<br><br>「我々にはプレーを必要とする選手たちがいて、プレーするに相応しい選手たちがいる。数名の選手をマンチェスターに残してはきたが、ファーストチームのメンバーだけでこの試合を戦うつもりでいる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マタ、古巣戦直前にユナイテッドに忠誠

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタが、改めてクラブへの満足感を口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ユナイテッドとの現行契約が来夏までとなっており、フリーでの移籍も噂されているマタ。古巣バレンシアを2008〜2011年に指揮していた現アーセナル指揮官のウナイ・エメリ監督や、スペイン複数クラブが注視していることがこれまで報じられている。 ▽しかし同時に、当人がユナイテッドからの延長の打診を待ち続けていることも伝えられており、去就はユナイテッド次第でどちらにも転ぶような状況だ。 ▽そんな中、12日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節バレンシア戦を前にして、自身の去就について問われたマタが再びクラブ愛を示した。 「僕が言えることは、マンチェスターとイングランドで幸せだということだけだ」 「数年前からイングランドに留まっていて、この信じられないようなクラブに居られることがとても幸せだよ。何が起こるか見てみるけど、現時点ではとても幸せなんだ」 2018.12.12 19:10 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース