レーティング:イタリア 0-0(AGG:0-1) スウェーデン《W杯欧州予選プレーオフ》2017.11.14 06:46 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、イタリア代表vsスウェーデン代表が13日にサン・シーロで行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコアを1-0としたスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽イタリア採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ブッフォン 5.5
枠内シュート1本でほぼ守備機会なし。このまま代表引退か

DF
15 バルザーリ 6.0
トイヴォネンとのフィジカル勝負で負けず、攻撃にも出ていった

19 ボヌッチ 6.0
フェイスガードを付けてのプレー。試合中に足も負傷したが、最後まで戦いきった

3 キエッリーニ 6.0
ベリとのマッチアップで負けず、攻撃にも関与

MF
6 カンドレーバ 5.5
右サイドから仕掛けたが打開しきれず

(→ベルナルデスキ 5.0)
試合に入れず

18 パローロ 5.0
アタッキングサードでのクオリティを欠いた

7 ジョルジーニョ 6.0
公式戦デビュー。正確な配球を見せ、急所を突くパスでインモービレを活かしていた

8 フロレンツィ 6.0
果敢にシュートシーンに絡んでいった

4 ダルミアン 5.0
攻撃センスを欠いた

(→エル・シャーラウィ 5.5)
よくボールに絡んでチャンスメークをしにかかった

FW
11 インモービレ 5.5
持ち味の裏への抜け出しで決定機を演出もベロッティ投入で存在感を失う

23 ガッビアディーニ 6.0
バイタルエリアに落ちてチャンスメークを担った

(→ベロッティ 5.0)
やはりインモービレとは合わなかった

監督
ヴェントゥーラ 5.0
スタメン選考は悪くなかったが、ガッビアディーニを下げたのが失敗だった。イタリアのサッカー史に汚名を残す

▽スウェーデン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロビン・オルセン 6.5
前半に2つの好セーブを見せた

DF
2 ルスティグ 5.5
守備に専念

3 リンデロフ 6.0
正しいポジショニングでクロスボールを跳ね返していた

4 グランクビスト 6.5
対人の強さを遺憾なく発揮

6 アウグスティンション 6.0
カンドレーバを監視し続けた

MF
17 クラーソン 6.0
1stレグではボランチでタフに戦っていたが、右サイドでも十分な働き

(→ローデン 5.5)
守備のタスクをこなす

7 ラーション 6.0
ハードワークを欠かさず

13 ヨハンソン -
17分に負傷し、無念の交代

(→スベンソン 6.0)
緊急投入も守備面で効いていた

10 フォルスベリ 5.5
守備に追われたが、要所でキープ力を見せた

FW
9 ベリ 5.5
キエッリーニとの競り合いで簡単に負けず

20 トイヴォネン 5.0
フィジカルでバルザーリとやり合うもサポートがなく孤立

(→テリン 5.5)
カウンターの起点に

監督
アンデション 6.0
最後まで堅守が崩れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グランクビスト(スウェーデン)
▽堅守スウェーデンを最後尾で締めていたキャプテンのグランクビストを選出。最後まで身体を張った守備を続けた。

イタリア 0-0 スウェーデン
※2戦合計スコア0-1でスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月23日は、W杯得点王に輝いた生粋のイタリア人ストライカーのバースデー

◆パオロ・ロッシ 【Profile】 国籍:イタリア 誕生日:1956年9月23日 現役時所属クラブ:ヴィチェンツァ、ユベントス、ミランなど ポジション:FW 身長:174㎝ 体重:66kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月23日は、元イタリア代表FWのパオロ・ロッシ氏だ。 ▽ユベントスでプロとしてのキャリアをスタートさせたロッシ氏は、セリエBに属していたヴィチェンツァでの武者修行中に得点能力が覚醒。1976-77シーズンに21ゴールで得点王となりセリエA昇格に貢献すると、翌1977-78シーズンには勢いそのままにセリエAの舞台でも得点王に輝いて見せた。その後、活躍が評価されて1981年にユベントス復帰を果たし、キャリア中に何度も繰り返していた膝の負傷の影響で引退する1987年まで多くのゴールを記録した。 ▽イタリア代表としては、1982年のスペイン・ワールドカップ(W杯)で大活躍。1次リーグでは不振に陥り批判も受けたものの、2次リーグのブラジル代表戦でハットトリックを記録して狼煙を上げ、決勝戦の西ドイツ代表戦でも先制点を決めるなど計6得点で大会得点王に輝いた。見事に母国を優勝に導き、その年のバロンドールも獲得している。 ※誕生日が同じ主な著名人 ジェリー・ミナ(サッカー選手/エバートン) 中山雅史(サッカー選手/アスルクラロ沼津) 小林悠(サッカー選手/川崎フロンターレ) 武富孝介(サッカー選手/浦和レッズ) 川澄奈穂美(女子サッカー選手) レイ・チャールズ(歌手) 稲葉浩志(歌手/B'z) 叶美香(タレント) イジリー岡田(タレント) 後藤真希(タレント) 渡部建(お笑い芸人/アンジャッシュ) 2018.09.23 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

元イタリア代表FWジラルディーノが現役引退…キャリア通算250ゴール超

▽元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(36)が、現役引退するようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2000年にピアチェンツァでプロデビューを果たしたジラルディーノは、パルマやミラン、フィオレンティーナなど主にイタリアのクラブで活躍。数多くのゴールを奪い、キャリアを通じてクラブで奪ったゴールは通算231ゴールに上った。 ▽2005年から2008年にかけて在籍したミランでは、チャンピオンズリーグやクラブ・ワールドカップで優勝を経験。その間の2006年にはイタリア代表としてワールドカップ制覇にも貢献した。 ▽その後は中国の広州恒大やパレルモ、直近ではスペツィアでプレーしたジラルディーノは今夏にクラブを退団。36歳でキャリアを終えることを決断したという。 ▽代表での19ゴールを含めると、キャリア通算250ゴール以上を記録したジラルディーノ。今後は指導者の道を歩み始めるという。 2018.09.21 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

デブ疑惑のバロテッリ、罰金報道を痛快に突っぱねる

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリがオーバーウェイトによる罰金処分の報道を否定した。 ▽2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。だが、今夏のクラブ合流時に88kgから103kgに達する体重超過により、罰金処分が科されたという旨の報道が取り沙汰されている。 ▽またしても問題児ぶりをこじらせたかに思われたバロテッリだが、この一報は事実ではないようだ。自身のインスタグラム(mb459)のストーリーを通じて、次のように疑惑を一蹴している。 「オーバーウェイトで罰金? 俺の身体を見てみろ! 笑っちゃうね。俺の体重にまつわる話を聞くと。ゴミのような記事を書きやがった奴らは、仕事を失った方が良い」 2018.09.17 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

規格外の男バロテッリ…勝手に休暇延長→激太り

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、やはり規格外の男なようだ。スペイン『マルカ』が、フランス『レキップ』の情報を基に伝えた。 ▽2016年にニースに加入し、2シーズンで公式戦66試合で43ゴールと爆発したバロテッリ。若くして評価されていたポテンシャルが枯れていないことを示し、5月下旬からイタリア代表への復帰も果たしていた。 ▽そんなバロテッリには今夏、ニース退団の可能性が浮上。結局はクラブに留まったものの、マルセイユ移籍が騒がれていた。その騒動に関連し、バロテッリはある面で規格外の数字を叩き出したようだ。 ▽『レキップ』に記載されているクラブ関係者の情報によると、マルセイユとの交渉を続けていたバロテッリは今夏の休暇を延長。チームメイトよりも2週間遅い、7月17日まで夏休みを過ごした。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』など各紙によると、この行動がニースの怒りを誘発し移籍破談を招いたとも伝えられている。 ▽それはさておき、ようやく練習に復帰したバロテッリを見てニーススタッフは唖然。なんと体重が100kgを超えていたという。もちろんパトリック・ヴィエラ新監督の叱咤を受けたそうだが、現在の体重は88kg。適正の“規格”を6kgもオーバーしているとのことだ。 2018.09.12 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

イタリア代表で20年ぶりのレアスタメン?!

▽イタリア代表は10日、UEFAネイションズリーグ リーグA グループ3第2節でポルトガル代表と対戦した。そこである珍事が起こった。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽『フットボール・イタリア』が伝える珍事とは、イタリア代表の先発メンバーに、ユベントスの選手が1人もいなかったこと。チームはミラン(ドンナルンマ、ロマニョーリ、カルダーラ、ボナヴェントゥーラ)、ジェノア(クリーシト)、SPAL(ラッザーリ)、ローマ(クリスタンテ)、フィオレンティーナ(キエーザ)、トリノ(ザザ)、ラツィオ(インモービレ)、チェルシー(ジョルジーニョ)で構成され、さらには交代選手もベラルディ(サッスオーロ)、エメルソン・パルミエリ(チェルシー)、ベロッティ(トリノ)と、ついに90分間でユベントスの選手が1人も出場すらしなかったのだ。 ▽なお、今回のイタリア代表招集メンバーにユベントスの選手はマッティア・ペリン、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニ、ダニエレ・ルガーニ、フェデリコ・ベルナルデスキの5選手選ばれている。 ▽同メディアによれば、これはちょうど20年ぶりのこと。前回は1998年のフランス・ワールドカップにまで遡り、同年6月17日に行われたカメルーン代表との試合で初めてユベントスの選手がスタメンから1人もいなくなったようだ。 ▽しかし、面白いことに対戦相手であるポルトガル代表には、ただ1人カンセロがユベントスの選手として先発出場していた。 ◆ポルトガル代表戦の先発メンバー GK ドンナルンマ(ミラン) DF クリーシト(ジェノア) ラッザーリ(SPAL) ロマニョーリ(ミラン) カルダーラ(ミラン) MF ジョルジーニョ(チェルシー) ボナヴェントゥーラ(ミラン) クリスタンテ(ローマ) キエーザ(フィオレンティーナ) FW ザザ(トリノ) インモービレ(ラツィオ) 2018.09.11 14:07 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース