【前日会見】“世界トップクラス”ベルギーと激突へ! ハリル「どう進化すべきかわかる試合に」《国際親善試合》2017.11.14 11:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は、14日にブルージュで行われる国際親善試合でベルギー代表と対戦する。日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日記者会見に臨んだ。

▽10日にフランスで行われた国際親善試合でブラジル代表に力負けした日本。ハリルホジッチ監督は、欧州遠征の締めくくりとなるベルギー戦に向け、先発メンバーや対戦相手、修正点に言及した。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(日本代表)
「我々にとっての大きなテストがまた待ち受けている。今回も世界トップクラスのチームと対戦する。我々の長所、それから弱点を確認できる試合だ。どこに向かうべきなのか、進化すべきなのか、わかる試合になるだろう」

――先発メンバーについて
「はっきりとした形でトレーニングを積めたわけではない。(スタメンは)2、3人ほど入れ替える可能性がある。試合中は何人交代させるかわからない。あまりポジティブではなかったハイチ戦からチームを大きく変えて戦っている。この前の試合から10人もメンバーを替えるのは大きなリスクを伴うことになる。いくつかの変更はあるだろうが、ハイチ戦のように大きく入れ替えるつもりはない」

――対戦相手のベルギーについて
「ベルギーは現在、世界で最も優れた選手が集まるチームの1つ。私は旧ユーゴスラビアのことを知っている。個人としては非常に質の高い選手を揃えたチームであり、強いチームになる可能性があった。だが、選手たちは補い合い、仲間意識を持って戦わなければならない」

「もちろん、ベルギーの内部のことは私にもわからない。だが、ベルギーは長年、個人の能力が高いチームでありながら何も勝ち取れず、タイトルを取れていない状態だ。そして、試合の中身においても、10〜15分間にわたって高い攻撃力を見せたかと思えば、弱点を見せたり、消えてしまったりする時間帯もある」

「(ベルギーは)どのチームと対戦しても勝つ可能性のあるチームである一方で、いわゆる弱小国に負けることもあるチームだ。細かいところの話はあまりしたくないが、私にとって、世界トップ4〜5位に入るチーム。それは確実だ」

「そして、聞いたところによると、メキシコ戦(3-3)後に色々な議論が巻き起こっている状況のようだ。それが不安に繋がっているようであれば、それが逆に日本の力になるかもしれない。力強いベルギーと対戦することを想定して準備しなければならない」

――プレスの部分で修正点は?
「選手たちにも同じような質問をされた。いつハイプレスをかけるのか、いつ下がってブロックを作るのか。それはゲームの状況が決めることだ。ハイプレスをかけるのか、ミドルブロックを形成するのか、ローブロックを築くのか。それは私が『ここで作りなさい』と決めることではなく、ゲームの状況に合わせて作るものだ」

「つまり、ブロックは『ハイ』『ミドル』『ロー』と3つあるが、自分たちで決めることではなく、相手を見ながら状況によって形成する位置を決めるもの。(決めるのは)私ではない。もちろん、タッチラインから『前に行け』『戻れ』といった指示も出すが、それが聞こえなかったり、聞こうとされていなかったのか定かではないが、伝わっていないことがある」

「いつ、どのようにプレスをかけるのかということは選手から聞かれたが、『開始8分でハイプレス』というような指示の出し方はしていない。これはゲームコントロール、ゲームマネジメント次第だ」

――日本は本大会でポッド4に入る。上位チームとの対戦に向けた戦い方は?
「日本がワールドカップに出場すれば、ポッド4に入るだろうと予測していた。この前の試合に関しても、後半にブラジルがペースを落としたから、日本がプレーできたという評価を下した方々もいるようだ。ブラジルが日本より強いことが改めて証明されたかのような見解もあった。我々は優勝候補や、グループリーグ突破の候補ではない状況から3チームと対戦し、少なくとも2試合で結果を残さないといけない。抽選の結果がどのようなものになっても、我々が難しい状況に変わりはない。3チームとも、我々より上位のチームになるだろう」

「私はブラジル・ワールドカップでそのような経験をした。アルジェリアを率いたとき、ベルギーと同じグループに入ったが、2位になった。そのチームに対して、あと少しで勝てるところまで、74分までリードしていたが、その後に引き過ぎたためにそこを突かれて負けた。それがゲームコントロールだ。恐れて引いてしまうと、そういうことになってしまうこともある。勝つことを恐れてはいけない」

「それは日本にとって難しい状況だ。だからこそ、ワールドカップに向けて、これからもチームに変化をもたらしていかなければならない。テクニックや戦術のみならず、メンタルやフィジカルの部分も伸ばさないといけない。ブラジル戦の立ち上がりの20分間の形についても考えなければ。守備陣が15〜16回もボールを失った試合でもあった。そのような形がどこから来るのか。私は理解しているつもりだ。そこはしっかりと修正して準備しなければならない」

「このような試合は、我々が学ぶ場でもある。モダンなサッカーで何が要求されているのかを再確認でき、そのほかにもスピードや戦い、チームの形を崩さずに戦う部分やメンタル的なところも非常に重要だ。いくらクオリティがあっても迷いがあれば、その試合で失敗することになる。ただ、1試合で何が起こってもおかしなことはない。日本がワールドカップに出場するのが当たり前になり、出場が決まった今となって、簡単に思う方もいらっしゃるかもしれない」

「ブラジル戦の後半、我々のプレーが普通だったと評価する人がいるかもしれないが、取り消された得点もあった。その得点が取り消されるべきだったかはわからないがね。それに加えて、浅野(拓磨)の決定機もあった。そういったこともあり、後半にブラジルが(ペースを)落として、日本にプレーさせたという評価がある。そのような結論を下した方々がいるとお聞きしたが、私はそう思わない。ブラジル戦の後半に見せた日本の戦いに誇りを持っている」

「その試合の前に、ブラジルの試合を12〜13試合見たが、他のチームは日本が作り出したような大きなチャンスを作り出せていなかった。アルゼンチンもそこまでだった。日本の後半のパフォーマンスを過小評価している方々がいたとしても、私は選手の戦術面、メンタル的なクオリティに満足している。不運なことに、得点に繋げられなかった」

「立ち上がりの20分で0-3にされた上に、その中で2回もPKのチャンスを与えてしまった。(失点の形は)リスタートからの失点と、マルセロの右足のシュートだ。本人も右足でのゴールに驚いたことだろう。立ち上がりの20分間の分析が必要だ。3失点目も我々が良い形を作る中でのミスから失点した。そのようなことからしっかりと教訓を得なければ。ベルギー戦もそうしたい」

「『ブラジルは強かった』。あの試合でそう思った方もいたかもしれない。だが、ブラジルは格上のチーム。ベルギーもそうだ。そして、このようなチームとロシアW杯で当たるかもしれない。しっかりと自信を持って勇敢に戦えるようにならなければならない。それができなければ、ワールドカップに行くこともできず、戦うこともできないと思っている」

「後半の我々は(ブラジルを相手に)偉業を成し遂げるチャンスがあった。日本が活躍して3-3になっていたとしても、『ブラジルが(ペースを)落としたから』と言われるかもしれない。だが、選手たちはハーフタイム中に『まず1点を獲りに行こう。1点を獲れれば2点目、3点目のチャンスが必ず来る』と話し合っていた。取り消された得点は非常に微妙な判定だった」

コメント

関連ニュース

thumb

コラボキャンペーン開催!「ヴィクトリア」で観戦グッズを揃えて「HUB」で応援しよう!

▽スポーツ専門店「ヴィクトリア」が、British Pub「HUB」、「82」とコラボレーション!お得なコラボキャンペーンを6月14日(木)から7月31日(火)の期間限定で実施する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>▽世界的にスポーツが盛り上がるこのシーズン、感動や興奮を多くの人たちと共有したい方のために、「ヴィクトリア」と「HUB」がコラボ。プレーする人、応援する人のどちらにとっても充実したスポーツ用品を取り揃えている「ヴィクトリア」、「年齢も職業も性別も違う人が自由に集まり、それぞれの楽しみ方で素の自分に戻れる場所」を提供している「HUB」と「82」が感動の価値を届けるため、異業種コラボが実現した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽今回のコラボキャンペーンでは、期間中に東京、千葉、埼玉、神奈川の「ヴィクトリア」、「スーパースポーツゼビオ」の対象店舗にて、観戦グッズや応援グッズはもちろんのこと、スパイクやトレーニングウェアなど実用品など、スポーツ用品を税込み1,080円以上購入された方に、同じく1都3県にある「HUB」と「82」で利用できる『ドリンク1杯無料クーポン件』がプレゼントされる。 ▽「HUB」と「82」では、期間中にスポーツパブリックビューイングを実施。「ヴィクトリア」や「スーパースポーツゼビオ」で応援グッズを購入し、ドリンク無料券をゲットして、パブリックビューイングに参加しよう! <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※クーポン券のご利用は税込み1,000円以下のドリンクに限ります。 ※日本代表戦は予約制のためご利用いただけません。 ※未成年者のみでの「HUB」「82」店舗への入店はお断りしておりますのでご了承下さい。</span><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>【キャンペーン対象店舗】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2018.06.20 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

数的不利跳ね返せず黒星スタート…コロンビア代表指揮官「ポジティブなことがあるとすれば…」

▽コロンビア代表を率いるホセ・ペケルマン監督が、日本代表戦を振り返った。『ESPN』が伝えている。 ▽2大会連続6回目のW杯出場となったコロンビアは19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節で日本と対戦。序盤から日本を押し込みたかったコロンビアだったが、試合開始早々の3分にボックス内でのハンドで決定機を阻止したカルロス・サンチェスにレッドカードが提示されてしまう。そのPKから先制点を許すと、39分にはキンテーロのFKで試合を振り出しに戻したが、73分に勝ち越しゴールを決められ、1-2で初戦を落とした。 ▽試合後、ぺケルマン監督は日本戦を回想。試合開始早々に数的不利の状況になりながらも1点を返したことについてポジティブに捉え、次戦に切り替えた。 「我々は全く違う結果を予想していた。勝利してスタートを切りたいと思っていた」 「ポジティブなことがあるとすれば、困難な状況に対応し、一度はなんとか試合を振り出しに戻せたことだ。そのことについてはとても良いリアクションであったと思う。これを示し続ければ、残りの試合で良い結果が残せるはずだ。これからの2試合で今回の敗戦を補うことができる」 「途中からピッチへ送り出した選手によって、私が守備的なスタイルを展開することを望んでいないことを示した。日本を苦しめるためにより前方へパスを送り、両サイドを使ってプレーしたかった」 2018.06.20 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ベッカムサプライズ登場! 日本代表の歴史的勝利にお台場が歓喜! 《2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA PUBLIC VIEWING in ODAIBA FOOTBALLZONE》

▽日本のフットボールを盛り上げるスポーツコミュニティパーク『ODAIBA FOOTBALLZONE 2018』は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦に臨む日本代表の初戦となるコロンビア代表戦のパブリックビューイングを、アクアシティお台場で開催した。 ▽試合開始前には元日本代表の中田浩二氏とヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが登壇。日本が勝利するためには何が必要かと尋ねられたポドルスキは、「日本のスカウティング担当がどういう選手を使えばいいか、分かってくれているといいな」と2014年のブラジルW杯王者として独特の見解を示した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、日本代表のユニフォームを着て登場したポドルスキは、日本代表に入る気はあるかと問われると「呼ばれればね。今からでもロシアに行くよ(笑)」とコメントし、会場を沸かせた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽そして、ハーフタイム中にはなんと元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏がシークレットゲストとして登場。「ポルトガルvsスペインなんかの物凄い試合が行われているけど、やっぱり今日の日本とコロンビアは注目。日本は物凄く若いチームではあるけど、一体となっている感じがする」と日本を評した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、日本代表のユニフォームを中田氏から手渡され、「もの凄く素晴らしいユニフォームで色とデザインのセンスも抜群」と感想を述べたベッカム氏は、スタッフが用意したボールにサイン。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽MCからまだプレゼントの抽選方法が決まっていないがどうしたらいいか、と相談されると「キックかな」と返答。ボールを蹴り込む際にはスタジアムが大きな歓声に包まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽降壇する前に「日本に来るたびにすごく楽しいし家族も日本が大好きなんだ。後半もぜひ日本に頑張って欲しい」と日本にエールを送ったベッカム氏。その言葉の通り、日本が2-1で勝利を収めると2100人のサポーターが詰めかけたPV会場は歓喜の渦に巻き込まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180620_16_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽国中に希望をもたらした日本代表は、24日の24:00にセネガル代表との第2戦を迎える。 2018.06.20 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「グループの行方を複雑にした」ポーランド紙が日本の勝利を“マイアミの奇跡を再現”と伝える

日本代表と同じくグループHに入るポーランド代表の地元メディアは、コロンビア代表戦の勝利を&ldquo;ミラクル&rdquo;と報じた。<br><br>19日に行われたワールドカップのグループH初戦で日本代表はコロンビア代表と対戦。開始早々にコロンビア代表が退場者を出して得たPKを、香川真司が冷静に沈めて日本代表が先制点に成功する。一時はFKからコロンビア代表に同点弾を許したものの、後半には大迫勇也がCKに頭で合わせて決勝点を挙げ、2-1で日本代表が勝利した。<br><br>日本代表の勝利をポーランド『PREZEGLAD SPORTOWY』は「10人に陥った本命のコロンビアを日本が2-1で沈めた。これでグループHのシチュエーションが複雑になった」と伝えた。<br><br>同記事では、アトランタ五輪でブラジル撃破の快挙を成し遂げた&ldquo;不可能なことのスペシャリスト&rdquo;西野朗監督の手腕を称賛。「アキラ・ニシノは1996年に全くチャンスがないと考えられていたブラジル戦で1-0の勝利を挙げた。これは日本で&ldquo;マイアミの奇跡&rdquo;と呼ばれている。ニシノはワールドカップが開幕する4月に就任したばかりだが、サランスクで再び奇跡を起こした」<br><br>また、この試合について同メディアは「2009年にセレッソ大阪でともにプレーしたシンジ・カガワとタカシ・イヌイのデュオが試合を支配した」と2選手の活躍に言及。さらに、この試合のヒーローとして大迫勇也の名前を挙げ「オオサコは後半2度の決定機を逃したが、最後に得点を奪った」と決勝点をマークしたストライカーを高く評価した。<br><br>そして、最後に「日本がグループ初戦に勝利したことで、このグループの行方を複雑にした」と日本代表がサプライズを起こしたことによって、ポーランド代表、セネガル代表、コロンビア代表で争われると考えられていたグループHだが、突破のためには多くの計算が必要になったとまとめた。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バックアップメンバーのFW浅野拓磨が帰国

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場している日本代表にバックアップメンバーとして参加していたハノーファーのFW浅野拓磨が帰国することが決定したことを発表した。 ▽浅野は20日に帰国予定。グループHに所属する日本は、19日にコロンビア代表と対戦して2-1で勝利した。24日にセネガル代表、28日にポーランド代表と対戦する。 2018.06.20 09:15 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース