【前日会見】“世界トップクラス”ベルギーと激突へ! ハリル「どう進化すべきかわかる試合に」《国際親善試合》2017.11.14 11:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は、14日にブルージュで行われる国際親善試合でベルギー代表と対戦する。日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日記者会見に臨んだ。

▽10日にフランスで行われた国際親善試合でブラジル代表に力負けした日本。ハリルホジッチ監督は、欧州遠征の締めくくりとなるベルギー戦に向け、先発メンバーや対戦相手、修正点に言及した。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(日本代表)
「我々にとっての大きなテストがまた待ち受けている。今回も世界トップクラスのチームと対戦する。我々の長所、それから弱点を確認できる試合だ。どこに向かうべきなのか、進化すべきなのか、わかる試合になるだろう」

――先発メンバーについて
「はっきりとした形でトレーニングを積めたわけではない。(スタメンは)2、3人ほど入れ替える可能性がある。試合中は何人交代させるかわからない。あまりポジティブではなかったハイチ戦からチームを大きく変えて戦っている。この前の試合から10人もメンバーを替えるのは大きなリスクを伴うことになる。いくつかの変更はあるだろうが、ハイチ戦のように大きく入れ替えるつもりはない」

――対戦相手のベルギーについて
「ベルギーは現在、世界で最も優れた選手が集まるチームの1つ。私は旧ユーゴスラビアのことを知っている。個人としては非常に質の高い選手を揃えたチームであり、強いチームになる可能性があった。だが、選手たちは補い合い、仲間意識を持って戦わなければならない」

「もちろん、ベルギーの内部のことは私にもわからない。だが、ベルギーは長年、個人の能力が高いチームでありながら何も勝ち取れず、タイトルを取れていない状態だ。そして、試合の中身においても、10〜15分間にわたって高い攻撃力を見せたかと思えば、弱点を見せたり、消えてしまったりする時間帯もある」

「(ベルギーは)どのチームと対戦しても勝つ可能性のあるチームである一方で、いわゆる弱小国に負けることもあるチームだ。細かいところの話はあまりしたくないが、私にとって、世界トップ4〜5位に入るチーム。それは確実だ」

「そして、聞いたところによると、メキシコ戦(3-3)後に色々な議論が巻き起こっている状況のようだ。それが不安に繋がっているようであれば、それが逆に日本の力になるかもしれない。力強いベルギーと対戦することを想定して準備しなければならない」

――プレスの部分で修正点は?
「選手たちにも同じような質問をされた。いつハイプレスをかけるのか、いつ下がってブロックを作るのか。それはゲームの状況が決めることだ。ハイプレスをかけるのか、ミドルブロックを形成するのか、ローブロックを築くのか。それは私が『ここで作りなさい』と決めることではなく、ゲームの状況に合わせて作るものだ」

「つまり、ブロックは『ハイ』『ミドル』『ロー』と3つあるが、自分たちで決めることではなく、相手を見ながら状況によって形成する位置を決めるもの。(決めるのは)私ではない。もちろん、タッチラインから『前に行け』『戻れ』といった指示も出すが、それが聞こえなかったり、聞こうとされていなかったのか定かではないが、伝わっていないことがある」

「いつ、どのようにプレスをかけるのかということは選手から聞かれたが、『開始8分でハイプレス』というような指示の出し方はしていない。これはゲームコントロール、ゲームマネジメント次第だ」

――日本は本大会でポッド4に入る。上位チームとの対戦に向けた戦い方は?
「日本がワールドカップに出場すれば、ポッド4に入るだろうと予測していた。この前の試合に関しても、後半にブラジルがペースを落としたから、日本がプレーできたという評価を下した方々もいるようだ。ブラジルが日本より強いことが改めて証明されたかのような見解もあった。我々は優勝候補や、グループリーグ突破の候補ではない状況から3チームと対戦し、少なくとも2試合で結果を残さないといけない。抽選の結果がどのようなものになっても、我々が難しい状況に変わりはない。3チームとも、我々より上位のチームになるだろう」

「私はブラジル・ワールドカップでそのような経験をした。アルジェリアを率いたとき、ベルギーと同じグループに入ったが、2位になった。そのチームに対して、あと少しで勝てるところまで、74分までリードしていたが、その後に引き過ぎたためにそこを突かれて負けた。それがゲームコントロールだ。恐れて引いてしまうと、そういうことになってしまうこともある。勝つことを恐れてはいけない」

「それは日本にとって難しい状況だ。だからこそ、ワールドカップに向けて、これからもチームに変化をもたらしていかなければならない。テクニックや戦術のみならず、メンタルやフィジカルの部分も伸ばさないといけない。ブラジル戦の立ち上がりの20分間の形についても考えなければ。守備陣が15〜16回もボールを失った試合でもあった。そのような形がどこから来るのか。私は理解しているつもりだ。そこはしっかりと修正して準備しなければならない」

「このような試合は、我々が学ぶ場でもある。モダンなサッカーで何が要求されているのかを再確認でき、そのほかにもスピードや戦い、チームの形を崩さずに戦う部分やメンタル的なところも非常に重要だ。いくらクオリティがあっても迷いがあれば、その試合で失敗することになる。ただ、1試合で何が起こってもおかしなことはない。日本がワールドカップに出場するのが当たり前になり、出場が決まった今となって、簡単に思う方もいらっしゃるかもしれない」

「ブラジル戦の後半、我々のプレーが普通だったと評価する人がいるかもしれないが、取り消された得点もあった。その得点が取り消されるべきだったかはわからないがね。それに加えて、浅野(拓磨)の決定機もあった。そういったこともあり、後半にブラジルが(ペースを)落として、日本にプレーさせたという評価がある。そのような結論を下した方々がいるとお聞きしたが、私はそう思わない。ブラジル戦の後半に見せた日本の戦いに誇りを持っている」

「その試合の前に、ブラジルの試合を12〜13試合見たが、他のチームは日本が作り出したような大きなチャンスを作り出せていなかった。アルゼンチンもそこまでだった。日本の後半のパフォーマンスを過小評価している方々がいたとしても、私は選手の戦術面、メンタル的なクオリティに満足している。不運なことに、得点に繋げられなかった」

「立ち上がりの20分で0-3にされた上に、その中で2回もPKのチャンスを与えてしまった。(失点の形は)リスタートからの失点と、マルセロの右足のシュートだ。本人も右足でのゴールに驚いたことだろう。立ち上がりの20分間の分析が必要だ。3失点目も我々が良い形を作る中でのミスから失点した。そのようなことからしっかりと教訓を得なければ。ベルギー戦もそうしたい」

「『ブラジルは強かった』。あの試合でそう思った方もいたかもしれない。だが、ブラジルは格上のチーム。ベルギーもそうだ。そして、このようなチームとロシアW杯で当たるかもしれない。しっかりと自信を持って勇敢に戦えるようにならなければならない。それができなければ、ワールドカップに行くこともできず、戦うこともできないと思っている」

「後半の我々は(ブラジルを相手に)偉業を成し遂げるチャンスがあった。日本が活躍して3-3になっていたとしても、『ブラジルが(ペースを)落としたから』と言われるかもしれない。だが、選手たちはハーフタイム中に『まず1点を獲りに行こう。1点を獲れれば2点目、3点目のチャンスが必ず来る』と話し合っていた。取り消された得点は非常に微妙な判定だった」

コメント

関連ニュース

thumb

サウサンプトンが日本代表DF吉田麻也の負傷を発表…全治約5週間の見込み

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は約5週間の離脱となるようだ。同クラブを率いるマウリシオ・ペジェグリーノ監督が、22日に行われた公式会見で語った内容をクラブの公式ツイッターが伝えている。 ▽吉田は、今シーズンのここまでプレミアリーグ18試合に出場。だが、第23節のワトフォード戦を境にプレーチャンスを得られておらず、17日に行われたFAカップ5回戦のWBA戦でベンチメンバーから外れていた。 ▽その吉田は、18日に自身のツイッター(@MayaYoshida3)で「膝の怪我でしばし離脱します。やっと肉離れ後コンディションも上がってきて試合に絡めそうな時だっただけに残念ですが更にパワーアップして帰ってきたいと思います!」と、負傷を報告していた。 ▽なお、日本代表は3月中旬以降にルーマニア代表やアルジェリア代表と国際親善試合を行う欧州遠征を予定しているが、吉田の出場は絶望的となっている。 2018.02.23 02:02 Fri
twitterfacebook
thumb

広島ユースMF鮎川峻がケガのためU-17日本代表不参加…川崎FのMF有田恵人を追加招集《UAE遠征》

▽日本サッカー協会は22日、サンフレッチェ広島ユースに所属するMF鮎川峻がケガのため、UAE遠征に臨むU-17日本代表への不参加を発表した。また、川崎フロンターレU-18のMF有田恵人を追加招集することも併せて発表している。 ▽U-17日本代表は23日に出発し、3月3日まで遠征を実施。遠征先ではUAEフットボールカップに参戦し、U-17ロシア代表(26日)、U-17UAE代表(28日)、U-17バーレーン代表(3月2日)と対戦する。 2018.02.22 17:24 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】鈴井コーチ誕生の経緯

▽今週は先週に引き続き、JFLから関東リーグに降格したブリオベッカ浦安のコーチに就任した鈴井智彦くんを紹介したい。今年で46歳になる彼の指導者としてのスタートは、09年にFC琉球のヘッドコーチから始まった。JFA(日本サッカー協会)公認A級コーチの資格を取得し、その後は秋田 U-18 監督やアカデミーダイレクター、栃木のスカウティング、大分U-18の監督などを歴任し、今シーズンから浦安のヘッドコーチに就任した。 ▽彼と初めて出会ったのは、東海大学を卒業する前だった。静岡学園、東海大とサッカーの名門校を歩み、大学時代はレギュラーではなかったものの、草サッカーでは群を抜いていた(当然ではあるが)。 <span class="split"></span> ▽そんな彼が、当時務めていたサッカーダイジェストに入社を希望していると、部下だった金子達仁くんから相談を受けた。金子くんは、東海大のエースで、その後はGK大阪でプレーし、現在は宮大工をしている礒貝洋光くんと親交が深かったため、礒貝くんを通じて鈴井くんを紹介されたのだった。 ▽会ってみると、とても素直な好青年だった。そのまますんなり入社が決まったものの、サッカー一筋の人生だったため、記者・編集者としては金子くんや上司で現在はフリーの記者として活躍している戸塚啓くんから厳しい指導を受けた。 ▽そんな彼の転機となったのは、やはり金子くんの存在が大きかったのだろう。金子くんは95年の結婚を契機にダイジェストを退社し、憧れだったヨハン・クライフが監督を務めるバルセロナへ移住する。バルセロナには当時、専門誌の契約カメラマンが長く在住していたため、その縁もあって移住しやすかった。 ▽そんな金子くんを追って、同年には羽中田昌くんが指導者を目指してバルセロナへ旅立つ。さらに翌年、鈴井くんも「記者ではなくフォトグラファーになりたいんです」と相談を受け、ダイジェストを辞めた。 ▽その後、鈴井くんは08年までバルセロナに滞在し、フォトグラファーだけでなくスポーツライターとしてもナンバーなどで活躍。帰国後は金子くんが経営に関わっていたFC琉球の広報としてチームを支えていたが、いつのまにか指導者の道に転身し、J2の複数のチームを渡り歩き、今シーズンから浦安のヘッドコーチに就任した。 ▽思い起こせば金子くんの後を追ってバルセロナに渡った羽中田くんと鈴井くんが、同じチームで夢を追うのは当然のことかもしれない。2人とも指導者として成功を収めたとは言い切れないが、だからこそ浦安で頑張って欲しいと願わずにはいられない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.02.19 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表、UAE遠征メンバーを発表 G大阪ユースのMF岩本翔が招集

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、UAE遠征に臨むU-17同国代表メンバー20名を発表した。 ▽メンバーリストを見ると、ガンバ大阪ユースのMF岩本翔が招集。U-17日本代表は23日に出発し、3月3日まで遠征を行う。 ▽遠征先でUAEフットボールカップに参戦。U-17ロシア代表(26日)、U-17UAE代表(28日)、U-17バーレーン代表(3月2日)と対戦する。 ◆U-17日本代表メンバー GK 三井大輝(名古屋グランパスU-18) 板橋洋青(サガン鳥栖U-18) DF 山崎大地(サンフレッチェ広島ユース) 橋本柊哉(市立船橋高校) 岩井龍翔司(横浜F・マリノスユース) 木村誠二(FC東京U-18) 馬場晴也(東京ヴェルディユース) 半田陸(モンテディオ山形ユース) 畑大雅(市立船橋高校) MF 岩本翔(ガンバ大阪ユース) 松田詠太郎(横浜F・マリノスユース) 山崎稜介(清水エスパルスユース) 松本凪生(セレッソ大阪U-18) 鮎川峻(サンフレッチェ広島ユース) 小林夏生(横浜F・マリノスユース) 山本理仁(東京ヴェルディユース) FW 藤尾翔太(セレッソ大阪U-18) ブラウンノア賢信(横浜F・マリノスユース) 宮城天(川崎フロンターレU-18) 斉藤光毅(横浜FCユース) 2018.02.19 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランキング!日本代表は1つ上げるもアジア3番手は変わらず…

▽国際サッカー連盟(FIFA)は15日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月56位の日本代表は、ランキングを1つ上げて55位となりアジア3位をキープ。アジア1位のイラン代表は1つ上げて33位、一方、2位のオーストラリア代表は36位をキープした。 ▽今回も全体での大きな変化は見られず、1位から17位までは変動なし。18位にはランキングを2つ上げたアイスランド代表が入り、スウェーデン代表とウェールズ代表が順位を1つずつ下げている。 ▽また、3月に日本との親善試合が決定しているマリ代表はランキングを2つ上げ69位、一方、ウクライナ代表はかわらず35位に位置している。 ◆<span style="font-weight:700;">1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ドイツ(1) 2.ブラジル(2) 3.ポルトガル(3) 4.アルゼンチン(4) 5.ベルギー(5) 6.スペイン(6) 7.ポーランド(7) 8.スイス(8) 9.フランス(9) 10.チリ(10) 11.ペルー(11) 12.デンマーク(12) 13.コロンビア(13) 14.イタリア(14) 15.クロアチア(15) 16.イングランド(16) 17.メキシコ(17) 18.アイスランド(20) 19.スウェーデン(18) 20.ウェールズ(19) 21.オランダ(21) 22.ウルグアイ(22) 23.チュニジア(23) 24.アメリカ(25) 25.コスタリカ(27) 26.北アイルランド(25) 27.セネガル(24) 28.スロバキア(28) 29.オーストリア(29) 30.パラグアイ(31) 31.アイルランド(32) 31.スコットランド(32) 33.イラン(34) 34.セルビア(37) 35.ウクライナ(35) 36.オーストラリア(36) 36.ルーマニア(40) 38.トルコ(41) 39.コンゴ(43) 40.ブルガリア(42) 41.ボスニアヘルツェゴビナ(38) 42.モロッコ(39) 43.エジプト(30) 44.モンテネグロ(46) 45.ギリシャ(47) 46.チェコ(48) 47.ボリビア(49) 48.ベネズエラ(52) 49.ハンガリー(54) 50.ジャマイカ(55) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(33) 2.オーストラリア(36) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(55)</span> 4.韓国(58) 5.サウジアラビア(64) 6.中国(68) 7.ウズベキスタン(72) 8.パレスチナ(73) 9.シリア(75) 10.UAE(78) 2018.02.15 19:35 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース