横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラが再来日 前月10月に負傷で一時帰国2017.11.14 11:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは14日、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラの再来日を発表した。▽ウーゴ・ヴィエイラは10月14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節の大宮アルディージャ戦で右ヒザを負傷。治療のため、一時帰国していた。

▽クラブによれば、ウーゴ・ヴィエイラは13日に再来日。本日14日よりチームに合流するという。

▽ウーゴ・ヴィエイラは今シーズンから横浜FMでプレー。ここまでJ1リーグ23試合に出場してチームトップの10ゴールをマークしている。

コメント

関連ニュース

thumb

山中亮輔の代表初ゴール、代表史最速のデビュー弾に

▽横浜F・マリノスに所属する日本代表DF山中亮輔が代表史に名を刻んだ。 ▽山中は、20日に行われたキリンチャレンジカップ2018のキルギス代表戦に先発。代表デビュー戦ながら開始2分にファーストプレーとなる左足シュートで代表初得点をマークした。 ▽この得点は、代表最速のデビュー弾。2015年8月2日に行われた東アジアカップの北朝鮮代表戦で浦和レッズのFW武藤雄樹がマークした3分がこれまでの最速記録だった。 ▽なお、山中はキルギス戦にフル出場。来年1月に開幕するアジアカップの代表メンバー入りに期待がかかる。 2018.11.20 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが横浜FMに制裁…元社員がクラブ資金3300万円を私的流用

▽Jリーグは20日、横浜F・マリノスに対する制裁を発表した。 ▽報告によれば、横浜FMの元社員が2012〜2018年の約7年間にかけて、収入印紙の管理担当者に業務上必要であると騙した上で収入印紙を購入させ、受領することでクラブの資金約3300万円を私的に流用したという。 ▽Jリーグは、Jリーグ規約第3条[遵守義務]第2項および、第23条[健全経営]第3項の違反に該当するとして、横浜FMに対する制裁を決定。けん責と制裁金300万円の処分を科した。 ▽なお、Jリーグは「今後、全クラブに対して、同様の事態が発生しないよう内部統制の整備状況に関する確認と指導を強化する」としている。 2018.11.20 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMユースが2010年以来2度目の制覇! 清水ユースの2冠を絶つ《Jユースカップ》

▽18日にミクニワールドスタジアム北九州で行われた2018Jリーグユースカップ決勝の清水エスパルスユースvs横浜F・マリノスユースは、横浜FMユースが2-1で勝利した。 ▽試合は横浜FMユースが38分、ハーフウェイライン付近からカウンター。ドリブルでバイタルエリア右に侵攻した得点王の栗原秀輔が右足シュートをゴール右下に決め、先制に成功する。 ▽追う清水ユースは失点直後にもピンチを迎えたが、何とか凌ぐと、前半終了間際に波状攻撃。だが、シュートがクロスバーを叩くなど運にも見放され、試合を振り出しに戻せない。 ▽引き離したい横浜FMユースは67分、ボックス右にランした木村卓斗がスペースに出されたスルーパスに反応。中に切り込みながら左足シュートをゴール右隅に決め、リードを広げる。 ▽ところが、清水ユースは69分、流れるようなパス交換で崩した右サイドからゴール中央にグラウンダーのクロス。この対応に入った五十嵐大悟のオウンゴールを誘い、1点を返す。 ▽だが、試合はそのまま終了。横浜FMユースが日本クラブユースサッカー選手権に続く優勝を狙った清水ユースの夢を打砕き、2010年以来2度目のJユースカップ王者に輝いた。 清水エスパルスユース 1-2 横浜F・マリノスユース 【清水ユース】 OG(後24) 【横浜FMユース】 栗原秀輔(前38) 木村卓斗(後22) 2018.11.18 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

長崎17位以下が確定…伊藤弾の横浜FMに屈する《J1》

▽10日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた明治安田生命J1リーグ第32節のV・ファーレン長崎(18位/勝ち点29)vs横浜F・マリノス(13位/同38)は、アウェイの横浜FMが1-0で勝利した。 ▽敗れれば自動降格圏の17位以下が決まる長崎は、徳重と徳永の両ベテランが先発復帰。鈴木も負傷明け後初のスタメン入りを果たした。一方、2連敗中で残留に足踏みの横浜FMは、出場停止のウーゴ・ヴィエイラに代わり、伊藤が先発に。前節欠場の遠藤がスターティングメンバーに名を連ねた。 ▽試合は13分、ボックス右深くの伊藤が何とか中央に折り返すと、ファーサイドからゴール前に猛進の遠藤が飯尾のファウルを受けて、横浜FMにPKのチャンス。だが、キッカー務めた伊藤の右足シュートはGK徳重の右手を弾いて左ポストを叩き、セカンドボールを翁長にかきだされてしまう。 ▽守護神の奮起が光る長崎。その中で、完全にボールの主導権を握る横浜FMは、続く28分にも左サイドの天野がゴール前に送ったグラウンダーのクロスから伊藤に決定機が巡ってくる。ワンタッチのシュートが枠に飛ぶが、ここも徳重のファインセーブに阻まれ、チャンスを生かせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半も前半と同じように攻勢を続ける横浜FM。大半の時間で攻撃の主導権を握り続け、ゴールに迫るシーンを作りだしていくが、長崎の組織的かつ身体を張った守備に引っかかってしまい、なかなかゴールネットを揺らせない展開が続く。 ▽65分に遠藤に代えてイッペイ・シノヅカを投入した横浜FMはその直後、高い位置でのボール奪取からショートカウンターに持ち込み、ボックス左のイッペイ・シノヅカが中央に折り返す。ゴール前の伊藤がシュートを放つが、バウンドしたボールはクロスバーを叩く。 ▽何とか巻き返したい長崎は70分に磯村から島田にスイッチ。だが、74分に均衡を破れる。イッペイ・シノヅカが左サイドからクロスを送ると、ドゥシャンの右足ヒールシュートが伊藤の足に当たり、そのままゴール右隅へ。遂に横浜FMが先制点をもぎ取る。 ▽後がない長崎は、残る2枚の交代カードで鈴木と中村を下げ、ファンマと大本を投入。だが、オリヴィエ・ブマルと喜田を途中投入の横浜FMからゴールを奪う形を作れない。結局、横浜FMが3試合ぶりの白星。長崎のシーズン17位以下が確定した。 2018.11.10 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】降格回避なるか…高木琢也、運命の一戦へ《長崎vs横浜FM》

▽J2降格に崖っぷちのV・ファーレン長崎。10日にホームで行われる明治安田生命J1リーグ第32節の横浜F・マリノス戦はクラブの命運を懸けた大一番となる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">長崎vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>◆土俵際〜V・ファーレン長崎〜 ▽前節、残留に向けた大一番のサガン鳥栖とのダービーを落とした長崎。今節の横浜FM戦も敗れるようなことがあれば、他チームの結果次第ながら2試合を残して17位以下が確定となり、自動降格決定の可能性がある。 ▽さらに、引き分けでも鳥栖の結果次第で17位以下が決定する恐れがあり、今節は絶対に勝たなければならない一戦だ。4試合勝ちなしで正真正銘の正念場を迎えるが、鳥栖戦の内容はそこまで悲観するものではなかった。 ▽今節のポイントは、どの内容をどう勝ち点3に結びつけていくか。長崎の意地と底力が試された土俵際の戦いとなる。 ◆ルヴァン逸冠のショック〜横浜F・マリノス〜 ▽前節のFC東京戦を落とすなど、ルヴァンカップ逸冠のショックを拭えずにいる横浜FM。2連敗と足踏みが続いており、気が付けば、参入プレーオフ圏の16位サガン鳥栖がわずか2ポイント差のところまで迫ってきている。 ▽最も心配なのは、リーグ最多の53得点を誇る自慢の攻撃陣が静かなところ。ルヴァンカップ決勝を含む直近の公式戦2試合で無得点が続いており、チームのストロングポイントである攻撃にらしさを欠いた戦いが続いている。 ▽今節の相手は、崖っぷちに立たされる長崎。今節の結果次第で16位に転落する危険も孕むだけに、気を引き締めて試合に挑まなければならない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆V・ファーレン長崎[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181109_23_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:増田卓也 DF:田上大地、ヨルディ・バイス、髙杉亮太 MF:飯尾竜太朗、磯村亮太、黒木聖仁、翁長聖、澤田崇、鈴木武蔵 FW:ファンマ 監督:高木琢也<hr>負傷欠場が続くDF徳永悠平、GK徳重健太の出場は依然として微妙。ただ、前節に途中出場で復帰のFW鈴木武蔵がスタメンに戻ってきそうだ。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181109_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、ドゥシャン、山中亮輔 MF:大津祐樹、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、伊藤翔、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー<hr>▽チーム内トップ13得点のFWウーゴ・ヴィエイラが累積で出場停止のため、FW伊藤翔が先発の見込み。また、MF遠藤渓太も先発復帰の様相だ。 【注目選手】 ◆FW鈴木武蔵(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181109_23_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽長崎の注目選手は、ここまでチーム内トップの9得点を挙げる鈴木だ。前節の鳥栖戦で3試合ぶりに戦線復帰。先発復帰が有力な今節は、得点源としての働きに期待がかかる。チームのヒーローになれるか。 ◆FW仲川輝人(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181109_23_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMの注目選手は、今シーズンのここまで9得点をマークするFW仲川輝人だ。前節こそ無得点に終わり、4試合連発を逃したものの、動きはキレキレ。自身の目標である二桁得点となる一発でチームに勝利をもたらせるか。 ◆踏みとどまれるか ▽この終盤戦に険しき残留争いに身を置く長崎と横浜FM。より厳しい状況に置かれているのは前者だが、横浜FMとしてもクラブ初の降格を免れるべく、負けられない戦いとなる。崖っぷちの長崎は踏みとどまれるか。横浜FMは残留に歩みを進められるか。注目の同カードは、14時にトランスコスモススタジアム長崎でキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">残留争い直接対決!<br />長崎vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.11.09 18:05 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース