レーティング:イタリア 0-0(AGG:0-1) スウェーデン《W杯欧州予選プレーオフ》2017.11.14 06:46 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、イタリア代表vsスウェーデン代表が13日にサン・シーロで行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコアを1-0としたスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽イタリア採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ブッフォン 5.5
枠内シュート1本でほぼ守備機会なし。このまま代表引退か

DF
15 バルザーリ 6.0
トイヴォネンとのフィジカル勝負で負けず、攻撃にも出ていった

19 ボヌッチ 6.0
フェイスガードを付けてのプレー。試合中に足も負傷したが、最後まで戦いきった

3 キエッリーニ 6.0
ベリとのマッチアップで負けず、攻撃にも関与

MF
6 カンドレーバ 5.5
右サイドから仕掛けたが打開しきれず

(→ベルナルデスキ 5.0)
試合に入れず

18 パローロ 5.0
アタッキングサードでのクオリティを欠いた

7 ジョルジーニョ 6.0
公式戦デビュー。正確な配球を見せ、急所を突くパスでインモービレを活かしていた

8 フロレンツィ 6.0
果敢にシュートシーンに絡んでいった

4 ダルミアン 5.0
攻撃センスを欠いた

(→エル・シャーラウィ 5.5)
よくボールに絡んでチャンスメークをしにかかった

FW
11 インモービレ 5.5
持ち味の裏への抜け出しで決定機を演出もベロッティ投入で存在感を失う

23 ガッビアディーニ 6.0
バイタルエリアに落ちてチャンスメークを担った

(→ベロッティ 5.0)
やはりインモービレとは合わなかった

監督
ヴェントゥーラ 5.0
スタメン選考は悪くなかったが、ガッビアディーニを下げたのが失敗だった。イタリアのサッカー史に汚名を残す

▽スウェーデン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロビン・オルセン 6.5
前半に2つの好セーブを見せた

DF
2 ルスティグ 5.5
守備に専念

3 リンデロフ 6.0
正しいポジショニングでクロスボールを跳ね返していた

4 グランクビスト 6.5
対人の強さを遺憾なく発揮

6 アウグスティンション 6.0
カンドレーバを監視し続けた

MF
17 クラーソン 6.0
1stレグではボランチでタフに戦っていたが、右サイドでも十分な働き

(→ローデン 5.5)
守備のタスクをこなす

7 ラーション 6.0
ハードワークを欠かさず

13 ヨハンソン -
17分に負傷し、無念の交代

(→スベンソン 6.0)
緊急投入も守備面で効いていた

10 フォルスベリ 5.5
守備に追われたが、要所でキープ力を見せた

FW
9 ベリ 5.5
キエッリーニとの競り合いで簡単に負けず

20 トイヴォネン 5.0
フィジカルでバルザーリとやり合うもサポートがなく孤立

(→テリン 5.5)
カウンターの起点に

監督
アンデション 6.0
最後まで堅守が崩れなかった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グランクビスト(スウェーデン)
▽堅守スウェーデンを最後尾で締めていたキャプテンのグランクビストを選出。最後まで身体を張った守備を続けた。

イタリア 0-0 スウェーデン
※2戦合計スコア0-1でスウェーデンが3大会ぶり12度目のW杯出場

コメント

関連ニュース

thumb

イタリアサッカー連盟がフェアプレー賞の名称を「ダビデ・アストーリ賞」に変更

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は、今年からフェアプレー賞の名称変更を発表した。新たな名称には、選手の名前が付けられることとなった。 ▽9日、フィレンツェではイタリアサッカー殿堂の授賞式が行われた。イタリア国内のメディアなどの審査員によって表彰されるこの賞。2017年の入選者には、ユベントスでプレーした元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏やミランで活躍した元オランダ代表MFルート・フリット氏などが名を連ねた。 ▽今回の授賞式には、FIGCの副会長であるアレッサンドロ・コスタクルタ氏が登場。フェアプレー賞に関して、先日遠征先のホテルで急逝した元イタリア代表DFのダビデ・アストーリ氏の名をつけた「Premio Davide Astori(ダビデ・アストーリ賞)」に名称を変更することを発表した。 ▽アストーリは3月、ウディネーゼ戦に向けて滞在していたホテルで、遺体で発見されていた。フィオレンティーナとかつて所属したカリアリはアストーリの背番号である「13」を永久欠番にした他、フィオレンティーナはトレーニング施設の名称を変更。さらに、死後行われた国際親善試合でも、イタリア代表の13番は欠番となっていた。 2018.04.10 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチーニ、イタリア代表監督就任が濃厚か

▽イタリア『カルチョメルカート』は、ゼニトを率いるロベルト・マンチーニ監督(53)にイタリア代表指揮官就任の可能性が高まっていると報じた。 ▽伝えられるところによれば、マンチーニ氏は、チェルシーのアントニオ・コンテ監督やカルロ・アンチェロッティ氏といった次期監督候補が浮上するイタリア代表を指揮するため、ゼニトを去ることを決心。ロシア・プレミアリーグ終了の5月中旬にも辞任をクラブに申し出るという。 ▽イタリア代表は、ロシア・ワールドカップ予選プレーオフで敗退。イタリアサッカー協会(FIGC)は、60年ぶりに本大会行きを逃した責任を問う形でジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を更迭し、新たな指揮官を招へいするまでルイジ・ディ・ビアージョ監督に暫定的な指揮を任している。 2018.04.08 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

開花した悪童バロテッリ、同僚からの信頼が厚い! 「僕なら彼に131億円使う」

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)が、同僚からの賛辞を集めている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽若くしてポテンシャルを評価され、インテル、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩いたバロテッリは、素行不良や好不調の波が激しいことで評価を落とし、2016年夏にフリートランスファーでニースに入団した。すると、見事に復活を果たし、今シーズンはここまで公式戦32試合22ゴールを記録している。 ▽同選手の活躍に関して、代理人であるミーノ・ライオラ氏は「マリオは移籍の準備ができている。彼は世界でトップ10に入るストライカーに成熟した」、「1億ユーロ(約131億円)の価値がある」と発言。ニースでバロテッリとともに攻撃のユニットを形成するFWアラサン・プレアも、以下のように同調した。 「僕は彼(バロテッリ)から多くを学んでいるよ。非常に効率的なストライカーなんだ」 「彼は多くのゴールを決めるんだ。最低でもシーズンに20ゴールもね。今のサッカー界の価格設定であれば、僕なら1億ユーロを彼に使う」 ▽悪童と呼ばれ、内面の未熟さが指摘され続けてきたバロテッリ。チームメイトからの信頼を集める今こそ、大器晩成の時なのかもしれない。 2018.04.07 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

名将カペッロがイタリア代表新監督候補に急浮上

▽イタリア代表の監督選びに突如新たな候補者が現れた。イタリア『リベロ』の報道をもとに複数メディアが伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃したイタリア代表は、慎重に新監督選びを続けている。これまでにカルロ・アンチェロッティ氏(フリー)、アントニオ・コンテ氏(チェルシー)、ロベルト・マンチーニ氏(ゼニト)らの名前が挙がってきた。また、3月の代表戦で暫定的に指揮を執ったU-21代表監督のルイジ・ディ・ビアージョ氏も候補になっている。 ▽いずれにしても、経験豊富な一流監督がふさわしいと思われているが、新候補はそのプロフィールに適しているかもしれない。先日、中国・江蘇蘇寧の監督を辞めたファビオ・カペッロ氏だ。 ▽カペッロ氏は現在71歳。ミラン、ローマ、ユベントスを率いてイタリア国内での経験はもちろんのこと、2度にわたってレアル・マドリーを指揮した。イングランド代表とロシア代表の監督も務めており、経験と実績は申し分ない。 ▽W杯出場権を逃してゼロからリスタートするイタリア代表。チームを率いるのは誰になるのだろうか。 2018.03.31 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「俺は成熟した…」イタリア代表復帰を望むバロテッリが胸中を語る

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、イタリア代表について語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽ニースでプレーするバロテッリは、3月の国際親善試合、アルゼンチン代表戦、イングランド代表戦に向けたイタリア代表に招集されることが濃厚だと報じられていた。 ▽ユーロ2012で準優勝にも輝いたバロテッリ。イタリア代表の暫定指揮官であるルイジ・ディ・ビアージョ監督が呼ぶには、十分な結果も残していた。 ▽しかし、結果としてバロテッリは招集されず。2014年のブラジル・ワールドカップ以来の招集とはならなかったが、その胸中を語った。 「正直に言うと、“アッズーロ”に戻れることを期待していた」 「俺は成熟したよ。もう27歳だし、2人の子供がいる。娘がグズグズしている時間は、遠い昔に終わった」 「イタリア、フランス、イングランド…俺は緊張状態のまま生きてきたんだ」 2018.03.30 21:10 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース