横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラが再来日 前月10月に負傷で一時帰国2017.11.14 11:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは14日、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラの再来日を発表した。

▽ウーゴ・ヴィエイラは10月14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節の大宮アルディージャ戦で右ヒザを負傷。治療のため、一時帰国していた。

▽クラブによれば、ウーゴ・ヴィエイラは13日に再来日。本日14日よりチームに合流するという。

▽ウーゴ・ヴィエイラは今シーズンから横浜FMでプレー。ここまでJ1リーグ23試合に出場してチームトップの10ゴールをマークしている。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMvsC大阪に仮面女子が登場! 18日から『BFBチャンピオンズ2.0』とコラボ開始!

▽『BFBチャンピオンズ2.0 〜Football Club Manager〜』(以下、『BFBチャンピオンズ2.0』)を配信する株式会社サイバードは14日、11月中に実施する仮面女子コラボでゲーム内に登場するメンバー11人と、コラボ開始日が決定したことを発表した。 ▽『BFBチャンピオンズ2.0』は、18日(土)から仮面女子とコラボを開始。仮面女子随一のサッカーファンである北村真姫さんが選定したメンバー11名も発表された。 【ゲーム内登場メンバー】 桜雪、黒瀬サラ、小島夕佳 神谷えりな、川村虹花、楠木まゆ 立花あんな、窪田美沙、北村真姫 桜のどか、月野もあ ▽また、コラボ開始日である11月18日(土)には、明治安田生命J1リーグ第32節の横浜F・マリノスvsセレッソ大阪が行われる日産スタジアムに登場!BFBチャンピオンズ2.0特別ブースが出店され、プレゼントがもらえるミニゲームや記念撮影ができる仮面女子3D選手パネルの設置が予定されている。 ▽さらに、スタジアム内トリコロールステージには仮面女子から川村虹花 楠木まゆ 北村真姫 森カノン 坂本舞菜の5人のメンバーが登場し、ミニライブを実施する。 2017.11.14 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM電撃発表! エリク・モンバエルツ監督が今季限りで退任

▽横浜F・マリノスは2日、エリク・モンバエルツ監督(62)の今シーズン限りでの退任を電撃発表した。 ▽フランス人指揮官のエリク・モンバエルツ監督は、2015シーズンから横浜FMを指揮。現時点までチームにタイトルをもたらすことこそできていないものの、今シーズンは明治安田生命J1リーグ5位につけてAFCチャンピオンズリーグ出場権争いに導き、天皇杯でもベスト4に進出する手腕を発揮している。 ▽なお、後任に関しては現時点で未定。3年間にわたって率いてきた横浜FMを去ることになったエリク・モンバエルツ監督は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「今シーズンをもって横浜F・マリノスを離れることとなりました。この数年間、日本で働くことができたこと、また日本文化に触れることができたことは、素晴らしい経験でした。結果が出なく苦しんだときもありましたが、選手やファン・サポーターのみなさまと素晴らしい思い出を共にすることもできました」 「しかし、いまはそんな思い出に浸ることなく、チームが来季のACLに出場することができるよう良い結果をシーズンが終わるまで求めていくことが、私の最大の願いです。個人そしてチームレベルでたくさんの改善がみられていますので、我々がその目標を達成できると信じています」 我々の選手たちをサポートしてくれるファン・サポーターのみなさまに深く感謝いたします。みなさまの応援は我々に最後まで戦い抜くためのエネルギーを与えてくれます。ぜひスタジアムでシーズン最後の瞬間まで共に戦いましょう。みなさまからの全ての応援に心より感謝申し上げます」 2017.11.02 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田が川又の2発で横浜FMを撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節のジュビロ磐田vs横浜F・マリノスが29日にエコパスタジアムで行われ、2-1で磐田が勝利した。 ▽ここまで14勝9分け7敗で6位の磐田(勝ち点51)と同16勝7分け7敗で3位につける横浜FM(勝ち点55)が相まみえた。ホームの磐田は、2-2で引き分けた前節のアルビレックス新潟戦から出場停止の高橋に代えて小川を起用する1点を変更。対する横浜FMも、3-2で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦からマルティノスの代わりに遠藤を起用する1カ所を変更している。 ▽強い雨が降る中で始まった試合は、立ち上がりに横浜FMが決定機を迎える。3分、ボックス右で仕掛けた天野のクロスに正面でフリーとなった伊藤が合わせる。しかし、このヘディングシュートは枠に飛ばすことができず、ゴール左へ。横浜FMが先制の絶好機を逸する。 ▽前半の半ばにかけては、拮抗した堅い展開で推移する。そんな中、30分に試合の均衡を破ったのは横浜FMだった。伊藤のパスからボックス右で仕掛けた遠藤が森下に倒されてPKを獲得。このPKでキッカーの伊藤が放ったシュートは一度、GKカミンスキーに防がれるも、こぼれ球を自ら詰めて先制点をもたらした。 ▽しかし、磐田もここから反撃。すると、40分に同点に追いついた。ペナルティアーク付近でボールを受けた川又がDFを背負いながらも反転してミドルシュート。DFにディフレクトしたボールがゴール右に決まり、磐田が試合を振り出しに戻した。 ▽迎えた後半、先にゴールへ迫ったのは磐田だった。52分、ペナルティアーク右付近で川又が倒されて得たFKで、キッカーはもちろん中村。十八番の浮かせて巻くボールを蹴ると予想される中、中村はジャンプした壁の下を狙う。これがうまく抜けてゴールに飛んだが、右ポストに弾かれて2点目とはならなかった。 ▽攻勢に出る磐田は63分にもチャンスをつくる。ペナルティアーク付近でアダイウトンが落としたボールに素早く反応した攻撃参加中の大井がボレー。このシュートが枠を捉えるが、GK飯倉の好セーブに遭う。 ▽それでも、65分にはゴールを挙げる。味方からのバックパスをGK飯倉がトラップミス。これをボックス左付近で拾ったアダイウトンが縦に仕掛けて折り返すと、正面の川又が無人のゴールに流し込み、磐田が逆転した。 ▽さらに磐田は67分、左サイドからのFKで意表を突いて直接狙った中村のシュートが左ポストに直撃。一方の横浜FMは77分には天野、遠藤を下げて富樫、イッペイ・シノヅカを入れて同点弾を狙う。 ▽土砂降りの雨になった終盤は比較的オープンな展開で進むも、ゴールは生まれずにそのまま終了。磐田がリーグ6戦負けなしとした一方、横浜FMは4戦ぶりの黒星で逆転優勝が絶望的となっている。 2017.10.29 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】再戦を制して目標に突き進むのは《柏vs川崎F》

▽29日、明治安田生命J1リーグ第31節が開催。今節は、5位の柏レイソルが2位の川崎フロンターレを本拠地・日立柏サッカー場に迎える一戦をピックアップする。 <span style="font-weight:700;">◆天皇杯での対戦から中3日で迎える再戦</span> ▽今シーズンのここまで16勝6分け8敗で勝ち点54を積み重ねている5位の柏と、18勝8分け4敗で勝ち点62を積み重ねて2位につける川崎F。順調に勝ち点を蓄積して上位に位置している両者だが、リーグ戦での直近3試合の成績は柏が1分け2敗に対して、川崎Fが3勝と対照的だ。 ▽そんな中、両者は25日に行われた第97回天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝でベスト4進出を賭けて激突。試合は立ち上がりから柏がMF中村憲剛やFW小林悠らを先発から外した川崎Fを押し込み、FWクリスティアーノの1点で2年ぶりのベスト4進出を決めた。 ▽天皇杯の生き残りを懸けた一戦から中3日。両者はリーグでのそれぞれの目標達成に向けて正念場を迎える。ACL出場を目指す柏は、ACL圏内に位置する3位の横浜F・マリノスと勝ち点差「1」。悲願の初優勝を目指す川崎Fは首位・鹿島アントラーズとの勝ち点差「2」に迫っている。今節の結果次第では、その目標順位に到達する可能性もある試合。24日時点で完売したチケットが物語るように注目度高き一戦に間違いない。 <span style="font-weight:700;">◆天皇杯の勢いでACL圏内へ~柏レイソル~</span> ▽先述の通り、リーグ戦では3試合白星がない。それでも2年ぶりのベスト4進出を決めた天皇杯での一戦は、勝利を手にしてムードが好転した他、内容としても手応えを掴む結果となった。下平隆宏監督が「攻撃して、ボールを保持して、なんとか自分たちの時間を多く作る」と述べたプラン通り、前からのプレッシングやGKを含めたビルドアップが奏功し、川崎Fを攻略。この一戦に向けても良いイメージを持つことができたはずだ。 ▽それでも、懸念材料があることも否めない。先日の一戦で川崎Fは数人のメンバーを入れ替えたのに対して、柏はベストメンバーを起用。中3日での連戦にコンディション面で不安を抱える中、DFユン・ソギョンやMF武富孝介が前節負傷したことで台所事情も厳しい。今節コンディション面で上回る川崎Fを相手に先日と同様の戦いを最後まで維持できるか。ACL圏内浮上のチャンスもある中、天皇杯の勢いとホームの後押しを背に正念場を乗り切りたい。 <span style="font-weight:700;">◆本領発揮で逆転優勝へ~川崎フロンターレ~</span> ▽リーグ戦では3連勝中と絶好調。しかし、天皇杯では結果と伴って低調な内容で終わった。自慢の攻撃力は対策されてしまい、後半の中村憲と小林悠、登里の投入も流れを引き寄せるには至らず。鬼木達監督が「守備に追われてしまった」「考える順番を攻撃から考えることができていなかった」と述べるように攻守において呼吸が合わず課題を残した。 ▽今節を見据えて先日の一戦でターンオーバーを採用したことで、一定の改善は見込めるだろう。しかし、主軸となる中村憲や小林悠を完全に休ませることができなかったのは痛い。前節に続くMFエドゥアルド・ネットの出場停止も中盤の組み合わせを迷わせる悩みの種。柏と同様に台所事情が厳しい中で、体力面のアドバンテージを生かしてどれだけ本来のスタイルを発揮できるか。鬼木監督の手腕も問われる総力戦。首位浮上に向けて意地でも勝ち点3を持ち帰りたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆柏レイソル</span>(4-2-3-1)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171027_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中村航輔 DF:小池龍太、中谷進之介、中山雄太、輪湖直樹 MF:小林祐介、キム・ボギョン、伊東純也、中川寛斗、ハモン・ロペス FW:クリスティアーノ 監督:下平隆宏 ▽上記の通り、天皇杯と同様のメンバーで臨むことが考えられる。1つ変更点があるとすれば、右すねの負傷から今週全体練習に合流したMF大谷秀和のボランチの位置か。先日の試合で右サイドを攻略したMF伊東純也、1トップとして1ゴールを奪った出場停止明けのクリスティアーノは引き続き同じポジションに入るだろう。 <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>(4-2-3-1)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171027_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:新井章太 DF:エウシーニョ、奈良竜樹、エドゥアルド、車屋紳太郎 MF:谷口彰悟、森谷賢太郎、家長昭博、中村憲剛、長谷川竜也 FW:小林悠 監督:鬼木達 ▽一方の川崎Fは、天皇杯からメンバーを数人変更。DF谷口彰悟が出場停止中のエドゥアルド・ネットのボランチを務める他、DFエウシーニョ、MF長谷川竜也が万全のコンディションで先発する。右MFには出場停止明けのMF家長昭博が入ることを予想するが、MF森谷賢太郎の勤続疲労を考慮すれば、ボランチの一角を中村憲が務め、トップ下に家長という選択もありそうだ。 <span style="font-weight:700;">【キープレーヤー】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWクリスティアーノ</span>(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171027_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽キープレーヤーは、出場停止明けのクリスティアーノ。先日の天皇杯では、ゴールを含めて高いパフォーマンスを発揮し、不調に陥っていたチームを呼び覚ました。J1通算50得点達成もあと3ゴール。天皇杯同様、川崎Fのタイトル獲得の夢を打砕き、ACL圏内へと導けるか、ストライカーの働きに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆MF谷口彰悟</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171027_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽川崎Fは、ここまでリーグ戦全試合フル出場中の谷口をチョイスする。前節では、久々のボランチでの出場も攻守に存在感を示して先制点も奪取。現時点で7ゴールを記録しており、その全てがセットプレーの流れから。ゴール前でのポジショニングには注目だ。本来のディフェンス能力を発揮した柏の攻撃の寸断にも期待がかかる。 2017.10.27 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

磐田を退けた横浜FMが2年連続で準決勝進出!!《天皇杯》

磐田を退けた横浜FMが2年連続の準決勝進出!《天皇杯》 ▽第97回天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝、横浜F・マリノスvsジュビロ磐田が25日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-0で横浜FMが勝利した。 ▽4回戦でサンフレッチェ広島と延長戦にまで持つ込む死闘を制した横浜FMと、AC長野パルセイロに辛勝した磐田が激突した一戦。ホームの横浜FMは直近の鹿島アントラーズ戦からスタメンを大幅に変更し、パク・ジョンスや栗原、扇原や富樫が先発に名を連ねた。対する磐田は直近のアルビレックス新潟戦から6人を変更。小川や藤田が先発に起用されたほか、中村俊やアダイウトンといった主力も先発入りした。 ▽序盤から積極的に攻める磐田は、11分にアダイウトンがボックス右からGKを強襲。そのプレーで得た右CKから最後は川辺が決定機を迎えるが、シュート体勢が悪くGKにキャッチされてしまう。 ▽14分にはボックス左手前という絶好の位置でFKを得た磐田は、ボールをセットした中村俊ではなく上田が左足で狙うが惜しくもサイドネット。ここまで守勢の横浜FMは、ボールを持ってもスロー攻撃の姿勢をとる。 ▽そんな横浜FMに対して果敢に攻撃を仕掛ける磐田は、28分に川辺が味方とのパス交換からゴール前でシュートを放つが、DFにブロックされる。守勢の横浜FMがチャンスを迎えたのは41分、ボックス手前でパク・ジョンスの浮き球パスを受けた前田がダイレクトシュートを放つが枠の上へ飛んでしまう。 ▽迎えた後半、横浜FMは絶好のチャンスを迎える。54分、右CKをダビド・バブンスキーが上げると、富樫がフリーでヘディングシュートを放つ。しかし、カバーに入った中村俊に弾き出され、惜しくもゴールとはならなかった。 ▽その後は拮抗した試合展開を見せる。左右にボールを散らしながらゴールに迫る磐田は、79分に右サイドのクロスを弾き返されると、セカンドボールに反応した川辺がボレーで狙うがGKの正面を突いてしまう。 ▽徐々に激しさが増す試合は81分に動きを見せた。ダビド・バブンスキーの敵陣中央左からのクロスを、ボックス右の遠藤がグラウンダーで折り返す。それを弾こうとGK三浦が手で触れるが、そのボールが高橋に当たりゴールに吸い込また。 ▽ラッキーな形で先制点を奪った横浜FMは、試合終了間際にもダビド・バブンスキーがクロスバー直撃のシュートを放つなど、磐田の反撃を許さず試合をクローズ。1-0で勝利した横浜FMが、2年連続の準決勝進出を果たした。 2017.10.25 21:10 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース