木山体制継続へ! 山形、指揮官続投を発表2017.11.14 11:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モンテディオ山形は14日、木山隆之監督(45)の来シーズン続投を発表した。

▽昨シーズンまで愛媛FCを率いた木山監督は、今シーズンより山形を指揮。監督就任1年目の今シーズンは、明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で、13勝17分け11敗の11位につけている。

▽直近のリーグ戦5試合で無敗を続ける山形は、19日にホームで行われる最終節でFC岐阜と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

金沢、所属7選手との契約満了を発表

▽ツエーゲン金沢は17日、所属する選手7名との契約を満了し、今シーズンで終えることを発表した。 ▽契約満了となった7選手の今シーズン成績、通算成績、コメントは以下のとおり。 ◆DF阿渡真也(27) 今シーズン成績:出場記録なし 通算成績:明治安田生命J2リーグ34試合、明治安田生命J3リーグ29試合1ゴール 選手コメント 「この度ツエーゲン金沢を退団することになりました。5年間在籍させてもらい、色々な経験をできたことは僕の財産です。またどんな状況でも応援してくださったサポーター、パートナーの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ツエーゲン金沢がJ1に上がり、さらに素晴らしいクラブになることを願っています。本当にありがとうございました」 ◆DF太田康介(35) 今シーズン成績:明治安田生命J2リーグ28試合、天皇杯1試合 通算成績:明治安田生命J2リーグ141試合10ゴール、明治安田生命J3リーグ33試合7ゴール 選手コメント 「今シーズンをもちまして、契約満了でチームを去ることになりました。まずは4年間、どんなときもたくさんの応援ありがとうございました。J3で優勝し、ツエーゲン金沢をJ2に昇格させたこと、そしてチームをJ2に残すことで、自分の持っている最大限の力をこの金沢で出しきったと思っております。この先ツエーゲン金沢がJ1に上がり、飛躍してくれることを期待しております!」 「最後に5番のユニフォームを着ていつも熱い応援をしてくれたみなさん、本当にありがとうございました!みなさんに応援してもらったことでどんなに辛い時でも頑張ることができました!本当にありがとうございました!またどこかでお会いできることを楽しみにしております!」 ◆MF秋葉勝(33) 今シーズン成績:明治安田生命J2リーグ4試合 通算成績:明治安田生命J1リーグ87試合4ゴール、明治安田生命J2リーグ337試合26ゴール、カップ戦12試合3ゴール 選手コメント 「2年半の間ありがとうございました。昨年チームを離れ、また戻ってきた時に温かく迎えいれてもらえて嬉しかったです。今シーズンはチームに貢献することができず悔しかったですが、いいときも悪いときも温かく応援してくださり力になりました。この経験をこれからの人生に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました」 ◆MF富田康仁(27) 今シーズン成績:明治安田生命J2リーグ3試合、天皇杯1試合 通算成績:明治安田生命J2リーグ13試合、明治安田生命J3リーグ23試合3ゴール 選手コメント 「ツエーゲン金沢という素晴らしいクラブで5年間プレーさせていただき、本当に幸せな日々でした。どんなときも温かく全力で応援してくださったサポーター・パートナーの皆様には、ただただ感謝しかありません。本当にありがとうございました」 「在籍した5年間色々な事がありましたが、JFL・J3・J2という道を、このチームと共に歩めたことは僕の誇りであり、とてつもなく大きな財産です。 大好きな金沢を離れるのは辛いですが、この経験を糧にもっともっと成長出来るように頑張ります。いつの日かツエーゲン金沢がJ1の舞台で戦うことを願っています。そして心から応援しています。5年間、本当にありがとうございました!」 ◆DF嶺岸佳介(26) 今シーズン成績:出場記録なし 通算成績:明治安田生命J2リーグ13試合、明治安田生命J3リーグ12試合 選手コメント 「今シーズンをもって金沢を離れることになりました。この4年間良い時も悪い時も、いつも温かい声援を送り続けてくれたファン・サポーターの皆様には本当に感謝しています。1年目のJ3初年度優勝にはじまり、沢山の経験をさせてもらえたこと、そして素晴らしい仲間に恵まれたことは僕にとっての財産になりました。またいつか成長した姿を見せられるように頑張りますので応援して頂けたら嬉しいです。ツエーゲン金沢が今以上に魅力あるクラブになって地元金沢・石川の皆様にもっともっと愛されるクラブになることを願っております。4年間本当にありがとうございました」 ◆MF星野有亮(25) 今シーズン成績:出場記録なし 通算成績:明治安田生命J2リーグ25試合1ゴール 選手コメント 「3年間という短い時間でしたが、ツエーゲン金沢の一員として戦えたことを誇りに思います。またサポーターの皆様、いつも温かい声援を送っていただきありがとうございます。成長した姿を見せられるようにこれからも頑張っていきます。3年間ありがとうございました!」 ◆GK原田欽庸(31) 今シーズン成績:出場記録なし 通算成績:明治安田生命J2リーグ90試合、明治安田生命J3リーグ33試合 選手コメント 「ツエーゲン金沢でのプレーは、今シーズン限りとなりました。4年間という短い間でしたが、熱い応援ありがとうございました!J3の時からツエーゲン金沢に加入させてもらい、J2昇格をサポーターのみなさん・選手・コーチ・監督と分かち合えた事が僕の最高の思い出です!去年はJ2残留という目標になってしまいましたが、みんなが1つになって戦えた事が嬉しくて楽しかったです!」 「今年は自分に力がなく試合に出ることができず、ツエーゲン金沢の力になれずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。残り1試合ですが、チームのため全力で戦います! 4年間、本当にありがとうございました!」 2017.11.17 16:56 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田、DF浦島貴大との契約満了を発表

▽ブラウブリッツ秋田は17日、DF浦島貴大(29)との契約を満了することを発表した。現行の契約は今シーズン終了までとなっている。 ▽滋賀県出身の浦島は、2014-15シーズンにFC琉球でプロデビュー。秋田には2016年から所属していた。今シーズンはここまで、明治安田生命J3リーグ2試合に出場しており、プロ通算ではJ3リーグ89試合8ゴールを記録している。 ▽また、浦島は10月14日に行われたJ3第27節のSC相模原戦で右ヒザ前十字じん帯再断裂の負傷をしており、11月21日に手術を行う予定であることも伝えられている。同選手は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントをした。 「今シーズン限りで退団することになりました。怪我で苦しんだシーズンとなり、チームに何1つ貢献できなかったことに悔しさでいっぱいです。まだまだサッカー人生諦めたくありません。必ず怪我を治し、ピッチの上に戻りたいと思っています。厳しく辛い状況ではありますが、頑張りたいと思います」 「怪我をして試合に出れない間も声をかけていただいたサポーターやスポンサーの方、応援していただいた全ての方に大変感謝しています。ありがとうございます!秋田にスタジアムができ、J2に昇格できる日を楽しみにしてます。2年間ありがとうございました!」 2017.11.17 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

J1からJ3まで3リーグでプレーした大分DF山口貴弘が今シーズン限りで現役引退…湘南、長崎でもプレー

▽大分トリニータは17日、DF山口貴弘(33)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽山口は東京都出身で、帝京高校から早稲田大学へと進学し、2007年に湘南ベルマーレに入団。2012年までプレーすると、2013年からV・ファーレン長崎へと移籍。大分には2015年に加入した。 ▽湘南時代の2010年にはJ1を、大分での2016年にはJ3を経験し、J1、J2、J3と3リーグでプレーしている。J1通算20試合出場1得点、J2通算223試合出場7得点、J3通算14試合出場。カップ戦は4試合出場、天皇杯は17試合に出場していた。山口はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りでプロサッカー選手としての現役を引退することにしました。これまでたくさんのファンの方々、サポーター、ボランティア、スポンサー、監督、コーチ、スタッフ、チームメイト、家族、様々な方に支えられて11年間プレーすることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「大歓声の中でプレーすることは何物にも代え難い喜びでした。大分トリニータという素晴らしいチームで最後を迎えられることに嬉しさと誇りを感じています。これまで多くの素晴らしい指導者の方々に育てていただきました。今後は自分もその道を歩み、成長を促していけるような人間になっていきたいと考えています」 ▽なお、山口は19日(日)に行われるホームゲーム最終戦となる明治安田生命J2リーグ最終節のロアッソ熊本戦のセレモニーで挨拶をするとのことだ。 [写真はV・ファーレン長崎時代の山口貴弘] 2017.11.17 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

残留争い中の甲府が吉田達磨監督の来季続投を発表「残りの3試合で全力を尽くし戦います」

▽ヴァンフォーレ甲府は17日、吉田達磨監督(43)の来シーズンの続投を発表した。 ▽柏レイソルに指導者やフロントとして長年在籍した吉田監督は、今シーズンから甲府の指揮官に就任。守備がベースであったチームに攻撃の意識を植え付けるなど方針転換も、残り3試合で残留争い中と苦しい状況が続いている。 ▽それでも終盤には上位の横浜F・マリノス、柏レイソルと勝利を収めるなど結果も出てきていた。 ▽吉田監督はクラブを通じてコメント。J1残留に向けての意気込みを語った。 「まず、まだ残留を決めていないにも関わらず、この私に来シーズンも指揮を執るチャンスを与えていただいたクラブに感謝しています。そして、毎日私のトレーニングを受け入れ、一生懸命走ってくれる選手たちにも感謝したいと思います」 「ヴァンフォーレ甲府の監督に就任してから、外から見ていた以上に、ファン、サポーター、スポンサー、クラブスタッフの想いの詰まった愛のある、そして一体感のある本当に素晴らしいクラブだと毎日感じています」 「2017年に出会った選手たちと共に、残留を勝ち取るためにすべてを出し切ります。そして、素晴らしい2018シーズンを迎えるためにも、残りの3試合で全力を尽くし戦います。引き続き熱い応援をよろしくお願いします」 ▽甲府は現在残留ラインギリギリの15位に位置。18日の第32節で18位のアルビレックス新潟と、26日の第33節で17位の大宮アルディージャと、12月2日の最終節でベガルタ仙台と対戦する。 2017.11.17 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

山形が37歳DF石川竜也の今季退団を発表 「最終戦もいつもと同じように」

▽モンテディオ山形は16日、DF石川竜也(37)と来シーズンの契約を結ばないことを発表した。 ▽静岡県出身の石川は、2002年に筑波大学から鹿島アントラーズに入団すると、以降は東京ヴェルディ、山形にそれぞれ期限付き移籍。2009年に完全移籍で山形に再加入した。17年間のプロキャリア通算成績はJ1リーグ通算161試合4ゴール。J2リーグ222試合10ゴール、Jリーグカップ27試合、天皇杯24試合2ゴールをマーク。今シーズンはここまでJ2リーグ6試合に出場している。 ▽今シーズン限りで山形を離れる石井はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「モンテディオ山形でのプレーは今シーズン限りとなりました。11年間、皆様に支えられ素晴らしい時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました」 「最終戦もいつもと同じように全力でチームの勝利のために戦いますので、プレーに集中させて頂ければと思います。来季については、決まり次第お伝えさせていただきます。今シーズン最後の試合、熱い応援よろしくお願いします」 2017.11.16 19:25 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース