横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラが再来日 前月10月に負傷で一時帰国2017.11.14 11:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは14日、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラの再来日を発表した。

▽ウーゴ・ヴィエイラは10月14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節の大宮アルディージャ戦で右ヒザを負傷。治療のため、一時帰国していた。

▽クラブによれば、ウーゴ・ヴィエイラは13日に再来日。本日14日よりチームに合流するという。

▽ウーゴ・ヴィエイラは今シーズンから横浜FMでプレー。ここまでJ1リーグ23試合に出場してチームトップの10ゴールをマークしている。

コメント

関連ニュース

thumb

遠藤強烈ボレーの鹿島が連勝! 中澤メンバー外の横浜FMは連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節の鹿島アントラーズvs横浜F・マリノスが、19日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ▽7位鹿島(勝ち点32)は、2-1で勝利した前節のV・ファーレン長崎戦からスタメンを3名変更。安部、土居、金森に代えて、永木、鈴木、セルジーニョを起用した。 ▽14位横浜FM(勝ち点23)は、1-2で敗北した前節の名古屋グランパス戦からスタメンを3名変更。中澤、喜田、ウーゴ・ヴィエイラに代えて、チアゴ・マルチンス、大津、伊藤を起用した。中澤はメンバー外となりフィールドプレーヤー歴代最多の199試合連続出場、178試合連続フル出場記録が途切れ、FC東京からの加入が発表された久保はベンチ入り。また、新加入のチアゴ・マルティンスが初先発となった。 ▽試合の立ち上がり、後方でのボール回しから丁寧に組み立てようとする横浜FMに対して、鹿島は[4-4-2]のラインを敷きつつボールホルダーに積極的なチェックをかけて対応。中盤での奪い合いが続く。 ▽30分、鹿島がチャンスを作り出す。遠藤のスルーパスに抜け出した鈴木がボックス内右からクロスを供給し、ファーでレオ・シルバが収める。しかし、素早く左足で放ったシュートはうまくミートせず、枠を捉えることができない。 ▽その後、鹿島が徐々に攻勢を強めて横浜FMゴールに迫っていく。33分にレオ・シルバがミドルシュートを放てば、36分には山本の左サイド深い位置からのクロスが、DF栗原のあわやオウンゴールというシーンを生み出す。 ▽しかし、お互いに前半中にネットを揺らすことはできず。試合はゴールレスで折り返しを迎えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半開始早々の49分、前半から優勢を保つ鹿島が試合を動かす。最前線の鈴木がロングボールを上手く頭で落とすと、ボックス手前の遠藤が胸トラップをして左足を一閃。強烈なシュートがGK飯倉の腕を弾き、ゴールに吸い込まれた。 ▽流れを変えたい横浜FMは、2枚替えを敢行。松原、山田に代えて、イッペイ・シノヅカ、ウーゴ・ヴィエイラを送り出した。対する鹿島も67分位セルジーニョに代えて土居を投入し、前線の圧力を緩めない。 ▽70分、横浜FMにチャンスが訪れる。ウーゴ・ヴィエイラがボックス内右に侵攻し、天野にボールを渡す。しかし、天野が素早く振り抜いたシュートは枠を捉えない。 ▽続く72分にも、横浜FMにビッグチャンスが訪れる。ボックス内に抜け出した伊藤のシュートが阻まれると、ボールはウーゴ・ヴィエイラの下へ。すると・ウーゴ・ヴィエイラはサイドに追いやられながらも、GK曽ヶ端まで剥がしてシュートを放つ。しかし、これは枠を外れた。 ▽さらに80分、またしても横浜FMの攻撃。天野が左サイド浅い位置からクロスを送ると、ボックス内中央のウーゴ・ヴィエイラがヘディングシュートを放つ。しかし、これも枠を捉えられず試合を振り出しに戻すことはできない。 ▽結局、横浜FMの再三の仕掛けも実らず。試合は鹿島が1-0のリードを守る形で終了した。 ▽この結果、鹿島は連勝に突入。横浜FMは連敗を喫することとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMの“鉄人”中澤佑二の記録ストップ 鹿島戦ベンチ外

▽横浜F・マリノスに所属する元日本代表DF中澤佑二(40)の記録がストップした。 ▽中澤は、19日に行われる明治安田生命J1リーグ第23節の鹿島アントラーズ戦でメンバー外に。フィールドプレーヤー歴代最多の199試合連続出場、178試合連続フル出場記録が止まった。 ▽2月に40歳の誕生日を迎えた中澤は、集大成と位置付ける今シーズンで集大プロ20年目。2012年9月から約6年間にわたって積み上げてきた偉大な記録がついに途切れた。 2018.08.19 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMがマケドニア代表MFバブンスキーとの契約解除を発表「トリコロールのユニフォームを纏いプレーできたことは大きな喜び」

▽横浜F・マリノスは16日、マケドニア代表MFダビド・バブンスキー(24)との契約解除を発表した。両者合意の下での契約解除となる。 ▽ダビド・バブンスキーは、バルセロナのカンテラ出身で、2016年1月にレッドスター・ベオグラードへと完全移籍。2017年1月に横浜FMにフリートランスファーで加入した。 ▽加入1年目は明治安田生命J1リーグで20試合に出場し3ゴール1アシストを記録。開幕戦となった浦和レッズ戦でゴールを決め、デビュー戦ながらシーズン最初のゴールを記録するなど活躍したが、2年目の今シーズンはリーグ戦で5試合、YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で1試合の出場に留まっていた。ダビド・バブンスキーはクラブを通じてコメントしている。 「この度、クラブとの合意のもと、契約を解除することになりました。このような形で去ることになり残念ですが、大好きな日本でプレーする機会を与えられたことに、感謝したいです。トリコロールのユニフォームを纏いプレーできたことは大きな喜びでしたし、家族と共にとても良い時間を過ごすことができました」 「良い時も悪い時も変わらず応援し続けてくれたファン・サポーター、選手として多くを学ばせてもらったチームメイトとコーチたち、日々サポートしてくれた通訳やホペイロをはじめとしたチームスタッフの皆さまに深く感謝いたします。そして、スポンサーやクラブスタッフなどF・マリノスに関わる全ての人たちにも感謝いたします。今シーズン、そして将来にわたってクラブの幸運を祈っています」 2018.08.16 11:39 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英、横浜FMへ期限付き移籍「新たなチャレンジが必要だと考え決断」

▽横浜F・マリノスは16日、FC東京に所属するU-19日本代表MF久保建英(17)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年12月31日まで。なお、FC東京との全ての公式戦に出場することができない。 ▽幼少期にバルセロナのアカデミーに入団した久保は、国際サッカー連盟(FIFA)から受けた18歳未満外国人選手保有禁止処分で公式戦出場ができなくなり、2015年3月に帰国を余儀なくされ、FC東京の下部組織に入団。2016年にU-23チームとして明治安田生命J3リーグに出場してJリーグデビューを飾ると、翌年にはプロ初ゴールを記録した。 ▽今シーズンは序盤こそカップ戦をメインにトップチームでも出場していたものの、その後は再びU-23チームでプレー。ここまで明治安田生命J1リーグ4試合、YBCルヴァンカップ6試合1得点、明治安田生命J3リーグ10試合3得点という成績を残していた。 ▽横浜FMへの期限付き移籍が決定した久保は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「今回、横浜・Fマリノスでプレーできるチャンスを頂き感謝しています。間で受けてからのドリブルやシュート、状況判断が自分の得意なプレーだと思っています。チームの目標達成の為、全力で頑張りたいと思いますので、ご声援をお願いします」 ◆FC東京 「このたび、横浜F・マリノスに期限付き移籍をすることになりました。優勝争いをするチームに少しでも貢献するため、日々の練習に取り組んで来ました。ただ、自分がもっと成長するためには、新たなチャレンジが必要だと考え、今回の決断をしました。このような機会を与えていただいたクラブには感謝しています。しっかりと成長できるように、これからも頑張っていきたいと思います。引き続き応援をよろしくお願いします」 2018.08.16 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋4連勝で最下位脱出!ジョー、圧巻の2Gで横浜FMを粉砕!!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節、横浜F・マリノスvs名古屋グランパスが15日に行われ、2*1で名古屋が勝利した。 ▽湘南ベルマーレとの神奈川ダービーを制して連敗から抜け出した横浜FM。それでも攻撃陣には波があるうえ、今夏に守備の要を2人も放出してしまった代償は大きく、得点力よりも失点の多さが目立ってしまっている状況だ。そんな中迎える今節は、仲川とオリヴィエ・ブマルを代えて、栗原と山田が先発に名を連ねた。 ▽一方の名古屋は好調だ。最下位ながらも直近3連勝を収め勝ち点を底上げ。勝てば一気に降格圏脱出も期待できるこの一戦に向けて、前節と同じスタメンを起用。4連勝を目指す。 ▽試合は早々に動く。4分、自陣からのカウンターを発動した名古屋は、ガブリエウ・シャビエルが左サイドを一気に突破。敵陣を半分過ぎたところで早いタイミングでクロスを入れると、相手に体を預けながらうまく受けたジョーが、倒れながらもシュートをねじ込んで名古屋が先制した。 ▽先制点を許した横浜FMは、得意のパスサッカーで崩しにかかるが、名古屋の統一された守備を前に攻めあぐねる時間が続く。24分にはウーゴ・ヴィエイラが自ら運んでシュートまで持ち込むが、GKランゲラックにキャッチされてしまう。37分には、山田が個人技からシュートにつなげるも枠をとらえられず。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽迎えた後半、横浜FMが試合を振り出しに戻す。49分、右サイドバックの松原が相手のチェックを見ながら少しずつ持ち上がると、マークが来ないとみるや、ボックス手前右から強烈ミドルを突き刺し、同点に追いついた。 ▽松原のJ1出場100試合を飾るメモリアル弾で追いついた横浜FMはその後も天野、扇原が次々とシュートに持ち込んでいく。名古屋は60分すぎにかけて、玉田と前田を下げて和泉と相馬を投入。ガブリエル・シャビエルを中心とした攻撃を展開するが、なかなかゴールを割ることができない。 ▽互いに攻め手を欠き、このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム。右サイド深くまで攻め込んだ相馬のクロスをジョーが頭で合わせ劇的決勝弾。ジョーの4試合連続ゴールで名古屋が勝ち越しに成功し、4連勝を収めた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:54 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース