【前日会見】“世界トップクラス”ベルギーと激突へ! ハリル「どう進化すべきかわかる試合に」《国際親善試合》2017.11.14 11:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は、14日にブルージュで行われる国際親善試合でベルギー代表と対戦する。日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日記者会見に臨んだ。

▽10日にフランスで行われた国際親善試合でブラジル代表に力負けした日本。ハリルホジッチ監督は、欧州遠征の締めくくりとなるベルギー戦に向け、先発メンバーや対戦相手、修正点に言及した。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(日本代表)
「我々にとっての大きなテストがまた待ち受けている。今回も世界トップクラスのチームと対戦する。我々の長所、それから弱点を確認できる試合だ。どこに向かうべきなのか、進化すべきなのか、わかる試合になるだろう」

――先発メンバーについて
「はっきりとした形でトレーニングを積めたわけではない。(スタメンは)2、3人ほど入れ替える可能性がある。試合中は何人交代させるかわからない。あまりポジティブではなかったハイチ戦からチームを大きく変えて戦っている。この前の試合から10人もメンバーを替えるのは大きなリスクを伴うことになる。いくつかの変更はあるだろうが、ハイチ戦のように大きく入れ替えるつもりはない」

――対戦相手のベルギーについて
「ベルギーは現在、世界で最も優れた選手が集まるチームの1つ。私は旧ユーゴスラビアのことを知っている。個人としては非常に質の高い選手を揃えたチームであり、強いチームになる可能性があった。だが、選手たちは補い合い、仲間意識を持って戦わなければならない」

「もちろん、ベルギーの内部のことは私にもわからない。だが、ベルギーは長年、個人の能力が高いチームでありながら何も勝ち取れず、タイトルを取れていない状態だ。そして、試合の中身においても、10〜15分間にわたって高い攻撃力を見せたかと思えば、弱点を見せたり、消えてしまったりする時間帯もある」

「(ベルギーは)どのチームと対戦しても勝つ可能性のあるチームである一方で、いわゆる弱小国に負けることもあるチームだ。細かいところの話はあまりしたくないが、私にとって、世界トップ4〜5位に入るチーム。それは確実だ」

「そして、聞いたところによると、メキシコ戦(3-3)後に色々な議論が巻き起こっている状況のようだ。それが不安に繋がっているようであれば、それが逆に日本の力になるかもしれない。力強いベルギーと対戦することを想定して準備しなければならない」

――プレスの部分で修正点は?
「選手たちにも同じような質問をされた。いつハイプレスをかけるのか、いつ下がってブロックを作るのか。それはゲームの状況が決めることだ。ハイプレスをかけるのか、ミドルブロックを形成するのか、ローブロックを築くのか。それは私が『ここで作りなさい』と決めることではなく、ゲームの状況に合わせて作るものだ」

「つまり、ブロックは『ハイ』『ミドル』『ロー』と3つあるが、自分たちで決めることではなく、相手を見ながら状況によって形成する位置を決めるもの。(決めるのは)私ではない。もちろん、タッチラインから『前に行け』『戻れ』といった指示も出すが、それが聞こえなかったり、聞こうとされていなかったのか定かではないが、伝わっていないことがある」

「いつ、どのようにプレスをかけるのかということは選手から聞かれたが、『開始8分でハイプレス』というような指示の出し方はしていない。これはゲームコントロール、ゲームマネジメント次第だ」

――日本は本大会でポッド4に入る。上位チームとの対戦に向けた戦い方は?
「日本がワールドカップに出場すれば、ポッド4に入るだろうと予測していた。この前の試合に関しても、後半にブラジルがペースを落としたから、日本がプレーできたという評価を下した方々もいるようだ。ブラジルが日本より強いことが改めて証明されたかのような見解もあった。我々は優勝候補や、グループリーグ突破の候補ではない状況から3チームと対戦し、少なくとも2試合で結果を残さないといけない。抽選の結果がどのようなものになっても、我々が難しい状況に変わりはない。3チームとも、我々より上位のチームになるだろう」

「私はブラジル・ワールドカップでそのような経験をした。アルジェリアを率いたとき、ベルギーと同じグループに入ったが、2位になった。そのチームに対して、あと少しで勝てるところまで、74分までリードしていたが、その後に引き過ぎたためにそこを突かれて負けた。それがゲームコントロールだ。恐れて引いてしまうと、そういうことになってしまうこともある。勝つことを恐れてはいけない」

「それは日本にとって難しい状況だ。だからこそ、ワールドカップに向けて、これからもチームに変化をもたらしていかなければならない。テクニックや戦術のみならず、メンタルやフィジカルの部分も伸ばさないといけない。ブラジル戦の立ち上がりの20分間の形についても考えなければ。守備陣が15〜16回もボールを失った試合でもあった。そのような形がどこから来るのか。私は理解しているつもりだ。そこはしっかりと修正して準備しなければならない」

「このような試合は、我々が学ぶ場でもある。モダンなサッカーで何が要求されているのかを再確認でき、そのほかにもスピードや戦い、チームの形を崩さずに戦う部分やメンタル的なところも非常に重要だ。いくらクオリティがあっても迷いがあれば、その試合で失敗することになる。ただ、1試合で何が起こってもおかしなことはない。日本がワールドカップに出場するのが当たり前になり、出場が決まった今となって、簡単に思う方もいらっしゃるかもしれない」

「ブラジル戦の後半、我々のプレーが普通だったと評価する人がいるかもしれないが、取り消された得点もあった。その得点が取り消されるべきだったかはわからないがね。それに加えて、浅野(拓磨)の決定機もあった。そういったこともあり、後半にブラジルが(ペースを)落として、日本にプレーさせたという評価がある。そのような結論を下した方々がいるとお聞きしたが、私はそう思わない。ブラジル戦の後半に見せた日本の戦いに誇りを持っている」

「その試合の前に、ブラジルの試合を12〜13試合見たが、他のチームは日本が作り出したような大きなチャンスを作り出せていなかった。アルゼンチンもそこまでだった。日本の後半のパフォーマンスを過小評価している方々がいたとしても、私は選手の戦術面、メンタル的なクオリティに満足している。不運なことに、得点に繋げられなかった」

「立ち上がりの20分で0-3にされた上に、その中で2回もPKのチャンスを与えてしまった。(失点の形は)リスタートからの失点と、マルセロの右足のシュートだ。本人も右足でのゴールに驚いたことだろう。立ち上がりの20分間の分析が必要だ。3失点目も我々が良い形を作る中でのミスから失点した。そのようなことからしっかりと教訓を得なければ。ベルギー戦もそうしたい」

「『ブラジルは強かった』。あの試合でそう思った方もいたかもしれない。だが、ブラジルは格上のチーム。ベルギーもそうだ。そして、このようなチームとロシアW杯で当たるかもしれない。しっかりと自信を持って勇敢に戦えるようにならなければならない。それができなければ、ワールドカップに行くこともできず、戦うこともできないと思っている」

「後半の我々は(ブラジルを相手に)偉業を成し遂げるチャンスがあった。日本が活躍して3-3になっていたとしても、『ブラジルが(ペースを)落としたから』と言われるかもしれない。だが、選手たちはハーフタイム中に『まず1点を獲りに行こう。1点を獲れれば2点目、3点目のチャンスが必ず来る』と話し合っていた。取り消された得点は非常に微妙な判定だった」
コメント
関連ニュース
thumb

ニューカッスルが武藤の日本代表に追加招集をフライング発表

▽ニューカッスルは18日、FW武藤嘉紀がAFCアジアカップ2019の日本代表に追加招集されたことを発表した。 ▽今シーズンからニューカッスルに活躍の場を移した武藤は、ここまでのプレミアリーグで11試合に出場(先発5試合)し1得点を記録している。 ▽日本代表としては、2014年9月に初招集され5日のウルグアイ代表との親善試合でデビュー。同9日のベネズエラ代表戦で初ゴールを記録した。ロシア・ワールドカップではグループステージ第3戦のポーランド代表戦に途中出場している。ここまで通算25試合に出場しているが、森保一監督就任以降は招集されていない。 ▽なお、現時点では日本サッカー協会(JFA)からの公式発表は出ていない。 2018.12.18 20:46 Tue
twitterfacebook
thumb

目指すはチャンピオン! シント=トロイデンDF冨安健洋、MF遠藤航がコメント《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12月12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたシント=トロイデンDF冨安健洋は、チャレンジャー精神を持って臨むとコメントした。 ◆DF冨安健洋 「アジア杯のメンバーに選出していただき光栄に思います。また、今までのキリンチャレンジカップとは違いアジアチャンピオンをかけた戦いとなるのでより一層気が引き締まる思いでいます。ただ、ピッチに立ってプレーするかしないかでは経験値に大きな差が出てくると思うので、まずはピッチに立つことができるよう練習からチャレンジャー精神を忘れず思い切ってアピールしたいと思っています。アジアチャンピオンになるために少しでもチームの力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽一方、同じく招集されたシント=トロイデンMF遠藤航は、チーム一丸となってのチャンピオン奪還を志している。 ◆MF遠藤航 「アジアカップを戦うメンバーに招集され、心から嬉しく思っています。2大会ぶりのアジアチャンピオン奪還を目指して、チーム一丸となって戦っていきます。UAEに行く前に、チームでの戦いが待っています。今週末のロケレン戦、来週はウィークデーにカップ戦の準々決勝も控えています。まずはチームでのプレーに集中し勝利を目指しますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.12 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京DF室屋成はいつもどおりのプレーを心がける《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたFC東京のDF室屋成は、以下のように意気込みを語っている。 ◆DF室屋成 「日本代表メンバーに選出いただき、大変嬉しく思います。チームとしてアジアカップ優勝をめざすとともに、個人としてもいつもどおりのプレーを心がけチームの勝利に貢献できるように頑張ります」 2018.12.12 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

清水FW北川航也が口にするのは結果「結果にこだわってプレーしたい」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽フル代表としては自身初の国際大会となる清水エスパルスのFW北川航也は、結果にこだわることを誓った。 ◆FW北川航也 「日本代表に選出いただき、光栄に思います。チームメイト、スタッフ、サポーターの皆さんの支えがあって、今回も選出いただけたと思っています。日本を代表して、そしてエスパルスを代表して戦ってきます。アジアカップ優勝に貢献するとともに、個人としても結果にこだわってプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」 2018.12.12 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

柏MF伊東純也は貢献を誓う! 「勝利に貢献できるようにすべてを注ぐ」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集された柏レイソルのMF伊東純也は、以下のように意気込みを語っている。 ◆MF伊東純也 「今回はアジアカップという大きな国際大会に日本代表の一員として参加できることを嬉しく思います。厳しい戦いになると思いますが、チームの勝利に貢献できるようにすべてを注いで頑張ります」 2018.12.12 16:36 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース